• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

【特集】3LDKのレイアウト、インテリアコーディネートで家族との素敵な時間を過ごす

公開:2018/12/13

更新:2021/3/1

ライター:大阪梅田店亀山

【特集】3LDKのレイアウト、インテリアコーディネートで家族との素敵な時間を過ごす

部屋の間取りには、様々な種類があり、それぞれお住まいになられる方の住環境に合わせて選ぶことが大切です。今回のテーマである3LDKは、ご家族向けに最適な間取りとして、マンションなどに多く見られます。ではその3LDKのリビングダイニングと3つの部屋を有効的に使うには、どのようなレイアウトを採用するべきなのか、どのようにコーディネートすればよいのか。今回は3LDKの空間で、ご家族がゆったりとお過ごし頂くためのレイアウトとインテリアの特集をご紹介させて頂きます。皆様にとって快適にお過ごし頂ける、最適な空間作りを再現してみましょう。

家族で過ごす、3LDKのレイアウトをイメージする

家族向けの間取りとして、お住まいになられることが多い3LDK。家族にも様々な生活スタイルや家族構成があり、それぞれのご家族が快適にお過ごし頂ける、3LDKのレイアウトを行うことが大切です。それぞれの3LDKの使い方を考えてみましょう。

家族の生活スタイルに合わせやすい3LDK

一般的に1Lは一人暮らし、2LDKは二人暮らしの方に考えられた間取りとなり、3LDK以上の部屋はファミリー向けに、ゆったりとお過ごし頂くことができる間取りとなります。特に3LDKはご夫婦+お子様1~2人の3~4名で暮らすスタイルにぴったりの間取りです。

3LDKの様々な間取り・レイアウト

3LDKとは、リビングダイニングと別に3つの部屋を組み合わせた間取りですが、3LDKにも様々なレイアウトパターンがあります。和室を組み合わせたものや子供部屋、書斎、寝室と使い方も様々。またリビングダイニングも部屋のサイズや形に合わせて、様々なレイアウトがあり、1つ1つの空間に合った、ご家族で過ごしやすいレイアウトを考える必要があります。

理想の3LDKに住まう、家族との生活に合わせたレイアウトの組み方

家族との生活に合わせたレイアウトを行うことで、快適で過ごしやすい理想の3LDK空間が実現できます。3LDKは部屋数も多く、どのようにレイアウトするかによって、それぞれの暮らしやすさが変わります。具体的なレイアウトの組み方について確認していきましょう。

リビングダイニング+3つの部屋のレイアウト・使い方

3LDKの空間は、メインルームとなるリビングダイニングの他に、3つの部屋を組み合わせた間取りになります。リビングダイニングは食事を取り、家族が集まる場所ですが、3つの部屋は使い方が自由な空間になります。ここでは、それぞれの部屋の使い方やレイアウトをご紹介していきます。

【3LDK】リビングダイニングのレイアウト

3LDKのリビングダイニングは、ご家族団欒でお食事を取り、会話を楽しんで寛ぐメインルームとなります。リビングダイニングには様々な広さと形がありますが、それぞれの部屋やご家族の生活スタイルに合わせて、最適なレイアウトを実現することが大切です。

リビングダイニングのポイント

3LDKのリビングダイニングをレイアウトする際にポイントとなるのは、ソファ・ダイニングテーブル・テレビボードの配置になります。この3つの主要アイテムを空間に合わせて上手く配置することが大切です。生活のしやすい動線や、家族構成も加味した家具のサイズも考えて選ぶ必要があります。

【3LDK】寝室のレイアウト

3LDKの3つの部屋でまず必要となる寝室。ご家族がそれぞれゆったりお休み頂くための寝室は、部屋の広さに合わせて様々な配置のパターンがあります。必要なベッドサイズや部屋の導線も考えながら、快適な寝室を作ることが出来るように、最適なレイアウトを実現してみましょう。

寝室のポイント

3LDKの寝室をレイアウトする際に、ポイントとなるのは、それぞれの家族構成に合ったベッド数とベッドサイズ、ゆとりのある動線の確保です。人間にとってとても大切なものである、睡眠を取る場所を快適にレイアウトすることで、日々の暮らしがより充実してお過ごし頂けます。

【3LDK】書斎、プライベートルームのレイアウト

3LDKの3つの部屋は寝室だけでなく、ご家族の書斎や趣味などのプライベートルームとしてもお使い頂くことで、さらに住みよい部屋作りができます。有意義で快適なお時間をお過ごし頂くための書斎、プライベートルームは、3LDKだからこそ実現しやすい空間です。

書斎、プライベートルームのポイント

3LDKの書斎、プライベートルームをレイアウトする際にポイントとなるのは、限られたスペースにバランス良く家具を配置することです。書斎やプライベートルームとして使用する空間は6~8畳が多く、圧迫感を与えないように、壁面に沿って家具を配置することですっきりとした印象が作ることができます。

【3LDK】和室のレイアウト

3LDKの3つの部屋の1つに採用されていることが多い和室。来客用のスペースや床で寛ぐスペースとして取り入れられていることが多く、リビングダイニングに隣接した間取りにも多く見られます。他の部屋とは異なった、雰囲気を感じることができる、特別感を与えられる空間です。

和室のポイント

3LDKの和室空間は、6畳前後の広さのものが多く見られます。寝室などに比べてコンパクトな空間となる、和室を上手くレイアウトするためには、厳選した家具のみを配置しましょう。和の洗練された空間を演出する座椅子や、自然素材の質感が伝わる間接照明を取り入れることで、完成度の高い空間になります。

【3LDK】ベランダ・バルコニーのレイアウト

3LDKの3つの部屋とは別に、空間に特別感を生み出してくれるベランダ・バルコニースペース。屋外の開放的な空間をご家族で満喫して頂くために、是非こだわってレイアウトしていきたい空間です。マンションの屋外スペースでも、テーブルセットなどでお楽しみ頂けます。

ベランダ・バルコニーのポイント

3LDKのベランダ・バルコニーをレイアウトするポイントは、屋外スペースの広さを確認して、圧迫感の出ないサイズの屋外家具を取り入れましょう。屋外で寛ぐスタイルにも、ソファタイプやテーブルタイプがあります。ご家族が希望される寛ぎのスタイルに合わせてレイアウトしていきましょう。

家族の憩いの時間を作る3LDK・リビングダイニングのレイアウト

ここからはまず3LDKのメインルームとなる、リビングダイニングのレイアウトについて、詳しく確認していきましょう。リビングダイニングは他の空間に比べて広さもあり、ご家族皆様が集まる場所ですので、過ごしやすさなども考えながら、こだわって部屋作りをしていくことが大切です。

家族構成や生活スタイルに合わせたリビングダイニングを作る

お仕事や学校、家事が終わり、ご家族皆様が集まり、ゆっくり寛ぐ特別な場所であるリビングダイニング。家族構成やそれぞれの生活スタイルに合った空間を作る必要があります。家族全員が集まる空間ですので、できる限り開放的に使うことが重要で、あまり物が多くならないようにインテリアも厳選することを考えましょう。また窓の光を遮らないレイアウトなどを意識することも大切なポイントとなります。

3LDKのメインルームとなるリビングダイニングは、お家の主役となる部屋です。家族皆様が心地良く過ごせるようなレイアウトや動線作り、家具やインテリア選びをこだわって考えましょう。

様々な3LDKリビングダイニングのレイアウト例

ここからは実際の3LDKリビングダイニングのレイアウト例をご紹介していきます。様々な形や広さの3LDKリビングダイニングを、どのように家族が住みやすいレイアウトを実現されているのか、チェックしていきましょう。

9畳縦長のリビングダイニングのレイアウト例

戸建て、3階建ての3LDKリビングダイニング、10畳のレイアウト例です。空間が縦長の形であるため、家具のレイアウトなどを工夫して行う必要があります。ご家族が移動しやすい動線作りを、意識してレイアウトすることで、奥に広く、抜けた印象を与えることができます。

レイアウトポイント

縦長リビングダイニングに一本、開放的な動線を作ったレイアウト

縦長リビングダイニングを魅力的に見せるポイントは、奥に広い、開放的な動線を作りながらレイアウトすることです。こちらのリビングダイニングは、ローテーブルなどの動線を遮るようなアイテムを置かず、一本の動線を意識してレイアウトしています。

家具のポイント

コンパクトサイズで大きさを抑えたソファと、拡張性のあるダイニングテーブル

縦長の空間に合わせて取り入れた家具は、圧迫感を抑えて、広々とした動線作りに効果的な、コンパクトソファと拡張性のあるダイニングテーブルを採用。縦長のリビングダイニングは横幅を広めに取って、奥行きを抑えた家具選びを行いましょう。

ラン・コンパクトソファ(ラタン)
「ゆとりある生活動線の実現」と「様々な座り方で寛げる」を追求したラン・コンパクトソファ。アームに腕を掛けたり、体を預けてリラックスできるのが特長です。

エクステンション・ダイニングテーブルv02 950
ライフスタイルに合わせて天板を伸長できるダイニングテーブル。来客時や家族構成の変化に応じて、2人掛けから4人掛けへと天板幅を変えられる機能性が魅力のダイニングテーブルです。

インテリアのポイント

後退色のブルーやルーバーデザインで奥行きを感じる空間

後ろに広がって、奥行きがあるように見える後退色のブルーは、縦長リビングダイニングを広く見せることができます。またルーバーデザインの家具を取り入れることで、視覚的に横の広がりを感じさせてくれる効果があります。

ルーバー・テレビボードv02 1800H
海風がもたらす、打ち寄せる波から着想を得たデザインが魅力のルーバー・テレビボードv02。シンプルな水平ラインが洗練さや素材の温もりを感じさせます。奥行きを感じさせるデザインがポイントです。

CLブルー(ラン・コンパクトソファ用カバー)
リゾートの爽やかな海風を運んでくるような、ブルー系のファブリック。リラックスした空間を演出し、せわしない日常にやすらぎを与えてくれます。後退色が空間に広がりを与えてくれます。

おすすめコラム

  • 東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート
    東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート

    東京に多く建てられている「狭小住宅」に合う家具選びとインテリアコーディネートを、実例と共にご紹介します。細長い特徴的な間取りのリビングダイニングを、コンパクトな家具やブルーのカラーコーディネートで開放感溢れる空間に仕上げております。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

12畳縦長のリビングダイニングのレイアウト例

マンションの3LDKリビングダイニング、12畳のレイアウト例です。ブラウンカラーの床材が自然の温かみを感じさせてくれる空間。こちらのリビングダイニングは縦長タイプで、和室が隣接しているレイアウトのため、開放感を意識した、ストレスフリーな空間を実現しました。

レイアウトポイント

窓を遮らない、開放感のあるリビングダイニングを実現したレイアウト

リビングダイニングには、大きめの掃き出し窓をどのように見せるかがポイントになります。窓を遮らないレイアウトを意識することで、開放感のあるリビングダイニングを実現することができ、ベランダへの動線も作ることができます。

家具のポイント

ロースタイルのソファ、ダイニングテーブルで開放的に見せる

リビングダイニングの空間に、開放感を与えるためには、高さを抑えたローソファ、ローダイニングテーブルを採用することが効果的です。家具の高さが、部屋の見せ方に直結しますので、サイズの大きいソファでも高さを下げるだけで印象が変わります。

ケイ・ローソファ(ヒヤシンス)
「日本人らしい床に近い暮らし」をテーマにデザインされたロースタイルのソファです。お子さまがいるご家庭や、床に座って過ごすことが多い方にもソファの暮らしを取り入れやすいソファです。

モク・ローダイニングテーブル
自然の中に立ち並んだ大木の佇まいからインスピレーションを得たモク・ローダイニングテーブル。通常のダイニングテーブルより高さを下げることで、広々と開放的で、デスクワークも行いやすくなります。

インテリアのポイント

温かみを感じるレッドカラーと、ヒヤシンス素材のアクセントが映える空間

こちらのリビングダイニングは、リゾート感の溢れる部屋作りをテーマにインテリアのコーディネートをされています。アクセントのポイントになるレッドカラーのファブリックと、ヒヤシンス素材のソファが、空間に自然な温かみを与えています。

ウォーターヒヤシンス
ホテイアオイと呼ばれる水草の茎を刈り取って、熟練の職人がロープ状に加工したものがウォーターヒヤシンス素材。空間にアクセントを与えてくれるアイテムです。

PUレッド
温もりのある風合いを表現した赤系のコーディネートは、日没の時の移ろいを感じられ、どこかノスタルジックな雰囲気を演出します。リゾートのアクセント使いにぴったりです。

おすすめコラム

15畳縦長のリビングダイニングのレイアウト例

戸建て、2階建ての3LDKリビングダイニング、15畳のレイアウト例です。部屋の広さに合った家具のサイズを配置することで、全体的にご家族が過ごしやすい動線を実現できています。ブラウンカラーとパープルでまとめたコーディネートは、統一感のある、上品な空間に仕上がりました。

レイアウトポイント

ソファ、ダイニング周りに余裕のある動線を実現したレイアウト

15畳と広めのリビングダイニングに対して、余裕のある動線作りが、ご家族の生活のしやすさを実現できています。ソファやダイニングテーブルは、空間に合ったサイズを選ぶことで、全体的にゆとりのある動線作りが行えています。

家具のポイント

家族の寛ぎ時間を充実させるソファとラウンジチェア

リビングダイニングの空間で寛ぐ場所といえば、ソファと考える方が多いと思います。こちらのリビングダイニングでは、座り心地を重視したソファとラウンジチェアを取り入れて、ご家族の快適な寛ぎ時間をイメージされています。

シン・ソファ(ヒヤシンスDG)
快適な座り心地と機能性を実現したシン・ソファ。アームの奥行を短く、その分座面幅を広く、立ち座りのし易さや、ソファで横になる時に脚が伸ばせるなど、細かいところにも配慮したソファです。

ウッド・ラウンジチェア
安楽性の高いヘッドレストと無垢材フレームで構成された線の細いデザインが特長のウッド・ラウンジチェア。クッションに何層もの素材をバランスよく使うことで、上質の座り心地を実現しました。

インテリアのポイント

ダークブラウン×パープルの上品でノスタルジックな空間

ダークブラウンの落ち着いた木目調の床材を取り入れられた、リビングダイニングに合わせて、家具はダークブラウンカラーで統一。ダークブラウンと相性の良い、パープルカラーのファブリックをアクセントに加えることで、ノスタルジックな空間を演出しました。

アートパネル
丘に咲く花のような艶やかさを紫のグラデーションで映し出すアートパネル。日本三大和紙の1つである「越前和紙」に描いた繊細な紫の格子模様が、空間にアクセントを作ります。

PUパープル
ミステリアスでノスタルジックな雰囲気を醸しだすパープル。神秘性のあるパープルとダークブラウンカラーの組み合わせは、高級感のある落ち着いた空間を演出することが出来ます。

おすすめコラム

10+5畳縦長のリビングダイニングのレイアウト例

マンションの3LDKリビングダイニング、10+5畳のレイアウト例です。こちらのリビングダイニングは、ソファスペースを広くとるために、背面の部屋をダイニングスペースとして拡張し、計15畳の空間としてお使いになられた変則的なレイアウトです。

レイアウトポイント

隣接する1部屋をリビングダイニングとして拡張させた、広々としたレイアウト

リビングダイニングに隣接した1部屋を、拡張して使うことで広々とした空間を実現しています。拡張した5畳をダイニングスペースとして使い、ソファ周りの空間を圧迫感のない、家族団欒をイメージできるスペースにレイアウトしています。

家具のポイント

ソファとダイニングどちらでも、家族がそれぞれの時間を楽しめるスタイル

ソファの背面にダイニングスペースを作ることで、ご家族それぞれが過ごす時間を、上手く共有できるような家具配置に。ダイニングスペースには、ダイニングベンチの背なしタイプを取り入れることで、開放的なソファとの繋がりを感じられます。

ウッド・ダイニングベンチv01 (GB)
背もたれの無いことによる開放感と、立ち座りのし易さが特長のウッド・ダイニングベンチv01。軽量で家具移動も簡単にでき、様々なシーンで活躍できるアイテムです。

ウッド・ダイニングチェアv03
ルーバーデザインの背もたれと、洗練されたフォルムが特長のウッド・ダイニングチェアv03 (GB)。線の細さと抜けを感じるスタイリッシュなデザインが特徴です。

インテリアのポイント

木材の質感とグリーンカラーが自然の魅力を引き出す空間

無垢材の温かみ溢れる家具と、鮮やかなグリーンカラーのファブリックを組み合わせた、自然の魅力を引き出すインテリアのコーディネート。都会の中で自然を身近に感じることができる環境を、室内に作ることでリラックス効果が得られます。

キューブ・テレビボード (GB)
アッシュ無垢材ならではの素材感、サイズや形が自由自在に変えられる拡張性が魅力のキューブ・テレビボード (GB)。無垢材を贅沢に使用したキューブシリーズは空間に自然の温かみを与えてくれます。素材感と拡張性の高さを兼ね備えたテレビボードです。

CLシン(ラン・コンパクトソファ用カバー)
アジアに広がる熱帯の森林をイメージした穏やかな緑のファブリックで、日々のストレスから解放させてくれる、癒しの空間を作り出します。穏やかで生命力あふれるグリーンのコーディネートは部屋も家族の心も豊かに彩ります。

おすすめコラム

  • 目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート
    目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

22畳横長のリビングダイニングのレイアウト例

高層階マンションの3LDKリビングダイニング、22畳のレイアウト例です。窓が多く開放的な空間に、エコカラットなどアクセントクロスを採用して、高級感溢れるイメージを実現。広々とした空間に大人数でも寛げる家具を選び、上質な時間を家族で過ごせるリビングダイニングになりました。

レイアウトポイント

ゆったり広々とした、家族団欒の大切な時間を楽しめるレイアウト

広々と開放的な空間に合った、ご家族団欒の時間やご友人など来客にも対応できるような、ゆったりと過ごせるレイアウトを叶えています。しっかりと動線をキープしながら、リビングダイニングが家族の特別な場所になるレイアウトです。

家具のポイント

広い部屋に存在感と寛ぎをプラスするハイバックのソファとチェア

広いリビングダイニングに、存在感と最高の座り心地を与えてくれるハイバックのソファとチェア。広い空間だからこそ、実現できるスタイルです。ソファは最大5名までお座り頂ける、コーナータイプを採用して、家族皆様での時間を楽しむことができます。

テン・ハイバックソファ
「こだわりの無垢材デザインと上質な座り心地」を追求したテン・ハイバックソファのコーナーセット。ハイバックデザインだからこその寛ぎ感は、他のソファセットとは一線を画す極上の座り心地です。

リン・ハイバックチェア
凛とした美しい佇まいが印象的な、リン・ハイバックチェア。シノワズリな背もたれの美しい曲線と、高級感のあるダークブラウンカラーが空間を引き立ててくれます。

インテリアのポイント

落ち着いた高級感溢れるブラウンベースの空間

こちらのリビングダイニングは、ダークブラウンの床材に合わせて、落ち着いた高級感溢れる、ブラウンベースのカラーコーディネートでまとめています。統一感を意識したダークベージュのソファカバーに、上品なデザインのTVボードをアクセントにしました。

レン・テレビボードv03
どこまでも連なる縦ラインが、シンプルな中にもどこか美しさを感じさせる、レン・テレビボードv03。上品で高級感溢れるテレビボードです。

PLダークベージュ(テン・ハイバックソファ用カバー)
3種の糸で織り上げることで独自の素材感を生み出したファブリックです。素材の質感に変化を与えることができるアイテムです。

おすすめコラム

ソファとダイニングをまとめたソファダイニングスタイルとレイアウト紹介

近年人気のスタイルとして、取り入れられる方が増えているソファダイニングスタイル。ソファでゆっくり寛いだり、食事ができたりと様々な過ごし方が可能なスタイルです。

ソファダイニングのレイアウト

ソファダイニングスタイルはソファとダイニングテーブルをそれぞれ配置することに比べて、場所を取らず、他のスペースを有効活用できる点が魅力です。レイアウトも部屋の形や、広さに合わせて組み替えることができるため、今後お引越しをされる予定がある方にもおすすめです。

ソファダイニングスタイルで使用したアイテム紹介

家族のスタイルで使い分ける~3LDK・3つの部屋のレイアウト・使い方

3LDKの間取りは、メインルームとなるリビングダイニングの他に、3つの部屋があります。リビングダイニングのレイアウトや使い方についてご紹介しましたが、ここからは3LDKの3つの部屋について、詳しくご紹介していきます。

3つの部屋の使い分け方

3LDKの3つの部屋は、家族構成やそれぞれの生活スタイル、間取りによって使い方も様々です。どの部屋をどのように使用するのか、ご家族のそれぞれの優先順位を考えながら決めていきましょう。3つの部屋によく使用されている部屋のパターンはこちらです。

寝室

3LDKの3つの部屋の使い方で、ほぼ必ず1部屋には採用されている寝室。人間にとって大切な睡眠を取るための、必要な空間となります。ご家族の人数によっては、寝室として2部屋使用するご家庭もあるため、3つの部屋の使い方を考える際には、最優先で検討したい部屋です。

3LDKの寝室は、家族構成によって必要な寝室とベッド数、ベッドサイズが変わります。また寝室は、限られた空間となるため、ストレスのない動線作りもしっかりと考えていきましょう。

書斎、プライベートルーム

仕事や趣味の時間をお過ごし頂ける、書斎やプライべートルーム。最近では、リモートワークでお仕事をされている方も増えており、1部屋このような空間を取り入れることで、効率的に集中できる時間を作ることができます。

3LDKの書斎、プライベートルームは、今後どのように使っていくか、考えることも大切です。お子様が大きくなられた際に、子供部屋としても使えるようなレイアウトを意識してみましょう。

和室

和室は他の部屋と差別化できる、特別感を出せる空間です。和のテイストを感じられる和室は、客間として使用したり、床座で寛ぐ場所としても使うことができます。空間全体のアクセントとして、和室で1部屋を使う方も多く見られ、心安らぐ場所としても人気です。

3LDKの和室は、もともと間取りに組み込まれているタイプが多いのですが、この空間を趣味の部屋やお子様が遊ぶスペースなどとして、上手く使用することで有効活用ができます。

様々な3LDKの3つの部屋のレイアウト紹介

寝室や書斎、プライベートルーム、和室など3つの部屋をどのように使うかは、お住まいになられる家族構成や生活スタイルで変わります。ここからは様々な3LDKの3つの部屋のレイアウトや使い分けを、実際に実例を見ながらご紹介していきます。

3LDK(LD12畳/書斎8畳/寝室7畳/子供部屋5畳)・3人住まいレイアウト例

こちらの3LDKは、リビングダイニング12畳+3つの部屋をそれぞれ書斎8畳、寝室7畳、子供部屋5畳としてお使いになられた、3人住まいレイアウト例です。全体的にブラウンベースの上品な印象を作り、アクセントにグリーンを取り入れて癒しの雰囲気を取り入れています。

【書斎】レイアウト・家具・インテリアのポイント

左右の壁面に家具を配置して、光を上手く取り入れたレイアウト

おしゃれで上品な、大人空間をイメージした書斎です。レイアウトのポイントは、掃き出しの窓を遮らず、光をしっかりと取り込めるように配置した点です。このように窓を遮らないレイアウトを行うことで、同時に動線にもゆとりを持たすことができます。

木材の温かみをたっぷりと感じさせてくれる家具選び

書斎やプライベートルームを、お考えの方におすすめしたい、木材家具中心の空間。木材を多く取り入れることで、部屋全体に温かみを持たせるコーディネートに。自然素材だから表現できる雰囲気を感じながら、お仕事や趣味の時間に集中して頂けます。

ワーク・デスク

無垢材の素材感と美しい曲線デザイン、そして抜群の収納力を兼ね備えたワーク・デスク。無垢材の天板や取っ手を滑らかなカーブを描くように削り出すことで生まれる、美しいデザインにこだわりました。書斎やプライベート空間を充実させてくれるおすすめのアイテムです。

【寝室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

ベッドの脚元の空間を広く取り、余裕のある動線を実現したレイアウト

7畳の寝室には、ダブルサイズのローベッドを配置して、開放感を意識したレイアウトに。縦長の寝室に対して、平行にベッドを配置することで、ベッド周りや脚元の動線が広く、ドレッサーや間接照明を置くスペースが生まれています。

【子供部屋】レイアウト・家具・インテリアのポイント

柔らかなグリーンのグラデーションを取り入れたカラーコーディネート

5畳の子供部屋として使用された空間は、明るく柔らかなグリーンのグラデーションを取り入れています。爽やかなミントグリーンと相性の良いグレーをベッド、カーテンに、壁面にはアクセントとしてイエローグリーンのクロスを取り入れています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

3LDK(LD12畳/寝室6畳/書斎5.5畳/子供部屋5畳)・3~4人住まいレイアウト例

こちらの3LDKは、リビングダイニング12畳+3つの部屋をそれぞれ寝室6畳、書斎5.5畳、子供部屋5畳としてお使いになられた、3~4人住まいレイアウト例です。非日常を感じさせてくれる、家族でリゾートホテルに来たような空間に仕上げられています。

【寝室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

ホテルライクな安らぎを生み出したレイアウト

ハワイの魅力を存分に堪能できる、ホテルライクな安らぎを生み出した、寝室6畳のレイアウトです。特別感を与えてくれる空間を再現するために、清潔感のあるホワイトカラーベースに、シックなブラウンと爽やかなブルーが好相性です。

無垢の素材感とファブリックのアクセントカラーが映える空間

無垢材の持つ自然の力強さが美しいベッドに、ハワイの森と海をテーマにした、自然の癒しを堪能して頂けるカラーコーディネート。ホテルの寝室で取り入れられるような、控えめなブルーカラーのポイント使いが、華やかなホテルライクな空間を作ります。

ムク・ベッド

「無垢材の癒し」により、心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。ヘッドボードには、アッシュ無垢材を贅沢に使用。無垢材でしか感じることのできない質感と木目が癒しを生みます。無垢一枚板のランダムな材幅とスリットが生み出す、リズム感のあるルーバーデザインも魅力です。

【書斎】レイアウト・家具・インテリアのポイント

ヒヤシンス素材をアクセントにしたチェアで変化を付けた書斎

リビングダイニングに隣接した5.5畳の書斎。ご自宅でお仕事をされることが多い方は、集中して作業ができる理想の空間。ブラウンでまとめた空間の中に、ウォーターヒヤシンス素材のチェアを取り入れることで、おしゃれな空間のアクセントとなります。

ムン・ダイニングアームチェア (ヒヤシンス)

夜空に浮かぶ「月」をテーマにデザインしたムン・ダイニングアームチェア (ヒヤシンス)。ヒヤシンスの素材感がデスクやテーブルに、アクセントを付けてくれるアイテムです。背面のカーブが身体を優しく包んでくれます。

【子供部屋】レイアウト・家具・インテリアのポイント

お子様の成長を見届けらえる、充実した子供部屋

3つ目の部屋は、5畳のお子様用の部屋になります。お子様が成長していく中で、長くお使い頂ける、ベッド、デスクを配置してコーディネートしています。カラーコーディネートは、爽やかなブルーカラーをメインに取り入れました。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート

    ご旅行など大切な思い出の地として思われる方も多いハワイ。今回ご紹介するのは、ハワイへ何度も訪れているお客様へご提案したリビングダイニング、書斎、寝室のインテリア コーディネートです。ご自宅でもハワイの魅力と、ホテルライクな寛ぎを感じて頂けるようご提案いたしました。ターコイズブルーを取り入れて、ハワイアンインテリアをコーディネートするときのポイントなどもご紹介しているので、是非参考になさってください。

3LDK(LD12畳/和室8畳/寝室9畳/ゲストルーム8畳)・3~4人住まいレイアウト例

こちらの3LDKは、リビングダイニング12畳+3つの部屋をそれぞれ和室8畳、寝室9畳、ゲストルーム8畳してお使いになられた、3~4人住まいレイアウト例です。シックな和モダンをテーマにした、モノトーンカラーでまとめた空間となっています。

【和室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

メインルームとの繋がりで統一感をアップさせる和室のレイアウト

メインのリビングダイニングルームは、グレーなどのモノトーンカラーを中心とした、和モダンテイストにコーディネート。メインルームと繋がる和室も、同じモノトーンでスタイリッシュな和を感じさせることで、全体の統一感をアップしています。

上品な和の雰囲気を作り出す、ラタン素材の座椅子

上質な雰囲気の和をテーマにした空間を、より魅力的に見せてくれる和室には、上品で繊細な印象を与えてくれる、ラタン素材の座椅子を取り入れています。丁寧に編み込まれた天然素材が、空間のアクセントとして和の印象をアップしてくれます。

座椅子(ラタン)

ラタンとアイアンフレームの組み合わせによる、素材の温もりとスタイリッシュなデザインが魅力の座椅子。床に近い暮らしはリラックス効果が高いと言われており、ラタンの繊細な編み目や素材感によって、さらに癒しの効果を高めてくれます。3LDKの和室を特別な安らぎの場所に変えてくれます。

【寝室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

部屋に圧迫感を与えない、シンプルなローベッド

9畳の寝室には、クイーンサイズのローベッドを配置して、圧迫感を与えない寝室に。ヘッドボードを低くすることで、窓の光を遮らず、抜けた印象を作ります。ベッドサイドには、ゆとりある動線を作るレイアウトを意識しています。

【ゲストルーム】レイアウト・家具・インテリアのポイント

来客をおもてなす、ホテルライクなゲストルームのレイアウト

8畳のゲストルームには、来客があった際にもゆったりと寛いで頂けるように、シングルサイズのローベッドを2台配置して、ホテルライクな空間を実現しています。モノトーンカラーでまとめた上品なコーディネートです。

3LDK(LD22畳/寝室13畳/書斎7畳/和室8畳)・4~5人住まいレイアウト例

こちらの3LDKは、リビングダイニング22畳+3つの部屋をそれぞれ寝室13畳、書斎7畳、和室8畳としてお使いになられた、4~5人住まいレイアウト例です。ブルーカラーをアクセントに、広々とした空間で家族団欒の時間をお過ごし頂けるレイアウトです。

【寝室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

家族全員で特別な時間を過ごすことができる寝室のレイアウト

13畳の広々とした寝室には、ダブルサイズ1台、シングルサイズ2台のローベッドを配置して、ご家族皆様で就寝して頂ける、ゆったりと寛ぐためのレイアウトを実現しました。寝室に取り入れたローベッドは、3台とも同じデザインのタイプで統一することで、開放感をキープしています。

チーク・ローベッド

チーク角材を組み上げたシンプルなロースタイルデザイン、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。ライフスタイルや間取りに合わせて、2台を離して使用するツインベッド仕様や、複数台繋げてお子様と一緒にお使いも頂けます。ホテルライクな落ち着いた気分が味わえます。

関連メニュー

  • チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~

    チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~のページです。チーク角材を組み上げたデザインで、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。チーク角材をそのまま生かしたスクエアなフレームがアジアらしさを感じさせます。フレームには高度な技術を要する「留め加工」を施すことで、角材感を表現しています。

鮮やかなブルーの壁面装飾

ゆったりと寛ぐための寝室作りを意識して、シーサイドをイメージしたブルーのファブリックをポイントにコーディネートしています。寝室はリビングダイニングなどに比べて、比較的寂しい印象になりやすい空間ですが、壁面装飾などを取り入れることで、華やかな印象を作ることができてオススメです。

ファブリックパネル

ファブリックパネルは、ソファやチェア等と同じ生地を使用した、壁面にアクセント加えることができるアイテムです。あらゆる部屋でファブリックのカラーコーディネートが楽しめるのが最大の魅力です。

【書斎】レイアウト・家具・インテリアのポイント

プライベートな時間を充実できる書斎のレイアウト

7畳の書斎には、ワークデスクとシングルサイズのローベッドを配置して、プライベートな時間を充実できるレイアウトを実現。趣味やお仕事に集中して取り組める時間をお過ごし頂けます。アクセントのブルーカラーが、他の空間との統一感を作りました。

【和室】レイアウト・家具・インテリアのポイント

和の心地良さを家族団欒で感じられるレイアウト

3つ目の部屋は、8畳和室の部屋になります。来客をおもてなす空間として、他の空間とはまた違った床座のスタイルを楽しんで頂ける、特別な空間です。和のスタイルが作り出す、落ち着いた時間を演出しています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び
    【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び

    海や山といった自然豊かな絶景を楽しめる「熱海」。都心からのアクセスも良く、日々の疲れを癒せるため別荘地としても有名です。熱海の絶景を眺めながら、快適に別荘で過ごすために、こだわりの家具・インテリアを選んでみてはいかがですか。今回のお客様実例は、非日常を感じられる熱海に別荘を持ち、極上の安らぎとワーケーションのような様々な別荘での過ごし方が出来るインテリアコーディネート・家具選びのポイントをご紹介致します。

家族との特別な時間を演出するテラス、バルコニーの使い方・レイアウト

3LDKには、メインルームのリビングダイニングと3つの部屋がありますが、もう1つ特別感を作り出すことができる、テラスやバルコニーもこだわりたいポイントです。屋外の開放的な空間をご家族で楽しめるように、レイアウトしてみましょう。

テーブルスタイル
マンションなどの屋外空間にも置きやすく、場所も取らないテーブルとチェアセットがおすすめです。

ソファスタイル
屋外空間のスペースに余裕のある場合は、寛ぎ時間を楽しめるソファセットがおすすめです。

3LDKの屋外空間におすすめのガーデンファニチャーシリーズ

ガーデンファニチャーシリーズは、強い日差しによる熱や風雨による色褪せに強く、耐久性に優れた素材を採用。またカバー生地のテンポテストは、色褪せしにくく、防カビ・防腐・防汚・エクストリーム撥水加工を施しています。耐久性と快適な座り心地、デザイン性を兼ね備えた、寛ぎの空間を演出してくれる全天候型のおすすめ屋外用家具です。

3LDKにおすすめの屋外家具アイテム

おすすめコラム

3LDKの家具配置・レイアウトを上手く行うための3Dコーディネート

a.flatでは無料で3Dを使ったコーディネートサービスをご案内しております。3Dコーディネートサービスはそれぞれの部屋にあった家具、インテリアの配置、カラーコーディネートなどをご紹介し、立体的に空間をご覧頂きながら理想の空間を実現するためのオススメサービスです。理想の3LDKを実現するための、最適なご提案をさせて頂きます。様々なインテリアコーディネートをご希望の際にも是非ご利用下さい。

3Dコーディネートサービスの流れ

まずはお持ちの図面をこちらでスキャンし、実際の部屋と同じサイズの空間を作成していきます。図面に合わせた正確なサイズで再現していきますので、いざ部屋に家具を置いた時にイメージしていた大きさと違うなどの失敗もなく、安心して家具を選ぶことに専念できます。

お客様の生活スタイルや家族構成をお聞きしながら、空間に対して最適な家具配置やカラーのご提案を行い、お客様と確認しながら家具を決定していきます。家具やアクセントとなる素材選び、お持ちの家具と合ったサイズとバランスも重視しながら、実際の快適な3LDK空間を意識してご案内致します。

実際に作成したお客様の理想空間を3Dイメージで様々な角度から確認して頂きます。図面ではイメージできない部屋の広さや家具を実際に置いたバランスを確認して、お住まいになる前から具体的なイメージが作れます。細かなカラーや配置の変更もその場ですぐに対応可能です。理想の3LDK空間が再現できるよう、幅広い知識を持ったスタッフがトータルでサポートさせて頂きます。

関連メニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

a.flatの店舗紹介

a.flat大阪梅田店

530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 水曜(祝日を除く)
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)

公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)

公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

おすすめコラム

まとめ

今回はご家族で過ごす3LDKのレイアウトと、インテリアコーディネートについてご紹介させて頂きました。

ぜひ家族団欒の大切な時間をより快適にお過ごし頂くための、部屋作りの参考にしてみて下さい。家族皆様の寛ぎと癒し空間が、毎日をより充実した日々に変えてくれます。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

a.flatの新着情報やインテリアの豆知識など、お部屋づくりに役立つ様々な情報をお届けしております。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.