• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

ベッドのサイズ・大きさを徹底比較~シングルベッド、セミダブルからダブルベッド、クイーンサイズまでの違いについて~

ベッドのサイズ・大きさを徹底比較~シングルベッド、セミダブルからダブルベッド、クイーンサイズまでの違いについて~

ベッドは、視覚的に「寝室=ベッド」と言っていいほどスペースの多くを占めるアイテムです。また、寝室はスペースが限られているケースが多いため、サイズを間違えると快適なベッドルームにはなりません。ベッドサイズと寝室の畳数、体格や使用人数のバランスを考えて、あなたのライフスタイルに合ったベッドフレームを選びましょう。

ベッドのサイズ・大きさ知識 3つのポイント(幅・高さ・長さ)

ベッドのサイズ知識を知る上で、まずはベッドフレームの基本的な3つのサイズポイントを確認しましょう。それぞれのサイズポイントが、ベッドのサイズ選びや寝室の見え方、生活動線などに影響を与えてきます。

ベッドの大きさ・サイズ選びに大事な『幅・高さ・長さ』を知る

1. ベッドのサイズ(幅) > 使用可能人数、部屋の畳数
2. ベッドの高さ > 開放感、立ち座りのしやすさ
3. ベッドの長さ > 生活動線、レイアウト

→ この3つのサイズポイントがベッドのサイズ選びや部屋のレイアウトに影響します。

部屋の畳数・使用人数・体格にあうベッドサイズを選びましょう

ベッドのサイズ(幅)・大きさは使用人数などに大きな差が出てきます。部屋の畳数によっては一人でも余裕を持てるサイズを選べたり、二人でも余裕のあるサイズを選べば、将来的に小さなお子様と一緒に使えることも。今だけではなく今後のライフスタイルを考えたベッドサイズを選ぶことが重要です。

ベッド選びで影響が出やすいサイズ(幅)を知ることが大事

ベッドのサイズは基本的に幅の部分が何cmなのかで、シングルやダブルなど世の中の基準となるサイズ名称が付いています。

寝室やワンルームは、リビングと比較して空間に限りがある傾向にあるため、このベッドサイズを知り、適切なサイズを選ぶことが、快適な寝室づくりの第一歩と言えるでしょう。

  • 寝室づくりで悩むことが多いベッドのサイズ感

ベッドなどの大型家具は日々で検討するタイミングが少ないため、サイズ感を詳しく知っている方は極少数です。できれば大きいサイズをついつい置きたくなりますが、本当に大丈夫かどうか確認が必要です。

ワンルーム6畳のケース
→ シングルサイズが良い? セミダブルも置ける?

寝室6畳のケース
→ ダブルサイズでOK?ダブルは何cm?

ベッドのフレームサイズとマットレスサイズは大きさが違うため注意!

ベッドのサイズ選びの際に気を付けたいのが、フレームサイズとマットレスサイズの違いついてです。

一般的にベッドサイズは①のマットレスサイズのことを指します。②のフレームサイズはベッドのデザイン次第で変わりますので、注意しましょう。

ベッドサイズの種類 ~各大きさの違い・特徴を比較~

ここからは一般的な日本規格のマットレスをベースに、シングル、セミダブル、ダブル、クィーンの計4サイズに加えて、シングル2台を並べたキングサイズについて、大きさの違いや特徴などをご説明致します。

シングルサイズ(S)

シングルサイズは一人で使える標準ベッドサイズです。ワンルームでの一人暮らしから子供部屋、並べて大きいサイズとして配置したいなど、使い方は様々となります。

一般的なシングルサイズの寸法:幅97cm
※上記ベッドフレームの寸法:幅105cm

推奨の使用人数:1人

  • こんな人におすすめ(シングルサイズ)

  1. 一人暮らしでコンパクトな6~8畳ワンルームに住む人。

  2. 寝室は別々に分けているご夫婦。子供部屋用のベッドとして。

  3. シングル2台並べてキングサイズ、ツインベッドでゆったり使いたい方。

シングル2つを並べるとダブルベッドになる?

お客様のご質問で意外と多いのが「ダブルベッドはシングル2つ分のサイズかどうか」です。答えは残念ながらノーになります。シングル ⇔ ダブルの表記で2倍っぽいイメージも有りますが、実際はシングル2つ(幅194cm)とダブル1つ(140cm)で、約54cmの違いとなるのでご注意ください。

シングル2台を並べた状態
⇒ 幅97cm×2=幅194cmはキングベッドです。

ダブル1台を設置した状態
⇒ 幅140cmでシングル2台分にはなりません。

セミダブルサイズ(SD)

一般的なシングルサイズの寸法:幅120cm
※上記ベッドフレームの寸法:幅125cm

推奨の使用人数:1人(2人)

  • こんな人におすすめ(セミダブルサイズ)

  1. 一人暮らしで少しゆとりのある8畳~10畳ワンルームに住む人。

  2. 同棲カップルで寝室が4.5畳など少し狭めのケース。

  3. 寝室は別々に分けているご夫婦。

セミダブルベッドとダブルベッドの違いはどのぐらい?

同じダブルと名の付く両者のサイズですが、結論から言うと約20cmの違いになります。そもそもの話しとしてはセミダブルが日本特有のサイズで、アメリカではシングルの上がダブルに近いサイズです。寝室の畳数が小さい傾向にある国特有のニーズとして、20cm刻みのサイズ違いマットレスが生まれました。

幅120cmのセミダブルベッド
⇒ 1人暮らしでニーズの多いサイズです。

幅140cmのダブルベッド
⇒ 2人暮らしで最もニーズが多いサイズです。

ダブルサイズ(D)

一般的なシングルサイズの寸法:幅140cm
※上記ベッドフレームの寸法:幅145cm

推奨の使用人数:2人

  • こんな人におすすめ(ダブルサイズ)

  1. 二人暮らしや同棲カップルの方。距離感が近くても大丈夫な方。

  2. 一般的な寝室4.6畳や6畳ぐらいの方。周りに他の家具も置きたい。

  3. 一人暮らしでワンルーム12畳・寝室4.5畳以上。ゆったり快眠したい方。

ダブルベッドとクィーンベッドのサイズはかなり違う?

二人暮らしの方やご夫婦がベッドサイズを選ぶ際、ダブル(幅140cm)とクィーン(幅160cm)で悩まれることが多くあります。寝室における20cmの違いは、寝心地やレイアウトに大きく影響するでしょう。また、海外メーカーのクィーンは更に大きい幅170cmのタイプも存在します。

幅140cmのダブルベッド配置例

幅160cmのクィーンベッド配置例

関連コラム

クィーンサイズ(Q)

一般的なクィーンサイズの寸法:幅160cm
※上記ベッドフレームの寸法:幅165cm

推奨の使用人数:2人(3人)

  • こんな人におすすめ(クィーンサイズ)

  1. 二人暮らしや同棲カップルの方。距離感をおいて眠りたい。

  2. 一般的な寝室6畳や8畳ぐらいの家に住む方。

  3. お子様が小さい内は3人で川の字になってお休みになりたい方。

クィーンサイズは何人で使える?

「小さなお子様と一緒にご使用されたい。」という場合は、クィーンサイズであればご家族3人での使用も可能です。ご家庭にもよりますが、一緒に寝られる時は、一般的に幼稚園ぐらいまでのお子様と川の字になってお休みになるケースが多いようです。

キングサイズ(K)

一般的なキングサイズの寸法:幅194cm
※上記ベッドフレームの寸法:幅210cm

推奨の使用人数:2人(3人)

  • こんな人におすすめ(キングサイズ)

  1. 二人暮らしの方。ゆったり距離感をおいて眠りたい方。

  2. 8畳以上の寝室が広い家に住む方。ホテルライクな寝室を作りたい。

  3. お子様が小さい内は3人で川の字になってお休みになりたい方。

メーカーによってもサイズが異なるため気を付けること

シングルからダブルまでは展開・サイズがほぼ変わりません。しかし、それ以上のサイズではダブルワイドなど特殊なサイズや、クィーンサイズも日本企画の1600mm以外のサイズも販売されてます。

キングサイズもシングル2台を並べるケースと、セパレートしていない1台で大きいタイプも有るため、サイズ表記だけ見て買うと失敗しますので気を付けましょう。(以下の単位はmm)

会社名

セミシングル

シングル

セミダブル

ダブル

ワイドダブル

クィーン

キング

a.flat(日本)

700/800

970

1200

1400

1600

1940
(970+970)

B社(日本)

800

970

1200

1400

1600

1940
(970+970)

C社(日本)

700

980

1210

1400

1600

1960
(980+980)

D社(海外)

990

1220

1420

1540

1800
(900+900)

E社(海外)

840

1010

1210

1410

1530

2020
(1010+1010)

F社(海外)

970

1220

1400

1530

1700

1800
(900+900)

関連コラム

部屋の畳数から見るベッドサイズ選びとレイアウト例

ベッドサイズを具体的に決める方法は、部屋の畳数との相性を知ることです。そこで、ここからは一般的な寝室6畳から広い寝室12畳までのレイアウト例をご紹介。部屋のサイズや寝室、ワンルームで異なるサイズ選びの目安などをご覧頂きながら、ベッドサイズを考えてみましょう。

【寝室6畳】ベッドのレイアウト例とサイズ目安

寝室やワンルームで最も多い6畳の間取り。ベッドサイズや間取り次第では窮屈に感じるかもしれませんので、優先順位をふまえて目的や過ごし方に合わせたレイアウトをするのがコツです。

ダブルベッド×寝室6畳のレイアウト例

使用サイズ:ダブル(幅140cm)
※ベッドフレームのサイズは幅145cm

  • 寝室6畳にダブルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. ベッド周りにゆとりが生まれる。生活動線も広くなる。

  2. ベッド以外の家具・インテリアが配置しやすい。

クィーンベッド×寝室6畳のレイアウト例

使用サイズ:クィーン(幅160cm)
※ベッドフレームのサイズは幅190cm

  • 寝室6畳にクィーンベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 二人の距離感を適度に取ってゆったり体を休めることが可能。

  2. 生活動線は狭くなりがち。ローベッドを使えば圧迫感を軽減できる。

関連コラム

シングルベッド×ワンルーム6畳のレイアウト例

使用サイズ:シングル(幅97cm)
※ベッドフレームのサイズは幅102cm

  • ワンルーム6畳にシングルベッドを配置するメリット

  1. 都会に多い6畳サイズの間取りと相性がよく収まりやすい。

  2. 生活に必要なその他家具が置ける。小さいソファも置ける可能性がある。

【寝室8畳】ベッドのレイアウト例とサイズ目安

少しゆとりのある寝室8畳。一般的な6畳よりも寝室使い、ワンルームでもレイアウトの自由さや開放感が生まれます。ベッド周りをゆったり見せたり、+αの家具・インテリアを置くのも良いでしょう。

ダブルベッド×寝室8畳のレイアウト例

使用サイズ:ダブル(幅140cm)
※ベッドフレームのサイズは幅152cm

  • 寝室8畳にダブルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. ベッド周辺に生活動線を確保しやすくなる。

  2. その他の家具・インテリアを置いても窮屈に見えにくい。

クィーンベッド×寝室8畳のレイアウト例

使用サイズ:クィーン(幅160cm)
※ベッドフレームのサイズは幅165cm

  • 寝室8畳にクィーンベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 二人の距離感を適度に取ってゆったり体を休めることが可能。

  2. 寝室8畳に置くベッドで最も人気なのがクィーンベッド。

キングベッド×寝室8畳のレイアウト例

使用サイズ:キング(幅97cm×2=194cm)
※ベッドフレームのサイズは幅112cm×2=224cm

  • 寝室8畳にキングベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 二人でゆったり、小さいお子様と三人でもお休みになれる。

  2. 部屋の形によっては生活動線がかなり狭くなるので注意が必要。

シングルベッド×ワンルーム8畳のレイアウト例

使用サイズ:シングル(幅97cm)
※ベッドフレームのサイズは幅112cm

  • ワンルーム8畳にシングルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. ワンルームでも開放感のある部屋づくりができる。

  2. ベッドの枠に2人掛けソファやその他家具を置きやすくなる。

セミダブルベッド×ワンルーム8畳のレイアウト例

使用サイズ:セミダブル(幅120cm)
※ベッドフレームのサイズは幅125cm

  • ワンルーム8畳にセミダブルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. シングルより幅が20cm大きいため快眠しやすい。

  2. 少し窮屈だが同棲カップルの方など二人で使うことも可能。

【寝室10畳】ベッドのレイアウト例とサイズ目安

一般的な間取りと比較すると広めのサイズ感になる寝室10畳。クィーンサイズ以上の大きなベッドやその他家具も配置しやすく、サイズ選びやレイアウトの自由度が格段に上がります。

クィーンベッド×寝室10畳のレイアウト例

使用サイズ:クィーン(幅160cm)
※ベッドフレームのサイズは幅172cm

  • 寝室10畳にクィーンベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 寝心地を重視しつつ、キャビネットやデスクなどもレイアウトできる。

  2. ベッドを囲むようにラグを敷いて特別感のあるレイアウトを楽しめる。

キングベッド×寝室10畳のレイアウト例

使用サイズ:キング(幅97cm×2=194cm)
※ベッドフレームのサイズは幅102cm×2=204cm

  • 寝室10畳にキングベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 寝室の広さがあるためキングベッドでも圧迫感が出ない。

  2. デザイン性があるベッドを2台並列するとおしゃれな寝室が作れる。

ダブルベッド×ワンルーム10畳のレイアウト例

使用サイズ:ダブル(幅140cm)
※ベッドフレームのサイズは幅152cm

  • ワンルーム10畳にダブルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. リゾートホテルのようなゆったり快眠できる一人暮らしが叶う

  2. 二人でお休みになってもセミダブル以下の窮屈感がない。

【寝室12畳~】ベッドのレイアウト例とサイズ目安

12畳以上になると寝室としてはかなり広々としたサイズ感になります。部屋の形も四角以外に変形型などバリエーションも豊かで、広さを活かしたホテルライクな寝室づくりも可能です。

ツインベッド×寝室12畳のレイアウト例

使用サイズ:セミダブル(幅120cm×2)
※ベッドフレームのサイズは幅132cm×2

  • 寝室12畳にツインベッドを配置するメリット・ポイント

  1. サイドテーブルを挟む配置でホテルライクな寝室が実現する。

  2. 畳数が大きいのでセミダブル2台のゆとりあるツインベッドも可能。

キングベッド×寝室14畳のレイアウト例

使用サイズ:キング(幅97cm×2=194cm)
※ベッドフレームのサイズは幅102cm×2=204cm

  • 寝室14畳にキングベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 広い寝室が殺風景に見えないようにキングは最低限必要なサイズ感。

  2. ベッド周りにラウンジスペースなども設ければ極上の寝室を満喫できる。

【寝室4.5畳】ベッドのレイアウト例とサイズ目安

寝室としては最小サイズになる4.5畳の間取り。限られた空間のため、置けるベッドサイズに限りがあります。もし、ベッドのサイズを大きくする場合は、その他家具をできるだけコンパクトにまとめましょう。

シングルベッド×寝室4.5畳のレイアウト例

使用サイズ:シングル(幅97cm)
※ベッドフレームのサイズは幅105cm

  • 寝室4.5畳にシングルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. コンパクトな寝室でも周りにテレビ台やデスクを置ける。

  2. 子供部屋、ゲスト向けの寝室であれば使いやすい。

ダブルベッド×寝室4.5畳のレイアウト例

使用サイズ:シングル(幅97cm)
※ベッドフレームのサイズは幅105cm

  • 寝室4.5畳にダブルベッドを配置するメリット・ポイント

  1. 二人暮らし・二人でお休みすることもある暮らしの方に最適。

  2. ベッド周りの家具はサイドテーブルぐらいにすると動線が確保しやすい。

使用人数や体格・ライフスタイルから見るベッドサイズの選び方

ベッドサイズ選びの際に大事なのは部屋の畳数目安に加えて、使用人数や体格、ライフスタイルから検討することです。同じ畳数・使用人数でも、体格がある、お互い距離感を取って眠りたい、など異なります。ここからは、それらの点をふまえて自分に合うベッドサイズを探してみましょう。

2人・同棲・夫婦におすすめのベッドサイズ

まずは、2人使用でのベッドサイズを見てみましょう。お互いの眠りへの優先度や体格、寝室の広さなどに合わせてお選びください。また、ライフステージの変化なども考慮することで永くご利用頂けるかもしれません。

ダブルベッド×2人使用(一般的な二人暮らし向け)

二人暮らしで最も多く使われているベッドサイズがダブルです。特に若い方や同棲カップル、体格が2人とも普通の方達に好まれます。コンパクトな寝室でも配置しやすく便利ですが、後に物足りなくなる可能性も。

ダブルベッドを2人で使うイメージ例

一般的なダブルサイズのマットレス=幅140cm
※上記のベッドフレームは幅145cm

  • ダブルベッド×2人使用の実例

クィーンベッド×2人使用(快眠重視の二人暮らし向け)

お互いの距離感を適度に保ちながら、落ち着いて眠りたいという2人におすすめなのがクィーンサイズです。ダブルよりも20cm大きくなるため、その分だけゆったり快眠しやすく環境が得られます。

クィーンベッドを2人で使うイメージ例

一般的なクィーンサイズのマットレス=幅160cm
※上記のベッドフレームは幅165cm

  • クィーンベッド×2人使用の実例

関連コラム

キングベッド×2人使用(部屋が広い・快眠重視の二人暮らし向け)

1人に付き1つのベッド(シングル×2)でお休みになれる理想的なサイズ。部屋の畳数やコスト的に問題なければ、お互い気にせずに快眠しやすいサイズ感になります。

キングベッドを2人で使うイメージ例

一般的なキングサイズのマットレス=幅97cm×2
※上記のベッドフレームは幅102cm×2

  • キングベッド×2人使用の実例

ツインベッド×2人使用(部屋が広い・快眠重視の二人暮らし向け)

同じ寝室で2人一緒に寝る際、最も快眠しやすいのがベッドをセパレートして使うツインベッドです。ベッド同士の距離感があるため、寝返りなども気にならず自分のペースでお休み頂けます。畳数や体格によっては、シングル2台ではなく、セミダブル2台、シングル1台+セミダブル1台などで組んでください。

ツインベッドを2人で使うイメージ例

一般的なシングルサイズのマットレス=幅97cm
※上記のベッドフレームは幅102cm

  • ツインベッド×2人使用の実例

関連コラム

セミダブルベッド×2人使用(同棲カップル・狭い部屋向け)

寝室スペースに限りがある時や、同棲カップルで一時的に使う際にセミブダルを2人で使うケースが有ります。少し窮屈ですが、共に体格が普通であればギリギリ寝られるサイズ感です。

セミダブルベッドを2人で使うイメージ例

一般的なセミダブルサイズのマットレス=幅120cm
※上記のベッドフレームは幅125cm

  • セミダブルベッド×2人使用の実例

一人暮らしのワンルームでセミダブルを使用

二人暮らしの1LDK・寝室でセミダブルを継続使用

3人~4人・家族におすすめのベッドサイズ

お子様と一緒にお休みなる時のベッドは2人で使うよりも広さが必要になります。一般的なダブルサイズでは小さいため、以下で紹介するサイズ感からお選びください。

クィーンベッド×3人使用(お子様と一緒のご家族向け)

小さいお子様がいるご家庭では、ご両親と3人同じベッドでお休みになるケースも多くあります。その際のベッドサイズですが、最低限クィーンは欲しいところです。もし、ご両親の寝相が悪い時などはクィーンを避けて、キングベッドにするのが無難でしょう。

クィーンベッドを3人で使うイメージ例

一般的なクィーンサイズのマットレス=幅160cm
※上記のベッドフレームは幅165cm

  • クィーンベッド×3人使用の実例

キングベッド×3人使用(お子様と一緒のご家族向け)

ご家族3人で川の字になって寝る時、理想的なサイズなのがキングベッドです。1台のキングよりもシングル2台の方が汎用性もあっておすすめで、お子様が大きくなるまではゆったり3人でお休みになれます。

キングベッドを3人で使うイメージ例

一般的なキングサイズのマットレス=幅97cm×2
※上記のベッドフレームは幅102cm×2

  • キングベッド×3人使用の実例

ダブルベッド+シングル×3人使用(お子様と一緒のご家族向け→後日分けて使いたい)

お子様が大きくなると、ご両親と別々に分かれてお休みになるタイミングが必ず来ます。その際、キングベッドの組み合わせを以下のようにダブル+シングルにすることで、ご両親用とお子様用として後日継続して使えるように。部屋の畳数が必要になりますが元々ダブルサイズでOKであれば、このような選択肢もあります。

ダブル+シングルを3人で使うイメージ例

ダブルとシングルを後日、別々に使うイメージ例

1人・一人暮らしにおすすめのベッドサイズ

1人使用でのベッドサイズ選びは、自分の好みで自由に選べます。一般的にはシングルサイズを選ぶ方が多いですが、睡眠への意識が高まっている昨今では、よりサイズの大きいベッドでお休みになる方も増えています。

シングルベッド×1人使用(一人暮らし・ワンルーム向け)

一人暮らし、1人で使う際の定番サイズはシングルベッドです。1人で新生活を始める際、ベッドサイズで悩む時はこのサイズを選んでおけば、まず間違いはないでしょう。コンパクトな畳数用にセミシングル(幅80cm)なども見受けられますが、長い目で見ると小さ過ぎたり、シーツが購入しにくいなどの問題が発生します。

シングルベッドを1人で使うイメージ例

一般的なシングルサイズのマットレス=幅97cm
※上記のベッドフレームは幅102cm

  • シングルベッド×1人使用の実例

セミダブルベッド×1人使用(一人暮らし・体格の良い方向け)

1人で使う際にシングルベッドだと小さく感じる方、少し体格がある方は、幅が20cm大きいセミダブルを選んでみましょう。脚を伸ばしたり、寝返りを打つ時も気にせず快眠できるはずです。

セミダブルベッドを1人で使うイメージ例

一般的なセミダブルサイズのマットレス=幅120cm
※上記のベッドフレームは幅125cm

  • セミダブルベッド×1人使用の実例

ダブルベッド×1人使用(ゆとりの一人暮らし・部屋が広い方向け)

もし、寝室サイズやコスト的に余裕がある時は、1人使用では贅沢なダブルサイズの選択も有ります。優雅でホテルライクな暮らしを満喫したい方や、2人でもお休みになる頻度が高い方などにおすすめのサイズです。

ダブルベッドを1人で使うイメージ例

一般的なダブルサイズのマットレス=幅140cm
※上記のベッドフレームは幅145cm

  • ダブルベッド×1人使用の実例

関連メニュー

  • 部屋の場所 ベッドルーム・寝室

    部屋の場所 ベッドルーム・寝室のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

  • ベッドルーム~a.flatスタイルコーディネート~

    ベッドルーム~a.flatスタイルコーディネート~のページです。1日のおよそ3分の1を過ごすベッドルーム。ロースタイルや、収納タイプなど、お好みのベッドフレーム選んで快適な寝室を演出してください。

【サイズ・大きさ別】a.flatのオリジナルベッド紹介

a.flatでは7つのオリジナルベッドを販売しています。各シリーズは全てシングル~クィーンの4サイズ展開で、デザインによってはシングルベッドを2台並べてキングサイズでも使えます。お好みのデザイン、サイズからお選び頂き、理想の寝室を叶えてください。

シングルサイズのベッド一覧

ムク・ベッドv01 S
ムク・ベッドv01 S

129,096円(税込)

ラック・ベッドv01 S
ラック・ベッドv01 S

157,784円(税込)

コト・ローベッドv01 S
コト・ローベッドv01 S

117,689円(税込)

コト・ローベッドv02 S
コト・ローベッドv02 S

101,970円(税込)

  • シングルサイズのマットレス一覧

セミダブルサイズのベッド一覧

  • セミダブルサイズのマットレス一覧

ダブルサイズのベッド一覧

ムク・ベッドv01 D
ムク・ベッドv01 D

161,018円(税込)

ラック・ベッドv01 D
ラック・ベッドv01 D

183,535円(税込)

コト・ローベッドv01 D
コト・ローベッドv01 D

138,138円(税込)

コト・ローベッドv02 D
コト・ローベッドv02 D

119,515円(税込)

  • ダブルサイズのマットレス一覧

関連コラム

クィーンサイズのベッド一覧

ムク・ベッドv01 Q
ムク・ベッドv01 Q

173,272円(税込)

ラック・ベッドv01 Q
ラック・ベッドv01 Q

195,723円(税込)

コト・ローベッドv01 Q
コト・ローベッドv01 Q

146,894円(税込)

コト・ローベッドv02 Q
コト・ローベッドv02 Q

126,852円(税込)

  • クィーンサイズのマットレス一覧

キングサイズのベッド一覧(シングルサイズ2台置き)

ムク・ベッドv01 S ×2
129,096円(税込) ×2

ラック・ベッドv01 S ×2
107,784円(税込) ×2

チーク・ローベッドv01 H S ×2
104,808円(税込) ×2

チーク・ローベッドv02 H S ×2
109,978円(税込) ×2

チーク・ローベッドv03 H S ×2
101,321円(税込) ×2

  • キングサイズのマットレス一覧(シングルサイズを2点使用)

関連コラム

関連メニュー

  • ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~
    ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~

    a.flatで販売しているベッドシリーズのベッドサイズ一覧表をご紹介。各ベッドによって異なるサイズの違いや、その他情報などを比較することができます。特に幅や奥行きは部屋に配置する際に重要なポイントとなるため、ご自身にとってベストなサイズ感やデザインのベッドを見つけてみましょう。ベッド以外にもマットレスサイズ、ベッドパッドサイズ、布団・寝具サイズ、ぺっどスプレッド&スローのサイズ一覧表なども掲載しております。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.