• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

公開:2019/4/30

更新:2019/5/27

ライター:新宿店濱尾

【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

一人暮らしは自分好みの家具やインテリア、レイアウトを自由に選び部屋をつくる事が出来ます。また自分の好きなテイストやスタイルを取り込み、部屋をもっと自分好みのカラーにアレンジする事も出来ますね。今回は海をテーマに、広々とした開放的な雰囲気を部屋に与えるインテリアコーディネートを紹介します。

どこまでも続く海の魅力

どこまでも続く海や空は見る者に開放感を与えます。また爽やかな海風や海のブルーはリラックスした雰囲気を与え、遠くに見える水平線は心を落ち着かせます。ずっとその場で時間を忘れ海を見ていたくなるような、海にはそんな魅力があります。

海の魅力を一人暮らしの部屋に取り入れるメリット

部屋に開放感が生まれる

一人暮らしの部屋に海の魅力を取り入れることで開放感のある空間を演出し、部屋を広く見せることが出来ます。どこまでも続く海と空を取り入れた部屋をつくる事で、圧迫感のない快適な日々を過ごせます。

清涼感のある爽やかな気持ちを与える

海を感じる一人暮らしのコーディネートは心が落ち着く波の揺らめきや爽やかな海風、ブルーがもたらす清涼感を部屋に与え気持ちを爽やかにさせます。日々の暮らしを快適にする効果があるため、海が好きで海の近くに住んでいる方にはもちろん、都会や内陸で海が遠い地域の方にもおすすめです。

穏やかな落ち着きも得られる

海には様々な表情があります。その表情の違いは開放的で爽やかな印象を与えることもあれば、ゆったりと穏やかな落ち着きを与えることもあります。海の魅力を取り入れる事で、穏やかにゆったりと寛げる部屋を作る事も可能です。

一人暮らし・ワンルーム(12畳)に海の魅力を取り入れる

海の魅力を取り入れる部屋の作り方を、まずは一人暮らし・ワンルームからポイントを具体的に紹介します。

一人暮らし・ワンルーム(12畳) 海の開放感を取り入れたレイアウト

開放感で部屋を広く見せる

キッチンを抜けてワンルームの部屋に入った時、一番奥の掃き出し窓まで生活動線をまっすぐ確保することで、奥行のある広い部屋に見せることが出来ます。また生活動線がわかりやすく、過ごしやすいレイアウトでもあります。

一人暮らし・ワンルーム(12畳)の部屋に海の魅力を取り入れるポイント

  1. 開放感を生み出すロースタイルの家具と抜け感のある家具を取り入れる

  2. 海の水平線を感じるルーバーシリーズの家具を取り入れる

  3. 清涼感溢れる海の色のブルーでインテリアコーディネートをする

  4. 海を連想させるロースタイルを更に活かすインテリアを加える

1.開放感を生み出すロースタイルの家具と抜け感のある家具を取り入れる

ロースタイルの家具や抜け感のある家具は圧迫感を与えにくく、開放的でスッキリとした印象を与えるため海のように爽やかな部屋をつくる事が出来ます。

部屋の主役に軽快感のあるラタン素材の開放的なロースタイルソファ

軽快感のあるラタン素材の編み込みが、軽い印象を部屋に与えます。また高さを抑えたロースタイルのソファは部屋に圧迫感を与えにくく、空間を広く見せる効果があるため開放的な部屋を作る際に適しています。

ハイタイプとロータイプの部屋の印象の違い

ハイタイプは高級感はありますが、やや圧迫感があり固い印象です。

家具の高さを抑えると開放感が部屋にプラスされ爽やかな印象です。

関連メニュー

  • ロースタイルの暮らし

    ロースタイルの暮らしのページです。部屋を広く見せたい、床生活が好き、という方はロースタイルのインテリアコーディネートを取り入れてみましょう。一般的な高さを持つ家具と比較した場合に、 ...続きを読む

涼しげなガラスに海を感じるローテーブル

ガラス天板によって部屋に圧迫感を与えず、爽やかな印象をプラスします。涼しげなガラス天板と天板下の軽快なラタン素材の組み合わせが、海のような爽やかさを感じさせます。高さも330mmと抑えられているため、ロースタイルソファと相まって開放感を演出するローテーブルです。

スッキリとしたフォルムのサイドテーブル

コの字を描いた抜け感のあるフレームデザインが特徴的なサイドテーブル。直線で構成された潔いフォルムはスッキリとした印象で爽やかさを部屋に与えます。またコの字型のテーブルはソファのアームに差し込むことができ、使い勝手もいいデザインです。

2.海の水平線を感じるルーバーシリーズの収納家具を取り入れる

やさしい海風がもたらす打ち寄せる波から着想を得たルーバーシリーズの収納家具。どこまでも続く海の水平線のようなデザインが、一人暮らしの空間に海の雰囲気をもたらします。

人々の心を落ち着かせてくれる、ゆっくりと打ち寄せる波や穏やかな海の水面。

細く切り出した無垢材の一本一本が、穏やかで整然とした波の佇まいを表現しています。

一人暮らしワンルームのルーバーシリーズ収納家具の組み合わせ

テレビボードやキャビネットは、ロースタイルソファやローテーブルに合わせて脚無しタイプを選ぶようにしましょう。そうすることで、ワンルームに統一感が生まれ、より開放感のある部屋を作る事が出来ます。

テレビボード1500mmと43インチの組み合わせ。

幅850mm×高さ760mmのルーバーキャビネット。

おすすめメニュー

3.清涼感溢れる海の色のブルーでインテリアコーディネートをする

海の色であるブルーは、海の魅力を取り入れるコーディネートに欠かせません。部屋全体にブルーのインテリアをちりばめることで、自宅に居ながら海のような清涼感や開放感を感じることが出来ます。

ブルーをコーディネートに取り入れるメリット

  • 海のような爽やかな清涼感を感じられる

  • 鎮静色のため気持ちが落ち着く部屋作りができる

  • 後退色のため空間を広々とした印象に変えてくれる

海や青空をイメージさせる爽やかなブルーのファブリック

清涼感のあるブルーのファブリックをソファクッションやベッドのクッション、ベッドスプレッドに取り入れました。ブルーが空間に海のように爽やかさを与え、開放的な雰囲気に変化させます。ブルーの色味の濃淡を少し変えることで、自然の海に近い印象となります。

海のさざ波を感じるラグ

穏やかな波を彷彿とさせるブルーが、見る人の心を落ち着かせてくれます。ブルーは鎮静色と呼ばれ気持ちを静めてくれる効果もあるため、落ち着きのある寛ぎやすい部屋を作る事が出来ます。同じ海をモチーフとしたルーバー・テレビボードと相性が良く、さらに海を思わせるインテリアコーディネートになっています。

後退色のブルーでワンルームを広く見せる 

ブルーの色味は後退色と言い、他の色と対比して遠くに見える効果があります。ワンルームの部屋の一番奥にブルーを使うことで、奥行感が増し部屋を広く見せることが出来ます。開放的な空間を作る際にぴったりの色味です。

存在感のあるブルーのカーテンがワンルームの部屋に奥行を与えます。

部屋の奥にレイアウトしたベッドのインテリアも、ブルーでまとめることでより広く見えます。

ブルーを魅力的に見せるLED照明

普段使われることが多い昼白色の色味。

あえて青みがかった昼光色にすることで、ブルーとマッチした清涼感のある部屋となります。

ペーパーコードの繊細な編み目が、どこか人の手の温もりを感じさせるコード・LEDシーリングライト。また編み目から生まれる陰影や抜け感を味わえるシーリングライトです。調光調色機能付LEDを使用しているため、暖色(電球色)から白色(昼白色)、寒色(昼光色)と好みの光色と明るさに調節できます。

やさしく温かみのある光の電球色

太陽光に近い自然な光の昼白色

ブルーのコーディネートと相性の良い青みがかった光の昼光色

関連コラム

4.海を連想させるロースタイルを更に活かすインテリアを加える

ロースタイルの部屋と相性の良い座布団

ローソファを中心に家具を揃えることで、ソファで寛ぐ以外に床座生活がしやすくなります。ロースタイルの部屋は床との距離感が近く、相性が良いためです。来客があった際も座布団を出せば皆で団欒しやすいリビングに簡単に様変わりします。

ロースタイルの空間にメリハリを与える壁面装飾

ロースタイルでまとめているためスッキリと見えますが、空間の上が抜けているため悪く言えば寂しい印象です。

壁面装飾で縦へのポイントも作ることでメリハリが生まれます。高低差を上手く生かしたインテリアコーディネートになっています。

部屋をスッキリと見せる壁面装飾

タモ材を黒く染めた色味が空間を引き締め、スタイリッシュな部屋を演出します。大き目のサイズでも透明なアクリル板が抜け感を与えるため、圧迫感を生みにくいデザイン。開放的でありながら、洗練された印象の壁面装飾です。

一人暮らし・1LDK(LD10畳+6畳)に海の魅力を取り入れる(住み替え後)

続いては一人暮らし・1LDK(LD10畳+6畳)の海の魅力を取り入れたインテリアコーディネートをご紹介します。ワンルームから1LDKに住み替えたことでスペースに余裕が生まれ、その空間を活かし更に開放的な部屋となっています。

一人暮らし・1LDK(LD10畳+6畳)のインテリアと家具のレイアウト

前章の一人暮らし・ワンルーム(12畳)レイアウト
ワンルームの家具を全て1LDKでも使用します。

住み替え後の一人暮らし・1LDK(LD10畳+6畳)レイアウト
赤枠の商品は1LDKで新たに追加した家具です。スペースに余裕が生まれたことで、ワンルームで使用していたロースタイルに加えて追加をしています。間取りがワンルームから1LDKになったことでより開放感あふれる海を感じやすい部屋となっています。

一人暮らし・1LDK(LD10畳+6畳)の部屋に海の魅力を取り入れるポイント

  1. レイアウトとブルーのファブリックで海のようなリビング作り

  2. 開放感溢れる家具と海を感じるブルーのインテリアでダイニングを作る

  3. リゾート感溢れる開放的なバルコニー

  4. ロースタイルとブルーのインテリアで海のリラックス感を演出

  5. 更に海のムードを盛り上げるインテリア

1.レイアウトとブルーのファブリックで海のようなリビング作り

一日を通して過ごす時間が多いリビングは海の魅力をふんだんに取り入れて、ワンルーム時に比べてさらに清涼感溢れる部屋となっています。

海のような開放的で爽やかな空間を演出するために

リビングとベッドルームを繋げる

1LDKはリビングの隣がベッドルームとなる間取りが多いですが、あえてリビングとベッドルームを仕切る扉を開けっぱなしにしましょう。そうすることで部屋がひとつながりに見え、より開放的な印象を与えることが出来ます。またローソファは背面からでも開放的で、ベッドルームからリビングを見る形でも圧迫感を与えにくいです。

ブルーのオットマンを取り入れる

1LDKになりリビングに余裕が生まれたことでオットマンを追加しています。オットマンはソファに繋げて足を伸ばしたり、単体でスツールとしても使える便利な家具です。ラグやクッションカバーと異なる濃淡のブルーを取り入れる事で、リビング全体が自然の海の色味に近いカラーコーディネートになります。

1LDKのリビングに取り入れたブルーのカラー

2.開放感溢れる家具と海を感じるブルーのインテリアでダイニングを作る

開放感のある家具と海のカラーでもあるブルーのインテリアを取り入れる事で、ダイニングをスッキリと見せることが出来ます。

海の魅力を取り入れたダイニングの家具

開放感のあるローダイニングテーブル

高さを抑えて部屋に開放感を与えるローダイニングテーブル。二本脚のすっきりとした抜け感のあるフォルムが特徴的です。リゾートのような快適なダイニングを演出します。
※モク・ローダイニングテーブル近日販売予定

海を感じるルーバーデザインのチェア

背もたれの4本のルーバーが海を感じさせるデザインのダイニングチェア。シンプルで洗練されたフォルムがダイニングの開放的な雰囲気を保ちます。チェアは後ろから見ることの方が多いため、背もたれの抜け感や座面周りも、軽くすっきりした見た目となっています。

ダイニングには穏やかな海を思わせるブルーのインテリア

心が落ち着くブルーのチェアカバー

ブルーは部屋を開放的に見せる事以外にも効果を発揮します。ブルーは鎮静色と呼ばれる色味で、気持ちを静めてくれる効果も併せ持っています。そのためダイニングで落ち着いて食事をしたり、集中して読書をする際に相性のいい色味です。

リゾート地の海のような壁面装飾

ターコイズブルーのような色鮮やかな発色が魅力の壁面装飾。趣のある銅の発色が、リゾート地の美しい海を思わせ心を癒します。また縦へのポイントを作ることでロースタイルの部屋にメリハリが生まれ、バランスの良いインテリアコーディネートとなります。

3.リゾート感溢れる開放的なバルコニー

バルコニーには屋外特有の開放感があるため、海を感じるインテリアコーディネートとの相性が抜群です。リゾートホテルのような特別な空間を作り、一人暮らしの楽しみや寛ぎの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

バルコニーに使用した屋外用家具とインテリア

屋外に一年中置いておける耐久性と美しさを兼ね備えたチェア。

強い日差しや風雨による劣化を気にせず使用できます。

サイドテーブルやスツールとしても使用できる便利な家具です。

関連コラム

4. ロースタイルとブルーのインテリアで海のリラックス感を演出

リビングダイニング同様ベッドルームも、ロースタイルにすることで開放的で寛ぎやすいベッドルームを作ることが出来ます。また落ち着きのあるブルーのインテリアでリラックスした雰囲気も得られます。

開放的なロースタイルのベッド

コト・ローベッドはマットレスを落とし込めるフレーム構造の為、圧迫感を感じさせないロースタイルのベッドです。また羽根型フレームとなっており枕元に置いておきたいスマホ、目覚し時計、眼鏡がおけたりと使い勝手のいいベッドフレームです。

海の水平線を感じるルーバーデザイン

ヘッドボードはリビングのテレビボード、ダイニングのキャビネット同様穏やかに打ち寄せる波をモチーフにしたルーバーデザインとなっています。ベッドルームでも優しい海風がもたらす穏やかな海を感じ、安らぎを得ることが出来るローベッドです。

海辺をイメージしたベッドルームインテリア

開放的な海と空の青、綺麗な白い砂浜のビーチのイメージをベッドルームに取り入れています。

ベッドスプレッドとフットスローでビーチを再現し、海を感じることが出来ます。

間接照明でサンセットビーチのようなベッドルーム

温かみのあるオレンジの灯りが部屋の雰囲気を盛り上げてくれる間接照明。1LDKのベッドルームにサンセットビーチのような穏やかな空間を演出します。

優しい丸いフォルムのデザインとオレンジの穏やかな灯りが、サンセットのような温もりを感じさせ心を落ち着かせてくれます。

フロアランプのfuwari cube(S)は高さが抑えられたデザインのため、ロースタイルのベッドルームにぴったりです。

5.更に海のムードを盛り上げるインテリア

清涼感のあるブルーの雑貨や壁面装飾などのインテリアを取り入れる事で、更に1LDKの海のムードを盛り上げることが出来ます。

海の雰囲気を強めるインテリア

ファブリック・パネル
壁面に飾ったり、立てかけて飾ることもできるため気軽に取り入れて海の雰囲気をアップさせることが出来ます。

アート・パネル
波が打ち寄せる海の佇まいを青のグラデーションで描いたアート・パネル。青の濃淡が爽やかな雰囲気を与えます。

ガラスの雑貨
ガラスはスッキリとした印象を与えるため、爽やかで開放感のある海を感じるコーディネートにマッチします。

観葉植物
観葉植物は海を感じるコーディネートに合わせて、葉が細くスタイリッシュな植物を飾れば空間に良く馴染みます。

まとめ

今回は一人暮らし・ワンルーム(12畳)と1LDK(LD10畳+6畳)の海の魅力を取り入れたインテリアコーディネートを紹介させて頂きました。ロースタイルの開放的な空間とブルーを取り入れたコーディネートは爽やかで清涼感のある部屋となり海を近くに感じることが出来ます。是非ご自宅のコーディネートに取り入れてみてください。

おすすめコラム

おすすめコラム


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 新宿店

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.