• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

【厳選】座り心地で選ぶおすすめダイニングチェア20選~3つの選び方と実例付き~

【厳選】座り心地で選ぶおすすめダイニングチェア20選~3つの選び方と実例付き~

ダイニングチェアを選ぶポイントとしては、特に「座り心地」が重要です。ただ、座り心地と言っても人それぞれ感じ方が異なるため、自分に合った座り心地を見つけられるおすすめしたいポイントをご紹介します。座り心地の良いa.flatおすすめのダイニングチェアと一緒に、是非チェックして下さい。

座り心地とおしゃれな見た目で選びたいダイニングチェア

快適な座り心地とスタイリッシュなデザインを兼ね備えたダイニングチェアをお探しですか?シンプルなチェアや肘付きチェアからダイニングベンチまで、こだわりのアイテムを見つけましょう。毎日の食事がもっと楽しくなる、おすすめのチェアや開発エピソードをご紹介します。

日々の快適さが変わるダイニングチェアの座り心地

お引っ越しや新居をご購入した際、リビングダイニングの家具をご検討される方が多くいます。ダイニング家具をご検討の際、存在感のあるダイニングテーブルから決め、ダイニングチェアはテーブルの雰囲気に近い物で選んではいませんか?長く使う家具なので、ダイニングチェアにもこだわり、素敵な食卓を作りましょう。

ダイニングチェアの座り心地にこだわりたい理由

暮らしを豊かにするダイニング家具を選ぶ際は、ダイニングテーブルのサイズや素材感以外にも重要なポイントがあります。それは、「ダイニングチェアの座り心地」です。ダイニングチェアの座り心地にこだわることで、快適なダイニング作りができるため、しっかりとチェックしましょう。

快適な座り心地で食事が美味しくなる

まずダイニングチェアの座り心地にこだわりたい理由としては、快適な座り心地であれば、美味しく食事ができる点です。座っている最中のダイニングチェアに不快感があると、せっかくの食事に集中できません。美味しく食事をするためにも、ダイニングチェアの座り心地にはこだわりましょう。

仕事や作業が捗り、読書などもしやすい

ダイニングチェアは、食事をする時だけ使う家具ではありません。最近では、自宅で仕事や作業をする時間が増えており、ダイニングで行う方も多いのではないでしょうか?そのような時、座り心地の良いダイニングチェアであれば、仕事や作業が捗ります。また、食後、読書などでリフレッシュする際も、座り心地が良ければ、集中して読書することが可能です。

安定した座り心地のダイニングチェアであれば、ワークデスクと組み合わせて本格的に仕事や作業を行うことも可能です。ダイニングチェアをワークスペースで使うと、ダイニングで必要になった際に、併用して使うことができます。

家族との楽しい団らんの時間が長くなる

ご家族に合わせた座り心地のダイニングチェアを揃えることで、快適に過ごせるダイニングになり、ご家族でのコミュニケーションの頻度も増えます。ダイニングチェアでも、ゆったりくつろげるタイプなどもあり、それぞれの好みに合わせた座り心地のダイニングチェアを使うことで、家族団らんの時間が増える事でしょう。

腰への負担が軽減するため健康に良い

座り心地の良いダイニングチェアは、比較的長時間座っても、腰への負担が少ないため、健康に良い点もポイントです。

腰への負担を軽減されたダイニングチェアを選ぶ際は、座っている時の負担が少ないのはもちろんのこと、立ち座りしやすい物を選びましょう。

座り心地が良いダイニングチェアは身長や好み、仕様でも変わる

ダイニングチェアの座り心地は、身長や身体へのフィット感、座面の硬さなどによって変わります。また、男性と女性でも座り心地の感じ方が異なるため、ダイニングチェアをご検討の際は、チェアを座り比べて、ご自身の座り心地に合わせたチェアを選ぶように心がけましょう。

座り心地の良いダイニングチェアを選ぶには?~おすすめの3つの選び方~

快適なダイニングを叶える「ダイニングチェアの座り心地」ですが、どのように選べば良いのでしょうか?自分に合った座り心地のダイニングチェアを選ぶおすすめのポイントをご紹介します。是非参考にして、座り心地の良いダイニングチェアを見つけましょう。

座り心地の良いダイニングチェアのおすすめしたい選び方

【選び方-1】ダイニングチェアのタイプで座り心地を選ぶ

ダイニングチェアの座り心地の選び方として、まずポイントになるのが、「ダイニングチェアのタイプ」です。ダイニングチェアと言っても、チェアやベンチなど様々なタイプが存在し、そのタイプごとで座り心地や過ごし方が異なります。まずは、ダイニングチェアのタイプから座り心地を選びましょう。

座る人数や過ごし方で変わるダイニングチェアのタイプ

ダイニングチェアのタイプを検討する際、使用する人数やどのように使用するのかによって、選ぶタイプが異なります。それぞれの特徴をチェックして、ライフスタイルに合ったダイニングチェアのタイプを選ぶと、快適なダイニングを作ることが可能です。

1人で使いやすい「ダイニングチェア」

1人で使いやすく、好みの座り心地を選びやすいタイプが「ダイニングチェア」になります。1人が座れるスペースがあればレイアウトできるため、省スペースにもおすすめ。ご家族でもそれぞれ異なる座り心地を選べるため、座り心地やデザインにとことんこだわれるダイニングチェアのタイプです。

チェアタイプは、自分のタイミングで立ち座りしやすいタイプになるため、家族がそれぞれのチェアに座ることが多く、チェアの数も多くなります。座る人数が多いご家庭では、圧迫感が軽減されたスッキリとしたデザインのチェアタイプがおすすめです。

キッチン周りで過ごせる「カウンターチェア」

ご自宅のキッチンにカウンターが付いていて、そこでお食事をしたいという方におすすめになるのが「カウンターチェア」。キッチンカウンターで食事をすることで、大人なムード漂うインテリアが完成します。カウンターチェアを選ぶ際は、キッチンカウンターの高さに注意しましょう。

カウンターチェアの選び方

カウンターチェアの選ぶポイントは、キッチンカウンターの高さになります。キッチンの高さが85cmでワークトップ(キッチンの天板)がフラットであれば、座面の高さが60cm程がおすすめ。カウンターが100cm以上あれば70cm程の座面高を選びましょう。

2人で一緒に座れる「ダイニングベンチ」

複数名で座りたい時は、座面の幅が広く、2人一緒に座れる「ダイニングベンチ」がおすすめ。ダイニングチェアの数を減らすことができるため、スッキリとしたダイニングを作ることが可能です。また、小さなお子様がいる家庭では、そばでお子様の面倒を見ることができるため、ファミリーに人気のタイプになります。

ベンチタイプには、背もたれが有るタイプと無いタイプがあり、無いタイプはスッキリとした印象に。

背もたれがあることで、くつろぎやすさが増します。背もたれの素材感に注目して選びましょう。

ダイニングチェアとベンチを組み合わせるのもおすすめ

使う人によって好みの座り心地や過ごし方が変わるダイニングチェア。組み合わせ方にルールは無いため、ダイニングチェア+ベンチの組み合わせもおすすめです。小さいお子様がいるご家庭や、それぞれで好みの座り心地が異なる方は、是非チェックしてみましょう。

アーム(肘)の有無で変わるチェアの座り心地・使い勝手

ダイニングチェアには「アームが有るタイプ」「アームが無いタイプ」があり、それぞれ特徴があります。アームの有無はデザイン性だけではなく、くつろぎやすさや座り心地の重要なポイントに。それぞれの特徴を把握して、最適なダイニングチェアのタイプを選びましょう。

長時間座りたい方におすすめの「アーム有りのチェア」

アーム有りのチェアは、アームに腕を乗せてくつろぐことができるため、長時間チェアに座る方や、ダイニングで過ごす時間が多い方におすすめです。

アームがあることで、ダイニングチェアの素材感を存分に感じていただけるため、チェアの素材にこだわることもできます。

立ち座りが多い方におすすめの「アーム無しのチェア」

アームが無いタイプは、横からスライドするように立ち座りができるため、動作がスムーズに行えます。座っている時の圧迫感もありません。

アームが無いことで、スッキリした印象のダイニングに。開放感や抜け感を意識したインテリアにしたい方におすすめ。

年配の方はアームがあることで立ち座りがしやすくなる

アームが有るチェアは、アームに手を掛けることで立ち座りがしやすいため、年配の方におすすめです。ダイニングテーブルに手を掛けて立ち座りすることもできますが、安定しなかったり、振動が他の人へ伝わる可能性もあるため、アームを使って立ち座りした方が快適に過ごせます。

機能性の視点から見るダイニングチェア

様々なタイプが存在するダイニングチェアですが、機能面に優れたタイプのダイニングチェアもあります。どのような機能があるのかをチェックしてみましょう。

移動がしやすい「キャスター付き」

ダイニングチェアを移動させやすい「キャスター付きのチェア」。食事をする際など、ダイニングチェアを引く動作がしやすい点がメリットです。また、立ち座りが多いワークスペースでも使いやすく、ダイニングで仕事をされる方にもおすすめのチェアになります。キャスター付きを検討する際、床に傷が付きにくい仕様になっているかを確認しましょう。

360度自由に身体が向ける「回転式」

ダイニングチェアの座面が回る「回転式チェア」は、座る時などにチェアを引く手間を省くことができます。ご年配の方や、ダイニングチェアを引くスペースに限りのある空間におすすめの機能です。回転式をご検討の際は、座りながら回転する時に、ダイニングチェアの重心が傾かず、安定しているのかをチェックしましょう。

収納がしやすい「スタッキング機能」

ダイニングチェアを重ねることができる「スタッキング機能」があるチェアであれば、使わない時などは重ねて収納することができるため、スペースを有効に使うことが可能です。来客が多いご家庭など、いざという時にチェアが必要になる方におすすめの機能になります。

ダイニングチェアが1脚ずつだと、どうしてもスペースが必要になります。

スタッキングすることで、1脚分のスペースでまとめることができるため、スペースを広く使えます。

【選び方-2】素材や座面クッションから座り心地を選ぶ

ダイニングチェアの素材には、様々な種類があり、その素材によって座り心地や雰囲気の感じ方が変わります。空間のテイストを決める素材感ですが、座り心地も考慮してダイニングチェアの素材を選びましょう。

チェアの座り心地に関わるフレーム(背)の素材感

ダイニングチェアに使われている素材には、様々な種類があり、背もたれの素材感は座り心地に関わります。座った時に感じる質感や、身体のフィット感など素材によって座り心地が異なるので、素材ごとの特徴を把握してご自身にあったダイニングチェアを選びましょう。

使いやすさやダイニングに馴染ませるなら「ウッド素材」

背もたれがウッド素材でできているダイニングチェアは、強度や使いやすさに優れている物が多く、選びやすい素材です。木製でできているため、加工がしやすく、身体にフィットしやすい背もたれの形状など、座り心地にもこだわられたダイニングチェアが多くあります。

ダイニングテーブルもウッド素材を使用したテーブルが多く、ウッド素材のダイニング家具で揃えることで、木々の癒しを感じるダイニングを演出していただけます。ウッド素材は、インテリアにも馴染ませやすいスタンダードな素材です。

リゾートの雰囲気を味わいたいなら「自然素材」がおすすめ

独特な編み込みが魅力の自然素材を背もたれに使用したダイニングチェアは、まるでリゾートのような素敵な空間を演出してくれます。自然素材によっては、柔らかい素材もあるため、背あたりの優しいダイニングチェアを選ぶことが可能です。こだわりを感じるダイニングを演出したい方におすすめ。

■ヒヤシンス素材のダイニングチェア
独特な編み込みが特徴的なヒヤシンス素材のダイニングチェアでまとめることで、非日常感のある食卓を作ることができます。

■ラタン素材のダイニングチェア
繊細で落ち着いた雰囲気のラタン素材のダイニングチェア。上品で高級感のあるインテリアへと誘います。

デザイン性にこだわりたい場合は「プラスチック素材」

様々な形状に加工することができるプラスチック素材。その素材をダイニングチェアに使用することで、こだわりのデザインを再現していただけます。ただ、その半面、背もたれが硬い物が多いため、デザイン性重視のダイニングチェアです。デザイン性と使い勝手のバランスを考慮して選びましょう。

肌触りがポイントになるでのあれば「ファブリック素材」

ダイニングチェアの背もたれにファブリック素材を使ったタイプは、優しい背あたりが多く、身体にフィットしやすい点が魅力です。

ファブリック素材のダイニングチェアを選ぶ際は、寄り掛かった際に、背もたれが固定されるチェアを選びましょう。

屋外でも使いたい時は「高密度ポリエチレン素材」

対候性やメンテナンス性に優れた高密度ポリエチレン素材を使用したダイニングチェアは、屋外でも使うことが可能です。素材を編み込んで作られているチェアが多く、バルコニーやテラスに置くだけでも非日常感のある空間を演出していただけます。屋外にもダイニングセットをレイアウトして、特別な時間を過ごしてみてはいかがですか?

高密度ポリエチレンとは

厳しい5000時間の風化テストをクリアした堅牢性、紫外線で劣化・色褪せすることのない耐褪色性、耐化学薬品テストをクリアした耐溶剤性などを兼ね備えた高機能素材です。万が一、汚れても水洗いするだけでいつも清潔に保つことができ、メンテナンスの必要もほとんどありません。

ダイニングチェアの座面・素材で変わる座り心地

ダイニングチェアの座り心地を決めるポイントとして、大切になるのが座面の構造や素材になります。座った際に身体に掛かる負担を軽減し、快適なダイニングを叶えるためにも、座面の素材はしっかりとチェックして、ダイニングチェアを選ぶ事が大切です。

クッション付きで長時間でも座れるダイニングチェア・ベンチ

ダイニングチェアやベンチの座面にクッションが付いているチェアは、そのクッションがお尻にフィットし、長時間でも座りやすいダイニングチェアが多くあります。クッション付きのダイニングチェアを選ぶ際、柔らかすぎてしまうと立ち座りがしづらくなるため、注意が必要です。

腰痛などで背あたりが気になる方は、背もたれにもクッションを挟んで、座り心地を調整しましょう。クッションは体の形状にフィットしやすく、腰をしっかりと支えてくれるため、長時間でも過ごしやすいダイニングを叶えていただけます。

お手入れがしやすいレザー・合皮のダイニングチェア

レザーや合皮を使っている座面のダイニングチェアは、お手入れのしやすさが魅力です。万が一お飲み物をこぼしてしまっても、拭き取ることができるため、小さなお子様がいるご家庭でも、安心してお使いいただけます。また、少し硬めの座り心地が良い方もおすすめになるため、チェックしてみましょう。

■高級感を演出するソフトレザー
合皮の座面を選ぶ際は、その質感にも注目してみましょう。本革に近い質感や色味であれば、高級感を演出することが可能です。

■メンテナンス性に優れたクリーンレザー
最近では除菌用にアルコールスプレーを使用されるご家庭も増えています。その際、薬品にも強い合皮のカバーを選びましょう。

木の風合いや経年変化も楽しむなら板座の木製チェア

チェアの座面が木製でできているチェアは、木の風合いや経年変化を楽しむことができます。汚れや傷等に強い素材となり、耐久性が高く長持ちしますが、座面自体にクッション性能は無く、衝撃吸収性が低いため、長時間座る際はクッションなどを使うと、身体への負担が軽減できるため良いでしょう。

長期的に使うならカバーリングのダイニングチェアがおすすめ

ダイニングチェアには、チェアカバーが取り外せるタイプがあります。張り込まれたチェアが多くありますが、カバーリングタイプにすることで、カバーの色を変えることや、お手入れすることが可能。汚れが気になるダイニングだからこそ、安心して使えるダイニングチェアを選んでください。

おすすめコラム

  • チェア・椅子カバーの選び方~生地のラインナップや人気の素材・色をご紹介~
    チェア・椅子カバーの選び方~生地のラインナップや人気の素材・色をご紹介~

    a.flatのチェア・椅子は、座面のカバーを着せ替えることができるカバーリングタイプ。自宅で簡単にカバーの着脱ができるので、万が一汚れても安心で、長く使い続けることができる仕様になっています。そしてチェア・椅子カバーは、色や生地の種類によってチェア自体のイメージやその空間の雰囲気を変えるインテリア装飾としての役割もあるのです。今回はそんなa.flatのチェア・椅子カバーのラインナップや生地の特徴、選び方などをご紹介します。

【選び方-3】体格やテーブルとの組み合わせで座り心地のよいサイズを選ぶ

ダイニングチェアの座り心地を検討する際は、チェアのサイズ感もポイントになります。体格に合わせたサイズ感のチェアや身体を預けやすいサイズなど、ご自身に合わせたチェアを選びましょう。また、ダイニングテーブルとの相性でも選ぶチェアは異なるため、テーブルとのサイズバランスも大切です。

座り心地にも関わるダイニングチェアのサイズ

座り心地を左右するダイニングチェアのサイズ感。ダイニングチェアのサイズ感と言っても、把握しておけば良いポイントは以下のサイズに限られています。体格に合わせながら、座り心地の好みや快適さを重視して選びましょう。カオ・ダイニングチェアに、身長167cmの女性が座った状態を例にご紹介します。

ダイニングチェアの「座面サイズ」で変わる座り心地

①座面の幅

ダイニングチェアのサイズで、まずチェックするポイントは、座面のサイズ感です。座面の幅がゆったりとしたダイニングチェアであれば、くつろぎやすく、安定した座り心地になります。ただ、広すぎるチェアを選んでしまうと、並べた際、チェア同士がぶつかる可能性があるため、注意しましょう。

②座面の奥行き

座面の奥行きは、浅すぎても深すぎてもダイニングチェアには適していません。立ったり座ったりと、食事中以外は動いていることも多いので、動作が行いやすい奥行きが良いでしょう。背もたれに寄り掛かった状態で、腰の部分に隙間が無く、膝裏を圧迫しない奥行きが、綺麗な姿勢で座れる奥行きです。

「背もたれの高さ」で過ごしやすさが変わるダイニングチェア

③背もたれの高さ

背もたれの高さも座り心地には重要なポイントです。背もたれに寄り掛かった際、最低限、肩甲骨の下側まで支えてくれるチェアを選ぶと安定した姿勢になります。座った時に背中のフィットする背もたれの形状と、背もたれのデザイン性のバランスを考えて選びましょう。

使いやすさやくつろぎ感に影響する「チェアの座面高」

④座面の高さ

座面の高さが身体のバランスと合っていることで、安定感のある姿勢で座ることができます。背もたれに寄り掛かった状態で、足の裏が地面につく座面の高さを意識しましょう。また、ダイニングテーブルとのサイズバランスにも関わるポイントになるため、ご自身が使いやすい高さを把握しておくことが大切です。

座った時にかかとが付くか靴を脱いで必ず試すこと

ダイニングチェアをご検討の際、実際に座り心地を試す機会があれば、靴を脱いで試すことが大切です。いざ家の中でダイニングチェアに座る時は、スリッパか素足で座ることが多いため、靴を履いている状態で試してしまうと、靴底の厚みによって身体に合ったサイズか分からなくなってしまいます。

チェアの座り心地はダイニングテーブルとのサイズ相性も大事

食事をする際、ダイニングチェアの座り心地は重要ですが、いくら座り心地が良くてもダイニングテーブルのサイズと相性が悪くては、使い勝手の悪いダイニングになってしまいます。ダイニングチェアと合わせた時のテーブルの使い勝手を良くするためにも、ダイニングテーブルのサイズもチェックしましょう。

快適なチェアの座面高さとテーブル高さの目安になる「差尺」

ダイニングチェアとテーブルの組み合わせで重要なポイントは、チェアの座面高とダイニングテーブルの天板の高さになります。この高さ関係を「差尺」と言い、この差が250mm~300mm程あると使いやすいとされているため、チェアに座った時の姿勢を意識して高さを選びましょう。

例1:ダイニングテーブル高さ720mm - チェア座面高さ420mm = 差尺300mm(○)

差尺300mmは一般的なサイズ感です。大人の方を中心とした食卓や身長の高い方に合います。また、読書や仕事も行いやすい高さになるため、在宅ワークにもおすすめです。

例2:ローダイニングテーブル高さ670mm - チェア座面高さ420mm = 差尺250mm(○)

差尺250mmは少し低いサイズ感です。部屋を広く見せたり、大人の方とお子様で過ごす場合や、大人の方でも和食など器の高さが出る食事が食べやすくなります。

例3:ダイニングテーブル高さ800mm - チェア座面高さ420mm = 差尺380mm(×)

欧米仕様の高さがあるダイニングの場合、日本仕様のチェアだと差尺がかなり大きく、食事がしにくい可能性があります。チェアとテーブルのバランスが大切です。

ダイニングテーブルの内寸に収まる「幅」かどうか

ダイニングテーブルのサイズをチェックする際、チェアがテーブルの脚の内側に収まるか、しっかりチェックしましょう。脚の内寸に収まらないチェアを選んでしまうと、ダイニング周りの生活動線が確保できなかったり、テーブルの脚とチェアが接触し、傷が付いてしまうこともあるため、注意が必要です。

ベンチタイプのダイニングチェアの場合、チェアタイプより幅が広くなるため、テーブルの脚の内側に収まるか、しっかりと確認しましょう。

棚板のあるダイニングテーブルであれば、その棚板も加味して、ダイニングチェアを選ぶ必要があります。座った時に足が当たらないかがポイントです。

ダイニングチェアとテーブルを同じブランドで揃えるメリット

ダイニング家具をお探しの際、テーブルとチェアの組み合わせに決まりはないため、お好みのセットでご検討していただけますが、ブランドを揃えることでメリットが生まれます。同じブランドにすることで、統一感を演出することができ、外さないインテリアに。また、後々家具が傷んでしまいメンテナンスを考えた際、ブランドが同じなら対応もスムーズです。

座り心地が良い a.flatのおすすめダイニングチェア20選

a.flatには数多くのダイニングチェアがあり、それぞれ異なる座り心地やデザインをお楽しみいただけます。座り心地の良いおすすめのダイニングチェアをご紹介しますので、是非ダイニングセットをご検討の方はチェックしてみましょう。

【タイプ別で座り心地を選ぶ】 おすすめのダイニングチェア

アームが有るタイプやアームレスタイプなど、ダイニングチェアはタイプによって座り心地や、座っている時のくつろぎ方などが変わります。a.flatのダイニングチェアにも様々なタイプがあり、その中でもおすすめのダイニングチェアをご紹介しますので、それぞれの特長をチェックしてください。

アームレスタイプのダイニングチェアの座り心地

①ウッド・ダイニングチェアv03 (GB)

アームが無いことで、座っている際に圧迫される感覚を避けることができたり、身体を自由に動かすことができます。体型等の制限もないため、多くの方が使いやすい木製のダイニングチェア。シャープなフォルムで、スッキリとした印象をダイニングに演出してくれるデザイン性も魅力的です。

②カオ・ダイニングチェア (ヒヤシンス)

抜け感のあるデザインと、印象的な背もたれの素材感のバランスが取れたダイニングチェア。抜け感のある背もたれになりますが、しっかりと背中を支えてくれるように設計されているため、安定感のある座り心地がポイントです。シンプルながらリゾート感のある食卓におすすめのダイニングチェアになります。

アーム付きタイプのダイニングチェアの座り心地

③ウッド・ダイニングアームチェアv03

ダイニングチェアに座りながら、アームに腕や肘を乗せることでくつろぐことができます。また、立ち上がる際、アームを使うことで、スムーズに立ち上がれるメリットも。アームがスッキリとしたデザインになっているため、圧迫感の少ない食卓を演出するダイニングチェアです。

④ムン・ダイニングアームチェア (ラタン)

アームが付くことで、アームに使われている素材感を存分に感じることができ、ダイニングの雰囲気を作るアイテムになります。こちらのダイニングチェアは、アーム部分にラタン素材を存分に使い、洗練された高級感のある雰囲気を演出。背もたれの曲線が背中にフィットする座り心地も魅力的です。

ベンチタイプのダイニングチェアの座り心地

⑤ウッド・ダイニングベンチv01

ベンチタイプの特徴は、その座面の広さです。一般的なダイニングチェアと違い、座面の幅がゆったりとしたダイニングベンチは、2~3人程で座ることが可能に。背もたれのないベンチタイプは、立ち座りのしやすさや、配膳のしやすさなどのメリットがあり、使い勝手の良いダイニングチェアになります。

⑥ウッド・ダイニングベンチv02 (GB)

背もたれがあることで、身体を預けて座ることができるため、ダイニングにいながらくつろぐことが可能です。ダイニングベンチの背もたれは、その素材感が強調されるため、無垢材を使用したベンチタイプは、木々のぬくもりを存分に味わえる温かみあるダイニングチェアになります。

【素材別で座り心地を選ぶ】 おすすめのダイニングチェア

a.flatでは、ラタンやヒヤシンスといった「自然素材」を存分に使用したダイニングチェアや、木々のぬくもりを感じる「無垢材」を使用したダイニングチェアをご用意しています。フレームに使用している素材によって変わる座り心地の特長をチェックしてください。

自然素材と三次曲面を使用したダイニングチェアの座り心地

⑦ロク・ダイニングチェア (ヒヤシンス)

リゾートの雰囲気漂うヒヤシンス素材を存分に使用したダイニングチェアです。独特な雰囲気だけではなく、美しい三次曲面を描く背もたれが、寄り掛かった際に背中にやさしくフィットして、安定した座り心地を実現。デザイン性と機能性に優れた人気のダイニングチェアになります。

⑧カフウ・ダイニングチェア(ヒヤシンスDG)

リゾート感のあるヒヤシンスでも、カラーをダークグレーに変えるだけで、雰囲気がガラッと変わります。落ち着きと高級感を味わえるヒヤシンスDGを使ったダイニングチェア。背もたれや座面に曲線を用いることで、快適な座り心地を提供してくれるダイニングチェアです。

身体にフィットしやすい無垢材ダイニングチェアの座り心地

⑨セイル・ダイニングアームチェア(GB)

座り姿勢に沿った座面と背もたれの形を追求し、快適な座り心地を実現した無垢材のダイニングチェア。シンプルなデザインでも、こだわりを感じさせるルーバーデザインが魅力的です。アームが付くことで、閉鎖的な印象が強くなりがちですが、こちらのダイニングチェアは、しっかりと抜け感があります。

⑩コオウ・ダイニングチェア

背もたれの無垢材を面にしたタイプのダイニングチェア。背もたれが丸みを帯びた形状となっており、寄り掛かった際に背中をそっと包み込むような座り心地が特長です。曲線的な背もたれと、直線の脚が織り成す素朴な雰囲気が、落ち着きのあるモダンなダイニングを演出します。

座面にレザー素材を使用した高級感のあるダイニングチェアの座り心地

⑪レザー・スツール

座面に高級感漂う本革を使用したスツールタイプのダイニングチェア。シンプルなデザインと、持ち運びがしやすいサイズ感になるため、多目的に使用することができます。弾力性のあるレザーとお尻の曲線に沿った座面によって、快適な座り心地が実感できるダイニングスツールです。

【サイズ別で座り心地を選ぶ】 おすすめのダイニングチェア

ダイニングチェアは背もたれの高さや座面高など座り心地に影響するサイズがあり、特に背もたれの高さは、座る人の好みに合わせたローバックやハイバックのチェアを選ぶ必要があります。また、a.flatのダイニングチェアには、キッチンでも使用できるチェアもあるため、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

背もたれがローバック・セミバックのダイニングチェア

ローバック・セミバックとは

背もたれの高さが抑えられたダイニングチェアです。圧迫感を軽減し、開放的なダイニングを演出。また、食事を配膳する際、背もたれが邪魔にならないメリットもあります。

⑫セイル・ダイニングチェア

背もたれの高さを押させることで、スッキリとした印象をダイニングに与えます。こちらのローバック・セミバックのダイニングチェアは、ただスッキリ見せるだけではなく、座った時に身体がフィットするように設計されているところもポイント。開放感のあるダイニングをご検討の方におすすめです。

安定感のある背もたれがハイバックなダイニングチェア

ハイバックとは

背もたれに高さを出すとこで、背もたれのデザインをこだわることができ、豪華さや高級感を演出します。寄り掛かった際、背中を支える面積が増えるため、ゆったりくつろげるダイニングチェアです。

⑬リン・ハイバックチェア

ハイバックのダイニングチェアは、背もたれに高さがあるため、しっかりと身体を支えてくれます。また、背もたれに寄り掛かった時にくつろぎやすいよう、曲線を取り入れたデザインになっているところもポイント。高さが出ることで、ダイニングに高級感を演出することができるダイニングチェアです。

座面高とテーブルのバランスが取れるカウンターチェア

カウンターチェアとは

キッチンやバーなど、高さのあるカウンターに合わせて設計されたチェアになり、一般的なチェアより座面高が高いタイプが多くあります。また、立ち座りがしやすいように座面の奥行きが浅く作られている点も特徴です。

⑭ハブ・カウンターチェア (ラタン)

自然を感じる編み込み素材である「自然素材」で作られたカウンターチェアです。立ち座りのし易さや座り心地を考慮し、太ももからお尻、腰にかけて優しく包み込む座面と背もたれの曲面と角度を追求しました。カウンターキッチンの高さに合わせた2サイズ展開になります。

ダイニングチェアの脚をカットして自分の身長に合わせて使う

ダイニングチェアをご検討する際、試し座りをされると思います。身長や体型によっては、座った時に足が宙に浮いてしまったり、座面高が少し高いと感じる事も。a.flatでは、ご注文して頂いたダイニングチェアの脚をご自身の使いやすい高さにカットして、快適な座り心地にすることができます。

関連コラム

  • ダイニングテーブルの高さを調整する ~脚カットサービスで低く調整する方法~
    ダイニングテーブルの高さを調整する ~脚カットサービスで低く調整する方法~

    洗練されたデザインや高級感のあるダイニンテーブルはもちろん魅力的ですが、楽しく快適に食事ができなければ意味がありません。もしダイニングテーブルの高さが原因で食事中の快適さが損なわれているとしたら・・・そのお悩みを解決する方法の一つが脚カットによる調整です。このコラムでは、ダイニングテーブル、チェアの脚をカットして高さを低くする調整方法やメリットをご紹介します。

【シチュエーション別で座り心地を選ぶ】 おすすめのダイニングチェア・ソファ

ワンルームでソファに座りながら食事をスタイルや、屋外でも食事をしたい場合など、シチュエーションによって、選ぶダイニングセットが異なります。それぞれのシチュエーションで、どのような座り心地のダイニングチェアが使われているのかをチェックしてみましょう。

ソファダイニングでおすすめのチェア・ソファの座り心地

⑮ムン・ラウンジチェア (ヒヤシンスDG)

1人掛けソファで、ゆったりくつろぐことができる座り心地のラウンジチェアです。ソファでも使える高さに合わせた「カフェ・テーブルv04」と組み合わせることで、ソファダイニングとしてもお使いいただけます。省スペースに配置しやすいため、一人暮らしでソファをご検討はチェックしてみましょう。

⑯ラン・コンパクトソファ (ラタン)

奥行きがコンパクトなソファになるため、限られた空間でもレイアウトしやすいソファ。立ち座りがしやすい座面高は、ソファダイニングとも相性が良く、食事をしたり、くつろぐことが可能です。暮らしのバリエーションの幅を広げてくれるソファになります。

⑰ウッド・ダイニングベンチv02

背もたれに無垢材を使用したダイニングベンチでも、ソファダイニングテーブルの高さに合わせることで、ソファダイニングとしてお使いいただく事が可能です。ソファ程ボリュームが無いため、ソファダイニングでもスッキリ見せたい方におすすめのダイニングチェアになります。

ソファダイニングを取り入れる際は、ソファの座面の高さに合わせたダイニングテーブルを組み合わせるようにしましょう。後々、一般的なダイニングテーブルとして使えるようになるテーブルは末永くお使いいただけます。

高さ640mm(ソファダイニングテーブル)
ソファと組み合わせて省スペースに空間をまとめたインテリア。スペースの広さに限りがある部屋におすすめです。

高さ670mm(ローダイニングテーブル)
お引っ越しをして少し広めの部屋になったら、脚の高さを変えてリビングスペースとダイニングスペースに分けて使うこともできます。

屋外で使えるおすすめの屋外用ダイニングチェアの座り心地

⑱ガーデン・スタッキング・アームチェア

バルコニーやテラスなどにスペースがあれば、そこに屋外用のダイニングセットをレイアウトして、優雅にくつろげる特別な空間を叶えてみてはいかがですか?屋外用のダイニングチェアとテーブルがあれば、外で食事やティータイムをお楽しみいただけます。機能性にもこだわられたダイニングチェアを、是非ご検討してみてください。

⑲ガーデン・ラウンジチェア

背もたれの曲線と座面の下のウェービングベルトが快適な座り心地を実現したラウンジタイプの屋外用ダイニングチェア。ゆったりとした奥行きがあるため、チェアタイプでもくつろぐことが可能です。リゾート感のある雰囲気を演出するため、非日常的な空間へと誘います。

⑳ガーデン・コンパクトソファ

屋外でもソファダイニング仕様で食事をしたり、くつろぎたい方におすすめのアイテムです。座り心地にこだわられたクッション性になっているため、屋外で優雅なひと時をお過ごしいただけます。限られたスペースになりがちな屋外にも、レイアウトしやすいサイズ感がポイントです。

おすすめコラム

メンテナンス性の高いa.flatのダイニングチェア

a.flatのダイニングチェアは、座面が取り外せたりチェアが傷んでしまっても修理できる環境が整っているなど、メンテナンス性の高い商品が多くあります。普段使うダイニングチェアだからこそ、何かあった際に対応できる点は、重要なポイントです。安心して、末永くお使いください。

おすすめコラム

  • 【特集】椅子の張り替え・修理サービス ~ラタン、ヒヤシンス編~
    【特集】椅子の張り替え・修理サービス ~ラタン、ヒヤシンス編~

    南国のリゾートホテルの椅子にも使用されることの多い、ラタンやウォーターヒヤシンス素材ですが、はじめてご購入されたお客様の中には、お手入れが大変だったり、劣化した場合の修理はしてくれるの?などの心配される方がいらっしゃいます。a.flatはオリジナル設計の家具ブランドだからこそ、今までの経験をもとにした独自の修理方法を確立しています。お客様のご愛用の椅子が劣化してしまった場合でも、充実した設備のある国内サービスセンターにて行う、修理サービスをご紹介いたします。

座り心地の良いおすすめのダイニングチェアで叶えたダイニング実例

座り心地の良いダイニングチェアを使ったおしゃれなダイニングのインテリア実例をご紹介します。ダイニングチェアとテーブルの組み合わせにも注目してみましょう。

座り心地が良いダイニングチェアでまとめたダイニング実例

座り心地にこだわったダイニングチェアを使ったダイニングのインテリア実例。ダイニングチェアに使われている素材を活かした組み合わせや、リビングとの統一感など、おすすめのポイントがございます。ぜひ参考にしてみましょう。

木製ダイニングチェアでまとめられたウッディーなダイニング実例

木製のダイニングチェアでまとめられた木々のぬくもりを感じるダイニング実例。アームが有るタイプとアームレスを2脚ずつ組み合わせることで、その時々で座り心地を選ぶことが可能です。ダイニングテーブルも木部の色味が同じため、統一感のあるダイニングになります。

アームが有るダイニングチェアは、ダイニングでゆったり過ごしたい方におすすめ。肌触りの良いウッド素材のダイニングチェアは快適な時間を提供します。

ダイニング周りに余白があるレイアウトは、生活動線の確保もしやすく、デザイン性のあるダイニングチェアを引き立ててくれます。

おすすめメニュー

  • ウッドブラウン・スタイル~自然のベーシック~

    ウッドブラウン・スタイル~自然のベーシック~のページです。木々の温もりやリラックス感を楽しめる、ウッドブラウン・スタイルのリビングコーディネート。無垢材の曲線アームが美しいハイバックソファや、ローテーブルを配置したリビングです。ナチュラルな床色にオフホワイトのソファカバーで合わせた、シンプルなコーディネートが魅力です。茶色のクッションを複数使いしてグラデーションを作りアクセントを付けました。

三次曲面を用いたヒヤシンスのダイニングチェアで魅せるダイニング実例

座った時に背中にフィットする形状で作られたヒヤシンス素材を存分に使用したダイニングチェア。背中をしっかり支えてくれる背もたれで安定した座り心地を実現しています。また、背もたれのヒヤシンス素材がダイニングにリゾートの雰囲気を演出。

ヒヤシンスを使用した「ロク・ダイニングチェア」。身体をしっかりと支えられるよう三次曲面を用いることで安定感を実現しました。

ダイニングチェアに使われているヒヤシンスをソファにも使用。素材の統一感と、ヒヤシンスが演出するリゾート感溢れるLDKになっています。

おすすめコラム

ハイバックのダイニングチェアで高級感を演出したダイニング実例

くつろぎやすさと高級感を演出するハイバックのダイニングチェアをレイアウトしたお客様実例です。高さのあるダイニングチェアは圧迫感が出てしまいがちですが、「リン・ハイバックチェア」は、抜けのあるデザイン性になっているため、スッキリとした印象を演出します。

リン・ハイバックチェアは、背骨のラインに沿って、肩甲骨の間をしっかり支えるため、ハイバックチェアならではの安楽性を実感できます。

6人掛けの大きさがあるダイニングテーブルをレイアウトすることで、ハイバックチェアの高さが緩和され、バランスの取れたダイニングになります。

おすすめコラム

  • 高級感のあるリビングを叶える6つのポイントを解説~豪華な高級マンションのインテリア実例付き~
    高級感のあるリビングを叶える6つのポイントを解説~豪華な高級マンションのインテリア実例付き~

    高級感のあるリビングは、ホテルやタワーマンションのモデルルームのようにラグジュアリーで洗練された雰囲気が魅力で、多くの方が憧れるインテリアスタイル。そして高級感のあるリビングでは、非日常的で豪華な雰囲気を味わえ、誰もが心地よく過ごすことができるでしょう。今回は自宅のリビングを高級感のある部屋にするためのインテリアコーディネートのポイントを解説します。高級タワーマンションの実例を参考にしながらコーディネートのコツをいくつかご紹介するので、自宅の部屋にも取り入れられるテクニックを見つけられるでしょう。

使う人数に合わせて使い方を変えることができるダイニング実例

伸長式のダイニングテーブルをレイアウトしたダイニング実例。普段は2人掛けから来客時などは4人掛けのダイニングセットとして使えるため、その時々のシーンに合わせた過ごし方が可能です。4人掛けにした際は、スツールを使って、お食事ができます。

比較的簡単に伸長することができるダイニングテーブル。伸長した時に使用するラタン素材のスツールがアクセントになります。

ラタン素材のスツールは、普段インテリアの一部として配置しています。ラタン素材のソファとも統一感が生まれ、おしゃれな空間です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート

    ご旅行など大切な思い出の地として思われる方も多いハワイ。こちらのコラムで紹介するのは、ハワイへ何度も訪れているお客様へご提案したリビングダイニング、書斎、寝室のインテリア コーディネートです。ご自宅でもハワイの魅力と、ホテルライクな寛ぎを感じて頂けるようご提案いたしました。ターコイズブルーを取り入れて、ハワイアンインテリアをコーディネートするときのポイントなどもご紹介しているので、是非参考になさってください。

くつろぎ方の幅が広がるベンチ+ダイニングチェアまとめたダイニング実例

ゆったり座ることができるダイニングベンチを組み合わせたインテリア実例。ベンチとダイニングチェアを組み合わせるスタイルに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか?背もたれ付きのベンチと背なしベンチ、それぞれのインテリア実例をご紹介いたします。

ダイニングベンチ&チェアで叶えたカフェ風ダイニング実例

背もたれ付きのダイニングベンチをレイアウトしたダイニング実例です。無垢材を使った背もたれが温かみのある雰囲気を演出。アースカラーでまとめられた落ち着きのあるダイニングは、まるで自宅をリゾートカフェのような空間として叶えてくれるでしょう。

無垢材を使用したダイニングベンチは、優しい背あたりと、温かみのある素材感が魅力的です。リラックスムード満点のダイニングに。

空気感を生み出す自然素材の家具に合わせて、柔らかなアースカラーのコーディネートをすることで、より一層心地良い部屋に仕上がります。

背無しのダイニングベンチを使ったスッキリとしたダイニング実例

ダイニングベンチは、背もたれが無いタイプになるとスッキリとした印象のダイニングになります。こちらの実例は、背無しのダイニングベンチをレイアウトし、開放感のあるダイニングを演出。ベンチの座面をブルーのカバーに替えて、インテリア性をアップしました。

背もたれが無いことで、後ろからでも座りやすい背無しのダイニングベンチ。スペースが限られたダイニングにも使いやすくなります。

インテリアカラーをブルーでまとめて、爽やかな雰囲気を演出しています。つながりのあるリビングダイニングだからこそ統一感も大切です。

おすすめコラム

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

キッチンでも食事ができるカウンターチェアを使ったダイニング実例

ダイニングスペースをコンパクトにまとめられるキッチンカウンターで食事をするスタイル。カウンターチェアを取り入れることで、キッチン周りのインテリア性が上がるメリットもあります。快適なダイニングキッチンを作るためにも、カウンターチェアのサイズがポイントです。

カウンターの高さに合わせたカウンターチェアを取り入れたダイニング実例

キッチンにカウンターが付いている場合は、カウンターの高さに合わせた「カウンターチェア」を使うことで、そのカウンターで食事をすることも可能です。こちらの実例では、カウンターチェアがあることで、大人な雰囲気が漂うダイニングを叶えました。

カウンターチェアの座面の高さは、600タイプと700タイプがあり、ご自宅のキッチンカウンターの高さに合わせてお選びいただけます。

リビングには、ラタン素材を使用したコンパクトソファをレイアウト。カウンターチェアとの素材を揃えて統一感があるインテリアを演出しています。

おすすめコラム

  • 【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング
    【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング

    リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング実例の特集です。近年マンションや戸建てを、自分好みの空間としてリノベーションされる方が増えています。リビングの間取りや内装を自由に変更できて、快適に生活がしやすい理想的な部屋を叶えるリノベーション。是非、こちらの素敵なリビング・和室を叶えたリノベーション実例を参考にしてみて下さい。

シチュエーションや暮らし方に合わせたダイニング実例

スペースを有効活用することができるソファダイニングを取り入れたインテリア実例。ライフスタイルの変化や住居人数に合わせてサイズ感を変えられるため、長期的に使うことができる組み合わせになっています。

くつろぐことも食事をすることもできるソファダイニング実例

LDKにソファダイニングを取り入れることで、くつろぐことも食事をすることもできる多目的に使える空間に。スペースに限りのあるご自宅や、空間を広く使いたいという方におすすめです。ソファダイニングに適した座り心地のソファを選ぶことがポイントになります。

L字に組まれたソファセットは、大人数で食事することも、優雅にくつろぐこともできます。立ち座りのしやすさもポイントです。

リビングスペースとダイニングスペースをまとめることでフリースペースを設けることができます。空間を広々使いたい方におすすめ。

おすすめメニュー

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜のページです。ラン・コンパクトソファは、一人暮らしのワンルームから、二人暮らしやファミリーのマンション・戸建てのリビングまで、幅広くご利用頂ける「万能なソファ」です。また、リビングでローテーブルと合わせたり、食事も可能なソファダイニングとして使うこともできます。そんな暮らしの幅を広げて、永く寄り添ってくれるラン・コンパクトソファの魅力について、ご紹介させて頂きます。

コンパクトな空間を有効に使えるソファダイニング実例

ソファダイニングは、ワンルームなどの限られた空間でも使えます。コンパクトに設計されたソファとダイニングテーブルを組み合わせることで、最小限のスペースでレイアウトが完成。引っ越した後でも使い続けられる拡張性のあるソファがおすすめです。

奥行きがコンパクトに設計された「ラン・コンパクトソファ」は、スペースに限りのあるワンルームにも比較的レイアウトしやすいアイテムです。

ワンルームに家具をレイアウトする際は、部屋の中を移動しやすい生活動線を意識することで、快適な空間になります。

おすすめコラム

優雅に食事を楽しめる屋外用ダイニングチェアで叶えるバルコニー実例

屋外用のダイニングチェア&テーブルを使い、屋外で優雅にお食事を楽しんで頂けるバルコニー実例です。屋外用のダイニングセットをレイアウトすることで、室内から外を眺める時の印象も格段に変わり、非日常的なインテリアを叶えてくれます。

シャープなフォルムが、スッキリしたバルコニーを演出してくれるスタッキング・チェア。重ねて収納できるため、空間を有効活用できます。

バルコニーのインテリアを充実させることで、高級感のある室内のインテリアがより引き立ちます。屋外にスペースがあれば、是非検討してみましょう。

おすすめコラム

  • 都会のリゾート感を演出する1LDKマンションのスイートルーム風コーディネート
    都会のリゾート感を演出する1LDKマンションのスイートルーム風コーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

おすすめダイニングチェアの座り心地は店舗でチェック

自分好みの座り心地のポイントや、ダイニングチェアのデザイン・サイズ感など、実際に座ったり、触れていただかないと分からないことも多いので、ダイニングチェアをご検討の際は、是非店舗へご来店していただき、チェックしてみて下さい。

座り心地の良いダイニングチェア選びは「試し座り」が大切

ダイニングチェアの座り心地や、素材感、使い勝手などは、実際にお試しいただく事で分かるポイントが多くあります。また、人にはそれぞれ好みの座り心地があるため、様々な姿勢で試し座りしていただく事で、より使い勝手や使用している時のイメージを行いやすくなるので、ダイニングチェアをご検討の際は、実際に試してみましょう。

ダイニングチェアに使われている素材の質感もチェア選びには大切なポイントです。特にアーム付きのダイニングチェアであれば、そのアームの素材によって、くつろぎやすさや安心感などが変わります。素材ごとに肌触りや、背あたりなどが異なるため、実際に触れて質感を確認しましょう。

ダイニングチェアと一緒にダイニングテーブルの組み合わせもチェック

実際の店舗でダイニングチェアを検討する際は、ダイニングテーブルとの差尺や見え方、使い勝手など、組み合わせ方も一緒にチェックしましょう。

高さの低いローダイニングテーブルとダイニングチェアの組み合わせは、スッキリとしたダイニングを演出します。

デザイン性に優れたダイニングテーブルであれば、好みの座り心地をしたダイニングチェアと組み合わせた際の見え方をチェックしてみましょう。

ダイニングのレイアウトは3Dコーディネートサービスの利用がおすすめ

部屋の大きさが分かる図面や間取り図をお持ちいただければ、店舗でシミュレーションサービスを行うことができます。実際の家具をご覧いただきながら部屋のレイアウトをご検討していただけるので、より具体的なイメージが可能です。

3Dイメージでは、ソファカバーやチェアカバーなどのファブリックを変えたイメージにすることが可能です。ファブリックの色を変えるだけでも部屋の印象は変わります。さらに、床の色や壁の色、キッチンの色も変えられるため、よりリアルな部屋のイメージを確認してみましょう。

グリーンのカラーコーディネートで統一したダイニングのインテリアです。

ブルーに変えることで、爽やかな雰囲気のダイニングにしていただけます。

ダイニングチェアの座り心地を試せる店舗紹介

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

おすすめメニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼
    インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

今回ご紹介したダイニングチェアの座り心地のおすすめポイントを押さえて、素敵なダイニングをコーディネートしましょう。a.flatでは、座り心地にこだわった、おすすめのダイニングチェアを多数ご用意しています。ダイニング家具をご検討の際は、是非実際に試し座りをしてみて、ご自身に合ったチェアを見つけてください。

おすすめコラム

  • 部屋を彩るおすすめのアクセントチェア  ~おしゃれに取り入れるポイント~
    部屋を彩るおすすめのアクセントチェア ~おしゃれに取り入れるポイント~

    おしゃれな部屋によく見られるアクセントチェア。目を惹く家具だからこそ、どんなデザインや素材を選べば良いか分からないのではないでしょうか。また、センス良くアセクントになる場所もレイアウトによって変わります。今回のコラムは、部屋を彩るおすすめのアクセントチェアや、おしゃれに取り入れるポイントについてご紹介致します。是非、チェア選びの参考になさってください。

  • ダイニングベンチ[背もたれ有り・無し]を取り入れるメリット・デメリット
    ダイニングベンチ[背もたれ有り・無し]を取り入れるメリット・デメリット

    ダイニングテーブルにはチェアを合わせるのが一般的ですが、ダイニングベンチを取り入れることで、一人掛けチェアとは違った寛ぎ方が叶います。背もたれ有り・無しで活用の仕方が異なるので、使う場所や用途をイメージしながら選ぶことが大切でしょう。今回は、ダイニングベンチの上手に使う方法や選び方を、メリット・デメリットと一緒にご紹介します。ぜひ参考になさって下さい。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.