• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~

公開:2019/2/21

更新:2019/9/2

ライター:目黒通り本店瀬下

ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~

お部屋を視覚的に広く見せられるのが「ローソファ」の特徴です。開放的な空間を作ってくれるロースタイルだからこそ、他のソファにはない座り心地のポイントがあります。今回は、そのローソファの座り心地のポイントを、a.flatソファのローソファである「ケイ・ローソファ」と一緒にご紹介致します。

ローソファとは

ローソファとは、一般的に高さを抑えて作られたソファのことを示します。ソファの高さを抑えることで、お部屋に抜け感を出し、空間を開放的に見せてくれます。また、座面の高さも低く設計されているので、床に近い生活スタイルを送ることが可能になります。

一般的に高さを抑えて作られたソファ

標準的なノーマルタイプのソファの高さは、床面から背もたれの上部まで700㎜~800㎜前後とされています。それに比べてローソファの高さは、600㎜以下のソファが多くあります。また、座面の高さも、300㎜前後のものが多く、中にはソファの脚がなく、座面の高さが150㎜程のローソファもあります。

高さを抑えることでお部屋を開放的に見せる

高さのある家具は、高級感や重厚感などの印象はありますが、お部屋に余白があまり出来ないので、ロースタイルと比べると圧迫感が生まれやすくなります。

高さを抑えて低く設計された家具は、お部屋に余白を作ることが出来るので、視覚的にお部屋を広く開放的に見せることが出来ます。

【実例】開放的かつ重厚感のあるレイアウト

高さを抑えた家具を中心に、お部屋をダークブラウンでコーディネート。重厚感のあるダークブラウンカラーですが、高さを抑えた家具を選ぶことで、お部屋全体が重くなりすぎず、高級感あふれるお部屋になります。

床に近い生活スタイルを実現できる

床に座ることで落ち着いたり、安心したりされる方もいるのではないでしょうか?ローソファは、見た目の高さが低いだけでなく、座面の高さも低く設定されています。そのため、床に座る安心感は欲しいものの、直接は座りたくない、座椅子ではなくソファに座りたいなどの希望を叶えてくれるのがローソファです。ローソファを使うことで、床に近い生活スタイルを暮らしに取り入れることが出来ます。

「床に近い暮らし」を好む、アジアの生活のスタイル

アジアでは、昔から床に座る、胡坐をかくなのど「床に近い暮らし」を好んできました。日本でも、平安時代に畳が注目されるようになり、室町時代には、畳の上で生活する文化が定着するようになりました。そのため、畳の上で座ったり、寝たりという生活スタイルが日本の文化として、語り継がれるようになりました。

現代でも畳が好まれるように、床に座る生活スタイルを好む方は多くいます。そのため、ローソファのように、床に近い生活を送れる家具は、日本の生活スタイルに相性が良いとされています。

おすすめメニュー

  • ロースタイルの暮らし

    ロースタイルの暮らしのページです。部屋を広く見せたい、床生活が好き、という方はロースタイルのインテリアコーディネートを取り入れてみましょう。一般的な高さを持つ家具と比較した場合に、 ...続きを読む

a.flatのローソファ

a.flatのローソファである「ケイ・ローソファ」は、お部屋を広く見せるデザイン性、ライフスタイルの変化に対応できる拡張性があります。さらに、床に近い暮らしという、日本人らしい生活スタイルを元に、床の上での座り方が出来るサイズ感や、ゆったりとくつろぐことが出来る快適な座り心地を追求しました。

ケイ・ローソファの3つのポイント

  • 開放的なアジアンリゾートスタイルを演出するデザイン性
    →高さを低く抑えることで開放的なアジアンリゾートスタイルを演出してくれます。

  • ライフスタイルの変化に対応できる拡張性
    →パーツを追加して組合わせることで、お部屋の間取りや使う人数に対応することが出来ます。

  • ゆったりと体をゆだねられる座り心地
    →座面と背もたれのバランスが取れたサイズ感は、自分に合った体勢でくつろいでいただけます。

開放的なアジアンリゾートスタイルを演出するデザイン性

床から背もたれの上部までの高さを抑えられた設計のため、お部屋に余白が生まれ、圧迫感を抑えてくれます。そのため、お部屋を開放的に見せてくれます。また、背面やアームに天然素材の「ラタン」「ヒヤシンス」を存分に使用しているので、開放的で優雅なアジアンリゾートテイストのお部屋を演出してくれます。

ケイ・ローソファに使用されている天然素材

ラタン
ラタンは、マットな質感で落ち着きがあり、モダンアジアンな空間によく映えます。

ヒヤシンス
ヒヤシンスは、大きな編み目が特徴的で、リゾートテイストを味わえる独特な素材感が魅力です。

ヒヤシンス(DG)
ダークグレーのヒヤシンスは、落ち着きのある大人のアジアンリゾートを演出してくれます。

関連メニュー

  • ヒヤシンス/ラタンのQ&A

    ヒヤシンス/ラタンのQ&Aのページです。a.flatのソファやチェアに用いられているヒヤシンスやラタンの素材について、お客様から様々なご質問が寄せられます。ここでは各素材の特長を比 ...続きを読む

ケイ・ローソファのデザイン性

後ろから見ても圧迫感を感じさせない

天然素材である「ラタン」「ヒヤシンス」の表情が出るソファの背面ですが、背面クッションより背もたれが低く作られているので、「ラタン」「ヒヤシンス」の素材感が主張しすぎることなく、バランスの取れた背面となっています。

美しく設計された特徴的なアーム

ケイ・ローソファのアームは、素材感を感じらる特徴的なアームとなっています。しかし、特徴はそれだけではありません。アーム寸法には人が最も美しいと感じる『黄金比』を採用しました。縦横2辺の長さの比が黄金比になっている長方形は、どんな長方形よりも美しく見えるといいます。

ライフスタイルの変化に対応できる拡張性

一人暮らしの時や、結婚した際、お引越しをして部屋の大きさが変わった時など、ライフスタイルの変化に合わせて共に育つケイ・ローソファ。両側のアームの着脱機能と基本パーツの組み換えだけで、形を変えることが可能です。また、クッションの中材や、ソファカバーのみの交換も行えますので、長い期間愛用していただけます。

多彩な組み合わせで快適なお部屋づくり

2人掛け+コーナー+1.5人掛けを組み合わせることで、L字型のソファに出来ます。

2人掛け+カウチを組み合わせることで、足を伸ばしてくつろげるようになります。

関連メニュー

交換可能な中材クッション・ソファカバー

ソファを何年も使っていると、いつも座っている部分の中材クッションはどうしてもダメになったり、へたってきたりします。そんな時は、座面・背面クッションの中材だけの交換も出来ます

カバーは簡単に外せるようになっています。長年使って、汚れてしまったカバーも、これでクリーニングすることが出来ます。もちろん新しい色のカバーにも簡単に交換できます。

ゆったりと体をゆだねられる座り心地

ケイ・ローソファは、ゆったりと座れるように座面と背もたれのバランスが取れたサイズ感となっています。座面の奥行が広いことで、姿勢を崩して座ることが出来ます。また、背もたれも、その崩した姿勢をしっかりと受け止めてくれるので、ゆったりとした姿勢でリラックスしてくつろげる座り心地になっています。

奥行きが広いことで、ソファの上で胡坐や、横座りが出来たり、横になって寝転ぶことが出来たりと、様々な姿勢や体勢でゆったりとくつろいでいただけます。

専用のクッションで、寄り掛かるまでの奥行きを調整していただけます。また、丁度良い軟らかさで、崩した姿勢を支えてくれます。

おすすめメニュー

ゆったりくつろげる座り心地のポイント

くつろげる姿勢は人それぞれあると思いますが、多くの方はゆったりとした姿勢で、心も体ものんびりとした状態で休まれていると思います。ゆったりと自分好みの楽な姿勢で過ごすことが出来る座り心地が、上質なくつろぎを与えてくれるソファのポイントとなってきます。

過ごしやすい座り姿勢になることが出来るソファのサイズ

リラックスできる姿勢は人それぞれあります。足を伸ばすことでリラックス出来たり、胡坐や横座りが楽な姿勢に感じたりと、好みの姿勢は様々です。ソファのサイズ感にゆとりがあることで、その時の過ごしやすい姿勢でくつろいでいただけます。また、座り姿勢を変えることが出来るソファのオプションを使用することで、快適にくつろぐ事ができます。

長時間同じ姿勢だと身体に負荷が掛かる

長時間同じ姿勢のまま過ごすと、筋肉が固まってしまい、身体に負荷が掛かります。その状態を回避するために、ソファに座っている姿勢を変えて、固まった筋肉を動かすことで、同じ場所に負荷が掛からないようにしましょう。

筋肉が固まった状態の時は、ストレッチを行うのが効果的です。ソファの座面を広々と使うことが出来れば、ソファに座ったままでも、ストレッチを行えます。テレビを見ながら行えたり、ふとした時に行うことが出来るので、気軽に体を動かすことが出来ます。

座り心地を変えてくれるオプション

ソファと組合わせることで、さらに良い座り心地に変えてくれるオプションがあります。足を伸ばしたい時に最適なオットマンや、横になって寝転ぶ時や、背もたれとの奥行を調整する時に使用するクッションなどがあります。他にも様々なオプションがあり、それらを使って、座り心地を変化させ、自分に合った座り心地にすることが出来ます。

オットマン
ソファに座りながら、足を伸ばしたい時に使用します。足を伸ばすことで、血行促進の効果があります。

クッション
横に寝転ぶ時は、枕の代わりになったり、タブレットなどを使用する際は、手首を置いて、固定出来ます。

ミニクッション
クッションの半分ほどの大きさが多く、背もたれの隙間を埋めてくれて、腰を安定させていくれます。

ヘッドレスト
首から頭を支えてくれます。頭部から首や肩に掛かる負荷を軽減し、楽な姿勢でくつろげます。

体をゆだねることが出来るソファの中材クッション

ゆったり出来る姿勢は、普段座っている姿勢から少し崩した姿勢になり、体の力を抜いてリラックスした状態で座る姿勢になります。そのため、ソファの中材クッションはしっかりと体を支えてくれて、崩した際の楽な姿勢を維持してくれる中材クッションがポイントになります。

中材クッションの主な素材

体を支えてくれるソファの中材クッションですが、この中材クッションを構成するのに使用されている素材があります。一般的な素材は、ウレタンというスポンジを使用しますが、こちらのウレタンも種類は様々あります。また、他にも化繊綿や羽毛などがあり、この素材を組み合わせて中材クッションを構成します。

ソフトウレタン
ふわりとした感触があり、ソファの座面や背面の上層部に使われることが多いウレタンです。

ハードウレタン
密度が高く、弾力性、耐久性があり、ソファの中心部や、背面の外側に使われる素材です。

チップウレタン
圧縮されて作られており、強度があり硬い素材です。ソファの下層部で、底突き感をなくします。

ファイバーボール
適度な弾力性があり、復元力も高く、かさ高性があるため、ふらりとした感触が得られます。

シリコンファイバ
座面や背面が触れる瞬間の柔らかい感触を実現するためのポリエステルのシート状の素材です。

フェザー
水鳥の羽根を使用した、天然素材です。表面をふっくらとした感触にしてくれます。

関連メニュー

ケイ・ローソファの座り心地

お部屋を広く見せ、開放的なアジアンリゾートスタイルを演出してくれるケイ・ローソファ。お部屋を開放的に見せるだけでなく、広々と使用してリラックスした優雅な一時を味合わせてくれるケイ・ローソファの座り心地をご紹介致します。

ゆったりと座れる座面

ケイ・ローソファの座面の奥行は、約64㎝あります。座面の奥行が50㎝あれば、人は胡坐をかくことが出来ると言われています。ケイ・ローソファの奥行は、広くゆったりしているので様々な使い方が出来ます。通常使用のソファとしてはもちろん、広い座面を利用して、ゆったり座面に座っていただく事が可能です。

座面の奥行が広いことで体勢を変えられる

座面の奥行にゆとりがあることで、自分の好きな姿勢でリラックスしてくつろげます。座面の上で胡坐をかいたり、横座りしたりと、床での座り方も行うことが出来ます。

背面クッションを外すことで、奥行きが約90㎝ほどになります。ほぼシングルサイズのマットレスに近いサイズになるので、簡易ベッドとしても使用していただけます。

座面の高さが低いことで床座りの人とも目線が合う

座面が低いことで、ソファに座っている人と床に座っている人との目線が合いやすくなるので、床に座っている人との距離感もあまり感じることなく、自然にゆったりと寛ぐことが出来ます。

床にラグを敷いて、床座りしている時に、ケイ・ローソファに寄り掛かることで、程よく背中を支えてくれます。そのため、床に座っている人も一緒にくつろぐ事が出来ます。

体をゆだねられる背もたれと専用のクッション

ケイ・ローソファは、専用のクッションが座り心地をサポートしてくれます。この専用のクッションは「ボルスタークッション」と称されています。四角のクッションの後ろに、筒状のクッションがついており、様々な使い方で、自由にくつろいでいただけます。また、このボルスタークッションをしっかりと支えられる様に背面クッションは作られているので、体をゆったりとゆだねられる座り心地が実現しています。

ボルスタークッションで座り心地を調整できる

ボルスタークッションの筒状の部分を、背面クッションの上部に掛けて使用することで、背中から肩までをしっかりと支えてくれます。また、ボルスタークッションを傾けて使用することで、ゆったりとした姿勢でくつろいでいただけます。

ボルスタークッションの後ろの筒状部分は、着脱式になっているので、取り外して使用することで、普通のクッションとしても使用していただけます。

ボルスタークッションには、ワイドタイプもあるので、レギュラータイプでは安定しにくいという時は、ワイドタイプがおすすめです。

関連メニュー

体を支えるしっかりとした背面クッション

ボルスタークッションを使用した際に、体をゆだねやすい様にしっかりと支えてくれるのが、背面クッションです。後ろへ体重をかけても、中材クッションが沈みすぎない構造となっているので、ボルスタークッションを立てかけて使用しても、しっかりと体を支え、ゆったりとくつろいでいただけます。

背面クッションの背もたれの角度は、ボルスタークッションを使用した際にくつろぎやすいに角度に設計されています。後ろへ体重をかけても安定するので、ゆったりとくつろいでいただけます。

コーナーソファの上でくつろいでいただいている時は、背面クッションをひじ掛けにも使用していただけます。背面クッションが丁度良い高さにあるので、より快適にくつろげます。

ゆだねた体をしっかりと支える中材クッションの構造

ケイ・ローソファの中材クッションは、体をゆだねて座る際に安定感を出すため、a.flatソファの中では硬く感じる構造となっています。座面が低いからこそ、体が沈みすぎるのを防いだり、ソファの上で様々な体勢になっても、しっかりと体を支えられる様に、硬く感じる構造となっています。

体を支える座面の中材クッションの構造

しっかりと体を支えてくれる座面の中材クッションの構造は、何層ものウレタンにより出来ています。上層のソフトウレタンはお尻や体のラインに沿って軟らかな質感を出し、厚めのハードウレタンやチップウレタンで、底付き感をなくし身体が沈みすぎる事を防ぎ、安定して体を支えられる様に出来ています。

体を預けられる背面の中材クッションの構造

ボルスタークッションを使用して、ゆったりと座っていただく際に、ボルスタークッション事沈んでしまうことを防ぐため、ハードウレタンの割合が多くなっています。表面にソフトウレタンを使用して軟らかさを出し、ハードウレタンでしっかり支える構造になっています。

多彩に使えるボルスタークッションの構造

ボルスタークッションの四角い部分の構造は、ファイバーボールで出来ているので、体を軟らかく包みこんでくれる感覚になります。筒状の部分は、ソフトウレタンを使用しており、寝かせて使用する際には、体を支えつつも、違和感のない硬さなので、快適に使用していただけます。

様々な組み合わせで座り心地を変えられる

ケイ・ローソファの特徴でもある「拡張性」。こちらは、ライフスタイルに合わせてソファのサイズ感や用途を変えられるだけでなく、くつろぎ方も変えることが出来ます。どのような組み合わせがあり、どのようなくつろぎ方が出来るのかをご紹介致します。

L字コーナーと組合せた時

コーナータイプを使用することで、L字コーナーソファにすることが出来ます。通常時は多くの人が座ることが出来て、少人数で座る際は、足を伸ばしてゆったりくつろいだり、コーナー部分の背もたれをひじ掛けのように使用することも出来ます。

コーナータイプとコーナータイプを合わせることで、アームにも寄り掛かれるローソファが出来ます。サイズ感はコンパクトですが、くつろぎ方のバリエーションが増える組み合わせです。

オットマンと組合わせた時

オットマンと組み合わせることで、座っている最中に足を伸ばすことが可能になります。また、来客の際は、ソファから離すことで、一人分座れるスペースになります。移動が簡単に行えるので、ソファにつなげて置いてみたり、離して使ってみたり自由に使用していただけます。

2種類のサイズのオットマン

ケイ・ローソファには、2種類のサイズのオットマンがあります。それぞれのサイズでのメリット・デメリットがあるので、用途や、ソファのサイズを踏まえながら選びましょう。

大きいオットマンを使用すると、余裕をもって足を伸ばして頂くことが可能です。また、オットマンに座る際も、十分なスペースがあるので、広々と座ることが出来ます。

小さなオットマンは、サイズがコンパクトですので、スペースを有効活用することが可能です。ただ、コンパクトなので、座る時は少し窮屈に感じますが、小休憩には程良いサイズ感になります。

カウチソファと組合わせた時

足を伸ばして座ることを前提としたソファです。オットマンのように利便性はあまりありませんが、贅沢な座り心地を堪能していただけます。また、分かれ目も出来ないので、ズレる心配もないので、少し眠りたいという時は、つなぎ目がズレてソファから落ちてしまう心配もありません。

贅沢を独り占めできるワイドカウチ

ケイ・ローソファには、ワイドカウチという商品があります。カウチソファの幅を、広げ一人分のスペースに余裕を持たせた商品です。また、奥行きにも余裕が出来ますので、伸び伸びと使用出来ます。2.5人掛けと合わせることで、バランス良く配置が出来ます。

実際にお店で座ってみましょう

ローソファのポイントを知ったうえで、実際に座ってみる事で、分かるポイントもあります。どれほどソファの座面は硬いのか、座面の高さが低くてどのように感じるのか、実際のソファに座ってみなければわからないことがあるので、ぜひ座って感じてみて下さい。

ソファクッションの硬さを知ってみましょう

ケイ・ローソファの中材クッションはしっかりと体を支えられるように、硬く感じる構造となっています。この硬さが自分に合うかどうかは実際に座ってみなければわかりません。また、実際に寝てみるなどして、どのような体勢が楽なのかなども、知ることが出来ます。

専用のクッションを使ってみましょう

ケイ・ローソファの専用クッション「ボルスタークッション」を実際に使用して、どのような使い方が出来て、くつろぎ方がどのように変わるのかを試すことが出来ます。奥行を調整する時はどのように使うのか、自分はどれぐらいの奥行や、背中の角度が適しているのかを、ボルスタークッションを通して知っていただくことが出来ます。

組合わせるパーツはどのようなものがあるのか見てみましょう

コーナータイプ、オットマン、カウチと組み合わせが自由に行えて、ソファの形を自由に選んでいただけます。実際に見ていただく事で、その組み合わせの大きさなども分かります。お部屋に置ける大きさなのかなどを知るためにも、実際に店舗で見てサイズ感を把握しましょう。

インテリアコーディネートサービス

実際のソファのサイズを見た際に、どのように部屋に配置すればいいのかや、どのぐらいのサイズを選べばいいのかなど家具を購入するにあたり様々な疑問が出てくると思います。そのような時は、ぜひコーディネートサービスをご利用して下さい。間取りの分かる図面などをお持ちいただければ、その場でシミュレーションを行わせていただきます。

ケイ・ローソファをチェック出来る店舗

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 水曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

各店舗それぞれのa.flatスタイルで、ケイ・ローソファを展示しているので、ケイ・ローソファを一緒に、a.flatスタイルをチェックすることが出来ます。⇒6つのa.flatスタイルはこちら

まとめ

ケイ・ローソファは、お部屋を広く開放的に見せるだけでなく、体をゆだねて優雅でゆったりとしたくつろぎを与えてくれるソファです。贅沢にリラックスしたいと考えている方は、ぜひご来店して、座り心地を試して下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

a.flat 新宿店

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.