• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【特集】チェアの選び方~デザインで演出するリゾート空間~

公開:2017/12/29

更新:2018/10/6

ライター:能勢

【特集】チェアの選び方~デザインで演出するリゾート空間~

チェアの選び方には座り心地や重さ、サイズ感など沢山のポイントがありますが、その中でも一番重視される方が多いポイントは「デザイン」ではないでしょうか。そこで今回は、自然の癒しを感じるリゾートスタイルを演出するチェアの選び方を、デザインという観点からご紹介させて頂きます。

リゾートテイストを演出するチェア

リゾートテイストのチェアは、風が通り抜けるような「抜け感」やリゾート地特有の安らぎを演出するために、曲線を用いた背もたれのデザインや自然を感じる素材感に拘ったアイテムが多く見られます。また、脚部分の木材はダークブラウン等の濃い塗装が施されてる事が多く、落ち着きと安心感を得られることも特徴です。

リゾートスタイルのチェアに使われる編み込み素材

ウォーターヒヤシンス
水辺に生息する水草を編みこんだ、リゾート家具を代表する素材です。

ラタン
日本では籐(とう)として親しまれている、編み込みデザインの代表的な素材です。

バナナリーフ
名前の通り、バナナの葉の繊維を乾燥させたものを編み込んだ素材です。

編み込み以外の素材

リゾートスタイルのチェアには、編み込み素材だけではなく無垢材を使ってデザインされたチェアもあります。その共通点は、自然の温もりを感じられる事。リゾートテイストに置けるチェアの選び方は、リゾートの醍醐味である自然の安らぎをお部屋に与えてくれる事を念頭に置いたアイテムの選び方が重要です。

リゾートテイストを演出するチェアのポイント

  • 抜け感や開放感を感じるデザイン

  • 安らぎを感じる曲線美を施したデザイン

  • ダークブラウン等の色の濃い塗装を施した脚

  • 編み込み素材や無垢材等の自然を感じる素材

リゾートテイストに合ったチェアデザインの選び方

さて、ここからはリゾートテイストのチェアにおける代表的なデザインをご紹介致します。それぞれデザインのポイントも一緒にご紹介致しますので、ぜひ選び方の参考にしてみてください。

自然の温もりを感じるウォーターヒヤシンスを使ったデザイン

編み込み素材であるウォーターヒヤシンスを使ったチェアは、リゾートテイストの王道アイテムです。そんなウォーターヒヤシンスを使ったチェアを使えば、自然の温もりを感じる空間を作る事ができます。

安らぎを演出するヒヤシンス

リゾートテイストの一番の要は「自然との調和」を感じる事ですが、ウォーターヒヤシンスを初めとした自然素材はその風合いだけでなく、柔らかい手触りからも温もりや癒しを感じる事ができます。その為、リゾートホテルや高級旅館などでは自然素材を使ったデザインのチェアが採用されているケースが多くあります。

a.flatのヒヤシンスを使ったチェア

a.flatの「ロク・ヒヤシンスチェア」は、職人が手編みしたウォーターヒヤシンスを贅沢に使いつつ、背もたれを「く」の字に折る事で座り心地も追及したデザインとなっています。また、ヒヤシンスに合うダークブラウンの塗装を施した脚も立体的な六角形になっているなど、細部のデザインまで拘ったチェアです。

モダンアジアンな雰囲気を感じるラタンを使ったデザイン

ラタン素材を使ったデザインのチェアを使う事で、自然の安らぎとシックで落ち着きを感じる雰囲気を両立した、モダンアジアンスタイルのお部屋作りができます。

気品と癒しを演出するラタン

元々はツル状の植物であるラタンは、高い生命力としなやかで堅牢性を持つ素材です。そんなラタンを立体的で規則正しく編み込む事で、自然素材ならではの温かさと気品溢れるモダンな印象をお部屋に与えてくれます。リゾートテイストに限らず和モダンテイスト等にも大変合わせやすいため、日本でも籐家具として長く愛されています。

a.flatのラタンを使ったチェア

a.flatの「ムン・アームチェア」は、上質なラタンを贅沢に使う事でラタンが本来持つ上品な風合いを存分に発揮しつつ、立体的フォルムが陰影をもたらすデザインとなっています。また、座面よりアームが短い設計のため、リゾート家具らしい「抜け」を演出した、拘りのデザインが施されたチェアです。

ホテルライクな高級感を演出するハイバックデザイン

お部屋の空間に余裕がある場合は、ハイバックデザインのチェアもおすすめです。高さのあるハイバックデザインのチェアは、お部屋に高級感や特別感を生み出す事が出来ます。

ハイバックデザインを引き立たせる「ゆとり」

ハイバックデザインを使ったチェアは天井の高い空間に良く合いますが、それにプラスして家具の配置や置き方に「ゆとり」を持たせる事も心掛けましょう。そうする事でハイバックデザインならではの高級感が際立ち、お部屋全体が余裕と特別感を感じる空間になります。

a.flatのハイバックデザインチェア

a.flatの「リン・ハイバックチェア」は、背もたれに滑らかな曲線が施されています。その美しい曲線はお部屋に優雅な印象を与えるだけでなく、座った時に背骨のS字にぴったりとフィットする事で、長く座っても疲れにくいデザインとなっています。

リゾートの開放感を演出するルーバーデザイン

チェアに限らず、ルーバーはリゾートテイストを代表するデザインです。そんなルーバーデザインを取り入れたチェアを使う事で、開放感のある空間に仕上げる事ができます。

ルーバーデザインがもたらす開放感

ルーバーとは「羽板を組み合わせたデザイン」の事を指し、例えばウッドブラインドや、エアコンのカバーなどにも採用されているデザインです。そんなルーバーデザインの特徴は「抜け」を作る事であり、光や空気が間を通る事でお部屋に開放感や抜け感を与えてくれるのです。

a.flatのルーバーデザインチェア

a.flatの「ウッド・チェア」は背もたれにルーバーデザインを取り入れた無垢材のチェアです。アームの有り無しや塗装も2種類から選ぶ事ができるので、ダイニングだけではなくデスクやドレッサーなどにも合う汎用性の高いチェアです。

様々なアイテムの選び方で演出する空間デザイン

お部屋に抜けを演出するダイニングベンチ

ダイニングスペースに置くアイテムは、チェアだけでなくベンチ等も含めた選び方をする事が出来ます。そうする事でより大きな「抜け」を空間に演出し、開放感を感じるお部屋に仕上がります。

汎用性の高いa.flatの背無しベンチ

a.flatの背無しベンチは大変シンプルなデザインのため、お部屋のどこにでも置きやすい大変汎用性の高いアイテムとして人気があります。リビングのはじに置いておけば来客があった時でも安心ですし、カバンなどの荷物置きとしても使用する事ができます。

木の温もりを感じる背有りベンチ

a.flatでは、無垢材を贅沢に使った背有りベンチも販売しています。開放感は背無しベンチに劣りますが、無垢材の大きな木目を楽しめるほか、座り心地にも拘ったデザインとなっています。木の温もりを感じるお部屋作りをしたいという方には大変おすすめなアイテムです。

お部屋のアクセントにもなるカウンターチェア

最近のキッチンにはカウンターが設置されている事が多く、そこに置くカウンターチェアの選び方でもお部屋の完成度は大きく左右されます。特にリゾートテイストでは編み込み素材を使ったカウンターチェアを使用する事をおすすめします。

a.flatのカウンターチェア

a.flatの「ハブ・カウンターチェア」は緩やかな曲線と脚の「抜け」が特徴的な、リゾート感をお部屋に生み出すデザインとなっております。無機質になりがちなカウンター周りに、温もりを演出してくれるアイテムです。座面高は2タイプから選べる為、カウンターの高さに合わせた物をお選び頂く事ができます。

デザイン性を兼ねたスツール

a.flatの「キューブ・スツール&テーブル」は、シンプルなデザインながら自然の温もりを存分に感じられるインテリアです。観葉植物を置く台として、またソファ横のサイドテーブルとしてなど汎用性が高いだけでなく、大人が座っても十分に耐えられる耐久性を持っているため、来客時にチェアとして使用する事もできます。

ミニコラム-チェアデザインの歴史-

チェアは紀元前3000年頃の古代エジプトの玉座が発祥とされており、当時は地位を象徴するために豪華賢覧な装飾が施されていたそうです。その後、チェア文化は工芸品としての要素が濃くなった事で、多くのデザイナーにより様々なデザインのチェアが生まれました。また、現在では人間工学の発達から座り心地等も重視されるようになりましたが、他の家具に比べてチェアデザインの文化的な歴史背景は深く、選択肢が多い分お部屋のテイストに有った選び方が重要になります。

チェアカラーの選び方で演出する理想のリゾート空間

a.flatでは60種類以上の生地を所有しており、お部屋のテーマカラーに合わせたチェアカバーの選び方ができるようになっています。そのバリエーションは限りなくありますが、ここでは自然の一部を切り取ったスタイル毎に、チェアカバーの選び方や各スタイルのポイントをご紹介致します。

a.flatで販売しているチェアカバー

カレイド(CL)
天然素材の生地だからこその手触りと、美しい発色が特徴的な生地です。a.flatが扱う生地の中でも最もカラーバリエーションが多い、おすすめのファブリックです。

オルリー(OR)
コットンのみを使用する事で得た滑らかな手触りと、鮮やかな発色が特徴的な生地です。はっきりとした色を取り入れたいという方に大変おすすめです。

プラノ(PL)
3種類の糸を織り込む事で得た立体感と、優しい表情が特徴的な生地です。他の生地との組み合わせもしやすく、落ち着いた雰囲気を演出したい方におすすめです。

ソフトレザー(SL)
アンティークな風合いを感じる事ができる、ポリウレタン素材の合皮です。ファブリックとは一味違う印象を与えるほか、水拭きができる事も特徴です。

コスイ(KS)
「湖水の華」というコンセプトに沿って作られたデザインは、お部屋に神秘的なリゾート感を演出します。アクセントとしても使いやすいデザインとなっています。

関連コラム

木々がもたらす落ち着きを感じるウッドブラウンスタイル

大地や木々を連想させるブラウンは、私たちに落ち着きを与えてくれるカラーです。テイストに関わらずインテリアでは人気のカラーですが、特に自然との調和を図るリゾートテイストには良く合います。

濃いブラウン調の床色に合わせ、ダークブラウンのテーブルとチェアを使ったインテリアコーディネートとなっています。またチェアカバーには温かみのあるプラノ(ダークブラウン)という生地をあてがう事で、より落ち着きと優しさにあふれた空間になりました。

ウッドブラウンスタイルにお勧めのチェアカバー

おすすめの組み合わせ

どんなお部屋にも合わせやすく、落ち着いたお部屋作りができるブラウンですが、ウォーターヒヤシンス素材とCLチョコレートを組み合わせればリゾートテイストの王道コーディネートとなります。落ち着きを感じながらもリゾート感を存分に楽しみたい方に大変おすすめの組み合わせです。

おすすめコラム

夕日がもたらす郷愁と安らぎを感じるサンセットレッドスタイル

生い茂る木々や葉など、自然の全てを赤く染め上げるサンセット。その赤く染まった景観は自然のエネルギーの大きさを否応なしに感じさせつつ、ノスタルジックな要素を加えた安らぎを与えてくれます。

ダークブラウンを基調にしつつ、ヒヤシンスのチェアにレッドのカバーをあてがう事で、リゾート地の代表であるバリ島の雰囲気を取り入れたコーディネートになりました。チェアカバーに入れたレッドが空間のアクセントとなり、また温かみを演出しています。

サンセットレッドスタイルにお勧めのチェアカバー

おすすめの組み合わせ

編み込み素材と合わせても大変素敵なレッドですが、背有りベンチとCLコーラルの組み合わせもまたとてもおすすめな組み合わせです。木々の癒しを存分に感じる無垢材の背にCLコーラルのオレンジがかった優しい色が映える事で、ノスタルジックな安らぎを生み出します。

おすすめコラム

水辺に咲く蓮のような神秘性を感じるフラワーパープルスタイル

湖に浮かぶ蓮の花のように、自然界のパープルには神秘的な魅力を感じます。そんなパープルをお部屋に取り入れる事で、高級リゾートホテルのような特別感を感じるお部屋作りとなります。

ダークブラウンやダークグレーといったシックな色の家具に合わせ、チェアやベンチにはパープルのカバーをあてがったインテリアコーディネートです。白い床に美しく映えるパープルがお部屋に明るさと落ち着きを演出し、特別感の強い空間に仕上がりました。

フラワーパープルスタイルにお勧めのチェアカバー

おすすめの組み合わせ

ダークグレーの塗装がかかったロク・ヒヤシンスチェア(DG)とORパープルは相性抜群です。ナチュラルな塗装をかけたヒヤシンスに比べ、どこかモダンで特別感をもつチェアだからこそ、パープルの神秘的な質感を存分に味わう事ができるORパープルと組み合わせる事で、その真価を発揮します。

おすすめコラム

森林の清い空気を感じるフォレストグリーンスタイル

リゾート地に生い茂る森林、または風にそよぐ新緑など、グリーンは私たちに癒しをもたらしてくれる色です。グリーンをテーマカラーに使ったお部屋作りを行う時は、そのような空気感を取り入れる事を心掛けましょう。

ウォーターヒヤシンス素材のチェアと明るいグリーンのチェアカバーを合わせれば、新緑の清々しさを感じさせる鮮やかなダイニングスペースができ上がります。毎日の食事が新鮮で華やかになる、爽やかなインテリアコーディネートです。

フォレストグリーンスタイルにお勧めのチェアカバー

おすすめの組み合わせ

ヒヤシンスと明るいグリーンの組み合わせは新緑の爽やかな空気感をお部屋にもたらしてくれますが、グリーンはラタン素材との相性も抜群です。例えばラタン素材と「CLフォレストを組み合わせれば、青々と茂る森林のような癒し空間を演出してくれます。

おすすめコラム

穏やかな海の安らぎを感じるシーサイドブルースタイル

リゾート地と言えば、どこまでも広がる海を真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。穏やかに揺らぐ水面をイメージしたブルーを取り入れる事で、まるで波の音が聞こえてくるような空間作りができます。

波をイメージしたブルー系のチェアカバーをあてがう事で、まるで静かな海沿いを歩いているような、自然の癒しを感じるインテリアコーディネートとなっています。また、余裕を持った家具の配置を心掛ける事で、リゾートテイストらしい開放感が演出されています。

シーサイドブルースタイルにお勧めのチェアカバー

お勧めの組合せ

CLウォーターブルーとウッドチェアを組み合わせれば、爽やかで開放感のあるお部屋が出来上がります。背もたれにあしらったルーバーデザインは、明るくも落ち着きを感じるCLウォーターブルーと合わせる事で、ゆっくりとした波が浜辺に打ち寄せるような安らぎを演出します。

おすすめコラム

ミニコラム-不揃いのチェアで作る空間デザイン-

インテリアにはその時代によって流行りがありますが、最近では敢えて違うデザインのチェアを合わせる選び方に関心が集まっています。ミスマッチチェアなどとも言われる元々上級者向けの選び方ではありますが、特に統一感と落ち着きを持った空間作りが基本となるリゾートテイストに用いるのは大変難しい手法です。

そこで、a.flatではチェアカバーの色を変えて自然の情景を想起させる、新しいミスマッチチェアの形をご提案致します。色味の違うグリーン系ファブリックをあてがえば森林の雰囲気が更に強調されますし、先ほどのシーサイドブルースタイルのお部屋では、濃淡の違うブルーを使う事で波の揺らぎを表現しています。そうする事で、リゾートテイストとしての統一感を損なう事なく、またカバーであればいつでも替える事ができるので、インテリアを長くお楽しみ頂く事ができます。

まとめ

今回のコラムはいかがだったでしょうか。様々なデザインがあるチェアですが、その選び方によってお部屋全体の印象は大きく変わります。また、カバーを替える事で長くインテリアを楽しむ事もできるアイテムでもありますので、ぜひチェアの選び方に迷っている方は今回のコラムを参考に、お好みやお部屋に合わせたチェアの選び方を考えてみてください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.