• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

- おしゃれな部屋を叶える - 6つのインテリアテクニックと実例集

公開:2019/2/26

更新:2019/6/14

ライター:大阪梅田店加瀬

- おしゃれな部屋を叶える - 6つのインテリアテクニックと実例集

誰しも憧れる「おしゃれな部屋」での暮らし。お気に入りの雰囲気の中で寛げれば、毎日家で過ごす時間が楽しくなりますね。 "おしゃれ"と一概に言ってもファッションやヘアスタイルのように人それぞれ好みがありますが、おしゃれな部屋づくりを目指す際、どんなスタイルでも大切にするべき6つのポイントがあります。

おしゃれな部屋に住みたいと思いインテリアをこだわっても「何故か雑多な雰囲気になってしまう方」や「バランスが悪いと感じる方」など、是非こちらのコラムを参考にされてみて下さい。6つのポイントを意識するだけで、自慢したくなるおしゃれな部屋が叶います。

おしゃれな部屋で暮らそう

皆様が毎日過ごされる自宅はどのような雰囲気ですか。インテリアにこだわっているという方もいれば、生活が出来ればそれで良いという方、おしゃれな部屋に憧れはあるものの、どのようにすれば良いか分からずに手つかずでいる方も多くいらっしゃるかと思います。

おしゃれな部屋づくりは難しそうに見えて、意外と簡単。日々の暮らしの中心である自宅をおしゃれな雰囲気に出来たら、沢山の楽しみが待っています。

  • おしゃれなお部屋に暮らしたら…

お気に入りの雰囲気に囲まれて、心からリラックス出来る部屋に

友達や家族を招待したくなり、自宅での過ごし方の幅が広がる

おしゃれな部屋を目指すことで整理整頓され、すっきりと清潔に

ファッションやヘアスタイルはTPOに適したおしゃれである必要がありますが、部屋は自分だけが楽しめるプライベートな空間。思い切り自分好みの雰囲気に仕上げることが出来るのも部屋作りの楽しみですね。

また毎朝コーディネートを考えるという手間も無い為、一度おしゃれな部屋をコーディネートしたらそのままでOKなのも手軽です。その後、ゆっくりと小物などを追加していくのも良いですね。

おしゃれな部屋のつくり方 6つのポイント

"おしゃれ"といっても一概にこれといったものはなく、派手な雰囲気をおしゃれと思う方もいれば、シンプルな雰囲気をおしゃれという思う方もいて人それぞれ好みがあります。ですが、どのような雰囲気にされるにしても
おしゃれな部屋づくりをする際のポイントは共通して6つ。是非、参考にされてみて下さい。

「1」インテリアのテーマ・コンセプトを決める

おしゃれな部屋づくりの一番初めに行いたいのが【インテリアのテーマ・コンセプトを決めること】です。自分の好きな家具・小物をただ選んでいくよりも、まず自分好みのインテリアスタイルを見つけて、そのスタイルに合う家具の素材・色・デザインを選んでいくと完成度の高いおしゃれな部屋を叶えることが出来ます。

インターネットや雑誌から好きな部屋の写真を集めて、テーマ・コンセプトイメージを明確にしましょう。

「2」部屋の内装に合わせた家具選び

「床・壁・建具」等の部屋に元々設えられた内装に合わせて家具の素材や色合いを選ぶことで、空間全体に統一感が生まれ、元々の部屋の雰囲気を活かしながらおしゃれな部屋づくりを叶えることが出来ます。

コンクリートやモルタル等の人工素材を使った内装なら家具も同様に人工素材を。木材や畳等の自然素材を使った内装なら、家具も自然由来のものを選ぶと良いでしょう。

「3」おしゃれ = 雑多な雰囲気・生活感の無い空間

おしゃれな部屋づくりをする際に大きなキーワードになるのが「生活感」です。どんなに素敵なソファやベッドでコーディネートされた部屋も、コンセントの周りは配線でごちゃごちゃ・ティッシュなどの日用品が乱雑に置かれてはおしゃれな雰囲気には届きません。

実際に暮らしている為、100%生活感を無くすのは難しいですが、家具・家電選びに気を付けるだけで生活感を隠すことが出来、非日常感のあるおしゃれな部屋に仕上げることが出来ます。

「4」シーズナリティを感じるインテリアに

自分好みの雰囲気でインテリアコーディネートを行うことも大切ですが、それにプラスして「シーズナリティのある雰囲気を部屋に取り入れること」で更にトレンド感のあるおしゃれな部屋に仕上げることが出来ます。

家具を季節ごとに変えることは難しい為、クッション・ラグ等のインテリア小物などの気軽に置き換えが出来るアイテムでシーズナリティを演出します。その際、色だけでなく素材や質感にもこだわると更に良いでしょう。

「5」光を味方につける

朝や昼間の明るい時間にたっぷりと日光が降り注ぐ部屋は、それだけで居心地が良く前向きな気分にさせてくれる雰囲気があります。また、逆に夜の暗いシーンで上手に照明を使うことが出来れば、非日常感のあるおしゃれなムードを醸し出すことが出来ます。

このようにおしゃれな部屋づくりに欠かせないのが「光の演出力」。部屋づくりというと、つい家具・小物に目が行ってしまいがちですが、照明や光の入り方にも是非こだわってみましょう。

「6」小物は厳選したおしゃれなものを

おしゃれな部屋を目指して失敗しがちな例として「小さな置物やフォトフレームなどの小物を細々と置きすぎて雑多な雰囲気になってしまう」ことが挙げられます。小物は【しっかり部屋の中で目立つ大きいもの】を基準に、厳選して数個だけ取り入れるように心がけましょう。

そうすることで全体のバランスが取り易くなり、抜け感が出たり、日々のお掃除も楽になります。

それでは、ここからはおしゃれな部屋づくりの為の6つのポイントを掘り下げてご説明します。

【統一感を生みだす おしゃれな部屋のコンセプト】

おしゃれな部屋づくりのベースとなるコンセプト。これを決めずに好きなデザインの家具・小物を選んでしまうと、まとまりがない雰囲気の部屋になってしまうことが多々あります。「ゆっくり出来る部屋」等のソフトイメージではなく、「ナチュラルで緑が沢山ある部屋」「グレートーンのモダンな部屋」「海沿いのリゾート風の部屋」など、具体的なインテリアのスタイルコンセプトを決めていきましょう。

沢山のインテリアスタイルから自分らしい"おしゃれ"を探す

こちらの図のように、世の中には多種多様なインテリアスタイルがあります。是非、インターネットや雑誌等から自分らしい「おしゃれ」と思えるスタイルを探してみましょう。

例えば「ヴィンデージスタイルなら古木・金属・レザーの素材を組み合わせる」といったように、それぞれのインテリアスタイルには素材・デザイン・色使い等、基本的な家具の選ぶべき基準があります

その基準をベースに家具・小物選び、カラーコーディネートをしていくことで、最初に決めたインテリアスタイル・コンセプトからずれることなく完成度の高いおしゃれな部屋づくりを実現することが出来ます。

初心者でもおしゃれに仕上がる おすすめインテリアスタイル

多様にあるインテリアスタイルの中でも、部屋づくりの初心者さんでも完成度の高いおしゃれな空間がつくり出し易いスタイルがあります。それは「スタイルに似合う家具・インテリアが手に入り易い」「色・素材が特徴的でコーディネートし易い」「日本の家屋に似合う」以下の4つのスタイルです

【カジュアル・ナチュラル】

シンプルで明るい雰囲気のこちらのスタイル。ナチュラルカラーの木製や布地の家具で揃え、ホワイトやベージュで統一されたカラーコーディネートを意識しましょう。また細い・華奢なデザインの家具を選ぶと更におしゃれな雰囲気に仕上がります。

【リゾート・アジアン】

床などの建具が木製で出来ていることの多い日本家屋は、アジアン・リゾートスタイルがよく合います。天然素材(ラタン・ヒヤシンス等)・ダークブラウンの木製家具を選び、レッド・パープル・オレンジ・グリーン等のアクセントカラーを加えましょう。

【和モダン】

和室にはもちろんのこと、和室が見える部屋にもおすすめな和のスタイル。低い・太い・重厚感のある雰囲気の家具を選びましょう。家具は天然素材のもの、また小物で和紙や鉄など風合いを強く感じるものをプラスするのがおすすめです。

【モダン・スタイリッシュ】

眺望が良いタワーマンションやコンクリート材の内装の部屋におすすめ。冷たさを感じる無機質な素材(ガラス・スチール・レザー等)と、モノトーンのカラーコーディネートを意識するだけで、簡単にスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。

おすすめコラム

【部屋の内装材・色合いと家具を合わせる】

ポイント1でご紹介したインテリアコーディネートのコンセプトを明確にするということにも似ていますが、部屋に元々設えられている床・壁・建具といった内装の素材・色合いに合わせて、家具・インテリアを選んでいくと「部屋自体は畳がある素朴な雰囲気なのに、インテリアだけ近代的な雰囲気」等の、ちぐはぐなコーディネートになってしまう失敗がなく、空間と家具が上手く調和したおしゃれな部屋づくりを実現することが出来ます。

部屋の内装材と家具素材を合わせておしゃれに

おしゃれな部屋づくりの為には、家具・インテリア小物の統一感を意識するだけでなく、部屋自体が持ち合わせている雰囲気との相性を考えることも大切です。例えば「コンクリートやモルタル等の人工的な内装材から出来た部屋であれば、家具・インテリアも同じように人工素材を使用する。」等、内装材と家具材の雰囲気を合わせることで、完成度の高いインテリアコーディネートに仕上げることが出来ます。

人工素材の内装の部屋

デザイナーズ物件や注文住宅などで用いられるコンクリート・大理石などの内装材。無機質でクールな雰囲気の空間にはモダンインテリアが大変良く合います。

内装が演出するクールな空気感を崩さないよう、家具素材も無機質な「金属」「鏡面素材」等の人工的な素材を選びましょう。またレザーも良く合います

  • 人工素材の内装の部屋に合う 家具・インテリア素材

■金属

ステンレス・スチール・アルミ等の金属。家具のフレームに使用されていることが多く、スタイリッシュな雰囲気があります。

■鏡面素材

光沢感のある質感が特徴的で、シンプルですが高級感があります。テレビボードやダイニングテーブルの天板等によく用いられます。

■ガラス

無機質でクールな印象を演出出来るガラス素材。クリアなので存在感が無く、すっきりとした雰囲気の部屋に仕上がります。

■レザー

リアルレザーとソフトレザーがありますが、どちらもモダンな印象で、人工素材で揃えた部屋に良く馴染みます。

自然素材の内装の部屋

日本の多くの住宅で採用されているフローリング・木製の扉・畳といった自然由来の内装材。温もりを纏った雰囲気の空間で、親しみやすく寛ぎ感があります。

内装と調和したおしゃれな部屋を叶える為に、家具やインテリアの素材も「木材」「バンブー(竹)」「ラタン(籐)」「和紙」等の自然素材を選びましょう。

  • 自然素材の内装の部屋に合う 家具・インテリア素材

■木材

天然由来の家具素材では最もポピュラーな木材。木の種類や塗装によって様々な雰囲気に変化し、幅広いコンセプトのインテリアで活躍します。

■ラタン(籐)

ヤシ科のつる性植物で、日本など各国で千年以上も昔から家具の素材として親しまれています。繊細な編み目が美しく、畳のある部屋にも良く馴染みます。

■ウォーターヒヤシンス

ホテイアオイという水草の茎を乾燥させ、ロープ状に編み込んで作られます。アジアン・リゾート・ナチュラルな雰囲気の部屋におすすめです。

■バンブー(竹)

大変硬く、弾力性に優れ、非常に丈夫な素材です。滑らかで独特な触感と艶が特長で、何といっても直線的で美しく、すがすがしい木目が魅力的です。

おすすめコラム

床・建具の色合いと家具を合わせておしゃれに

内装材と家具の素材を調和させるだけでなく、床・壁・扉などの建具と家具の色合いを調和させるということもおしゃれな部屋をつくる上で大切なポイントです。特に内装材の中でも「床色と建具の色に使われている色」と「ベースとなる家具の色」を合わせると統一感が生まれ、洗練された空間に仕上がります。

例えば、こちらのコーディネート実例のように床はベージュ色で扉はダークブラウン色など内装材の色が部屋の中に混在している場合は、家具の色も2色にするのではなく、内装材で使用された存在感のある最も濃い色に家具を合わせると、空間全体が美しくまとまり、おしゃれな雰囲気を演出出来ます。

おすすめコラム

【生活感を隠して 憧れのおしゃれな部屋に】

雑誌やインターネット等で見る「この部屋おしゃれ!」と感じる多くの写真は、綺麗に整頓され、生活の気配を感じさせない非日常感が漂う部屋が多いはず。【おしゃれな部屋 = 非日常感のある部屋】といっても過言では無いくらい大切なポイントです。リモコン・ティッシュ・書類・配線などの隠せるものは隠す、テレビ・加湿器・電子レンジなど隠せないものはおしゃれなデザインを選んで、非日常感のある雰囲気を醸し出しましょう。

扉付を条件におしゃれな収納家具を選ぶ

どんなにおしゃれな家具で揃えても、部屋が散らかっていると雑多な雰囲気に見えてしまいます。またガラス扉の棚やオープンタイプのラックは開放的で素敵なデザインのものが多いですが、こまめに整理整頓が出来ないと逆効果になってしまうことも。

非日常感を演出する為に、テレビボードやキャビネット等の収納家具を選ぶ際は中が見えない扉付のデザインを意識して選びましょう。

  • 扉付のおしゃれな収納家具

棚板付を条件におしゃれなテーブルを選ぶ

ティッシュ・リモコン・新聞など、日常生活で使う物をつい乱雑に置いてしまいがちなテーブル。忙しい日々の中で、テーブルの上が物置になっている方も多いのではないでしょうか。

日用品は手元に置きたいけど、見せたくない。そのような時は棚板付きのテーブルを選びましょう。使う時だけ取り出し、さっと片付けられて大変便利です。

  • 棚板付のおしゃれなテーブル

コンセント周り・家電にも注目する

扉付や棚板付などの家具選びだけでなく、下記にも心がけると生活感が薄れ、おしゃれな部屋に近づけます。

■配線はまとめて隠す

生活感を消す際に気を付けたいのがコンセント周りの配線。「余ったコードは結束バンドなどでまとめる」「コードボックスに入れて隠す」「必要以上に長いコードは使わない」等、見せない工夫を心がけましょう。また、配線を綺麗にしておくことは、おしゃれな雰囲気に繋がるだけでなく火災予防にもなります。

■見える家電はおしゃれなデザインの物を選ぶ

おしゃれな家具で統一し、整理整頓もしているのに何故か垢抜けない。それは家電のデザインが原因かもしれません。キッチンの中の家電・テレビ・ヒーター・加湿器など、家具と同様の色・素材を使った家電を選んだり、シンプルで主張しないデザインを選ぶと、更におしゃれな空間に仕上がるはずです。

【季節感を取り入れて トレンド感のあるおしゃれな部屋に】

暑い夏の時期には涼し気な雰囲気を、寒い冬の時期には温もりのある雰囲気を。そのようなシーズナリティを感じることの出来る部屋にはトレンド感があり、四季のある日本ならでの暮らしを楽しむことが出来ます。季節に合わせて家具を買い替えることは難しい為、気軽に模様替えの出来るインテリア小物に季節感のあるアイテムを取り入れて、おしゃれな部屋づくりを行うのがおすすめです。

気軽にチェンジ出来るインテリアアイテム

季節に合わせた模様替えを楽しむ為には「色と素材感」に変化をつけることが大切です。その為、家具よりもファブリックアイテムをチェンジ・プラスしていくことがシーズナリティを演出するのにぴったりです。

大胆に変化をつけたい場合は面積の広いカーテン」「ラグ」「ソファカバー」「ベッドスプレッドを、少しだけシーズナリティを演出したい場合にはクッション」「アートをバランス良く取り入れましょう。

ベージュとダークブラウンで統一したナチュラルモダンなインテリアコーディネートの部屋。

カーテン・クッション・ベッドスプレッドでブループラスして、程良く清涼感を感じる部屋に。

ソファカバーやラグ等、部屋全体にブルーをプラスした夏らしいブルーが主役の部屋に。

シーズナリティ別のおすすめの素材・色

- 春を楽しむ インテリアアイテム -

暖かくなりはじめ、だんだんと草花が芽吹き始める春のシーズン。爽やかさと明るい雰囲気を楽しめる「グリーン」「イエロー」「ピンク」「パープル」の色を部屋に取り入れるのがおすすめです。

また素材・質感は、重たい印象のものより、軽快でふんわりとした印象のものを選ぶと良いでしょう。

- 夏を楽しむ インテリアアイテム -

緑が溢れ、大空が広がる開放的な夏のシーズン。暑い夏に心地良い清涼感を運んでくれる「ブルー」が定番ではありますが、一番のおすすめです。

また素材は、麻入りやナイロン・アクリルなどの化繊が入ったものがサラサラとした質感で心地良く、夏の暮らしを更に楽しくしてくれるはずです。

- 秋を楽しむ インテリアアイテム -

瑞々しく青めいていた風景がだんだんと琥珀色に色づき、四季の中で最も時間の移ろいを感じられる秋のシーズン。「レッド」「オレンジ」「イエロー」「ブラウン」の色使いがおすすめです。

また素材・質感は、ふっくらと厚みがあり、柔らかな質感で、触感からも温かさを感じられるものを選ぶのが良いでしょう。

- 冬を楽しむ インテリアアイテム -

寒空を眺めながら、ゆっくりと室内で過ごすことが多くなる冬のシーズン。深い寛ぎと温かみを感じられる「ダークブラウン」「ブラウン」「ベージュ」を丁寧に重ねたコーディネートがおすすめです。

また素材や質感は、温もりを感じるよう重厚感のあるものやツイード・ニットのようにざっくりと編まれたものがおすすめです。

おすすめコラム

模様替えがしやすいファブリック張りの家具

シーズナリティを感じるインテリアでおしゃれな部屋づくりをする際に便利なのが、自宅で気軽にカバーチェンジが出来る仕様のソファやダイニングチェア

これから家具探しを始めるという方は、【カバーが変えられる仕様のソファ・ダイニングチェアを選ぶこと】そして、【替えカバーの色バリエーションが豊富なもの】を選ぶことで、季節感のあるインリテアコーディネートを楽しむことが出来るようになります。

おすすめコラム

【朝・昼は明るく 夜はほんのり暗くがおしゃれな部屋のルール】

3つ目のおしゃれな部屋づくりに欠かせないポイントは、光の取り入れ方。日中、明るい光で溢れているお部屋は、それだけで特別なリラックスムードが漂います。もし「カーテンが開けられず暗いまま」「窓の前に家具があり光が入らない」という部屋なら、家具の配置方法を意識するだけで、太陽がたっぷりと降り注ぐ開放感のある雰囲気に変えることが出来ます。

また夜には照明使いにこだわります。部屋全体をただ明るく照らすのではなく、間接照明を使い部分的に光を取り入れて、日中とは異なるおしゃれなムードを楽しみましょう。

日光がたっぷり注ぐ 家具配置を意識

光で溢れるおしゃれな部屋を実現する際、もちろん日当たりが良い部屋を選ぶということも大切ですが、それに加えて「光を遮らない家具配置」「カーテンの開け閉めがし易い動線づくり」を行うことがポイントです。

■ソファで窓を塞いでいるリビングルーム

ゆったりとしたコーナーソファを配置したリビング。寛ぎ感はあるものの窓の半分以上をソファで覆ってしまい、日が差し込みにくい家具配置です。

■窓の前に家具が無いリビングルーム

オットマンのセットにしたことで、窓の前が開けて光が溢れるお部屋に。また、ソファを奥側に置いたことで入口からの目線も圧迫感がなく開放的な雰囲気に

■窓への動線が取れていないベッドルーム

入り口から見て一番奥にベッドを配置。空間は広く使えているものの、窓への動線がない為、カーテンの開け閉めがしずらい家具配置です。

■窓への動線が取れているべッドルーム

ベッドを壁側につけて、足元から窓へ抜けられる動線を作った家具配置です。カーテンの開け閉めがしやすい為、光を取り込めるようになりました。

家具配置に悩まれた際はこちらのページからお気軽にご相談下さい。
明るくおしゃれな部屋づくりのアドバイスをさせて頂きます。

ムードのある照明使いでおしゃれな夜を

日が落ちて暗くなった部屋に灯る間接照明。おしゃれなムードを醸し出す為には、部屋全体をただ明るく照らすのではなく、テーブルランプ・フロアランプ等を使って、日中の明るい雰囲気とのギャップを持たせたラグジュアリーな雰囲気を演出してみましょう。

床側から間接照明を灯して、リゾートホテルのようなドラマチックでおしゃれなダイニングルームに。

照明の灯りを壁・床に当てることで、美しい影が生まれ、光の演出力を高めることが出来ます。

  • おしゃれなムードを醸し出せる 間接照明

おすすめコラム

【おしゃれな部屋に必須の3つの小物】

おしゃれな部屋づくりの4つの目のポイントは小物使い。置物や植物など、つい素敵な物を見つけると購入してしまい、どんどん増えてせっかく生活感を隠した部屋がまた乱雑になってしまうということがよくあります。そうならない為にも小物は「必要な物を厳選する」「主張のある大き目の小物を選ぶ」ことが大切です。

小物といえど様々ですが、おしゃれな部屋を実現させる為に厳選して取り入れたい小物は下記の3つ。リビングダイニングルーム・ベッドルーム・書斎・和室、どのような部屋にもおすすめです。

  1. 印象的なデザインのペンダントライト

  2. シンボルツリーとなる観葉植物

  3. 壁飾り(アート・パネル・ミラー・ポスター等)

デザイン性の高い "ペンダントライト"

ポイント3の「光の取り入れ方」で紹介した間接照明はあくまで光の効果でおしゃれに魅せる方法。こちらのペンダントライトは、空間の高い位置にアクセントをつけて部屋をおしゃれに仕上げる小物的な存在。一般的にペンダントランプはダイニングルームに取り入れることが多いですが、思い切ってリビングルームやベッドルームにも吊ってみましょう。

デザイン性が高く、かつ部屋のコンセプトに合った素材・色のペンダントランプを選びましょう。

  • 部屋のコンセプトに合わせて選びたい 個性豊かなペンダントライト

シンボルツリーとなる "インテリアグリーン"

部屋にひとつあるだけでおしゃれな雰囲気と癒しを運んでくれる観葉植物。小さなサイズの植物を沢山取り入れるのも素敵ですが、部屋のシンボル的な存在になれる大きな植物を取り入れてみましょう。ぱっと空間が明るくなり、印象的な雰囲気に仕上がります。また細々としていない分、お手入れも楽ですね。

観葉植物も部屋のコンセプトに合わせて植物の種類を選ぶのがおすすめです。

  • 部屋のテーマ・コンセプト別 おすすめの観葉植物

■モダン・スタイリッシュ

ストレリチア
サンスベリア
フィカス バーガンディ 等

■カジュアル・ナチュラル

シェフレラ
オリーブ
シマトネリコ 等

■リゾート・アジアン

ヤシ
モンステラ
ドラセナ 等

■和

シュロチク
ポリシャス
クッカバラ 等

おすすめコラム

お部屋のコンセプトに合う "壁飾り"

部屋を上下で区切った際、基本的に家具は下側にある為、上側は窓や壁だけになり寂しくなりがち。そこでアート・パネル・壁花器・ポスター・ミラーなどの壁飾りを使うことで、部屋全体にバランス良くアクセントが入り、おしゃれな空間に仕上がります。

賃貸で壁に穴を開けることが出来ない場合は、綺麗にはがせるテープ等でポスター・軽いパネルを取り入れると良いでしょう。

  • 部屋のコンセプトに合わせて選びたい 壁飾り

おすすめコラム

参考にしたい!おしゃれな部屋の実例コーディネート集

ここからはおしゃれな部屋づくりのポイントを取り入れた実例コーディネートをご紹介します。気になるおしゃれな部屋を見つけたら、リンクを押して頂くとコーディネートの詳細もご覧頂けます。

おしゃれなリビングダイニングルーム

【ブルーとグレーが印象的な 高級感のあるリビングルーム】

暗めの床色や大理石のカウンターテーブルなど高級感溢れるシックな内装に合わせてグレー・ブルーでクールにまとめたおしゃれなリビングルーム。小物は最低限に抑えてすっきりと魅せ、またソファ後ろにカーテン生地で作ったタペストリーを飾ったことで、部屋のテーマカラーを更に印象付けています。

【爽やかな風が通り抜ける おしゃれなダイニングルーム】

爽やかさと高級感、どちらも自宅で味わえるようインテリアにこだわったダイニングルーム。窓から入る風や光が心地良く、ブルーのアクセントカラーもおしゃれな雰囲気です。また、お酒はあえて扉付の収納ではなくオープンラックに飾り、目で見ても楽しめるようこだわりました。

【静けさを感じる 落ち着いた和テイストのリビングダイニングルーム】

「和モダン」をコンセプトにコーディネートしたおしゃれなリビングダイニングルーム。カーテンではなくウッドブラインドを取り入れて生活感を感じさせないシックな空間に。また、散らかりがちなソファ前も大きな棚板付のローテーブルでリモコンなどの日用品を隠して、すっきりと整然とした雰囲気に。

【光が溢れる 明るい特別感のあるダイニングルーム】

窓からの眺望を楽しむ大人のおしゃれなダイニングルーム。肘付きのチェアはゆったりと景色を眺めながら食事を楽しむのにぴったりです。また壁面に取り付けたパープルのアートが空間の良いアクセントになっています。

【洗練されたホテルライクな雰囲気が漂う リビングダイニングルーム】

まるでラグジュアリーなリゾートホテルのように、明るく清潔感のあるリビングダイニングルーム。グレイッシュな床色にグレーの家具・インテリアが大変マッチしています。アクセントカラーとしてパープルを取り入れたことでシンプルになりすぎず、品の良い華やかさも感じられます。

【ワントーンカラーが上品でおしゃれなリビングダイニングルーム】

ラグジュアリーなホテルをコンセプトにコーディネートされたリビングダイニングルーム。色味をベージュ~ブラウンのワントーンで揃えたことで、どこか余裕を感じる落ち着いた雰囲気に。また窓からの光を遮らない高さのソファを選んだことで、光もたっぷりと降り注ぐ明るくおしゃれな空間に仕上がっています。

【小物使いとグリーンのカラーコーディネートがおしゃれなダイニングルーム】

深いグリーンのカラーコーディネートが印象的なダイニングルーム。シンプルながらも、壁面に飾られたアートやリズム良く吊られたペンダントランプなどの小物使いがおしゃれな空間です。

【明るいグリーンが印象的 ヘルシーでおしゃれなワンルーム】

ボタニカルなイメージで自然素材の家具とグリーンを多用したおしゃれなワンルームコーディネート。グリーンはラグやクッションだけでなく観葉植物をたっぷり取り入れて全体に色味を加えています。また、間仕切り収納の使い方がとてもおしゃれ。寛ぐ場所と寝る場所がしっかりエリア分けされ、ゆったりと寛げそうな部屋です。

おしゃれなベッドルーム

【和を感じる佇まい 心が穏やかになれるベッドルーム】

シンプル・クールな部屋づくりをコンセプトにコーディネートとしたおしゃれなベッドルーム。ロースタイルのベッドフレームを選んだことで全体的にすっきりと無駄の無いハイセンスな雰囲気に。また、ベッドをロースタイルにした分、天井からペンダントライトを吊って空間全体のバランスを整えています。

【開放感を思い切り楽しむ おしゃれなベッドルーム】

こちらもシンプルを極めたシャープな印象のおしゃれなベッドルーム。無垢感の強いナチュラルな床に、あえて相反するスタイリッシュな雰囲気のベッドカバーを合わせたインテリア上級者のコーディネートです。

【心地良い波音が聞こえてきそうな 海を感じるベッドルーム】

「西海岸のシーサイドハウス」をイメージしてコーディネートしたベッドルーム。白い部屋に爽やかなブルーが映えて心地良く眠りにつけそうですね。またコンセプトイメージに合う小物使いもお見事。流木の間接照明やリゾート感溢れるヤシの観葉植物などが更にシーサイドな雰囲気を盛り上げてくれています。

【気品あるパープルが印象的な大人のベッドルーム】

パープルをメインカラーにコーディネートした大人のおしゃれなベッドルーム。総花柄のベッドカバーや、足元に敷いた毛足の長いラグが、どこか異国情緒のあるラグジュアリーなホテルのようですね。

【明るい光とグリーンでマイナスイオンたっぷり 癒しのベッドルーム】

心からほっと安らぐナチュラルな雰囲気をテーマにコーディネートしたベッドルーム。ベッドカバーやアートで優しいグリーンを重ねたおしゃれな空間です。また、窓からの光を遮らないようヘッドボードの低いデザインのベッドを選択。明るい雰囲気で更に心が休まるベッドルームに。

おしゃれな和室

【ロースタイルの家具でおしゃれに飾った和室】

どのようにコーディネートすれば良いのか分からないと度々ご相談頂く「和室」。自宅の中でもデッドゾーンになりがちな和室も、飾り棚やデザイン性のある座椅子を置くだけで見違えたようなおしゃれな空間になります。

【木・籐・竹などの自然素材が織りなす シックで落ち着いた和室】

リビングルームから繋がる和室。リビングと同様の家具素材やカラーコーディネートでまとめて、部屋全体で統一感のあるムードに仕上げています。またおしゃれな和室には琉球畳がおすすめです。

【床座で自由な寛ぎを楽しむ おしゃれな和室】

朴な色合いの琉球畳に映える落ち着いた色合いの家具。座椅子やテーブルを敢えて置かず、開放的に魅せたおしゃれな和室です。座クッションで寛ぐも良し、床にそのまま座るも良しの自由な時間を過ごせます。

【さりげないペンダントライトと小上がりがおしゃれな和室】

近年とても人気がある小上がりの和室。琉球畳のシックな色合いに合わせて、家具も落ち着いたグレートーンでまとめたコーディネートです。ペンダントランプを低めに吊り下げて、更におしゃれな雰囲気に。

おすすめコラム

おしゃれな書斎

【ゆったりとした時が流れる ブラウンで統一した書斎】

仕事に集中したり趣味を楽しむことが出来る書斎。書斎は物が多く雑多な雰囲気になり易い部屋ですが、同様にコンセプトをしっかり決めることでおしゃれなコーディネートに仕上がります。こちらは心が静まるような優しいブラウンで統一した書斎。落ち着いた雰囲気で作業がはかどりそうですね。

【アジアンテイストの独特な温かみを感じる おしゃれな書斎】

自然の風合いが残る無垢材やヒヤシンス素材の家具に、オレンジとパープルをプラスしたアジアンムード溢れる書斎。素朴さとリゾートホテルのような特別感の両方を楽しめる雰囲気です。

【瑞々しいグリーンが印象的な 爽やかでおしゃれな書斎】

グリーンとブラウンを基調にした明るい印象の書斎。オープンタイプの本棚は乱雑に見えやすいので、本と本の間に隙間を開け、また小物を混ぜつつ置くとおしゃれな雰囲気が出せます。

【ビビットカラーが空間にメリハリをつける コンパクトな書斎】

リビングの中にある棚を活用したミニ書斎。ビビットなイエローとホワイトの壁のコントラストがとてもおしゃれな空間です。あえてチェアでなくスツールを合わせたことでミニマルにまとまり、こなれた雰囲気に。

おすすめコラム

店舗でおしゃれな部屋のアドバイスを受ける

おしゃれな部屋づくりのポイントは分かったものの「自分のセンスに自信が無い」「どのように家具をレイアウトすれば良いのか分からない」など行き詰ってしまった時は、お部屋の写真や図面などをお持ちの上、是非お近くのa.flat店舗までお越しください。豊富な知識を持ったコーディネーターが、3Dシミュレーションを使いながら、お客様にぴったりのおしゃれな部屋づくりをお手伝い致します。

  • おしゃれな部屋づくりの相談が出来る a.flatの店舗

■a.flat大阪梅田店

大阪駅/梅田駅から徒歩3分
グランフロント大阪北館5F

■a.flat目黒通り本店

都立大学駅から徒歩7分
自由が丘駅から徒歩10分

■a.flat新宿店

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

おすすめコラム

部屋にぴったりの家具レイアウトを知る

おしゃれな部屋づくりには、デザイン性の高い家具を選ぶだけでなく、その家具が一番素敵に見えるように部屋のレイアウトにもこだわることが大切です。

「たっぷりと光が入るレイアウト」や「家具の背面まで魅せるレイアウト」等、選んだ家具が更におしゃれに見えるよう、お客様のお部屋に合った最適なレイアウトをアドバイスさせて頂きます。

■図面から2Dを作成してレイアウトを確認

まずは2Dで部屋に合ったレイアウトをご提案致します。「明るい感じにしたい」「重厚感のある雰囲気が良い」など、ご希望のイメージをお気軽に担当のコーディネーターへお伝えください。

■2Dを3D化して更にイメージしやすく

その後、2Dを3D化して立体的に完成後のおしゃれな部屋のイメージをご覧頂くことが出来ます。3Dで確認しながら「この寂しい壁面にはアートを」等、小物使いもアドバイスさせて頂きます。

おすすめコラム

おしゃれなカラーコーディネートを知る

a.flatの各店舗にはラグ・クッション・カーテン等の多彩なカラーサンプルがずらりと並んでおり、そこから実際に生地を手にとりながら、おしゃれな部屋づくりに欠かせないカラーコーディネートについても気軽にご相談頂けます。

完成イメージがし易いよう、3Dシミュレーションを使用して自宅の床・壁色を再現しながらカラーコーディネートをご提案します。

■パープル系のおしゃれなカラーコーディネート

店舗でお選び頂いたお気に入りのカラーでコーディネートした部屋のイメージを3Dシミュレーションでご覧頂けます。おしゃれに見えるカラー配分や組み合わせなど、コーディネーターがアドバイス致します。

■グリーン系のおしゃれなカラーコーディネート

ナチュラルな印象のグリーンコーディネート。同じ部屋でも雰囲気が大きく変わります。コーディネーターが提案する様々なカラーコーディネートパターンから、最も自分好みのスタイルをお選び頂けます。

トータルコーディネートはもちろんのこと「自宅にあるソファに合わせるラグ」「カーテンだけ模様替えしたい」等の細かなコーディネートもお任せください。

おすすめメニュー

  • 店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談について

    店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談についてのページです。STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

  • ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩

    ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩のページです。お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。お好みの部屋を作るには色の持つ心理作用やインテリア・家具に与える効果を認識しておくことが重要です。色彩プランをしっかりと考え、選ぶ色や配色しだいでコーディネート目的をかなえてくれるでしょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々な基礎知識を見てみましょう。

まとめ

今回のおしゃれな部屋づくりの特集はいかがでしたか。

"おしゃれな部屋"といっても様々ですが、どのような雰囲気のおしゃれな部屋をつくるにしても「コンセプトを明確にする」「部屋の内装材・色合いと家具を合わせる」「生活感の無い空間を意識する」「季節感を取り入れる」「光を上手に使う」「小物は厳選したもの」の6つが大切なポイントだということが分かりました。

是非、おしゃれな実例コーディネートなどもご参考にして頂き、理想通りの部屋づくりをお楽しみください。また、お悩みがある際は、a.flatの各店舗までお気軽にインテリアのご相談にご来店くださいませ。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 新宿店

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.