• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

おしゃれな海外インテリアをマンションで取り入れるコツ【実例付き】

公開:2018/10/15

更新:2020/5/29

ライター:ネットショップ清水

おしゃれな海外インテリアをマンションで取り入れるコツ【実例付き】

スタイリッシュでおしゃれな海外インテリアはとても魅力的に見えます。しかしマンションだから、部屋が狭いからといった理由で海外風のインテリアコーディネートを諦めてはいませんか?実際には海外インテリアの特徴やスタイリングのコツを知り、その一部を取り入れれば日本の住まいでも海外風のインテリアを演出することができます。そこで今回は海外インテリアと、マンションなど狭い部屋でのコーディネートのコツを実例集と共にご紹介します。

憧れの海外インテリアとは

地域別のスタイルに分類できる

海外インテリアと一口に言っても、国や地域によって特色の異なるスタイルが数多く存在しています。北欧スタイルは日本でももはや定番ですが、その他にも先進的なイタリアンモダンや気品のあるフレンチスタイル、爽やかなリゾート感を味わえる西海岸スタイルなど多種多様です。このように海外インテリアというのは正確には一括りにはできませんが、その全てに共通している点は、私たち日本人にとって非日常的に見えるということです。そのため昨今では海外インテリア=生活感を感じさせないおしゃれなインテリアという大まかなイメージが先行していることが多いのです。

北欧スタイル

イタリアンモダンスタイル

フレンチスタイル

西海岸スタイル

取り入れやすく人気のある海外インテリアスタイル

①ニューヨークスタイル

近年人気が高まっているのが、都会的なニューヨークスタイルです。ブルックリンスタイルやSOHOスタイルなどと細かく分類することもできます。人気の理由はシンプルな中にも絶妙に遊び心が取り入れられている点が挙げられます。どこか力の抜けた雰囲気とハイセンスなイメージが混在した独特の空気感、そして実は誰でも手に入りやすいアイテムを使っているという点が支持されています。

②アジアンリゾートスタイル

幅広い世代から人気があるのがアジアンリゾートスタイルです。バリ島など東南アジアのリゾートホテルのような開放感や非日常感が味わえると人気ですが、
日本の暮らしや様式に近い部分もあり、取り入れやすさの面でも支持されています。自然の素材を使って作られたものが多く、ナチュラルでどんなお部屋にも馴染みやすいという特色もあります。

海外インテリアがおしゃれな3つの理由

(1)自由で遊び心のあるコーディネート

日本では家具のテイストをきちんと揃えてコーディネートするという発想が一般的です。しかし、海外インテリアでは部屋全体の統一感は大切にしつつも、どこか自分の好みや遊び心をプラスした自由なコーディネートを多く目にします。写真の部屋は洗練された都会的なモダンスタイルですが、編み込み素材やタイル、アイアンなど様々な素材をミックスしています。こうして遊び心のある要素を加えることで、洗練された中にも適度なリラックス感を与えることができます。

ポイントアイテム

(2)個性的なカラーコーディネート

海外インテリアでは、ハイセンスな色の使い方をしているコーディネートを数多く目にすることができます。内装や家具の色は白やブラウンなどベーシックなカラーを使いつ、そこへアクセントとなる色を組み合わせるという基本的なカラーコーディネートの方法は日本でもお馴染みですが、アクセントカラーの組み合わせにユーモアやセンスを感じます。写真のベッドルームでは赤とオレンジという類似色とインパクトのある花柄のファブリックを組み合わせ、南国リゾートのようなトロピカルな雰囲気を演出しています。

ポイントアイテム

(3)おしゃれな小物使い

海外インテリアが魅力的に見える理由のひとつは、小ぶりな家具や雑貨などの使い方です。日本ではお部屋をすっきりみせるために飾りであるインテリア装飾は控えめにというのが一般的ですが、海外では自分の好きなもの好きなようにコーディネートするという考え方も重要視されています。例えば飾り台であるコンソールテーブルは元々ヨーロッパ発祥の家具なので、お部屋にひとつ置いてその上に雑貨や花器などをディスプレイするだけでも海外のインテリアのような雰囲気を出すことができます。

ポイントアイテム

日本のマンションでも海外風インテリアを表現できる?

海外のインテリアはお部屋が広いからこそおしゃれに見えるという風に考えている方、日本のマンションなどで多く見られるような狭くて画一的な内装の部屋には似合わないと思い込んでいる方も多いかもしれません。しかし、海外と日本ではお部屋のつくりが違うからという理由で諦めては勿体ないようなメリットもあります。

海外インテリアを取り入れられる理由

海外と日本の住まいは様々な点で異なりますが、お部屋の広さに関しては海外の一般的な集合住宅と日本のマンションとを比較しても実はそこまで変わりはありません。海外でも大都市などでは狭い間取りも多く存在するので、広さはそこまで大きな問題にはならないのです。しかし、天井の高さなど住宅のつくりそのものは異なる点が多いので、日本の住宅においてはあくまでも海外インテリアの要素を取り入れた「海外風」のインテリアを演出することが必要になります。

海外インテリアを取り入れるメリット

ここまでご紹介してきたように、海外のインテリアコーディネートがおしゃれに見える理由は、アイテムの組合せや色使いなど、日本にないような発想が多く盛り込まれているという点が挙げられます。そしてその斬新で目新しい発想こそが、わたしたちにとっての非日常感を増加させ、憧れの空間へと繋がっていきます。つまり、日本の住まいにも海外風のインテリアを取り入れるメリットとは、生活空間にいながら非日常的な気分を味わうことができる点ということが言えるのです。

海外インテリアの特徴【家具コーディネート】

開放感がある

海外の住宅は天井高が高く、窓が大きい開放感のある造りになっています。そこが日本のマンションとの最大の違いとなり、海外インテリア=広いというイメージが植え付けられている要因でもあります。天井が高いと、コーナーソファのように幅のある家具を置いてもあまり圧迫感を感じません。そのため海外インテリアの家具選びにおいては長さよりも高さのバランスに重点を置く傾向があります。

異なる素材のアイテムを織り交ぜている

海外インテリアでは、ベースとなるテイストに全く異なる素材を織り交ぜたミックススタイルが多く見られます。こちらの写真のお部屋は、昔からあるクラシカルなテイストに、ナチュラルな無垢材天板のローテーブルやインダストリアルなワイヤーチェアなどのアイテムを混ぜています。華やかだけどどこかマンネリなクラシックスタイルに、それとは正反対の無骨なイメージが少し加わることで、ひとつひとつにメリハリが生まれ、不思議としっくり馴染んでいます。

マンションで海外インテリアを演出するための家具コーディネートのコツ

ロータイプの家具をコーディネートする

日本の住宅は実際に欧米など海外の住宅と比べると天井高が低めのつくりになっています。そこで海外インテリアのような開放感を演出するためには、高さを抑えたロースタイルの家具を取り入れることが重要になります。特にソファやダイニングなど大型の家具を部屋の真ん中に置くレイアウトの場合、視界を遮らないロータイプの家具はお部屋のイメージを大きく変えてくれるでしょう。

a.flatのロースタイルアイテム

おすすめコラム

自然素材の家具をミックスする

海外インテリアは家具のテイストを揃え過ぎず、ほどよく力の抜けた雰囲気が魅力的です。そんなあえての「はずし」を表現するアイテムとして、異素材の家具がポイントで置かれることが多くあります。日本のマンションの場合、ガラスや金属などハードな素材よりも、自然素材のアイテムの方が取り入れ易くおすすめです。自然素材から感じられるあたたかな質感は、モダンでシャープな内装の印象を少し和らげる効果を発揮します。チェアなど小さなもの1つでも海外風のラフなスタイルを表現できるでしょう。

a.flatおすすめの自然素材
海外風インテリアにおすすめの自然素材は、日本でも馴染み深いラタン(籐)やウォーターヒヤシンスなど、植物でできたアジアを代表する素材です。アジアンスタイルはもちろん、モダンやクラシックなど様々なスタイルに組み合わせることができる、万能な一面も持ち合わせています。また、欧米などでは何世代にも渡って家具を受け継ぐ文化があるので、味わい深いアンティークの無垢材家具がミックスされたインテリアも多く見られます。

おすすめコラム

  • 素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~
    素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~

    素材感のある家具とは、主に無垢材や植物編みなど天然の材料を使用したものを思い浮かべる方が多いと思います。使われている天然素材によって家具の表情も異なるので、自宅に合う家具を選ぶためには素材の種類を知ることも大切です。素材感のある家具ひとつでお部屋の雰囲気ががらっと変わりますが、さらに素材感を活かすためには、組み合わせや色の取り入れ方などコーディネートにも工夫をすることが大事になります。

海外インテリアの特徴【装飾】

部屋全体のカラーコーディネートを重視している

海外インテリアでは、家具単品ではなく部屋全体のイメージをまとめることに重点を置いています。そしてお部屋のイメージを整えるための重要なポイントがカラーコーディネートです。そのためヨーロッパなどでは、お部屋づくりは色選びからスタートするというのも珍しいことではないのです。

ビビットなカラーを使う場合、お部屋全体にその色を点在させることがポイント。また、ごちゃごちゃして見えないようにアクセントとなる色を絞ることも重要です。

モノトーンやベーシックな色でまとめる場合、家具・カーテン・ラグなど部屋全体を統一することがポイント。また、色ではなく柄でアクセントを加える方法もあります。

壁を利用して個性を演出している

海外と日本の住まいを見比べた際、すぐに違いに気づく場所が壁面です。海外ではお部屋の一部の壁にペイントをしたり、アクセントクロスを貼ったりして内装にも遊び心を加えることもポピュラーになっています。また、壁一面を大胆に使ったウォールデコレーションも多く目にすることができます。

海外では様々な色や柄をあしらったアクセントクロスがよく用いられています。写真のようにクラシカルで大ぶりな柄でも、落ち着いた優しい色合いであれば上品なイメージを演出することができます。

ポスターや絵画を複数組み合わせてウォールアートを楽しむ方法も海外インテリアらしさを感じます。まさに「お気に入りに囲まれた空間」が表現されています。

マンションで海外インテリアを演出するための装飾のコツ

ファブリックでお部屋をカラーコーディネートする

インテリアのカラーコーディネートでは、ファブリックアイテムを使います。その際、海外インテリアのようにお部屋全体で見た際のバランスや統一性という点を意識しましょう。一番失敗が少ない海外風のカラーコーディネート方法は、まずラグやカーテン、ソファカバーなど面積が大きいファブリックをモノトーンやベーシックなカラーにすることから始めます。

ベーシックカラーのラグ

ベーシックカラーのカーテン

ベーシックカラーのファブリック

■ビビットなアクセントカラーを点在させる

海外インテリアのように思い切って鮮やかなカラーをアクセントにもってくる場合、そのカラーのアイテムをお部屋全体に点で置くことがコツです。写真のワンルームの場合は、パープル×オレンジの組み合わせがアクセントカラーです。ソファカバーを筆頭に、ベッドの方にもクッションや壁飾りで同じ組み合わせのカラーを点在させることで全体のバランスを整えています。

ビビッドなアクセントカラーの例

■モノトーンやベーシックカラーでまとめる

海外の都会的なインテリアのように、あえて色を統一して開放的でシックな空間を楽しむ場合、アクセントとなるファブリック小物もベースの色に揃えましょう。例えばカーテンやラグなど部屋のベースの色がライトグレーの場合、クッションや壁飾りは黒やダークグレーなど濃いカラーにすると印象が引き締まり、バランスの良いモノトーンインテリアが出来上がります。

モノトーンなアクセントカラーの例

おすすめコラム

  • アクセントカラーで演出するオリジナルなインテリアコーディネート
    アクセントカラーで演出するオリジナルなインテリアコーディネート

    インテリアの印象はカラーコーディネートによって大きく変わります。そして、アクセントカラーは自分好みで組合せや配置を決めることができるので、お部屋のテーマやオリジナリティを表現するのに大切な要素と言えます。アクセントカラーの効果的な取り入れ方を学び、自分らしいインテリアコーディネートを演出しましょう。

  • モノトーンインテリアのつくり方~日本の住まい・部屋に取り入れるコツ~
    モノトーンインテリアのつくり方~日本の住まい・部屋に取り入れるコツ~

    部屋を白・黒・グレーなどでまとめたモノトーンインテリアは性別・年齢問わず人気のスタイルです。簡単にコーディネートしやすい点が人気の理由のひとつですが、そこへひと工夫することでオリジナリティも演出することができます。また、日本の住宅・部屋でモノトーンインテリアを取り入れる場合は注意しなければならないポイントがあります。そこで今回は日本の住まい・部屋でのモノトーンインテリアのつくり方や、人とは違うコーディネート方法などをご紹介します。

壁面装飾を取り入れる

日本の賃貸マンションなどの場合、あまり壁をいじりたくないと思っている方も多いかもしれません。しかし最近では壁を傷つけないような壁掛け部品や、シール状で簡単に貼って剥がせる壁紙も数多く出回っています。狭い空間だからこそ、壁を有効活用することが海外風インテリアに近づくための大切なポイントになるのです。

壁掛けアイテム

おすすめコラム

  • 壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方
    壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方

    目を惹くおしゃれな壁飾りは、お部屋の印象を左右するインテリアの重要な要素のひとつです。そして、それをセンスよく飾ることで、更に洗練された空間を演出することができます。うまくコーディネートできるか心配、どうやって壁に飾ればよいか分からないという方でも、ちょっとした飾り方のコツを知れば、誰でも簡単に壁面のインテリアを楽しむことができます。

  • 【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方
    【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方

    より素敵な空間を創り上げる方法のひとつに、壁飾りやインテリアアートなどの壁面装飾を壁に掛けて飾る方法がございます。このコラムでは、壁面装飾を壁に掛ける方法や使用する道具をご案内しながら、アートパネル、ファブリックパネル、ウッドパネル、壁掛け時計や壁掛け花器などのa.flatの壁面装飾のおすすめの掛け方をご紹介します。

【実例集】マンションの海外風インテリアコーディネート

ここでは海外インテリアの要素を取り入れたコーディネート実例をご紹介します。マンションの間取りに合う家具やコーディネートを取り入れつつ、海外インテリアのポイントや各地のスタイルの特徴も織り交ぜて、日本の住まいに合う海外風インテリアを演出していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

①ブルーが映えるビーチスタイルの西海岸風インテリア

■無垢材家具×ブルーの組み合わせ
明るいトーンの内装でまとまった新築マンションに、ダイナミックなイメージを与える無垢材家具とブルーカラーで西海岸スタイルを演出。ホワイト・ブラウン・ブルーの対比が西海岸のビーチを連想させ、リラックス感のある爽やかな印象を与えています。

②ミックスインテリアで演出した都会的なアーバンリゾート風インテリア

ダークブラウンの家具+自然素材の家具
ニューヨークのような大都市らしい洗練された雰囲気に仕上げるため、ホワイトカラーの内装に映えるようなダークブラウン色の家具をベースにコーディネート。さらにラタンのソファやヒヤシンスのアームチェアなど自然素材のアイテムを所々にミックスさせ、スタイリッシュなモダンスタイルに個性的な要素も加えてラフな印象に。

③グレー×パープルカラーの神秘的なオリエンタル風インテリア

ロースタイル×パープルカラー
ローソファを中央にレイアウトすることで広々とした印象を与えています。また、グレー調のクールな内装を活かし、ラタン製の家具にアクセントカラーのパープルを大胆にミックスしてラグジュアリーに仕上げました。香港やシンガポールなど東洋の大都市のような神秘的で洗練された雰囲気を感じることができます。

④ホテルライクなアジアンリゾート風インテリア

ロースタイル×カラーコーディネート
各部屋にリゾートホテルを思わせるかのような内装材を使用したマンション。その雰囲気を活かし、落ち着きのあるパープルとその補色であるイエローという大胆な組み合わせで家全体のアクセントカラーを統一することで、アジアン風に仕上げています。ベッドルームには羽型フレームのローベッドを中心にコーディネートし、リゾートホテルのような非日常的な印象を与えています。

⑤南国ムード漂うハワイアン風インテリア

自然素材の家具×オレンジカラー
無垢材の家具やヒヤシンス材のアームチェアなどラフで柔らかな印象を与える自然素材と、オレンジカラーや花柄などトロピカルな装飾でハワイアンスタイルを演出しています。トータルコーディネートによって狭いワンルームマンションでも海外風のインテリアを演出することができます。

⑥装飾や色使いにこだわったバリ・アジアン風インテリア

インテリア装飾×カラーコーディネート
ダークブラウン+グリーン・パープル・オレンジというアジア特有の色使いでエスニックな雰囲気を演出しています。クッションや壁飾りといった小さいアイテムを使い、色の偏りがないようお部屋全体にアクセントカラーを点在させることで絶妙なバランス感を演出。独特のムードがある非日常空間に仕上がっています。

⑦シックなニューヨークスタイルをミックスしたインテリア

ヒヤシンス(DG)家具×パープルカラー
明るい光を取り込んだ開放的な空間を活かすため、ロースタイルの家具を取り入れたコーディネート。また、ラフな素材感を楽しみつつシックなイメージも持ち合わせたヒヤシンス(DG)の家具を中心にレイアウトしています。さらにグレー色と相性の良いパープルカラーを組み合わせることで、都会らしい洗練された大人の空間を演出しています。

⑧タワーマンションでビーチリゾートを再現したインテリア

ヒヤシンス家具×カラーコーディネート
都会を一望できるタワーマンションに、あえて正反対なイメージであるアジアンスタイルを取り入れています。ヒヤシンス素材とブルーのアクセントカラーでリゾートのビーチのような爽やかさを演出しつつ、タワーマンションの雰囲気に合うよう所々にシックなグレー色も加えています。都内ならではの眺望を楽しみつつ、リゾートの非日常感も味わえるコーディネートです。

⑨クラシカルな要素をミックスしたヨーロピアン風インテリア

ミックススタイル×グリーンカラー
ナチュラルな無垢材家具の中にクラシカルなデザインのキャビネットを加えることで、ヨーロッパのアパルトマンのようなラフなミックススタイルを演出しています。少しダークな色合いのグリーンカラーが異なるテイスト同士をうまくまとめつつ、落ち着いたイメージを与えています。

海外風インテリアづくりのためのコーディネート相談サービス

a.flatのコーディネートサービス

お部屋を海外風にコーディネートしたいけど、具体的にどうすれば良いか分からないという方は、無料のコーディネートサービスをご検討ください。a.flatでは3Dシミュレーションを使ってご自宅のイメージを再現しながらご提案やアドバイスをしています。
※本サービスはa.flatの家具・インテリアをご検討中のお客様向けとなります。

ご相談窓口について

ネットショップ
遠方のお客様や、基本的にメールや電話でご相談のやりとりを行いたい方は、a.flatネットショップのスタッフまでご相談ください。

店舗
実際の商品を見ながら相談したい方はa.flat各店舗にご相談ください。
a.flat目黒通り本店
a.flat新宿店
a.flat大阪梅田店

まとめ

今回はおしゃれで人気の高い海外インテリアの魅力と、日本のマンションでもできる海外風インテリアについて紹介しました。海外インテリアはコーディネートの方法にあまり制限を設けず、個性的で自由な表現がされています。海外風のコーディネートをする際は、自分の中にあるインテリアの固定概念を取り払うところから始めてみても良いのかもしれません。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.