• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

アクセントカラーで演出するオリジナルなインテリアコーディネート

公開:2018/5/21

更新:2018/6/8

ライター:ネットショップ清水

アクセントカラーで演出するオリジナルなインテリアコーディネート

家具選びや配置の他に、インテリアコーディネートで欠かせない要素といえばカラーコーディネートです。せっかくお気に入りの家具を見つけたのにいざ置いてみるとしっくりこない、まとまり過ぎてどこかつまらないと感じた場合、それはカラーコーディネートが整っていないことが原因かもしれません。自分の好みやスタイルに合ったオリジナルなお部屋作りのためには、配色の中でも特にアクセントカラーの使い方が大切になります。今回は、カラーコーディネートの中で大切な要素であるアクセントカラーの取り入れ方について特集します。

インテリアにおける配色の効果とは

洋服をコーディネートするのと同じように、インテリアも色の組合せが大切になります。インテリアの場合、配色によって家具そのものからお部屋全体にいたるまで印象が大きく変わるため、過ごしやすさにも影響を及ぼします。多少テイストの違う家具を組み合わせて置いたとしても、きちんとカラーコーディネートをすることで整った印象を与えることができるのです。

①お部屋の印象をまとめることができる

ソファやチェアカバー、カーテン、ラグなどのファブリックや雑貨などのアクセントカラーを同じ系統の色で揃えると、インテリア全体がまとまりすっきりとした印象になります。お部屋の中にテイストや素材の異なる家具を置いている場合は、特にその効果が発揮されるでしょう。

②色の持つ印象や心理作用を利用してテーマを表現できる

インテリアにおける色のイメージは人の心理に大きく影響します。そのためどんなイメージの空間にしたいかによって、取り入れる色を選ぶのも良いでしょう。リゾートホテルなど洗練された空間では、高貴・上品といった印象を持つパープルカラーがアクセントとして多く取り入れられ、高級なイメージ演出を助長しています。

青は涼しげ、冷静、落ち着きといったイメージを持ち、清涼感をアップさせたり心を静める心理作用があるとされています。そのため、休息の場であるベッドルームにぴったりのアクセントカラーと言えるでしょう。

③自分のオリジナルを表現することができる

色そのものの種類もさることながら、色の組合せ方は無限に存在します。そのため服装と同じように、配色や組合せ方によってインテリアも自分らしさや好みを表現することができます。自分の好きな色が生活空間にあると、それだけで満たされた気分になります。

関連メニュー

インテリアの配色を決める要素とは

インテリアにおけるカラーの組み合わせはお部屋のイメージを決定付けます。そして、各カラーをどれだけの分量を用いるかという配色比率も重要になります。カラーの配色で基本となる黄金比率は70:25:5と言われており、実際にはこの比率を前後させたり微調整をします。比率のほとんどを占めるのが壁や床などのベースカラー、次に面積を占めるのが家具などのアソートカラーとなります。このベースカラーとアソートカラーは自分で色を調整したり後から変更することは難しく、大きく印象を変えるには限りがあります。つまり、インテリアの配色の中でアクセントカラーこそがオリジナリティを作り上げると言えるのです。

アクセントカラーをつくる主なアイテム
・カーテン
・ラグ
・ソファやチェアなどのカバーリング
・壁面アート
・クッションやインテリア雑貨
※アクセントカラーは1色だけとは限らず、相性の良いカラーの組み合わせであれば、2-3色取り入れることもできます。

関連メニュー

オリジナリティを演出するアクセントカラーの配色テクニック

アクセントカラーの選び方と言えば、単色でまとめたり同系色でグラデーションを作ったりということが一般的ですが、オリジナリティを演出するためには何色かを組合せることが必要になってきます。しかし、どんな色の組合せでも良いというわけではなく、センスの良いアクセントカラーの配色にはある程度パターンや法則に沿うことがポイントになります。ここではオリジナリティを演出するためのアクセントカラーの配色テクニックをご紹介します。

■反対色でアクセントをつける

色相とは色の種類・方向を表す属性で、この色相を円上に配置したものを色相環と言います。この色相環の正反対に位置する色のことを補色(反対色)と呼び、補色同士を組合せることでお互いに引き立て合って鮮やかに見せることができます。アクセントとして分かり易い組合せですが、同時に目立ち過ぎる懸念もあるので、配分やトーンに気を付けましょう。

アクセントカラー:ターコイズ×オレンジ
真っ白な壁に深い海ようなブルーカラーと、その反対色であるオレンジが映えるインテリアコーディネート。コントラストも強めなこちらの配色は、ギリシャのサントリーニ島をイメージしてコーディネートされています。反対色の組合せではっきりとしたアクセントをつけることにより、海外のリゾート地にいるような非日常の空間を演出することができます。

アクセントカラー:グレープ×サフラン
落ち着きのある大人のリゾートを演出するパープルと、それを引き立たせるイエローをアクセントにしたインテリアコーディネート。色合いの差ははっきりとしていますが、どちらの色も彩度を抑えているためアクセントカラーが浮いて見えることはありません。

アクセントカラー:ヴィリジアン×サフラン
ブラウンやグレーなどのベースカラーに映えるターコイズブルーを壁面装飾など雑貨でアクセント付けています。そして、ブルーを引き立たせるように補色のイエローも少しプラスすることでバランスを取った点もポイントです。

■同系色×異素材でアクセントをつける

日本の家屋においては壁や床などのベースカラー、家具などのアソートカラーは白やベージュ、ブラウンといったスタンダードなカラーが一般的です。そのためアクセントカラーも同じような色味をチョイスすると、まとまりのあるすっきりとしたコーディネートに仕上がりますが、どこか間延びした印象も与えかねません。そこで同系色の中に素材感の異なるアイテムをプラスして、遊び心を加えてみましょう。そうすることで抑揚が生まれ、ワンランク上のインテリアコーディネートを演出することができます。

アクセントカラー:ソフトレザー(ダークブラウン)
色はブラウン系でまとめていますが、布地のソファカバーにソフトレザー生地のカバーもアクセントとして加えています。a.flatのソフトレザーはアンティークレザーのような鈍い光沢と滑らかな質感が特徴で、シンプルで統一感のあるスタイルの中にもメリハリを感じることができます。

アクセントアイテム:ウッド・パネルv03
ブラウン系のファブリック・パネルの中に、アクセントとして木製のウッド・パネルを組み合わせて壁面を装飾しました。これだけで壁面全体の抜け感を演出することができます。

アクセントアイテム:高岡銅器 on the wall mini(孔雀)
ブラウン系のファブリック・パネルと、高岡銅器の壁掛け花器を組合せた壁面アート。形や素材が異なることで独特のリズムを生み出し、それがアクセントになっています。色味が合っているため違和感なく馴染んでいる点もポイントです。

■差し色でアクセントをつける

差し色とは、色味の無い無彩色や、ベーシックなブラウン系などの単一の地色の上に、濃い色をワンポイントとして小さく配することを指します。補色とは違い、差し色として配したカラーがより引き立って見えるという点が特徴です。大きい面積はベーシックなカラーで占められているので、明るい色を加えても華美になり過ぎず、誰でも挑戦し易い点が魅力です。複雑な色の組み合わせが苦手な方やシンプルにアクセントを加えたい場合はおすすめです。

アクセントカラー:ターコイズパウリナ(ブルー)
ツイン置きのローベッドにはダークブラウンのベッドスプレッドが掛けられています。これだけでは重たい印象になるため、ブルーカラーのフットスローとクッションで差し色を加え、爽やかさを演出しました。ブルーカラーの面積は小さいですが、色の対比が強いためアクセントとしては十分効果があるでしょう。

アクセントカラー:パープル
家具などブラウンカラーでまとめられた落ち着いた雰囲気の和室に、パープルカラーの差し色が美しく映えています。トーンを下げたパープルは渋い雰囲気を崩さず、ブラウンカラーの家具を引き立てています。

アクセントカラー:コーラル
シンプルな色使いとデザインの空間の中に、赤いクッションを1点だけ差し色として加えました。ちょっとしたアクセントでもお部屋の印象をがらっと変えることができます。

■柄でアクセントをつける

インテリアにおいてベースカラーやアソートカラーの部分はあまり柄や模様を取り入れないため、柄をアクセントにしたい場合はファブリックなどの装飾品で取り入れるケースが多くなります。柄には華やかさやオリジナリティがあり、お部屋のテーマ性を作るのにも便利ですが、乱雑でまとまりのない印象にならないよう配分に気をつけることが大切です。

アクセントカラー:コスイ(ブラック)
落ち着いた静かな佇まいのグレー色のベースに、独特な花柄デザインのコスイをアクセントにして和のエッセンスを取り入れたインテリアコーディネート。全体的にモノトーンカラーで統一しているので、個性的な柄でも浮くことなく馴染んでいます。

アクセントカラー:パウリナ(レッド)
サンセットの光景のような赤色をベースに、同じ色味の花柄をフットスローやファブリック・パネルの一部に取り入れています。同色でまとめたことや、アクセントになる花柄を控えめに配置したことで、程よい華やかさを演出しています。

アクセントアイテム:ラグ ブリーズ(グリーン)
爽やかなグリーンをアクセントカラーにしたインテリアコーディネート。メインのアクセントとして何色ものグリーンが織り込まれたストライプ柄のラグを取り入れています。ストライプ柄は程よい存在感があり、インテリア初心者でも取り入れ易い柄と言えます。

おすすめコラム

アクセントカラーを生かすインテリアの配色バランス

お部屋の印象を左右するアクセントカラーですが、どこに・どんな風に・どれだけ加えるかというバランスも重要になります。アクセントカラーの組合せや柄によって多少の調整は必要ですが、まずはバランスを整えるコツを掴みましょう。

◆色のバランス

配色のバランスを整えるためには、ちぐはぐな印象ならないようにアクセントカラーを少し多めに入れてまとめるのがコツです。例えばリビングルームの場合、面積を占める割合の大きいカーテンラグメインとなる家具(ソファ)の3点にアクセントカラーを持ってくることで全体のバランスを調整することができます。

どれか1点にアクセントカラーを加える

どこか1点にアクセントカラーを入れることで、空間のメインとなるアイテムを強調することができます。
また、反対色の組合せなどアクセントカラーが強い場合に適しています。

どれか2点をアクセントカラーでまとめる

こちらのお部屋の場合はカーテンとソファにアクセントカラーのブルーを取り入れています。残りのラグは壁や床などベースカラーと同じベージュを使ってお部屋全体をまとめました。最もバランスの取りやすい、スタンダードな方法と言えるでしょう。

3点すべてをアクセントカラーでまとめる

カーテン・ソファ・ラグの3点すべてにアクセントカラーを加えると、お部屋の統一感が生まれます。ただし、色によっては抑揚がなく暗い印象になる場合もあるので、柄を入れるなどの工夫が必要となります。

◆柄のバランス

柄物はインパクトが強く印象に残るため、アクセントとして取り入れる場合はバランスが重要となります。色のバランスの時とは異なり、どこか1点だけに集中させたり、小さい面積のものを何か所かに配置したりと、控えめに取り入れると雑多な印象になるのを防ぐことができます。

ソファに花柄のカバーリングを施す場合、ラグやカーテンなど他のアイテムは無地を選びましょう。

柄のあるラグを敷く場合、ソファやカーテンは無地で控えめなカラーをおすすめします。クッションなど小物は遊び心を加えても良いでしょう。

フットスローや壁面装飾など所々に柄物を取り入れています。インテリア雑貨は、バランスを見ながら少しずつ柄の割合を調整できるところが利点です。

まとめ

今回の特集はいかがでしたでしょうか。インテリアコーディネートは日々の暮らしを便利で豊かにすることが目的です。そして、自分らしさやオリジナリティを表見することもインテリアコーディネートの大切な目的であり、それが更に居心地の良さに繋がります。アクセントカラーをうまく効かせた配色で、今よりも更にインテリアコーディネートを楽しみましょう。

おすすめコラム


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.