• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

ローソファのデメリットをメリットに変える選び方 ~失敗・後悔しないおすすめローソファ5選~

ローソファのデメリットをメリットに変える選び方 ~失敗・後悔しないおすすめローソファ5選~

部屋を開放的に見せ、おしゃれな雰囲気に格上げしてくれるローソファ。一方で実際、座り心地や部屋に置いた時のバランスなどデメリット面も気になるローソファは選び方が大切です。このコラムではローソファのデメリットをメリットに変えることができる、おすすめのローソファを選び方のポイントとあわせて紹介します。

ローソファってどんなソファ?

まずはじめに、ソファには形やデザインなど様々な種類がある中で、漠然と「低いソファ」というイメージがあるローソファですが実際どの様なソファのことを指すのか知っておきましょう。

ローソファとは座面が低いソファのこと

ローソファとは、全体的な高さが低いソファという印象が強いと思いますが、厳密には座面高(床から座面上までのサイズ)が低いソファのことを指し、背もたれの高さとは意味が異なります。

座面高が10~30cm前後=ローソファ

座面高が低いという「低さ」の基準は、座面高が10cm~30cm前後のソファです。座面高40cm前後のソファは定番の高さとされており、45cm以上になると座面高が高いソファと言えます。

背もたれが高いローソファもある

座面高が10cm~30cm前後であれば、背もたれが高いハイバックでもローソファと言えます。一般的なハイバックソファは部屋に圧迫感がでやすいですが、ローソファのハイバックであれば圧迫感を感じにくいでしょう。

おすすめメニュー

  • 心地いいソファは座面の高さが大事~30・40・45cm 座面高さ別のソファの座り心地~
    心地いいソファは座面の高さが大事~30・40・45cm 座面高さ別のソファの座り心地~

    ソファの高さを選ぶ時、座り心地や過ごし方に影響を与えるのが座面の高さです。長く使うソファだからこそ、心地よく毎日を送りたいですよね。ソファの座面高さは低いタイプで30cm前後から、40cm、45cm、高いタイプは50cm前後までバリエーションがあり、当然ながら座り心地やソファ周りでの過ごし方も大きく変わってきます。もし、ルンバなどに代表されるお掃除ロボをリビングで使用される時は、脚の高さが10cm以上あるソファを選びましょう。ソファ下に10cm以上のスペースが空いていれば、世の中のお掃除ロボが通る傾向にあります。この特集ページではソファの高さについてご説明しますので、様々な高さがある中でどのタイプを選ぶべきか?確認してみましょう。

ローソファのメリット・魅力的な点

ローソファには座面高が低いからこそ叶う使い心地、また部屋を開放的に見せるなどインテリアアイテムとしての魅力もたくさんあります。

使い心地面のメリット

ローソファは様々な姿勢で寛ぐことができ、小さな子供やペットが居る場合でも安心して使える点も魅力的。ローソファの使い心地面でのメリットを詳しく見ていきましょう。

好きな姿勢で寛ぎやすい

ローソファは座面が床に近いことから足を伸ばしやすかったり、ソファの上で寝転んだ時にも安心感がありリラックスできます。長時間ソファで過ごす時にも様々な体勢に変えながら寛げる点が魅力です。

子供やペットにも安心の高さ

ローソファは子供や、小型犬・猫などの小さな動物に最適です。ソファの上に登ったりつかまりやすいのはもちろん、万が一落ちてしまっても衝撃が少なく安心して見守ることができます。

床座暮らしが可能でこたつにも◎

床に座って過ごす床座暮らしは、本来の日本人の生活スタイルであることから安心して寛げますね。ローソファはそんな床座暮らしに近い感覚で過ごすことができ、こたつにも好相性です。

インテリア面のメリット

ローソファの魅力は、なんといってもその低さを活かしたインテリアコーディネートで開放感溢れる気分を味わえることではないでしょうか。ローソファのインテリア面のメリットを詳しく見ていきましょう。

部屋が開放的に広く見える

部屋の大きな面積を占めるソファは通常の高さの場合、圧迫感がでたり部屋が狭く見えてしまう場合もありますがローソファであればその懸念を解消してくれます。ソファを置きながらも、部屋を開放的に広く見せるインテリアが叶います。

空間置きしても部屋が分断されにくい

ソファを壁に付けず部屋の間に置く場合に、目線を遮らず見通しが良いのもローソファの魅力。写真のようにリビングダイニングが繋がっている空間では、ローバックのソファにすることでダイニングからもテレビを見やすいです。

和室や畳にも合わせやすい

座面が床に近いローソファは、和室や畳に置く場合にも最適です。床座で過ごすことも多い畳ですが、ローソファであれば床に座った人との目線が近い距離間で過ごすことができます。

ローソファのデメリット・後悔する点

豊富な寛ぎ方や部屋を開放的に見せるなど魅力がたくさんあるローソファですが、反対にデメリットや購入後に後悔してしまいがちな点を見ていきましょう。

使い心地面のデメリット

ローソファは部屋に圧迫感を与えない魅力がある反面、座面や背もたれの低さからソファのデザインによっては立ち座りや掃除のしにくさなど使い心地の面で懸念になりやすい場合もあります。

立ち座りに腰・膝に負担がかかる

床から立ち上がるには足に力が必要なように、座面が低いローソファでは立ち座りの際、脚や膝に負担がかかりやすいです。特に沈み込むような座面が柔らかいソファには注意しましょう。

背が低いタイプは座りにくいことがある

背が低いタイプのローソファは背もたれの面積が狭くもたれづらいため、座りにくく感じる場合もあります。クッションで背もたれを作るなどして座り心地を調整するのがおすすめです。

フロアソファは埃の影響を受けやすい

ローソファには脚が無く床に直に置くフロアソファのタイプもあります。湿気が溜まりやすかったり、ソファの生地によっては側面に埃が付きやすくなってしまうため、こまめに動かして掃除することが大切です。

ソファの下が掃除しにくい

脚付きのローソファであっても、脚が短いと掃除器具が入りづらく掃除しにくいのも懸念点のひとつ。脚が10cmほどあるものを選べばお掃除ロボットも通ります。

インテリア面のデメリット

インテリア面では非常に魅力が高いローソファですが、デメリット面はどんな点があるのでしょうか。他の家具とのバランスや見え方の注意点を意識しておきましょう。

他の家具との高さ・視線のバランスを整える必要有り

ローソファの魅力を活かす広く開放的に見える部屋作りには、他の家具の高さもローソファに合うものを選ぶことが大切。特にテレビボードはソファに掛けた時の視線の高さにも関わるため、注意が必要です。

デザインによってはカジュアルな雰囲気になりがち

ゆったりともたれかかれる高さがあるソファはその佇まいから高級感を感じますが、その点全体的に低いローソファはデザインによってカジュアルな雰囲気にもなりがちです。シックで大人な印象にしたい場合はデザインや色選びにこだわりましょう。

ローソファのデメリットをメリットに変える選び方 ~5つのポイント~

これまでに紹介したローソファのデメリットは、ソファの選び方次第で懸念点を軽減したりメリットに変えることができます。ここからは失敗しないローソファの選び方を5つのポイントで見ていきましょう。

【1】見た目や寛ぎ感からローソファの種類を選ぶ

まず確かめたいのはローソファの背もたれの高さ。低いほど空間の開放感や見通しの良さを感じることができますが、座り心地も重視したい場合はハイバックのローソファを検討するのもおすすめです。

ローバックのローソファ

ローバックとは背もたれが低いことを指します。ソファ全体の高さが低くなるため、部屋に置いた時に視界を遮らず、部屋を広く開放的に見せてくれるのがローバックソファの最大の魅力。狭い部屋やソファを空間置きしたい場合に最適です。

デメリットになりやすい寛ぎにくさのないローソファを選ぶこと

デメリットにもあげたように座り心地や寛ぎやすさに懸念があるローバックタイプは、もたれかかりやすい背もたれや座面が安定したものを選ぶことで見た目と寛ぎやすさの両方を叶えることができます。

ハイバックのローソファ

ハイバックとは背もたれが高いタイプを指します。ハイバックの魅力は肩・首まで支えてくれる寛ぎ感。通常の座面高さがあるハイバックソファは部屋に置いた時に圧迫感を感じやすいですが、ローソファのハイバックにすることで圧迫感なく極上の寛ぎを叶えることができます。

アームの有無、脚の有無でも変わるローソファ

ローソファは背もたれの高さだけでなく、アームや脚の有無でも見た目、使い心地が異なります。

■アームの有無

【アーム有りのローソファ】

【アーム無しのローソファ】

アームが無いタイプはすっきりとした見た目とコンパクトさが魅力。狭い部屋に置きたい場合や、シンプルなスタイルが好きな方におすすめです。

■脚の有無

【脚有りのローソファ】

【脚無しのローソファ】

脚が無いソファは写真のようなダウンフロアの空間に好相性。目線が低い空間をより活かすことができます。また、畳や和室に合わせると座椅子のような感覚で使うこともできます。

【2】使用人数や間取りに合わせてローソファの形・組み方を選ぶ

ローソファは一般的なストレートの形以外にも足を伸ばせるカウチタイプや、存在感のあるコーナータイプがあります。見た目や寛ぎ方もそれぞれの魅力があるため、使用人数や間取りに合わせて形を選びましょう。

ストレートタイプのローソファ・目安の使用人数や間取りは?

最も一般的なストレートタイプ。使用人数や間取りに合わせてサイズが選びやすいです。同じ~掛けでも、ソファによって座面の幅が異なり、隣の人との距離感などが変わるため全体のサイズと座面幅も確認しましょう。

■使用人数に応じたサイズ選び

1人掛けソファ(幅60cm~90cm)

2人掛けソファ(幅110cm~160cm)

2.5人掛けソファ(幅170cm~190cm)

3人掛けソファ(幅200cm~220cm)

■間取りに応じたサイズ選び

12畳のワンルームに2.5人掛け(幅185cm)のローソファを置いたレイアウト。

ワンルームはベッド、ソファと大きな家具が集まり窮屈に見えがちですが、ローソファにすることですっきり見せることができます。

関連メニュー

  • STEP-2:家具・ソファのサイズ・大きさ~お部屋の広さと使用人数との関係~
    STEP-2:家具・ソファのサイズ・大きさ~お部屋の広さと使用人数との関係~

    部屋作りにおいてキーとなるのが「家具・ソファのサイズ感」です。部屋の畳数(8畳 10畳 12畳 14畳 16畳 18畳)やライフスタイル、使用人数(2人掛け 3人掛け 4人掛け)に合った家具・ソファのサイズ・幅を選ぶことが、暮らしやすい空間へと繋がります。このステップでは部屋の主役となるソファのサイズ・幅を中心に、様々な家具の大きさに関する知識を確認しておきましょう。

カウチタイプのローソファ・目安の使用人数や間取りは?

カウチソファは、座面が長いタイプを指します。足を伸ばしたり寝転んで寛げることが魅力。一般的にストレートタイプの2~3名掛けと組み合わせて使うケースが多いです。

■使用人数に応じたサイズ選び

■間取りに応じたサイズ選び

16畳のリビングダイニングに3人掛けのカウチソファを置いたレイアウト。幅が2m前後になるタイプも多く奥行も長くなるため、生活動線が確保できるか確認しましょう。

寝転んで寛げるカウチタイプは、ローソファにすることで床に近い距離となるため、安心感を感じながらゆったりと寛ぐことができます。

コーナータイプのローソファ・目安の使用人数や間取りは?

コーナーソファとは部屋の隅に合わせて置けるように設計されたものです。ソファの存在感を存分に味わうことができます。3タイプの中では一番面積を要すため間取りに合わせたサイズ選びが重要です。

使用人数に応じたサイズ選び

■間取りに応じたサイズ選び

16畳のリビングダイニングにコーナーソファを置いたレイアウト例。ダイニングテーブルを置かずコーナーソファにすることで大人数が集える空間になっています。

通常コーナーソファは空間置きすると圧迫感を感じやすいですが、ロータイプであればその心配もありません。置き場所の選択肢が広がり、取り入れやすいでしょう。

失敗が減る「拡張性・可変性」のあるローソファがおすすめ

ソファのサイズや形は、ライフステージの変化などで選びたいものが変わりますね。拡張性・可変性があるローソファを選んでおけば後にサイズを大きくしたり好みの形に変えることができます。

2人掛けソファ両アームを購入。

カウチベンチを追加で購入。

アームを付け替えてカウチセットに。

おすすめメニュー

  • ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -

    ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -のページです。開放的な部屋づくりや多彩なくつろぎが魅力のローソファシリーズには、まだお薦めポイントがあります。それは、「永く使えるための拡張性や機能性、豊富なサイズ展開」です。せっかく気に入って購入したソファは、できるだけ愛着を持って使用されたいのではないでしょうか。一人暮らし⇒家族暮らしまで、ライフスタイルが変わっても使える、ローソファの魅力をご紹介させて頂きます。

【3】ローソファの印象を決めるフレームの素材・色を選ぶ

ローソファの印象を決めるフレームの素材は、部屋の雰囲気やテイストにも影響するため理想の部屋作りをするうえでこだわりたいポイント。ここではフレームの素材別に特徴を紹介します。

木製・無垢材×ローソファ

木製フレームは、すっきりとした見た目でも自然の温かみを感じることができます。一般的に床や建具は木製が多いことから、様々な空間に合わせやすいのも魅力です。

ファブリック×ローソファ

ソファの全面が生地で覆われたファブリックのローソファは、生地の素材や色の選び方次第で、部屋のテイストや好みに合わせたものを選びやすいでしょう。無機質でモダンな印象のインテリアにおすすめです。

ヒヤシンス(水草)×ローソファ

編み込みが特徴的なヒヤシンスの素材は、木製とはまた違った自然素材の心地良さを感じることができます。リゾート地を彷彿とさせるヒヤシンスの素材は、ローソファの開放感とぴったりです。

ラタン(籐)×ローソファ

しなやかで丈夫なラタンは、日本でも昔から様々な物に使用されてきた馴染みのある素材です。細く繊細な編み込みは、カジュアルになりがちなローソファを上品で落ち着いた印象に見せてくれます。

アイアン×ローソファ

アイアンとは鉄のことを指し、アイアンフレームのローソファは無骨でかっこいい印象を与えます。男らしい印象が強いアイアンフレームですが、ローソファにすることでカジュアル感がプラスされ取り入れやすいでしょう。

ローソファの素材感で変わる手触りもチェック

フレームの素材選びは、見た目だけでなく手触りが良いものを選ぶことで、寝転んだり、床座で肘をかけたりと様々な姿勢で寛ぐことができるローソファの魅力を存分に感じることができます。

【4】お手入れのしやすさや座り心地が変わるカバーを選ぶ

フレームの素材が決まったら、次はソファカバーの色や素材に注目しましょう。フレームとの相性やインテリアに合わせた素材・色選びに加えて、生活スタイルをふまえたお手入れのしやすさも考えて選ぶと良いでしょう。

ファブリックのカバーを使用したローソファの特徴

ファブリックのソファカバーはカラーバリエーションの豊富さが魅力です。生地感は様々ですが、ポリエステルなどの合成繊維は洗濯のしやすさなどお手入れが手軽。コットンなどの天然素材は柔らかく優しい肌触りが魅力で気持ち良い座り心地を味わえます。

本革のカバーを使用したローソファの特徴

本革のソファカバーの魅力はなんといってもその質感でしょう。高級感があり、使い込むほどに色や風合いに変化がでる本革は部屋に特別な雰囲気をもたらしてくれます。手入れ面は容易ではりませんが、それも味となりますね。

合皮のカバーを使用したローソファの特徴

合皮のソファカバーは、本革の質感を味わいながらも手入れがしやすいのが魅力。水拭きやアルコールが使えるものもあるため、子供やペットと暮らす場合にもおすすめです。

デメリットの無いカバー着脱式タイプがおすすめ

ソファカバーは着脱できるものを選ぶのがおすすめ。清潔に保ち長く使えることはもちろん、季節や好みの変化で色を変更することができます。

【5】部屋のテイストを決めるローソファカバーの色を選ぶ

ソファカバーの素材と一緒にこだわりたいのがソファカバーの色。部屋の中でも主役となるソファは、色選びによって部屋のテイストや雰囲気を決める大切なポイントです。

【どんな部屋にも合うベージュ×ローソファ】

ベージュは空間に馴染みやすく、どんな部屋にも合わせやすい万能な色。クッションなどで色物を加えることで雰囲気を変えやすいのも魅力です。

【落ち着いた印象のブラウン×ローソファ】

ブラウンもベージュと同じく空間に馴染みやすく、より落ち着いた大人の雰囲気になります。ローソファであれば濃いブラウンでも重たくならないですね。

【シックでモダンな印象のグレー×ローソファ】

グレーはシックで洗練された印象を与えます。実例のようなグレーヒヤシンスのローソファと合わせれば、モダンながらも温かみのある空間になるでしょう。

【爽やかな印象のブルー×ローソファ】

ブルーで連想するのは透き通った海や快晴の空ではなでいでしょうか。開放感あるローソファはそんな爽やかなブルーのイメージをより引きたてます。

【癒し効果のあるグリーン×ローソファ】

自然の豊かな緑を連想するグリーンは、インテリアに取り入れると癒しを与えてくれる効果があります。寛ぐ場所であるソファには最適ですね。

【上品で神秘的な印象のパープル×ローソファ】

パープルはどこか神秘的な印象があり、上品で高級感を感じる色。ソファカバーに取り入れることで特別な空気感を生み出してくれます。

色選びで悩む時はクッション部分で色を入れるのがおすすめ

ソファカバーの色は部屋の中でも大きな面積を占めるため、色選びは慎重になりますね。色を悩む場合や、インパクトがある色柄が気になる場合はクッションで取り入れると気軽に楽しみやすいでしょう。

■季節に応じてクッションで模様替え

夏はブルーをテーマにしたクッションで海を感じる爽やかなコーディネート。ハイビスカスなど夏らしい柄をアクセントで取り入れるのもおすすめです。

秋には温かみを感じるブラウンのクッションに変更。無地でも素材感のあるものを組み合わせることで、のっぺりとしないおしゃれな印象に。

ローソファに向き不向きはある!? 成功例・失敗例は?

使い心地やインテリア面でも一般的な座面高のソファとは異なる特徴があるローソファ。ソファ選びに後悔しないためにも、向き不向きや成功例・失敗例のケースを参考にしましょう。

ローソファがおすすめの方・成功例

ローソファが特におすすめのケースは、その低さが活きる間取りや生活スタイルです。通常の座面高では懸念となるポイントが、ローソファを選ぶことで快適な空間作りや過ごしやすい日常生活が叶います。

狭い空間にローソファを置いたケース

狭いリビングやワンルームの場合、ソファを諦めてしまうこともありますね。そんな時、圧迫感を与えづらいローソファは最適。部屋に窮屈さを感じずに、ソファを置いたおしゃれなインテリアと寛ぎが叶います。

小さい子供やペットと暮らしているケース

小さい子供やペットと暮らす場合はソファが邪魔になってしまう場合もありますが、ローソファであれば子供やペットでも容易に登ることができ取り入れやすいです。更に座面が硬めでアーム無しのタイプにすることで安全面や傷の心配も軽減できます。

冬はこたつが欠かせないケース

寒い冬を快適にしてくれるこたつは、どうしても手放せない人もいるでしょう。一見ソファとこたつは両立が難しく感じますが、ローソファであれば叶います。脚無しやフロアソファのタイプで座面が低いものを選ぶと良いでしょう。

和室にソファをレイアウトしたケース

和室にソファを置く場合、畳の質感や風合いを味わえるのは座面高が低いローソファならでは。背が低く圧迫感のない佇まいも和室の趣を乱さず、空間に馴染みます。

ローソファがおすすめでない方・失敗例

反対にローソファがおすすめでないケースは、座り心地に不安がある方や今ある家具とバランスが合わない方です。また座面が薄いソファーでありがちなクッションがへたりやすい失敗例について見ていきましょう。

足腰が弱い方で座面の柔らかいソファを選んだケース

足腰が弱い方にとって、座面が柔らかいソファは通常の座面高であっても注意が必要です。柔らかいソファは沈み込む分、立ち座りの際にぐっとふんばる必要があるため足腰に大きく負荷がかかります。ローソファでも座面が硬めものを選ぶとよいでしょう。

他の家具を背の高い物で揃えているケース

ソファのみの買い替えを検討している場合は、今使っているテレビボードやテーブルなど、ソファ周りの家具の高さを確認しましょう。背が高い家具で揃えている場合、ローソファだけが極端に低くなりバランスが悪いインテリアになりかねません。

安いローソファで座面がすぐにヘタって買い替えたケース

ローソファ購入の失敗例として、座面がすぐにへたってしまったとうケースがあります。ローソファは座面のクッションが薄かったりバネがないなど通常のソファより強度が劣るケースもあるためクッションには要注意。ローソファの中でもしっかりと強度がある良いものを選びましょう。

ローソファの座面クッションは硬めで耐久性の高いタイプが◎

立ち座りのしにくさやクッションのへたりは、ローソファの選び方次第で回避することができます。座面クッションが硬めで耐久性の高いものを確認して選びましょう。

おしゃれな部屋作りが叶うおすすめのローソファ5選

ここまで紹介したローソファの選び方を踏まえ、ローソファのデメリットをメリットに変えることができる、使い心地と見た目のおしゃれさを兼ね備えたa.flatの魅力的なローソファを紹介します。

デザイン・素材にこだわったa.flatのローソファシリーズ

a.flatのローソファは自然素材の安らぎや温かみを感じることができる特徴的な素材と、それらを美しく見せるこだわったデザインが魅力。熟練した職人によって作り上げられる丁寧な物作りを感じていただけます。

a.flatのソファは素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業でつくられます。その1台1台には、モノづくりにたずさわる職人の想いが込められています。

手作業でなければ作れないヒヤシンスやラタンの美しい編み目は、工程ごとに分かれた専門の職人妙技によるものです。

無垢材で美しい曲線を描くセイル・ローソファ (GB)

広大な海を行く帆船のデザインからインスピレーションを得たセイル・ローソファ 。無垢材のフレームが船体、背もたれのクッションを帆に見立て、帆船をイメージしています。風に乗って大海原を軽やかに進むかのような開放感のある空間を演出してくれます。

アッシュ無垢材を贅沢に使用したアーム。綺麗な弧を描く曲線のデザインは帆船のような優しい丸みを表現しています。

背面に走る一本のスリットによって、後ろから見ても美しく、抜け感のあるデザインも魅力です。

■おすすめのセイル・ローソファ

関連コラム

  • 【開発エピソード】無垢材ローソファ~セイル・ローソファ (GB)~
    【開発エピソード】無垢材ローソファ~セイル・ローソファ (GB)~

    お部屋が広く見えるなど生活環境へのメリットがあるローソファですが、aflatの商品ラインナップには無垢材を使用したローソファはありませんでした。人気のラタンやヒヤシンス素材を使用したケイ・ローソファと同じクッション類を使用し、a.flatソファの特色でもある拡張性も兼ね備えた「セイル・ローソファ」。名前の通り、優雅に海上に浮かぶ帆船をイメージしたセイル・ローソファの商品開発エピソードをご紹介させていただきます。

リゾート感と温かみを感じるケイ・ローソファ(ヒヤシンス)

職人が丁寧に編み込んだヒヤシンスの素材が魅力のケイ・ローソファ(ヒヤシンス)。部屋を広く見せる開放的なロー&ワイドなデザインと、ヒヤシンスの素材感が癒しのリゾート空間を演出してくれます。

ヒヤシンス素材を木枠の上から職人が丁寧に編み込み。目が綺麗に詰まった状態に編み込むには多くの時間と技術が必要となり、熟練の職人ならではの手作業です。

アーム部分にはスタイリッシュな直線のデザインを採用。ヒヤシンスの素材感やリラックス感を味わえると同時に、モダンで落ち着きのあるイメージも演出できます。

■おすすめのケイ・ローソファ(ヒヤシンス)

関連コラム

シックで落ち着いた雰囲気が魅力のケイ・ローソファ(ヒヤシンスDG)

温もり感とシックな雰囲気を併せ持ったケイ・ローソファ (ヒヤシンスDG)。ダークグレーのヒヤシンスは、落ち着いた色合いで大人のリゾートを演出するカラーです。

ダークグレーのヒヤシンスは素材に塗料をしっかり浸透させ、塗装を何度も繰り返し、時間をかけて着色しています。

無彩色のカラーコーディネートと相性が良く上品で洗練された印象に。ゆったりとした時が流れるリラックス空間を演出します。

■おすすめのケイ・ローソファ(ヒヤシンスDG)

関連コラム

モダンなアジアンリゾートを味わえるケイ・ローソファ(ラタン)

強さとしなやかさを併せ持ったラタン素材を丁寧に編みこんだケイ・ローソファ (ラタン)。アジアを代表する自然素材のラタンはマットな質感で落ち着きがあり、モダンで上品なアジアンリゾートを味わえます。

ラタン素材特有の細かいささくれに対しては、職人の度重なる研磨や処理によって、滑らかな手触りを実現。ヒヤシンスと同様に熟練の職人によって丁寧に木枠に編み込まれています。

a.flatの全てのローバックソファには専用のボルスタークッションが付属しており、腰から肩周辺までをしっかりと支えてくれるため、ローデザインの開放感を取り入れながら快適に寛ぐことができます。

おすすめのケイ・ローソファ(ラタン)

関連コラム

  • 【ラタン(籐)素材/家具一覧】~強くて繊細なラタン家具のご紹介~
    【ラタン(籐)素材/家具一覧】~強くて繊細なラタン家具のご紹介~

    a.flatの強くて繊細なラタン(籐)家具シリーズは、主役となるソファやダイニングチェアなどをメインに展開しています。職人の手によるハンドメイドだからこそ可能な直線と曲線を織り交ぜたデザインは、部屋の印象を大きく変えてくれます。自然の温もりとモダンな雰囲気を合わせ持つ様々なラタン家具を見てみましょう。

極上の座り心地と低さも兼ね備えたテン・ハイバックソファ

「こだわりの無垢材デザインと上質な座り心地」を追求したa.flat最上級シリーズ、テン・ハイバックソファ。ハイバックながらも座面高が低いデザインは、上質な座り心地と見た目の開放感の両立を叶えます。

インダカ無垢材を贅沢に使用した曲線的なアーム。厳選された無垢材を丁寧に削り出し、つなぎ合わせる職人の高い技術によって、この滑らかなカーブを描くフォルムが完成しました。

「腰から肩・首までやさしく支える心地よさ」を実現したソファ。ゆったりとした背もたれと座面の何層もの素材に拘ったクッションで、思わずうたた寝してしまうほどの極上の座り心地です。

おすすめのテン・ハイバックソファ

関連コラム

生活スタイルに合わせて拡張できるパーツ展開&アーム仕様

a.flatのローソファは生活スタイルの変化によって形を変更できる独自の拡張性も大きな魅力のひとつ。パーツの購入でストレートタイプからカウチやコーナーなど様々なスタイルに変更することができます。

一人暮らしから家族暮らしまで拡張して使えるラインアップ

一人暮らしで2人掛けのストレートタイプを購入後、結婚・出産などで家族が増えたら追加のソファパーツを購入し、ローソファの形を変更することが可能です。

間取りが変わっても安心「a.flat独自のアーム機能」とは?

a.flatのローソファは全てアームが取り外せる構造になっています。それによって上記のような拡張が可能となるうえに、引越しで間取りが変わった場合にアームの位置を変更することも可能です。

関連メニュー

  • ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -

    ローソファ特集 - ライフステージとともに歩むソファ -のページです。開放的な部屋づくりや多彩なくつろぎが魅力のローソファシリーズには、まだお薦めポイントがあります。それは、「永く使えるための拡張性や機能性、豊富なサイズ展開」です。せっかく気に入って購入したソファは、できるだけ愛着を持って使用されたいのではないでしょうか。一人暮らし⇒家族暮らしまで、ライフスタイルが変わっても使える、ローソファの魅力をご紹介させて頂きます。

季節や好みで変更できる豊富な約100色のソファカバー

a.flatのローソファは簡単にソファカバーの取り換えが可能です。ソファカバーはコットンやリネンなど肌触りの良い天然素材のものから、メンテナンスがしやすい機能素材など約100色の良質なファブリックを取り揃えています。

理想のテイストや四季に合わせてソファカバーの色を楽しむ

約100色あるソファカバーは、部屋のテイストにぴったりなもの見つけやすいのはもちろん、夏はブルー、冬はブラウンなど四季に合わせてカバーの色を楽しむのもおすすめです。

ソファ購入のデメリットを軽減する「飽きが来ない模様替え」

一生に何度も買い替えるものではないソファは、長く使うことを考え無難な色を選びがち。手軽にソファカバーの色を変えることができればインテリアコーディネートを存分に楽しむことができるでしょう。

購入時についているソファカバーにクッションで色柄をとりいれたソファコーコーディネート

グリーンに変更したソファカバーに合わせて、クッションやラグ・壁面装飾も合わせて模様替え

関連メニュー

  • ローソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -

    ローソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -のページです。お部屋作りの主役となるソファですが、その素材感や色合いに寄って、部屋のイメージを大きく左右します。a.flatの「ローソファ・シリーズ」はヒヤシンス、ラタン、無垢材、ヒヤシンスDGの4つの異なる素材感からお選び頂けるとともに、お好みで別売りのソファカバーをプラスできるため、理想のテイストを叶えることも可能です。こちらでは、各ローソファにおけるイメージの違いや、彩り豊かなカラーコーディネートなどをご覧ください。

ローソファを長く使える優れたメンテナンスサービス

ソファの買い替えは、フレームの劣化やクッションのへたりが要因となる場合も多いです。a.flatではローソファを長くお使いいただくための優れたメンテナンスサービスをご用意しています。

中材の交換で新品同様の座り心地に

フレームは問題なくとも、クッションのへたりでソファを買い替えることになるケースは少なくありません。a.flatではクッションの中材だけの購入が可能なため、長く使ったソファがローコストで新品同様の座り心地に生まれ変わります。

専用の補修ペンで日常的なメンテナンス

ヒヤシンスやラタンなど魅力的な天然素材には、専用の補修ペンをご用意しています。摩擦や傷で剥げてしまった箇所を日常的にケアすることで、フレームも長く綺麗に保つことができます。

関連メニュー

  • ローソファ特集 - 安心の充実したメンテナンスと自社生産 -

    ローソファ特集 - 安心の充実したメンテナンスと自社生産 -のページです。多彩な自然素材をアームのデザインに用いたり、様々な座り心地が魅力のローソファシリーズは、しっかりと日々のお手入れやメンテナンスを行うことで、愛着を持って永くご利用頂けます。フレームやカバーリング部分、背と座のクッションなど、どのようなお手入れやメンテナンスが必要なのか、こちらのページでご覧頂けますのでご確認の上、大切にご利用ください。

素材や色選びで変わるローソファが主役のインテリア実例

ここからは、おすすめのローソファを使った実例を紹介。同じフレーム素材でも、カラーコーディネート次第で印象が大きく変わります。ローソファ選びとおしゃれな部屋作りの参考にしていください。

温もりある無垢材のローソファ実例

ハワイの清々しい朝を想わせる瑞々しい緑を纏ったローソファ例

美しい曲線が魅力のセイル・ローソファとハワイの朝を過ごすかのような清々しいカラーコーディネートで作ったリビングルーム。澄んだような空気感がリビングに広がり、リゾート特有のモーニングタイムを味わえます。

このローソファのポイント

朝の澄んだような空気感は、淡いミントのソファカバーとモンステラ柄のクッションで演出。フレームの無垢材も相まって、緑の爽やかさを感じるコーディネートです。

おすすめコラム

  • ~ハワイアンインテリアで毎日に癒しを~ハワイの風を感じるコーディネート方法&実例紹介
    ~ハワイアンインテリアで毎日に癒しを~ハワイの風を感じるコーディネート方法&実例紹介

    今も昔もリゾート地として人気の高いハワイ。ご自宅にもハワイアンインテリアのイメージを取り入れてみたい、という方も多いと思います。こちらのコラムでは、そんなハワイの雰囲気を楽しめるハワイアンインテリアを作る方法をご紹介。ハワイの海や山々、爽やかな風を感じるようなハワイアンインテリアのコーディネート方法や、たくさんの実例を是非参考にしてみて下さい。

ローソファの開放感×海辺の心地よさを感じるブルーで彩った空間

窓の外に広がる熱海の絶景を損なわないロースタイルの家具をレイアウトしたリビング。クッションカバーやオットマンカバーにランダムな配色でブルーを入れ、熱海の海を連想させた空間です。

このローソファのポイント

a.flatのローソファの魅力である可変性を活かしたコーディネート。コーナーソファを向かい合わせに配置換えすることで、食卓を囲んで団欒することができます。

おすすめコラム

窓の外に広がる緑溢れる風景と調和する自然な空間

カウチスタイルでボリュームがあっても、大きな窓から見える緑溢れる景色を邪魔しないロースタイルのソファ。瑞々しいエメラルドグリーンのアクセントカラーが、外と内を繋ぎ、安らげる雰囲気を演出してくれます。

このローソファのポイント

オットマンもセットで使用しているため、二人で足を伸ばして寛ぎたいというご希望も叶えられます。ロースタイルかつ抜け感のあるデザインだからこそ、たくさん家具を置いても圧迫感を感じさせません。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート
    【インテリア実例】2部屋を1つのリビングとして広く使ったレイアウト&コーディネート

    2部屋を1つのリビングとしてレイアウト・コーディネートすることで、広くゆとりのある空間が生まれます。1つ1つの部屋はサイズ感に限りがあっても、2部屋を1つのリビングとして使えば、理想のコーディネートに近づけることができたり、ライフスタイルに合わせて様々なレイアウトを楽しむことができます。このコラムでは開放感のあるレイアウトに合わせて、リゾートのようなコーディネートを叶えた、お客様リビング実例をご紹介します。

ローソファの開放感と森リゾートを楽しめるリビング空間

森リゾートをイメージしたグリーンコーディネートのリビング。そんな空間には素材感が魅力の無垢材のソファがマッチします。ロースタイルのソファをセレクトすることで、キャットタワーがある空間でも開放感をもたらしてくれます。

このローソファのポイント

両アームソファも置けるのですが、あえて片アームソファをセレクト。ヒヤシンスのサイドテーブルを置くことで、テーブルとしての利便性と素材のアクセントを両立しています。

おすすめメニュー

  • 【2LDKインテリア実例】オリジナリティを詰め込んだ一人暮らし女性のミックスインテリア
    【2LDKインテリア実例】オリジナリティを詰め込んだ一人暮らし女性のミックスインテリア

    2LDKのお部屋で、一人暮らしの女性がミックスインテリアと、猫ちゃんと過ごしやすい環境を取り入れた部屋をご紹介。シック×リゾートの空間に、グリーンのアクセントを添えたスタイルで、日々の暮らしに彩りを加える工夫が随所に散りばめられています。一人暮らしの女性にぴったりな2LDKの空間は、自由な発想でミックスインテリアを実現できる場所です。ミックスインテリアは異なるスタイルを自由に組み合わせることで、個性溢れる空間を創出できるため、自分の好きなものを取り入れながら、唯一無二の居心地の良い空間を実現できるでしょう。

戸建ての狭い動線を開放的に演出したローソファ実例

戸建ての限られた空間に温もりを感じさせる無垢材の肩肘ローソファは、狭い動線も開放的に見せる効果があります。低めのデザインに加えて、ローテーブルを置かずにすっきりとしたレイアウトを実現。お部屋を広く、快適な空間に変えることに成功しました。

このローソファのポイント

背面からも軽やかに見えるスリットデザインが魅力的です。青緑のソファカバーがより映えて、背面から見ても美しさを感じます。ソファを選ぶ時は、背面デザインもポイントです。

おすすめメニュー

  • 【インテリア実例】かっこいいミニ戸建ての一人暮らしを実現~アーバンリゾートな一戸建て~
    【インテリア実例】かっこいいミニ戸建ての一人暮らしを実現~アーバンリゾートな一戸建て~

    一人暮らし男性×内装がかっこいいミニ戸建ての実例特集。二階リビングダイニング・一階寝室の戸建てを、寛ぎのあるリゾートモダンに仕上げたコーディネート実例を紹介します。コンクリート打ちっぱなしのかっこいい戸建てで、男性らしいミニ戸建てを実現されています。戸建ては部屋数が多く、空間作りで悩むことが多いですが、このおしゃれな一人暮らし×一戸建ての実例を参考にしながら、自宅のレイアウトやコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

優しい雰囲気のナチュラルインテリアでコーディネートしたリビング実例

自然のぬくもりを感じる無垢材のローソファが、ナチュラルなインテリアのリビングを優しく演出。シンプルなベンチタイプのローソファに素材感溢れる石のテーブルが加わって、洗練された空間を作り出しました。また、おしゃれなたくさんのインテリアも、リビングのアクセントになっています。

このローソファのポイント

ベンチタイプのローソファを取り入れる時に気になるのが、アームがないことによる使い勝手。もし、ソファ横に何か置きたいときはサイドテーブルを添えてみては?自由に配置しやすく、必要な時だけレイアウトできます。

おすすめメニュー

リゾート感溢れるヒヤシンスのローソファ実例

ヒヤシンスの素材が映えるリゾートホテル風のリビングルーム

ソファやダイニングチェアで揃えたヒヤシンスの素材が目を惹く、リゾートホテル風のコーディネート。テレビボードなどもロースタイルで合わせ、爽やかで開放感溢れる空間です。

このローソファのポイント

存在感のあるヒヤシンスのコーナーローソファにはリゾートホテルの客室のようにクッションをたっぷりと置き、贅沢さを演出。クッションカバーは、ナチュラルカラーのグラデーションでニュアンス感あるおしゃれなコーディネートです。

おすすめコラム

ブラウンとレッドで彩るアジアンムードに包まれたローソファ

海や山などの自然が溢れる沖縄リゾートのような空間をイメージしたコーディネート。ヒヤシンス素材のソファを中心に、ダイナミックな木目が印象的な無垢材のテーブルを合わせて自然の雄大さを感じる空間です。

このローソファのポイント

クッションにはブラウンをベースに、沖縄リゾートらしいコーラルレッドを程よく取り入れ、温かみのある沖縄らしい色鮮やかな景色を表現しています。

おすすめコラム

ローソファで別荘らしい非日常的な雰囲気を叶えたリビング

湘南という海に近いロケーションに合わせて、ターコイズブルーのアクセントカラーで爽やかな雰囲気を演出したリビング。リラックスムード溢れるヒヤシンスが、別荘という非日常的な雰囲気を盛り上げてくれます。

このローソファのポイント

リビングの中央にソファを置いた際、後ろや横からも目線を集めることになりますが、ヒヤシンス素材を全面に編み込みしているため、360度どこから見ても自然の風合いやおしゃれな雰囲気を楽しめます。

おすすめコラム

  • 【湘南の別荘】1日のうつろいをテーマにコーディネートした別荘のインテリア
    【湘南の別荘】1日のうつろいをテーマにコーディネートした別荘のインテリア

    こちらは海が見える湘南の別荘ライフを叶えた実例の特集です。別荘地では、森林の多い場所や海が見える丘といった美しい景色が楽しめるのが最大の魅力。忙しない日常ではなかなか感じられない「一日の景色のうつろい」も感じやすくなります。このコラムでは、外の景色のうつろいとマッチする別荘づくりのポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

グレーに染め上げたヒヤシンスのローソファ実例

ニュアンスのあるグレーで温かみを感じるロースタイルリビング

グレーヒヤシンスのローソファで和モダンな空間を演出したコーディネート。和の要素に欠かせない床座生活とマッチするローソファや籐の座椅子を主役に、ニュアンスあるグレーで和モダンに仕上げています。

このローソファのポイント

1LDKの手狭な空間では、ストレートタイプのローソファにオットマンで少しだけ長さをプラス。アームの取り外しが可能なa.flatのローソファならではのコーディネートです。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリア空間
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリア空間

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

グレーの美しいコントラストが魅力のローソファ例

都会の洗練されたイメージをテーマに、モノトーンで統一したコーディネート。モノトーンは、圧迫感や重たさを感じる部屋に見えてしまうこともありますが、ローソファにすることで空間に抜けが生まれます。

このローソファのポイント

こだわりの詰まったモノトーンの部屋を活かすために、グレーの家具やファブリックを使用。グレーの美しいコントラストが魅力の空間です。

おすすめコラム

優雅なリラックス感を味わえるホテル風レイアウトのローソファ実例

ホテルのような洗練された空間をご自宅で実現するなら、配置をアレンジしたL字のローソファがおすすめです。一般的なL字ソファと一線を画し、オットマンを間に配置することで、ゆとりを感じる空間に。また、無垢材のサイドテーブルを添えることで、温かみのある雰囲気をプラスし、優雅なリラックスタイムを演出します。

このローソファのポイント

アームレスのローソファでL字に組んだレイアウト。シンプルになり過ぎないように、ソファの奥行に近い無垢材テーブルを横付けすることで、リゾートホテルのような優雅さのあるリビングが叶うでしょう。

おすすめメニュー

繊細でモダンなラタン(籐)のローソファ実例

異素材をミックスしたおしゃれでカジュアルなローソファ例

家具をロースタイルで揃えたことで、ダークブラウンの重さを感じさせず開放的かつ重厚感のあるコーディネート。ラタンや無垢材、鉄、ガラスなど異素材の家具を合わせ都会的かつ素材の温もり感をじる空間です。

このローソファのポイント

落ち着いた印象のラタンと相性の良い同系色のブラウン系ファブリックでコーディネート。イタリア製の上質な肌触りのソファカバーに、合皮のクッションカバーを合わせスタイリッシュに仕上げています。

おすすめコラム

  • おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~
    おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~

    おしゃれな部屋でゆっくりと過ごす時間は憧れますよね。ではどのようにして自分好みのおしゃれな部屋を作れば良いのでしょうか。今回はそんな理想の部屋作りを行うためのポイントを徹底解説していきたいと思います。おしゃれで完成度の高いインテリアスタイル実例を参考に素敵な空間を手に入れましょう。

グリーン×パープルで作る大人アジアンなL字ローソファ

アジアンリゾートをテーマにしたリビングルーム。自然感のある家具や、森の緑、花の紫などアジアの自然な情景を感じるカラーで彩り、ラグジュアリーなリゾートホテルやヴィラにいるかのような空間です。

このローソファのポイント

部屋の主役となるソファは、コーナーローソファにすることで開放感溢れるリビングルームに。丁寧に編み込まれた美しいラタンの素材は、アジアンリゾートらしい非日常感溢れる空間を演出してくれます。

おすすめコラム

無垢材の曲線が魅力のハイバックローソファ実例

サンセットのような温もりと無垢材ローソファで癒されるLDK

無垢材で揃えた家具に、オレンジやレッドのファブリックでリゾート地の美しいサンセットの時間を彷彿とさせるコーディネート。穏やかでゆったりとした時間を味わえる空間です。

このローソファのポイント

ソファにはダイナミックな木目が魅力的なインインダカ無垢材を使用したテン・ハイバックソファ。包み込まれるような極上の座り心地と開放感を与えてくれます。

おすすめコラム

  • 木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート
    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート

    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネートをご紹介します。世界に一つだけの木目や風合いを感じることのできる無垢材家具は、その魅力を引き立たせることで使う度に愛着が沸き、永くご愛用頂けるお気に入りの家具として育てることができます。そんな心安らぐ無垢材家具とインテリアコーディネートのポイントをご覧ください。

高級感のあるホテルライクな暮らしが叶うL字ローソファ例

ホテルのようなラグジュアリーで落ち着いた空間を演出したコーディネート。高層階に佇むハイバックのコーナローソファは、まさに高級リゾートホテルのような贅沢で開放的な気分を味わえます。

このローソファのポイント

部屋の主役となるコーナーソファには、品のあるベージュのソファカバーにクッションでアクセントを加えています。ソファと同素材のパープルやブラウンに、表面感のある花柄のクッションがラグジュアリー感を添えています。

おすすめコラム

  • 高級感のあるリビングを叶える6つのポイントを解説~豪華な高級マンションのインテリア実例付き~
    高級感のあるリビングを叶える6つのポイントを解説~豪華な高級マンションのインテリア実例付き~

    高級感のあるリビングは、ホテルやタワーマンションのモデルルームのようにラグジュアリーで洗練された雰囲気が魅力で、多くの方が憧れるインテリアスタイル。そして高級感のあるリビングでは、非日常的で豪華な雰囲気を味わえ、誰もが心地よく過ごすことができるでしょう。今回は自宅のリビングを高級感のある部屋にするためのインテリアコーディネートのポイントを解説します。高級タワーマンションの実例を参考にしながらコーディネートのコツをいくつかご紹介するので、自宅の部屋にも取り入れられるテクニックを見つけられるでしょう。

ローソファのデメリットをカバーする3D家具配置シミュレーション

a.flatでは3Dコーディネートシステムを使ってご自宅の間取りや色をリアルに再現することができます。バーチャルでシミュレーションすることで、ローソファと他の家具とのバランスや配置を確認しましょう。

3Dシミュレーションで失敗しないローソファ選びを

3Dコーディネートシステムでは家具のレイアウトやファブリックのカバーを簡単に変更することができます。ソファのサイズや形、色をあらかじめシミュレーションすることで、納得のいくローソファ選びができます。

3Dコーディネートサービスの流れ

【1】図面を元にローソファを置く部屋を再現する
部屋の図面を元に、床や壁などを実際の部屋イメージに近づけて再現していきます。図面がない場合も、採寸した長さから作成することが可能です。

【2】ローソファや家具のレイアウトを確認
次に家具を配置していきます。間取りに合わせてローソファのサイズや形・置き方を簡単に変更できるため、部屋に最適なローソファを選ぶことができます。

【3】カラーや小物をコーディネート
配置が決まったらソファカバーやラグ、観葉植物などインテリアアイテムをコーディネートしていきます。豊富なカラーから好みのコーディネートをいろいろ試してみてください。

【4】3D画面で立体的なイメージを確認する
ローソファの配置、カラーコーディネートが終わったら、3D画面で確認します。実際に室内にいるような目線から確認できるため、ローソファの開放感を味わうことができるでしょう。

【5】ソファのタイプ・大きさを変更して配置
同じ間取りで、3人がけのカウチソファを2.5人掛けのストレートタイプに変更。スペースが増えた分、ローテーブルを配置しました。

【6】レイアウトの変更を3Dで確認
家具のサイズや色も簡単に変更することができるため、生活スタイルや好みに合わせたローソファ選びが可能です。

ローソファを展示したa.flatの店舗一覧

a.flatではコラムで紹介した5種類のローソファを全て展示しています。無垢材やヒヤシンス、ラタンといった自然素材の温もりある肌触りと、ローソファの寛ぎ心地を是非体感しにいらしてください。a.flatならではの自然をテーマにしたカラー別の展示も魅力的です。

a.flat目黒通り本店
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat新宿店
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜、水曜 (祝日を除く)

a.flat大阪梅田店
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜

まとめ

おすすめのローソファはいかがでしたか。デザインだけでなく、座り心地にもこだわったローソファを選ぶことでデメリットを回避しておしゃれな部屋作りと使い心地の良さの両方を叶えることができます。素材やカラー選びも楽しみながら、ローソファを取り入れた開放感ある素敵な部屋作りを実現してください。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.