• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

公開:2019/3/28

更新:2019/6/24

ライター:新宿店

【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

一人暮らしを少し贅沢な雰囲気の空間で過ごしたいとき、高級感漂うホテルライクな部屋がお薦めです。気品あるパープルをメインに部屋を彩ることで、リゾートホテルのようなラグジュアリーな空間が広がることでしょう。

今回ご紹介させて頂く一人暮らしの部屋テーマは「ホテルライク」です。ワンルームから1LDKをホテルのような特別な空間で過ごしたいという方は是非ご覧ください。

開放的な癒しの空間 リゾートホテル

【ホテルライク】と言ってもさまざまなテイストがありますが、今回御紹介するのはリゾートホテルのような開放的で自然の温もりを感じる部屋の作り方です。明るくオープンな空間に自然と調和されたように建つリゾートホテルは、上質な家具やインテリアで統一された特別な空間となっており滞在する人々に極上の時間と癒しを与えてくれることでしょう。

ホテルライクな部屋にするために

[ホテルライク]とはホテルのような上質な雰囲気を表現された部屋のことをいいますが、少しでもイメージに近づける為にはどのようなことを意識すると良いでしょうか。

清潔に保つ
ホテルライクな部屋は常に清潔な状態を保つことが基本です。掃除はもちろんファブリックや寝具類も綺麗にすることで上質な環境が整います。

整理整頓を意識する
日常とはまた違った空間のホテルにとって「生活感」とは最も縁遠いものです。常に物を増やさずにすっきりと片付いた部屋をキープしましょう。

落ち着いた色やデザインで統一
品の良いデザインや落ち着いたカラーを取り入れた部屋は、高級感があり統一されています。家具やファブリックを選ぶ際にも意識しましょう。

一人暮らしの部屋をホテルライクなインテリア・家具で揃えるメリット

一人暮らしの部屋をホテルライクなインテリアや家具で揃えた場合、どのようなメリットがあるでしょうか。主に3つのメリットを挙げることが挙げられます。

  • 自宅にいながらホテルにいるかのような「非日常空間」で過ごせる

  • こだわりの家具やインテリアを揃えて、ワンランク上の部屋にコーディネートできる

  • 生活感を出さないことで、いつでも来客を迎え入れることが可能

【一人暮らしワンルーム】高級感のあるホテルのようなインテリアと家具選び

まずはコンパクトなワンルームをホテルライクにする部屋の作り方をご紹介していきましょう。一人暮らしに多いワンルームのような狭いスペースでも、いくつかポイントを抑えることで高級感のあるホテルライクな空間にすることが可能となります。

一人暮らし・ワンルーム8畳 ~レイアウトを3Dで見る~

こちらのワンルームは8畳のスペースが少しでも広くなるように、シングルサイズのベッドやベンチタイプのソファを置いています。それぞれ家具の横幅を抑えておりますが、奥行きや座り心地、デザインをリゾートホテルにあるようなロースタイルに統一したことでゆったり寛げる空間になっております。

関連メニュー

一人暮らしワンルームをホテルライクな空間にするポイント

  1. ロータイプのベンチソファを主役に ホテルのような寛ぎの空間を演出

  2. ロースタイル家具で統一 部屋を開放的に見せる

  3. パープルカラーのインテリアをメインにし ホテルライクな非日常感を演出

1. ロータイプのベンチソファを主役に ホテルのような寛ぎの空間を演出

家具の中でも中心的な存在のソファは、部屋のイメージを決めるのに重要な役割をします。ワンルームという限られた空間の中でホテルライクを表現するために、部屋を広く見せるデザインや上質素材で作られたものを選ぶことが大切です。

■ 座面の高さを低くし 部屋を広く見せる

座面から床までの高さが330mmと、通常のソファより低めなデザインのケイ・ローソファ。高さを抑えることで圧迫感を無くし、部屋を開放的に見せる効果があります。低い座面はソファで過ごす場合だけではなく、床で寛ぐときも背もたれに丁度良い高さになります。お子様やペットと寛ぐ際にも安心です。

■ アーム無しタイプでワンルームに抜け感を出す

ソファをアーム無しのベンチタイプにすることで、窓への抜け感が出て開放的な部屋に見せることが出来ます。またアームの幅を省いたベンチソファは横幅が1200mm前後になり、ワンルームでも置きやすいサイズになります。アームが無いことで立ち回りもしやすく、よりスムーズな動線がつくれます。

■ 天然素材のフレームで部屋に上品な雰囲気を加える 

ソファのフレームをアジアンリゾートでよく見かけるヒヤシンス素材の家具にすることで、ホテルラウンジのような空間を演出することが出来ます。天然素材らしい柔らかな質感と繊細な編み込みのデザインは、部屋を極上の癒し空間にしてくれます。使えば使うほどに味が出るところも自然の素材ならではの魅力でしょう。

2. ロースタイル家具で統一 部屋を開放的に見せる

ワンルームをホテルライクな空間にする為には、少しでも部屋のスペースを広く見せることが重要です。他の家具もローソファと合わせた低めのデザインでコーディネートすることで、視野が開けてより開放的な空間を生み出すことが出来るでしょう。

■フラットデザインのローベッドでリゾート気分を高める

チーク角材を組み上げたフレームが魅力のチーク・ロー・ベッド。厚み200㎜ほどのコイルマットレスを置いた状態でも、フレームとマットレスがほぼ同じ高さで一体感を出せるので、部屋を広く開放的に見せることができます。すっきりとしたスクエア型のヘッドボードは、アジアンリゾートらしい独特な雰囲気を生み出します。

■無垢材の温もりと格子柄が魅力のテレビボード

縦横の格子デザインが印象的なキューブ・テレビボード。アッシュ無垢材を使用したことで、美しい木目や重厚感を存分に楽しむことが出来ます。ボードの高さが400mmと圧迫感を感じさせないデザインなので、部屋をスッキリとした空間に魅せてくれます。

■ガラス天板とヒヤシンスの組み合わせが爽やかなローテーブル

ガラス天板からヒヤシンス素材が透けて見えるケイ・ローテーブル(ヒヤシンス)は置くだけでリゾートの雰囲気をより引き立ててくれます。ケイ・ローソファのアームと素材を合わせることでより統一感のあるリビングを演出できるでしょう。また、座面と同じ330mmなので座った時だけではなく座卓の時もちょうど良い高さになります。

3. パープルカラーのインテリアをメインに ホテルライクな非日常感を演出

「パープル」を思い浮かべると、ラグジュアリー・上品・エレガント・クラシカルなど高貴なイメージが出てきます。アクセントカラーをパープルにすることで、部屋全体が高級感のある落ち着いた空間になります。ホテルライクな部屋をつくるには、全体のカラーを合わせて統一感を出すことが大切になります。

■部屋の中心にパープルを添えて高級感を演出

部屋の主役であるソファのクッションカバーには、メインカラーであるパープルを取り入れましょう。クッションだけに差し色としてパープルを使うことで重くなりすぎずバランス良い配色になります。さらにソファ周辺に同色の大きい花柄がデザインされたラグを足すことで、ラグジュアリーな雰囲気がより増してきます。

■パープルの壁面装飾で彩りを加える

シンプルになりがちな壁面もファブリックパネルで彩ることで空間にメリハリがつき、部屋に奥深さが出てきます。またソファクッションもパープルカラーに揃えることで、統一感が生まれてホテルのように高級感のある落ち着いた空間になります。同じパープルの中でも濃淡のグラデーションで合わせて、部屋に彩りを加えましょう。

パープルを引き出すシックなグレー

パープルをより引き立てるために、ベッドスプレッドやカーテンはシックなグレーにしました。あえてモノトーンカラーを選ぶことで部屋に落ち着いた印象を与えて、パープルの高級感や華やかさが一段と美しく見えるようになります。

【1LDK】高級感あるインテリア家具に囲まれた ホテルのような部屋の作り方(住み替え後)

1LDKに住み替えた時、部屋をホテルライクにするにはどこに気をつければ良いでしょうか。1LDKという一人暮らしでは広いスペースを贅沢に使って、センスの良い部屋にする方法をポイントを絞って御説明します。

1LDKをホテルライクな空間にするポイント

  1. 広い部屋を活用したレイアウトやインテリア・家具コーディネート

  2. ローソファを拡張し、ホテルラウンジのようなリビングを実現

  3. ホテルのような食卓で過ごすダイニングコーディネート

  4. ローベッドをツインにして優雅な寝室を演出

  5. パープルを引き立てる花柄やブルーのインテリアファブリックをプラス

1. 広い部屋を活用したレイアウト・家具の配置

一人暮らし・1LDK(LD12畳+8畳)
一人暮らしワンルームから1LDKへ住み替えたレイアウトです。部屋が広くなったので、家具の台数を増やしたり拡張をして配置しました。動線やスペースに余裕があり、一人暮らしのお部屋の中では広めなお部屋となっています。ダイニングスペースやツインベッドがあることで、来客が多かったり今後二人暮らしの予定がある場合でも対応出来ますね。

以前に住んでいた一人暮らしの8畳ワンルームレイアウトです。

住み替えた一人暮らし1LDK(LD12畳+8畳)のレイアウト。赤枠商品が1LDK住み替え後に追加した家具です。

関連メニュー

2. ローソファを拡張し、ホテルラウンジのようなリビングを実現

1LDKでは広いリビングを生かして3人掛けのソファをメインに置いています。座り心地の良いゆったりと寛げるソファが部屋の中心にあることで、まるでホテルのラウンジスペースのような上質な空間を表現されております。

一人暮らし時に使っていたロータイプの2人掛けベンチソファ。

同シリーズのコーナーソファを付け足しました。

■コーナーを離してレイアウトの変化を楽しむ

一人暮らしのときに使用していた2人掛けベンチソファに、コーナーソファを付け足しました。ゆったりと座れる3人掛けソファとして利用出来るのはもちろんですが、多様なレイアウトで楽しむことも可能です。コーナーとベンチを離して使うことで一人掛けソファと2人掛けベンチ、対角に置くことで複数人が程よい距離感で寛げる配置にすることができます。

コーナーソファと2人掛けベンチを離した状態。程よい距離感で複数人で寛ぎたい時におすすめです。

コーナーソファと2人掛けベンチを対角に置いた状態。来客の際に話がしやすいレイアウトです。

3. ホテルのような食卓で過ごすダイニングコーディネート

ホテルライクな部屋にするためにはダイニングスペースも上質にすることが大切です。落ち着いたダークブラウンのダイニングテーブルにソファと同じヒヤシンス素材で編みこまれたダイニングチェアなど、こだわりのインテリアで1LDKを上質な空間に作り上げております。

■テーブルを伸張して 来客時にも対応

エクステンション・ダイニングテーブルは普段は2人で食事をするのに丁度いい950mmですが、伸張することで1450mmと4人対応できるサイズになります。普段のスペースをコンパクトにすることでダインニングスペースをより広く見せたり、空間を有効に活用することが出来ます。

天板の側面に片手を添えて、もう片方の手で幕板を引っ張ると、天板の下から伸長用の天版が出てきます。

その天板下にある伸長用の天板を取り出して、伸ばした部分にはめ込みます。脚と天板の角を合わせて完成です。

950mmから天板分の450mm伸びて、1400mmの4人掛けダイニングテーブルになりました。

テーブル伸張時に使用するベンチを背無しタイプにすることで、開放的な印象を与えることが出来ます。持ち運びしやすい大きさ、重さもポイントです。

■ヒヤシンス素材のチェアでアジアンダイニングを表現

ソファフレームと同じ素材のチェアを組み合わせることでリビングと統一感が出ます。ロク・ヒヤシンスチェアはしっかり背中を覆う背もたれのデザインとヒヤシンス素材が印象的なチェアです。手作業で編み込まれたヒヤシンスの柔らかい素材感は、アジアンリゾートの雰囲気もより高めてくれるでしょう。

4. ローベッドをツインにして優雅な寝室を演出

友人や家族など来客が頻繁に遊びに来られるのであるなら、シングルベッドを2台並べて置くツインベッドにして置くと良いでしょう。約8畳の寝室にシングルのローベッドを2台置けば、リゾートホテルのような上質な空間が広がります。一人暮らしの方には贅沢なレイアウトですが、取り入れることでホテルライクな部屋が一気に実現されます。

■ライフスタイルで合わせて変化するローベッド

チーク・ローベッドは2台並列でマットレスが寄せられる設計のため、ベッドの組み合わせ次第でライフスタイルに合わせて長く使うことが可能です。2台を離してツインベッドで使ったり、2台を寄せてキングサイズとして形を変化させることできるベッドです。お部屋のサイズや使用人数に合わせて、将来的にも永く愛用できます。

■柔らかい灯りで演出するホテルライクな空間

最もリラックスする場所である寝室をより心安らぐ空間にしてくれるのが間接照明です。枕元に優しい灯りがあることでお部屋全体が暖かな雰囲気になります。照明は日本の行灯をベースにスタイリッシュさも感じさせるデザインで、アジアンなムードを盛り上げてくれることでしょう。

5. パープルを引き立てる花柄やブルーのインテリアファブリックをプラス

部屋のメインカラーであるパープルをより魅力的に見せるために、高級感のある花柄や差し色のブルーを取り入れましょう。ラグジュアリーな雰囲気が一層引き立ち、ホテルライクな空間が完成されます。

パープルで統一した空間に類似色のブルーを加えることで、部屋にメリハリが生まれました。チェアカバーの鮮やかな青がダイニングのいいアクセントになっております。

シンプルになりがちな寝室には、パープルの花柄が優雅なベッドスプレッドを敷くのがお薦めです。上質な生地を使うことで、高級ホテルのような雰囲気が演出されます。

ロク・ヒヤシンスチェアカバー

ケイ・ローソファ(ヒヤシンス)カバークッション用

ベッドスプレッドS

ウッド・ダイニングベンチv01カバー ORパープル

まとめ

一人暮らしのホテルライクなインテリアコーディネートについてご紹介させて頂きました。自分だけのお部屋をホテルのような高級感のある家具やインテリアで揃えることで、上質な空間で心や身体を癒すことが出来ます。一人暮らしをワンランク上げる為にもぜひホテルライクを意識してお部屋をつくってみてはいかがでしょうか。

おすすめコラム

~贅沢なひと時を再現~ ホテルライクなインテリアのつくり方
~贅沢なひと時を再現~ ホテルライクなインテリアのつくり方

ホテルライクなインテリアコーディネートをするためのテクニックをご紹介し ...続きを読む

【インテリア実例】上品でラグジュアリーなパープルコーディネート
【インテリア実例】上品でラグジュアリーなパープルコーディネート

上品でラグジュアリーなイメージのパープルは、シックで落ち着いた雰囲気の ...続きを読む


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.