• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

はじめてのレイアウト計画 -快適なお部屋作りプラン-

お部屋作りのポイントは、部屋サイズを把握して家具サイズを選び、ルールに沿ってレイアウトを組むこと。
食事や休息、家族との団欒など、毎日の生活を快適にするための配置方法や生活動線、家具のサイズ知識を
ご説明します。

  • STEP-1 部屋サイズの採寸
  • STEP-2 家具のサイズ知識
  • STEP-3 生活動線の基本
  • STEP-4 家具のレイアウト例
  • STEP-5 配置シミュレーション
  • STEP-6 家具のレイアウト相談

お部屋のレイアウト計画で日々の快適な暮らしを目指す

新居の購入や賃貸住宅へのお引越しのタイミングでは、お部屋作りについて考えることがあります。その時に部屋の採寸から家具の配置まで、「お部屋のレイアウト計画」をしっかりと立てることが重要となります。

お部屋作りで一番多い失敗は家具のサイズ選び

お客様の声として、お部屋作りの際に最も多い失敗は家具のサイズ選びというご意見があります。「想定してた部屋サイズよりも家具が大き過ぎた。」「レイアウトに圧迫感が有り、思ったように生活動線が確保出来なかった。」等のケースです。例えば下記実例のように(1)はお部屋の広さに対して少し家具が大きい印象で、(2)は全体的にゆとりのある配置で生活動線にもゆとりがあるレイアウト例になります。

(1)家具サイズが大き過ぎたレイアウト例

お部屋のレイアウト計画のポイントと流れ(STEP-1~6)

毎日を過ごすご自宅を快適な空間にするには、お部屋のサイズや間取りに対して、適切な家具サイズの選択や生活動線の確保などが重要です。これから新居のインテリアを検討される方は「お部屋のレイアウト計画」を考えて快適な住まいを作っていきましょう。

STEP-1 部屋サイズの採寸

部屋サイズの採寸はこちら

STEP-2 家具のサイズ知識

家具のサイズ知識はこちら

STEP-3 生活動線の基本

生活動線の基本はこちら

STEP-4 家具のレイアウト例

家具のレイアウト例はこちら

STEP-5 配置シミュレーション

配置シミュレーションはこちら

STEP-6 家具のレイアウト相談

家具のレイアウト相談はこちら


STEP-1 部屋サイズの採寸

ご希望の部屋作りのために、まずは部屋サイズの採寸を行う必要があります。また、お部屋に家具や照明などを設置する中で確認すべきポイントもいくつかありますので見てみましょう。

お部屋作りの第一歩となる部屋サイズの採寸

快適なお部屋作りは部屋サイズの採寸をしっかりと行うことが重要です。部屋サイズが分からないと家具やカーテンなどの検討が始まりません。また、部屋の一部ポイントを確認しておくことで、生活動線や搬入経路などの検討も後日しやすくなります。お部屋を見ることができるタイミングでしっかりと採寸しましょう。

■賃貸で部屋の採寸をするタイミング
お部屋が決定して契約後に鍵を貰えたら、部屋の採寸を進めましょう。

■新築で部屋の採寸をするタイミング
マンションの場合は内覧会後が確実です。部屋図面があるので、ある程度のサイズ感は分かりますが、最終確認はしておきましょう。戸建ての場合は工事が有る程度進んだ段階で可能なタイミングや引き渡し後であれば一番確実です。

お部屋の採寸・確認が必要な10のポイント

実際に現地で採寸を行うにあたって、必ず確認しておいた方が良いポイントがいくつかあります。インテリア、カーテン、家電など様々な新生活に必要なアイテムを検討する際に必要となるポイントになるため、下記ポイントを参照にしながら採寸・確認してみましょう。

1. 部屋の一番長い2辺を採寸

まずは、お部屋の中で一番長い2辺を計りましょう。横幅サイズと奥行きサイズをしっかりと採寸しておくことがインテリア計画において最も重要です。

部屋の2辺のサイズが分かるだけでも家具やレイアウトの検討、コーディネート相談が可能になります。

お部屋のコーディネート相談はこちら >

2. 部屋のコーナーの柱を採寸

お部屋の中で角のコーナー部分の柱が出っ張っているケースも多く有りますので忘れず採寸しておきましょう。

邪魔な柱でもサイズが分かっていれば、家具やレイアウト検討時にその部分を考慮してご検討が可能になります。

柱周りを上手く使ったお部屋実例はこちら >

3. 天井までの高さや梁を採寸

一般的にマンションの場合は天井までの高さが限られているため、高さのある家具を置きたい時やペンダントタイプの照明を吊りたい場合は必ず採寸しておきましょう。

吊り照明は様々なタイプが有り、中にはコード長さをオーダーできるタイプもあります。

ペンダントライトの一覧はこちら >

4. キッチン内を採寸

キッチン内の壁面は冷蔵庫やゴミ箱、キッチン収納などを置くため、横幅サイズと奥行きサイズを採寸しておきましょう。

キッチン内に置くアイテムの中で最も横幅が大きいアイテムがキッチン収納になるため、設置したいサイズ感を事前に把握しておきましょう。

キッチン収納の一覧はこちら >

5. バルコニー(ベランダ)を採寸

バルコニーやベランダは洗濯物を干すという役割の他に屋外で気持ちよく過ごすこともできます。もし、屋外用の家具を設置したい場合はバルコニーなども採寸をしておく必要があります。横幅と奥行きサイズを把握できれば、屋外用家具を後日検討する際にスムーズにご相談可能です。

屋外用家具の一覧はこちら >

6. 窓(カーテンレール)を採寸

部屋サイズの中でも早めに採寸したい箇所が窓の採寸です。新生活スタート時にプライバシーを守るカーテンが無いと非常に不便です。カーテンレールの横幅とカーテンを吊るランナーから床下までの採寸をしっかりと行いましょう。(※オーダーカーテンの場合は、サイズ間違いがあると作り直しに費用が発生するので注意して下さい。)

カーテンの採寸方法はこちら >
オーダーカーテンの一覧はこちら >

7. コンセントの位置を確認

賃貸住宅の場合、簡易図面でコンセント位置が分からない事が多いため、必ず現地で確認しておく必要があります。

特にリビングルームでの家具配置を検討する際にテレビボードの位置によって、全体の家具レイアウトに大きく影響するためです。

リビングルームのレイアウト例はこちら >

8. 引っ掛けシーリングの位置を確認

ペンダントライトやシーリングライトを設置したい際は照明の取り付け口(=引っ掛けシーリング)の位置を確認しておきましょう。

引っ掛けシーリングの種類は丸型や角型、埋込型などありますが全ての照明共通です。

ペンダントライトの一覧はこちら >

9. 扉の位置や種類(開き戸 or 引き戸)を確認

お部屋の扉位置や種類を確認しておいた方が家具を設置する際に検討しやすくなります。また、開き戸の際はオープンした状態でどのぐらい出っ張るかを採寸しておけば、周辺に家具を置く時も安心です。

特に寝室のようにコンパクトな空間に大きいベッドを配置する際は重要なポイントになります。

ベッドルームのレイアウト例はこちら >

10. エレベーターや階段、廊下などのサイズを採寸

お気に入りのインテリアや家具が部屋まで搬入可能か確認するにはエレベーター内のサイズや廊下のサイズなどを採寸する必要が有ります。

特にソファなどの大型家具は家具サイズと搬入経路サイズに問題無いか事前確認が必須で、当日に搬入不可時は別途費用が発生します。採寸箇所や下見サービスなど下記ページを参考にして下さい。

搬入経路の確認はこちら >


お部屋サイズを採寸する際の必要アイテム

□ お部屋の図面
□ メジャー(スケール)
□ カメラ(スマホ、デジカメ)
□ メモ帳&ペン

お部屋の採寸に行く際は上記アイテムを忘れず持参し、確認したポイントなどを必ず撮影しておきましょう。部屋内の画像があれば、インテリアショップでコーディネート相談がしやすくなります。


お部屋の建築(間取り)図面を見る場合の注意点

□ 賃貸住宅の簡易的な間取り図面

賃貸住宅の場合、不動産会社が簡易的に作成した間取り図面しか貰えない場合があります。簡易図面は部屋の縮尺が違っていたり、部屋幅や奥行きサイズなどの記載も無く、畳数のみの記載がほとんどです。また、コンセント位置など細かい部分まで記載がされていないため、上記で紹介した採寸ポイントなどを必ずチェックする必要があります。

□ 新築住宅の正式な建築図面

マンションや戸建ての新築住宅は必ず、お部屋の正式な建築図面が有ります。そのため、部屋のサイズ感や細かい設備は図面上で確認が可能です。ただし、サイズ表示が柱や壁の部材の芯(中心)からの距離(=芯々寸法)のため、実際の採寸サイズと縦横が約10-20cm合わないため注意が必要です。部屋内を採寸できるまでは、三角スケールで図面との縮尺を合わせて図面上の内寸を測ると良いでしょう。

  • STEP-1 部屋サイズの採寸
  • STEP-2 家具のサイズ知識
  • STEP-3 生活動線の基本
  • STEP-4 家具のレイアウト例
  • STEP-5 配置シミュレーション
  • STEP-6 家具のレイアウト相談

コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。
海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

法人向けサービス

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2018 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.

a.flat style

a.flat modern

a.flat natural

a.flat select

a.flat rhythm