• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

おすすめのソファと選び方をプロが紹介!ソファの選び方も合わせて解説

おすすめのソファと選び方をプロが紹介!ソファの選び方も合わせて解説

おすすめのソファや快適な部屋を作るソファの選び方を紹介。ソファは使用時間が長く、コーディネートのメインになるため拘りたい家具ですよね。自宅に適したソファ選びのポイント解説と、豊富なシリーズがあるa.flatのおすすめソファを紹介しますのでぜひご覧ください。

自分に合うおすすめソファを見つけるための12のチェックポイント

理想のソファが見つけやすくなる、ソファ選びの12のチェックポイントを紹介します。使用人数やライフスタイル、間取りの広さなど、ソファを選ぶ基準になるポイントをまとめましたので、ぜひご覧ください。

【1】サイズ別・使用人数別にチェック

ソファを快適に使うためには、使用人数に適したサイズ選びが重要です。ソファは1人掛け~3人掛けが多いですが、組み合わせ次第で4人掛け以上にできるタイプもあります。

使用人数に適したソファサイズ

基本的には、ソファは使用人数以上のサイズを選ぶようにしましょう。一人暮らしなら1人掛け以上、二人暮らしなら2人掛け以上から選べば、ソファ選びで失敗しにくく使用人数に適したソファを選べます。来客が多い人や、二人暮らしなら家族が増えた時を想定し、人数+1のソファサイズもおすすめです。

1人用

1人専用のソファサイズ。プライベート感があり寛ぎやすいサイズです。

1~2人用

人気の高い1~2人用のソファサイズ。座るだけでなく、横になって使いやすい大きさです。

1~3人用

3人掛けのソファサイズ。二人暮らしや家族暮らしで多く選ばれるサイズです。

1~4人用

L字の形をした4人掛けのソファサイズ。家族暮らしや来客に適したソファです。

【2】ソファタイプ別にチェック

ソファには様々な形がありますが、大きく分けるとI字タイプとL字タイプの2種類です。I字はストレートな形のソファタイプで、ソファ前が広く使える形。L字は名前の通りソファがLの形をしており、足を伸ばせたり大人数で使いやすい形をしています。

豊富な展開があるソファタイプ

I字ソファには一般的な形の両アームタイプのほか、アシンメトリーな片肘タイプやアームがないベンチタイプがあります。L字ソファにはカウチタイプやコーナータイプ、I字ソファにオットマンを組み合わせた形などがありソファタイプは豊富です。

(I字)両アームタイプ

スタンダードな両アームタイプ。人気の高い定番デザインのソファです。

(I字)片肘タイプ

ソファの片方だけアームが付いているタイプ。左右非対称なデザインが特徴です。

(I字)ベンチタイプ

アームがないベンチタイプのソファ。すっきりとしたコンパクトな印象です。

(L字)コーナータイプ

1.5人掛け+2人掛け+コーナーのL字タイプ。寛ぎ感があり大人数で利用できます。

【3】ソファの高さ別にチェック

ソファの座面や背もたれの高さは、使い心地と見た目の印象に大きく影響します。高さの低いロータイプと、高さのあるハイバックの特徴をチェックして、自分にぴったりなソファの高さを選びましょう。

ソファの高さは見え方や使い方が異なる

座面や背もたれの高さが低いロータイプ。座面の奥行きが深いデザインが多い点が特徴です。

ローソファをレイアウトしたリビングの実例。高さがない分、開放的な印象を与えます。

背もたれの高いハイバックソファ。ゆったりもたれ掛かって寛げる点が魅力です。

ハイバックソファのコーディネート実例。高級感のある空間作りが得意なソファです。

【4】ソファフレームの素材をチェック

ソファフレームの素材は大事なチェックポイントです。フレーム部分はソファで休んでいる際や立ち座りの際に手で触れる部分になるため、質感の良い自然素材がおすすめです。

ソファ選びで大切なのはフレームの素材です。耐久性や手触り、機能性など長く使えるかどうかを確認しましょう。見た目やメンテナンス性なども選ぶ際の重要なポイントです。

手触りの良いソファフレームの素材

無垢材

木の優しい手触りは、ソファでの時間をより充実させます。見た目の風合いも楽しめる素材です。

ヒヤシンス素材

水草の一種であるヒヤシンスを編み込んだフレーム。柔らかな感触が心地の良い自然素材です。

ラタン素材

ヤシ科の植物である「籐」を編み込んだフレーム。頑丈さとしなやかさを併せ持つ自然素材です。

【5】ソファカバーの素材をチェック

ソファカバーの素材は、丁度いい座り心地を叶えるためにチェックしたいポイントです。自然素材のコットンやリネンは使っているうちに馴染んでいくため、柔らかめの座り心地。フェイクレザーなどの人口素材は、しっかりとした硬めの感触が特徴です。

座り心地が良いソファカバーの素材

ソファカバーは自然素材のコットンやリネンが多く、ふわっとしたリラックス感のある座り心地を作れます。汚れに強いアクリルや渋くて味のあるフェイクレザーは、張りがあり適度な硬さを持ちます。素材に注目してソファカバーを選べば、好きな座り心地に調整可能です。

【6】ソファの色をチェック

ソファのフレームとカバーの色をチェックしましょう。フレームとカバーの色に拘れば、インテリア性の高いソファにコーディネートできます。部屋の内装や家具、インテリアに合わせて統一したり、テイストを演出することが可能です。

ソファフレーム・ソファカバーの色

ベージュのフレーム×ターコイズのカバー

ナチュラルなベージュのフレームと、鮮やかなターコイズのカバーの組み合わせ。リゾート感のあるソファカラーです。

グレーのフレーム×アイボリーのカバー

落ち着きのあるグレーとシンプルなアイボリーの組み合わせ。モダンで洗練された印象を与え、おしゃれな空間を演出します。

ダークブラウンのフレーム×パープルのカバー

ダークブラウンのフレームとパープルのソファカバーの組み合わせ。ぱっと華やかな印象があり、高級感を漂わせます。

ダークブラウンのフレーム×グリーンのカバー

自然の木々を連想させるカラーの組み合わせ。癒しのスペースを演出し、ゆったり寛げる空間が叶うソファカラーです。

【7】機能性・メンテナンス性をチェック

ソファを選ぶ際は、機能性・メンテナンス性を確認しましょう。機能性・メンテナンス性に優れたソファは、経年劣化があっても元の品質に戻しやすく、長く愛用できるためです。

長く使えるソファの機能性・メンテナンス性

ソファフレームのアームやクッション、カバーなど、細かく取り外せたり着脱ができるソファは長く使いやすいです。パーツごとに買い替えができるほか、大げさなメンテナンスの必要がなく、自宅でソファを綺麗な状態に回復できます。

パーツを取り外せるソファは、パーツごとの買い替えができるため新品に近い見た目に戻せます。

カバー&中材が買い替えできるソファは、買った時の座り心地で長く使うことが可能です。

ホコリが溜まりやすいソファの下も、お掃除ロボを使用できるサイズ設計がベターです。

ソファの内部構造に不具合が発生した場合でも、メンテナンス可能かどうかチェックしましょう。

【8】ライフスタイル・過ごし方をチェック

ソファで日々を快適に過ごすには、ライフスタイル・過ごし方に適したソファ選びが重要です。ソファでの寛ぎ方や、ソファがあるリビングでの生活スタイルをイメージし、理想のソファを見つけましょう。

自分のライフスタイルに合うソファ選び

食事や作業をしたい人におすすめ

ソファダイニングは、ソファで寛ぐ以外に食事や作業もできるスタイル。マルチに使えるソファスペースを作れます。

様々な体勢で過ごしたい人におすすめ

ローソファは奥行きが深いタイプが多く、座る以外に横になってごろごろしやすいソファ。色々な寛ぎ方ができるソファです。

長時間ソファを使う人におすすめ

背もたれにしっかりもたれ掛かって寛げるソファ。テレビ観賞や映画鑑賞、読書などで長時間ソファを使う人に適しています。

大人数で団らんをしたい人におすすめ

家族暮らしや来客が多い人におすすめのL字ソファ。会話を楽しみやすいソファスタイルで、大人数で使うことを想定したソファです。

【9】使用する場所・部屋をチェック

ソファのサイズやタイプは、使用する場所や部屋で選ぶこともできます。広いリビングダイニングなら大きいL字ソファやカウチソファをゆったりレイアウトしても良いでしょう。書斎や寝室の一角にソファを置く場合は、省スペースに置けるコンパクトなソファがおすすめです。

場所・部屋別に適したソファ選び

LD12畳に2.5人掛けソファを設置。リビングでゆったり寛ぎやすいサイズのソファです。

キッチンの脇にレイアウトしたソファダイニング。食事で利用しやすいソファです。

書斎の省スペースにラウンジソファを設置。書斎での仕事や作業の休憩スペースを使えます。

寝室の省スペースに1.5人掛けソファを設置。寝る前のひと時をゆったり過ごせるソファです。

【10】ソファと畳数の相性別にチェック

ソファのサイズで悩む人は、住んでいる部屋の畳数別にサイズを決めると良いでしょう。畳数別に丁度いいサイズを把握しておくと、部屋に対してソファが大きすぎたり、小さすぎたりする心配がありません。(※上記はLD8畳×2人掛けソファのイメージ例)

快適な生活動線を作るレイアウト

畳数に対して丁度いいソファサイズを選ぶ際は、人が一人問題なく通れる600mmの生活動線を基準にしましょう。600mmの通り道を作れるソファサイズであれば、圧迫感を感じることなく快適に過ごすことが可能です。

600mmの生活動線

生活動線は人が一人問題なく通れる60cm以上の確保が基本です。

LD8畳×2人掛けソファ

LD8畳の片側に155cmのソファを設置。部屋の中央に約60cmの動線を作れています。

LD22畳×3人掛けソファ

LD22畳の片側に210cmのソファを設置。部屋の中央に約90cmの動線を作れています。

【11】ソファと間取りの相性別にチェック

ソファのサイズやレイアウトを決める際は、間取りとの相性をチェックしましょう。間取りは縦長や横長、正方形や扇形と家によって様々で、それぞれの間取りに適したソファが異なります。

間取りを有効活用するレイアウト

間取りに適したソファ選びのポイントは、間取りの形に沿うようなソファサイズ・レイアウトにすることです。部屋の形に合うソファにすれば、間取りを有効活用できて無駄なスペースを作らずに部屋を使えます。

横長LDK

横長のLDKに、ソファとダイニングを分けてレイアウト。横長の魅力でもある窓が大きい開放感のある間取りを邪魔しないソファ配置が大事に。

縦長LDK

縦長の間取りに合わせて、ダイニングとソファを縦並びにレイアウト。奥行き感のある空間に合わせて、ダイニングとソファを配置しましょう。

正方形LDK

少し配置が難しい正方形のLDK。畳数によってもレイアウトが大きく変わるため、事前のシミュレーションがより必要になります。

変形LDK

タワーマンションなどに多い変形LDKの間取り。眺望を活かしたり、部屋の形に応じてソファの位置やサイズを決定してください。

【12】部屋のテイスト別にチェック

好きなテイストやお気に入りのテイストに合うソファをチェックしましょう。部屋の主役になるソファは、内装やインテリアと揃えてコーディネートすることで、統一感のあるおしゃれな空間を作れます。

ソファと部屋のテイストを揃えて統一感を作る

モダンテイストなリビングに、モノトーンカラーのソファを設置。洗練されたおしゃれな雰囲気を演出しています。

ホテルライクなリビングダイニングに、ハイバックのL字ソファを設置。ラグジュアリーで華やかなコーディネートを叶えています。

澄んだブルーやハイビスカス柄のクッションでまとめた、海のリゾートを感じる空間。開放感のある部屋に合わせたカラーコーデが魅力的です。

木の風合いを活かした内装に合わせて、天然素材のソファやテーブルを設置。温もり感のあるムードに包まれながら、アジアンな部屋を楽しめます。

【1】サイズ別・使用人数別におすすめのソファ5選

サイズ別・使用人数別におすすめのソファを5選紹介。ソファサイズは住居人数以上のサイズを選ぶのが基本ですが、1人掛け~4人掛け以上のサイズまで、多く選ばれるソファサイズを中心に紹介します。

2人でリラックスタイムを楽しめる2人掛けソファ

2人掛けソファは幅1500mm前後が多く、大人2人がリラックスして過ごせるソファサイズ。2人掛けサイズは1人暮らしからの需要も高く、1~2人が快適に過ごせるソファです。

大人2人が同時に座れて寛げるソファサイズ

2人掛けソファは、大人2人が同時に座れるソファタイプです。1人でソファを使うときは、足を伸ばして横になれるため、寛ぎ方の幅が広いです。1人暮らしの場合は、来客に対応しやすくなるというメリットもあります。

オットマンを置けば足を伸ばして使える

ソファに付けて使えるオットマンをプラスすれば、縦に足を伸ばせます。2人でソファを使っていたとしても、ゆったり寛ぐことが可能です。オットマンはソファから離してスツール代わりにも使用できる便利なアイテムです。

2人でゆったり座れる2.5人掛けソファ

2人掛けソファよりも少し幅広な2.5人掛けソファ。幅は1800mm前後が多く、大人2人が同時に座っても余裕があります。部屋に設置スペースがあれば、一人暮らしから候補になるおすすめのソファサイズです。

大人2人と子どもが座れるソファサイズ

大人2人が同時に使っても、余裕がありゆったり利用しやすい2.5人掛けのソファ。大人2人と子ども1人の計3人が快適に寛げるサイズのため、二人暮らしから家族暮らしまで長く使える点が魅力です。

サイズが大きい場合はベンチタイプがおすすめ

2.5人掛けソファが大きく感じる場合は、ベンチタイプのソファがおすすめです。アームがない分コンパクトになりますが、座るスペースの座面幅は変わらないため寛ぎやすいソファタイプです。

寛ぎ方の幅が広がる3人掛けソファ

幅約2100mmほどの3人掛けソファは、大人が3人まで座れる大きめのサイズです。2人掛けや2.5人掛けに比べて設置スペースが必要になりますが、ゆとりをもって使えて寛ぎ方の幅が広いソファサイズです。

家族暮らしが快適になるソファサイズ

家族暮らしが快適になる3人掛けソファ。幅が広いため3人以上の家族でソファの取り合いになりにくく、好きな時間にソファを使えます。また、1人が横になっていてももう1人が座れるくらいの余裕があるため、過ごし方に幅が出ますね。

3人掛けはカウチタイプもおすすめ

家族とよりゆったり寛ぎたい方は、3人掛けのカウチソファがおすすめです。縦に長いカウチソファがひとつあると、足を伸ばしやすくなり3人以上でも快適に使えます。

大人数で寛ぎやすい4人掛け以上のソファ

家族や友人と大人数で寛ぎやすい4人掛け以上のソファ。ソファは3人掛けまではI型が多いですが、4人掛け以上になるとコーナーやカウチなど、L字タイプの展開が多くなります。

4人以上の家族や来客が多い人におすすめ

4人掛け以上のソファサイズは、家族が多い人や来客頻度が高い人におすすめです。また、大人数で会話や団らんを楽しむには、お互いに顔を見やすいL字の形が良いでしょう。ソファを置くための広いスペースが必要ですが、設置場所を部屋の角にすれば取り入れやすいです。

おしゃれなコーディネートを作れる

ソファを大きく組むコーナータイプは、見た目のインテリア性が高くおしゃれなコーディネートを作れます。ホテルライクのように高級で贅沢感のあるコーナーソファを検討してみてはいかがでしょうか。

自分だけのスペースを作れる1人掛けソファ

1人掛けソファは、幅1000mm前後の1人専用ソファです。2人掛けや3人掛けソファの隣にプラスするレイアウトや、ワンルームや狭い間取りのソファとして取り入れやすいソファサイズです。

場所を選ばずレイアウトできる

サイズがコンパクトなため、場所を選ばずに取り入れられる点がメリット。1人で持ち運べる重さのソファが多く、レイアウト変更を気軽に行えます。プライベート感があり、自分だけの時間を満喫できるソファサイズです。

1人掛けソファやラウンジチェアをソファの隣に置けば、リビングでの寛ぎの幅が広がります。

ワンルームや狭い間取りの場合は、場所を取りにくい1人掛けソファがおすすめです。

【2】ソファタイプ別におすすめのソファ8選

両アームタイプやベンチタイプ、カウチタイプなどのソファタイプ別におすすめのソファを8選紹介します。様々なソファタイプの中から、自宅での過ごし方にぴったりなソファタイプを選んで快適な空間を作りましょう。

定番タイプの両アームソファ

スタンダードな両アームタイプは、選ばれることが多く人気のあるソファタイプです。両側にアームがある左右対称なデザインで安心感があります。また、アームを使って立ち座りがしやすく快適性の高いソファです。

アームに手を置いて寛ぎやすい

両アームタイプのソファは、左右のどちらに座ってもアームに手を置いて寛げます。2人が同時に使いやすいソファタイプで、2人暮らしにおすすめです。定番デザインで1人暮らしにも適しており、長く使いやすいソファタイプでもあります。

クッションを枕替わりにしやすい

アームがあるとクッションを枕替わりに置きやすい点がメリットのひとつ。ソファでよく横になることが多い人や、昼寝をする人はアームタイプのソファとの相性が抜群です。

アシンメトリーなデザインの片肘ソファ

アシンメトリーな見た目が特徴的な片アームタイプのソファ。動きのあるデザインのため、軽やかな印象を演出できるソファです。アームがないサイドからソファに出入りしやすいというメリットもあります。

足を伸ばして使いやすいソファタイプ

片アームタイプは足を伸ばしてもアームが邪魔になりにくく、横になって使いやすいソファタイプ。座る以外に姿勢を崩して使えるため、過ごし方の幅が広いです。アームがない分設置スペースも小さくできます。

ソファを追加して拡張しやすい

片アームタイプのソファは、アームがない側面にソファを追加し、拡張できる点が魅力。1人暮らしでは1台で使い、二人暮らしでもう1台購入しサイズアップをすることが可能です。ソファを買い替える必要がなく、長く愛用できます。

コンパクトに使えるアームレスソファ

両側にアームがないデザインのアームレスソファで、別名ベンチソファとも言われます。3人掛けサイズでも、アームがない分幅を1800mmほどに抑えられるためコンパクトに設置することが可能です。

横から座れて使い勝手が良い

アームレスソファは両サイドにアームがないため、背面以外のどこからでもソファに出入りしやすい点が魅力。使い勝手が良いだけでなく、見た目に重苦しさがないためカジュアルなコーディネートを作れます。

座面が大きいサイズをコンパクトにできる

ベンチソファなら、アームがない分コンパクトに設置できます。2.5人掛けソファや3人掛けソファなど、比較的大きいサイズのソファを検討しており、部屋に置けなくて悩んでいる方におすすめです。

ソファとセットで揃えたいオットマン

ソファとオットマンをセットにした組み合わせは、快適性がアップするおすすめのソファタイプ。ソファを単体で使うほかに、オットマンをソファに付ければ足を伸ばして寛ぐことも可能です。

単体でもソファに合わせても使えて便利

オットマンは単体でも使えるアイテムです。チェアのように腰かけても良いですし、テーブル代わりにも活用できます。

オットマンをソファの前に置けば、足を伸ばして寛げる形に。ソファでのリラックスタイムがより充実しますね。

ゆったり寛ぎたい人におすすめのカウチソファ

カウチとは奥行きがあり、リクライニングができるソファタイプです。2人掛けや3人掛けの片側をカウチにする組み合わせなら、ソファに座ることもカウチで足を伸ばして寛ぐこともできます。

3人掛けなら2人同時に足を伸ばして使える

カウチを取り入れるなら、2人掛け以上のソファと組み合わせて3人掛け以上のソファサイズにするのがおすすめ。3人掛け以上のカウチソファなら、大人2人が同時に横になって寛げます。

ワイドカウチなら大柄な人も使いやすい

幅と奥行きが広いワイドカウチなら、大柄な人や体格の良い人もリラックスして寛げます。その分設置スペースは必要になりますが、ソファを置く場所に余裕があるなら検討してみても良いですね。

大人数で団らんを楽しみたい人におすすめのコーナーソファ

1人掛け+コーナー+2人掛けと、3つのパーツを組み合わせるL字タイプのコーナーソファ。3人以上の家族暮らしや、来客頻度の高い人におすすめのソファタイプです。

程よい距離感を作れて来客を招きやすいソファ

L字ソファは斜めに対面する形になるため、緊張感がなくコミュニケーションを取りやすいソファタイプ。程良い距離を作れて自然と人が集まりやすく、会話が弾む楽しい空間を演出します。

部屋の角を有効活用できる

L字ソファは使いにくくデッドスペースになりがちな部屋の角を有効活用できます。間取りに合わせて、部屋の角にレイアウトすれば、圧迫感も出にくいです。部屋のスペースを上手に使うことで、複数人で使用できるソファを置くことが可能です。

ソファで食事や作業をしたい人におすすめのソファダイニング

ソファダイニングは、ソファとダイニングテーブルをひとつにしたスタイル。ソファで寛ぐだけでなく、食事を取るほか仕事や作業をしたい人におすすめのソファタイプです。

色んな用途で使いやすいソファタイプ

ソファダイニングは、寛ぐ・食事を取る・作業をするなど、色々な用途で使いやすいソファタイプ。一つの場所で様々な過ごし方ができるため、部屋のスペースの節約ができます。ワンルームや狭い間取りにもおすすめできるスタイルです。

部屋のスペースを節約できる

ソファダイニングは、ソファとダイニングテーブルを一ヵ所にできます。そのため、部屋のスペースを節約することができ、空間を広く見せられるソファスタイルです。

【3】高さ別におすすめのソファ3選

ソファの高さにはロータイプ、スタンダードタイプ、ハイタイプの3種類があります。それぞれの特徴やメリットをチェックして、自分にぴったりなソファの高さを選びましょう。

部屋が広く見えるローソファ

座面高や背もたれが低いロータイプは、部屋を開放的に演出できるソファです。ソファを置くことで視覚的に空間が分かれてしまう場合に、ローソファならひとつながりな印象を保てるため部屋を広く見せられます。

奥行きが深い仕様で使い方の幅が広い

高さの低いローソファは、座面奥行きの深いデザインが多い点が特徴。広い座面上で自由に過ごしやすいため、座るだけでなく姿勢を崩したり、横になってごろごろしやすいソファタイプです。

スタンダードな高さのソファ

ロータイプとハイタイプの中間であるスタンダードな高さのソファ。定番タイプで使いやすく、デザインが豊富なため選択肢が多いというメリットがあります。

定番デザインで選びやすいソファ

スタンダードな高さのソファは、定番デザインのため選びやすくコーディネートに取り入れやすい点が魅力。初めてソファを買う人や、ソファの高さで迷っている人は失敗しにくいためおすすめです。

ヒヤシンス素材のフレーム

ヒヤシンスDG素材のフレーム

ラタン素材のフレーム

無垢材のフレーム

ゆったり寛ぎやすいハイバックソファ

背もたれが高いハイバックタイプのソファ。ゆったりソファにもたれ掛かって寛ぎやすい点が魅力です。ハイバックソファは見た目が華やかで、高級感のあるコーディネートを作れます。

上質な寛ぎと高級感を演出するソファ

ハイバックソファは腰から肩・首までやさしく支える心地よさのあるソファ。長時間ソファでゆったりしたい人におすすめで、テレビ・映画観賞や読書に適しています。おしゃれなハイバックは、寛ぎと高級感のあるコーディネートが得意です。

ゆったり寛ぎやすいカウチソファ・コーナーソファにおすすめ

ハイバックソファは背もたれにもたれ掛かってリラックスしやすいソファタイプのため、ゆったり寛ぎやすいカウチソファやコーナーソファとの相性が良いです。ハイバックソファで好きなサイズ、組み合わせのL字ソファを検討してみてはいかがでしょうか。

脚カットでソファをお好みの高さに変えるのもおすすめ

a.flatのソファは、脚カット加工4,400円(税込)でソファの高さを低くできます。4本脚のタイプのソファに限られますが、ソファを試してみて高さが合わない人や、高さを抑えて開放感を演出したい人におすすめです。

【4】フレームの素材別におすすめのソファ4選

フレームの素材別におすすめのソファを紹介。手触りが良い自然素材の無垢材・ヒヤシンス素材・ラタン素材の3つの素材から、好みのソファフレームを選びましょう。

温かみのある無垢材フレームのソファ

木の風合いを楽しめる無垢材フレームのソファ。温度があるような温かい触り心地が魅力で、リラックスして寛ぎやすいソファフレームです。デザインがシンプルで様々なコーディネートに取り入れやすい素材です。

手触りが良く居心地の良い空間を作る

温もりのある無垢材ソファは、手触りが良いだけでなく居心地の良い空間作りが得意です。自然素材を使用した家具・インテリアでコーディネートをすれば、シンプルで統一感があり長く滞在したくなる部屋を叶えられます。

シンプルなファブリックのソファ

シンプルでカラーバリエーションが豊富なファブリックソファ。コーディネートを選ばずに取り入れやすい点が魅力で、見た目も柔らかい印象があり心地の良い空間を作ります。

様々なテイストと合わせやすい点が魅力

ソファフレームやクッションがほぼ全面ファブリックのため、シンプルで様々なテイストに合わせやすい点が魅力。北欧やナチュラル、リゾートテイストなどで部屋のテイストが決まっている場合でも、単体で取り入れやすいソファです。

リゾートを演出するヒヤシンスフレームのソファ

水草の一種であるヒヤシンスを乾燥させて、丁寧に編み込んだソファフレーム。熱帯の川や湖で育ち繁殖力の高さが特徴で、持続可能性のある地球環境に優しい自然素材です。

編み込みデザインがリラックス感を与える

ヒヤシンス素材を編み込んだソファフレームは、リゾートテイストやアジアンテイストなど、リラックス感のあるコーディネートにぴったり。自宅を特別な空間にしたい方や、自然素材をプラスして居心地の良さをアップさせたい人におすすめです。

モダンリゾートを叶えるヒヤシンスDG(ダークグレー)フレームのソファ

リゾートテイストが得意なヒヤシンス素材を、ダークグレーに着色したヒヤシンスDG素材。ヒヤシンス素材の持つリラックス感に洗練された雰囲気が加わったソファフレームです。

モダン&リラックスを演出するフレーム

モダンな印象とリゾートの非日常感を併せ持つ、ヒヤシンスDGのソファフレーム。都会的なおしゃれさと、ヒヤシンスが持つ特別感を兼ね備えたデザインです。落ち着きのあるカラーのため、コーディネートの一部にも取り入れやすいデザインです。

しなやかさと耐久性を兼ね備えたラタンフレームのソファ

熱帯雨林に自生するツル状の植物で、日本では「籐」と言われる自然素材です。しなやかさがありながら、編み込むことで丈夫さがアップする素材で、毎日使う家具に適しています。軽量で通気性もよく、コーディネートに爽やかさをプラスしたい人におすすめです。

編み込みが綺麗なデザイン性の高いソファ

綺麗に整列した編み込みがおしゃれで、デザイン性の高いラタンソファ。素材の温もりとあわせて、上品な雰囲気と居心地の良さを部屋にもたらします。自然素材は調湿機能があるため、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境も作ることが可能です。

【5】カバーの素材別におすすめのソファ6選

ソファカバーにおすすめの素材を6選ピックアップしました。自然素材を織ったコットン×リネンや汚れに強いアクリル、扱いやすいフェイクレザーなど特徴やメリットの異なるソファカバーの素材を紹介します。

優しい肌触りを持つコットン×リネンのカバー

上質なイタリア製のコットン(綿)&リネン(麻)を使用した、使い心地の良いクッションカバー。表面に特殊な起毛加工を施しており、柔らかい肌触りが特徴のファブリックです。

自然素材で吸湿発散性に優れたカバー

コットンとリネンは両方自然素材のため、吸湿発散性に優れています。夏は涼しく冬は暖かい使用感で、一年を通して快適に使えるソファカバーです。a.flatでは色展開が豊富な生地で、好きな色をソファカバーとして利用できます。

モダンテイストのおしゃれな雰囲気と、自然素材の心地の良い座り心地を兼ね備えた実例。

自然素材の優しい風合いが丁度良いアクセントを作り、色鮮やかなカラーでも取り入れやすいです。

さらりとした質感が魅力のコットン100%のカバー

さらっとした気持ちの良い肌触りのコットン(綿)100%で作られたソファカバーです。自然素材のため通気性が良く、オールシーズン使いやすい点も嬉しいポイント。

鮮やかな発色と自然な風合いを持つファブリック

色鮮やかな発色性のある染色で、部屋のアクセントになるソファにコーディネートできるファブリック。リーフ・ターコイズ・オレンジ・パープルの4色から、コーディネートに合ったカラーを選べます。

鮮やかなターコイズブルーのソファカバー

発色が良くテイストをはっきり演出したいコーディネートにぴったりです。実例は濃いターコイズブルーのソファカバーを使用し、爽やかで開放感あふれるリゾートテイストのコーディネートを作っています。

丸洗いができる特殊なアクリルのカバー

アクリルを原料から染めるという、特殊な製法のソファカバー。色褪せしにくく、防カビ・防腐・撥水加工と汚れに強いファブリックのため、室内用だけでなく屋外用のソファカバーとしてもおすすめです。

防カビ・防腐・防汚・撥水加工の高機能ファブリック

高機能ファブリックのため経年劣化が気になりにくく、6年間の色褪せ保証が付いており、長く安心して使用できるソファカバーです。自然素材とは異なり張りのある使用感のため、少し硬めや弾力のある座り心地が好きな人に向いています。

屋外用ソファにおすすめのカバー

汚れに強く、劣化しにくい生地のためテラスやバルコニー、ベランダにおく屋外用ソファにおすすめです。雨ざらしにしても問題ない丈夫なカバーで、天気が悪い日にソファをしまいこむ必要がありません。

おしゃれで扱いやすいフェイクレザーカバー

柔らかな質感とツヤを抑えた見た目で、本革のような風合いのフェイクレザー。ダークブラウンとベージュ、アイボリーと様々なテイストに合わせやすい3色のカラー展開です。

本革のような柔らかい質感の生地

使い心地にこだわった、本革に限りなく近い質感を持つフェイクレザー。ノンフタル酸レザーという抗菌や防汚、防炎と機能性に優れたファブリックのため、子供から大人まで安心して使える点が魅力です。

かっこいいコーディネートを作れるファブリック

フェイクレザーは、シックで落ち着きのあるコーディネートを演出できます。ダークブラウンのフレームとカバーを合わせた実例は、大人っぽい洗練された雰囲気です。モダンやアーバンといった、スタイリッシュなテーマの空間作りにおすすめです。

ざっくりとした表情が魅力のファブリックカバー

コットンとポリエステル、アクリルの3種の糸を織り上げたファブリック。味のあるざっくりとした生地で、アイボリー・ベージュ・ダークブラウンのベーシックな3色のカラーから選択できます。

3種の糸で織り上げたハンドメイド感がおしゃれ

3種の素材を織った、ハンドメイドのような素材感と風合いが特徴の生地。ナチュラルな雰囲気やリラックス感のあるコーディネートにおすすめのソファカバーです。耐久性や吸湿発散性が高く、長く利用しやすい点も魅力のひとつ。

ナチュラルなコーディネートにおすすめ

生地感のあるファブリックは、ナチュラルなインテリアコーディネートにぴったりです。自然素材の家具・インテリアとの相性も良く、リラックス感のあるコーディネートを作ることが可能です。

ソファのインテリア性がアップする柄物カバー

テイストのあるコーディネートや、部屋のアクセントにソファをメイキングしたい人におすすめの柄物カバー。a.flatオリジナルのヤシの木柄やハイビスカス柄、プルメリア柄と自然の植物をデザインに落とし込んだおしゃれなラインナップを取り揃えています。

部屋のアクセントに映えるおしゃれなカバー

ソファを部屋のアクセントにしたい場合は、インパクトのある柄物のソファカバーを検討しましょう。空間に綺麗に映えるデザインで、部屋の雰囲気をガラッと変えられます。コーディネートに差をつけて、特別感を演出できるソファカバーです。

海や空の景色がモチーフの柄物カバー。爽やかなコーディネートを演出します。

木陰のような自然の情景を連想させるカバー。ナチュラルなコーディネートにぴったりです。

リゾート感を演出するヤシの木柄のカバー。非日常的なコーディネートを作れます。

菊のデザインに織ったパープルの花柄。エキゾチックなアジアンテイストな空間です。

a.flatのソファカバーは自由に付け替え可能

a.flatのおすすめソファカバーは全てファスナー式のため、自宅で簡単に付け替えが可能。異なるカラーや素材、アクセントになる柄物などを持っておけば、季節や気分に応じて気軽に模様替えができます。

【6】ソファフレーム・カバーの色別におすすめのソファ10選

ソファフレーム・カバーの色別におすすめのソファ10選を紹介。色は与える印象が色ごとに異なるため、フレームとカバー選びの際にチェックしましょう。好きな色を取り入れたら、好みのコーディネートを演出できます。

ブラウンのソファフレーム

ブラウンのソファフレームは、シンプルで様々なコーディネートに取り入れやすいカラーです。ブラウンは木の色であるため、癒しのある居心地の良い空間を作れます。

優しい雰囲気の空間を作れる

ブラウンは穏やかな印象を与えるカラーで、優しい雰囲気の空間を叶えられます。ブラウンやベージュといったナチュラルなカラーは、インテリアに取り入れる色を選ばないためコーディネートを楽しみやすい点も魅力です。

グリーンのコーディネート

ブラウンのコーディネート

グレーのコーディネート

ブルーのコーディネート

ダークブラウンのソファフレーム

ダークブラウンのソファフレームは、落ち着きがあり上品なコーディネートにおすすめ。暗い色の家具やインテリアにしかない高級感を演出し、大人っぽい雰囲気を作れます。

ソファの輪郭が綺麗に映える

ダークブラウンのソファフレームは、明るい内装の部屋に適しています。明るい内装との対比で、ダークブラウンのソファの輪郭が綺麗に映えるからです。家具を美しく際立たせ、おしゃれなコーディネートが実現できます。

グレーのソファフレーム

ダークグレーのソファフレームは、モノトーンのコーディネートやモダンなテイストにおすすめ。黒・白・グレーは無彩色といわれ、取り入れやすく統一感を作りやすいカラーです。

モダンで洗練された印象を演出できる

グレーはシンプルかつ洗練されたコーディネートを得意とするカラーです。グレーを基調としたモノトーンのコーディネートは、大人っぽいモダンな空間を作れます。コーディネートのベースの色をグレーにすれば部屋作りで、他の色も取り入れやすいです。

明るいモノトーンのコーディネート

落ち着きのあるモノトーンのコーディネート

ブルーのソファカバー

ブルーのソファカバーは爽やかなコーディネートにおすすめ。海や晴れた青空を連想させる色であるため、リゾートテイストやビーチテイストなど、開放感のあるコーディネートが得意です。

清涼感のあるコーディネートにおすすめ

ブルーのソファカバーは清涼感があり、コーディネートをすっきり見せることが可能。鎮静作用もあるため、心をリラックスさせて寛ぎやすい空間を作れます。ホワイトやベージュなどの明るいカラーを組み合わせれば、ビーチのように気持ちの良いコーディネートです。

深いブルーのコーディネート

淡いブルーのコーディネート

グレーのソファカバー

グレーのソファカバーは、大人っぽい洗練されたコーディネートを演出できるカラー。シンプルでありながらおしゃれな印象を作れる点と、相性の悪い色がなくカラーコーディネートを楽しみやすい点が魅力です。

スタイリッシュな雰囲気を作れる

グレーは落ち着きのあるカラーで、スタイリッシュさやクールな印象を与えます。部屋のカラーコーディネートに取り入れると、清潔感があり上品な空間を演出することが可能です。

ナチュラルなグレーのコーディネート

シンプルなグレーのコーディネート

ブラウンのソファカバー

ブラウンのソファカバーは、温かみがあり居心地の良い空間を作れるカラーです。ブラウンは内装や家具に多く使われる木の色でもあるため、統一感があり飽きの来ないコーディネートを叶えられます。

様々なコーディネートに取り入れやすい

ブラウンは部屋の内装や家具の色でよく使われるカラーのため、ソファカバーにも取り入れやすい点が魅力。様々なコーディネートに自然と馴染み、統一感のあるおしゃれな空間を演出します。

ダークブラウンのコーディネート

ナチュラルブラウンのコーディネート

ベージュのソファカバー

ベージュのソファカバーは、ナチュラルな優しいカラーコーディネートを演出できます。いい意味で主張が少なく控えめなカラーのため、空間にすっと馴染み統一感のある部屋作りが可能です。

居心地の良い部屋を叶える

柔らかい印象を持つベージュは目に優しいカラーです。何時間でも寛ぎたくなるような、居心地の良い空間を作れます。淡い色合いのアースカラーや差し色になるパープルなど、様々なカラーと合わせやすくおすすめです。

ベージュ×アースカラーのコーディネート

ベージュ×パープルのコーディネート

グリーンのソファカバー

木々の色であるグリーンのソファカバーは、安らぎや癒しのある空間作りが可能です。グリーンにはリラックス効果やストレス軽減効果があるとされており、ゆったり寛ぎやすいコーディネートを叶えられます。

リラックス感や癒しのある空間作りにおすすめ

グリーンのソファカバーは、自然に囲まれているかのようなリラックス感を得られる点が魅力です。同じグリーンの観葉植物との相性が良く、疲労が回復するような居心地の良いコーディネートを作れます。

パープルのソファカバー

華やかさのあるパープルのソファカバーは、高級感のある空間づくりにおすすめ。ミステリアスや神秘的なイメージもあり、コーディネートに差を付けられるおしゃれなカラーです。

ラグジュアリーな雰囲気を演出する

パープルは上品な印象を与えられるため、ラグジュアリーな空間作りをしたい人に適しているカラーです。ホテルライクなカッコいいテイストや、異国情緒のあるアジアンテイストといった個性的なコーディネートも得意としています。

華やかなパープルのコーディネート

居心地の良いパープルのコーディネート

レッドのソファカバー

暖色系であるレッドのソファカバーは、ポジティブな気持ちやエネルギーを感じられるカラーです。部屋の差し色・アクセントに向いており、インテリア性の高いソファにコーディネートできます。

温かみのある部屋にコーディネートできる

レッドは温かみがあり、活力を生むカラーです。存在感が強く扱いにくそうな印象もありますが、淡いカラーのレッドなら程よいバランスでコーディネートに馴染みます。家具によくあるナチュラルやブラウン色との相性が良く、統一感がなくなる心配もありません。

片アームソファ×レッドのコーディネート

両アームソファ×レッドのコーディネート

【7】機能性・メンテナンス性に優れたおすすめソファ4選

ソファの機能性・メンテナンス性は、ソファを長く使う上で重要なポイントです。ソファのカバーや中材、パーツを買い替えできるタイプや引き取りメンテナンス対応ソファ、組み立て式ソファなど4選を紹介します。

ソファのパーツやカバー、中材の買い替え可能なソファ

a.flatのソファは全て、カバーと中材のクッションを買い替え可能です。カバーに落ちない汚れが付いてしまったりクッションが劣化でへたっても、買い替えることで新品の見た目と座り心地に戻せます。

劣化した箇所だけ替えられてコスパが良い

パーツが分解できる組み立て式のソファは、劣化したパーツや壊れたパーツのみを新しいものに替えることが可能。ソファをまるごと1台買い替えるより安く済み、長く使えてコスパに優れています。

引き取りメンテナンスの対応が可能なソファ

a.flatのソファは全てのシリーズが引き取りメンテナンスに対応。長く愛用することで劣化が進み自宅では修復が難しい状態でも、プロのメンテナンス対応でほぼ新品の状態に回復できます。

新品に近い状態に戻せる

ソファのパーツを細かく解体し、壊れたパーツや劣化の激しい箇所を丁寧に修復します。

古くなって見た目が気になるフレームも、色塗装とウレタンコーティングで新品に近い状態にできます。

組み立て式のソファ

組み立て・解体ができるソファは、長く使いやすいためソファ選びのひとつの基準です。パーツごとに買い替えができますし、自宅への搬入や搬出がしやすいというメリットがあります。

搬入出の心配が少なく引っ越ししやすい

組み立て式のソファは、引っ越しの際に搬入出の心配が少ない点が魅力。パーツが解体できればその分持ち運びが簡単で、通路やドア、階段で通らないということも少なくなります。

拡張性の高いソファ

拡張性の高いソファは、一人暮らしから二人暮らし、家族暮らしと住居人数やライフスタイルに応じて形を変えて利用可能。引っ越しで部屋の間取りが広くなった際のサイズアップもできるため、長く快適に使えます。

模様替えや引っ越し後も長く使える

a.flatのハイバックタイプロータイプコンパクトタイプのソファは拡張性が高く、模様替えや引っ越し後の生活に合わせてサイズアップが可能です。必要なパーツだけ買い足せば、2人掛けを3人掛けやカウチタイプ、コーナータイプに拡張できます。

1人暮らし

1人暮らしの狭い間取りに取り入れやすい、コンパクトな2人掛けソファ。

2人暮らし

2人掛けソファに1人掛けソファを取り付けて、3人掛けソファに拡張。

2人暮らし~家族暮らし

2人掛けソファにカウチソファを取り付けて、3人掛けカウチソファに拡張。

家族暮らし・来客が多い

2人掛けソファに2.5人掛けソファとコーナーソファを取り付けて、4人掛けコーナーソファに拡張。

【8】ライフスタイル・過ごし方別におすすめのソファ5選

ライフスタイルや過ごし方に合った、形の異なるおすすめのソファを5選紹介。ソファ選びでは、ソファで座ることが多いか横になることが多いか、どんな過ごし方かなど、普段の生活をイメージして選ぶことが重要です。

ソファでゆったりテレビ観賞したい

テレビ観賞や読書、スマホを見るなどで長時間ソファを使う人にはカウチソファがおすすめ。カウチは奥行きが深く足を伸ばして寛げるソファタイプで、座るよりも楽な姿勢でリラックスできます。

足を伸ばせるオットマンやカウチソファがぴったり

ゆったりと寛げるカウチソファ。立ち上がりたくなくなるような、癒しのひと時を楽しめます。

カウチの代わりにオットマンもおすすめ。足を伸ばせるほか、ソファから離して単体使いも可能です。

ソファに座るだけでなくごろごろしたい

ソファで横になって過ごすことが多い人は、奥行きの深いロータイプのソファがおすすめ。座ってももちろん寛げますが、座面が広い分姿勢を崩して様々な体勢でリラックスしやすいソファタイプです。

硬めクッションで奥行きが深いソファがおすすめ

ソファで横になったり楽な姿勢で寛ぎたい人は、奥行きが深く、座面クッションが硬いソファが適しています。クッションが柔らかいタイプより姿勢を変えやすく、

  • クッション硬め&奥行きが深いローソファ一覧

家族や来客と大人数で団らんを楽しみたい

家族暮らしや来客が多いライフスタイルで、ソファを大人数で使いたい人にはコーナーソファがおすすめ。L字の形をしたデザインで、人と会話を楽しみやすいソファタイプです。

コミュニケーションが取りやすいコーナーソファ

コーナーソファは座った際に、相手と斜めに対面することが特徴です。真正面で対面するよりも緊張感が生まれにくく、コミュニケーションが取りやすい角度で話せます。団らんの場に適したソファタイプで、毎日会話の弾む空間を叶えられます。

  • 住居人数・来客人数に合ったコーナーソファの組み合わせをチェック

ソファで寛ぐ以外に食事や作業もしたい

ソファで座って寛ぐだけでなく、食事や作業もしたい人にはソファダイニングがおすすめです。ソファとソファに合う高さのダイニングテーブルを組み合わせたスタイルで、様々な用途に使えます。

ソファダイニングはマルチな使い方ができる

座る・横になる・食事・作業・団らんの場など、組み合わせ次第でマルチな使い方ができるソファダイニング。住居人数やライフスタイルから、自宅に適したソファダイニングのサイズを選びましょう。

  • ソファダイニングの組み合わせ一覧

屋外スペースでゆったり寛ぎたい

自宅のベランダやバルコニー、テラスなどの屋外で寛ぎたい人は、屋外用ソファを検討してみてはいかがでしょうか。a.flatの屋外ソファは雨ざらしでもOKで、1年中出しっぱなしで使えます。

特別なひと時を楽しめる屋外ソファ

屋外でゆったり寛げるソファ。1人・2人・2.5人・3人掛けの4サイズから選べます。

コンパクトな屋外用ソファ。片アームとベンチを組み、L字ソファを作ることも可能です。

【9】使用する部屋別のおすすめソファ5選

ソファを使用する部屋別に、おすすめのソファを5選紹介します。リビングダイニングや寝室、和室に屋外と、部屋での過ごし方に適したソファをチェックしましょう。

生活の中心になるリビングダイニングのソファ

リビングダイニングはゆったり寛ぎやすいサイズのソファがおすすめ。起きている時間に長く滞在する部屋のため、圧迫感や生活動線に気を付けながら置ける最大サイズを置き、快適な空間を叶えましょう。

広々使えるソファサイズがおすすめ

リビングダイニングは広々使えるソファサイズがおすすめで、設置スペースがあれば一人暮らしでも2人掛けや3人掛けをレイアウトしても良いでしょう。圧迫感が気になる場合は、片アームやベンチタイプにすれば開放感を保てます。

日々の疲れを癒す寝室向けのソファ

寝室に取り入れるソファは、プライベート感のある一人掛けのソファがおすすめ。ラウンジチェアのようにゆったり寛げて、寝る前のひと時を充実させることができます。

ゆったり寛げる両アームソファがおすすめ

睡眠前の時間をゆったり過ごすために、ソファは両アームタイプがおすすめです。両手をアームに置きリラックスして過ごせます。両アームソファはプライベート感のある寝室の雰囲気にもぴったりで、ホテルのようなおしゃれなコーディネートが可能です。

床座スタイルで過ごす和室のソファ

和室には座椅子や座面高の低いロータイプのソファが良いでしょう。座椅子やローソファなら畳に座った時と目線の高さが変わりにくいため、和室の生活スタイルに違和感なく馴染みます。

高さの低いローソファや座椅子がおすすめ

背もたれがラタン素材のおしゃれな座椅子。ソファよりコンパクトに設置できる点が魅力です。

座面や背もたれが低いローソファ。床座スタイルの和室にぴったりなソファタイプです。

仕事や勉強をする書斎のソファ

書斎にはラウンジチェアのような、休憩しやすいデザインのソファがおすすめ。デスクに向かう仕事や作業で疲れた時に、一息つける場所としてソファがあるとメリハリを付けて休めます。

一息付きやすいコンパクトなソファ

書斎はソファを置くスペースが無い場合も多いですよね。そのため、コンパクトな1人掛けのソファやラウンジソファがおすすめです。一息ついて休憩できる省スペースを作れます。

心地よく過ごせる屋外スペースのソファ

屋外スペースのソファは、外の開放的な雰囲気にマッチする編み込みデザインがおすすめです。リゾートの雰囲気を演出できるデザインのソファで、特別感のある屋外スペースを叶えられます。

外に出しっぱなしでOKな屋外用ソファ

a.flatの屋外ソファは、全て外に出しっぱなしでOKな仕様です。雨風や日差しなど、屋外環境に強い高密度ポリエチレン素材のソファフレームに、高機能カバーと速乾性に優れた中材を完備。特別なメンテナンスは不要で、いつでも快適に使えるソファです。

部屋別のおすすめソファ実例をもっと見る

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す

    a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。床色はグレーやナチュラルなどを基調とし、部屋のテーマカラーはブラウン、グレー、ブルー等を取り入れています。リビング、ダイニング、1LDK、2LDK、寝室など、一人暮らしや二人暮らし、家族暮らしのライフスタイルに合わせたコーディネートも豊富にご紹介しています。マンション、戸建て、別荘といった住まいのタイプに応じたスタイリングも、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートとして掲載しています。

【10】畳数別におすすめのソファ6選

畳数別におすすめのソファを6選紹介します。リビングダイニング8畳~14畳、ワンルーム8畳から10畳と広い畳数からコンパクトな畳数に適したソファコーディネートをチェックし、自宅のソファ選びの参考にしましょう。

ソファ×リビングダイニング8畳

リビングダイニング8畳にソファダイニングをレイアウトした実例。ソファとダイニングテーブルを別々に置けない畳数の場合、ソファダイニングはおすすめのスタイルです。寛ぐ・食事・仕事ができるコーディネートを作れます。

スペースを節約できるソファダイニング

ソファダイニングのスタイルは、ソファとダイニングテーブルの設置スペースを一つにまとめられます。部屋のスペースの節約になり、窮屈感や圧迫感を解消できるソファスタイルです。

ソファ×リビングダイニング10畳

1LDKのリビングダイニング10畳に、幅1850mmの2.5人掛けソファをレイアウトした実例。寝室への動線は確保しつつ、設置できる最大サイズのソファを置いてゆったり寛げるリビングを作っています。

開放感を演出するローソファ

リビングのソファは、高さの低いロータイプを取り入れています。間取りに対して大きめのソファサイズでも、ロータイプなら開放感を保つことが可能。ローソファは、部屋の圧迫感が気になる人におすすめのソファタイプです。

ソファ×リビングダイニング12畳

リビングダイニング12畳に、幅1840mmの2.5人掛けソファをレイアウトした実例。高級感を演出できるハイバックソファを中心に、落ち着きのある大人っぽいコーディネートのリビングです。

インテリア性の高いハイバックソファ

ハイバックソファは、存在感があるおしゃれなデザインのソファ。リビングの主役として映える、インテリア性の高いソファタイプです。見た目だけでなく、背もたれにしっかりもたれ掛かって寛げるため使い心地にも優れています。

ソファ×リビングダイニング14畳

リビングダイニング14畳に、幅1530mmの2人掛けソファをコーディネートした実例。間取りに対して余裕のあるサイズのソファを選び、快適な生活動線で過ごしやすい空間作りをしています。

広々としたLDKに馴染むスタイリッシュなソファ

実例のソファは、シンプルでスタイリッシュなデザインのウッドソファを取り入れています。様々なコーディネートに取り入れやすいソファで、広々としたリビングをより居心地の良い印象にコーディネートしました。

ソファ×ワンルーム8畳

ワンルーム8畳に、幅1400mmの片アームソファを設置したコーディネート実例。コンパクトなスペースでも、片アームソファやベンチソファならぴったり置くことができます。両アームソファが置けなくて悩んでいる人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

コンパクトな片肘ソファ

コンパクトなサイズの片肘ソファは、ワンルームや狭い間取りにおすすめのソファタイプです。省スペースに設置できるだけでなく、見た目もすっきりしており圧迫感が出にくいです。引っ越し後はアームがない側にソファを追加し、長く使うこともできます。

ソファ×ワンルーム10畳

ワンルーム10畳の掃き出し窓の前に、幅1850mmの2.5人掛けソファをレイアウトした実例。日当たりの良い場所にソファを設置し、日中を心地よく過ごせる空間を叶えています。

2人掛け以上のゆったりできるソファ

ワンルームでも10畳ほどの広い間取りなら、2人掛け以上のソファもレイアウトしやすいです。引っ越し後や一人暮らしから二人暮らしになっても、そのまま使用できるため長く愛用できます。

【11】間取りの形別におすすめのソファ6選

リビングダイニングの間取りの形別に、おすすめのソファを6選紹介します。縦長や横長、正方形のLDKや扇形の間取りなど、間取りに合った形のソファを置いた実例を参考に、自宅に適したソファを選びましょう。

縦長LDKの間取りと相性が良いソファ

リビングダイニングの入り口から、ダイニングとリビングスペースが縦に続く縦長LDKの間取り。スタンダードな間取りの形に合わせて、ソファもI型の2人掛けサイズを取り入れています。

幅が広いソファが縦長リビングにおすすめ

縦長リビングダイニングは、間取りで見かけることが多く住んでいる方も多いのではないでしょうか。掃き出し窓までの動線を潰さないよう、間取りに沿ったソファサイズ、レイアウトで快適な空間を叶えています。

横長LDKの間取りと相性が良いソファ

リビングダイニングに入ると、左側がダイニング、右側がリビングスペースの横長LDKの実例。ソファの背をダイニングに向け、視覚的にリビングとダイニングをゾーニングするレイアウトが作りやすい間取りです。

部屋の一体感・開放感を保てるローソファがおすすめ

横長LDKの間取りにはロータイプのソファがおすすめ。リビングダイニングを家具のレイアウトで仕切ると、畳数によってはどちらのスペースも狭く見えてしまいがちです。ロータイプなら高さが低く一体感を保てるため、ソファの背をダイニングに向けるレイアウトでも開放感を保てます。

正方形LDKの間取りと相性が良いソファ

正方形の間取りに、2.5人掛けのソファをレイアウトしたコーディネート実例。ソファとダイニングテーブルを横並びにするとスペースが足りなくなってしまうため、ソファをテーブル側に向けて壁付けしています。ソファ前に広いスペースを確保したレイアウトです。

ソファ前にスペースを作りやすいI型ソファがおすすめ

正方形の間取りは、ソファ前に広いスペースを作りやすいという特徴があります。間取りの特徴を活かすために、ソファ前を広く使いやすいI型ソファを設置。足を伸ばしたい時は、オットマンをソファに付けてゆったり寛げるコーディネートです。

細長いLDKの間取りと相性が良いソファ

奥行きが2500mmと細長い間取りにソファをコーディネートした実例。ソファは奥行きが750mmと浅いデザインを取り入れており、掃き出し窓まで十分な生活動線を確保できています。

動線を作りやすいコンパクトソファがおすすめ

十分な動線を確保しにくい細長い間取りや狭い間取りの場合は、奥行きがコンパクトなソファがおすすめです。見た目の圧迫感を抑えられるだけでなく、余裕のある動線を作れるため日々を快適に過ごせます。

L字のLDKの間取りと相性が良いソファ

L字の間取りにL字ソファをレイアウトしたコーディネート実例。部屋の奥側の角にぴったり設置する形で、1.5人掛け+2人掛け+コーナーソファを設置しています。

部屋の角を有効活用できるL字ソファがおすすめ

デッドスペースになる部屋の角を有効活用したい場合は、L字ソファのレイアウトがおすすめ。L字ソファは部屋の角に置きやすい形で、空間を無駄なく使うことが可能です。部屋の角を使えば、ソファをL字に大きく組んでも圧迫感が出にくいです。

扇形のLDKの間取りと相性が良いソファ

扇形のリビングダイニング15畳に、幅2490mmと大きい3人掛けのソファをコーディネートした実例。扇形の部屋をソファ、ダイニング、ラウンジスペースの3分割にして、メリハリのある暮らしがしやすい空間にアレンジしたおしゃれな実例です。

後ろからのデザインがおしゃれなソファがおすすめ

扇形の間取りは、ソファの背面が見えるレイアウトになりやすい間取り。後ろから見ても綺麗なデザインのソファを選ぶことがおすすめです。実例のソファは背面にスリットがあり、重たさを感じさせないおしゃれなハイバックタイプを取り入れています。

間取り別のおすすめソファ実例をもっと見る

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す

    a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。床色はグレーやナチュラルなどを基調とし、部屋のテーマカラーはブラウン、グレー、ブルー等を取り入れています。リビング、ダイニング、1LDK、2LDK、寝室など、一人暮らしや二人暮らし、家族暮らしのライフスタイルに合わせたコーディネートも豊富にご紹介しています。マンション、戸建て、別荘といった住まいのタイプに応じたスタイリングも、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートとして掲載しています。

【12】部屋のテイスト別におすすめのソファ8選

リビングダイニングのテイスト別に、おすすめのソファを8選紹介します。モダンテイストやリゾートテイスト、ナチュラルテイストなど異なる印象を持つテイストに適したソファのデザインを確認できます。おしゃれな実例を参考に自宅のソファを検討しましょう。

モダンテイスト×ソファのコーディネート実例

グレーをベースにしたモダンテイストのソファコーディネート実例。落ち着きがあり洗練された雰囲気が漂うリビングダイニングの主役に、グレーカラーで統一したソファを設置しています。

洗練された雰囲気に合うスタイリッシュなソファがおすすめ

モダンテイストは洗練やシンプルといった、スタイリッシュな印象を持ちます。ソファもテイストの雰囲気に合うシンプルなデザインや、スタイリッシュなデザインがおすすめ。統一感があり居心地の良いコーディネートを作れます。

モダンテイストにおすすめのソファ一覧

リゾートテイスト×ソファのコーディネート実例

リラックス感のあるリゾートテイストのコーディネート実例。明るい内装の開放的な雰囲気に合う編み込みデザインのL字ソファをレイアウトし、ゆったり寛ぎやすい印象のリビングです。

リラックス感のある編み込みフレームのソファがおすすめ

ヒヤシンス素材を編み込んだ、リゾートテイストにぴったりなソファです。リラックス感や開放感を演出したいコーディネートと相性抜群で、特別感のある空間を叶えます。実例ではロータイプのソファを取り入れて、広々としたリビングを作りました。

リゾートテイストにおすすめのソファ一覧

アジアンテイスト×ソファのコーディネート実例

色使いがエキゾチックなアジアンテイストのコーディネート実例。パープルの反対色であるイエローを差し色にしており、カラーコーディネートが参考になるソファです。

編み込みフレームとアクセントカラーのあるソファ

ソファはラタン素材を編み込んだフレームと、アクセントカラーになるパープルのソファカバーでコーディネート。美しい花のような色使いで、非日常的なアジアンテイストを演出しています。

アジアンテイストにおすすめのソファ一覧

ナチュラルテイスト×ソファのコーディネート実例

シンプルなナチュラルテイストのコーディネート実例。無垢材のソファとナチュラルなアースカラーを組み合わせた空間作りで、居心地の良いリビングダイニングを叶えています。

柔らかい印象のある自然素材のソファがおすすめ

ナチュラルテイストは素材感を感じられるコーディネートがポイント。そのため、ソファも自然素材を使用したデザインがおすすめです。ビビットな色はあまり使わず、素材に拘りベーシックなカラーでまとめたソファが馴染みます。

ナチュラルテイストにおすすめのソファ一覧

北欧テイスト×ソファのコーディネート実例

柔らかい優しい雰囲気が魅力的な北欧テイストのコーディネート実例。自然素材と淡いカラーで構成されたソファをレイアウトし、飽きの来ないリビングダイニングです。

北欧らしい優しい色合いのソファがおすすめ

北欧テイストには優しい色合いのソファがおすすめです。北欧カラーといわれる、淡く優しい雰囲気のコーディネートにぴったりです。ソファのファブリックやソファフレームは自然素材が良く、居心地の良い空間を作れます。

北欧テイストにおすすめのソファ一覧

ホテルライク×ソファのコーディネート実例

スタイリッシュで洗練されたホテルライクなコーディネート実例。ハイバックソファを取り入れて高級感をプラスし、旅先のホテルのようにおしゃれなリビングを演出しています。

ラグジュアリー感のあるハイバックソファがおすすめ

ホテルライクのコツは、高級感のある空間づくりです。ソファはラグジュアリーな雰囲気を作れる、ハイバックタイプがおすすめ。インテリア性の高いソファタイプのため、高級ホテルのおしゃれなコーディネートを再現しやすいです。

ホテルライクにおすすめのソファ一覧

和モダンテイスト×ソファのコーディネート実例

床座スタイルで寛ぎやすい、和モダンテイストのコーディネート実例。「床でも過ごしやすい空間」をベースに、座椅子やローソファなど背の低い家具を揃えて統一感のあるリビングダイニングです。

床座スタイルに適したローソファがおすすめ

床座スタイルの和モダンテイストには、高さの低いローソファがおすすめです。床とソファどちらでも寛ぎやすいリビングを作れて、ほっと安心できるコーディネートを叶えられます。

和モダンテイストにおすすめのソファ一覧

ミックステイスト×ソファのコーディネート実例

オリジナリティのあるミックステイストのコーディネート実例。リゾート感がありながら、ナチュラルやシックな雰囲気も感じられる、個性的でおしゃれなリビングダイニングです。

様々なテイストに馴染みやすい無垢材ソファがおすすめ

ミックステイストにおすすめのソファは、様々なテイストに取り入れやすい無垢材タイプがおすすめ。シンプルさが魅力の無垢材ソファは、あらゆるテイストにコーディネートしやすい万能デザインです。単体での買い替えや模様替えもしやすく、選びやすいソファタイプですね。

ミックステイストにおすすめのソファ一覧

テイスト別のおすすめソファ実例をもっと見る

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す

    a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。床色はグレーやナチュラルなどを基調とし、部屋のテーマカラーはブラウン、グレー、ブルー等を取り入れています。リビング、ダイニング、1LDK、2LDK、寝室など、一人暮らしや二人暮らし、家族暮らしのライフスタイルに合わせたコーディネートも豊富にご紹介しています。マンション、戸建て、別荘といった住まいのタイプに応じたスタイリングも、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートとして掲載しています。

おすすめのソファでコーディネートを試せる3Dシミュレーション

a.flatの3Dシミュレーションは、おすすめソファを自宅にレイアウトしたイメージを確認できるサービス。ソファのレイアウトやデザイン、インテリアコーディネートなどを比較・検討できます。理想の空間作りに欠かせない3Dコーディネートサービスをぜひ活用してみてくださいね。

自宅にソファをレイアウトしたイメージを確認できる

3Dコーディネートサービスを使ったソファのレイアウトイメージ。自宅の間取りを10mm単位で、内装も壁や床などを正確に再現できます。ソファのサイズやレイアウト、その他の家具・インテリアコーディネートなど、ソファ選びで不安な点を解消しながら、部屋作りを楽しめるサービスです。

色んなソファやテイストのコーディネートを作れる

a.flatの3Dコーディネートサービスは、展開中の家具・インテリアのラインナップをほぼ全てレイアウト可能。観葉植物や雑貨などの小物も反映できます。ソファを中心に、お気に入りのコーディネートテイストを見つけることができるサービスです。

a.flatの店舗でおすすめソファをチェック

実際にソファを試したい人は、a.flatの店舗でデザインや座り心地をチェックしましょう。a.flatの店舗は目黒通り本店・新宿店・大阪梅田店の3店舗です。スタンダードソファからローソファ、ハイバックソファまで幅広い展示があります。

ソファのシリーズごとの座り心地を確かめられる

a.flatの店舗ではスタンダードタイプ・ロータイプ・ハイバックタイプ・コンパクトタイプの4つのソファシリーズを展示しています。ソファのシリーズごとに座り心地が異なる点が特徴です。異なるシリーズのソファを比較検討し、自分好みのソファを見つけましょう。

自宅にぴったりなソファサイズやタイプを見つけられる

店舗に展示中のソファは、リビングなどの部屋を想定したディスプレイがされています。自宅の間取りに設置したイメージがしやすく、丁度良いソファサイズを見つけやすい店内です。

店舗情報

a.flat目黒通り本店

〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水木(祝日除く)
駐車場1台有(予約制)
■アクセス

都立大学駅から徒歩7分

a.flat新宿店

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火水(祝日を除く)
■アクセス

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat大阪梅田店

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水(祝日を除く)
※駐車場有り
■アクセス

JR大阪駅から徒歩3分
地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ:自分にとっておすすめのソファを見つけましょう

a.flatのおすすめソファやソファの選び方を紹介させて頂きました。ソファはリラックスできて居心地の良いスペースを自宅に作れる家具です。この記事を参考に、自分にぴったりなソファを見つけましょう。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.