• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

【二人暮らし編】インテリアで二人の理想を叶えるおしゃれな部屋づくり お手本にしたい実例付き

【二人暮らし編】インテリアで二人の理想を叶えるおしゃれな部屋づくり  お手本にしたい実例付き

2LDK・1LDKと部屋が広いケースが多くおしゃれなインテリアを楽しめる二人暮らし。コミュニケーションが取れる相手がいることで充実した日々が送れますが、その反面、お互いにとっての理想的な部屋づくりに悩むことも。そこで、二人が気に入るおしゃれな部屋づくりと心地良く快適に暮らすためのコツを紹介します。

おしゃれな部屋を叶える基本のインテリアポイント

おしゃれな部屋づくりには、まず5つの基本的なポイントがあります。インテリアに自信がない方もこれらのポイントを意識してコーディネートを行うことで、センスの良い空間を叶えることができます。

二人の大切な部屋をインテリアでおしゃれに演出するための5つのコツ

上記で紹介した基本のインテリアポイントに加え、二人暮らしならではの部屋づくりのコツを抑えてコーディネートを行うことで、さらにおしゃれなインテリアを叶えることができます。

ここからは、5つのコツを詳しく解説していきます。

[1]おしゃれな二人暮らしの部屋作りは間取りで変わる

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツの1つ目は「二人暮らしに合う間取りの部屋を選ぶこと」です。

おしゃれな部屋づくりを行うためには、まずはベースとなる部屋選びが重要。狭すぎたり、使いづらい間取りを選んでしまうとインテリアを楽しめないだけでなく、二人暮らしを快適に送ることができません。二人で暮らすからこそ気を付けたいポイントや、理想の雰囲気を叶えられる間取りを事前にチェックしておきましょう。

二人で暮らすからこそ気を付けたい間取り選びのポイント

リビング・ベッドルームは分けた間取りがおしゃれで快適に使いやすい

1K・ワンルームの場合、寛ぎ・食事・睡眠のすべてがひとつの空間で行われます。一人暮らしならば気を使うこともないですが、二人暮らしとなると常に同じ空間にいるのがストレスと感じてしまうことも。

少なくとも、リビングとベッドルームは別の部屋に分けて過ごせるような間取りを選んでおくと、お互いのプライベートな時間を確保できるので安心です。

また、リビングとベッドルームを分けた間取りの方が部屋のサイズにゆとりがあるため、置ける家具の量も必然と増えるだけでなく、部屋の広さを気にせず好みのデザインの家具を選びやすく、インテリアアイテムをたくさん飾れるようになり、二人らしいおしゃれな部屋づくりを思い切り楽しめます。

・1DK

1部屋+8畳未満のDK(ダイニングキッチン)の間取り。寝室を分けることはできますが、二人暮らしで8畳以下のDKで過ごすのは手狭。家具も置けるものが限られるため、あまりおすすめではない間取りです。

・1LDK

1部屋+8畳以上のLDK(リビングダイニングキッチン)の間取り。寝室と分けられるだけでなく、寛ぎや食事の空間にもゆとりが出てインテリアにもこだわれるので、二人暮らしにおすすめです。

・2DK

2部屋+8畳未満のDK(ダイニングキッチン)の間取り。1部屋を寝室、もう1部屋をリビングとして使うことはできるものの、それぞれの部屋が狭いことが多く、二人で同じ部屋にいると窮屈に感じてしまうことも。

・2LDK

2部屋+8畳以上のLDK(リビングダイニングキッチン)の間取り。部屋が広々としているだけでなく、部屋数にもゆとりがあり、書斎・納戸に使用するなどインテリアも楽しめるので、二人暮らしにおすすめです。

ベッドルームはダブルサイズ以上を置ける広さであるかを確認

二人で眠るためには、一般的にダブルサイズ(幅1400mm)が必要とされています。さらにゆったりと睡眠をとりたい二人なら、クイーンサイズ(幅1600mm)・シングルを2台並べたキングサイズ(幅2000mm)を選びたいケースも。

そのため、二人暮らしでは「ダブルサイズ」以上が置ける広さがあるかを確認しておくと安心です。部屋の形・ベッドフレームのデザインによって異なる場合もありますが、6畳あればダブルサイズは置けると考えて良いでしょう。

二人暮らしのおしゃれな部屋作りが叶う間取りの紹介

リビング・ベッドルームが別で、空間の広さにゆとりのある1LDK・2LDKは二人暮らしにおすすめの間取りですが、さらに1LDK・2LDKの中でも「隣接型」と「独立型」という種類があります。それぞれに個性があり、インテリアの見え方も異なるため、二人の希望に合う間取りをしっかりと選びましょう。

【1LDK 隣接型】広々としたおしゃれな雰囲気が希望の二人におすすめ

LDKと部屋を繋げて使える間取り

LDKと部屋が引き戸で仕切られており、閉めれば別室、開ければ大きなワンルームのように使える間取り。広々とした開放的な雰囲気が特魅力です。また、部屋が隣り合うため、生活リズムが近い二人・来客が少ない二人にもおすすめです。

1LDK 隣接型の部屋実例

LDKと部屋の間にソファを置き、空間をさりげなく仕切りながらも、グリーンのカラーコーディネートで統一感を演出したおしゃれな部屋。凛瀬説型の広々とした雰囲気に、寛ぎ感溢れるハイバックスタイルの家具がよく映えます。

【1LDK 独立型】プライベート感のある部屋づくりをしたい二人におすすめ

LDKと部屋が廊下・壁で離れている間取り

LDKと部屋が廊下や壁を挟んで離れており、それぞれを独立した部屋として使用できる間取り。隣接型の場合は生活音が気になる場合がありますが、独立型ならプライベート感が増すため、生活リズムが異なる二人でも快適に暮らせます。

1LDK 独立型の部屋実例

部屋を繋げて使うことがないため、それぞれの部屋で好きなテイストのインテリアを楽しむことができるのが独立型の魅力。こちらの実例も、LDKはブラウン系・寝室はグレー×パープルと異なるカラーでコーディネートしています。

【2LDK 隣接型】それぞれの個性を活かしたインテリアを楽しみたい二人におすすめ

隣接・独立型の良いところ取りした間取り

1部屋はLDKに隣接しており、もう1部屋は廊下や壁などで独立している間取り。基本的には独立した部屋を寝室で使うため、LDKを広々と見せながらも、プライベートも守ることができます。専用面積が広く、余ったスペースで書斎や納戸など、幅広いインテリアを楽しめる点も魅力です。

2LDK 隣接型の部屋実例

LDKに隣接する部屋が和室の実例。和を感じさせる座椅子などを置けば、心安ぐおしゃれなセカンドリビング・客間に。また、リビングの家具も和室と調和するような優しい自然素材の家具を選んでおり、開放的かつ統一感のあるコーディネートに仕上げています。

おすすめコラム

  • 二人暮らしにベストな間取りは?快適に過ごせる二人暮らしでの間取りの選び方
    二人暮らしにベストな間取りは?快適に過ごせる二人暮らしでの間取りの選び方

    恋人や友人、ご家族と二人暮らしをする際、重要になってくるのが部屋の間取りになります。一緒に暮らす人によっても間取りの選び方が変わるため、どのような二人暮らしをしたいのかを考えて、間取りを検討しましょう。今回は、シチュエーション別の二人暮らしにおすすめの間取りと実際のインテリア実例をご紹介しますので、是非参考にしてください。

[2]二人のおしゃれなインテリアを叶えやすい部屋の形とおすすめ家具配置

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツの3つ目は「部屋の形に合う家具選び・レイアウトを行うこと」です。

二人暮らしには1LDKや2LDKがおすすめで、隣接型・独立型で好みに合う間取りを選ぶのがベースとなるポイントしたが、さらにLDKには「縦長」「横長」「正方形」という3つの形があり、部屋の形に合わせた家具選びやレイアウトを行うことで、空間を上手に活かしたおしゃれなインテリアを叶えることができます。

縦長リビング:二人の理想的なレイアウトが組みやすい

縦長リビングとは

LDKの入口から見て部屋が縦に長い形。両サイドに広い壁があるためレイアウトが組みやすく、さらに幅の広いサイズの家具も置きやすいので、リラックス感のあるおしゃれな部屋づくりが叶います。その反面、窓が小さめで、ソファとテレビとの距離が近いこともあるため、レイアウトに配慮しないと閉塞感を感じることも。

[カウチソファ + ローテーブル]高級感のある部屋

二人で足を伸ばしてゆったりと過ごせるおしゃれで贅沢なインテリアに憧れを抱く方も多いはず。縦長リビングなら広い壁を活かして、幅広のカウチソファとローテーブルを取り入れることが可能です。

部屋があまり広くない場合は、サイズの大きいカウチソファを置いた分、ダイニングは置かない・ダイニングのサイズを小さくするなどして、全体のレイアウトのバランスを考えることが大切です。

[コンパクトなソファ + ダイニングテーブル]インテリアを楽しめる部屋

4名掛けなど大きいサイズのダイニングテーブルで食事を楽しみたいけど、二人で寛げるソファも置きたいという贅沢なレイアウトも、入口から窓まで距離のある縦長リビングなら実現可能です。

大きなサイズの家具が多くても、奥行きがコンパクトなデザインのソファを選べばすっきりとした印象に。縦長リビングは窓が小さいことが懸念点ですが、コンパクトなソファなら窓にかかららず開放的です。

[ 座椅子+ローテーブル]広々とした雰囲気の部屋

部屋が狭くても広々としたおしゃれなインテリアを楽しみたい二人には、ソファを置かない床座のレイアウトがおすすめ。座椅子を置けば、和モダンテイストのようなセンス溢れる雰囲気を楽しめます。

狭い縦長リビングの場合、ソファとテレビボードの距離が近すぎてソファを置けないことも。そのような時でも、座椅子+ローテーブルなら寛ぎ感とおしゃれさを損ねず、家具をレイアウトすることができます。

横長リビング:大きな窓で開放感を活かす二人暮らし

横長リビングとは

LDKの入口から見て部屋が横長に広がる形。長辺に横長のLDKは、長辺に大きな窓が設けられているのが特徴で、明るく開放的な雰囲気が魅力ですが、部屋の中に壁が少ないため、置き方に悩むことも。また、壁ではなく空間の中央に家具を置くことが多いため、圧迫感を感じさせないレイアウトを考える必要があります。

[ローソファ + ダイニングテーブル]開放的な雰囲気の部屋

横長リビングは、ソファを部屋の中央にレイアウトすることが多いですが、ローソファを選べば壁感を感じさせず、ダイニング側から見てもリビング側が見渡しやすい開放感のあるおしゃれなインテリアに。

ソファを中央置くレイアウトは、空間を仕切るような効果があるため、同じ部屋にいても二人がプライベート感をもって過ごせますが、ローソファなら仕切りすぎず、コミュニケーションが取りやすくなります。

[ソファ + カウンターチェア]高低差をつけたメリハリのある部屋

スタイリッシュな暮らしを希望する二人なら、カウンターチェアもおすすめ。高さのあるカウンターチェアを置くことで、リビング側とメリハリをつけたおしゃれな部屋づくりを楽しむことができます。

横長リビングは、キッチンから窓までの距離が近いことが多く、ダイニングセットを置きづらいことも。その際もカウンターチェアが活躍。キッチン内にいる人と座っている人が一緒の時間を過ごせます。

[ラウンジチェア×2脚]ホテルのラウンジのように寛げる部屋

二人で並んで寛ぐのではなく、パーソナルに過ごせるラウンジチェアを2脚置いて、ラグジュアリーでおしゃれなレイアウトも横長リビングなら叶います。好きな位置に動かせる点も魅力です。

ダイニングテーブルをしっかり置けるのであれば、リビング側はローテーブルではなくサイドテーブルのみの配置がおすすめ。ゆったりと寛いだ体勢を崩すことなく、飲み物やスマホなどを置くことができます。

正方形リビング:個性的なレイアウトを楽しめる二人の時間

正方形リビングとは

LDKの入口から見て、横幅と奥行きが同じもしくは近い長さである形。フリースペースをつくりやすく、個性的なインテリアを楽しめます。また、奥行きのあるゆったりとしたデザインの家具が置きやすいのもメリットですが、ダイニングとリビングの距離が近く、家具のレイアウトが難しいと感じる間取りでもあります。

[コーナーソファ + ローテーブル]来客時もおしゃれに過ごせる部屋

おしゃれなリビングといえば、大きなコーナーソファをイメージする二人も多いはず。正方形のリビングなら、部屋の隅にレイアウトすることで、ボリュームのあるコーナーソファもすっきりと収められます。

正方形リビングは、ダイニングとソファの距離が近くなりがち。ソファを大きなコーナーにした分、ダイニングはこぶりなものを選んで、ゆとりのある生活動線を確保できるように意識しましょう。

[ソファダイニング]ゆったりとした雰囲気が流れるおしゃれな部屋

正方形リビングの場合、ダイニング・ソファともに大きなサイズを置くことが難しいケースも。そのような時は、ソファダイニングにまとめることで、ゆったりとしたサイズ感のおしゃれな家具選びが可能に。

1台2役のソファダイニングなら、フリースペースも生まれやすく開放的な雰囲気を楽しめます。また、過ごす場所がひとつになるので、同じ時間を長く共有したい二人暮らしにおすすめです。

二人で暮らすベッドルームのレイアウト

二人暮らしでは、リビングダイニングだけでなくベッドルームのインテリアももちろん大切。ダブルベッド以上あれば二人で快適に寝ることができますが、さらに、お互いのライフスタイルや見せ方のこだわりに合わせてレイアウトを考えると、おしゃれで心地良い部屋づくりを叶えることができます。

[ダブルベッド]ゆとりのある雰囲気がおしゃれな部屋

狭いベッドルームでも置きやすく、広ければ余白が生まれるので、ゆとりのある雰囲気を楽しめるダブルサイズ。ひとつのベッドに二人で寝るため、起床・就寝時間が近い生活リズムがおすすめです。

6畳にダブルベッドを置いたレイアウト。両サイドに生活動線を確保しても余裕を持って配置することが可能です。また、ベッド周りに他の家具も置くこともできるため、トータル的なインテリアを楽しめます。

余白に棚やデスクを置いておしゃれに

ベッドしか置いていない部屋は寂しく見えがちですが、空いたスペースにサイドテーブル・飾り棚・デスクなどの家具を置き、さらにおしゃれな小物を飾りつければ、インテリア性の高いセンス溢れるベッドルームに。

[ツインスタイル]ホテルライクな高級感のある部屋

シングルサイズのベッドを少し離して配置するツインスタイルのレイアウト。まるでホテルのような重厚感のある雰囲気を演出できます。また、それぞれで寝れるため、生活リズムが異なる二人におすすめです。

6畳にシングルベッドをツインスタイルで置いたレイアウト。ベッドの間にサイドテーブルを挟めば、ホテルライクな空間に。周辺に家具が置けないからこそ、ベッドリネンなどでおしゃれに見せたいですね。

狭い寝室で生活リズムが異なる二人に

ツインスタイルを取り入れたくても、部屋が狭くてダブルやクイーンしか置けないケースも。そのような時は、ひとつのマットレスを半分にしたハーフタイプがおすすめ。寝返りをしても振動が伝わりにくく、ダブル・クイーンでもツインのような質の良い睡眠を叶えられます。

おすすめコラム

[3]二人暮らしの部屋をワンランクアップさせるおしゃれなインテリア

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツの3つ目は「おしゃれなインテリアを取り入れること」です。

おしゃれな部屋に欠かせないインテリア小物ですが、二人のお気に入りをそれぞれたくさん飾りすぎてもごちゃついてしまい逆効果になることもあるため、数とアイテムを絞ってこだわりのインテリアを厳選することが大切。また、ソファ・チェアカバーなどの"色"のアクセントで二人らしさを表現してみても良いですね。

1点でも目を引くインテリアアイテムがおすすめ

二人暮らしのインテリア選びでは、「高さがある」「二人らしさを感じる」「ひと癖あるデザイン」など、1点でも目を惹く存在感のあるアイテムであるかどうかがポイント。

そうすることで、インテリアの数を増やさずとも全体のバランスがとれたセンスの良い部屋づくりが叶います。また、アイテム数が少ないと掃除などの手間も少なくなりますね。

  • 二人暮らしの部屋におすすめのフロアランプ

  • 二人暮らしの部屋におすすめのファブリックパネルの飾り方

横に繋げる

縦に繋げる

正方形にまとめる

ランダムにずらす

  • 二人暮らしの部屋におすすめのベッドスプレッド+スロー

鉢のデザインにまでこだわりたい観葉植物

観葉植物を飾っても何故かおしゃれに見えないという方は、鉢のデザインを変えてみましょう。周辺の家具・インテリアに馴染むような色・素材の鉢植えを選ぶだけで、見違えたようにおしゃれになるはず。また、観葉植物自体もシンボルツリーとなる大型のものを取り入れると印象的な部屋づくりができます。

  • 二人暮らしの部屋におすすめの大型観葉植物

シェフレラ

アルテシマ

アレカヤシ

オーガスタ

ソファやチェアカバーも変えて二人のこだわり空間をつくる

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるためには、小物だけでなくカラーコーディネートも大切。ソファ・チェアカバーに二人らしい色を取り入れて、こだわりの空間をつくりましょう。

また、自宅でソファカバーやチェアカバーを替えることができれば、色の好みが違う二人でもシーズンに合わせて模様替えをするなど、お互いの希望を取り入れたインテリアを楽しめます。

リビングをおしゃれに見せるソファカバー

ソファはリビングの主役となる家具。アイボリー・グレー・ベージュなどのシンプルなソファカバーに、クッションでアクセントカラーを入れるのもおしゃれですが、思い切ってソファカバー全体に色物を取り入れると、さらに印象的な部屋づくりが叶います。

食卓に彩りを与えるチェア・ベンチカバー

アクセントをつけにくいダイニングのスペースですが、チェア・ベンチカバーで色をプラスすれば彩り豊かなセンスの良い空間に仕上がります。また、ソファに比べて面積が小さいため、数脚づつで色を変えたり、チェアとベンチで色を変えるなど、二人らしい遊び心のあるインテリアを楽しんでも良いでしょう。

簡単にカバー交換ができるa.flatのソファ・チェア・ベンチ

ソファカバーは、背もたれ・座面ともにファスナー式なので、簡単に交換できます。ソファの形状にぴったり合うように作られており、余計なたるみや皺ができないため、おしゃれで美しい点が魅力です。

チェア・ベンチカバーは、まず指でネジを回して座面を取り外し、座面にカバーを被せて紐で固定するだけで、簡単に交換できます。工具を使わないので、誰でも気軽にカバー替えが可能です。

おすすめコラム

  • カバーリングソファ特集 ~カバーが簡単に取り替えられるおすすめソファ7選~
    カバーリングソファ特集 ~カバーが簡単に取り替えられるおすすめソファ7選~

    カバーリングソファはソファ本体からカバーを取り外すことができるため、洗濯やメンテナンスがし易い点が最大のメリット。そのため小さなお子様やペットと暮らすご家庭でも気兼ねなく取り入れることができます。また、気軽に模様替えをすることもできるので、ソファを飽きずに永く使い続けることができるという特長もあります。今回はそんなおすすめのカバーリングソファを、選び方や実例を交えてご紹介します。

  • チェア・椅子カバーの選び方~生地のラインナップや人気の素材・色をご紹介~
    チェア・椅子カバーの選び方~生地のラインナップや人気の素材・色をご紹介~

    a.flatのチェア・椅子は、座面のカバーを着せ替えることができるカバーリングタイプ。自宅で簡単にカバーの着脱ができるので、万が一汚れても安心で、長く使い続けることができる仕様になっています。そしてチェア・椅子カバーは、色や生地の種類によってチェア自体のイメージやその空間の雰囲気を変えるインテリア装飾としての役割もあるのです。今回はそんなa.flatのチェア・椅子カバーのラインナップや生地の特徴、選び方などをご紹介します。

[4]センス良く見せられる二人暮らしならではのおしゃれな家具

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツの4つ目は「二人暮らしならでのおしゃれな家具を選ぶこと」です。

ソファやテーブルなどのマストアイテムではないけれど、部屋に置いてあるとおしゃれに見えるプラスワンの家具。一人暮らしに比べて二人暮らしは部屋の広さにゆとりがあるからこそ、そのような家具を取り入れて、さらにセンスが良く、そしてお互いが快適に過ごせる部屋作りを叶えましょう。

プライベートな空間分けができるパーテーション

リビングとダイニング、リビングと書斎スペースなど、ひとつの空間をゾーニングしてメリハリのあるおしゃれな雰囲気を演出してくれるパーテーション。空間をさりげなく仕切ることで、二人暮らしでもそれぞれの時間を楽しめます。また、向こう側が見えるような抜けのあるデザインなら圧迫感も感じさせません。

おしゃれなスリットデザイン

圧迫感を感じさせず、部屋にメリハリや奥行き感を与えてくれるスリットデザイン。無垢材とスツールの組み合わせがどのようなインテリアにも馴染みます。

空間に高さを合わせて選べる

部屋の雰囲気に合わせて、1600mmと1200mmから高さを選べます。台座も台形状になっているため、複数台をつなげてもおしゃれに置けるデザインです。

パーテーションとして使える収納家具

リバーシブルのデザインや、前と後ろのどちらからでも引き出しが使える収納棚であれば、パーテーションとして使うことができるだけでなく、収納棚や飾り棚も兼ねてくれるので、さらに二人らしいインテリアを楽しめます。また、こちらのキューブシリーズは、部屋の中央に配置してもコンパクトに置ける奥行き360mmとスリムなデザインも魅力です。

マルチに使えておしゃれなドレッサー・デスク

必需品ではないからこそ、置くだけでおしゃれかつ豊かなライフスタイルを演出できるドレッサー。さらに、デスクとしても兼用して使える1台2役のデザインなら、性別問わず活用することができます。また、ドレッサーがあれば忙しい朝の時間も洗面台が混雑しなくなり、二人暮らしにゆとりが生まれる点も嬉しいですね。

幅77cm×奥行51cmのコンパクトサイズ

部屋余ったスペースに置きやすいコンパクトサイズ、さらに足元を広く開けた開放的なデザインでありながら、大容量の収納を兼ね備えたドレッサーです。

天板を閉めるだけでデスクに早変わり

天板下は大容量の収納スペースになっていますが、閉めてしまえば収納物は見えなくなり、デスクに早変わり。コンセント付きなので、PC作業も行えます。

さらにスリムなドレッサー兼デスク

奥行き380mmと薄型のデザインで、さらに省スペースでも置けるデスク。鏡と合わせればドレッサーとしても活躍してくれます。また、無垢材の素材感や浮遊感のある天板デザインもセンスが良く、部屋にあるだけで海外インテリアのようなおしゃれな雰囲気を演出してくれるアイテムです。

二人分の収納付きで快適に過ごせるベッド

ベッドの周りはスマホ・眼鏡・ティッシュなど生活用品で散らかりがち。また、スペース的に片側にひとつしかサイドテーブルを置けないことも多く、無い側の人が不便と感じることも。そこで、収納棚が両側についたベッドを選べば、二人が快適に過ごせるだけでなく、生活感のないおしゃれな雰囲気を演出することができます。

隠し収納ですっきりおしゃれに

ヘッドボードの裏側に棚板がついているため、生活感を感じさせず、すっきりとした印象に。こちらの棚板が左右対称に二人分あり、それぞれで使えます。

二人で使える二口コンセント付き

中央の棚板にはコンセント付きでサイドテーブル要らず。サイドテーブルを置かない分、横幅にスペースが生まれるのでベッドのサイズアップも可能に。

収納重視の二人なら引き出し付きも

ヘッドボード裏の棚板に加え、ベッド下に大容量の引き出し・フリースペースがついたラック・ベッド。キャビネット1台分の収納力で、クローゼットなどが小さい二人暮らしでもすっきり収納できます。また、足周りのデザインに重厚感が出るため、モダンなインテリアがお好みの二人にもおすすめです。

ベランダ・バルコニーを活用できる屋外用のテーブル・チェア

洗濯物を干すだけのベランダ・バルコニーも、屋外用のテーブル・チェアを置けば、ひとつ部屋が増えたかのように家を有効活用できるとともに、外の光や風を感じながら過ごせるおしゃれなライフスタイルを手に入れることができます。また、雨ざらしでも劣化しない家具を選んでおけば、都度片付けの必要もなく快適です。

ホテルのような高級感を纏ったデザイン

特殊な樹脂コードを編み込みしてつくられる立体感のあるデザインは、まるでリゾートホテルのようなおしゃれさ。屋外らしい涼し気な雰囲気を演出します。

外に出しっぱなしにできる強靭な素材

強い日差しによる熱や風雨による色褪せに強く、耐久性に優れた特殊な高密度ポリエチレン素材を採用した屋外用家具なら、気軽にアウトドアを楽しめます。

二人で座れるコンパクトな屋外ソファ

ベランダ・バルコニーの広さにゆとりがあるなら、コンパクトなソファを置いてもおしゃれ。二人並んでゆったりと過ごせるだけでなく、室内のインテリアと同じようにソファカバーやクッションなどでカラーコーディネートも楽しめます。

おすすめコラム

  • 【ガーデンテーブル&チェア特集】いつもの食事が特別になる セカンドダイニング
    【ガーデンテーブル&チェア特集】いつもの食事が特別になる セカンドダイニング

    日常に特別感を与えてくれるセカンドダイニングの存在。ガーデンテーブルとチェアをバルコニーやテラスにプラスして、自宅で過ごす楽しみを増やしてみてはいかがでしょうか。屋外用の家具を選ぶ時のポイントや、高品質でおしゃれなガーデンテーブル・チェアなどをご紹介しています。

  • 【特集】屋外ソファの魅力[ベランダ・バルコニー・テラスでも雨ざらしで使える]
    【特集】屋外ソファの魅力[ベランダ・バルコニー・テラスでも雨ざらしで使える]

    ベランダ・バルコニー・テラスに屋外ソファを取り入れたら、外の空気や光を感じながら寛げる空間が叶います。しかし、ベランダ用のソファは雨ざらしや出しっぱなしで日光に照らされる環境です。そのため、屋外に置いたソファの耐久性やメンテナンス性が気になる方は多いのではないでしょうか。このコラムでは、ベランダやバルコニー、テラスに置けるおすすめソファをご紹介。雨ざらしでも使える高品質な屋外ソファが、様々な実例を見ながらご覧頂けます。

[5]おしゃれな部屋作りをはじめる前にインテリアテイストを決めよう

二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツの5つ目は「インテリアテイストを決めること」です。

好みのインテリアテイストが同じ二人であればあまり問題ないですが、そうでないことも。お互いが違う理想の部屋に向けて部屋づくりをしていては、統一感の無い空間になってしまいます。そうならないためにも、ゴールとする部屋の完成イメージやテイストを二人で決めてから、コーディネートを行うことが大切です。

二人暮らしに人気のおしゃれなインテリアテイスト

こちらの図のように、世の中にはたくさんのインテリアテイストがあります。人それぞれ好みはありますが、例えば「ヨーロピアン」「フレンチ」は女性受け、「ミッドセンチュリー」「インダストリアル」は男性受けするテイストではないでしょうか。

どちらかの好みに合わせるのも良いですが、せっかくの二人暮らしなので、お互いが気に入ったテイストを選べると、二人で部屋づくりを楽しめますよね。

そこで、老若男女問わず人気があるインテリアテイストを紹介します。

おしゃれでありながら、ジェンダーレス・エイジレスな雰囲気が魅力の6つのテイスト。また「色・素材が特徴的でコーディネートしやすい」「日本の住宅に合う」「テイストに合う家具・小物が手に入れやすい」のも特徴で、インテリア初心者の方でも、おしゃれな部屋づくりが行いやすくなっています。

モダンテイスト

落ち着きある大人のインテリア

都会的で高級感がありながらも、居心地の良さを持ち合わせたモダンテイスト。ダークブラウン・グレーなどのベーシックな色で構成されているのが特徴で、明るく華やかな雰囲気というよりは、しっとりと落ち着いた印象です。

こんな二人におすすめ

■シンプルなインテリアが好き
■高級感や重厚感のある雰囲気が好き
■ゆったりと穏やかに暮らしたい
■部屋の広さにゆとりがある
■ナチュラル・ブラウン系の床色

ナチュラル・北欧テイスト

安らぎに包まれる明るいインテリア

自然の温もりを感じられる明るい雰囲気のテイスト。木材・ラタン・ファブリックなどの風合いのある家具に、明るくシンプルなホワイト・ベージュ・ライトグレーや、グリーンなどのアクセントカラーで構成されているのが特徴です。

こんな二人におすすめ

■シンプルで優しいインテリアが好き
■軽やかなデザインが好き
■明るい雰囲気の中で暮らしたい
■部屋が狭いのが気になる
■白・ナチュラルの床色

ハワイアンテイスト

ハワイの空気感を再現したインテリア

ハワイに流れるのんびりとした心地良い時間を自宅に再現できるテイスト。ダイナミックなハワイを連想させる無垢材の家具に、ブルーやグリーンのアクセントカラー、ヤシの木やハワイに咲く花々の柄物を取り入れるのが特徴です。

こんな二人におすすめ

■ハワイ・グアムが好き
■色鮮やかなインテリアが好き
■開放感に包まれて暮らしたい
■部屋の広さにゆとりがある
■ブラウン・ナチュラルの床色

モノトーンテイスト

シンプルで洗練されたインテリア

すっきりとシンプルな印象で、生活感を感じさせない洗練感のあるテイスト。シャープなシルエットの家具に、モノトーン基調の配色で構成されているのが特徴で、かっこよさがありながらも重厚すぎず、軽やかな印象を楽しめます。

こんな二人におすすめ

■シンプルなインテリアが好き
■ミニマルなデザインが好き
■すっきりとした生活に憧れる
■部屋が狭いのが気になる
■白・グレーの床色

ホテルライク・リゾートテイスト

開放感と非日常に満ちたインテリア

ホテルの高級感とリゾートの華やかな雰囲気を掛け合わせたテイスト。開放的なローデザインや、ラタン・ヒヤシンスなどの編み込み素材の家具を使うのが特徴で、海・森・都会のリゾートのロケーションに合わせて配色が変化します。

こんな二人におすすめ

■リゾートやホテルの非日常感に憧れる
■色鮮やかなインテリアが好き
■海を感じながら暮らしたい
■部屋の広さにゆとりがある
■白・ナチュラル・ダークブラウンの床

和モダンテイスト

和室にも洋室にも合うインテリア

日本の伝統的な雰囲気と、近代的なデザインをマッチさせたテイスト。ミニマルなローデザイン、風合い豊かな自然素材の家具、控えめなグレー・ベージュの配色で構成されているのが特徴で、独特の間を感じるおしゃれな空気感が漂います。

こんな二人におすすめ

■シンプルなインテリアが好き
■すっきりとしたデザインが好き
■床に近い暮らしをしたい
■部屋が古い・狭いのが気になる
■ナチュラル・ダークブラウンの床色、畳

お手本にしたい!二人暮らしのおしゃれな部屋のインテリア実例紹介

ここからは、二人暮らしの部屋をセンス良く見せるコツを活かしてコーディネートした実例を紹介します。二人暮らしに人気のインテリアテイスト別になっているので、お手本にしたい部屋を是非探してみてください。

モダンテイスト おしゃれな二人暮らしの部屋実例

カウチソファでゆったり寛げる大人なインテリア

様々なブラウンをグラデーションさせた、モダンテイストらしい落ち着きある部屋。脚を伸ばして寛げるカウチソファが主役です。また、ローテーブルとサイドテーブルを両方置いているため、二人でゆったり過ごせます。

装飾はシンプルに、内装にはこだわりを

インテリア小物は極力少なくして、壁材や建具などの内装の質感や色にこだわったことで、シンプルながらも高級感のあるおしゃれな雰囲気に。

寝室に1台2役のドレッサーを

スペースに限りがある寝室には、コンパクトなドレッサーを配置。蓋を閉めればデスクとしても使うことができ、寝室という静かな空間で作業を行えます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

20畳という空間を活かした、ゆとりのあるレイアウト。カウチソファ+ローテーブルの組み合わせでモダンテイストらしいラグジュアリーな雰囲気を演出。リビングとダイニングの間も広く動線を取って、余裕を感じさせる空間に。

おすすめコラム

  • 新築インテリアを極める!!実例から学ぶプロのこだわりコーディネート術
    新築インテリアを極める!!実例から学ぶプロのこだわりコーディネート術

    新築の家を検討される上で、とても大切なポイントになるインテリアや家具。このコラムでは新築のインテリアを選ぶ上でのプロが教えるポイントや、コツ、カラーコーディネート術などをご紹介。理想の空間を叶えた新築一戸建てのインテリア実例もたくさんご覧頂けます。是非参考にして、新築インテリアのイメージを膨らませてみましょう。

シンプルで清潔感のあるダイニングのインテリア

開放感溢れるペニンシュラキッチンに並列させた、台形状のユニークな脚デザインがおしゃれなダイニング。無垢材の滑らかな質感とダークブラウンの深い色味が、シンプルながらもモダンな雰囲気を引き立てます。

360度どこから見ても美しいインテリア

立体感のある編み込みが美しいヒヤシンス素材を贅沢に使用したソファを選んだことで、ダイニング側から見てもデザイン性のあるおしゃれな空間に。

アクセントウォールでおしゃれに

テレビボードの背面には、質感のあるエコカラットを取り入れて部屋のアクセントに。シンプルな色合いなので、空間に心地良く溶け込みます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

キッチンにそのまま繋げるダイニングの配置は、近年トレンドでもあるおしゃれなレイアウトのひとつ。配膳のしやすさだけでなく、脇役になりがちなダイニングキッチンをダイナミックに見せて、引き立ててくれる方法です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート

    今回の特集は、新築一戸建ての空間を大人のアジアンリゾート感溢れる、素敵な大人の部屋にコーディネートした、インテリア実例のご紹介となります。アジアンテイストの開放感や素材の質感などの魅力をたっぷり取り入れた家具・インテリア選びと、細かな部分にまでこだわった内装や床材選びを参考にしながら、皆様も理想の新築一戸建て作りを叶えてみませんか。

ミニマルな二人暮らしを楽しめるおしゃれなインテリア

カウンターチェアを置き、スタイリッシュなアイランドキッチンを見せ場にしたおしゃれな部屋。家事をしながらも、カウンターチェアに座った人と対話や晩酌を楽しめる二人暮らしにぴったりの空間です。

キッチン家具と家電の色を統一させる

生活感が出てしまいがちなキッチンですが、ダイニング側とキッチン側の家具・家電の色味を揃えるだけで、おしゃれな雰囲気に仕上がります。

優しい灯りで非日常的なおしゃれを演出

ダイニングには、雲をイメージしたニュアンスのあるシルエットが魅力のペンダントライトをオン。幻想的な明りがセンスの良い空間を演出してくれます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

縦長のLDKと隣接する洋室を繋げて使用したL字型の大きな空間。広い部屋に合わせて家具のサイズをアップすることはできますが、あえて二人暮らしにちょうど良いサイズ感の家具選びを行っているため、ゆとりを感じるセンスの良いコーディネートを叶えられています。

おすすめメニュー

  • クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~

    クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~のページです。凛とした空気感のなかに薫るあたたかさ。おぼろげな雲霞がつむぎ出す落ち着きのあるグレートーンが、空間全体にゆったりとしたリラックスをもたらします。くつろぎの時間、クラウドグレー・スタイル。

ナチュラル・北欧テイスト おしゃれな二人暮らしの部屋実例

ローソファで開放感を演出したインテリア

ローソファを選んだことで、中央にソファを置いても圧迫感を感じさせず、窓からの心地良い風を感じられる爽やかなインテリアに。明るい内装とミントブルーのアクセントカラーがマッチした優しい雰囲気の空間です。

二人で外の景色を眺めながら過ごせるソファ

テレビを見て寛ぐだけでなく、二人並んで外を眺めながら過ごすこともできるカウチソファ。緑溢れる風景に癒されれば、会話も弾みそうですね。

開放的なデザインがおしゃれなダイニング

ダイニングには、チェア2脚とベンチをセット。背もたれのないベンチはすっきりとした印象で、明るく開放感のある雰囲気を演出してくれます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

LDKと隣接する洋室を繋げて使用した18畳の部屋。キッチンの前はダイニングとして使うことが一般的ですが、寛ぎを優先したいという二人の希望から、広いスペースであるキッチン前をあえてリビングに。カウチ+オットマンという、贅沢なソファをレイアウトできています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート
    【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート

    2部屋を1つのリビングとしてレイアウト・コーディネートすることで、広くゆとりのある空間が生まれます。1つ1つの部屋はサイズ感に限りがあっても、2部屋を1つのリビングとして使えば、理想のコーディネートに近づけることができたり、ライフスタイルに合わせて様々なレイアウトを楽しむことができます。このコラムでは開放感のあるレイアウトに合わせて、リゾートのようなコーディネートを叶えた、お客様リビング実例をご紹介します。

自然素材の家具に癒されるおしゃれなインテリア

自然素材の風合いをそのまま楽しめる無垢材やラタン素材の家具をたっぷりと取り入れたおしゃれな部屋。グリーンのソファカバーや観葉植物がナチュラルな雰囲気を盛り上げてくれます。

無垢材の質感を楽しめるテレビボード

生命力の宿る木目や滑らかな木の質感が魅力の無垢材を贅沢に使用したテレビボード。ワイドなサイズ感で部屋に自然の温もりを与えてくれます。

窓からの光を取り入れるローベッド

ヘッドボードがすっきりとしたデザインのローベッドなら、窓を遮ってしまうことがなく、限られた二人暮らしの寝室も明るく広々とした雰囲気に。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

こちらもLDKに隣接する洋室を繋げて使用した15畳の部屋。LDKの入口から窓まで一直線の生活動線を取っているため、すっきりとしたおしゃれな印象に。また、ダイニングの通路側に背無しのベンチを選んだことで、さらに圧迫感を感じさせない空間を実現しました。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】目黒川沿いの自然を取り入れたグリーンの3LDKコーディネート
    【インテリア実例】目黒川沿いの自然を取り入れたグリーンの3LDKコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

快適な二人暮らしが叶うベッドルームのインテリア

シングルベッドを繋げたゆとりのあるベッドルーム。生活リズムが異なる二人暮らしでも、ストレスなく良質な睡眠をとることができます。また、優しいグリーンの色合いや木材の家具にほっと心が安らぐインテリアです。

狭くても置けるスリムなデスク兼ドレッサー

奥行き380mmとスリムなデザインで、ベッドサイドの隙間に置けるデスク。抜けのあるデザインもおしゃれ。鏡をプラスすればドレッサーとしても使えます。

寝室をおしゃれに見せる壁面装飾

白い壁に映えるグリーンのファブリックパネル。二人暮らしで部屋にゆとりがあるからこそ、様々な色・素材の組み合わせを楽しむことができますね。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

15畳のLDKと8畳の寝室に、ダイニング・ソファ・ベッドをバランス良く配置したお手本のようなレイアウト。LDKと寝室で、無垢材とグリーンのカラーコーディネートを統一しているため、繋がりを感じられるおしゃれな印象に。

おすすめメニュー

ハワイアンテイスト おしゃれな二人暮らしの部屋実例

ヤシ柄のクッションがハワイを連想させるインテリア

深みあるグリーンと無垢材の家具が、ハワイのゆったりとした時間の流れや雄大な自然を連想させてくれる、リラックス感溢れる部屋。ヤシの木柄のクッションがリゾート感をさらに盛り上げます。

おしゃれなデイベッド風のソファ

フラットで広々とした座面が特長のソファは、リゾートにあるデイベッドのよう。ソファの上で胡坐をかいたり、ごろんと横になったり自由に過ごせます。

ホテルで過ごすような非日常感を自宅で

ホテルのテラスで海を眺めながら過ごすような特別な時間を自宅でも味わえるよう、バルコニーには屋外用のダイニングセットをレイアウト。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

ハワイらしい開放的でおしゃれな雰囲気を再現するため、窓への抜け感を意識して、開放的なローソファやガラス天板のローテーブルをセレクトしたレイアウト。両サイドの壁際には、スリムな造作収納もつけており、大容量の収納で生活感の無いインテリアを実現できます。

広々とした雰囲気がおしゃれなダイニングのインテリア

開放感溢れるハワイの雰囲気を、抜け感のあるデザインのダイニングとブルーのアクセントカラーで表現したおしゃれな空間。ナチュラルな色合いの内装に、ワントーン暗いブラウンの家具が良く映えます。

ハワイアンなハイビスカス柄のクッション

美しいターコイズブルーのソファカバーに映えるハイビスカス柄のクッションが、ハワイアンというインテリアテイストを強調してくれます。

海を眺めているようなおしゃれなアート

ソファの対面にはテレビを置くことが一般的ですが、こちらではブルーのアートを飾りつけました。海を眺めているような気分でゆったりと寛げます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

広々とした変形型のLDK。部屋の中心に大きなカウチソファを配置して、雄大かつのんびりとした時間が流れるハワイらしい雰囲気を演出しました。また、壁際にはオットマンも2台配置しているため、大人数でのホームパーティを楽しむこともできそうです。

グリーンのカラーコーディネートが印象的なベッドルームのインテリア

グリーンのアクセントクロスが印象的な部屋に合わせて、ハワイの自然を連想させるヤシの木柄を大胆に取り入れた寝室。ベッドの下にラグを敷き、絨毯風に見せたことで、ホテルライクな雰囲気も感じられるように。

印象的なヤシの木柄のアート

大きなアートをひとつだけ飾るというのもおしゃれですが、同じパターン柄を複数個並べて飾ると、さらにアートの柄を印象的に見せることができます。

心地良い時間を過ごせるカフェスペース

窓際にはコンパクトなカフェスペースをつくりました。就寝前のリラックスした気分で、一日の出来事を二人で話せるような心地の良い空間です。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

ゆとりのある部屋を活かして、サイドテーブルを両側に配置。シンメトリーのレイアウトは程良い重厚感や高級感を演出できます。また、ベッドの足元にはフットベンチを置いて、リゾートホテルライクな贅沢さを演出しました。

おすすめメニュー

モノトーンテイスト おしゃれな二人暮らしの部屋実例

グレートーンで揃えたスタイリッシュなインテリア

ホワイト・グレー・ブラックを基調としたスタイリッシュでおしゃれな部屋。直線的なデザインの家具で統一した点も、モノトーンテイストらしいすっきりとした印象を引き立てる要因に。

スマートな雰囲気を醸し出すローソファ

部屋の中心にソファを置くレイアウトのため、圧迫感を感じさせないローソファをセレクト。クールなグレーの配色がシンプルかつおしゃれです。

来客が多い二人にぴったりの伸長式テーブル

ホームパーティーが好きな二人なら、伸長式のダイニングテーブルがおすすめ。普段は4名掛けですが、最大8名まで座れるサイズに伸長することができます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

縦長のLDKでは、ダイニングテーブルの短辺をキッチンカウンターに沿わせて配置するのが一般的ですが、あえて離して空間置きしたことで、よりすっきりとした印象のレイアウトに。また、ラグを敷いていないのも、モノトーンテイストらしくシンプルに見せるポイントです。

おすすめコラム

二人で過ごす時間が長くなるソファダイニングのインテリア

寛ぎと食事をひとつにまとめたソファダイニングを取り入れた部屋。狭い部屋でも大きなサイズの家具選びができるだけでなく、過ごす場所がひとつなので、二人で一緒の時間を長く過ごせるというメリットもあります。

モノトーンの空間にメリハリをつけるパネル

シンプルが魅力である反面、寂しくなりすぎてしまうこともあるモノトーンテイスト。壁の高い位置にパネルを飾れば、メリハリのあるおしゃれな印象に。

二人暮らしにちょうど良いサイズ感

幅1200mmという二人暮らしにぴったりのテーブル。天板下に棚板もついているため、リモコンやティッシュなど生活感のあるものは隠して収納できます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

正方形という部屋の形にぴったりのコーナーソファ。角を上手く使えるので、部屋に余白をつくりやすく、ゆったりとしたおしゃれなレイアウトを組むことができます。テレビ見て寛ぎたい二人なら、ソファの対面の壁にテレビボードを置くこともできますね。

おすすめメニュー

  • クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~

    クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~のページです。凛とした空気感のなかに薫るあたたかさ。おぼろげな雲霞がつむぎ出す落ち着きのあるグレートーンが、空間全体にゆったりとしたリラックスをもたらします。くつろぎの時間、クラウドグレー・スタイル。

ローベッドで部屋を広く見せたベッドルームのインテリア

ミニマルなデザインのローベッドを主役にした、洗練された雰囲気の部屋。家具の高さを抑えることで、窓からの光を取り込みやすくなり、明るく清潔感のあるインテリアを叶えることができました。

余白が生み出すセンスの良い空間

ヘッドボードが低いデザインのローベッドは、空間の上部に余白を生み出してくれるため、余裕を感じさせるセンスの良い雰囲気を演出できます。

高さのあるアイテムでロースタイルを強調する

ローベッドに高さを感じるフロアランプやアートパネルをあえて合わせることで、高低差のコントラストを生み出し、低いデザインを際立たせました。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

柱や大きな梁のあるLDKを活かして、リビング・セカンドリビング・デスクコーナーをつくり、二人暮らしでもそれぞれがプライベートな時間を過ごせるようなレイアウトを実現。また、部屋の中心に大きな動線をとったことで、家具が多くてもすっきり見えます。

おすすめコラム

  • 都会のリゾート感を演出する1LDKマンションのスイートルーム風コーディネート
    都会のリゾート感を演出する1LDKマンションのスイートルーム風コーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

ホテルライク・リゾートテイスト おしゃれな二人暮らしの部屋実例

爽やかなブルーで統一したおしゃれなインテリア

カリフォルニアやロサンゼルスなどの西海岸沿いのリゾートホテルをイメージした、爽やかでおしゃれな部屋。風合い豊かな無垢材の家具で統一したことで、西海岸ならでの自然感やヴィンテージ感を演出しています。

リゾートホテルらしいゆったり感のあるソファ

ふかふかのクッションが首元まで支えてくれるハイバックソファをセレクト。ホテルで過ごすような贅沢な時間を自宅でも楽しめます。

インテリア小物もブルーで統一

テレビボード周辺に飾った小物も、部屋のテーマカラーであるブルーで統一。深みのあるブラウン色の家具に、爽やかなブルーが美しく映えますね。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

海のような開放感のあるおしゃれな雰囲気を演出するため、ソファの前にはローテーブルを置かないレイアウトを採用。オットマンやサイドテーブルを動かしやすくなり、さらに快適な二人暮らしを送れます。

おすすめコラム

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

狭くてもコンパクトなソファでしっかり寛げるインテリア

高級感のあるダークブラウンの家具と爽やかなブルーのカラーコーディネートで、リゾートホテルのような雰囲気を演出した部屋。収納付きのベッドは便利なだけでなく、ホテルライクな重厚さを醸し出してくれます。

カジュアルに過ごせるカウンターチェア

キッチンにはカウンターチェアを配置。すっきりとしたデザインがおしゃれ。ソファダイニングとは異なる、カジュアルスマートな時間を過ごせます。

省スペースでも置けるリビングボード

LDKと寝室を仕切る壁面に収まるサイズ感のリビングボードをテレビボードとして使用。収納力だけでなく、ガラス扉なのでAV機器も使うことができます。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

LDK11畳+寝室6畳という限られた1LDKの二人暮らしでも、カウンターチェアとソファダイニング、さらにテレビはリビングと寝室に2台置き、それぞれがお互いを気にせずに好きな時間を過ごせるよう考えられたレイアウトです。

おすすめメニュー

二人暮らしにぴったりのダイニングを取り入れたインテリア

キッチンからリビングへと続く通路のスペースを活かして、二人暮らしにぴったりなコンパクトサイズのテーブルを配置した部屋。ブルーのアートやチェアカバーで彩れば、閉塞感の無い涼しげなダイニングに。

通路を見せ場に変えるブルーのアート

白い壁が続く通路をおしゃれに見せるアート。ダイニングテーブルから少しずらして飾ることで、余白を感じさせるセンスの良い空間に。

狭い空間もコンパクトなソファでおしゃれに

ソファからテレビまでの距離が近い間取りの部屋ですが、奥行きがスリムなコンパクトソファを選んでいるため、すっきりとおしゃれな雰囲気に。

おしゃれに見せるレイアウトのポイント

都会の戸建てならではの狭小住宅での二人暮らし。細長い形に合わせて、コンパクトソファやローベッドなど部屋を広く見せる家具をレイアウトし、限られた空間でもリゾートホテルのようなリラックス感や開放感を感じられるおしゃれな部屋づくりを行いました。

おすすめコラム

おしゃれな家具・インテリア選びは二人で協力を!悩んだらお店で相談しよう

二人暮らしでは「お互いにとって理想的なイメージの部屋を実現すること」が大切。そのためには、一人だけのこだわりで検討を進めるのではなく、お互いの理想の雰囲気やライフスタイルの希望を共有しながら、協力して決めていく必要があります。また、困った時はお店でインテリアのプロの手を借りるのが安心ですね。

二人暮らしのおしゃれな部屋づくりを行うためのステップ

二人で家具・インテリアを検討する際、何も考えずにまずお店に出向いてみるのもひとつですが、具体的に検討できず、ただ見るだけで終わってしまうことも。おしゃれな二人暮らしの部屋づくりをスムーズに行うためには、4つのステップの順に進めると、お互いの希望をまとめやすく、検討しやすくなるはずです。

ステップ1 : 好きなインテリアテイストを擦り合わせる

まずはじめに、お互いの好みのインテリアテイストを伝え合い、異なる場合であれば、どちらかの好みに合わせるのか、またはミックススタイルで取り入れるのかなど、擦り合わせをしましょう。

また、好きなインテリアの雰囲気を言葉で伝えるのはなかなか難しいので、雑誌やweb上でイメージに近い画像を集めて見せ合うと伝わりやすいはずです。

ステップ2 : 手元にある家具で使用するものをリストアップ

二人暮らしを始める際、今使っている家具・インテリアをそのまま使うケースも多いはず。新居で使い続けたいものが被らないようにするためにも、事前に話し合ってリストアップしましょう。お互いが持ち寄せたものをひとつの部屋に置いた時に、色味やテイストがごちゃつかないものを吟味するのも大切です。

また、家具の写真を撮っておくと、新調する家具と合わせた時のイメージが湧きやすくなります。

ステップ3 : 新たに必要な家具をリストアップ

ステップ2を終えると、新たに必要な家具・インテリアが自然と見えてくるはず。忘れないようしっかりとリストアップして、買い物の時に役立てましょう。

また、家具を購入する際はお金もかかるため、予算に限りがある二人なら、一度ですべてを購入せずに順番に揃えていくのもひとつの方法。その場合は、必要な家具の優先順位もつけておくとスムーズです。

ステップ4 : 二人でインテリアショップに出向き家具を試す

必要なアイテムのリストアップが完了したら、二人でお店を訪れてみましょう。家具は一度購入したら、すぐに買い替えるものではないので、実物を見ることで、サイズ感や色味などを具体的にイメージでき、お互いが気に入るアイテムをしっかりと選べるはず。

また、座り心地は体格の差などによって好みが分かれやすいため、しっかりと二人が試すことも大切です。

部屋の図面・写真を持参しよう

お店によっては、部屋のサイズが分かる図面を持参すれば、3Dシミュレーションサービスを利用できることも。完成イメージが見れるだけでなく、インテリアのプロが部屋をおしゃれにするための具体的なアドバイスをしてくれます。

寛ぎやすい服装で行こう

座り心地や寝心地は二人が心地良く暮らすためにとても大切なことですが、店舗で試す時はつい緊張してしまいがち。なるべく自宅にいるようなリラックスした気分で試せるよう、寛ぎやすい服装や脱ぎ履きしやすい靴で行くのがおすすめです。

二人暮らしのインテリアを相談できる店舗一覧

a.flat目黒通り本店

都立大学駅から徒歩7分
自由が丘駅から徒歩10分
定休日 : 水曜日・木曜日

a.flat新宿店

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分
定休日 : 火曜日・水曜日

a.flat大阪梅田店

大阪駅/梅田駅から徒歩3分
グランフロント大阪北館5F
定休日 : 水曜日


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.