• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

賃貸インテリアの実例集~狭い賃貸でも使えるおしゃれなコーディネートのコツ~

賃貸インテリアの実例集~狭い賃貸でも使えるおしゃれなコーディネートのコツ~

賃貸住宅のインテリアは、おしゃれに見せるのが難しいイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。確かに、広さや内装などに制約がありますが、工夫次第で十分おしゃれな部屋を作れます。この特集では、狭い賃貸住宅でも再現できるインテリアコーディネートのコツを、おしゃれな実例集と共にご覧ください。

狭い賃貸マンションやアパートでもおしゃれなインテリアは作れる

日本の賃貸マンションやアパートがあまりおしゃれに見えない理由として、主に下記のような3つの原因が考えられます。つまり、これらを解決できるようなコーディネートをすれば、賃貸でもおしゃれなインテリアを演出することができると言えるでしょう。

  • 部屋が狭い、間取りに制限がある

  • どの賃貸住宅も同じような内装が多い

  • 退去時の原状回復義務があり、内装や設備を傷つけないようにしなければならない

狭い賃貸のインテリアで意識したい3つのポイント

「狭い」「おしゃれに見えない」「原状回復義務」という賃貸住宅の問題点。これらをうまく解決し、自分の理想とするおしゃれなインテリアを演出するためには、それぞれに適したアプローチをすることが大切です。

①狭く見えないように家具やレイアウトで開放感を演出する

「狭さ」を感じないようにするためには、家具選びやレイアウトが重要となります。

●狭い賃貸でも開放感のあるインテリアを演出するコツ

②インテリアコーディネートでおしゃれに魅せる

内装のデザインに制約があってもおしゃれに見せるためには、家具や装飾のコーディネートで部屋全体の雰囲気を作ることが重要となります。
狭い賃貸でもおしゃれに見せるインテリアコーディネートのコツ

③原状回復できる範囲で内装もカスタマイズする

よりおしゃれで自由にインテリアコーディネートを楽しむには、原状回復ができる範囲で内装にも工夫を施すことが重要となります。

原状回復できる賃貸インテリアのカスタマイズ方法

狭い賃貸でも開放感のあるインテリアを演出するコツ

狭い賃貸住宅をなるべく広く見せるためには、開放感を生み出すようなレイアウトと家具がポイント。開放感が得られると、部屋が広く見えるだけでなく、心や生活スタイルにゆとりが生まれるでしょう。ここでは「レイアウト」と「家具選び」それぞれのコツをご紹介します。

レイアウトのコツ

狭い賃貸住宅であっても、きちんと生活動線を確保しつつ、家具をレイアウトする必要があります。生活動線は通路としてだけでなく、お部屋を開放的に見せるための「ゆとり」を生み出す役割も担っています。狭くても生活動線がしっかりと確保できている空間は、自然と圧迫感を感じにくく、過ごしやすさを得ることができるでしょう。

■部屋の中央にものを置かずにすっきり見せる

大きな家具を壁沿いに配置することで、お部屋の中央にスペースが生まれます。そうした空間があると、お部屋を開放的に見せることができるでしょう。また、写真のようにソファ前にあえてローテーブルを置かないなど、意識をして余白をつくることが、より開放感を演出することに繋がります。

■シンプルな動線をつくる

写真のお部屋では、奥に向かってダイニングセットとソファを一直線に配置。奥まで目線が抜けることで、空間が広く感じられ、見た目にもスッキリとした印象を与えます。これらのことから、シンプルな動線をつくることは、お部屋の開放感に繋がることが分かります。また、シンプルな動線は、行き来のしやすさ、掃除のしやすさなど、生活を快適にする効果も期待できるでしょう。

■2つの部屋を繋げるように使う

賃貸住宅では、リビング横に引き戸で仕切られた洋室や和室が隣接した間取りも一般的。この仕切りとなる建具を常に開けっ放しにすると、2つの部屋が繋がって、1つの広々とした空間に見せることができます。また、家具のサイズやレイアウトの自由度が高まるといったメリットも。

■家具で仕切りをつくる

ワンルームや1Kなど単身者向けの間取りは、生活スペースと就寝スペースが混同しがち。また、ソファやベッドなどの大型家具がひとつの空間に並ぶ姿は、多少なりとも圧迫感があり、狭いと感じてしまうのです。そこで、生活スペースを分けるように、間仕切り棚を配置するのもおすすめ。空間にメリハリがつき、見た目もすっきりさせることができます。

■ベランダやバルコニーも有効活用する

狭い室内ではなかなかリフレッシュできないといった場合には、屋外でほっと一息つきたくなる時もあるでしょう。そのため、ベランダやバルコニーなどの屋外空間にもチェアや小型のテーブルを置き、気分転換のためのプチスペースを作るのもおすすめです。

おすすめコラム

  • 狭いリビングダイニングを家具やインテリアのコーディネートで広く見せる方法
    狭いリビングダイニングを家具やインテリアのコーディネートで広く見せる方法

    狭いリビングダイニングは、ソファやダイニングテーブルといった家具類やインテリア選び、レイアウトをひとつでも間違えてしまうと圧迫感のある空間になりやすく、コーディネートの失敗をしやすいです。しかし、しっかりとリビングダイニングを広く見せるポイントをおさえてコーディネートをすれば、快適な空間を作ることが出来ます。今回は狭いリビングダイニングを広く見せる方法を、ソファやダイニングテーブルを中心に、家具類の選び方やレイアウト、インテリアのコーディネートを紹介します。

家具選びのコツ

狭い賃貸の場合、コンパクトな家具を選ぶ必要性も増えます。ただし、単に小さいサイズの家具にすれば良いという訳ではなく、「どの部分がコンパクトであればお部屋を開放的に見せれるか」を考慮することが重要。また、機能性や収納性がある、様々な使い方ができるなど、フレキシブルに使えるかどうかという点もポイントに選ぶと良いでしょう。

■ロータイプの家具で部屋を広く見せる

写真のお部屋は、高さが低めの家具で統一しています。12畳とあまり大きくないにも関わらず、見えている壁の面積が広く、天井部分が開けているため、実際よりも広く見えるかと思います。こうしてロータイプの家具を取り入れると、天井を高く見せることができ、開放的を感じることができるでしょう。

ロータイプの家具の例

ローソファ

ローベッド

ローボード

ローダイニングテーブル

ローテーブル

■コンパクト&スリムな家具でゆとりをつくる

コンパクトでスリムなサイズ感の家具を選べば、そのまわりにゆとりある動線を作ることができます。間取りや配置場所によって、「幅がコンパクトな家具」「奥行きがスリムな家具」のどちらが適しているのかが変わってくるので、家具のサイズはレイアウトと共に決めるのが良いでしょう。

コンパクト&スリムな家具の例

幅を抑えたアームレスソファ(幅1100mm)

奥行がコンパクトなソファ(奥行750mm)

奥行がスリムなデスク(奥行380mm)

幅と奥行がコンパクトなダイニングテーブル(幅1200×奥行700mm)

■ソファダイニングを取り入れる

ソファダイニングとは、その名の通り、寛ぐことができるソファと、食卓が一緒になった家具のこと。ソファに座っても食事ができるよう、通常のダイニングテーブルより低めのテーブルとソファを合わせます。リビングとダイニングをまとめることができるので、狭い賃貸住宅にはぴったりのスタイルと言えるでしょう。

居住人数別に見るソファダイニング

一人暮らし向けのソファダイニング

二人暮らし向けのソファダイニング

家族暮らし向けのソファダイニング

  • ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方
    ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方

    ソファテーブルで食事をするスタイルは、寛ぎながら過ごせたり部屋にゆとりをもたらします。ソファでの居心地の良さから、食事だけではなく食後のコーヒーやお酒をテーブルで楽しむこともでき、豊かな暮らしが叶うでしょう。このコラムでは、「食事を取りやすいソファとテーブルの選び方」や「ソファダイニングテーブルを置いた実例」をご紹介致します。是非参考になさって下さい。

■収納付きの家具を取り入れる

賃貸ならずとも寝室は大きさが限られているケースが多く、収納家具を置くスペースがない場合も。そんな時はベッド下やヘッドボードに収納が付いたベッドフレームが活躍します。お部屋が常に片付いている状態を保つことは、開放感にも繋がります。そのため生活に必要な家具については、収納が付いたタイプを選ぶとよいでしょう。

収納付きの家具の例

収納付きベッド

棚付きダイニングテーブル

棚付きローテーブル

■色々な使い方ができる家具を取り入れる

狭い賃貸住宅に合わせて購入した家具が、引っ越し先の間取りでは合わなかったというケースは、そう珍しい話ではありません。そのため、1台で複数通りの使い方ができたり、サイズを変えることができる家具がおすすめ。来客時に組み替えたり、伸張したりと、普段の生活でも便利に使うことができるでしょう。

【パーツを組み替えることができるユニットソファの使用例】

3つのパーツを組み合わせてL字ソファに

2人掛け×2台に組み替え

2人掛け×1台と、1人掛け×2台に組み替え

【伸長式ダイニングテーブルの使用例】

通常時
2人用のダイニングテーブルとして使用

天板下に収納されている伸長天板を取り出して設置

伸長時
来客時には4人掛けのダイニングテーブルに

【ユニット収納の使用例】

セット内容:
2段の棚×2つ
引き出し×2つ
1段の棚×1つ

組み替え例①
3つの棚を並べる(幅1200mm)

組み替え例②
2段の棚1つを横置きにする(幅1580mm)

組み替え例③
2段の棚2つを横置きにする(幅1960mm)

【実例集】狭くても開放感のある賃貸インテリア

ここからは、実際に開放感を演出するためのコツを取り入れた賃貸住宅の実例をご紹介します。

リゾートホテル風の賃貸インテリア実例(LD10畳)

賃貸住宅ということを感じさせない、リゾート感漂うリビングダイニング。お部屋の形状に合わせて家具を配置することで、ゆったりとしたサイズ感のコーナーソファを置いても動線が確保され、広々としたイメージを演出しています。

賃貸ならではの工夫点:ロースタイル

お部屋の主役であるコーナーソファを、ロータイプのものにすることで、圧迫感を軽減しています。

レイアウトで開放感を演出した賃貸インテリア実例(LD11畳)

3人掛けの大きなソファがメインの爽やかなリビングダイニング。レイアウトを工夫することで、開放的な印象に仕上がっています。また、隣接した和室の引き戸を開けると約16畳ほどの広々した空間になるため、繋がりを持たせるよう、アクセントカラーを統一させた点もポイント。

賃貸ならではの工夫点:レイアウト

大きいソファをリビングの壁側に配置し、部屋の入口から見てソファとダイニングの間に大きい抜けを作ったことで、開放感を演出しています。

開放的でゆとりのある賃貸インテリア実例(LD10畳)

10畳のリビングダイニングと6畳の続き間を、ダークブラウンの家具とブルーのアクセントカラーで統一した実例。ソファやベッドなど大型家具はロータイプで統一することで、部屋全体が広々とした印象に。爽やかさがありつつ、落ち着いた雰囲気もある大人っぽいイメージに仕上がっています。

賃貸ならではの工夫点:ロースタイル&コンパクトな家具

ダイニングセットは中央に置かざるを得ないため、幅と奥行きがコンパクトなものをチョイス。また、ソファと垂直になるよう配置することで、ゆとりある動線を確保しました。

ダイニングを寛ぎのリビングルームに変えた賃貸インテリア実例(DK6畳)

コンパクトなダイニングキッチン6畳の実例。リビングがないお部屋ですが、ダイニング部分に両アームソファを置いてゆったりと寛げるリビングルームとして活用。ブルーのコーディネートも開放感をもたらし、お部屋を広く見せる効果に一役買っています。

賃貸ならではの工夫点:採寸とレイアウト

ダイニングキッチンでも部屋や家具のサイズをしっかり測ることで、レイアウト次第で両アームソファが置ける寛ぎ空間にできる好例。コンパクトながら、玄関から見た時の窓までの抜け感が魅力的な空間です。

2部屋をつなぐ動線が開放的な賃貸インテリア実例(8畳LD)

正方形のLD8畳に2人掛けソファと小さいカフェテーブを配置した賃貸実例です。一人暮らしの女子らしい、おしゃれな色合いにまとめてあります。コンパクトな間取りながらも、家具サイズと配置を工夫して、すっきり見える賃貸リビングを実現。こだわりの一人暮らし空間です。

賃貸ならではの工夫点:快適な生活動線

幅60cmに収まるテーブルセットと、幅150cmのソファを組み合わせて、寝室からベランダ間で快適な生活動線を作っています。同時に抜け感が生まれることで部屋を広く見せることができました。

ソファダイニングのある賃貸インテリア実例(8畳ワンルーム)

8畳のワンルームにソファダイニングを取り入れた実例。省スペースでありながら、ソファで食事や仕事をしたりと、快適性も兼ね備えたお部屋に仕上がっています。ソファの横につけたオットマンを対面に置けば、来客時に向き合って食卓を囲むことも可能。

賃貸ならではの工夫点:ソファダイニング

ソファ、テーブル共に標準的なものより奥行きがコンパクトなつくりのため、見た目にもボリューム感が抑えられているのもポイントです。

狭くても暮らしやすさにこだわった賃貸インテリア実例(6畳ワンルーム)

単身者向けの賃貸住宅でよくある3500×2600mmの6畳間。シングルベッドの他に、コンパクトな2人掛けのソファを配置しています。アームレスかつスリムな奥行き感のソファなので、狭い空間でも圧迫感を感じず、快適に過ごすことができるでしょう。

賃貸ならではの工夫点:コンパクトな家具

アームレスソファは幅を抑えるだけでなく、見た目にも抜け感があり、狭いお部屋にぴったりと言えます。また、こちらのソファは別のパーツを買い足せばサイズ拡張が可能。広い部屋に引っ越しても使える点も魅力となっています。

ベランダをリゾート風に演出した賃貸インテリア実例(10畳ワンルーム)

一人暮らしの賃貸住宅のバルコニーに、チェアとテーブルを取り入れた実例。このような場合は、年中設置したままで使用可能な屋外用のものを選ぶようにしましょう。こうしたちょっとした空間を有効活用することこそが、暮らしの豊かさに繋がります。

賃貸ならではの工夫点:レイアウト

実際に座って寛ぐことはもちろん、室内からの見た目にもリゾート感を味わうことができるでしょう。

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜

    お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

狭い賃貸でもおしゃれに見せるインテリアコーディネートのコツ

日本の賃貸マンションやアパートでよく見られる内装の仕様は、どこか画一的で見慣れたイメージがあります。そして、それこそが「おしゃれ」に見えない原因の一つとなってしまっているのです。そのため、家具やインテリア装飾でコーディネートを整え、お部屋全体のイメージを大きく変えることが重要。ここではインテリアコーディネートの方法やコツをご紹介します。

インテリアのテイストを決める

おしゃれな雰囲気をつくるために、まずはお部屋全体の統一感が重要。そのために、まずはインテリアのテイストを決めておき、それに合わせてコーディネートすると自然と統一感が生まれます。また、海外インテリアの事例など、イメージの参考になる資料を見つけておくのもおすすめです。

インテリアテイスト&それを再現した実例

(例)ブルックリンスタイル
無機質でクールなイメージが人気。

このテイストを取り入れた賃貸インテリア
シックな色使いやスタイリッシュなデザインの家具でスタイルを表現。

(例)アジアンテイスト
リゾートにいるような非日常を感じられると人気。

このテイストを取り入れた賃貸の実例
ヒヤシンス素材の家具やカラーコーディネートでスタイルを表現。

カラーコーディネートで統一感を出す

インテリアのイメージを大きく左右するのがカラーコーディネート。しかし、家具そのものはあまり色味の種類がありません。そのため、インテリアにおけるカラーコーディネートとは、主に装飾アイテムで色を取り入れることを指すのです。装飾アイテムならば簡単に取り入れることができるので、すでに賃貸住宅にお住まいで、もっとおしゃれに模様替えをしたいというケースでも効果を発揮するでしょう。

Before
家具以外の色をホワイト系でまとめたお部屋。すっきり見えますが、おしゃれと言うにはどこか少し物足りない印象。

After
ソファ、ベッド、ラグ、壁面装飾といったファブリックアイテムでパープルカラーを追加。上品でモダンな印象へと変化しました。

カラーコーディネートを構成するためのアイテム

おすすめメニュー

  • カラーコーディネートの基礎知識 ~インテリアのおしゃれな色の組み合わせ
    カラーコーディネートの基礎知識 ~インテリアのおしゃれな色の組み合わせ

    お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。そのため、お好みの部屋を作るには色の基礎知識はもちろん、色の心理作用やインテリアに与える視覚効果、配色ルールなどが重要に。色彩プランをしっかりと考え、目的に合わせたカラーコーディネートを叶えましょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々なカラーコーディネートの基礎知識を見てみましょう。

上質な素材で高級感を演出する

化粧板やシート加工された安価な素材を使った家具ばかり置いてしまうと、中々おしゃれな雰囲気が作れません。そのため賃貸住宅での家具選びでは、落ち着いた質感のものや、使い続けるうちに味わいが出てくるものなど家具の「素材感」にこだわってみましょう。

高級感を演出するには自然素材がおすすめ
自然素材を使った家具は、落ち着いた色合いと質感を持ち合わせています。こうした自然素材の家具がお部屋にひとつあるだけでも、賃貸住宅ならではの画一的なイメージが抑えられ、品が良く、程よい個性を演出することができるでしょう。

無垢材
丸太から切り出した自然な状態のままの木材。風合いがあり表情が豊かな点が魅力。

ウォーターヒヤシンス
水草の茎を乾燥させ、ロープ状に編み込んだもの。リゾートテイストを存分に味わえる素材。

ラタン
籐の名称で古くから親しまれている素材。上品でスタイリッシュな印象を持ち合わせています。

おすすめコラム

  • 素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~
    素材感を楽しむ家具・インテリア~天然素材の種類や取り入れ方~

    素材感のある家具とは、主に無垢材や植物編みなど天然の材料を使用したものを思い浮かべる方が多いと思います。使われている天然素材によって家具の表情も異なるので、自宅に合う家具を選ぶためには素材の種類を知ることも大切です。素材感のある家具ひとつでお部屋の雰囲気ががらっと変わりますが、さらに素材感を活かすためには、組み合わせや色の取り入れ方などコーディネートにも工夫をすることが大事になります。

観葉植物やフェイクグリーンを置く

賃貸住宅のインテリアでどこか物足りなさを感じる場合、観葉植物やフェイクグリーンを取り入れるのがおすすめ。空間にうまく馴染みつつ、程よいアクセントになり、全体の印象がぐっと引き締まって見えるのです。コーディネートに自信がないという方でも、インテリアグリーンを取り入れるだけでセンスある雰囲気を作り出すことができるでしょう。

インテリアグリーンのレイアウト例

部屋の隅に置く
中~大鉢は、動線を塞がないよう部屋の隅に置くとバランスが取れます。

花台に置く
部屋が狭くて大鉢を置けない場合は、飾り台やスタンド式のプランターを利用するのがおすすめ。

棚に置く
卓上サイズをインテリア雑貨と一緒にディスプレイするのがおすすめ。

壁や天井から吊るす
置くスペースが取れないという場合は、ハンギングプランターで吊るして飾るのがおすすめ

  • 観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方
    観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方

    観葉植物は暮らしに癒しを与えるだけでなく、センスがよくおしゃれなお部屋づくりのためのインテリアアイテムとしても活用できます。種類が豊富なためどれにすれば良いか迷いがちですが、インテリアとしての見せ方を意識するとぴったりの観葉植物に出会うことができます。今回はインテリアで取り入れる観葉植物の選び方やレイアウトの方法などを紹介します。

【実例集】おしゃれにコーディネートした賃貸インテリア

ここからは、おしゃれに見せるインテリアコーディネートのコツを取り入れた賃貸住宅の実例をご紹介します。

ハワイがテーマの賃貸インテリア実例(LD9畳)

賃貸ならではの工夫点:素材、カラーコーディネート
「ハワイ」をインテリアのテーマにした9畳のリビングダイニング。リゾートらしさを演出するヒヤシンス素材のソファやチェアを中心に、ハワイの自然の情景をグリーン、レッド、ブラウンの3色で表現。狭いながらも非日常を感じられる空間に仕上がっています。

おしゃれを演出するアイテム

シックなカラーで統一した賃貸インテリア実例(LD12畳)

賃貸ならではの工夫点:テイスト、カラーコーディネート
ヴィンテージな雰囲気が人気のブルックリンスタイルを取り入れた実例。このテイストの特徴である重厚感を、ダークトーンのカラーコーディネートで演出。ただし、開放感も感じられるようにローソファをチョイスするなど全体のバランスも考慮しています。

おしゃれを演出するアイテム

洗練されたシンプルモダンな賃貸インテリア実例(LD9畳)

賃貸ならではの工夫点:テイスト、カラーコーディネート
シンプルモダンで統一された9畳のリビングダイニング。このテイストならではのスタイリッシュなイメージを表現するため、シンプルで直線的な家具を選び、さらにグレーのカラーコーディネートで統一しました。淡いグレーカラーは、お部屋の開放感にも繋がっています。

おしゃれを演出するアイテム

爽やかな西海岸スタイルの賃貸インテリア実例(LD12畳)

賃貸ならではの工夫点:素材、カラーコーディネート
海の爽やかな雰囲気と、ラフでカジュアルなムードが魅力の西海岸スタイル。こちらの実例では、ビーチを感じさせるブルーの爽やかなカラーリングと、無垢材家具の組み合わせで、そのスタイルを表現しています。ぬくもりある素材感とブルーカラーが白い内装によく映え、非日常的な雰囲気も感じられます。

おしゃれを演出するアイテム

色使いで南国ムードを表現した賃貸インテリア実例(6畳ワンルーム)

賃貸ならではの工夫点:素材、カラーコーディネート
6畳ワンルームという限られた空間で、南国のような非日常感を感じる実例。ヒヤシンス素材のチェアや、無垢材のベッドや収納家具など、どこかラフでぬくもりのある素材をチョイス。そしてオレンジなど暖色系カラーで装飾し、トロピカルな雰囲気を演出しました。

おしゃれを演出するアイテム

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜

    お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

原状回復できる賃貸インテリアのカスタマイズ方法

賃貸住宅でも、壁や床など内装の雰囲気を変えてみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、賃貸住宅では出来ることと、出来ないことがあります。退去時にトラブルにならないよう、原状回復が可能な範囲を守ることが大切。ここでは原状回復が可能な範囲でできる、壁や床のカスタマイズ方法をご紹介します。

原状回復とは

物件を借りる際、借主は原状回復義務を負います。簡単に言うと、借りた当初の状態に戻すのではなく、借主の責任で発生した損耗などについては、元に戻す義務があるということ。国土交通省では、原状回復が必要かの判断をするための指針となるガイドラインを公開しています。ただし、これには法的な拘束力はありません。そのため必ず契約書を確認するようにしましょう。

壁の原状回復義務の例
・画びょうやピンなどの小さな差し穴→対象ではない
・釘やネジ(下地の貼り替えが必要な程度の穴があいた場合)→対象
の原状回復義務の例
・経年劣化や通常損耗によってできた傷→対象ではない
・入居者の故意や過失、注意不足によってつけた傷→対象

床をカスタムしておしゃれな賃貸インテリアを演出する

■フロアシートで床をDIY

フローリングや畳の上に敷いて使えるシート状の床材のこと。床の形に合わせてカットし、敷く(貼る)だけというシンプルな施工方法ながら、お部屋の雰囲気をがらりと変えることができる優れもの。また、床の傷防止にも役立ちます。シンプルな木目調から、石やタイル風の柄まで、非常に種類が豊富なのも特徴。賃貸住宅の場合は、床を傷つけずに剝がせるタイプや、敷くだけタイプを選ぶようにしましょう。

■カーペットやラグでフローリングを目隠しする

面積の大きいカーペットを敷いたり、パネル状のタイルカーペットを敷き詰めるなど、床全体を覆うようにすると、傷防止や防音効果も期待できます。一方、ラグは床の一部に敷く小さいサイズのものを指します。床を完全に覆うことはできませんが、掃除や手入れも簡単なので、狭い部屋には気軽に取り入れられるラグがおすすめ。

  • ラグ・カーペット~a.flatセレクトのアクセントラグ・シンプルラグ~

    ラグ・カーペット~a.flatセレクトのアクセントラグ・シンプルラグ~のページです。アジアンリゾートスタイルに映えるラグ・カーペットが暮らしを彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで日々の生活、季節の移ろいはもっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗ではコーディネートスタイルとラグ・カーペットの組み合わせを確かめながらお気に入りに囲まれる生活を体感いただけます。理想のお部屋作りを演出するラグ・カーペットシリーズです。

壁をカスタムしておしゃれな賃貸インテリアを演出する

■剥がせる壁紙シールでDIY

壁紙シールは、壁の上から直接貼れるシール状の壁紙のこと。賃貸の場合、貼って剥がせるタイプであれば原状回復も可能です。色・柄の種類が豊富で、柄に合わせて凹凸加工が施された、リアルなレンガやタイル調のもの人気。壁の一部だけに違う色・柄のクロスを取り入れた、アクセントクロス風のアレンジもおすすめ。

■ウオールシェルフを取り付ける

壁に小さなウォールシェルフを取り付け、その上に雑貨やアートなどを飾るのもおすすめ。差し穴が小さい押しピンで取り付けできるようなものであれば、賃貸の壁にも設置可能です。リビングだけでなく、玄関やトイレなど、家具を置き辛いスペースに設置すると、一気におしゃれな雰囲気を出すことができるでしょう。

■壁面にアートやパネルを掛ける

どこか寂しい印象になりがちな賃貸住宅の壁面。そのため、アートやパネルといった壁飾りを掛けるだけでも、お部屋が華やかでおしゃれな印象になります。賃貸住宅では釘やネジは使わず、壁を傷つけない、または跡を最小限に抑える道具を使用しましょう。

賃貸の壁を傷つけにくい掛け方

壁に貼る(軽量のものに最適)
両面テープや粘着質のゲルで壁に貼りつける方法。ただし、軽量のもの限定となります。壁紙が剥離しないよう、剝がせるタイプのものを使用しましょう。

押しピンに引っ掛ける(軽量のものに最適)
最も一般的なのは画鋲やダルマピン。最近ではピン先が非常に細く、抜き跡がほとんど残らないタイプの押しピン(ニンジャピン)も出回っています。

壁掛けフックに引っ掛ける(やや重量があるものでも可)
賃貸住宅の場合は「石膏ボード用」のフックを使用するケースがほとんど。フックを1本のピンで固定するものから、数本のピンで固定するものまで種類が豊富なので、アートの重量によって対応が可能。

ピクチャーレールで吊るす(やや重量があるものでも可)
元々ピクチャーレールが設置されている賃貸住宅も増えています。壁を傷つける心配がなく、アートを掛けた後でも位置を調整できるのがメリット。

  • 賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむ~壁を傷つけにくい飾り方と実例集~
    賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむ~壁を傷つけにくい飾り方と実例集~

    賃貸住宅の壁を明るくおしゃれに魅せてくれる壁掛けインテリア。賃貸住宅の場合は釘やネジで壁に穴をあけることができませんが、壁へのダメージが少ない専用の道具などを使えば賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむことができます。今回は壁を傷つけにくい掛け方やおすすめのインテリアアートとその実例をご紹介します。壁掛けアートでおしゃれで個性的なインテリアを演出してみましょう。

【実例集】内装にも工夫を凝らした賃貸インテリア

ここからは、実際に原状回復できる範囲で床や壁をカスタマイズした実例をご紹介します。

リビングと和室に繋がりを持たせた賃貸インテリア実例(LD12畳)

12畳のリビングダイニングと、隣接した4.5畳の和室とを、一つの部屋のように使用している実例。2つの部屋を繋げるにあたり、畳を覆うようにラグを敷き、和室を洋室のように見せた点がポイント。家具や装飾もリンクさせることで、自然とひとつの空間のような仕上がりになっています。

賃貸ならではの工夫点:ラグ

こちらのケースでは、畳敷きの床をきれいに覆うために、既成のラグをお部屋にぴったり合うサイズに加工しています。製品やメーカーによってはこうした加工サービスも承っているので、利用するのも良いでしょう。

リビングの一角に和室を取り入れた賃貸インテリア実例(LD14畳)

広々としたリビングダイニングの一角に置き畳を敷いて、ちょっとした和のスペースを演出した実例。ソファとダイニングセットだけだと少し締まりのない空間になってしまいますが、こうしたスペースを取り入れることによって全体にメリハリが生まれ、賃貸住宅でもおしゃれで個性的なイメージを演出することができるのです。

賃貸ならではの工夫点:置き畳

置き畳はフローリングの上に敷くだけ、さらに枚数も間取りに合わせて調整できるので、気軽に取り入れられるのがメリット。また、こうしたスペースをプラスしても、壁がないので圧迫感を与えることはありません。

存在感のあるアートで華やかさを加えた賃貸インテリア実例(LD15畳)

約5.5mほどの壁に、波を連想させるアートパネルを飾ったリビングダイニング。こちらの壁側には背の高い家具を置いていないため、すっきりしつつも、どこか少し寂しい印象になりがち。そのため、こうして存在感のあるアートをひとつ取り入れることで、お部屋全体のバランスが整いました。

賃貸ならではの工夫点:壁掛けアート

リビングとダイニングを繋ぐよう中央に配置したこちらのアートパネル。重さ約3kgとサイズの割に軽量なので、賃貸住宅でも取り入れやすいのがポイント。刺し跡の残らないタイプの壁掛けフックで飾ることができます。

壁面で個性を演出した賃貸インテリア実例(LD10畳)

壁面を使って、好きなカラーや柄を取り入れ、おしゃれを楽しんでいる実例。5つのパネルを並べて、まるでひとつのアートのように見せています。ソファのカバーやクッションなどとも色をリンクさせ、お部屋の統一感も演出しています。

賃貸ならではの工夫点:壁掛けアート

ひとつひとつのパネルは軽量なので、賃貸住宅の壁にも取り入れやすいのがポイント。重量のあるアートを掛けることができない場合は、こうして複数のアートを組み合わせることでボリューム感を出すことができます。

狭くても非日常を感じる賃貸インテリア実例(7畳ワンルーム)

7畳1Kの実例。壁に取り付けられているピクチャーレールを利用して、おしゃれなアートパネルや壁掛け時計を飾り、インテリアのアクセントに。このように壁面のディスプレイをはじめ、ベッドメイキングやカーテンなどの装飾を加えれば、狭い賃貸住宅でもおしゃれなインテリアコーディネートを演出することができます。

賃貸ならではの工夫点:壁掛けアート

アートパネル、壁掛け時計、壁掛け花器と、3つの異なるアイテムをミックス。ピクチャーレールであれば壁を傷つけずに、位置や高さの調整も簡単なので、様々な組み合わせを楽しむことができます。

  • お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜

    お部屋のインテリアコーディネート実例を探す〜aflatアイテムで彩る〜のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

狭い賃貸のインテリアコーディネートに役立つ3Dシミュレーション

賃貸住宅のインテリアをおしゃれにしたいけれど、具体的にどうすれば良いか分からないという方は、3Dシミュレーションをご利用ください。a.flatの3Dシミュレーション(マイルーム3D)を使って家具、内装、インテリア装飾を組み合わせた際の完成イメージをバーチャルで確認することで、お部屋にぴったりなアイテムを選ぶことができるでしょう。

a.flatのマイルーム3Dとは

面倒な登録やダウンロードは不要で、パソコンやスマートフォンがあれば無料でご利用いただけます。操作方法もシンプルなので、誰でも簡単に本格的なインテリアのシミュレーションを行うことができます。

無料の3D家具配置シミュレーションを利用する

①気になる商品をマイリストに登録
マイルームをご利用になる際は、あらかじめ気になるソファをマイリストへ登録する必要があります。各商品ページ内にある「マイリストに追加」ボタンをクリックして下さい。商品がマイリストに登録され、マイルーム上で作成した間取りにレイアウトする事ができるようになります。

②間取りを作成する
まずは2D画面で間取りを作成します。窓やドアなどの建具や設備も配置できるので、細かい部分までお部屋を再現することができます。間取りを作成したら、置きたい家具を配置していきます。

③3Dでイメージを確認する
作成した間取りは、自動的に3Dで表示されます。人と同じ目線や俯瞰など、様々な角度で再現したお部屋を見ることができ、イメージを膨らませやすくなります。

④実際のお部屋の様子
事前にお部屋のイメージが掴めれば、安心して検討することができます。ぜひシミュレーションをして安心材料を手に入れましょう。

  • 3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」

    3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」のページです。お気に入りの家具・インテリアをお部屋にレイアウトして無料で3Dシミュレーションをする事ができます。ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しております。

スタッフに家具配置シミュレーションを依頼する

自分でシミュレーションを作成するのが難しいという方は、a.flatのスタッフにご相談・ご依頼ください。経験の多いプロのアドバイザーが、お部屋づくりのお手伝いをさせていただきます。

オンラインで相談
ご来店が難しいという場合は、ネットショップにご依頼ください。基本的にメールやオンライン上でご提案やアドバイスをいたします。

実店舗のスタッフに相談
実際のアイテムを見ながら相談されたい場合は店舗にご依頼下さい。事前予約も承っております。対応店舗は下記の通りです。
a.flat目黒通り本店
a.flat新宿店
a.flat大阪梅田店

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼
    インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

今回は、賃貸住宅でもおしゃれなインテリアを楽しむコツをご紹介しました。大きく手を加えることができなくても、家具やカラーなどコーディネート次第で、おしゃれなインテリアを演出することができます。居住形態やお部屋の広さに関係なく、インテリアを楽しみながら豊かな暮らしを手に入れましょう。

おすすめコラム

  • 【インテリアの実例30選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート
    【インテリアの実例30選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート

    これからマンションに住み始める方、現在マンションにお住まいの方で家具のレイアウトやインテリアコーディネートが上手くいかないと悩まれている方もいらっしゃると思います。こちらのコラムではマンションのインテリア実例30選に合わせ、コーディネートやレイアウトのポイントをご紹介致します。是非ご参考にして頂き、マンションに理想のインテリア空間を再現されてみてください。

  • 狭いリビングをおしゃれで快適に過ごすレイアウトのポイント~6畳・8畳・10畳・12畳・14畳~
    狭いリビングをおしゃれで快適に過ごすレイアウトのポイント~6畳・8畳・10畳・12畳・14畳~

    都内の戸建てやマンションに多くある8畳前後の狭いリビング。家具の配置が限られるため、狭いリビングはレイアウトや家具選びに悩む方が多いのではないでしょうか。しかし、リビングが狭くてもレイアウトや家具選びのポイントを意識することで、広く快適に過ごせる空間を実現できます。こちらのコラムでは狭いリビングをおしゃれで快適に過ごせるコツを、6畳・8畳・10畳・12畳・14畳の畳数別にコーディネート実例とともにご紹介します。

  • おしゃれな海外インテリア特集~取り入れる際のコツを実例付きで紹介~
    おしゃれな海外インテリア特集~取り入れる際のコツを実例付きで紹介~

    海外インテリアはスタイリッシュでおしゃれな要素がたくさん。そんな憧れの海外インテリアを参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は海外インテリアがなぜそこまで魅力的なのかを徹底解説いたします。さらに海外インテリアを自宅に取り入れる際のポイントとして、家具の選び方、カラーコーディネートの仕方、インテリア装飾の仕方をそれぞれ実例付きでご紹介します。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.