• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

快適なリビングづくりはソファ選びから ~リビングに合うソファのサイズ・レイアウト実例を紹介~

快適なリビングづくりはソファ選びから ~リビングに合うソファのサイズ・レイアウト実例を紹介~

ソファはリビングの快適性を高め、より過ごしやすい空間を叶える家具。しかし、ソファはサイズや種類が豊富にあり、自宅のリビングに合うものを探すのは大変ですよね。今回のコラムでは、自分にぴったりなソファが見つかるように、リビングの畳数やライフスタイルに適したソファの選び方を紹介します。

リビングのお気に入りソファを選ぶ時に大切なこと

快適なリビング作りには、ソファ選びが重要です。快適性やデザインはもちろん、ソファダイニングやコンパクトなソファなど、お部屋の環境に合わせた選択が大切。また、ソファを置かないスタイルも一つの選択肢として考えられます。自分のライフスタイルに合ったソファを見つけましょう。

ソファはリビングにあった方がよい?

快適なリビングを作りたい場合に、ソファは必要性の高い家具と言えるでしょう。ソファがあればリラックスして寛げる空間を作れますし、家族が集まる憩いの場にもなります。ソファはリビングでの時間が充実し、居心地の良い家を叶える家具です。

リビングにソファを置く方が多い5つの理由

リビングにソファを置く理由は様々ですが、中でも代表的な5つのメリットを紹介します。ソファをリビングに設置すれば、さまざまな面で快適性がアップするため、より過ごしやすい空間を作れますね。

①家族や一人で寛ぐスペースがリビングに生まれる

リビングにソファを置くことで、家族が集まりやすい寛ぎの空間を作れます。また、一人で過ごす時にも、ソファはリラックスできる場所をとして活用できますね。リビングにソファがあれば、日々の疲れを癒すくつろぎの時間がより豊かなものになるでしょう。

②リビングに知人やゲストを招きやすい

リビングにソファを設置すれば、人が座れるスペースを確保できるので来客を招きやすくなります。ゆったり寛げる場所を来客に提供できて、友人や恋人、家族に居心地よく過ごしてもらえますね。

③リビングの見栄えやインテリア性がアップする

ソファはリビングのインテリア性をアップさせ、おしゃれな空間づくりができる家具。自分が好きなデザインのソファを見つけて部屋に取り入れたり、ソファを中心としたリビングのインテリアコーディネートを楽しめます。

④ベッド代わりとして使える

リビングにソファがあれば、昼寝をしたり来客用の簡易的なベッドとしても活用可能です。ソファに座るだけでなく、横になってリラックスできるスペースも作れるので、ソファがないリビングよりも過ごし方の幅が広がります。

⑤腰痛の方や高齢の方は立ち座りしやすい

ソファは座る位置が床から30~40cm程高くなります。床に比べて立ち座りが容易になるので、腰痛の方や高齢の方も快適に過ごせるリビングを作れますね。また、ソファアームは立ち座りの支えになり、身体に負担がかかりにくいです。

ソファをリビングに置くデメリットは?

ソファをリビングに置くデメリットは、スペースを取ることと、ソファサイズやレイアウトの仕方によっては圧迫感のある部屋になってしまうことです。ただし、適切なソファサイズや配置場所を選べば、そのようなデメリットは解消できます。

自宅リビングにぴったりのソファを選ぶ4つのポイント

自宅のリビングに合うソファ選びのポイントは、大きく分けて4つあります。ひとつひとつのポイントを解説しますので、ソファを選ぶ際の4つのポイントを確認して、理想のリビングを叶えましょう。

【1】ソファのサイズとリビングに置ける畳数の目安を知る

リビングの畳数に対して、目安になるソファサイズを把握しましょう。リビングスペースに対して小さすぎたり、大きすぎるソファだとバランスが悪く見え、寂しい印象や圧迫感のある空間になりがち。畳数に対して丁度いいソファサイズを選べば、過ごしやすいリビングを叶えられます。

リビング12~14畳とソファサイズの相性

リビングダイニング12~14畳があれば、2.5~3人掛けソファがレイアウト可能です。ある程度大きいサイズのソファを置けるので、コーディネートの自由度が高い畳数と言えます。

リビング12畳と相性の良いソファサイズ(2.5~3人掛け)

12畳のリビングには、2.5人掛けから3人掛けのソファがバランスよくレイアウトできます。ソファのサイズ感が間取りに対して広すぎず狭すぎず、過ごしやすいリビングダイニングを作れますね。

リビング14畳と相性の良いソファ(2.5~3.5人掛け)

14畳のリビングスペースがあれば、2.5から3.5人掛け、L字タイプの大型ソファがレイアウト可能です。広々とした座面でリラックスして寛げるソファサイズで、家族が集まる団らんスペースを叶えられます。

オットマンを活用すると来客時に対応しやすい

ソファにオットマンを組み合わせることで、来客に対応しやすいリビングを作れます。オットマンは座るスペースとして使ったり、ソファに付けてカウチのように脚をのばして寛いだりと、フレキシブルに使えるアイテムです。

狭いリビング8~10畳とソファサイズの相性

8~10畳のコンパクトなリビングには、2~2.5人掛けのソファが丁度良いでしょう。大きいサイズのソファを設置したい場合は、他の家具との兼ね合いを考えて検討すると失敗しにくいです。

リビング8畳と相性の良いソファ(2人掛け)

リビング8畳にレイアウトするソファサイズは、1~2人掛けがおすすめ。幅150cmまでを目安に検討しましょう。実例の8畳縦長リビングダイニングでは、幅153cmの2人掛けソファと幅95cmの2人掛けダイニングテーブルをゆったりレイアウトできていますね。

リビング10畳と相性の良いソファ(2~2.5人掛け)

実例のコーディネートは、幅185cmのソファと幅120cmのダイニングテーブルを同じ空間にレイアウトしています。10畳のリビングがあれば、2~2.5人掛け程のソファをレイアウト可能です。ゆったりサイズのソファを置けるため、寛ぎやすい空間を作りやすい間取りですね。

小さいリビングは片アーム・アームレスのソファがおすすめ

コンパクトなリビングの間取りでは、2人掛け程度のソファをレイアウトすると圧迫感を感じてしまうことも。そんな時におすすめなのが、片アーム・アームレスタイプのソファ。アームがない分省スペースに設置しやすく、見た目にもすっきりした印象を与えてくれます。

広いリビング16畳以上とソファサイズの相性

16畳以上の広いリビングであれば、ソファのサイズや組み合わせパターンも自由に決められますね。ソファを大きくL字に組んだり、カウチやオットマンを追加して快適なリビングを作りやすいです。

リビング16畳と相性の良いソファ(4~5人掛け)

16畳の広々としたリビングに、L字ソファを大きく組んだレイアウト。家族でゆったり過ごせて、来客も気軽に呼べるリビングを叶えています。また、テーブルはあえて置かずお子さまが思いきり遊べる空間に。3人以上の家族暮らしで快適に過ごせるコーディネートですね。

リビング20畳と相性の良いソファ(5~6人掛け)

こちらも20畳の広いリビングを使い、大きめのL字ソファを贅沢にレイアウトした実例。大人数で団らんを楽しめるリビングを作りました。ハイバックソファのレイアウトで、より寛ぎ感のあるコーディネートを叶えています。

広々としたリビングだから可能なソファの組み方

コの字型のレイアウト

カウチとオットマンを組み合わせた、3人掛けソファをリビングにレイアウト。2人がどちらも足を伸ばして寛げる、贅沢なソファスタイルです。また、オットマンをソファから離して単体で使うことも可能で、大人数でも寛ぎやすいレイアウトですね。

対面ソファのレイアウト

2人掛けサイズのソファ2台を、対面させたリビングのレイアウト。コミュニケーションが取りやすいレイアウトで、団らんの場を作りやすいですね。2台のソファが離れているため距離感が程よく、来客を呼んで過ごしやすいレイアウトでもあります。

【2】過ごし方に合わせたリビングソファのレイアウトとコツ

リビングのソファ選びは、過ごし方に合ったソファタイプを選ぶことも重要。テレビ鑑賞やゆったり寛ぐために
ソファを使うなど、過ごし方は人それぞれですよね。この章では、そんな過ごし方に適したソファタイプを紹介します。

A:リビングのソファ前にテレビを置くときのレイアウト

テレビを快適に楽しむためには、ソファとテレビのレイアウトバランスが重要。特にテレビ鑑賞をよくする方は、重要視したい部分ですね。ソファに座ってテレビを見やすい距離感や、高さ関係を確認しましょう。

テレビとソファの適切な距離感を知る

一般的に、テレビとソファの適切な距離は画面の高さ×3倍の距離といわれています。なので、それを目安に自分が見やすい距離に調整すると良いでしょう。この距離感を把握していれば、自宅のリビングに置けるテレビのインチもある程度絞れますね。

リビングで見やすいテレビの高さ・目線の位置とは?

リビングのソファからテレビを見やすい高さは、平行から下方約15度までを目安に調整しましょう。テレビを見上げる姿勢や極端に見下ろす姿勢だと、首や身体に負担がかかるため注意が必要です。

B:ストレスの少ないソファ周りの生活動線を整えたレイアウト

生活動線とは、人が室内を行き来するための通路幅・スペースのこと。ソファでリラックスできるリビングづくりには、ストレスのない余裕のある生活動線の確保が必要です。ソファ周りの生活動線を整えて、快適なソファライフを叶えましょう。

ソファ周りは最低でも60㎝は空ける

人が一人スムーズに通れる生活動線の目安は60cm。リビングの特にソファ周りは、頻繁に行き来する部屋でもあるので最低60cm以上の確保が理想です。二人がすれ違ったりする場合は、90~120cmの生活動線があると快適で、生活動線をひとつの基準にしてソファサイズを選ぶと過ごしやすいリビングを作れます。

背面に通路・階段がある位置は避ける

ソファのレイアウトは、特に問題がなければ背面を壁付けする配置がおすすめです。ソファ背面が通路や階段になるレイアウトは、部屋の行き来がしにくくなってしまうためなるべく避けましょう。部屋に入って目の前がソファ背面だと、行き止まり感が強く圧迫感を感じてしまう原因にもなります。

C:ソファ+テーブルで作業や食事を楽しむレイアウト

ソファとテーブルを組み合わせた、ソファダイニングのレイアウト実例。ソファで寛ぐことはもちろん、テーブルで作業をしたり食事が楽しめるスタイルです。ソファとダイニングスペースを一ヵ所にまとめられるので、コンパクトな間取りにも適しています。

対面ソファで贅沢に過ごせるソファダイニングの組み合わせ

ソファダイニングは食事が取れるスタイルなので、テーブルを囲む対面ソファのレイアウトにぴったり。実例のように、ソファとオットマンを組み合わせても良いですね。オットマンは手軽に動かしやすいアイテムなので、いろんな組み合わせが出来てリビングでの過ごし方の幅が広がります。

L字のソファダイニングでスペースを有効活用

L字のソファダイニングは、使いにくい部屋の角のスペースを有効活用できる組み合わせ。デッドスペースを活用できるので、大きく組んでも場所をそこまで取らず、ゆったりと過ごせるソファスペースが叶います。

D:家族や友人と大人数で団らんしたい時のレイアウト

家族や友人などと大人数で団らんを楽しめるリビングをつくるには、ゆったりサイズのL字ソファやカウチソファがおすすめです。コミュニケーションが取りやすく、自然と会話が弾むソファの組み合わせを紹介します。

顔を見て話しやすいL字ソファのレイアウト

L字ソファはお互いが斜めに向き合うため、緊張感が出にくくリラックスして話しやすい雰囲気を作ります。団らんを楽しみたいリビングづくりにぴったりなソファスタイルですね。また、L字ソファは見た目のインテリア性が高く、高級感のあるおしゃれなコーディネートを作れる点も魅力です。

人が座る距離感を考える

ソファの座面幅は、一人につき60~70cmを目安に検討しましょう。窮屈感がなく、適度なゆとりを感じられる座面幅です。2人以上が同時に座っても寛ぎやすく、居心地の良いリビングを作れます。

E:リビングの見え方を開放感重視で組めるレイアウト

開放的で広く感じられるリビングは、リラックスして過ごしやすく日々のおうち時間を快適にします。開放感のあるリビングを作るためには、どのようなレイアウトがあるかを確認しましょう。

ソファを壁付けでレイアウトする

リビングを広く見せるためには、なるべく床を多くみせることがポイント。そのため、ソファなどの大型家具はなるべく壁付けするように心がけましょう。すっきりとした印象を与え、日々を心地良く過ごせる空間が作れます。

ソファを窓に向けてレイアウトする

窓際にソファを向けるレイアウトは、外の景色を楽しみながらリラックスできる開放感のあるリビングを叶えます。自然光が多く取り込めるリビングで検討したいレイアウトですね。

【3】リビングの見た目を左右するソファのデザイン・素材・色

ソファはリビングの印象を大きく左右する家具なので、デザイン・素材・色などにこだわり、自分好みのソファを選びましょう。おしゃれにコーディネートされたリビングは、毎日を気分よく過ごせます。

ソファタイプで大きく変わる理想のリビング

リビングの雰囲気を決めるソファは、様々なデザイン・色・素材が存在します。ソファはリビングの主役になり、部屋の雰囲気を大きく左右する家具です。好みのテイストに合うソファをリビングに取り入れて、理想の空間を叶えましょう。

ソファのデザイン・色・素材が異なるリビングの実例

ロータイプ+ヒヤシンスフレーム+ブラウンのソファ。

コンパクトタイプ+ラタンフレーム+グレーのソファ。

ハイバックタイプ+無垢材フレーム+ブルーのソファ。

スタンダードタイプ+ヒヤシンスフレーム+パープルのソファ。

スタンダードタイプ+ウッドフレーム+グレーのソファ。

ロータイプ+ラタンフレーム+グリーンのソファ。

リビングソファのデザインをチェックするポイント

リビングにレイアウトするソファは、アームタイプや背もたれの高さ、フレームの色・素材などから好みのデザインを見つけましょう。デザインの異なるソファが、リビングにどのような印象を与えるかを紹介します。

アームの有り無しで変わるソファの見え方

ソファはアームの有り無しで印象が大きく異なります。シンメトリーな両アームソファは安定感があり、落ち着いて過ごしやすい空間を演出するタイプです。反対に、アシンメトリーな片アームやベンチソファは動きのある軽快な雰囲気を与え、あか抜けた印象を作ります。

組み方で変わるソファの見え方

ソファはオットマンやカウチなど、その他の家具を組み合わせることで、より寛ぎやすいL字ソファとして使えます。組み方によって、見え方や過ごし方が異なるソファタイプを作れますね。

一人暮らしや狭い間取りに取り入れやすいオットマン。省スペースに収まるL字タイプです。

2人以上でリラックスして寛ぎやすい贅沢感のあるL字タイプ。家族の憩いの場を作るセットです。

高級感を演出するコーナーソファのL字。会話がしやすく、来客に適したソファタイプです。

背もたれの高さで変わるソファの見え方

ソファの背もたれの高さは、リビングの見え方に大きく印象を与えます。背もたれの低いローソファは開放的でリラックス感のあるリビングを演出します。反対に、背もたれの高いハイバックソファは、ラグジュアリーなリビングを作れますね。

ソファフレームの素材・色で変わるリビングの見え方

ソファフレームの素材や色などには様々な種類があり、リビングの見え方が変わるポイントです。統一感のあるリビングを叶えるために、ソファの素材・色ごとのテイストやコーディネートを確認しましょう。

上質な素材ほどリビングの雰囲気がアップする

素材にこだわった上質なソファほど、リビングの雰囲気がアップし、おしゃれなコーディネートを作れます。ソファはリビングの主役になる家具なので、他の家具よりお金をかけて、品質の良いソファを選ぶのも良いでしょう。

カバーリングタイプのソファで理想のリビングを叶える

ソファカバーのカラーでつくる、リビングコーディネートをご紹介。自宅で付け替え可能なカバーリングタイプのソファなら、リビングのカラーコーディネートが容易に行えます。コーディネートを手軽に楽しめて、リビングの雰囲気をがらっと変えられるソファタイプです。

ブルーのソファ×リビングの実例

ブルーのソファカバーは、海や空を連想させる清涼感と開放感のあるリビングを演出します。視覚的に鎮静効果のあるカラーでもあり、空間に落ち着きをもたらし、寛ぎやすいリビングが叶いますね。

ブルーのファブリックソファカバー一覧

ブラウンのソファ×リビングの実例

温かみがあり様々なテイストに合わせやすい、ブラウンのファブリック。ブラウンと似た印象を持つ木製家具との相性も良く、居心地の良いリビングが作れるカラーです。コーディネートしやすく、カラーで迷っている方にもおすすめ。

ブラウンのファブリックソファカバー一覧

グリーンのソファ×リビングの実例

癒しやリラックス効果のあるグリーンを中心にした、リビングのコーディネート実例。穏やかな自然で寛いでいるような、思わず長居してしまう空間を演出します。無垢材家具と相性が良く、居心地の良いコーディネートを作れます。

グリーンのファブリックソファカバー一覧

グレーのソファ×リビングの実例

グレーは無機質なカラーで、モダンテイストなどの洗練感があるコーディネートに適しています。スタイリッシュな家具やインテリアで作る空間に良く馴染みますね。また、無彩色のグレーは様々なカラーと合わせやすく、部屋のベースカラーとしてもおすすめです。

グレーのファブリックソファカバー一覧

パープルのソファ×リビングの実例

艶のあるパープルは、高級感がありホテルライクなコーディネートに向いているカラー。ワンポイントに取り入れても映える色で、リビングをパッと明るくラグジュアリーな雰囲気に変えられます。

パープルのファブリックソファカバー一覧

レッドのソファ×リビングの実例

エネルギッシュで温かみのある、レッドを中心にコーディネートされた実例。明るい気持ちにさせてくれるレッドは、日々を元気良く過ごしたい方におすすめのカラーですね。

レッドのファブリックソファカバー一覧

ソファカバーの素材でも変わるリビングの見え方

ソファカバーは色だけでなく、素材でも与える雰囲気が異なります。柔らかい印象を与える自然素材のファブリック、渋さやかっこいい印象をつくれるレザータイプなど、素材にこだわることで好みのテイストに近づけることが可能です。

【4】リビングでの寛ぎや過ごし方を変えるソファの座り心地

リビングのソファでは座って過ごすことが多いか、それとも姿勢を崩して過ごすことが多いでしょうか。日々の過ごし方から考えると、丁度いい座り心地のソファを見つけられます。過ごし方に合ったクッションのソファを取り入れて、快適に過ごせるリビングを叶えましょう。

リビングでの過ごし方からソファのクッション性を選ぶ

リビングでの過ごしから、自分に適したクッション性のソファを選びましょう。基準としては、しっかり座って過ごすことが多い人は柔らかめのクッション、姿勢を崩して過ごすことが多い人は硬めのクッションが向いていると言えます。

色んな体勢で寛ぎやすい適度な硬さのソファクッション

ソファに座る以外に、横になったり脚を楽にしたり、様々な姿勢で寛ぎたい人には適度な硬さのあるソファが合っています。ふわふわと沈み込むクッションよりも、硬めの方が姿勢を変えやすく使いやすいですね。また、その場合は座面が広いタイプだとより快適です。

身体を預けてリラックス・寛ぎが得られるソファクッション

身体をしっかり預けてリラックスしたい、寛ぎたいという人は、柔らかめのクッションが使いやすいでしょう。また、背もたれの高いハイバックタイプであれば、腰から肩・首まで支えられます。そのため、長時間座っていても身体に負担が掛かりにくくおすすめです。

座り心地を調整できるオプションも充実

座り心地をより自分好みに調整したい場合は、ヘッドレストやウエストクッションなど、オプションアイテムを追加しましょう。ソファの快適性をアップさせれば、より過ごしやすいリビングが叶います。

ヘッドレストを追加すれば、ソファに座った際に頭まで支えられます。お持ちのソファの背もたれを、もう少し高くしたい方におすすめのアイテムです。

ソファの座り心地を調整できるウエストクッション。奥行きの調整が可能で、横になって寛ぐ際に枕代わりにもなるため便利です。

リビングでソファ+床座暮らしが可能なローソファ

リビングの床で寛ぐ床座スタイルが好みの方は、高さの低いローソファがおすすめです。ローソファは床から座面が近く、ソファに座った際に目線を低く保てるため、床座スタイルに馴染みやすいタイプです。

床とソファどちらでも寛げるリビング

床座スタイルは、床とソファどちらでも寛ぎやすい点がメリット。好きな体勢で快適に過ごせて、リビングでのひと時が充実するスタイルですね。

小さなお子様やペットもリビングのソファで過ごせる

ローソファは床から座面までが近いため、小さなお子様やペットが上り下りしやすいソファタイプです。座面の高いソファに比べて、ソファを使う際の体への負担を減らせるため安心ですね。

贅沢に寛げる暮らしがリビングで叶うハイバックソファ

ハイバックソファはおしゃれな見た目とゆったりリラックスできる座り心地から、贅沢に寛げるリビングを作ります。高級感が演出できるデザインで、ホテルライクなコーディネートが叶いますね。

身体をしっかり支えるハイバックソファ

背もたれの高いハイバックソファは、身体を首までしっかり支えられます。そのため、長時間座っていても身体に負担が掛かりにくく、テレビ鑑賞や読書などの娯楽を楽しみやすいです。

ハイバックソファはおしゃれなリビングを作れる

ハイバックソファは見た目のインテリア性が高く、高級感がありおしゃれなリビングを演出します。ホテルライクなテイストやラグジュアリーなコーディネートと相性が良く、思わず自慢したくなるようなリビングを叶えられますね。

女性の方に人気&ソファで食事がしやすいコンパクトソファ

コンパクトソファは、小柄な方でも快適に使いやすく女性に人気のあるソファ。また、サイズ感や座り心地がソファとしても、チェアとしても使いやすいタイプが多く、ダイニングテーブルと組み合わせて食事を楽しめるソファでもありますね。

奥行きが浅く女性の方でも座りやすいソファサイズ

コンパクトソファは、一般的なソファに比べて奥行きの浅い作りが特徴。小柄な方や女性が座りやすく、リビングを快適に使えるソファタイプです。コンパクトサイズな分省スペースに設置可能で、狭い間取りに取り入れやすいソファでもあります。

ソファダイニングで組めばリビングで食事・作業も可能に

奥行きの浅いコンパクトソファは、ゆったり寛げるソファでありながら、チェア代わりにも使いやすい座り心地。そのため、ソファとダイニングテーブルをセットで使うソファダイニングに適しています。ソファダイニングは、リビングのソファで寛ぐ・食事・作業など、マルチに使える空間を叶えられますね。

快適でおしゃれなリビングを叶えたソファのレイアウト実例紹介

快適でおしゃれなリビングを叶えた、ソファのレイアウト実例紹介です。縦長リビングや横長リビングなど、間取りに合ったソファ×リビングの実例を紹介します。また、インテリアスタイルも様々なので、好みのコーディネートを見つけて自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。

縦長のリビング×ソファの実例

縦長リビングとは、部屋の入り口から奥にかけてダイニングとリビングが繋がった間取りのこと。1LDKや2LDKなどの間取りに多い定番タイプの間取りです。部屋に奥行きがあり、開放的なソファスペースを作れるリビングですね。

I字ソファ+ラウンジチェアで縦長リビングを快適に過ごす実例

18畳の広々としたリビングダイニングに、3人掛けソファとラウンジチェアをレイアウトした実例。ダイニングテーブルは4人掛けをチョイスし、リビングスペースが広く使える組み合わせです。ソファにラウンジチェアをプラスすることで、様々な寛ぎ方ができるリビングを叶えています。

ダイニングテーブルを標準的な4人掛けサイズにすることで、テーブルとソファの間にラウンジチェアをレイアウトできるスペースを作っています。数人でソファで寛ぐことも、一人でチェアに座ってゆったり休むことも可能なリビングですね。

関連メニュー

眺望を活かすソファ配置を取り入れた縦長リビングの実例

タワーマンションの眺望の良いリビングを活かしたソファのレイアウト実例。12畳あるリビングダイニングにはダイニングテーブルを置かず、代わりにソファを大きく組んで団らんを楽しめる空間を作っています。

リビングダイニングには、片アームやベンチソファを大きく5人掛けに組んでレイアウト。ラウンジチェアやオットマンも合わせて設置し、来客に応じて様々な組み合わせに変えられる家具選びをしています。

関連コラム

  • 【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし
    【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし

    引っ越しの際は暮らしをより充実させたり、自身が希望するインテリアを叶えたいという方は多いかと思います。このコラムでは、2回の引っ越しを通してインテリアの模様替えを中心に行って、理想的な暮らしを実現したインテリア実例をご紹介します。住居が変わっても、家具を変えずに模様替えを行える点がポイントです。

縦長リビングが開放的に見えるローソファを主役にした実例

リビングダイニング12畳の間取りに、3人掛けのローソファをレイアウトした実例。高さの低いローソファは、間取りに対して大きめのソファを選んでも行き止まり感が出にくく、開放的な雰囲気を保てるソファタイプです。

縦長リビングダイニングの部屋への入り口から奥に掛けて、2人掛けダイニングテーブル、3人掛けソファを設置した定番のレイアウト。直線的な生活動線が過ごしやすく、日々の暮らしが快適になるレイアウトパターンですね。

関連メニュー

  • 【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)を高級感漂うラグジュアリーな雰囲気にしたいときには、ホテルライクなインテリアや家具でまとめましょう。ワンルームから1LDKをリゾートホテルのようなロースタイル家具で統一することで、部屋を開放的な空間にすることができます。ぜひ、ホテルライクなインテリアコーディネートを活用してワンランク上の一人暮らしライフをお楽しみ下さい。

狭小住宅の縦長リビングにゆとりの動線を確保した実例

幅が狭めの、縦長リビングダイニング10畳のレイアウト実例。家具で掃き出し窓までの生活動線をつぶさないように、奥行きの浅いコンパクトソファをチョイスしています。また、省スペースに置きやすいオットマンをプラスし、狭い間取りでもゆったり寛げるリビングを作っていますね。

10畳の細長いリビングダイニングの間取りで、人が十分に通れる生活動線を確保しつつ、快適に過ごせるレイアウトを叶えました。奥行きのある間取りで窮屈感はなく、一直線な生活動線が過ごしやすい印象を与えています。

関連メニュー

横長のリビング×ソファの実例

横長リビングは、部屋に入るとリビングスペースとダイニングスペースが左右に分かれている間取りのこと。視覚的に空間が部屋の中央で仕切られているため、メリハリのある生活を送りやすいというメリットがあります。また、窓が大きく採光が良い間取りが多い点も魅力ですね。

横長リビングでアジアンリゾートのような開放感溢れるリビング実例

戸建てのリビングダイニング14畳に、2.5人掛けソファをレイアウトした実例。ソファの背をダイニング側に向け、リビングとダイニングの空間をしっかり分けた横長リビングらしいレイアウトですね。

部屋への入り口がリビングスペースの手前にあり、横に広く空間が続く横長の間取りです。ソファでゆったり寛げるだけでなく、ダイニングからテレビを観やすいなど、縦長リビングにはないメリットがあります。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート

    今回の特集は、新築一戸建ての空間を大人のアジアンリゾート感溢れる、素敵な大人の部屋にコーディネートした、インテリア実例のご紹介となります。アジアンテイストの開放感や素材の質感などの魅力をたっぷり取り入れた家具・インテリア選びと、細かな部分にまでこだわった内装や床材選びを参考にしながら、皆様も理想の新築一戸建て作りを叶えてみませんか。

大きな窓への抜け感を出しハイバックソファを置いた横長リビング実例

14畳あるリビングダイニングに、ハイバックソファをゆったりレイアウトしたコーディネート実例です。横長リビングらしい4枚建ての大きな掃き出し窓のある間取りで、高さのあるハイバックソファを設置しても開放的な印象です。

入り口から左がリビングスペース、右がダイニングスペースと左右に空間が分かれた横長リビングの間取り。高さのあるハイバックソファは間仕切り効果が高く、過ごし方にメリハリの付くレイアウトが作れます。

低めのコーナーソファを置いた28畳の広め横長リビング実例

28畳の広々としたリビングダイニングに、L字ソファをコーディネートした実例。高さの低いローソファを選ぶことで、リビングダイニングにひとつながりな印象を作り、開放的でゆったり寛げる空間を叶えています。

広いリビングダイニングの間取りを目いっぱい使って家具を設置するのではなく、余白のあるレイアウトを心掛けています。スペースに余裕のあるレイアウトは空間を広く見せるだけでなく、抜け感がありおしゃれな印象も演出できますね。

関連メニュー

2部屋を1部屋で大きめに使った横長リビング実例

12畳のリビングダイニングと5.5畳の隣室を繋げて、広い横長リビングとして間取りを活用しているレイアウト実例。スペースに余裕をもって家具をレイアウトできるため、贅沢感のある寛ぎの空間にコーディネートしています。

本来は1LDK12畳+隣室5.5畳の間取り。扉を開けっ放しにして、17~18畳ある横長リビングダイニングとして2部屋を活用しています。隣室をダイニングスペースとして使い、リビングダイニングに3人掛けのソファカウチセットを贅沢にレイアウトしています。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート
    【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート

    2部屋を1つのリビングとしてレイアウト・コーディネートすることで、広くゆとりのある空間が生まれます。1つ1つの部屋はサイズ感に限りがあっても、2部屋を1つのリビングとして使えば、理想のコーディネートに近づけることができたり、ライフスタイルに合わせて様々なレイアウトを楽しむことができます。このコラムでは開放感のあるレイアウトに合わせて、リゾートのようなコーディネートを叶えた、お客様リビング実例をご紹介します。

正方形のリビング×ソファの実例

正方形のリビングダイニングは、部屋の幅と奥行きの長さが同じくらいの間取りのこと。一見、家具の配置が難しそうですが、縦長・横長リビングにはない変化のあるレイアウトや、部屋を広く見せるレイアウトが可能な間取りです。

テレビをソファ横にレイアウトした正方形リビング実例

12畳の正方形リビングダイニングを、開放的で寛ぎやすい空間にしたレイアウト実例。部屋のスペースを広く使えるように、テレビボードに対してソファを横置きし、ひとつながりな印象があるリビングダイニングです。

ソファをテレビボードに対して平行に置くと、ソファ周りのスペースが中途半端になってしまいます。そのため、ソファを壁付けしソファ周りにゆったりとした空間を作りました。ソファで寛ぎやすく、空間も広く見えるレイアウトですね。

関連メニュー

  • 【地中海インテリア実例】憧れのギリシャ風インテリア・家の内装を叶えるポイントをご紹介
    【地中海インテリア実例】憧れのギリシャ風インテリア・家の内装を叶えるポイントをご紹介

    観光地として人気の地中海沿岸は、ギリシャ風のリゾートインテリアとしても注目されています。そのような地中海・エーゲ海から見える白やブルーを基調とした魅力的な街並みを、インテリアや家の内装に取り入れてみませんか?このコラムでは地中海インテリアの中でも、ギリシャのサントリーニ島やミコノス島の雰囲気にこだわったお客様宅実例をご紹介。実際の実例をご覧頂きながら、ギリシャ風インテリアを叶えられるポイントを実践してみましょう。

コーナーソファを壁沿いに配置した正方形リビング実例

16畳ある正方形のリビングダイニングに、コーナータイプのソファをレイアウトした実例。正方形の間取りは幅と奥行きどちらもあるので、L字タイプのソファと相性のいい間取りです。部屋の角にL字ソファを合わせれば、部屋の中央に余白のある広々とした印象を作れます。

ソファからテレビまでの奥行きをゆったり確保しやすい点は、正方形のリビングダイニングならではの魅力。また、部屋の真ん中にフリースペースを作りやすく、ラグで寛ぎやすかったり、掃き出し窓への通路を広く確保できるなどのメリットもあります。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり
    【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり

    今回の特集は、自宅からオンライン相談を利用して理想のインテリアコーディネートを叶えたお客様実例をご紹介致します。家具・インテリアご検討時のお悩み等をオンライン相談にて解決に導いた方法や、3Dシミュレーションサービスを活用したご提案をご覧ください。来店せずに自宅からオンライン相談できる、a.flatのインテリアコーディネートサービスでご希望の部屋作りが叶います。

プライベートも仕事も楽しめる正方形リビング実例

17畳の正方形リビングダイニングに、大きく組んだL字ソファとデスクを置いたレイアウト実例。採光が良い間取りで、ソファでゆったり寛ぐことも、デスクで気持ちよく作業することもできる空間を叶えています。

リビングスペースには3人掛け+1.5人掛け+コーナーで組んだL字ソファを贅沢にレイアウト。ダイニングスペースには仕事・作業用のワークデスクを設置しています。ソファの背を活用してリビングと作業空間を視覚的に分け、どちらでも過ごしやすいレイアウトですね。

関連メニュー

コンパクトソファを置いた一人暮らし正方形リビング実例

一人暮らしに丁度いい、正方形リビングダイニング8畳のソファレイアウト実例。狭い間取りに取り入れやすいコンパクトソファを中心に、圧迫感を感じさせない家具のレイアウトを心掛けたコーディネートです。

狭い8畳の間取りで、動線を確保しやすい片アームソファやスペースを取らないカフェテーブルなど、圧迫感を与えにくい家具にこだわった部屋作りをしています。過ごしやすさを重視して、生活動線がしっかり確保された快適に暮らせる1LDKを叶えました。

関連メニュー

  • 【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート

    一人暮らしのコンパクトな部屋(ワンルーム ・1LDK)を華やかに魅せてくれるハワイアンなインテリアコーディネート。ハワイで眺める美しいサンセットの情景やカラフルな花々をイメージした、レッド・オレンジ・イエローのインテリアコーディネートを、一人暮らしの部屋で人気のワンルームと1LDKの2つの間取りでご紹介します。

変形のリビング×ソファの実例

L字や扇形などがある変形リビングは、横長・縦長リビングや正方形リビングでは再現できない特別感のあるコーディネートを作れる間取りです。変形リビングの実例では、どのようなレイアウトパターンがあるのかを確認しましょう。

海のような開放感を実現した変形リビング実例

L字になったリビングダイニングの間取りに、コーナーセットのソファをレイアウトした実例。ロータイプのソファとブルーのインテリアコーディネートで、開放感のある爽やかな空間を演出しています。

入り口手前には2人掛けダイニングテーブル、奥側にL字ソファをレイアウト。L字ソファを部屋の角に置き、広々としたリビングダイニングスペースを叶えています。インテリアのカラーが統一されて、おしゃれで過ごしやすい印象のリビングですね。

関連メニュー

変形リビングでハイバックソファを空間置きした実例

扇形のリビングダイニング15畳を、癒しのグリーンでコーディネートした実例。ハイバックソファ×グリーンの組み合わせが、特別感のある寛ぎのリビングを演出しています。

扇形の間取りを、リビングスペース・プライベートスペース・ダイニングスペースの3種類に分けたレイアウト。それぞのカラーコーディネートは統一して、ひとつながりな印象をつくり開放感を演出しています。また、大きめの腰窓が部屋を囲うように設置されていて、採光が良くどのスペースでも気持ちよく過ごせる間取りです。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート
    【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート

    贅沢な景色を一望できるのが高層マンションの魅力です。窓から見える都心の風景に、グリーンや木々の香気感じる質感をインテリアに取り入れ、自然のぬくもりを感じる特別な部屋を作ってみてはいかがですか。このコラムでは、マンション内の窓から広がる贅沢な風景と、グリーンのインテリアが作り出す「天空の森」をイメージしたお客様のマンション・インテリア実例をご紹介致します。

子供がソファ前で遊べるようにレイアウトした変形リビング実例

L字の形をしたリビングダイニング16畳の間取りを、子供が遊びやすくコーディネートした実例。ソファ前にはあえてテーブルを置かず、大きいサイズのラグを敷いて自由に過ごせるフリースペースを設けています。

L字の間取りを活かして、リビングとダイニングをしっかり分けたレイアウト。L字のソファとビッグサイズのラグを組み合わせ、様々な寛ぎ方ができるリビングダイニングですね。コーディネートは淡いカラーのインテリアで揃え、柔らかい印象がある居心地の良い空間を叶えています。

関連コラム

  • 【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)
    【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)

    小さなお子様のいるご家族のリビングダイニング(LDK)の実例インテリアコーディネートです。家族で遊ぶスペースを広々と確保できる家具の配置・ケガや汚れ対策などの機能を考えた家具選び・気分が明るくなる北欧風のカラーコーディネートをポイントにリビングダイニングのインテリアコーディネートをご紹介します。

それぞれ好きな寛ぎ方ができる二人暮らしの変形リビング実例

扇形・三角形に近いリビングダイニング14畳を、様々な寛ぎ方ができるようにしたレイアウト実例。ソファのほか、ラウンジチェア・カウンターチェア・ダイニングセットなど、寛ぎ方の幅が広がる家具配置をしています。

扇形・三角形の間取りのレイアウト。カウンターキッチン前を、2人掛けダイニングテーブルやカウンターチェアでコンパクトに収めています。その分、ソファを置くリビングスペースを広く使い、ゆったり寛げる空間を叶えました。

関連メニュー

リビングのソファライフが充実するa.flatおすすめのソファ15選

リビングでのひと時が充実する、a.flatのおすすめソファ15選です。スタンダード・ロータイプ・ハイバックタイプ・コンパクトタイプの4種類から紹介します。ソファの代わりに置けるラウンジチェアも紹介していますので、是非ご覧ください。

a.flatのリビングソファがおすすめできる理由

a.flatのソファは、快適なリビングを叶えられる品質の高さと、長く使えるおしゃれなデザインが魅力。ソファに関する、代表的な4つのおすすめポイントを紹介します。リビングソファの購入・買い替えを考えている方は、是非、a.flatのソファを検討してみてはいかがでしょうか。

オリジナルで企画した日本人と相性の良いソファ

ソファも含めて、a.flatの家具は全てオリジナルデザイン。日本発のブランドで、日本の気候、日本人の体格にあった商品開発にこだわり、高品質な家具を提供しています。a.flat以外では手に入れることがでない、アジアの自然をコンセプトにしたオリジナルデザインは、ゆったり寛げるリビングを叶えるのにおすすめです。

約100色のカラーから選べるソファカバー

a.flatのソファは約100色の豊富なソファカバーを展開しており、コーディネートに合わせたカラーを選べる点が魅力。ソファカバーはファスナー式のため、自宅で簡単にカバー交換が可能で、模様替えのタイミングで気軽にカラーを変えられます。

引越しや模様替えしやすい拡張性・可変性

a.flatのソファは、シンプルなI型からカウチセットやコーナーセットなどのL字ソファまで、幅広く展開があります。アームの取り外しができるソファシリーズもあり、後々ソファパーツを追加して拡張させたり、組み合わせを変えて使用可能です。そのため、引っ越しなどのライフスタイルの変化に合わせて長く愛用できますね。

長く使える安心のメンテナンスサービス

ソファを長く安心して使えるように、a.flatでは充実したメンテナンスサービスを提供しています。座面や破損したパーツの部分的な買い替え、きしみや塗装の補修など、いつでも新品と変わらない品質を保てるように、様々なメンテナンスの対応が可能です。

ローソファ ~リビングを広く開放的に見せる~

ローソファは高さが低いデザインで、圧迫感を与えにくく開放的なリビングを叶えるソファ。また、座面奥行きが広い作りで、座面上で様々な寛ぎ方ができるというメリットがあります。座って寛ぐだけでなく、姿勢を崩してリラックスしたり、横になって休んだり過ごし方の幅が広がるソファタイプです。

1.ケイ・ローソファ(ヒヤシンス)
ヒヤシンス素材から作られた、編み込みデザインのローソファ。柔らかな風合いが魅力でリラックス感のあるリビングを演出します。

2.ケイ・ローソファ(ヒヤシンスDG)
ヒヤシンス素材をダークグレーに着色したロータイプのソファ。落ち着きのあるシックなリビングにおすすめです。

3.ケイ・ローソファ(ラタン)
籐素材を使ったローソファ。自然素材の風合いと高級感を併せ持つデザインで、様々なテイストに取り入れやすいソファです。

4.セイル・ローソファ
無垢材タイプのローソファ。木の温かみや質感を楽しめるデザインで、ゆったりと寛げるリビングを叶えます。

組み替えができるローソファシリーズの展開一覧

関連メニュー

  • ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -

    ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -のページです。開放的な部屋づくりや多彩なくつろぎが魅力のローソファシリーズには、まだお薦めポイントがあります。それは、「永く使えるための拡張性や機能性、豊富なサイズ展開」です。せっかく気に入って購入したソファは、できるだけ愛着を持って使用されたいのではないでしょうか。一人暮らし⇒家族暮らしまで、ライフスタイルが変わっても使える、ローソファの魅力をご紹介させて頂きます。

ハイバックソファ ~リビングで極上の寛ぎを叶える~

身体にフィットする包み込むような座り心地が魅力のハイバックソファ。ソファでゆったりと寛ぎやすいリビングが叶い、日々の暮らしが充実するソファタイプです。

5..テン・ハイバックソファ

しっかりと身体を預けてリラックスできる、座り心地の良いハイバックソファ。適度なフィット感と弾力性のあるクッションで、長時間座っても身体に負担がかかりにくいソファです。また、ハイバックデザインがリビングに映え、おしゃれなリビングを演出します。

組み替えができるテン・ハイバックソファの展開一覧

関連メニュー

  • テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~

    テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~のページです。テン・ハイバックソファはその名の通り、「高さのある安定した座り心地」によって、男女問わずゆったりと寛ぐことができます。また、快適な座り心地を生み出すにはソファ中材へのこだわりや、よりリラックスできるためのソファ組み合わせも重要なポイントです。テン・ハイバックソファの座り心地は「腰から肩・首までやさしく支える」をテーマに設計しました。肩から首までしっかりと支えられているので、長時間楽な姿勢でくつろぐことができます。それでは、その座り心地の違いは何処にあるのかをご紹介していきます。

スタンダードソファ ~シンプルな中にもあるこだわり~

シンプルで洗練されたデザインと、使いやすい座り心地が魅力のスタンダードソファ。テイストを選ばすに様々なコーディネートに取り入れやすく、快適に過ごせるリビングを叶えます。

6.シン・ソファ (ヒヤシンス)
ヒヤシンス素材を編み込んだデザインのローソファ。リゾートテイストのリラックス感や開放感を演出します。

7.シン・ソファ (ヒヤシンスDG)
ヒヤシンス素材をダークグレーに着色したデザインのスタンダードソファ。モダンでおしゃれなリビングを作ります。

8.シン・ソファ (ラタン)
籐素材を編み込んだデザインのスタンダードソファ。落ち着きのあるデザインで、大人っぽいリビング空間が叶います。

9.ウッド・ソファv02
洗練されたスタイリッシュなデザインがおしゃれな、ウッドタイプのソファ。シンプルで美しい佇まいは、いろんなテイストに取り入れやすいですね。

関連メニュー

  • スタンダードソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -

    スタンダードソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -のページです。お部屋作りの主役となるソファですが、その素材感や色合いに寄って、部屋のイメージを大きく左右します。a.flatの「スタンダードソファ・シリーズ」は4つの異なる素材感からお選び頂けるとともに、お好みで別売りのソファカバーをプラスできるため、理想のテイストを叶えることも可能です。こちらでは、各スタンダードソファにおけるイメージの違いや、彩り豊かなカラーコーディネートなどをご覧ください。

コンパクトソファ ~狭いリビングに設置しやすいソファ~

奥行きが浅い生活動線を確保しやすいデザインで、狭い間取りや省スペースのリビングに取り入れやすいコンパクトソファ。また、チェア代わりに使いやすい座り心地が特徴で、食事や作業ができるソファダイニングにもおすすめです。

10. ラン・コンパクトソファ (ヒヤシンス)
ヒヤシンス素材のコンパクトソファ。ナチュラルなテイストや、開放感のあるリビングづくりに適しています。

11. ラン・コンパクトソファ (ラタン)
ラタン素材のコンパクトソファ。ダークブラウンの落ち着きのあるデザインで、様々なテイストに取り入れやすい点が魅力です。

組み合わせ自由なラン・コンパクトソファの展開一覧

関連メニュー

  • ラン・コンパクトソファ特集 ~ゆとりあるレイアウトと生活動線を実現~

    ラン・コンパクトソファ特集 ~ゆとりあるレイアウトと生活動線を実現~のページです。生活動線の検証 - 狭いリビングLD10畳・ワンルーム6畳に奥行きが違うランとケイソファを配置した比較 になります。 LD10畳に奥行きが240mm異なる「コーナーソファ」を配置して、ソファ⇔テレビボード間の生活動線の見え方を比較しています。次に、ワンルーム6畳に奥行きが140mm異なる「2人掛けソファ」を配置して、ソファ⇔テレビボード間の生活動線の見え方を比較しています。

リビングのソファ代わりになるチェア

リビングにソファは置かない方や、ソファより小さいサイズの座れる家具が欲しいという方向けに、ラウンジチェアを紹介します。一人用でゆったり座れるラウンジチェアは、プライベートな寛ぎの時間を作れるソファ代わりにおすすめのチェアです。

12.ムン・ラウンジチェア (ヒヤシンス)
ヒヤシンス素材のラウンジチェア。リラックス感のある編み込みデザインが魅力の、一人で寛ぎやすいチェアです。

13.ムン・ラウンジチェア (ヒヤシンスDG)
ヒヤシンス素材をダークグレーに着色したラウンジチェア。モノトーンコーディネートやモダンなリビングにおすすめ。

14.ムン・ラウンジチェア (ラタン)
ラタン素材・ダークブラウンフレームのラウンジチェア。単体で置いても、ソファと兼用でも設置しやすいサイズです。

15.ウッド・ラウンジチェア
ウッドタイプのラウンジチェア。シンプルで贅沢感のあるデザインが魅力で、ゆったりと寛げるプライベート空間を演出します。

リビングのソファコーディネートに便利な3Dシミュレーションサービス

リビングにソファをコーディネートする際、頭の中だけでサイズ感やイメージを膨らませるのは難しいですよね。そんな時に活用したいのが、3Dシミュレーションサービス。内装・家具・インテリアをコーディネートした、3Dのイメージをお持ちのPCや携帯で確認できるツールです。

3Dコーディネートサービスとは?

3Dコーディネートサービスとは、自宅の内装や検討している家具・インテリアを3Dで細かく再現できるツール。立体的なイメージを作れるため、事前にリビングのコーディネートを確認し、部屋作りで失敗しにくく理想通りのリビングを叶えられるサービスです。

ソファを置いた理想のリビングができるまでの流れ

【1】図面からお客様宅のリビングを再現する
図面を参考に、自宅の間取りを10m単位で作成します。床・壁・天井の色や建具の設置が可能で、再現度の高い3Dの内装が作れます。

【2】2Dでソファのサイズ・レイアウトを確認する
2D画面で、リビングに検討中のソファを配置します。a.flatの様々なソファタイプを反映させ、好みのサイズやレイアウトを確認可能です。

【3】その他のリビング家具をレイアウトする
ソファに合わせて、リビングのその他の家具をレイアウト。リビングの家具サイズの兼ね合いや、生活動線がどのくらい確保できるかを確認できます。

【4】3D画面で立体的なイメージを確認する
2Dで作ったレイアウトは、3D画面に切り替えてイメージをご覧いただけます。室内視点と上からの視点で、様々な角度から3Dを見ることが可能です。

【5】インテリア小物でカラーコーディネートをする
3Dでは家具以外に、クッションや照明、観葉植物など豊富なインテリアを反映できます。3Dの空間づくりを楽しみながら、理想のイメージを作れますね。

【6】作成したデータ通りに納品・設置する
3Dコーディネートは、スマホ・タブレットでも観覧・編集することが可能。いつでも気軽にコーディネートイメージを確認できます。

ソファを置くリビング作りのヒントを店舗でチェック

リビングに置くソファを選ぶ時は、店舗に来店し気になる商品を試してみましょう。また、様々なテイスト・カラーでコーディネートされた店内を見れるため、部屋づくりのイメージも湧きますね。

目黒店1Fはグリーンをベースにしたリビングのインテリアコーディネート。癒しや寛ぎを得られる空間をお試しいただけます。

目黒店2Fは、パープルで華やかに彩ったおしゃれなリビングの展示です。ホテルライクな高級感のあるコーディネートをご覧下さい。

a.flatの店舗一覧

a.flat 大阪梅田店
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733
定休日 無し

a.flat 目黒通り本店
東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat 新宿店
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922
定休日 火曜、水曜(祝日を除く)

まとめ:お気に入りのソファがあるリビングで充実した時間を過ごしましょう

お気に入りのソファがあるリビングは、快適で充実した日々を送れますね。今回のコラムを参考に、自宅の間取りやライフスタイルに適したソファを取り入れて、リビングを寛ぎの空間に変えてみてはいかがでしょうか。

おすすめコラム

  • 【実例付き】14畳LDKで暮らしやすいリビングを叶えるレイアウト術~縦長・横長・正方形LDK14畳~
    【実例付き】14畳LDKで暮らしやすいリビングを叶えるレイアウト術~縦長・横長・正方形LDK14畳~

    14畳LDK・14畳リビングは一人~四人暮らしが可能な空間。4人掛けのダイニングテーブルや、2.5人掛けのソファがレイアウトでき、一通りの家具が置きやすい空間です。ただし、同じ14畳LDK・リビングでも縦長、横長、正方形の形で過ごしやすいレイアウトは異なります。このコラムでは快適に過ごせる14畳LDKのリビングレイアウトについて詳しくご紹介。縦長、横長、正方形の形別14畳LDKと相性のよい家具やレイアウトを取り入れて、快適なリビング作りを叶えましょう。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.