• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

二人暮らしを楽しくするソファの選び方~おすすめサイズと厳選ソファ10点のご紹介~

二人暮らしを楽しくするソファの選び方~おすすめサイズと厳選ソファ10点のご紹介~

毎日の暮らしに寛ぎとゆとりを与えてくれるソファ。二人暮らしの家にあるとどんなメリットがあるのでしょうか。このコラムでは二人暮らしをより楽しくするソファの選び方、おすすめのソファサイズと厳選したa.flatのソファを10点ご紹介します。二人暮らしがこれからの方、またされている方はぜひご参考にして下さいね。

二人の時間を充実させる「ソファのある暮らし」

ソファでテレビをみたり、寝転がって休んだり、家族との語りの場に使ったり、ソファでの過ごし方は人によって様々。二人で住む場合にもソファがあるだけで暮らしが充実すること間違いなしです。

二人暮らしにソファを取り入れるメリット

なぜ二人暮らしにソファがあるだけで暮らしが変化するのでしょうか。この章ではソファを置くメリットを3つご紹介します。このメリットを参考にして、ソファを購入する前に二人にとってこのメリットが当てはまるか話し合うことがとても大事です。

ソファが有ると二人がリラックスする空間を作れる

ソファは二人でリラックスできる場所として使うことができます。そもそもソファは、寛ぐために作られていることが多いので、座り心地に優れた物が多いのです。二人でテレビを見たり、お互いの趣味を楽しむ場所として使用することで、二人の関係性にも良い影響を与えるでしょう。

ライフステージが変わってもソファ次第で継続使用できる

ライフステージが変化すると、ソファの必要性も変わってきます。最初は二人掛けで充分でも、家族が増えたり来客が増えると不便に。

ソファと同じ種類のベンチソファとオットマンを増やし、座れるスペースを増やしました。

二人の大切な家族や友人が来た時に団らんしやすい

二人の友人や家族が訪れたとき、床にそのまま座ってもらうよりも、ソファがあった方がリラックスしてもらいやすいです。お互いの緊張をほぐし、コミュニケーションをとる場所としても、ソファは活躍します。

ソファ選びの前に二人で確認したい4つのこと

家具屋に行ったり、ネットをみていると様々なソファがあり過ぎて、どれを選ぶべきか分からない方も多いでしょう。よりどのようなソファの種類が二人に当てはまるのかを知るために、下記の4つの項目を二人でチェックしてみて下さい。

①そもそもソファが必要なのか?

二人にとってソファの需要が無い場合は、リビングにソファを置いていても場所を取ってしまい、購入しても後悔することになってしまいます。二人にとってソファを置くメリットが無い場合は購入しないという判断も必要です。

②どんなソファ・サイズが欲しい?

次はどんなソファが欲しいか、どんなサイズにするのかを相談しましょう。お互いの好みや、置く部屋の大きさによっても置けるソファサイズが決まってきます。

③ソファの座り心地やデザインにこだわりがある?

好みのソファの座り心地やフレームの素材など、デザインにこだわりがあれば最初に話し合っておきましょう。座り心地は、直接店舗に行って一度座ってみることをおすすめします。

④引越し・新居購入の予定はある?

将来引越しや、新居を建てたり購入する予定があるのであれば、解体・組立ができるソファを購入しましょう。組立式でないソファは引越しの際、新居に入らない可能性もあります。

よくある二人暮らしのソファ選びの失敗例

せっかく良いソファを購入しても実際家に設置してみると、予想していた印象と全く違ったりする話も。他にもよく聞くソファの選びの失敗談として、下記のような理由が挙げられます。

■思ったよりサイズが大きかった
■ソファの下にお掃除ロボットが入らなかった
■座面が柔らかすぎた
■個性的な色のソファを選んでしまった

二人暮らしのソファ選びで知っておきたい4つのポイント

ここからは二人暮らしのソファを探していくうえで、知っていればソファ選びもスムーズに進めることができる4つのポイントをご紹介。二人暮らしにおすすめのサイズや座り心地、人気のデザインなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【ポイント1】二人で使うソファのおすすめソファサイズを知る

最初のポイントは、二人暮らしで使用するおすすめのソファサイズを知ることです。二人で使うから、2人掛けソファしか選択肢が無いわけではありません。部屋のサイズやそれぞれの体格によっても変わってくるでしょう。ここでは二人暮らしにおすすめのソファサイズを5つご紹介していきます。

二人暮らしで定番のサイズ「2人掛けソファ」

まずは二人暮らしで定番のサイズ、2人掛けです。座る二人によって、2人掛けで充分な方や、狭いと感じる方も。実際に気になるソファの店舗で、二人で座るとどのような座り心地になるか試しに行きましょう。

2人掛けサイズはこんな二人におすすめ

  • 二人が座ることができるスペースが最低限あれば十分という二人

  • ソファをお部屋に置くのに広いスペースが確保できない二人

  • 極力コストを抑えたい二人

ゆったり二人で座れる「2.5人掛けソファ」

続いては2.5人掛けです。2人掛けより約30㎝程大きくなるのが一般的。一人のスペースが15㎝程ゆとりができるので、よりリラックスした気持ちで過ごすことができます。

2.5人掛けサイズはこんな二人におすすめ

  • 大きすぎず配置しやすいサイズのソファが欲しい二人

  • 余裕をもってゆったり座りたい二人

  • 猫や子犬などのペットとも一緒に座りたい二人

寝ることができる「3人掛けソファ」

2人暮らしで3人掛けソファを使う例も少なくありません。サイズが広くなるので二人で座りやすくなり、一人で使うときは寝転ぶこともできます。ペットと一緒に座ったり、将来小さなお子様と座る時にも十分な広さです。

3人掛けサイズはこんな二人におすすめ

  • 広々としたリビングがあるお家にお住いの二人

  • ソファで横になって眠ることが多い二人

  • よりリラックスして座りたい二人

来客があっても安心な「4人掛け以上のソファ」

続いて4人掛け以上のソファの紹介です。L字型のコーナーソファに憧れを持つ人も多いでしょう。置くだけで存在感があり、その部屋のインテリアの主役になります。

4人掛け以上のサイズはこんな二人におすすめ

  • 友達や家族の来客が多い二人

  • コーナーソファを置いて自宅をホテルのような特別な空間したい二人

  • 座るだけでなく様々な寛ぎ方をしたい二人

2つ並べて使ってもOKの「1人掛けソファ」

最後に1人掛けまたは1.5人掛けソファのご紹介です。贅沢に一人一台ソファに座ればお互いのスペース、時間を大切に出来、ストレス無くお過ごしになれるかもしれません。

1人掛けサイズはこんな二人におすすめ

  • 好きな座り心地やデザインや素材を選びたい二人

  • パーソナルスペースを確保したい二人

  • 寝室など様々な空間でもソファを使いたい二人

ソファを配置する部屋の畳数にあったサイズを選ぶ

■LD8畳に2.5人掛け
ダイニングセットとも程よく距離が離れていて、配置するのに丁度良いソファの大きさです。

■LD8畳に2人掛け+カウチソファ
カウチを置くとダイニングテーブル周辺のスペースが無くなり、生活しにくくなってしまいます。

□【例】LD12畳に2.5人掛け+カウチソファ
2.5人掛け+カウチで脚を伸ばしてリラックスできると同時に開放感もあり、二人にとって居心地の良いリビングになります。

■LD12畳に3人掛け+コーナー+2人掛け
歩くスペースの確保や部屋の圧迫感を抑える為、配置するソファサイズを小さくしましょう。ここでは3人掛けを2人掛けにしたり、2人掛けを1.5人掛けに変化させるだけですっきりとします。

【ポイント2】二人の好みと相性よいソファのタイプ・座り心地を知る

購入するソファサイズが決まったら、次はお互いに合うソファのタイプや二人の座り心地の好みを知ることが大切です。ではソファにはどのようなタイプや座り心地があるのか見ていきましょう。

二人の身長や寛ぎ方から選ぶソファのタイプ

二人の身長や体型からソファを選ぶことは重要なポイントです。お互いが「これだ!」と思うソファに出会えるまで座り心地を試しましょう。ここでは4つのソファタイプをご紹介します。

「ローソファ」好みに合わせて様々な姿勢で寛げる

様々な姿勢で寛げるのがローソファの魅力。通常座りの他に、低い座面を背もたれや肘掛けにしたり、上で胡坐座りをしたり、寝転ぶことも可能です。

ローソファの場合、座や背のクッションが柔らかすぎると安定感が無くなります。そのため、しっかり支えるハードウレタンをベースにした構造がおすすめ。

おすすめコラム

  • ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりと寛ぐ~
    ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりと寛ぐ~

    お部屋を視覚的に広く見せられるのが「ローソファ」の特徴です。開放的な空間を作ってくれるロースタイルだからこそ、他のソファにはない座り心地のポイントがあります。今回は、そのローソファの座り心地のポイントを、a.flatソファのローソファである「ケイ・ローソファ」と一緒にご紹介致します。

「ハイバックソファ」ゆったり座って寛ぎたい二人におすすめ

ソファに座るだけでなく、ゆったり寛げることがハイバックソファの魅力です。胡坐座りや横になって休むなど、二人でお好みの過ごし方を見つけてください。

ハイバックソファを選ぶ際には、腰から背中にかけて安定感のある座り心地のものを選びましょう。座面は柔らかすぎず固すぎないクッションの方が、立ち上がりやすく、座り心地も良いです。

おすすめコラム

  • ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~
    ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~

    背もたれに高さのあるハイバックソファは、体を包み込むようにして支えてくれるので、安定した姿勢で上質なくつろぎを提供してくれます。この「体を包み込むように支える座り心地」のポイントを、a.flatのハイバックソファである「テン・ハイバックソファ」の座り心地と一緒にご紹介致します。

「スタンダードソファ」定番の安定感がある使いやすさ

スタンダードソファはオプションをプラスして好きな姿勢で寛ぐことができます。オットマンで脚を伸ばしたり、ヘッドレストを付けてより楽な姿勢で寛いだりなどお気に入りの寛ぎ方を見つけましょう。

背から腰、ひざ裏にかけて、座り姿勢に沿ってフィットすることが、快適な座り心地につながります。スタンダードソファなら、身長差のある二人でも気にすること無く座ることができるでしょう。

おすすめコラム

  • スタンダードソファの座り心地 ~背もたれの高さ・座面の角度で決まるくつろぎやすさ~
    スタンダードソファの座り心地 ~背もたれの高さ・座面の角度で決まるくつろぎやすさ~

    ソファで快適にくつろぐためには、ソファの背もたれの高さや角度、座面の角度などの座り心地がポイントになります。また、背もたれを高くするなど、自分好みに合わせて使えるオプションも大切です。今回はその背もたれの高さや角度などの座り心地を決めるポイントを、a.flatの座り心地の基準とも言えるスタンダードソファと一緒にご紹介しますので、是非ご参考にしてみて下さい。

「コンパクトソファ」限られた空間でソファ生活を楽しめる

コンパクトソファといえど寝転んだりできるとスペースの限られたお部屋でも有意義な時間を過ごせるので、機能性やサイズなど店舗で試しながら二人の身長や体格に合ったコンパクトソファを探しましょう。

コンパクトな奥行きを実現しながら、座り心地は、クッションは沈みすぎず、硬すぎないしっかりとした安定感のある座り心地のものがおすすめです。

おすすめコラム

  • コンパクトソファの座り心地 ~様々な座り方で安定してくつろぐ~
    コンパクトソファの座り心地 ~様々な座り方で安定してくつろぐ~

    コンパクトソファは、サイズ感を抑えて設計されているので、比較的お部屋に置きやすいソファです。サイズ感を抑えて設計することで、コンパクトソファにしかない座り心地が生まれます。その座り心地のポイントを、a.flatソファのコンパクトソファである「ラン・コンパクトソファ」と一緒にご紹介致します。

座り心地の好みが二人で異なる時はどうする?

夫婦や友達、カップルの二人でも座り心地の好みは人それぞれ。たとえ二人の意見が割れてしまっても、二人が納得いくソファ選びができるように解決策を見ていきましょう。

ソファを硬め・柔らかめで悩む場合

今一度二人で柔らかめ、硬めソファのメリットを確認しましょう。柔らかめのメリットは、身体が沈み込む事でよりリラックス感が出て、固めのメリットは、長時間座ることに適しているので、ソファ上で本やテレビを観たい人には安定感がある座り心地になることがメリット。

どちらかがソファと体格が合わない場合

ソファ選びの中で二人の体格や身長が合わずに、座り心地が決まらない場合もありますよね。その時は一つのソファにこだわらず、お互い好みの一人掛けソファやラウンジチェアを二つ購入することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

~おすすめのa.flat一人掛けソファ~

ソファのオプションで好みの違いを解決する

ソファの座り心地の好みの違いは、ソファに付けるパーツによって解消される場合もあります。使用していくうちに、座り心地の好みが変わったり、寛ぎ方が変わった際にも役に立つでしょう。

~ソファにプラスしてより快適に過ごせるオプション~

足を伸ばせるオットマン

寝姿勢でゆったりと寛げるカウチソファ

L字型ソファを作るためのコーナーソファ

頭と首周りを優しく支えてくれるヘッドレスト

腰を優しく支えてくれるウエストクッション

おすすめコラム

  • 本当に座り心地の良いソファ~自分に合う寛ぎを生むソファの選び方~
    本当に座り心地の良いソファ~自分に合う寛ぎを生むソファの選び方~

    本当に座り心地の良いソファを選ぶには、自分に合ったソファを正しく選ぶことが大切です。座り心地にこだわったソファを知ることで、自分に合う寛ぎ方を生むソファを選ぶことが出来、快適なお部屋作りをすることが叶います。快適なソファで実際に過ごされている実例も紹介しておりますので、コーディネートも一緒にぜひご覧頂きご参考にしてみて下さいね。

【ポイント3】二人暮らしで人気のソファデザインや張り地を知る

ソファのタイプを選んだら次に人気のソファのデザインや張り地を知りましょう。ソファはお部屋の中でも大きい家具で存在感があり、ソファのデザインや張り地でお部屋の印象が決まる場合もあります。二人のお部屋の理想やスタイルに合うものがあれば、ぜひお役立て下さい。

二人の部屋を理想のテイストで演出するソファデザイン

こちらの写真はバリ風にコーディネートされたお客様のリビングの実例です。ソファのデザインを決めてから他の家具をそのソファのテイストに合わせて選ぶと、お部屋に統一感が出ます。この章では他に5つのソファのテイストをご紹介。

モダン×二人暮らしのソファ

モダンインテリアの魅力は、都会的でラグジュアリーな雰囲気と、シンプルな雰囲気が生み出す品の良さの両方を味わえることです。落ち着いたブラウンやグレーなどをソファに取り入れてみましょう。

北欧×二人暮らしのソファ

家の中でも温かみを感じられるような自然素材を使った家具をレイアウトしたシンプルなイメージが特徴のソファがおすすめ。他にもスタイリッシュ・有機的でどこか丸みがあり明るく爽やかな色を取り入れてみましょう。

アジアン×二人暮らしのソファ

アジアンインテリアを自宅に取り入れる最大の魅力と言えば、アジアンリゾートホテルの空気感を気軽に楽しめること。ヒヤシンスやラタンなどの素材をソファに取り入れてみましょう。南国ならではのゆったりとしたリラックスタイムを二人で味わうことが出来ます。

和モダン×二人暮らしのソファ

和モダンとは、日本人が古くから慣れ親しんできた「和」と、現代的な「モダン」を組み合わせたインテリア用語。和室でも洋室でも使えるような自然素材のソファがおすすめです。

カジュアル×二人暮らしのソファ

開放的なラフ感を演出するために、家具は自然素材から作られたものを使うことがおすすめです。明るいカラーのソファやクッションを置くと一層カジュアルさが感じられます。忙しい日々にリラックス感を与えてくれるでしょう。

ソファの張地にもこだわって二人で毎日過ごしたくなる空間に

ソファの座り心地を決めるのはソファの幅や高さ、クッションの中材の種類にもよりますが、ソファの張地も大事なポイントです。ここでは布、合皮、革のソファカバーで何が違うのかを詳しく説明していきましょう。

ファブリックのソファカバー

ファブリック(布地)のソファカバーは中材の柔らかさが伝わりやすいというメリットがあり、触り心地も抜群。季節によって温度の影響を受けにくく、季節を問わずに快適に過ごすことができます。色の種類も多く、カラーコーディネートしやすいです。

合皮のソファカバー

合皮ソファカバーはハリがあり安定感のある座り心地を楽しめます。本革より価格が抑えられ、汚れが付いたら拭くだけとお手入れが簡単。これからお子様が生まれる予定の方やペットと一緒に住んでおられるお2人におすすめです。

レザーのソファカバー

レザーならではの高級感と質感がお部屋に映えます。耐久性が高いのがメリットですが、本革はソファに貼り付けていることが多いので、中材だけを買って交換することができるのか購入時に確認しましょう。

好みの違いが有る時に便利な色替えできるソファ

もし二人で色の好みの違いがあった場合は、季節ごとやソファカバーを洗濯するタイミングで色を変更するのもおすすめ。ソファを選ぶ際は、カバーを気軽にご自宅で変更できるソファタイプを選びましょう。

【夏】奥様は青色が好きなので
夏の間はソファカバーをブルーに変更。

【冬】旦那様は赤色が好きなので
冬の間はソファカバーをレッドに変更。

おすすめコラム

  • おしゃれなソファカバー13選~人気の着せ替えタイプ~
    おしゃれなソファカバー13選~人気の着せ替えタイプ~

    ソファカバーはおしゃれなインテリアに欠かせないアイテムであり、ソファ自体の座り心地や耐久性にも影響します。そんなソファカバーは、掛けるだけのマルチカバーや、そのソファ専用に作られたものまで様々なタイプがあります。a.flatの専用ソファカバーは約100種の中からお好みの生地を選んで作成することが可能。今回はそんなソファカバーの選び方や参考になるコーディネート実例をご紹介します。

【ポイント4】二人のライフステージに寄り添う拡張性のあるソファを知る

組み合わせが自由にできるソファは、豊富なパーツによってサイズや形を変えられるので、ライフスタイルや使用目的の変化に添って組み替えや拡張をすることが可能です。二人暮らしでコンパクトなサイズを購入しても、パーツを買い足して家族暮らしまで使えるサイズにすることもできます。

二人暮らしの時に購入したソファを永く使うには?

二人暮らしのソファを永く使用していくには、ソファサイズを拡張できたり、クッションの中材だけ購入できる、カバーが古くなった際に新しいカバーを購入できるかが重要なポイント。その中でも、引っ越しや家族が増えた際に、サイズを拡張できるというのは大きな利点となります。

後日に拡張できるソファを選ぶのが◎

一度購入したソファをライフステージが変わった時も使用したい場合は、ソファのアーム部分を取外しできて、パーツを買い足せば座面を広くすることができるソファを購入しましょう。ソファを丸ごと購入するよりコストも抑えられます。

【例】12畳の広いワンルームには、組み替えて拡張できる二人掛けのソファを選びました。

空間に余裕がある1LDKへと引越したことで、パーツを追加して三人掛けのソファへと拡張しました。

ライフステージの変化に合わせたソファ拡張例

ライフステージの変化に合わせ、実際どのようにソファを拡張するのか、ここではコンパクトなソファを例に3つの拡張ケースを見ていきましょう。

Case1: 2人掛けソファ⇒カウチを追加してカウチセットに

2人掛けソファ両アームを購入。

カウチベンチを追加で購入。

アームを付け替えて右側をカウチセットに。

左側にカウチを付けることも可能です。

Case2: 2人掛けソファ⇒コーナーを追加してコーナーセットに

2人掛けソファ両アームを購入。

左アームを外す。

コーナーパーツと2人掛けベンチを購入。

5人ほどで掛けられるL字のコーナーセットへ。

Case3: 2人掛けソファ⇒ソファダイニングを追加してマルチに暮らせる空間に

二人掛け片アームソファを購入。

ソファダイニングテーブルとオットマンを追加購入。

ロングセラーのソファを選ぶことで追加やメンテナンスも安心

ロングセラーのソファは、質も安全性も高いものが多いです。購入後のパーツ追加やメンテナンスのサポートもきちんとある家具屋のソファを選ぶと、気に入った物を永く愛用できるでしょう。

関連コラム

二人暮らしにおすすめのa.flatソファ10選をご紹介

ロングセラーのa.flatソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、一台一台手作業でつくられます。二人でリゾート地にいるかのような特別な時間を過ごして頂けるおしゃれなソファ10商品を見ていきましょう。

おすすめソファ1:セイル・ローソファ

広大な海を行く帆船のデザインからインスピレーションを得た、セイル・ローソファ (GB)。風に乗って大海原を軽やかに進むかのような開放感のある空間を演出してくれます。涼しげな海や青空のブルーをイメージしたコーディネートともよく似合い、リゾート感が溢れる爽やかな部屋づくりができるローソファです。

このローソファのおすすめポイント

座面の高さは通常のソファより低めの33㎝設定。お子さまがいるご家庭や、床に座って過ごすことが多い方にもソファの暮らしを取り入れやすいロータイプのソファです。

アーム部分には綺麗な弧を描く曲線のデザインを採用。帆船のような優しい丸みを表現しました。無垢材ならではの温もりや木の素材感を感じるアームです。

セイル・ローソファは後ろから見ても美しく、抜け感のあるデザインも魅力の一つです。背面に走る一本のスリットによって、ロータイプのデザインがよりスタイリッシュで開放的な印象に。

セイル・ローソファはアームの着脱機能も備えているため、ライフステージの変化に合わせて組み替えや拡張ができ、二人暮らしから家族暮らしまで永く使って頂けます。

セイル・ローソファはこんな二人におすすめ

セイル・ローソファは、部屋を広く開放的に見せたい二人や無垢材の温もりをお部屋に取り入れたい二人におすすめです。海が見える別荘やセカンドハウスなど、非日常感のある空間ともとてもよく調和します。

二人暮らしのセイル・ローソファ使用例

柔らかいカラーのクッションやラグが曲線的で優しいセイル・ローソファによく合った実例。リゾートホテルで見られるデイベッドのように、ゆったり脚を伸ばして過ごせるカウチセットは二人で寛ぐリラックスタイムにぴったりの組み合わせです。

こちらはセイルと相性の良いブルーのクッションにしたリビングダイニング実例。3つのソファで構成されているコーナーセットのため、1.5人掛けのベンチをセパレートすることで、寛ぎ方の幅が広がります。普段は二人で使用し、ゲストが来た時や過ごし方に合わせて配置を変えてみましょう。

おすすめソファ2:ケイ・ローソファ

「一人暮らし、結婚、家族までのライフステージを受け継ぐ」をコンセプトに生まれたケイ・ローソファ (ヒヤシンス)。部屋を広く見せる開放的なロー&ワイドなデザインと、自然素材を使ったフレームが癒しのアジアンリゾート空間を演出してくれます。

このローソファのおすすめポイント

座面の高さは通常のソファより低い33㎝に設定。ペットや小さなお子様にも上りやすい高さで、床とも距離が近いのでケガのリスクも減り安心です。

様々な姿勢で寛げるのもケイ・ローソファの魅力。日本人の体型に合わせたバランスの良いサイズ感と、ゆったりと体をゆだねられる座り心地を追求しました。

ケイ・ローソファのアームはラタンやヒヤシンスを丁寧に編み込んだ癒し感のあるデザインが魅力です。また、自然な素材感をモダンな印象としても演出できるように、直線的なアームデザインを採用しました。

ケイ・ローソファは後ろから見ても美しく、抜け感のあるデザインも魅力の一つ。背面も丁寧に編み込んだ自然素材によって、部屋に空間置きしても圧迫感なくおしゃれに演出してくれるでしょう。

~ ケイ・ローソファ シリーズで選べる3つの素材 ~

ケイ・ローソファはこんな二人におすすめ

ケイ・ローソファはお部屋に圧迫感を出したくない二人、アジアンリゾートや非日常感をお部屋に出されたい二人にとてもおすすめです。ヒヤシンスやラタンを使ったフレームは環境にもやさしく、見ているだけでとても癒されますよ。

二人暮らしのケイ・ローソファ使用例

川が見えるお部屋で涼しげなブルーで統一し、リゾート感を演出しやすいヒヤシンス素材のケイ・ローソファをチョイスされた実例です。2人掛けにコーナーとオットマンを付けてカウチ風に。二人でゆっくりとテレビや景色を楽しむことができます。

都会の洗練されたリビングダイニングの実例です。モノトーンカラーコーディネートは、白黒の配分によっては圧迫感のあるお部屋に見えてしまう場合も。背の低いローソファを合わせることで空間に抜けが生まれるため、圧迫感を軽減してくれます。

おすすめソファ3:ウッド・ソファv02

無垢材の素材感とスタイリッシュなデザインが美しい、ウッド・ソファ。落ち着きのあるダークブラウンのフレームカラーが、モダンなアジアン空間など様々なイメージに調和します。シンプルなデザインを追求して、座り心地にもこだわったソファで二人で優雅な時間を過ごせるでしょう。

このソファのおすすめポイント

座面から背もたれまでの高さは45㎝。肩までしっかりと支えてくれるサイズです。厚みと安定した弾力性がある背と座のクッションが、身体全体をしっかりと支えてくれます。

ウッド・ソファは木の素材感を取り入れながら、重く見えすぎない開放感・抜け感なども考慮した、バランスの取れたデザインが魅力です。特に直線で構成されたアーム部分の美しさにこだわりました。

ソファ職人と何度も検証を重ね、座面と背もたれのベストなバランスを追及。3度に傾斜した座面や、程よい硬さのクッション材によって、ゆったりリラックスできる「快適な座り心地」を実現しました。

「後ろから見ても美しいデザイン」のウッド・ソファv02。部屋の様々な場所にレイアウトしても、開放感があって美しく見える点が大きな魅力です。

ウッド・ソファv02ソファはこんな二人におすすめ

ウッド・ソファv02はスタイリッシュでシンプルなデザインのソファをお探しの二人におすすめです。シンプルの中にもアームや背面など見た目も美しいので、二人のお部屋が一段とおしゃれに見えることでしょう。

二人暮らしのウッド・ソファv02使用例

シンプルなテイストにしたい二人におすすめのソファコーディネートです。ウッド・ソファv02のダークブラウンカラーをはじめ、テレビボードやテーブルなど他の家具の色も統一することで、シンプルな中にもアクセントをつけ、モダンな雰囲気にもなりました。

バリ島のような雰囲気のお部屋にした二人の実例です。素材選びや色使いにこだわることで、バリのアジアンリゾートを再現し、自然の温かみを感じながらリラックスできるお部屋としてコーディネートされています。ソファのアームの抜け感でアジアの風が通り抜けるようなリビングコーディネートの出来上がり。

おすすめソファ4:ラン・コンパクトソファ

程よい傾斜がついたアームは寄り掛かりやすく、腕を掛けたり、アームを背にして座ったり、狭いリビングダイニング・二人暮らしワンルームのお部屋でも様々な寛ぎ方ができます。

このコンパクトソファのおすすめポイント

2.5人掛け 両アームは、幅180㎝、座面130㎝の大人2人で座ったり、大人2人と小さなお子さま1人の計3人が座れるソファです。

フレームの背もたれ側と同じ形にすることによって、他のパーツと組み合わせてL字のコーナーソファが作れます。

ラン・コンパクトソファには、左右片アームやコーナー、ベンチなど様々な種類があるので、組み合わせて拡張することが可能です。

ソファダイニングテーブルとラン・コンパクトソファを組み合わせれば、リラックスしながら食事も可能な「ソファダイニング」の暮らしも手に入ります。

~ラン・コンパクトソファ シリーズで選べる3つの素材 ~

ラン・コンパクトソファはこんな二人におすすめ

浅い奥行きも魅力のラン・コンパクトソファ。二人暮らしを始めるお部屋が広くなくても、開放感を出してくれるソファです。いろいろな組み合わせもできるので将来今より大きな部屋に引っ越したら、パーツを追加してL字にすることも可能なので、将来新居購入などをお考えの二人におすすめ。

二人暮らしのラン・コンパクトソファ使用例

ナチュラルなアースカラーで統一したリビング実例。ラン・コンパクトソファ片アームの2人掛けは、片側に抜けがあるすっきりとしたアシンメトリーなデザインが特長です。サイドテーブルもアームが無いことで置きやすく、空間もスッキリ見えます。

2人掛け片アームとコーナーセットをカフェテーブルの前に設置した実例です。爽やかなブルーのソファカバーとクッションでコーディネート、ラン・コンパクトソファなら限りあるスペースでも生活動線を確保しながら、二人でゆったり寛ぎながら食事もできるお部屋になります。

おすすめソファ5:シン・ソファ

天然のヒヤシンスやラタンを丁寧に編み込み、快適な座り心地と機能性を実現したシン・ソファ。スタンダードな座り心地で、リゾートホテルのような非日常感のあるイメージで部屋作りができるソファです。

このソファのおすすめポイント

シン・ソファはアームの奥行を短くして、その分だけ座面幅を広くしました。開放的な見た目に加えて、座った際にはゆとりを感じやすく、横になった際は脚を伸ばしやすいなどの便利さも併せ持ったソファです。

外への抜け感があるセットバックされたアームのデザインが窓際などにレイアウトしても空間に開放感をもたらします。手触りや身体への感触を優しくするため、アームの内側がゆるやかなカーブ状に。

ソファ職人と何度も検証を重ね、座面と背もたれのベストなバランスを追及。人間工学に基づいて4度に傾斜した座面や、程よい硬さのクッション材によって、ゆったりリラックスできる「快適な座り心地」を実現しました。

背もたれクッションが肩甲骨のあたりまでしっかり支えることで、常に良い姿勢を保ってくれ、男性や体格のある方でも肩甲骨のあたりまでしっかり支えてくれます。

~シン・ソファ シリーズで選べる3つの素材 ~

シン・ソファはこんな二人におすすめ

シン・ソファは安定した弾力性を実現し、厚みのある背と座のクッションが、身体全体をしっかりと支えてくれます。程よい硬さの座り心地が好きな二人、長時間テレビや映画を一緒に観たい方におすすめのソファです。オットマンを置いてカウチのように脚を伸ばすこともでき、より充実した二人の時間になるでしょう。

二人暮らしのシン・ソファ使用例

ハワイのようなスローペースな雰囲気を表現するには、開放感のあるレイアウトが欠かせません。ソファの前にはローテーブルを置かず、サイドテーブルにしスッキリした見た目に。ヒヤシンスのシン・ソファがよりリゾートらしさを出してくれています。

木々や大地の自然を感じさせるブラウンは、二人のお部屋に温もりや居心地の良さを与えてくれます。また、自然の心地よさと座り心地のよさを両方取り入れるのに、ラタンのシン・ソファ3人掛けを選びました。ラタンのダークブラウンの色とラタンの素材感が統一された空間の良いアクセントに。

おすすめソファ6:テン・ハイバックソファ

「こだわりの無垢材デザインと上質な座り心地」を追求したテン・ハイバックソファ。美しい曲線のアームデザインは、無垢材ならではの存在感と温もりを味わえます。快適な座り心地にもこだわった、お部屋を極上の寛ぎ空間に導いてくれるソファです。

このハイバックソファのおすすめポイント

座面から背もたれまでの高さは52cm。肩から首までしっかりと支えてくれるサイズで、包み込むような感触でしっかりと体を支えてくれます。

インダカ無垢材は、アジアらしいダイナミックな木目が特長。また、素材感を生かしたオイルステインの仕上げにより、時を重ねるごとに経年変化を楽しめます。

まさに「腰から肩・首までやさしく支える心地よさ」を実現したソファ。思わずうたた寝してしまうほどの極上の座り心地、是非体感してみてください。

テン・ハイバックソファはアームの着脱機能も備えているため、ライフステージの変化に合わせて組み替えや拡張ができます。一人暮らし~家族暮らしまで永く使えるソファとともに過ごしてください。

テン・ハイバックソファはこんな二人におすすめ

テン・ハイバックソファは、座り心地にこだわる二人におすすめ。一人一人座面がセパレートになっているので、相手に干渉せずゆったりお寛ぎ頂けます。見た目のデザインもこだわりが詰まっているので、お部屋の主役になること間違いなしです。

二人暮らしのテン・ハイバックソファ使用例

無垢材の温もりと赤色が良く合ったリビングの実例。無垢家具で部屋を揃えた場合、一見重く見えがちですが、抜け感や曲線の有るデザインとロータイプのテン・ハイバックソファを選ばれたことで、部屋全体がスッキリと見えています。

リビングに置いたソファセットは、ブラウンを基調に差し色を入れる王道のリゾートスタイルです。自然の呼吸を感じるられる無垢材アームのテン・ハイバックソファを大きくL字に組む事で「ゆとり」を生み、高級感と安らぎを演出しています。

おすすめソファ7:ウッド・ラウンジチェア

安楽性の高いヘッドレストと無垢材フレームで構成された線の細いデザインが特長のウッド・ラウンジチェア。二人で使用したり、一人の特等席としても使えます。抜けを感じるスタイリッシュな佇まいのデザインで、座り心地も抜群です。

このラウンジチェアのおすすめポイント

大きく後ろに傾斜した座面に座ることで、後ろにもたれかかる姿勢に。その背中や肩、そして頭までを背クッションとヘッドレストがやさしく包み込むと同時にしっかりと支えてくれることで、極上の座り心地が実現します。

手すり部分に腕を休めてゆったりくつろげるのがアームチェアの魅力。部屋の主役となるおしゃれなアクセントチェアを置くだけで、簡単にセンスの良い空間作りが叶います。

さらに座面の下にはウェービングテープが縦横に張り巡らされています。よりお尻の形に沿ってウレタンが沈み込んでくれるため、体圧分散性に優れたラウンジチェアです。

さらにオットマンと組み合わせると、より安楽性を追求したラウンジチェアセットの完成。足先を上げていることで血流が良くなり、脚がむくみにくくなります。

ウッド・ラウンジソファはこんな二人におすすめ

ウッド・ラウンジチェアは、ソファより楽な体勢で過ごしたい、二人で暮らしていても一人の空間も大事にされたい方におすすめ。2台並べて二人で寛げる空間を作るのも良いでしょう。

二人暮らしのウッド・ラウンジチェア使用例

大人の上質な空間のインテリア実例です。ソファやラウンジチェアをグレージュのカバーとパープルのクッションでコーディネートすることにより気品溢れる雰囲気に。ウッド・ラウンジチェアやソファに座って、二人やご友人とも会話やテレビを観ることを楽しめるでしょう。

こちらもソファと合わせたカラーでウッド・ラウンジチェアをコーディネート。家具をダークブラウンで揃え、統一感を出し、二人だけではなく大人数の知人とも団欒を楽しめるリビングとなりました。

おすすめソファ8:ムン・ラウンジチェア

やさしい光を放ちながら夜空に浮かぶ「月」をテーマにデザインしたムン・ラウンジチェア。体をやさしく包み込む上質な座り心地とデザイン性の高さを兼ね備えたラウンジチェアが二人のリラックスタイムをより豊かな時間にしてくれます。

このラウンジチェアのおすすめポイント

やさしい弧を描いた背もたれとボリューム感のある背クッションが特長。ラウンジチェアらしい、後ろにもたれかかるような座り心地を実現しました。

体を安心して預けられる座面と背もたれのボリューム感や包まれるような感触にもこだわり、身体が適度に沈み込む上質な座り心地を堪能できます。

ラウンジチェアはソファダイニング用のアームチェアとしても活躍します。ラタン素材のソファと合わせて、統一感のあるソファダイニング空間を楽しんでください。

ムン・ラウンジチェアは海沿いのような、開放的な空間にも相性抜群です。写真のようにカバーを変えれば沖縄のような澄んだブルーに包まれた空間を演出できます。

~ムン・ラウンジチェアシリーズで選べる3つの素材~

ムン・ラウンジソファはこんな二人におすすめ

ソファの横に置いて、来客時にはお客様がソファに座り、ご自身はラウンジチェアに座ることでスムーズにおもてなしができますので友達などをよく招きたい二人におすすめです。また二つ並べ、それぞれのスペーズで腰掛けて、個々の時間を楽しむこともできます。

二人暮らしのムン・ラウンジチェア使用例

ラン・コンパクトソファのヒヤシンスとムン・ラウンジチェアの組み合わせの実例です。サンセッドのような赤色とヒヤシンス素材はテレビボードや収納棚の無垢材とも相性抜群。

旅館の縁側のようにゆったりとお過ごしできるラウンジチェアを置いて、二人でお庭の景色を楽しむことができます。チェアカバーは落ち着きあるレッドに変えることで、縁側にも華やかさが生まれ、間にはサイドテーブルを置いてお酒やちょっとしたおつまみを置いて二人で晩酌タイムを作るのも良いですね。

おすすめソファ9:ガーデン・ソファ

直線のみで描いたモダンで洗練されたスクエアデザインが魅力のガーデン・ソファ。強い日差しや風雨による劣化を気にせず、屋外に一年中置いておける耐久性と美しさを兼ね備えた高品質の屋外用家具です。

このソファのおすすめポイント

強い日差しによる熱や風雨による色褪せに強く、耐久性に優れた特殊な高密度ポリエチレン素材を採用。高密度ポリエチレンはリサイクル・焼却・人体への影響など、最も優れた特性と安全性を併せ持つ樹脂です。

耐化学薬品テストをクリアした耐溶剤性などを兼ね備えた高機能素材です。万が一、汚れても水洗いするだけでいつも清潔に保つことができ、メンテナンスの必要もほとんどありません。

雨が降っても雨が生地に浸み込みにくく、大きな水の粒がコロコロ転がるほどの強力なエクストリーム撥水加工を施しています。

カバーはファスナー式で、簡単にカバーの着脱が可能。ご自宅で洗濯もして頂けます。

ガーデン・ソファはこんな二人におすすめ

ガーデン・ソファは、お家にある程度の広さのベランダやテラスがある、外でお食事をとったり、日光を浴びながら自然を感じたい二人にとてもおすすめです。引っ越しなどを機に、新たに外で過ごす習慣ができれば二人の時間もさらに楽しくなることでしょう。

二人暮らしのガーデン・ソファ使用例

広々と座れる2人掛けソファと、美しい曲線を描いたコーヒーテーブルを合わせました。ソファ上のクッションのカラーを変えるだけで印象も変わるので、季節ごとに変えたりすると飽きが来ずガーデンライフを二人で楽しんで頂けます。

こちらはガーデン・ソファ1人掛けを二台並べて、一人一人が自分のスペースで寛げるようになっています。他にテーブルやオットマンのガーデン家具をお庭にたくさん置いてバーベキューなども二人やお友達と楽しめそうですね。

おすすめソファ10:ガーデン・コンパクトソファ

奥行きの浅いコンパクトなサイズが魅力のガーデン・コンパクトソファ 2P片アーム。他のサイズと自由に組み合わせ可能な点も魅力で、限られたスペースでも二人で寛ぐのにぴったりなコンパクトソファです。片アームまたはベンチタイプからお選び頂けます。

このコンパクトソファのおすすめポイント

耐熱温度は130℃~マイナス70℃までOK。あらゆる厳しい環境下でも使用できる高い耐久性も魅力です。お食事を外で楽しんで頂けます。

クッションは、通水性と通気性が高いため乾き易く、雨に濡れても劣化しにくい素材。さらに防カビ加工を施しているため、一年中屋外で使用が可能。

2Pベンチと組み合わせて贅沢にL字に組めば、片アーム部分をカウチ使いにして脚をゆったり伸ばせます。(写真は2P右アーム+2Pベンチ)

オットマンは横付けも可能。アームのクッションを枕代わりにし、脚を伸ばして心地よく昼寝したい時におすすめです。(写真は2P右アーム+オットマン)

ガーデン・コンパクトソファはこんな二人におすすめ

ベランダやテラスが狭いと屋外用家具を置くのを諦めてしまう方もおおいかもしれまでんが、コンパクトサイズなら幅が140㎝、奥行きが75㎝しかないので省スペースにおすすめの大きさです。

二人暮らしのガーデン・コンパクトソファ使用例

ガーデン・コンパクトソファは、奥行きが75㎝とスリムなデザインのため、マンションのバルコニーにも置いてアウトドアリビングのある暮らしを叶えることができます。座って外の空気を感じれば、二人で行ったリゾート地で過ごした特別な時間を思い返すことができるでしょう。

片アームのコンパクトソファを二人がゆったりとそれぞれに座れるように配置しました。ガーデン・スツールやコーヒーテーブルも置いて飲食や読書などもお楽しみ頂けます。2台のソファを組み合わせ、一人が脚を伸ばして寝ることも可能です。

a.flat店舗で二人暮らしのソファを体感しながら選ぶ

現在はネットで買い物することが主流になっていますが、購入した後に思っていたものと違い後悔してしまうことはありませんか?二人で使用するソファなどの大きな家具は、一度実際に座ったり寝てみたり、サイズ感を直接確認することが大切です。

店舗のディスプレイで二人暮らしのソファをチェック

a.flat店舗では、ソファの展示があり、ご希望のサイズの展示があるかのお問い合わせも受け付けております。家具やコーディネートに詳しい店舗スタッフにお気軽にお尋ね下さい。

3D家具配置シミュレーションサービスで二人暮らしの部屋をイメージする

頭の中だけでお部屋のイメージを膨らませるのは意外と難しいもの。そこでおすすめなのが、お部屋のイメージを再現することのできる3Dシミュレーションソフトの利用です。家具、内装、インテリア装飾を組み合わせた際の完成イメージをバーチャルで確認することで、安心して二人のお部屋にぴったりのソファを選ぶことができるでしょう。各店舗にてご予約受け付けております。

まずは、図面を元に間取りを作成します。床や壁、建具の色も再現できるため、事前に自宅の床や壁の色をチェックしておきましょう。

次に、家具やインテリア雑貨を配置していきます。ソファやクッションカバーの色も変えられるため、色々試して好みの組み合わせを探していきましょう。

a.flatの店舗一覧

a.flat 目黒通り本店
東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat 新宿店
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜、水曜(祝日を除く)

a.flat 大阪梅田店
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

おすすめコラム

まとめ

二人で使うソファ選びの特集はいかがでしたか。これらのポイントをふまえて、二人にとってより良いソファを探せるようにたくさん話し合うことが大切です。お気に入りのソファを取り入れたリビングで有意義な時間が過ごせるように、このコラムをぜひ参考にしてみて下さいね。

関連コラム

  • 狭いリビングに置くソファの選び方~狭く見せないレイアウトのコツ&実例集~
    狭いリビングに置くソファの選び方~狭く見せないレイアウトのコツ&実例集~

    ソファはリビングに欠かせないアイテムですが、ソファを置くにはある程度のスペースが必要なため、10畳以下の狭いリビングでは寛げるソファを置くのは難しいと考えている方も多いかもしれません。しかし広さや生活スタイルに適したソファを選び、尚且つお部屋を狭く見せないようにレイアウトを工夫することで狭いリビングでもソファを置くことはできるのです。そこで今回は狭いリビングに置くソファの選び方やレイアウト方法を実例と共にご紹介します。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.