• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

ライフスタイルを楽しむリゾートソファの過ごし方

公開:2017/10/8

更新:2021/2/26

ライター:新宿店板谷

ライフスタイルを楽しむリゾートソファの過ごし方

ソファ選びの際、重要視するポイントはデザイン・サイズ・座り心地という方が多いのではないでしょうか。しかし購入してから、デザインは良くても小さなお子様がいて汚れてしまったり、座り心地が良くても寝るときには柔らかすぎたり…と後悔する方も多くいます。

毎日のライフスタイルを想定して、心地よく過ごせるソファ選びをしてみませんか?

ライフスタイルに合うソファとは

ライフスタイルに合うソファとは、「毎日の暮らしでどう使うか」を考えたソファです。どのソファが良いかは、一人一人の生活によって異なります。テレビを見る時間が多い・食事をする・眠るなど、ソファでの過ごし方は多種多様です。このコラムをきっかけに、ご自身のライフスタイルに合うものを見つけてみてくださいね。

それではライフスタイルとソファについて考えていきましょう。まず、ソファの誕生においてもライフスタイルは大きく関わってきます。

ソファを使ったライフスタイルの歴史

ソファの先駆けになる椅子は、紀元前3000年前から使用されていました。椅子を使う時代が長く続いた後、中東でラクダに乗ってもお尻が痛くならない座布団のようなシートができたそうです。そのクッション性のあるシートが、ソファの誕生へ繋がっていると言われています。

18世紀のフランスでソファが誕生

現在の形状のようなソファは、ロココ様式などで有名な18世紀のフランスで広まりました。王侯貴族が「ゆっくりと会話を楽しむため」にソファが使われたそうです。良い人間関係を作ることが仕事だった貴族たちにとって、椅子ではなく、座っていて疲れないソファこそがライフスタイルに合っていたのでしょう。

そののち王侯貴族の権威が衰えていく中で、一般市民に王侯貴族の文化が流れ、時代と共に世界中に様々なデザインのソファが生まれました。

インテリアスタイルで変わる暮らし

世界各国に広まったことにより、インテリアスタイル別にもソファの特徴が出てきます。インテリアの雰囲気によって、アットホームな印象やフォーマルな印象になったりと感じ方が変わります。つまり、インテリアの種類でもライフスタイルに影響が出てくるのです。

インテリアスタイルの種類

それでは、どのようなインテリアスタイルが良いのでしょうか。ここでは3つのインテリアスタイルをご紹介します。それぞれのインテリアの種類によって、ライフスタイルにもたらす効果が異なります。

モダンスタイル
シンプルで無駄のない形のインテリア。コンクリートの建具と合う。生活感のないクールな印象で、洗練されたライフスタイルに。

ナチュラルスタイル
明るいナチュラル色の木材を使ったインテリア。白い建具・床と合う。ポップで毎日が楽しくなるようなライフスタイルに。

リゾートスタイル
編み込みなどの自然素材を使うインテリア。木材の建具・床と合う。癒し効果が1番高く、リラックスできるライフスタイルに。

どのスタイルも与えてくれる効果は魅力的なのですが、モダンスタイルはコンクリートの建具、ナチュラルスタイルは白い壁や床で映えます。

日本では木材の建具が多いので、自然素材をふんだんに使用したリゾートスタイルがおすすめです。リラックスできるリゾート家具で、落ち着いたライフスタイルを過ごせたら良いですよね。

癒しのリゾートスタイルで毎日の暮らしにうるおいを

リゾートスタイルとは、自然素材を活かしたインテリアスタイルです。ヒヤシンスやラタンなどのリゾート素材を編み込んだ家具が多くあります。天然素材ならではの触り心地や見た目の軽やかさが、お部屋を非日常のリゾート空間へと演出してくれますね。癒しのリゾート家具で快適なライフスタイルを過ごしましょう。

【特集】ウォーターヒヤシンスソファの魅力
【特集】ウォーターヒヤシンスソファの魅力

リゾート・アジアン家具で人気のウォーターヒヤシンス素材のソファ。リビン ...続きを読む

【ラタンソファ特集】アジアンリゾートの風を運ぶ 屋内&屋外におすすめのラタンソファ
【ラタンソファ特集】アジアンリゾートの風を運ぶ 屋内&屋外におすすめのラタンソファ

ソファの素材として、昔から人気のあるラタン(籐)素材。繊細な編み目がア ...続きを読む

ライフスタイルに応じたソファの過ごし方

ソファの過ごし方について、リゾートスタイルのソファを例にご紹介します。普段どんなライフスタイルを送っているか、これからどんなライフスタイルを送りたいのか。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. テレビや映画を観たい

テレビや映画を観ることは、ソファの代表的なライフスタイルの1つです。長時間同じ姿勢で座ることになるため、優れた座り心地がポイントとなってきます。

優れた座り心地のためには、頭から足先まで心地よい姿勢を取れるソファがおすすめです。リゾート家具との相乗効果もあり、長時間の映画もリラックスして見れますね。

更に快適な座り心地にするために、いくつかおすすめのアイテムがあります。

■座り心地を良くするアイテム

ヘッドレスト
首をしっかりと支えられる。取り外しができ、お好みの場所に設置可能。

ウエストクッション
背中と背もたれの隙間を埋められて、快適な座り心地に微調整できる。

オットマン
ソファと繋いで、脚を伸ばして置ける。血流が良くなり、むくみを解消。

サイドテーブルで映画館仕様に

サイドテーブルをソファの前に置くと、映画館のドリンクホルダーのように使えます。飲み物を取るときにローテーブルだと体勢を変えなくてはいけませんが、サイドテーブルだとそのままの姿勢でテレビや映画に集中できますね。

2. 食事をしたい

お部屋のスペースを広く使うためにダイニングテーブルとソファを合わせる方もいます。食事をする上でのポイントは、姿勢よく座れることカバー替えできることです。

■奥行狭く背面がやや垂直のタイプで綺麗に座る
ダイニングチェアと同じような「奥行が狭く、背面の角度がやや垂直なもの」がおすすめです。ダイニングチェアよりふんわりと座れて、通常のソファよりもきっちりと座れるようなコンパクトソファを探しましょう。

取り外し洗えるカバーで清潔に

食事をすると、ついつい飲み物や食べ物をこぼしてしまうことも。そんな非常時にカバーが取り外せて洗えるタイプだと安心して使えますよね。

また、ソファカバーをクリーニングしたり色を変えたりすると気持ちもリフレッシュします。カバー替えは、全ての皆様のライフスタイルにおすすめの機能です。

3. ゆっくりと眠りたい

ソファで眠ったり、横になってテレビを見たりするライフスタイルの方は多いのではないでしょうか。ゆったりと気持ちよく寝るためには奥行の広さとアームの高さ座面の硬さがポイントです。

■ワイドな奥行と低めアームで快眠

人が寝がえりを打つには、少なくとも肩幅+約30cmが必要と言われています。日本人の平均肩幅は40cmなので座面の奥行が70cm以上のものがおすすめです。そして、アームが低めのタイプだと枕にしやすく楽な姿勢で気持ちよく眠れます。(※写真は座面奥行82cmのローソファ)

■座面の硬いもので体圧分散

通常のソファは柔らかい座り心地のものが多いですが、ベッドのマットレスは適度な硬さがありますよね。座面が身体を支える際に一部分だけに体重がかからないよう、柔らかすぎず硬すぎない適度な硬さがあるものを選びましょう。

永く使うために天日干しを

長時間眠ることが多い方には、座面クッションを天日干しすることをおすすめします。寝ている際に汗をかいて座面クッションが傷みやすくなるからです。そのためには、クッション部分が取り外しできるタイプを選ぶと毎日を快適に過ごせますね。

4. 床でも過ごしたい

お客様が家に遊びに来た時に、全員ソファに座りきれず床に座ることもあります。そんなライフスタイルの方には、座面の低さが重要になります。

■低めのソファで目線が合う

座面が低いローソファに座ると、床に座っている人との顔の位置が近くなります。お互いに無理な体勢をせず目線が合うので、気兼ねなく団欒できますね。リゾート家具のリラックス効果により、和気あいあいとした明るい雰囲気になります。

厚めのラグで床座りを快適に

床で座ることが多い方には、厚みのあるラグを敷くことをおすすめします。クッション性が高く、座っていてお尻が痛くなりにくいです。リゾートの雰囲気を漂わせるラグを選ぶと、ラグに座ることが特別なものになるかもしれません。

5. 引っ越しが多い

転勤などで引っ越しが多いライフスタイルの方もいますよね。毎回変わる部屋のサイズに困って、ソファを諦めている方もいるのではないでしょうか。その場合には搬入がしやすい拡張できるタイプがおすすめです。

■搬入がスムーズ

組み合わせるソファ
コーナーソファの場合は、1人掛けや2人掛けサイズのソファを組み合わせて置くタイプがおすすめです。一つ一つがコンパクトなため搬入しやすいです。

パーツを細かく分解できるソファ
アーム・脚・座面・背面などを細かく分解できるものは、搬入動線に引っかかることが少ないです。

■暮らしに合わせて拡張する

組み合わせられたり、パーツを細かく分解できるタイプは、ライフスタイルの変化に合わせてソファの形をカスタマイズできます。

一人暮らしのときは2人掛けのソファ、二人暮らしのときは2人掛けにカウチを追加するなど組み合わせは自由気ままに。買い替えでなく買い足すことにより、お気に入りのソファと永く一緒に過ごせます。

6. 小さいお子様やペットと暮らす

小さいお子様やペットと暮らすというのは、とても楽しく幸せな時間ですよね。しかし、わんぱくに過ごした後の汚れやへたれだったりソファから落ちてケガをしてしまわないか…と心配になりませんか?そんなライフスタイルの方には、カバーや中材が替えられる座面が低いものがおすすめです。

■カバーや中材を替えて、永く使える

カバーを替えて汚れ対策をすることはもちろんですが、元気なお子様やペットがソファの上を跳ねてしまい、座面クッションがへたれてしまうことも。クッション中材を替えられるものだと安心して使えますね。お子様が小さなうちは安めのソファを…なんてことも無くなります。

■低めのソファでケガ予防

万が一ソファから落ちてしまった時でも、座面が低いローソファであれば怪我をする可能性が少なくなります。安心して小さなお子様やペットと遊べますね。

また、ローソファだと小さい身体のペットでも足に負担がかかりにくく乗り降りが楽になります。

からだにやさしいエコ塗装

ヒヤシンス・ラタンのリゾート素材は、おもちゃの塗料として使われるような安心のエコ塗装。シックハウスの原因となるホルモアルデヒト成分や発がん性物質も一切含まれておらず、身体の影響が少なく安心です。ソファに使われている塗装剤も気にしてみてはいかがでしょう。

リゾートソファのアイテム紹介

あなたのライフスタイルにぴったりのソファの機能は見つかりましたか。ここでは、おすすめのライフスタイルを元にリゾートソファのご紹介をします。

1. スタンダードソファ

【おすすめのライフスタイル】

  • テレビや映画を観たい(→ 座り心地がよい)

  • 眠りたい (→ ほどよい奥行と硬さがある)

  • 小さいお子様やペットと暮らす(→ カバー・中材替えOK / エコ塗装)

座り心地にこだわっており、背面にもたれやすいよう奥に向かって僅かな傾斜のあるリゾートソファ。ヘッドレストやオットマンを組み合わせると極上の座り心地に。背面クッションを取ると座面の奥行は約68cmになり、軽くうたた寝するのにはおすすめです。

2. コンパクトソファ

【おすすめのライフスタイル】

  • 食事をしたい(→ きちんとした姿勢で座れる / カバー替えOK)

  • 引っ越しが多い(→ 搬入が楽 / 拡張できる)

  • 小さいお子様やペットと暮らす(→ カバー・中材替えOK / エコ塗装)

奥行がコンパクトなリゾートソファ。きちんとした姿勢を取れて、お食事がしやすいです。搬入も楽で、一人掛けや二人掛けを繋ぎ合わせてコーナーソファにも拡張でき、あなたのライフスタイルの変化に寄り添ってくれます。

3. ローソファ

【おすすめのライフスタイル】

  • 眠りたい(→ 奥行が広い / 座面が硬め)

  • 床でも過ごしたい(→ 床座りの人と目線が合う)

  • 引っ越しが多い(→ 搬入が楽 / 拡張できる)

  • 小さいお子様やペットと暮らす(→ カバー・中材替えOK / エコ塗装)

奥行が広く、低めのリゾートソファ。背面クッションを取ると座面の奥行は82cmで、座面クッションも硬いため眠りやすいです。座高が低く、床で過ごすときに快適で、小さなお子様やペットのケガ防止にも。パーツが細かく分解できて搬入しやすく拡張もできるので、引越しが多い方にもおすすめです。

ライフスタイル別のコーディネート紹介

実際にリゾートソファをお持ちのお客様は、どのようなライフスタイルを考えて選んだのでしょう。お客様のライフスタイル別のコーディネート実例をご紹介します。

ライフスタイル1 (TVを観る)
座り心地を重視して、ヘッドレスト・クッション・オットマンと一緒にご購入いただきました。疲れることなく、ゆっくりとTVを観れますね。

ライフスタイル2 (仕事・食事をする)
お部屋でカフェのように過ごせるようコンパクトソファとカフェテーブルを合わせました。ここで仕事・勉強・食事ができる二度も三度もおいしいスペースです。

ライフスタイル3 (引っ越しをした)
引っ越しを機に、お持ちだった2人掛けソファにカウチを追加し、大きくなったお部屋のサイズに合わせました。カバーもパープルに替えて気分一新です。

ライフスタイル4 (ペットと暮らす)
ペットがいるため、汚れが目立ちにくいチョコレート色のソファカバーをセレクト。中材も替えられるので安心して楽しく遊べますね。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか。一人一人のライフスタイルにより、ベストなソファは変わります。

ソファ選びの際に、あなたが理想とするライフスタイルを考えて、毎日の暮らしを豊かにするとっておきのものを見つけてくださいね。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.