• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~

公開:2018/12/3

更新:2019/10/4

ライター:ネットショップ清水

素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~

みなさんは「素材感」という言葉から実際にどんな素材を思い浮かべますか?ほとんどの人がガラスや金属などの人工素材よりも、木や植物などの天然素材を使っている家具に素材感を感じるのではないかと思います。今回は、そんな素材感を楽しむことができる天然素材の家具の魅力についてご紹介します。

素材感を感じる家具とは

冒頭でも伝えたように、素材感を感じる家具とは主に天然素材を材料にした家具を指すことがほとんどです。天然素材の特徴は、何といっても木や植物など素材本来の質感や雰囲気をほぼそのままのかたちで味わうことができる点。そのため、天然素材を使用した家具をお部屋に取り入れることで、ナチュラルでぬくもりのある印象を与えることができます。

おすすめコラム

- アジアン家具の魅力 - 自然素材の温もりと異国情緒溢れる特別な雰囲気
- アジアン家具の魅力 - 自然素材の温もりと異国情緒溢れる特別な雰囲気

アジアン家具は自然素材の風合いをそのまま活かした素朴さがありつつも、ホ ...続きを読む

シック×自然素材が魅力のナチュラルモダンなインテリアのつくり方
シック×自然素材が魅力のナチュラルモダンなインテリアのつくり方

ナチュラルモダンとは、シックなモダンデザインと自然素材のナチュラルさを ...続きを読む

家具で使用される天然素材について

天然素材は種類や個体ごとに表情や風合いも様々で、それぞれ異なる魅力があります。どんな素材があり、そしてそれらがどんな特徴を持っているかを知ることは、お部屋のインテリアコーディネートを考える上でも参考になります。家具で使用される天然素材にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

■木

普段の生活の中でわたしたちが使う家具の多くは木製で、最も馴染みがある素材と言えます。木材の中でも一般的に天然素材と呼ばれるのは、合板や集成材など加工されたものではなく、使用する形状で丸太から切り出した無垢材のことを指します。そして木製家具に使われる木の種類は多彩で、それぞれ木目や質感が異なるため、木によって違った個性や表情をみせてくれます。

アッシュ(タモ)
家具以外にも野球のバッド等にも使われる強度と粘りのある木材。シンプルで素直な木目は仕上がりを美しくみせてくれます。

オーク(ナラ)
多くの地域に分布し、世界中で使用されている木材。硬度・強度ともに強く、耐久性もある頑強な広葉樹で、家具の加工に適しています。

チーク
独特の美しい木目を持ち、強度と耐久性に優れ、安定性があります。油分を含んでいることから、水に強く、無塗装でも自然な光沢感があります。

ウォルナット(クルミ)
現代の家具で使われているものは、主に北米が産地のブラックウォルナットを指します。独特な節目を持ち、色味の濃くシックな雰囲気が魅力の木材です。

インダカ
ラオス原産の珍しい木材で、a.flatタイ工場がラオスへ直接買い付けて加工しています。チーク材を思わせる迫力のある木目を持ち、アジアンテイストを満喫できる木材です。

無垢材の魅力

木の種類だけでなく、材料にする際の加工方法もいくつか存在します。木を薄くスライスしてベニヤに貼り合わせた突板よりも、丸太から切り出された木そのものである無垢材のほうがより素材感を感じることができます。こちらのテーブルのように、角がなめらかな曲線になっているのも、無垢材だからこそできる技術なのです。

■植物

植物の茎や葉を加工して編み込むことで、家具や雑貨などの素材になります。こうした天然の編み込み素材はアジアン家具を中心に世界の多くの地域で昔から用いられており、異国情緒のあるリゾートスタイルのインテリアにも適しています。

ウォーターヒヤシンス
ホテイアオイという水草の茎を乾燥させ、ロープ状に編み込んで作られます。丁寧に編み込むことで強靭な素材となり、見た目以上にとても丈夫です。

ラタン(籐)
ヤシ科のつる性植物で、日本など各国で千年以上も昔から家具の素材として親しまれています。温かみがありながら上品で落ち着いた印象があります。

バナナリーフ
バショウ科に属するその名の通りバナナの葉の繊維から作られます。アメ色に燻された葉を乾燥して、細かく撚(よ)って編みこまれた素材です。

アバカ
バナナリーフと同じバショウ科に属しています。バナナリーフよりも細いロープに撚られておりもう少し目が細かい編み目になります。

■その他

バンブー
日本では竹の名称で古くから親しまれています。硬く、弾力性に優れ、非常に丈夫な素材です。滑らかで独特な触感と艶が特長で、何といっても直線的で美しく、すがすがしい木目が魅力的です。

石(大理石)
石の中でも特に美しく有名なのが大理石です。天然のものは非常に高価とされており、上等な仕上げ材として建物の内装に使われる他、家具ではテーブルの天板等に用いられることが多いとされています。

和紙
インテリアにおいては主に照明のシェードとして使用されることが多く、和のエッセンスを加えるアイテムとして、商用施設などでも多く取り入れられています。


麻は、植物に含まれている繊維の総称で、20種近くあります。独特のシャリ感や通気性の良さから、様々なファブリック製品に使用されています。

関連メニュー

  • 家具の素材/塗装の知識

    家具の素材/塗装の知識のページです。a.flatの家具は日本製家具にも使用される一般的な木材から、アジア特有のラタン、ヒヤシンスなど味わい深い天然素材まで幅広く扱っています。ここで ...続きを読む

関連コラム

天然素材の魅力

天然素材はその種類によって印象が異なり、それぞれに個性があります。そんな天然素材を使った家具やインテリアには、共通した魅力を感じることができます。

温かみがあり飽きない

天然素材の最大の魅力といえば、やはり素材から感じる温かみで、これは人工的なものではなかなか表現することができません。そして、天然素材の家具は時が経つにつれて徐々に色合いや質感に変化をもたらし味わいを深めていきます。こうした自然な変化を楽しむことで、いつまで飽きることなく使い続けることができる点も魅力のひとつです。

籐や無垢材といった天然素材を至るところに散りばめたコーディネート。ファブリックもそれに合わせて優しいベージュカラーで統一し、空間全体に温かい雰囲気が広がっています。

壁や天井が白くどこか無機質な空間でも、木製の家具でコーディネートすることで、ほっと安らげる空間に生まれ変わります。

いろいろなテイストに合う

素材感のある家具は個性が強いと思われがちですが、実はいろいろなテイストのインテリアに馴染ませることができます。それは素材が持つ自然な雰囲気や、天然ならではの落ち着いた質感や色味によってもたらされるもので、不思議と違和感を感じさせません。意外にコーディネートがし易い点も大きな魅力のひとつになるでしょう。

編み込みのソファに、幾何学模様のテーブルやファブリックを合わせています。全く正反対のイメージである天然素材とモダンの組合せですが、ブラウン系+モノトーンと色合いをまとめることでうまく調和させることが出来ています。

こちらは編み込みの1人掛けソファと、アイアン脚のローテーブルの組合せ。全体的にナチュラルにまとまりつつ、ヴィンテージ風の雰囲気も加えることで、より落ち着きのある印象を与えています。

ワンポイントになる

インテリアのテイストが統一された空間は、洗練されて整った印象がある一方でどこか物足りなさを感じることがあります。そんな空間には、素材感のあるアイテムをワンポイントとしてひとつ加えてみましょう。天然素材の家具は色味が落ち着いているため、バランスを崩し過ぎずに丁度良い抜け感を演出することができます。

クラシカルで上品にまとめた空間に、木箱のような脚が大胆なデザインのローテーブルをワンポイントに加えています。この場合、全体の色味をまとめることで不揃いな印象を与えないようにしています。

シンプルになりがちなベッドルームですが、籐のチェアをひとつ置くことでインテリア性がぐっと増しています。こうした大胆なデザインを取り入れても悪目立ちしないところが天然素材ならでは。

素材感のある家具の選び方

素材感のある家具を選ぶ際、ただ単に天然素材を使ったものを選べば良いというわけではありません。素材の良さを引き立たせるデザインであるかどうかや、適材適所に素材が使われているかどうかなども重要なポイントになります。ここではアイテムごとにどんな所をポイントに選べば良いかを紹介していきたいと思います。

ソファ

リビングのメインとなるソファに天然素材のものを選ぶと、ナチュラルテイストやリゾートスタイルといったコーディネートが作りやすくなります。ソファの場合は座と背クッションの面積がほとんどを占めるため、アームや背面のデザインや素材の使い方が印象を左右します。

ソファを壁から離して置く場合、後ろ姿やサイドのアームが目に付きやすくなります。この部分から、丁寧に編み込まれたラタン素材の美しさを存分に楽しむことができます。

手を置くアーム部分に無垢材を使うことで、やさしい質感や木のぬくもりを手の感触でも味わうことができます。

収納

キャビネットや棚などの収納家具は木材のぬくもりを感じられる家具です。収納家具の場合は壁沿いに置くパターンが多くなるため、前面のデザインに素材感を感じられるものを選ぶと良いでしょう。

扉式の収納家具の場合、湿気や乾燥の影響による扉の狂いを防ぐため、前面のみ無垢材を使い、その他の部分はあえて突板や合板を使用するケースが多くなります。

組み合わせ次第で自分に合ったサイズやデザインの収納をつくることができるキューブ・シリーズ。引き出しも無垢材やラタンなど天然素材を使用しており、正面からも様々な表情を楽しむことができます。

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルで最も目にとまる部分は天板で、無垢材天板のダイニングテーブルはその美しさや耐久性から、家具の中でも非常に人気が高いアイテムとなっています。無垢材天板といっても、木の種類によって木目の出方は様々で、また塗装の方法によっても印象が異なります。

a.flatでは木の風合いや木目を強調するための塗装方法を用いています。天然木の個性を感じられるのと同時に、表面の塗装色が禿げにくいといった利点があります。

こちらのテーブルは、タモ材の美しい木目を生かすために明るめのブラウン色で塗装を施しています。また、下塗りにオイルステインを使用した塗料を使用しているので肌触りがよく、より自然な風合いを楽しめます。

木は水分を吸収したり排出したりと常に呼吸をしています。そのため湿度の変化による膨張・収縮によって板に反りが生じてしまう場合があります。その対策として、天板の裏に反り止め用の金属を取り付けることが大切になります。無垢材のダイニングテーブルを選ぶ際には、天板裏の仕様もチェックしておきましょう。

チェア

チェアもソファ同様、アームや背もたれ部分に天然素材を使用したものがほとんどです。ただしソファとは異なり、サイズが小ぶりであまり場所も取らないため、そのぶん気軽に取り入れ易いとも言えるでしょう。

素材感をメインに選ぶとはいえ、チェアは座り心地も重視しなければなりません。例えばヒヤシンス製のチェアの場合、素材がしっかりと編み込まれ、背中へのあたりが良いかどうかなども確認してみましょう。

無垢板を贅沢に使ったダイニングベンチ。見た目の美しさもさることながら、無垢材ならではの質感の良さが背中の当たりを良くし、体重をしっかりと支えてくれます。

その他

ベッド
一番目につきやすいヘッドボードに、無垢材などの天然素材を使用したものがおすすめです。

スツール&サイドテーブル
小型のアイテムなので、全体的に天然素材を使用したものでもお部屋に馴染みやすいでしょう。

照明
シェードに麻や和紙などの天然素材を使用したランプは、柔らかい灯りで癒しの雰囲気が高まります。

ファブリック
ソファやクッションカバーなど直接肌に触れる生地もコットンや麻などの天然素材ならば触り心地も良く、安心して使うことができます。

おすすめコラム

【特集】座り心地が良い無垢材ソファの魅力
【特集】座り心地が良い無垢材ソファの魅力

様々なデザインが存在するソファの中でも、「無垢材を使用したソファ」は常 ...続きを読む

【特集】自然素材の温もり溢れる 書斎の家具・ワークデスク
【特集】自然素材の温もり溢れる 書斎の家具・ワークデスク

仕事や勉強などに没頭出来る憧れの書斎。ワークデスクや本棚など温もりある ...続きを読む

素材感のある家具を活かすコーディネート方法

天然素材の家具は何気なく置いてあるだけでもおしゃれに見えますが、家具の組み合わせ方や装飾など、きちんとコーディネートを整えることで、さらに洗練された印象を与えることができます。

①素材を統一する

お部屋のインテリアを同じ素材の家具で揃えると、整った印象を演出することができます。そして天然素材の家具で統一した場合、ナチュラルやリゾートといったテイストの印象が強くなります。

こちらのコーディネートでは、ソファとチェアをヒヤシンス素材で揃えています。植物素材の家具の割合が増えるほどリゾート風の印象が強くなります。

リビングダイニングを無垢材家具で統一したコーディネート。無垢材家具の割合を増やすと、ぬくもりのあるナチュラルな印象が強くなります。

②異素材ミックス

天然素材と人工素材の組み合わせは、一見アンバランスに見えます。しかし、素材感の違いがはっきりしていることでお互いが引き立って見えるため、組み合わせ方やバランスによっては実は相性が良く、おしゃれで個性的なインテリアを演出することができるのです。

白いウレタン塗装のローテーブルと、ヒヤシンス素材のソファの組み合わせ。現代的なモダンインテリアの中に天然素材の質感がアクセントとなり、洗練された雰囲気を演出しています。

涼しげなガラス天板とヒヤシンス素材の組み合わせが爽やかさを感じさせるローテーブル。ガラス天板はヒヤシンスの素材感を邪魔することなく、テーブルの実用性を高めています。

③観葉植物を置く

天然素材の家具と観葉植物は言わずもがな、相性の良い組み合わせです。観葉植物を置くことでより家具の素材感が際立って見え、リラックス効果も高まります。

ヤシやモンステラなどの観葉植物を取り入れれば、アジアンテイストやリゾートスタイルなどの非日常的な雰囲気を演出することができます。個性的な鉢をあしらってオリエンタルな雰囲気に仕上げてみましょう。

ラタン素材などダークブラウンカラーの家具を中心にまとめた空間では、爽やかなグリーンが映えます。よりナチュラルさを求める場合は、エバーフレッシュやオリーブなど繊細で鮮やかな葉を持つ植物との組合せがおすすめです。

おすすめコラム

素材感のある家具を魅力的にみせるカラーコーディネート

天然素材の家具を使ったインテリアコーディネートでは、カラーコーディネートも魅せ方に大きく影響します。色の取り入れ方によって空間全体の印象も変わってくるため、天然素材の家具を使ってどんなインテリアを作りたいかを予めイメージしておくと良いでしょう。

■素材感のある家具をメインにするカラーコーディネート

天然素材の家具を引き立たせて存在感を高めたい場合、その家具自体に赤・青・緑などといった色みのある有彩色をプラスすることで華やかな雰囲気が増し、お部屋のメインに据えることができます。例えばソファなどは、カバーやクッションなどのファブリックでカラーを取り入れることができます。

【実例】ウォーターヒヤシンス×ブルーで海辺のリゾート感を演出

ヒヤシンス素材のソファを、目を惹くブルーカラーでカバーリングし、南国リゾートのようなトロピカルなイメージを演出したコーディネート。落ち着きのあるダークグレー色のヒヤシンスソファに鮮やかなカラーが映え、バランスの取れた印象に仕上がっています。

【実例】無垢材×グリーンのナチュラルなダイニング

美しい木目や質感がリラックス感を与える無垢材で統一されたダイニング。ベンチのカバーには、天然素材と相性の良いグリーンを取り入れ、更にナチュラルな印象をプラス。窓の外の自然豊かな風景が、そのままお部屋の中でも表現されたかのような、ヒーリング感あふれるコーディネートになっています。

■素材感のある家具をまとめるカラーコーディネート

お部屋全体のイメージをまとめたり、さりげなく素材感を出して落ち着いた印象を演出したい場合は、天然素材の家具に馴染みやすいモノトーンやブラウン系のカラーでコーディネートしましょう。シックでモダンなテイストや、シンプルなスタイルが好みの方にお勧めの組み合わせ方です。

【実例】無垢材×ブラウンで演出するモダンインテリア

無垢材のソファやヒヤシンス素材のローテーブルなど、リビングの所々に素材感を配置しているリビングルーム。そこへダークブラウンカラーのカバーリングやラグを敷き、全体を落ち着いた大人の空間にコーディネートしています。素材と同じブラウン系のカラーコーディネートは、異なる素材同士を馴染ませつつ、素材の良さを強調することもできます。

【実例】ラタン×グレーでつくる和モダンコーディネート

ラタン素材のコーナーソファが目を惹くロースタイルのリビングルーム。そこへグレーを中心としたモノトーンカラーでコーディネートすることで、シックな和モダンスタイルを演出しています。日本でも昔から馴染みのあるラタン素材は、モノトーンカラーと組合せることで、洗練された和のイメージを深めることができます。

おすすめメニュー

天然素材の家具のお手入れ方法

「ウォーターヒヤシンスやラタンなど天然素材の家具はお手入れが面倒なのでは?」というイメージをもたれるかもしれませんが、日頃のお手入れ方法はとても簡単です。気づいたときにお手入れをすることでより長くお使いいただくことができ、家具への愛着も増します。

a.flatの木製家具はウレタン塗装のため、普段のお手入れは柔らかな布で乾拭きが基本です。水拭きも可能ですが、そのあとは必ず乾いた布で水分を拭き取ることが塗装を傷めないためにも大切になります。

編み込み素材は月1回程度、柔らかいブラシでブラッシングし、ホコリを取り除きます。また、繊維に傷が付いた場合でも、専用の補修マーカーでタッチアップすれば傷を目立ちにくくすることができます。

おすすめコラム

ウォーターヒヤシンス家具の基本とお手入れ方法
ウォーターヒヤシンス家具の基本とお手入れ方法

ここではウォーターヒヤシンス素材の家具を長くお使いいただくための基本的 ...続きを読む

【特集】無垢材ソファのメンテナンスサービス
【特集】無垢材ソファのメンテナンスサービス

a.flatを代表する無垢材ソファ、テン・ハイバックソファのメンテナン ...続きを読む

【特集】ラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービス
【特集】ラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービス

a.flatラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービスの ...続きを読む

まとめ

今回は素材感のある家具の魅力についてご紹介してきました。独特な存在感のありつつ、落ち着いた佇まいでお部屋に馴染みやすい天然素材の家具は、インテリアのメインにもアクセントにもなる使い勝手のよいアイテムでもあります。天然素材の家具を使って日常生活の中に癒しや安らぎをプラスしてみてはいかがでしょうか。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

a.flat 新宿店

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.