• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

自宅に快適でおしゃれなワークスペースをつくるポイント 〜インテリア実例付き〜

公開:2021/2/22

更新:2021/3/2

ライター:目黒通り本店瀬下

自宅に快適でおしゃれなワークスペースをつくるポイント 〜インテリア実例付き〜

近年では自宅で仕事や作業をする機会が増えています。今までは簡易的なワークスペースを設けていた方が多いと思いますが、ワークスペースも自宅のインテリアの一部になります。そこで、少しワークスペースにもこだわりたいと考える方も多いのではないでしょうか。インテリアを引き立ててくれるおしゃれな自宅のワークスペース作りのポイントをインテリア実例と一緒にご紹介致します。ぜひ、参考にして、こだわりのワークスペースを自宅に取り入れましょう。

自宅にワークスペースのある快適な暮らし

自宅で過ごす時間が増えている現代では、仕事や作業も自宅で行う機会があると思います。その際、仕事や作業を行えるスペースが必要になります。自宅にワークスペースを設け、快適に仕事や作業が行える環境を整えてみてはいかがですか。

自宅で仕事や作業を行う機会が増えている

自宅で仕事や作業を行うことが増え、その働き方が定着しつつあります。今までは、簡易的なスペースで仕事や作業を行っていた方が多いのではないでしょうか?自宅で仕事や作業を行う時間が増えれば、快適なワークスペースも必要になります。そこで、自宅のワークスペースにこだわり、快適でおしゃれな空間を作りましょう。

ワークスペースとは

ワークスペースとは、仕事や作業を行う空間・場所のことを示します。普段は別の用途で使っている場所でも環境を整えることで、仕事や作業を行うことが出来るため、比較的簡単にワークスペースを自宅に設けることが出来ます。

ワークスペースは書斎専用の部屋を設ける必要がない

作業や仕事を行うことが出来ればいいため、書斎専用の部屋を設ける必要がないところもワークスペースの利点です。リビングやダイニング、寝室など自宅で余っているスペースがある際は、そこをワークスペースとして活用していただけます。

狭い部屋でも工夫次第でワークスペースをレイアウト

1Kやワンルーム、狭小住宅など自宅の広さに限りがある空間でも、工夫次第でワークスペースを作ることが出来ます。必要なワークスペースの大きさや、他の家具とのバランスを確認しましょう。

予めワークスペース用の場所を確保してレイアウトすることで、デスクや収納をレイアウトした本格的なワークスペースを作っていただけます。

狭い空間では、ワークスペースを設ける際、他の家具とのバランスや、生活動線の確保が必要になるため、家具のサイズ感がポイントです。

おすすめメニュー

  • 部屋の快適な家具配置とレイアウト例~1LDK・2LDK ・3LDK~

    部屋の快適な家具配置とレイアウト例~1LDK・2LDK ・3LDK~のページです。家具の配置・レイアウトは、部屋の間取り・大きさ(広い部屋・狭い部屋)、使用人数(一人暮らし・二人暮らし・家族暮らし)、日々の暮らし方、インテリアのお好み等によって変化します。一般的な部屋の大きさ別に、家具・ソファ・ダイニングテーブル等の配置・レイアウト例を見てみましょう。ここでは、1LDK・6畳~12畳、2LDK・10畳~14畳、3LDK・16畳~20畳のリビングダイニングに対しての家具・ソファ・ダイニングテーブル等のレイアウト・インテリアコーディネート実例を紹介しています。お部屋での過ごし方や、優先的に置きたい家具のサイズ等によっては、同じ部屋でも家具の配置・レイアウトは変化します。自分にあったスタイルを見つけて、快適なレイアウト・インテリアを組む事が大切です。

作業がはかどる自宅のワークスペースを作る4つのポイント

比較的簡単に取り入れることのできるワークスペースですが、作業がはかどり、自宅のインテリアとしても使うためにはポイントがあります。このポイントを抑えて、自宅のワークスペースをより良い環境にしましょう。

ポイント1 自宅のどこにワークスペースを作るか

まずポイントになるのが、ワークスペースを作る場所です。自宅には様々なスペースや場所があるので、どのようにワークスペースは使うのかで選ぶことが大切。例えば、ご家族の複数名で使用する可能性があれば、家族の集まりやすい場所に作るなど、その用途によってワークスペースを作る場所を選びましょう。

自宅の間取りやライフスタイルに合わせた場所選び

自宅にワークスペースを作る際は、自宅の間取りやライフスタイルに合わせて場所を選ぶと快適なワークスペースを作ることが出来きます。自宅の間取りで、デッドスペースになっているところの有効活用にもなるため、ワークスペース作りは自宅での生活スタイルを見直すきっかけにもなります。

各部屋・場所に快適なワークスペースを作る

各部屋・場所にワークスペースを設ける際のポイントや、どのようなメリットがあるのかをご紹介致します。自宅に快適なワークスペースを作るためにも、住宅の間取りやライフスタイルに合わせて場所を選びましょう。

リビングにワークスペースを作る

家族で使えるワークスペース

ご家族の集まる機会が多いリビングにワークスペースを設けるメリットは、家族全員で使うことが出来るところにあります。軽作業や勉強など、お互いが何をしているのかを確認しやすいため、親子間で使用するのに向いています。リビングにワークスペースを設ける際は、リビングのインテリアと調和したワークスペース作りを心がけましょう。

ダイニングをワークスペースとして使う

ダイニングを有効活用したワークスペース

普段食事のために使われることが多いダイニング。食事以外はあまり使う機会も少ないのではないでしょうか?そのような時は、ダイニングをワークスペースとして使用しましょう。新たにワークスペースを設ける必要がなく、ダイニングテーブルを広々使うことで、作業もしやすくなります。複数名で使うことができるメリットもあります。

ワークスペース専用の部屋・書斎を作る

集中して仕事・作業が出来るワークスペース

ワークスペース専用の部屋や書斎を作ることが出来れば、集中して作業や仕事に取り組めます。ワークスペース専用に使えるので、周りを気にすることなく仕事や作業を行えるため、リモート会議などが多い方におすすめです。作業のしやすさはもちろんのこと、インテリア性にもこだわることで、快適なワークスペースを作れます。

寝室にワークスペースを作る

寝室で集中して作業を行えるワークスペース

寝室はLDKとは違い、自宅でも一室確保されていることが多い空間です。また、日中は使うことの少ない空間なので、ワークスペース専用の部屋を確保することが難しくても、寝室にワークスペースを設けることで、集中して作業できる空間を手に入れることが出来ます。ベッドと収納、ワークスペースのバランスを考えてレイアウトすることがポイントです。

和室をワークスペースとしてを使う

作業しやすい和室のワークスペース

元々フリーのスペースとして和室がある場合は、そこをワークスペースにすることもおすすめです。床座で作業することのメリットは、座高を自身で調節できるので、作業しやすい姿勢になれます。また、和室に使われている畳の材料でもある「イグサ」には、適度に緊張感を緩和し、集中力を高めてくれる効果もあると言われています。

狭いスペースを活用したワークスペース

空間を有効に使えるワークスペース

階段下や柱と柱の間など、主要な家具は配置しづらい場所があるご自宅の場合、そこをワークスペースとして使用することで、スペースを有効活用できます。コンパクトなワークスペースでも軽作業を行うことが出来るため、何かと便利な空間になります。狭いスペースの為、スッキリ見せることが出来る家具をレイアウトしましょう。

ワンルームにワークスペースを作る

空間全体のバランスを考えたワークスペース

ワンルームにもワークスペースをレイアウトすることは出来ます。作業や仕事を行うスペースと生活するスペースをバランスよく分けるか、生活スペースでも仕事や作業の出来る家具を取り入れることで、ワークスペースを作れます。ワンルームのワークスペースはインテリアの一部になるため、デスクなどはインテリア性の高い物を選びましょう。

屋外用家具を使えばバルコニーもワークスペースに

気分転換におすすめのワークスペース

テラスやバルコニーに余裕がある自宅では、屋外用家具を使うことで、屋外の空間がワークスペースに変わります。普段とは違う環境で仕事や作業を行うことで、気分転換にもなります。自然を感じ、心地よい風を感じながら仕事をする環境は魅力的に感じるのではないでしょうか。自宅で仕事をする時間が長い方は、検討してみましょう。

おすすめメニュー

  • 【インテリアの実例集】テーマからお部屋のインテリアコーディネートを探す

    【インテリアの実例集】テーマからお部屋のインテリアコーディネートを探すのページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

ポイント2 自宅のワークスペースを快適にするデスク&チェア

ワークスペースを作るうえで「ワークデスク」と「チェア」は必需品です。おしゃれで快適なワークスペースを作るためにも、ワークデスク&チェアにはこだわりましょう。デスクやチェアの素材感やデザイン性などがポイントになります。

自宅のデスクは作り付けにするか置き型にするか

自宅のワークスペースに一番必要なデスクにも種類があります。作り付けのデスクや、置き型のデスクなどがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

作り付けデスクのメリット・デメリット

作り付けデスクのメリット

自宅を建てる時、予めワークスペースを確保して設計されいている場合は、作り付けのデスクを採用することが多くあります。その空間に合わせて、自由にサイズ感を調整できるので、無駄のないワークスペースを設けることが出来ます。また、好みの素材やデザインを採用することも可能です。

作り付けデスクのデメリット

デメリットとしては、自宅の壁や床に固定するため、自由に移動する事が出来ません。不要になり、作り付けのデスクを取り外す際も、解体作業などの大規模な作業が必要になります。また、修理やメンテナンスも業者を自宅に呼ぶ必要があるため、大掛かりになってしまいます。

置き型デスクのメリット・デメリット

置き型デスクのメリット

置き型デスクのメリットは、どの空間でもワークスペースを作ることが出来る点です。使いたい場所を確保して、そこにデスクを置くだけで、仕事や作業を行える環境になります。また、他の空間にデスクを移動することで、新たにワークスペースを設けることも出来ます。

置き型デスクのデメリット

置き型デスクは、予めサイズが決まっているため、希望するワークスペースに収まらない可能性があります。置き型デスクを検討する際は、設置する空間の大きさとデスクのサイズ感を確認して選びましょう。また、素材感やデザインが決まっているため、好みのデスクを探す必要があります。

ワークスペースの使用人数に合わせたデスク選び

ワークスペースでは、デスクのサイズ感がポイントになります。どのような作業を行うのか、何人で使用するのかによって、デスクのサイズ選びは異なるため、適切なデスクのサイズを選び、快適なワークスペースを作りましょう。

1人で作業しやすいデスクの大きさ

一人で作業するワークスペースの場合、デスクのサイズは、1200mm程あると作業しやすくなります。PCと資料や書籍、メモ帳などを広げて作業することが出来るゆとりあるサイズ感です。

ノートPC1台とノート一冊程度なら、簡易的なデスクや、コンパクトなデスクでも作業は出来ます。

デスクのサイズが600mm程あればノートPC又は、ノートやメモ帳などで作業は行えます。

複数で作業しやすいデスクの大きさ

ワークスペースをご家族と共有して、複数名で使用する場合は、ある程度余裕のあるサイズ感が必要になります。また、並んで使用するのか、デスクを囲んで使用するのかでも、必要なデスクの大きさは異なるので、ワークスペースの使い方を検討してから、デスクを選ぶようにしましょう。

二人で並んでデスクを使用する場合は、幅2000~2400mmあると作業しやすくなりますが、その分、ある程度余裕のある空間が必要です。

デスクを囲んで複数名で使用する場合、デスクの幅はもちろんのこと、デスクの奥行きもポイントになります。最低でも奥行きは800mmを確保しましょう。

デスクの収納力にも注目

自宅のワークスペースにデスクを配置した際、収納家具を置くことが困難な場合があります。そのような時は、デスクの収納力が必要になるため、予めどの程度収納する物があるのかを把握して、デスクを選びましょう。

デスクとしても使える自宅ならではの家具

ワークスペースに置くデスクは、作業専用のものでなくても使えます。他のテーブル・家具と兼用することで、新たにワークスペースを設けることも必要なく、気軽にワークスペースを自宅に取り入れることが出来ます。

ダイニングテーブルを使ってLDKにワークスペースを作る

自宅にあるテーブルの代表と言えば、ダイニングテーブルではないでしょうか。比較的大きさがあるため作業しやすく、食事以外では使うことも少ないダイニングテーブルを有効活用することで、手軽にLDKにワークスペースを作ることが出来ます。

伸長式のダイニングテーブル

伸長式のダイニングテーブルを使用することで、資料を多く広げたい時や、複数名で使いたいといった時に便利です。仕事や作業を行う以外でも、来客が来た時の食事や、ライフスタイルの変化でダイニングテーブルを大きくしたい時でも使えるところがポイントになります。

ドレッサーを使って寝室にもワークスペースを設ける

ドレッサーは化粧や身支度を整える際に使用する家具ですが、天板が開閉式のタイプはデスク代わりに使うことも出来ます。ドレッサーをデスク代わりに使えることで新たにデスクを置く必要が無いため、比較的簡単にワークスペースを作ることが出来ます。

機能性にも優れたドレッサー

天板が開閉式の「ルーバー・ドレッサー」は、デスクとして使うだけではなく、天板を閉める事で、化粧品などの生活感が出やすいアイテムを隠す事も出来ます。収納力などの機能性にも優れたドレッサーです。

省スペースでも作れるソファダイニングのワークスペース 

ワンルームでは、レイアウト出来る家具にも限りがあります。そこで、ソファダイニングを取り入れてみてはいかがですか。ソファでくつろぐことも、食事をすることも出来ます。さらに、そこでPC作業などが行えるため、ワンルームの限られた空間にも、ワークスペースを取り入れていただけます。

ダイニングテーブルとソファを組み合わせる事でスペースがないリビングダイニングでも、空間を有効活用することが出来ます。ソファダイニングで仕事や作業を行う際は、コンパクトなソファを組み合わせるとテーブルと体の距離が近くなるため、作業がしやすくなります。

チェアにこだわりワークスペースの雰囲気を演出する

自宅のワークスペースを作る際は、デスク選びもポイントになりますが、そのデスクに合わせるチェアも重要なポイントです。作業しやすいワークチェアもありますが、チェアの素材感に注目することで、ワークスペースにインテリア性をプラスしていただけます。チェアの素材にもこだわり、快適なワークスペースを作りましょう。

自然のぬくもり感じる「天然素材で出来たチェア」

天然素材を存分に使用したチェアは、自然のぬくもりや癒しを与えてくれるため、無機質になりがちなワークスペースに自然の風合いを演出します。

他の空間と繋がりがあるワークスペースでは、家具の素材感を統一することで、空間にまとまりを表現しやすくなります。

天然素材で出来たチェア

木の質感で空間を演出「木製で出来たチェア」

木々の癒しや美しさを感じさせてくれる木製で作られたチェアは、ワークスペースに癒しをプラスしてくれるアイテムです。

無垢材を使用したチェアは、無垢材ならではの美しい曲線が、木々の力強さと温もりを演出。細部までこだわったチェアは、優しい背あたりを実現します。

木製で出来たチェア

ワークスペースの場所に合わせたチェアを選ぶと快適な空間に

ワークスペースを取り入れる場所には、様々な空間が考えられます。その空間に適したチェアを選ぶことが、快適なワークスペース作りのポイントです。

キッチンカウンターでPC作業を行う際は、カウンターチェアがおすすめ。カウンターの高さに合わせてチェアも選びましょう。

コンパクトな空間や、狭いスペースをワークスペースとして使う際は、背もたれの無いスツールタイプにすることで、スッキリとした印象の空間に。

おすすめコラム

  • 【特集】自然素材の温もり溢れる 書斎の家具・インテリア
    【特集】自然素材の温もり溢れる 書斎の家具・インテリア

    仕事や勉強などに没頭出来る憧れの書斎。ワークデスクや本棚など自然素材を贅沢に使用したお洒落で使い勝手の良い、書斎のおすすめ家具・インテリアをご紹介します。また、落ち着いたダークブラウン色の家具でインテリアコーディネートされた書斎は、温もりと高級感に溢れており、心地良い気分でで作業に没頭出来るはずです。是非、参考にされてみて下さい。

ポイント3 効率よく自宅のワークスペースを使える収納家具

ワークスペースでは、仕事や作業に使う書籍や小物をしまえる収納家具があると便利です。快適なワークスペースにするために、空間に対してバランス良く収納家具を配置する必要があります。どのようなポイントで収納家具を選べばよいのでしょうか。

自宅に作るワークスペースの広さから収納家具を選ぶ

ワークスペースに置く収納家具の選び方として、ワークスペースの広さを基に選びましょう。ワークスペースの広さがコンパクトであれば、収納家具もあまり大きなものを選ばない方が良いと言えます。収納力も肝心ですが、ワークスペースのバランスが重要なポイントになります。

比較的大きいワークスペースに収納家具をレイアウト

自宅に書斎を一室設けている場合や、比較的広めにワークスペースを確保していれば、大きな収納家具をレイアウトすることが出来ます。収納力が上がり、収納する物も幅広くしまえるため、自宅での仕事がメインの方におすすめです。

単品でも使用することのできるブックシェルフ。ワークスペースの大きさと、収納する物量に合わせてサイズを選びましょう。

見せる収納としても使うことが出来るため、インテリアアイテムを飾り、ワークスペースにこだわりを演出していただけます。

コンパクトなワークスペースに収納家具をレイアウト

ワークスペースの広さが限られていたり、省スペースで作業を行ったりする場合は、収納家具もコンパクトな物が良いでしょう。コンパクトなワークスペースでは、小物などを収納できる収納力があり、空間を有効に使えるサイズ感の収納が適しています。

自由な組み合わせが可能な収納家具は、自宅のワークスペースの大きさに合わせた組合せが出来るため、無駄のない空間作りが出来ます。

ドロワーがリバーシブルになっているデザインもポイントに。ワークスペースでも気軽に模様替えが楽しめます。

統一感も重要なワークスペースの収納家具

自宅にワークスペースを作る際、他の空間との兼用や隣接したスペースになることが多くあります。リビングやダイニングの一画に取り入れる際、ワークスペースの家具とその他の家具が統一感あるデザインや素材感なら、空間としておしゃれにまとまります。

リビング収納と統一された収納家具

リビングに使われる収納家具として、テレビボードやリビング収納家具などがあります。リビングに隣接したところにワークスペースを設ける際は、リビングの家具とも統一感を感じる、同シリーズの収納で揃えるとワークスペースにまとまりが出ます。

無垢材の質感が自然のぬくもりと力強さを演出してくれる収納家具。小物から少し大きいものまで、幅広く収納することが出来ます。

ワークスペースの収納家具と同じ無垢材を用いたテレビボード。少し離れた位置でも、収納家具をシリーズ化することで、空間にまとまりを演出します。

ダークブラウンの落ち着いた雰囲気で統一感を演出

収納家具とその他の家具の色味を合わせることで、統一感を演出することも出来ます。ダイニングスペースに、収納家具を置ける場所がある際は、テーブルと収納の色味を統一しましょう。ダークブラウンで統一されたダイニングは、落ち着きのある上品な空間に。

2種類の扉のデザインが空間を演出

やさしい海風がもたらす、打ち寄せる波から着想を得た水平ラインと陰影が作り出すルーバーデザインならではの表情をお楽しみください。

伝統技法の「なぐり加工」によって無垢材から無数の溝を削り出し、職人が一本一本の溝を丁寧に研磨することで美しい曲面が完成します。

拡張性のある収納家具は収納力を後からでも増やせる

収納家具に拡張性があることで、後々収納する物が増えても、収納力を上げることが出来ます。また、引越しなどで間取りが大きくなった際も、収納を追加することでしまえるものが増えます。収納家具を買い替える必要がないところもポイントです。

収納家具に拡張性があると収納する物が増えても安心

自宅にワークスペースを作る際は、どの程度そのスペースを使うのかや、どのくらいの物が必要なのかなど、分かりにくいこともあります。後々どの程度の収納力が必要か分かりづらい時は、徐々に収納を増やしていける収納家具がおすすめです。

幅850mmのレン・キャビネットv03。様々な物を収納するスペースがあります。

同シリーズの「レン・キャビネットv03 425」を追加することで、幅1275mmの収納家具へ。

引越しして間取りが大きくなっても使える

拡張性のある家具は、引っ越ししても使い続けることが出来ます。少し広めの間取りにお引っ越しされた際は、拡張することで収納力を上がり、幅広く収納家具を活用することが出来ます。収納力をプラスする事も、しまう収納から見せる収納に変えてお使いいただけます。

開き扉と引出しの付いた収納家具。比較的様々な物を収納していただけます。

シェルフパーツを追加して、大型収納家具に。飾り棚としてもお使いいただけます。

おすすめコラム

  • 見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る
    見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る

    住みよい生活空間を作るためには欠かせない収納家具。そんな収納家具は、収納するアイテムによって見せる収納、隠す収納を使い分ける事が、快適な暮らしに繋がる大きなポイントになります。今回のコラムでは、見せる収納と隠す収納の二つに分けて、収納家具を取り入れる際のポイントや、インテリアと組み合わせ、機能性とおしゃれさを兼ね備えたインテリアコーディネートを紹介します。

ポイント4 自宅のワークスペースをおしゃれに変えるインテリア

自宅の一部にワークスペースを設ける際は、ワークスペースのインテリアにもこだわりましょう。他の空間ともつながりがあるワークスペースは統一感やアクセントなどを意識することで、おしゃれなワークスペースを作ることが出来ます。

ワークスペースは自宅のインテリアの一部

自宅の一部にワークスペースを設ける際は、ワークスペースのインテリアにもこだわりましょう。他の空間ともつながりがあるワークスペースになることが多いため、家具の素材感やカラーコーディネートなど、統一感やアクセントを意識することで、おしゃれなワークスペースを作っていただけます。

他の空間ともつながりがあるためインテリア性にもこだわる

ワークスペースを自宅へ作る際は、LDKや寝室など、他の空間とつながりがある場所に設けることが多くあります。他の空間とのバランスや統一感などを意識することで、ワークスペースを広く見せることも、おしゃれに見せることも出来ます。

ワークスペースに使用されている家具のカラーコーディネートを行う事で、他の空間との繋がりを感じるインテリアにすることが出来ます。

深みあるブルーでコーディネートされたソファ。爽やかで落ち着きのある雰囲気をリビングに演出しています。

ソファのクッションにも使用されているカラーを、ワークスペースにも取り入れて、リビングとのつながりを表現。

作業・仕事がはかどりやすいカラーのインテリアを取り入れる

ワークスペースに取り入れるカラーコーディネートやインテリアアイテムには、集中力を高めてくれるカラーや、適度にリラックスさせてくれるインテリアアイテムがあります。ワークスペースを設ける際は、おしゃれに見せるだけではなく、作業や仕事がはかどる空間作りを心がけましょう。

色彩心理を取り入れて仕事・作業をはかどらせる

色には、人の心理に影響を与える「色彩心理」という効果があります。例えば、赤やオレンジなどの暖色系の色味は暖かく感じ、青や青緑などの寒色系は涼しさを与える効果があります。このような色彩心理をワークスペースに取り入れることで、作業しやすい空間を演出していただけます。

青色の色彩心理
青色には気持ちを落ち着かせ、集中力を高めてくれる効果があります。

緑色の色彩心理
緑色には、癒しの効果があり、緊張の緩和やリラックス効果があります。

暖色の色彩心理
暖色にはやる気を出す効果や、意欲的になる効果があると言われています。

適度なリラックスも必要 気持ちを落ち着かせるインテリアアイテム

集中力を高めたい時は、適度にリラックスした状態が良いとされています。空間にあることで、適度にリラックスさせてくれるインテリアアイテムとしては、「観葉植物」や「間接照明」などがあります。インテリア性を上げるだけではなく、仕事や作業にも効果があるので、ぜひ取り入れてみましょう。

省スペースでも観葉植物が飾れる壁花器

壁花器の最大の特徴はスペースを取ることなく、観葉植物を取り入れる事ができます。また色鮮やかな発色の壁花器は生ける植物により印象が変わり、気分や季節によって楽しむ事ができます。省スペースでも一輪のお花や植物を取り入れる事で、快適なワークスペースを叶えていただけます。

自宅のワークスペースを演出するインテリア装飾

自宅のインテリアをおしゃれに見せるアイテムとして、インテリア装飾が用いられます。ワークスペースにもインテリア装飾を用いて、空間を演出しましょう。

明かりから雰囲気を醸し出す「テーブルランプ」

作業や仕事をする際は、手元を照らす照明器具が必要になります。そこで、明かりから雰囲気を演出してみてはいかがですか。手元をハッキリ見せる照明も良いですが、やさしい明りに包まれることで、気持ちを落ち着かせた環境を作ることが出来ます。

電球色は、癒し効果のあるオレンジの明かりが特徴的です。気持ちを落ち着かせ、自律神経を整えると言われています。

テーブルランプは、デザイン性もポイントになります。シェードに使われている素材や、形がデスク周りの印象を作ります。

ワークスペース全体を彩る「壁面装飾」

空間の大部分を占める壁面は、色がないとどこか殺風景な印象を与えます。壁面を彩ることで、空間にアクセントを演出し、インテリア性の向上にもつながります。ワークスペースのインテリア性を上げるためにも、壁面を彩りましょう。

ファブリックを使った壁面装飾

色や素材を約70種類の中から自由に選べるファブリックパネル。形や大きさにも種類があり、お好みのカラーやサイズで楽しむ事ができます。他の空間との統一感や、作業効率を上げるカラーを取り入れることで、より良いワークスペースになります。

伝統工芸で魅せる壁面装飾

壁面装飾には、日本伝統の和紙と左官技術を用いた壁面装飾もあります。その洗練されたアートパネルは、一つ一つ違う表情を見せ、空間にアクセントを演出し、創作意欲を掻き立ててくれる壁面装飾になっています。

チェアカバーを変えて色を取り入れる「インテリアファブリック」

チェアカバーを変えることで空間の雰囲気を変えていただけます。気分に合わせたり、季節によって交換したりすることで、リフレッシュした気持ちで仕事や作業に取り組む事も。ワークスペースに動きを出すことも大切なポイントです。

関連コラム

  • 壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方
    壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方

    目を惹くおしゃれな壁飾りは、お部屋の印象を左右するインテリアの重要な要素のひとつです。そして、それをセンスよく飾ることで、更に洗練された空間を演出することができます。うまくコーディネートできるか心配、どうやって壁に飾ればよいか分からないという方でも、ちょっとした飾り方のコツを知れば、誰でも簡単に壁面のインテリアを楽しむことができます。

おしゃれな自宅のワークスペース インテリア実例

自宅のワークスペースをおしゃれにコーディネートしたインテリア実例をご紹介致します。ぜひ参考にして、理想のワークスペースを手に入れましょう。

自宅のリビング・ダイニングにワークスペースを取り入れたインテリア実例

リビング・ダイニングにワークスペースを取り入れたインテリア実例をご紹介致します。自宅のメインスペースになるリビング・ダイニングにこだわりのワークスペースを取り入れています。ワークスペースとつながりを感じさせるのインテリアにも注目してみましょう。

リビングの一部にワークスペースを取り入れたインテリア実例

リビングの一部にワークスペースを設けた実例です。フリースペースを上手に活用したレイアウトとなり、家族で使うことが出来る空間になります。ヒヤシンスソファの素材と合わせたスツールを使うことで、リゾートの雰囲気を存分に感じていただけます。

おすすめコラム

ワークスペースをメインに取り入れた1LDKインテリア

ワークスペースをメインにレイアウトした1LDKインテリア。ワークデスクや本棚の位置を予め決めておくことで、リビングダイニングの家具や、寝室家具のレイアウトを行いやすくなります。コンパクトなサイズ感のソファを置くことで、部屋のバランスを整えています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート
    【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート

    自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりと多様な使い方が出来る書斎・ワークスペース。こだわりのインテリアも表現しやすい空間です。書斎専用の部屋を確保することが難しくても、リビングやダイニング・寝室にワークスペースを設けて、憧れの書斎インテリアを取り入れることが出来ます。今回は、1LDKのリビングに書斎・ワークスペースを取り入れたマリンブルーの爽やかなインテリアでコーディネートされたお客様実例をご紹介致します。

自宅のインテリアを引き立ててくれるワークスペース実例

モノトーンでまとめられたシックな印象のインテリア。ワークスペースにも落ち着きを感じるシックなインテリアを取り入れる事で、空間に統一感が生まれます。ダークブラウンのテーブルが、より周りのインテリアを引き立ててくれています。

おすすめコラム

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

ワークスペースを自宅の寝室に取り入れたインテリア実例

寝室の使い方の幅が広がるインテリア実例をご紹介。寝室にも比較的取り入れやすいワークスペースは、自宅にいながら集中して仕事や作業を行いたい方におすすめ。ワークスペースとのバランスが取れたこだわりを感じる寝室のインテリアコーディネートも参考にしてみましょう。

自然のぬくもり感じるワークスペースを取り入れた寝室インテリア

自然の癒しを感じる寝室にワークスペースを取り入れた実例です。ワークデスクベッドフレームには、無垢材を存分に使用し、自然の温かみを感じる空間となっています。家具に使用されている素材を統一する事で、まとまりあるインテリアを演出しています。

おすすめコラム

  • 沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選
    沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選

    数あるリゾートでも、一番身近で日本を代表する「沖縄の海と森」をテーマに、お客様のお部屋をインテリアコーディネートさせて頂きました。沖縄の海と森を、どのようにコーディネートをしていけばいいのか?透明度の高い海、亜熱帯の森など、癒しや活力を与えてくれる沖縄の自然。今回は手軽に取り入れられる、「沖縄の海と森に包まれたコーディネート実例10選」、「【部屋別】沖縄リゾートを取り入れたインテリアコーディネート3つのポイント」についてご紹介します。是非参考にされてみて下さい。

寝室の省スペースにワークスペースを作ったインテリア実例

作り付けのカウンターをワークスペースとして使用した寝室インテリア。ワークスペースを最小限に抑えることで、ベッドを広々とレイアウトしていただけます。窓の外に広がる景色を眺めながら仕事や作業が出来る点もポイントです。

自宅から眺める贅沢な風景を感じる寝室のワークスペースインテリア

自宅の寝室から都内の絶景が一望できる贅沢な寝室です。その寝室にワークスペースを設けて、絶景を堪能しながら、仕事をすることが出来る環境を実現。新鮮な気持ちで仕事や作業に取り掛かれる環境は、憧れを抱かせるワークスペースではないでしょうか。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし
    【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし

    引っ越しの際は暮らしをより充実させたり、自身が希望するインテリアを叶えたいという方は多いかと思います。このコラムでは、2回の引っ越しを通してインテリアの模様替えを中心に行って、理想的な暮らしを実現したインテリア実例をご紹介します。住居が変わっても、家具を変えずに模様替えを行える点がポイントです。

自宅に一室ワークスペース・書斎を設けたインテリア実例

集中することが出来る空間で仕事や作業を行いたい際は、自宅の一室をワークスペースにしてみましょう。こだわりを詰め込んだ書斎を作ることに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。ぜひ、インテリア性にもこだわり、憧れのワークスペース・書斎を作ってください。

木々の温かみを感じる落ち着きのワークスペース

自宅の一室を書斎専用としてレイアウトしたインテリア実例。室内をコーディネートするうえで、家具の素材感を統一し、空間としての雰囲気を演出しています。無垢材を使用した家具で統一されたワークスペースは、木々の温かみを感じる落ち着いたインテリアになります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

ヒヤシンスのリゾート感溢れるワークスペースインテリア

ワークスペースにレイアウトされたチェアの素材に「ヒヤシンス」を取り入れて、リゾート感を演出した書斎。ヒヤシンスが醸し出すリゾートの雰囲気は、仕事中の気分を上げてくれることでしょう。ワークスペースにも表情を持たせることで、快適な空間になります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート

    ご旅行など大切な思い出の地として思われる方も多いハワイ。今回ご紹介するのは、ハワイへ何度も訪れているお客様へご提案したリビングダイニング、書斎、寝室のインテリア コーディネートです。ご自宅でもハワイの魅力と、ホテルライクな寛ぎを感じて頂けるようご提案いたしました。ターコイズブルーを取り入れて、ハワイアンインテリアをコーディネートするときのポイントなどもご紹介しているので、是非参考になさってください。

パープルで魅せる大人のラグジュアリーなワークスペース実例

パープルカラーでコーディネートされたワークスペース。神秘的なパープルは、感性を鋭くし、クリエイティブな発想を与えてくれると言われています。大人の上品な雰囲気だけではなく、仕事や作業をはかどらせる色彩心理もあるため、ワークスペースにおすすめのカラーです。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

ワンルームにワークスペースを取り入れたインテリア実例

工夫次第ではワンルームにもワークスペースを作ることが出来ます。主要な家具とのバランスを考えてワークスペースを作りましょう。また、ワンルームに作るワークスペースは、インテリアの一部にもなるため、統一感のあるカラーコーディネートや家具の素材感を意識することがポイントです。

ワークスペースを確保した7〜8畳ワンルームインテリア

ワンルームにワークスペースを設ける際は、レイアウトがポイントになります。ワークスペースに必要な家具と生活に必要な家具のバランスが大切です。動線の確保がしやすい家具の配置と、スッキリ見える家具のサイズ感を心がけましょう。

おすすめコラム

ワンルームインテリアの一部を演出するワークスペース実例

ワンルームでは、ワークスペースもインテリアの一部です。ドレッサー兼デスクにもなる「ルーバー・ドレッサー」のデザインと、ルーバー柄のテレビボードが統一感を演出したインテリア。ダークブラウンの色味も上品な雰囲気を醸し出しています。

自宅とは一味違う 別荘にワークスペースを作ったインテリア実例

普段の仕事や作業を行う空間とは一味違う別荘のワークスペース。壮大な自然を感じる環境と特別感溢れる一時は、新鮮な気持ちで仕事や作業に取り組めます。また、屋外にスペースがある方は、自然を存分に感じる環境をワークスペースとして使い、仕事や作業を行ってみてはいかがですか?

熱海の自然を感じながらワーケーションが出来る屋外ワークスペース

屋外用家具を使用すれば、そこで仕事や作業に取り組めるワークスペースを作れます。「熱海の絶景を楽しめる別荘で仕事をする」普段とは違う環境で仕事や作業を行うことで、感性も豊かになるはず。屋外用家具を使って特別なワークスペースを作りましょう。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び
    【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び

    海や山といった自然豊かな絶景を楽しめる「熱海」。都心からのアクセスも良く、日々の疲れを癒せるため別荘地としても有名です。熱海の絶景を眺めながら、快適に別荘で過ごすために、こだわりの家具・インテリアを選んでみてはいかがですか。今回のお客様実例は、非日常を感じられる熱海に別荘を持ち、極上の安らぎとワーケーションのような様々な別荘での過ごし方が出来るインテリアコーディネート・家具選びのポイントをご紹介致します。

草木の香りが広がる安らぎのワークスペース実例

別荘の寝室に省スペースでも使えるデスクを配置したインテリア実例。窓の外に広がる広大な自然を感じながら、仕事や作業を行える環境は魅力的です。自然の癒しを感じながら、落ち着いた時間の中で過ごせるワークスペースとなっています。

おすすめコラム

3Dシミュレーションで快適 自宅のワークスペース作り

3Dシミュレーションを使って事前に自宅のワークスペースの雰囲気をチェックしてみましょう。3Dシミュレーションでは、自宅の図面や間取り図を基に、部屋のイメージを作成し、家具のサイズ感や、インテリアの雰囲気を確認することが出来ます。家具をご検討の際は、一度お試しください。

自宅にワークスペースを作る際は3Dシミュレーションがおすすめ

自宅のワークスペースを検討する際は、どこの場所に作るかがポイントになります。他の家具とのバランスや生活しやすい動線の確保が、快適なワークスペース作りには必要です。ただ、今ある家具を実際に動かすことは容易ではないので、3Dシミュレーションを使って、事前に自宅のワークスペースのレイアウトを検討しましょう。

自宅の図面から2Dイメージを作成し、家具と家具の距離感や、動線の確認が出来ます。人が生活しやすい動線の距離感を確認しましょう。

2Dイメージが完成したら、それを3Dシミュレーションにして空間のイメージを確認。立体として見ることで、部屋のイメージがしやすくなります。

3Dシミュレーションでインテリアもチェック

3Dシミュレーションでは、家具のレイアウトや動線の確認以外にも、ワークスペースのインテリアをチェックしていただけます。家具の素材感や色味、ワークスペースのカラーコーディネートなどもイメージしやすいので、一緒に確認してみましょう。

チェアカバーや壁面装飾の色を変更することはもちろん、壁や床、建具の色も変更することが出来るため、より具体的なイメージが可能。ワークスペースに使う家具の色味と、自宅の壁や建具との色味のバランスをご確認していただけます。

おすすめコラム

  • 【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~
    【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~

    家具を購入する前に、家具配置のシミュレーションをしてお部屋のイメージを確認することができれば安心して検討することができます。a.flatではパソコンやスマートフォンを使い、誰でも簡単に実際のお部屋と、家具配置やインテリアのイメージを再現できる3Dシミュレーションソフト「マイルーム3D」を無料で公開しています。ここではそんなシミュレーションソフトの使い方を分かりやすい動画付きでご紹介します。

店舗で自宅のワークスペースに使う家具をチェック

自宅のワークスペースに使用する家具は実際に店舗でチェックしましょう。実際の家具をお試しいただくことで、どのような使い勝手なのか、サイズ感はどのようなものなのかをご確認していただけます。

ワークスペースに置く家具は実際に試すことが大切

実際に家具を使用することで、使い勝手が分かります。デスクの場合は、引出しの有無や、引出しを使用した際のサイズ感などを確認しましょう。また、チェアに座りながら作業をする姿勢を実際にお試しいただく事で、快適に仕事や作業を行うことが出来るのかを確認していただけます。

自宅のワークスペース用家具のサイズや素材感をチェック

デスク以外にも、チェアの座り心地や収納家具の使い方、収納力を確認しましょう。また、ワークスペースで使用したいカラーやインテリアアイテムとの組み合わせもご覧いただけるため、どのような雰囲気になるのかイメージしやすくなります。

チェアの座り心地や、素材の質感は、実際に触れてみないと分からないポイントです。

収納家具も、収納部分の使い勝手や、どのくらい物が収納できるのかを確認しましょう。

インテリアコーディネートサービスで憧れのワークスペースを自宅に作る

部屋の大きさのが分かる図面や間取り図をお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことが出来ます。実際の家具をご覧いただきながら部屋のレイアウトを検討することが出来るので、より具体的なイメージをしていただけます。

ワークスペースを彩るインテリア装飾として、壁面装飾やチェアカバーなどがあります。実際のファブリックを見て、生地質を確認していただいたり、色の組合せをお試しください。約70色のカラーからお選びいただくことができるため、理想のカラーコーディネートを叶えていただけます。

店舗紹介

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

おすすめメニュー

  • 店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談について

    店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談についてのページです。STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

まとめ

自宅での過ごし方が変わりつつある現代。仕事をする時間も増えている環境だからこそ、快適なワークスペースづくりを心がけましょう。今回ご紹介した自宅のワークスペース実例を参考に、こだわりを演出したおしゃれなワークスペースを叶えてください。

おすすめコラム

  • 快適なテレワークを叶えるコンパクトなデスク・テーブル
    快適なテレワークを叶えるコンパクトなデスク・テーブル

    自宅の限りあるスペースで、快適なテレワークを叶える為に欠かせない、コンパクトなデスク・テーブル選び。またテレワークでの様々なお悩みを解決させる6つのポイントをたくさんのインテリアコーディネート実例と併せてご紹介させて頂きます。ぜひご参考にされてみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.