• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

カラーコーディネート入門編 -色彩計画-

部屋の印象はカラーコーディネートで大きく変わります。そして、色の基礎知識を身に付けることで普段の生活の場やインテリアコーディネートにも大きく役立ちます。 普段はあまり意識をしない色についてここでは学んでみましょう。

  • 色彩の基礎知識
  • 色の組み合わせの基本パターン
  • 色彩計画のポイント
  • 色彩の心理作用 -基本編-
  • 色彩の心理作用 -応用編-
  • カラーコーディネート実例

色彩計画

インテリアの第一印象を左右する「カラーコーディネート(=色彩計画)」。色の持つ力はとても大きく、素敵なお部屋作りを完成させるためには、カラーコーディネートの知識が不可欠です。基礎的な知識やルールを知って、部屋のコーディネートはもちろん、普段の生活の場にも活かしてみましょう。

色彩計画なし

色彩計画無し
何も考えずに好きな色だけ選んでしまうと、ゴチャゴチャして落ち着きのない空間になってしまいます。

色彩計画あり

色彩計画有り
テーマカラーを決めて、バランスの良い色彩計画を行うことで居心地の良い素敵な空間に仕上がります。

コーディネート緑

色彩の基礎知識

24色相環

これから紹介するカラーコーディネートはこの色相環の配置がとても重要になります。隣同士の色、反対側にある色、それらが持つ効果や関係性を知っているかがキーとなります。

色彩学では 「色の3属性=色相・明度・彩度」 を元に色を分類、整理しています。
そして、色は無彩色と有彩色に分類されます。無彩色は色みの無い白、グレー、黒のことを言い、色相も彩度も無く、明度の尺度だけで分類します。
赤、青、緑のような有彩色は、3属性が組み合わさって様々な色となり表現されます。

色の仕組み
色の仕組み

明度・彩度

右端の純色に白を加えていくと明度は高く彩度は低くなり、逆に黒を加えていくと明度・彩度ともに低くなります。そのトーンの違いが上記のように分類されます。

色相とは、赤や青などの色みの違い、明度とは、明るいか暗いかの違い、彩度とは鮮やかさの度合いのことで、高い/低いで分類します。高いほど派手に見えて、低いほど地味に見えます。
そして、トーンは明度と彩度を同時に組み合わせたものです。右図のように同じ色相でも明度と彩度が変われば淡い色、渋い色に変化します。

これらの色をどのように組み合わせればセンス良く調和の取れたコーディネートになるか?次のステップで見てみましょう。


色の組み合わせ基本パターン

同系色

同系色

同じ色相で明度や彩度の違う色を組み合わせるパターンです。同系色の組み合わせは誰でもまとめやすくオーソドックスな雰囲気です。簡単にできる反面、単調にならないようにアクセントカラーとして反対色や類似色を少し加えると変化を付けるのもよいでしょう。
同系色・見本

反対色

反対色

色相環で向かい合っている色が反対色(補色)となります。橙色の反対色は青色で、赤色の反対色は青緑です。お互いの色が相手を引き立てる配色ですが2色とも鮮やかだと、刺激的過ぎる場合があるため、彩度や明度を下げることで落ち着かせることができます。
反対色・見本

類似色

類似色

似た色相の色を組み合わせるケースです。色相環で隣の隣くらいまでの色を類似色と言います。色の性格が似ているため、色同士がぶつかりあう心配もありません。無難にまとまりますが、分量を調整してテーマにしたい色を多めにするとメリハリが効きます。
類似色・見本

同一トーン

同一トーン

色の持つ調子のことをトーンと言います。純色のビビッドなトーンは色相が違ってもトーンが同じであればまとめやすくなります。色同士がぶつかり合わず、トーンの持つイメージが強調されます。色数を多く使う時はまとめやすい配色と言えます。
同一トーン・見本


色彩計画のポイント

どこに、どの色を、どのくらいの分量で使うかを決定することを色彩計画と呼びます。インテリアのカラーコーディネートを行う際は一般的に、「ベースカラー」、「メインカラー」、「アクセントカラー」、の3つで組み立てます。一般的には色数を4~5色程度に抑えてコーディネートすると部屋全体が綺麗にまとまります。

  アイテムの種類 面積 耐用年数 変更費用 一般的に適した色/備考
ベース
カラー
床・壁・天井の内装材 70% 毎日見ても飽きの来ないベーシックな色。基本的には白やアイボリーが大多数。
メイン
カラー
家具全般、カーテン、ラグ等 25% インテリアの主役になる色。家具の「濃い・薄い」という選択で印象が大きく変化。
アクセント
カラー
クッション、照明、
オブジェ、壁面アート等
5% ポイントに好みの色を使って雰囲気を変える。小さな面積のため個性的な色・柄も可。
コーディネート赤

こちらのコーディネート例では部屋の色数を基本4色に抑えて、アクセンカラーの赤色を上手くスパイスにしています。ラグとクッションカバーを同系色の赤や類似色で揃えて、上手にまとめたカラーコーディネートです。

コーディネート緑2

ベースカラーとなる床の茶色に加えて、壁にも茶色を用いた内装材のため一見重く見えがちです。そこでメインカラーとして淡いグリーンを多く使用することで軽い雰囲気になり、同系色の濃い緑のクッションカバーや植栽で引き締まった印象のコーディネートになっています。


色彩の心理作用 -基本編-

インテリアにおける色のイメージは人の心理にも大きく影響します。色の持つ心理作用を使って見せたいイメージを作り上げてみましょう。ポイントは「色にはそれぞれ連想するイメージが有り、どの色をどこに用いれば部屋が広く見える」というルールを把握すること。配色次第で好みのイメージを演出できます。

色の持つイメージ
色の持つイメージ インテリアや生活で使える心理作用
桃 優しい、愛情、
幸せ、艶やか
中性色 女性らしいイメージが強いため一人暮らしの部屋に使うとフェミニンな印象に。緊張を和らげる効果有り。
赤 情熱、派手、
活動的、危険
温暖色 気分を高揚させて活発にする作用。やる気が出て時間経過が早く感じる。人が集まるリビングに向いた色。
橙 健康、元気、
活発、団欒
温暖色 陽気な気分でプレッシャーを和らげる。寒い時期には温かさを感じる。ダイニングに取り入れると食欲UP。
黄 楽しい、陽気、
元気、希望
温暖色 判断力や記憶力を高める効果有り。窓が無く日差しの入らない部屋に使うと明るいイメージを演出可能。
緑 自然、新鮮、
平和、安息
中性色 リラックス効果で、癒しのイメージ。緊張緩和や目の疲れにも効果的。寝室など落ち着かせたい場所に向く。
青 冷静、知性、
清澄、落ち着き
寒冷色 涼しさを感じ、夏は清涼感UP。鎮静作用や睡眠促進から寝室や、集中力を高める効果を狙って書斎にも。
紫 高貴、神秘、
華麗、上品
中性色 昔から高貴な色とされ、高級なイメージを演出。刺激がやや強く、気持ちが不安定な時は遠ざけるべき。
茶 安心、堅実、
ぬくもり、大地
中性色 建具や家具に使われることの多い自然な色。空間に同化・調和しやすく、気持ちに安定を与えてくれる。
黒 高級、威厳、
厳粛、暗闇
中性色 モダンで高級、シンプルなイメージに最適。有彩色を最も引き立ててくれる。色味が無いため刺激が少ない。
白 清潔、純粋、
潔白、神聖
中性色 他のどんな色とも相性が良く、天井・壁の色に用いられることが多い。空間を広く見せる効果有り。

温暖色:耐用や火を連想して温かさを感じる
寒暖色:水や氷を連想して涼しさを感じる
中性色:温かくも冷たくもなく中間のイメージ

色の膨張と収縮

色の膨張と収縮

色には「膨張色」と「収縮色」という言葉が有ります。 白などの明るい色を膨張色と言い、暗い色は引き締まって見えるため収縮色と言います。 左の部屋は広く見えて、右の部屋は狭く見えるのは色の心理効果にそのような要因があるからです。

色の軽さと重さ

色の軽さと重さ

色には「軽さ」と「重さ」という概念も有ります。 濃い色は重く見えるため、右図のように天井の色を濃くすることで天井が低く見えて、圧迫感を感じます。 一方、左図は天井の色が薄いため、軽く見えて部屋が開放的に広く見えます。

色の進出と後退

色の進出と後退

色には「進出色」と「後退色」という言葉が有ります。おもに暖色系の色は進出色と呼ばれて左図のように出っ張って見えます。逆に寒色系の色は後退色と呼ばれてより遠くに下がって見えます。部屋を広く見せたい際は一番遠い壁に後退色を用います。

色の柄による見え方

色の柄による見え方

色は柄などのモチーフによっても部屋の雰囲気を変えます。左図のように縦ストライプは部屋を縦長に見せて天井を高く見せます。逆に横ボーダーは部屋を横長に見せて天井までは低く見せる効果が有ります。部屋のサイズによって使い分けましょう。


色彩の心理作用 -応用編-

ここでは応用編をご紹介します。色単体の持つイメージも2色以上の配色で明度や彩度も変えて組み合わせるとさまざまな雰囲気に変化します。やみくもにカラーコーディネートすると、不思議な配色になってしまうことがあります。法則に従って配色を組むことが重要です。ここではクッションの組み合わせを例にさまざまなイメージを組んでみました。
その配色例を見てみましょう。

1. 暖かみを感じる配色

暖かみを感じる配色

太陽の光を連想させる黄色や、黄色に近いオレンジ系の色を使うと暖かみを感じる配色に。純色よりも若干彩度を低めにして深みのあるトーンにすると熱さよりも暖かみを強調可能です。

色見本1

コーディネート例 : シエナ(オレンジ)+カレイド(マスタード)+カレイド(ブラウン)

2. 涼しさを感じる配色

涼しさを感じる配色

寒色系の色を中心としながら、青緑や緑みの青を使うと効果的。全体の明度を高くすることで爽やかさや涼しさといった印象を強調出来ます。

色見本2

コーディネート例 : カレイド (ブルー)+カレイド (ミント)+カレイド (ホワイト)

3. 暑さを感じる配色

暑さを感じる配色

暖色系のレッドやオレンジをメインとした配色で高彩度のトーンを主に使用。彩度や色相に差を出して、コントラストをつけると効果的です。

色見本3

コーディネート例 : コノメアメ (レッド)+カレイド (コーラル)+シエナ (オレンジ)

4. 上品さ、高級感のある配色

上品さ、高級感のある配色

低彩度のグレイッシュなトーンで上品なイメージを、中彩度のダークトーンで高級感を演出可能。彩度差を出すとより効果的です。

色見本4

コーディネート例 : ミコノス (レッド)+カレイド (チャコール)+カレイド (チョコレート)

5. 自然な雰囲気の配色

自然な雰囲気の配色

植物、大地といった自然を彷彿とさせる色を組み合わせることでナチュラルな印象に。茶系の色を用いることでも風化や退色など時間経過による色の変化を連想出来ます。

色見本5

コーディネート例 : シャッセ (グリーン)+シエナ (モス)+シエナ (リーフ)

6. 和風な雰囲気の配色

和風な雰囲気の配色

和風の色は昔から身分の高い衣服などに使われることの多かった赤や紫など高彩度の色と庶民的な印象の低彩度の2タイプ。コントラストは低めに色相や彩度差を付けると良いでしょう。

色見本6

コーディネート例 : カレイド (ブルー)+カレイド (ハーブ)+カレイド (ラベンダー)

7. 穏やかな雰囲気の配色

穏やかな雰囲気の配色

高明度の黄色や緑みの青、それに明度が類似する茶系統の色を組み合わせると効果的。明度差が小さくなることで協会の対比が弱くなり、おだやかで静かな印象の配色になります。

色見本7

コーディネート例 : カレイド (バジル)+カレイド (ミント)+カレイド (ベージュ)

8. 目立つ派手な配色

目立つ派手な配色

高彩度の赤系統の色を基調色に使うと刺激な印象になる。また補色関係にある色を組み合わせることで互いの色がより鮮やかな色に見え、とても目立つ配色になります。

色見本8

コーディネート例 : カレイド (ライム)+カレイド (レッド)+カレイド (ヴィリジアン)

9. 黒や白を用いた印象的な配色

黒や白を用いた印象的な配色

黒や白といった無彩色の色と組み合わせることで、あわせた色をより印象的に見せることができます。イメージを際立たせたいときに使えるテクニックです。

色見本9

コーディネート例 : コスイ (ベージュ)+シエナ (パープル)+カレイド (ブラック)


カラーコーディネート実例

カラーコーディネートに成功して、プラン通りに作り上げたお部屋をご紹介します。こちらを参考にしながら、ご自身でもカラーコーディネート計画を立ててみましょう。

  • 色彩の基礎知識
  • 色の組み合わせの基本パターン
  • 色彩計画のポイント
  • 色彩の心理作用 -基本編-
  • 色彩の心理作用 -応用編-
  • カラーコーディネート実例

コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

  • 駐車場サービス(予約制)あり
a.flat 新宿店

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

  • ディスプレーリニューアルしました
a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

  • a.flat大阪梅田店リニューアルオープン(7/1~)
  • 駐車券サービスあり

店舗情報

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。
海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

法人向けサービス

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2017 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.

a.flat modern

a.flat modern

a.flat natural

a.flat select

a.flat rhythm