• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

ベッド・マットレスが搬入ができない? マンションのエレベーターや狭小住宅の階段2階の搬入方法

ベッド・マットレスが搬入ができない? マンションのエレベーターや狭小住宅の階段2階の搬入方法

お気に入りのベッドを購入する際に「エレベーターに入る?」、「2階への階段搬入は無理かな?」など不安になることもあるかと思います。そこで、ダブルやクイーンサイズのベッドが搬入できないと諦める前に、こちらの特集をチェックしてみてください。安心して搬入できるベッドやマットレス、搬入方法が見つかります。

ベッドやマットレスが入らない・通らない理由

ベッドはベッドフレームとマットレスで構成されている商品。搬入の際はベッドフレームよりも、むしろマットレスの方が入らない事例が多いようです。その理由として、マットレスは一般的に折りたたんだり小さくすることができないので、長辺約2mほどのマットレスそのままの大きさでエレベーター・玄関・階段を通して搬入することになるからです。

ベッドフレームはヘッドボード、フットボード、サイドフレーム、スノコのパーツ構成になっており、ベッドの種類やパーツ毎に最大梱包サイズが違います。

マットレスは家具の中で一番大きなパーツ。搬入の際に、コイルやスプリングを使用したマットレスは一般的に折りたたんで小さくすることができません。

ベッドやマットレス選びで人気のダブルサイズ・クイーンサイズ

寝室をリゾートホテルのようなゆったりした印象に演出したい時は、幅が広いサイズがおすすめです。ベッドのサイズ選びは重要で、サイズ幅によりお部屋の全体の印象が異なります。ベッドルーム内の動線への影響もありますが、ダブルサイズやクイーンサイズのベッドはより贅沢なイメージが作れるでしょう。

ベッドの高さと幅の比較

サイズの大きなベッドは幅が広くて高さもあると圧迫感が出てしまうため、寝室をゆったり見せたい方には「低くて幅が広いベッド」がおすすめです。また、同じダブルサイズのベッドでも、選び方ひとつで寝室の空間が一変するため注意が必要になります。

■ダブルサイズのベッド例1
幅145cm×ヘッドボード高さ83cm

■ダブルサイズのベッド例2
幅169cm×ヘッドボード高さ18cm

搬入で悩むことも多いダブルサイズ以上のベッド・マットレス

定番のマットレスのサイズは4つ。この中で搬入経路によって入らない可能性があるのが「ダブルサイズ」「クイーンサイズ」のマットレスです。ベッドの購入を検討されている方は事前にお部屋に搬入できるか確認することをおすすめします。(※シングルとセミダブルの方も念のため確認してください)

■クィーンサイズ(2~3人用)
幅160cm

■ダブルサイズ(2人用)
幅140cm

■セミダブルサイズ(1~2人用)
幅120cm

■シングルサイズ(1人用)
幅97cm

基本となる5つのベッド・マットレスサイズとその違い

一般的なベッドの定番サイズはシングル、セミダブル、ダブル、クイーンの4つがあります。これにキングサイズのベッドを加えて5つのサイズを比較してみましょう。ベッドメーカーによりSS、DWなど特殊なサイズを扱っているところもあります。

大きいサイズは海外メーカーと大きく異なるのが見てとれます。そのため、ベッドフレームとマットレスをセットで購入する時はサイズの相性などに注意しましょう。

マンションの搬入でベッド・マットレスが通らないケース

ベッドフレームが組み立て式の場合はベッドフレーム側の問題はさほど大きくありません。むしろ搬入の際に問題となるのがマットレス。多くのマットレスは折りたたむことができない商品のため、そのままのサイズで家内に搬入する必要があり、どこで問題が発生するのか確認しておく必要があります。

■Case-1:エレベーターに入らない

マンションに居住されている方の場合、マンションのエレベーターのサイズは確認が必須でしょう。まず重要なのは長辺の長さ。一般的なマットレスの長辺は約200cmになりますので、長辺が各間口に入らなければ搬入ができません。(※a.flatのマットレスの長辺は195cm)

例えば、マットレス長辺が200cmある場合、エレベーターの間口高さは最低でも200cm以上は必要です。マットレスを傾ければ、長辺以下の間口高さのエレベーターにも入る場合があります。

高さに問題が無い場合、エレベーターの奥行きがマットレスの奥行きよりも大きければエレベーターで搬入が可能。奥行きがギリギリだとしても対角に移動すれば若干の余裕は生まれます。

入らない理由:シングルとダブルサイズ・クイーンサイズのマットレス比較

マットレス幅の比較は下の写真を見れば一目瞭然ですが、シングルサイズのマットレス幅が97cmに対してダブルベッド幅は140cm、クイーンサイズになるとマットレス幅は160cmにもなります。ここまで幅の差が大きいと搬入には注意が必要ですね。(奥行きは共通で195cm)

シングルベッドは大人一人使用の一般的なサイズです。一人暮らしにおすすめ。

ダブルベッドは大人二人使用の一般的なサイズです。二人暮らしで最も使用されています。

クイーンベッドは二人でゆったり、小さなお子様と一緒に寝るスペースも生まれます。

入らない理由:住居用エレベーターのサイズが異なる

マンションに設置されている「住居用エレベーター」。多くマンションが6人乗りと9人乗りを採用し、そのエレベーターには規格が設けられています。

エレベーターにマットレスが入らない場合は階段で上がるしか方法がなくなり、その場合には配送会社によって搬入不可や追加費用がかかる場合も。

6人乗りエレベーターサイズ(参考値)

  • 最大定員:6人

  • 有効出入り口寸法:80cm(間口)×200cm(高さ)

  • エレベーター内の寸法:105cm(幅)×115cm(奥行き)×220cm(高さ)

9人乗りエレベーターサイズ(参考値)

  • 最大定員:9人

  • 有効出入り口寸法:80cm(間口)×200cm(高さ)

  • エレベーター内の寸法:105cm(幅)×152cm(奥行き)×220cm(高さ)

エレベーターはメーカーによって寸法に違いがあるようです。あるマンションの9人乗りエレベーター内の寸法を実測したところ、105cm(幅)160cm(奥行き)×230cm(高さ)でした。このサイズだとクイーンのマットレスも問題なくエレベーターに入ります。

■Case-2:玄関やドア・廊下で通らない

マンションの廊下から玄関までの搬入経路はいかがでしょうか?エレベーターや階段などと比較すると比較的搬入しやすいですが、極端に狭いケースだとダブルやクイーンサイズが入らないケースもあるため事前に確認をしましょう。

玄関のドアや通路幅が部屋にL字で曲がって入る際の目安は通路幅80cm以上・ドア幅80cm、ドア高さが200cm以上あればマットレスのクイーンサイズの長辺を上面にして通りぬけできます。

搬入するのが完成品のベッドフレームのケースは基本的にマットレスと同じ注意点となります。ただし、ヘッドボードなどの一部パーツが大きく、取り外しができない場合は通らない可能性が大。

通らない理由:完成品と組立式のベッド比較

べッドフレームが完成品でマットレスよりも大きい場合は要注意。ベッドフレームもマットレスもドアの高さが200cm以上ないと短辺を上面にしての搬入は大変でしょう。ただし玄関前の通路幅に余裕がある場合はマットレスの長辺を上面にして搬入できる場合があります。

完成品のベッドはマットレス同様に搬入には要注意です。分解できないので、ダブルサイズ以上ともなると搬入は困難となります。

a.flatのベッドフレームは全て組み立て式。一番大きなパーツの最大梱包サイズさえ入れば、ベッドフレームの組み立ては問題ありません。

関連メニュー

  • ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~

    ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatベッド・ローベッドシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使う人のためにデザインされた機能性、アジアンリゾートのどこか優しい空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの寝室を思わせる開放的で落ち着いた空間が広がり、コーディネートとクオリティ、サイズ感(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)を確かめながらベッド・ローベッドを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

マットレスの長辺を上面にしてから玄関を通せるケース

マンションの廊下幅に余裕があったり、玄関前にアルコーブがついている場合は200cm程の幅があればマットレス長辺を上面にして玄関を通せます。

無理してマットレス短辺を上面にしてからの搬入をしなくても、より安全に長辺を上面にして完成品のベッドフレームやマットレスを通せるケースもあります。

「アルコーブ」とはくぼみの意味。マンション玄関前の1mほどの小スペースで外からの視線を隠す目的があります。あるマンションで実測したところアルコーブの奥行き95cm、廊下の幅が120cm。合計で215cmになり、このケースだとマットレスのクイーンサイズも長辺を上面にして安全に搬入ができます。

狭小住宅の搬入でベッド・マットレスが通らないケース

ダブル

戸建て、特に狭小住宅の2階へのマットレス搬入は最も注意すべきポイント。気を付けるのは「屈曲階段」のケースで高さにも注意が必要ですが、コの字型に上るので踊り場ではマットレスを立てて回転させる必要があります。その際に幅や奥行きが狭すぎると通らないことも。

■Case-1:階段から2階への搬入ができない

狭小住宅の階段ではダブルやクイーンサイズなどの大きめのマットレスの搬入はマットレス短辺以上の踊り場の奥行きが必要になります。

階段入り口の高さ、特に下がり天井だとそもそも登り口から通れないケースもあり。踊り場の天井高さはマットレスの長辺以上が必要。

□ 確認ポイントA:直線階段(幅)
直線階段はマットレスよりも幅が有るため基本的には問題なく搬入可能です。階段幅が70cm以上あればゆったりと搬入できます。

確認ポイントB:屈曲階段(踊り場の幅/奥行き)
屈曲階段は踊り場の幅と奥行きが重要です。踊り場は商品を縦にして移動しますが、マットレスを旋回する際に踊り場の奥行きがマットレスの奥行き以上に必要になります。クイーンサイズを想定する際は階段幅が約80cm以上踊り場の奥行きが約160cm以上あれば踊り場で回転させることができます。

確認ポイントC:屈曲階段(踊り場の高さ)
踊り場を経由してマットレスを搬入する際、天井の高さがマットレス長辺よりも高い必要があります。目安としてはプラス約20cmとしてください。(例)a.flatマットレスの場合長辺195cmの場合 ⇒ 天井の高さが215cm以上必要。

入らない理由:曲げるウレタンマットレスと曲がらないコイルマットレス比較

一般のコイル・マットレスは折りたためず厚みも20cmほどあります。ダブルやクイーンサイズになると、これが狭小住宅の階段から搬入できない直接の理由。同じクイーンサイズのウレタンマットレスは厚みが約8cmと薄く湾曲できるので搬入できるケースもでてきます。

スプリングが入った「コイルマットレス」は一般的に折りたためず、厚みが最低でも約20cmあります。マットレスがダブルサイズよりも大きくなれば、搬入は困難なケースがでてくるでしょう。

「ウレタンマットレス」であれば厚みが約8cm。特徴として適度にしなるため、狭い通路や階段でも搬入しやすいメリットもあります。肝心の寝心地がお好みと合うか、優先順位を考えて検討しましょう。

関連メニュー

  • ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~
    ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~

    a.flatで販売しているベッドシリーズのベッドサイズ一覧表をご紹介。各ベッドによって異なるサイズの違いや、その他情報などを比較することができます。特に幅や奥行きは部屋に配置する際に重要なポイントとなるため、ご自身にとってベストなサイズ感やデザインのベッドを見つけてみましょう。ベッド以外にもマットレスサイズ、ベッドパッドサイズ、布団・寝具サイズ、ぺっどスプレッド&スローのサイズ一覧表なども掲載しております。

ベッドやマットレスを安全に搬入するには?3つのチェックポイント

ベッドフレームやマットレスを安全に搬入するために必要なチェックポイントは3つ。最大梱包サイズや搬入する経路に問題がないかを事前に確認しておけば、いざ搬入する際にベッドフレームやマットレスが通らない問題は回避できるでしょう。万一、通らない場合の解決方法も含めてご紹介します。

例えばホテルライクな暮らしに憧れてコト・ローベッドv02を買ってモノトーンカラーにしたい!でも「そもそも自宅にベッドフレームが入るのだろうか?」、そんな時はa.flatの商品ページにある最大梱包サイズをチェックしてみましょう。

1. ベッドフレームやマットレスの最大梱包サイズをチェックする

マンションでも戸建てでもベッドフレームやマットレスの搬入は不安になるもの。しかし、商品の搬入に関してチェックが必要なのは一番大きなパーツの『最大梱包サイズ』だけです。

a.flatホームページにはそれぞれの商品ページに最大梱包サイズを記載していますので、事前にチェックした上で、搬入経路の確認をしてみましょう。

ベッドフレームの最大梱包サイズをチェックする

例えばチーク・ローベッドv01脚付きであれば、ヘッドボード、フットボード、サイドフレーム、スノコ、サポート板、H用脚の6点でのパーツ構成になります。この6点の内、一番大きなパーツがサイドフレームとなり、ホームページに最大梱包サイズとして表記されます。

複数のパーツに分かれるa.flatのベッドフレームですが、部屋に搬入できるかどうか調べるにあたって全てのパーツを確認する必要はありません。

ベッドフレームのパーツの中で一番大きなサイズのものが入るかがカギとなります。a.flatの商品ページには各商品の『最大梱包サイズ』が明記されているので確認は簡単。

※各商品の最大梱包サイズは、商品ページ「搬入」の欄に記載しています。

組み立て式ベッドフレームを選ぶ際の注意点

組み立て式ベッドを選ぶ際の注意点は引越しや移動する際に「組み直しが可能か?」です。同じ組み立て式ベッドでも接合部を木ネジで直接固定するものや、接着剤を使うベッドは一度組み立てた後に組み直しができません。組み立て式ベッドはしっかり固定できないと永くご使用できないため注意が必要です。

関連メニュー

  • ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~

    ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatベッド・ローベッドシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使う人のためにデザインされた機能性、アジアンリゾートのどこか優しい空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの寝室を思わせる開放的で落ち着いた空間が広がり、コーディネートとクオリティ、サイズ感(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)を確かめながらベッド・ローベッドを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

マットレスの最大梱包サイズをチェックする

マットレスの『最大梱包サイズ』はベッドフレーム同様にa.flatホームページのそれぞれの商品ページに記載。最大梱包サイズをチェックした上で、搬入経路の確認をしましょう。

例えば、このマットレスは幅 1000 / 奥行 1980 / 高さ 230 mmと記載されているため、このサイズを基準に搬入経路を確認してください。

寝室を省スペースに収める脚付きマットレス

寝室はできるだけ省スペースにしたい方に「脚付きマットレス」という選択肢もあります。寝心地はベッドフレームを使ったマットレスとまったく同じ。脚を取り付けするだけのシンプルさで商品の搬入もあれこれ考えずマットレス1つのみなので、煩わしさもありません。

2. マットレスの搬入経路の簡単な測り方

マットレスのような非常に大きな商品を搬入するにはエレベーター、階段、玄関などの高さや幅によって入るかどうか不安になります。その不安を取り除く簡単なチェック方法として実寸サイズの定規で搬入経路の事前チェックをおすすめします。

定規づくりは身近なA4紙を使うと便利

A4紙は210mmx297mmなので、短辺の210mmをマットレス幅と仮定してセロテープなどで横につなげていけばマットレスの実寸定規(じょうぎ)になります。

マットレスの実寸にした定規を搬入に不安な場所にあてて簡単なチェックができます。

マットレスの定規は事前チェックのためのもの。本番の搬入ではマットレスは一回り大きな梱包材に包まれて配送されてきますので、目安として一辺5cm程度は余裕をもった方がよいでしょう。

※定規によるチェックで余裕がなかった場合は配送会社による搬入経路の下見確認サービスをおすすめします。

エレベーターの搬入サイズ

エレベーターのサイズを定規で事前チェックしてみましょう。マンションであれば6人乗りか9人乗りのエレベーターが多いと思いますが、それ以下でも定規でのチェックは有効です。

マットレス短辺=エレベーター奥行きとなりますので、余裕がないケースでも対角にして入るかチェックしてみてください。高さのチェックも忘れずに。

玄関・廊下の間口サイズ

マットレスの幅はさまざまですがスプリングマットレスだと20cm以上が一般的な厚みとなるでしょう。事前チェックをする場合は購入予定のマットレス幅に合わせた定規をつくり、簡単に搬入チェックができます。

マンションなどでは廊下からの搬入も入らないケースがあります。マットレス用の定規を用い、特に廊下から玄関を通るか実寸確認をしてみましょう。

玄関ドアから搬入の注意点は、マットレスの短辺を上にして入れるのか、長辺を上にして入れるのかで変わってきます。どちらも事前にチェックしましょう。

階段・踊り場の搬入サイズ

階段幅に余裕がない狭小住宅のマットレスの搬入はすごく大変。そもそも階段入り口から希望サイズのマットレスが入らないケースもあります。

事前チェックはマットレス短辺=踊り場の奥行き、マットレス長辺=高さの二種類の長さの定規で念入りにチェックが必要。

3. ベッドの搬入ができない時の解決方法

では、ベッドフレームとマットレスの搬入ができそうもない時はどうするのでしょうか。通常の搬入経路で入らない場合は特別な経路でマットレスをおさめたり、マットレス自体の搬入サイズを変える必要があります。

吊り上げ搬入のオプション有無と可否

通常の搬入経路でマットレスが入らない場合、配送業者によって吊り上げ搬入というオプションサービスが使えるケースがあります。

搬入場所や周辺状況にもよりますので、搬入経路下見サービスの結果で吊り上げ可否が決定します。

ベッドデザイン・ベッドサイズを変更する

そもそもベッドはデザインによってマットレスのサイズと異なるものもあります。「6畳だからダブルベッドを選ぼう。」など、単純に選ぶとベッドの搬入時に失敗するかもしれません。ベッドデザインやベッドサイズを変更することでお部屋へ搬入もより安全・快適になります。

例えば、羽型フレームが特徴のコト・ローベッドのダブルサイズはベッド幅が169cmあり、セミダブルサイズだとベッド幅は149cmとなります。

コト・ローベッドよりフレーム幅とマットレス幅に差が少ないチーク・ローベッド。ダブルサイズのベッド幅は152cm、セミダブルのベッド幅は132cmです。

搬入がしやすいa.flatのダブルベッド・クイーンベッド紹介

a.flatのベッドフレームはすべて組み立て式。搬入に不安がある大きなダブルやクイーンサイズのベッドフレームでもパーツごとにお部屋へ通り抜け。搬入しやすさも考慮したコンパクト梱包です。

狭い通路やエレベーターも安心の組み立て式ベッド

a.flatのベッドは全て、狭い通路でも搬入がしやすい『組み立て式』

ヘッドボード、サイドフレーム、フットボード、すのこ、とパーツ毎に分かれているためエレベーターからでも安全に搬入ができます。

組立式ならダブルベッドやクイーンベッドも搬入しやすい

大きなベッドを小分けにしてパーツ単位でお部屋に運び入れていきます。クイーンサイズでもシングルサイズでもパーツ点数は同数となり、クイーンやダブルサイズの最大梱包サイズがお部屋へ入れば搬入もしやすいでしょう。

※仕様上、ベッドの種類・サイズによってパーツ数が異なる場合もあります。

搬入しやすいダブル・クイーンベッド一覧

狭い通路や階段などでも搬入がしやすい、a.flatの組み立て式ベッド。部屋を広く見せるロースタイルのベッドから、素材の温もりを感じる無垢材ベッド、機能的な収納ベッドまで幅広く展開しています。

搬入しやすいダブル・クイーンベッドのご紹介

ムク・ベッドv01 D
ムク・ベッドv01 D

161,018円(税込)

ムク・ベッドv02 Q
ムク・ベッドv02 Q

167,211円(税込)

ラック・ベッドv01 D
ラック・ベッドv01 D

161,018円(税込)

ラック・ベッドv02 Q
ラック・ベッドv02 Q

167,211円(税込)

マンションでダブルベッドを搬入→後日引っ越しで再搬入した例

ものづくりの観点から考えれば、家具は使い捨てではなくお客様の暮らしに長く寄り添うもの。例えばお引越しの際に使い慣れたa.flatのベッドを新居にも安全に搬入できたなら、更に長くお客様の暮らしに欠かせない家具となるでしょう。ダブルサイズの大きめのベッドとマットレスも無事搬入できれば、こんな素敵なお引越しもできるものなのですね。

■1回目の引っ越しイメージ
都会的なアーバンリゾートをテーマにした1LDKマンションのお客様の実例。そして、チーク・ローベッドのダブルサイズの1回目の配送・搬入実例となります。品の良いグレージュやホワイトの床・建具で揃えられ、都会にありながらも窓からは緑も望める心地の良いお部屋でした。

この実例の使用ベッド・マットレス

■2回目の引っ越しイメージ
東京の眺望が素敵なタワーマンションに2回目の引越し・搬入をしたチーク・ローベッドのダブルサイズ。初回の引っ越しで購入されたローベッドを引き続き主役にしてお部屋作り。以前からお持ちのアートパネルや照明も使いつつ、ベッドスプレッドやファブリックパネルで、ブラウン×グリーンをテーマにホテルっぽい空間に仕上げています。

この実例の使用ベッド・マットレス

組立・解体がしやすいベッドであれば引っ越しが多くても安心

a.flatのベッドフレームは強度に耐えうる金属プレートと六角ボルトで固定する構造。強度だけでなくさらに組み立てやすさも備えているので、数年後の引越しにも安心してご使用いただけます。

組み直しが可能なベッドであれば、引越しが多くても安心。引越しや移動の際に気を付けたいのは部品の紛失がないこと。万が一部品や組立説明書の紛失がありましたら、お問い合わせください。

搬入がしやすいa.flatのマットレス紹介

マットレスはお家の中で一番大きなサイズのもの。お住まいのロケーションによってはご希望サイズの搬入がむずかしい可能性もございます。搬入が難しそうな時のために「搬入しやすいマットレス」をご紹介いたします。

搬入するのに通りやすいサイズはシングルやセミダブルサイズ

シングルやセミダブルサイズのベッドフレームやマットレスはお部屋への搬入がとても楽。贅沢な寝室の使い方ですが、8畳以上の寝室であればシングルのローベッドを2台置きも可能となります。見た目にはリゾートホテルのように優雅な寝室として演出できます。

お部屋へ搬入するのに通りやすいのがシングルやセミダブルサイズのマットレス。最大梱包サイズがクリアできればベッドルームの空間が変わります。

■ポケットコイル・マットレス

シングル最大梱包サイズ(ノーマル)
幅 1000 / 奥行 1980 / 高さ 230 mm

■プレミアム・ポケットコイル・マットレス

シングル最大梱包サイズ(ノーマル)
幅 1000 / 奥行 1980 / 高さ 260 mm

■プラチナ・ダブルスプリング・マットレス

シングル最大梱包サイズ(ノーマル):
幅 1000 / 奥行 1980 / 高さ 310 mm

■ウレタンマットレス

シングル最大梱包サイズ(ノーマル):
幅 1000 / 奥行 2000 / 高さ 100 mm

お部屋に搬入がしやすいシングル、セミダブルのベッド

チークの角材を組み上げたようなシンプルデザインのチーク・ローベッドv02。マットレスの厚み20cm以上のコイル系マットレスと相性が良いベッドです。

大きなヘッドボードがない前後対象の羽型ベッドフレームのコト・ローベッドv02。シングルやセミダブルの2台置きでも寝室スペースを贅沢に使えます。

ムク・ベッドは2台並列で配置することで、無垢材の存在感がより増します。シングルサイズの分割で搬入しクイーンサイズよりも広いキングサイズへ。

ヘッドボードのルーバーラインが綺麗に整うシングルサイズを2台並列したキングサイズ仕様のラック・ベッドv01のレイアウト。

ダブルサイズ以上の搬入が難しい時は分割式マットレスがおすすめ

マットレスにおいて「ダブルサイズとクイーンサイズは搬入しにくい。」とご説明させて頂きました。そこで、搬入しにくい方のために、a.flatではダブル(幅140cm)やクイーンサイズ(幅160cm)を2つに分けたハーフサイズのマットレス(幅70cm×2、幅80cm×2)をご用意しています。

搬入しやすいダブル・クイーンサイズのハーフマットレス一覧

ボンネル・スプリング・マットレス(D/Qハーフ)

ポケットコイル・マットレス(D/Qハーフ)

プレミアム・ポケットコイル・マットレス(D/Qハーフ)

コンビネーション・ポケットコイル・マットレス(D/Qハーフ)

プラチナ・ダブルスプリング・マットレス(D/Qハーフ)

高密度プレミアム・ポケットコイル・マットレス(D/Qハーフ)

圧縮コイル・スプリングマットレス

a.flatでは耐久性を考慮して推奨していませんが、市場にはコイル・スプリングマットレスなのに非常に小さく圧縮できるマットレスもございます。

メーカーによっては質の良いものもあるようなので、どうしてもマットレスが入らないケースではベッドフレームはa.flat、マットレスは圧縮タイプなども選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

狭小住宅の2階にクイーンサイズのマットレスを搬入した例

戸建てに多い螺旋タイプの狭い階段です。通常の1枚タイプのクイーンサイズ(幅160cm)では、搬入ができない通路幅となっています。

幅80cm×2のハーフサイズにしたことで、上手く搬入できました。気になる隙間は「ベッドパッド」や「ボックスシーツ」を敷けば目立ちません。

ハーフマットレスが搬入の決め手に

都心に戸建てを購入された寝室6畳のお客様宅実例です。都心ならではの少しコンパクトな間取りですが、ローベッドを中心に開放感のある空間に仕上げられました。また、その際に搬入のご不安があったため、ハーフサイズのマットレス(クイーンサイズ)をご検討頂き、無事搬入されています。

ベッドが搬入できるか不安な時は?~安心のa.flat配送・店舗サービス~

色々とご検討頂いた中で「希望のベッドやマットレスが部屋に搬入できなさそう」、「検討しているサイズが部屋のサイズに合うか心配。」などまだ不安があるかもしれません。それらの様々なケースを想定してa.flatではできるだけ配送や搬入がスムーズにいくようなサービスをご用意しています。まずはご相談頂き、お客様にとっての最良のプランを見つけましょう。

①搬入経路の下見確認サービスを利用する

家具の搬入に不安な際の下見確認サービス

家具の搬入に不安がある場合や吊り上げ搬入を希望される際には「専門の配送業者」が直接ご自宅にお伺いして搬入経路の下見確認ができます。下見確認後に問題無ければ、改めてご配送日時についてお打ち合わせをさせて頂きます。

※下見確認には費用が掛かります。

②戸建て2階は吊り上げ搬入のサービスを利用する

家具の吊り上げ搬入サービス

戸建て住宅で家内の階段での運び入れが出来ない場合でも、家具の「吊り上げ搬入サービス」にて搬入ができる場合があります。2階までは図のような人力で吊り上げたり、3階の場合はクレーン車で吊り上げするケースもあります。

※手吊りやクレーン車、いずれも周辺状況によっては不可の場合もございます。

ベッドの設置場所を確保する家具移動サービス

ベッドを部屋に設置する際、「既にある大型家具を他の部屋に移動しないと購入できない。」「重たくて一人では隣に運べない」といったケースもあるかと思います。a.flatでは事前にご要望頂ければ、大型家具の移動サービスをお受けしております。1階から2階など、家具配送のプロが丁寧にお運びいたします。

※配送会社によりサービスの有無・内容が異なります。お問い合わせはこちら>>>

ベッド搬入時に安心の養生サービス

配送会社によっては気になる箇所には「部分養生」をしてから搬入作業を行える会社もあります。引越しとは違い搬入経路全てとはいきませんが、扉や廊下の曲がり角など気になる箇所がありましたら予めお申しつけください。また、搬入完了時のチェックも配送員が帰る前におこなってください。

※配送会社によりサービスの有無・内容が異なります。お問い合わせはこちら>>>

③搬入したいベッド・マットレスのサイズやレイアウトをa.flatで相談

実際のベッドのサイズ感や搬入に関してa.flatの店舗でのご相談も大歓迎です。今後のライフ設計を見据えて3Dシュミレーションも無料で承っています。些細なことでもご不明な点がございましたら、a.flatスタッフまでお気軽にご相談ください。

a.flatの店舗でベッド・マットレスのサイズ確認や搬入方法を相談する

もし、ご来店頂ける環境であれば直接、a.flatの店舗にてご相談ください。実物を見ながらベッドのサイズ感やマットレスの寝心地を試したり、実際にご相談内容をお伺いすることでスムーズなご検討も可能です。

a.flatスタッフにベッドのレイアウト相談をする

ご自宅の寝室サイズが分かる図面やメモ書きなどがあれば、a.flatオリジナルの3Dシミュレーションソフト(マイルーム3D)で簡単にお客様宅のレイアウト作成が可能です。搬入後のイメージとも差異が少なくご検討頂けます。無料で承っていますので是非お気軽にご相談ください。

スタッフがお客様のご希望やお悩みに応じて、ベッドやマットレスご検討の相談を伺います。

部屋図面を元にレイアウトを作成するため、ご検討中のベッド等のサイズ感が掴みやすくなります。

作成データを元に3Dでもご覧頂けます。希望イメージに応じてカラーコーディネートも可能です。

搬入後はマイルーム上のイメージに近い形になるため、安心して寝室づくりができます。

関連メニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼
    インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」

    3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」のページです。お気に入りの家具・インテリアをお部屋にレイアウトして無料で3Dシミュレーションをする事ができます。ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しております。

ベッドの買い替えの際に ~古いベッド・マットレスの処分方法~

長年愛用されたベッドやマットレスを買い替える際はベッドやマットレスを処分する必要が出てくるため、処分方法など心配される方もいらっしゃいます。処分の際の依頼方法についてご紹介しますので、これからベッドのお買い換えを検討されている方は参考にしてください。

a.flatでお買い替えの際に不用品引き取りサービスを利用する

a.flatでベッド・マットレスお買い替えの際は、配送時に引き取り処分のサービスをご利用頂けます。家具搬入のタイミングで同時に行うため立会いも1度で済み非常に便利です。

不用品引き取りの料金は配送会社や地域によって異なりますので詳細をご確認下さい。
※ご希望の場合はご注文の際、コメント欄に「不用品引取希望」の旨と品物名、数量、サイズ(幅/奥行/高さ)をご記入下さい。

自治体に大型ゴミとして引き取ってもらう

自治体の処分方法のメリットは金額が安い点が上げられます。お住まいの自治体によって変わりますがダブルサイズのベッドで1,000円から2,000円前後で処分できるところが多いようです。

デメリットとしては自治体のルールに従うため、日時指定が出来ない点や処分費用(シール)を買って、自分で解体・指定の場所まで運ぶ必要があり少々面倒かもしれません。

大型ゴミ回収業者に処分の依頼をする

回収業者に処分依頼できる場合は日時指定も可能で、対応も早く解体・搬出までやってもらえる事があることがメリットです。

処分料金はダブルベッドで約7,000円~12,000円程度が相場です。お住まいの地域によっては回収業者に依頼できない自治体もあるため、事前に確認する必要があります。

ダブルベッド・クイーンベッドの搬入が成功したマンション・狭小住宅の実例紹介

ここからはダブルベッドやクイーンベッドなど大きなサイズの搬入が成功したマンションや狭小住宅の実例をご紹介します。実際に大きなサイズのベッド・マットレスが家内に入った例となりますので、搬入に不安がある方は寝室のレイアウトを見て比較・検討をしてみましょう。

狭小住宅の階段や吊り上げで搬入したベッド実例

最近特に都会に多い狭小住宅。住宅内部の特徴は階段の幅が狭く、折り返しの階段があることでしょうか。この住宅は大きな荷物を運び入れるのにとても厄介。そんな特徴を持つ狭小住宅のベッド搬入に成功した実例をご紹介します。

戸建て・寝室6畳にダブルベッドを搬入した実例(No.99)

戸建ての6畳寝室にクイーンサイズのベッドを搬入した実例です。a.flatの中でも一番高さが出ない「コト・ローベッドv02」に横たわれば、天井までの広い空間が圧迫感を軽減し、気持ちよく体を休めることができます。また、ベッドスローのコスイ花柄は寝室6畳にさわやかなリゾート感をプラスしてくれます。

6畳に配置しやすいダブルサイズのベッド

6畳の寝室と聞くとそこまで大きい印象を持たれないかもしれませんが、実際はダブルサイズのベッドは6畳に配置しやすい組み合わせです。シングルライフでも搬入が問題無ければ、快適に眠ることができるダブルベッドもおすすめです。

戸建て・寝室9畳にクイーンベッドを搬入した実例(No.206)

こちらは戸建て9畳の寝室にクイーンベッドを搬入した実例。上品さを演出するフラワーパープル・スタイルで作る寝室。陰影のでるルーバー形状のヘッドボード「コト・ローベッドv01」を核に神秘的な雰囲気と艶やかな印象を与えてくれる寝室のインテリア。

神秘的な雰囲気と艶やかな印象を与えてくれる「フラワーパープル・スタイル」を取り入れた寝室のカラーコーディネート。主色であるラベンダーのベッドスプレッドが空間に艶やかさを演出し、この配色がリゾートホテルのようなローベッドをさらに上品な印象に引き立ててくれます。

戸建ての別荘・寝室12畳にキングベッドを搬入した実例(No.180)

軽井沢の別荘に多く見られる森林に囲まれたロケーションのベッドルームには、森のような色合いのグリーンがよく似合います。木の温もりが漂う「ムク・ベッドv01」をゆったりした寝室12畳に2台ならべてキングベッドにアレンジ。就寝の際には癒しの空気に包まれながら眠りにつけます

軽井沢の別荘に多く見られる森林に囲まれたロケーションのベッドルームには、森のような色合いのグリーンがよく似合います。木の温もりが漂うムクベッドを主役に、木々の情景を取り込んだアートパネルでカラーコーディネートすれば、就寝の際も癒しの空気に包まれながら眠りにつけます。

マンションのエレベーターから搬入できたベッド実例

ベッドやマットレスのマンションへの搬入件数は非常に多く、様々な間取りのマンションが存在しています。マンションの場合の最大の注意点はエレベーターに入るか、どうか。ここからは実際に搬入したダブルサイズやクイーンサイズのベッド・マットレスの実例をご紹介します。

マンション・寝室4.5畳にダブルベッドを搬入した実例(No.224)

マンションの寝室4.5畳に「ムク・ベッドv01」ダブルベッドを搬入した実例です。4.5畳とコンパクトな寝室ですが、家具選びや内装にもこだわったことで、とても落ち着く素敵な空間を叶えられています。リビングと同様の紫色がメインのカラーコーデに包まれながら、自分だけの贅沢な時間を過ごせます。

マンションのエレベーターを通じてダブルベッドを無事に搬入しています。熟練の配送スタッフが計画的に分解し、狭い空間を巧みに利用して組み立てました。リビングの家具もふくめて、事前に搬入経路などをチェックすることで、安心して配置が可能です。

マンション・寝室4.5畳にダブルベッドを搬入した実例(No.192)

マンションの寝室4.5畳に「ラック・ベッドv01」ダブルベッドを搬入した実例です。マリンブルーを配色して爽やかな雰囲気を演出しています。ブルーには集中力を上げてくれる心理効果や、お部屋をスッキリ見せてくれる効果もあるので、書斎・ワークスペースにおすすめのカラーです。

寝具にはインディゴブルーのベッドスプレッドを使用して爽やかさを演出しています。1LDKを1つの空間として使用している間取りのため、リビング・ダイニングのファブリックと同じ生地で作れるベッドスプレッドを使うことで、リビングとベッドルームに自然な統一感を出しています。

マンション・寝室6畳にクイーンベッドを搬入した実例(No.125)

次は、マンションの寝室6畳に「チーク・ローベッドv02」クイーンサイズのベッドを搬入した実例。こちらは目黒川沿いに佇む、爽やかなロケーションの3LDKマンション。季節の移ろいとともに日々変化する目黒川の自然をテーマにして、新緑の季節に合わせたグリーンを中心としたカラーコーディネートで統一しています。

6畳のベッドルームにクイーンサイズのベッドがご希望だった為、圧迫感が出ない様にローベッドを選びました。低めのヘッドボードは腰高窓からの光を遮らず、明るく爽やかな雰囲気のベッドルームを演出しています。またサイドテーブルは壁にぴったりと収まり、作り付け家具のような美しさがあります。

タワーマンション・寝室8畳にクイーンベッドを搬入した実例(No.98)

都会の街並みを一望できるタワーマンションの寝室8畳に搬入した「コト・ローベッドv01」のクイーンサイズ。眺望が素敵な1LDKマンションの一室でパープルを基調とした落ち着いたカラーコーディネートで都会のリゾート空間をイメージしました。

タワーマンションのベッドルームには「スタイリッシュモダン」をテーマに。クールで都会的なグレーとパープルで部屋作りを行いました。また、モダンでゆとりある雰囲気や非日常感を演出するため、部屋の主役にシャープなルーバーデザインのコト・ローベッドをセレクトしました。

まとめ

ベッドフレームやマットレスをお買い求め頂くお客様で、ほんの少数ですが商品が搬入できなかった方がいらっしゃいます。お客様の悲しい気持ちは私たちにとっても同じく悲しく、残念に思います。

このコラムでは事前確認が重要と解説しており、マンションのエレベーター内の寸法のチェック、狭小住宅であれば階段幅や高さの寸法チェックする一方で、商品の最大梱包サイズも最も必要な情報の一つです。これらを含めてa.flatのサービスをご活用いただき、文中実例のようにご希望のコーディネートを実現できますようお手伝いさせていただきます。

関連メニュー

  • ベッドのサイズ・大きさを徹底比較~シングルベッド、セミダブルからダブルベッド、クイーンサイズまでの違いについて~
    ベッドのサイズ・大きさを徹底比較~シングルベッド、セミダブルからダブルベッド、クイーンサイズまでの違いについて~

    寝室はスペースが限られているケースが多いため、ベッドのサイズ・大きさ・幅を間違えると快適なベッドルームにはなりません。ベッドサイズと寝室の畳数、体格や何人で寝るかのバランスを考えてベッドのサイズ・大きさ・幅を比較してあなたのライフスタイルに合ったベッドを選びましょう。一般的な日本規格をベースに、シングルベッド、セミダルベッド、ダブルベッド、クィーンベッドの計4サイズの比較・違いに加えて、シングルベッド2台を並べたキングベッドについて、各サイズ何人まで寝るのか?ダブルベッドとクィーンベッドのサイズは違う? セミダブルベッドとダブルベッドの違いはどのぐらい? シングル2つ並べるとダブルになる?などをご説明致します。

  • ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~
    ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~

    a.flatで販売しているベッドシリーズのベッドサイズ一覧表をご紹介。各ベッドによって異なるサイズの違いや、その他情報などを比較することができます。特に幅や奥行きは部屋に配置する際に重要なポイントとなるため、ご自身にとってベストなサイズ感やデザインのベッドを見つけてみましょう。ベッド以外にもマットレスサイズ、ベッドパッドサイズ、布団・寝具サイズ、ぺっどスプレッド&スローのサイズ一覧表なども掲載しております。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.