• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【片肘ソファ特集】開放的な動線とおしゃれな雰囲気が魅力

公開:2018/11/16

更新:2020/1/31

ライター:大阪梅田店加瀬

【片肘ソファ特集】開放的な動線とおしゃれな雰囲気が魅力

皆様はソファと言えばどのようなイメージを描かれますか。恐らく多くの方が「ソファ = 両側に肘(アーム)」がある左右対称なデザインをイメージされると思いますが、今回ご紹介するのは「片肘デザイン」のソファ。

片肘ソファは寛ぎ感もあり、更に生活導線も取り易い等、沢山の魅力にあふれています。またアシンメトリーなデザインがとてもおしゃれで「普通」に飽きてしまったインテリア上級者の方におすすめです。是非、新しいスタイルとして片肘ソファのメリットや魅力をご覧になられて下さいね。

おしゃれなインテリア上級者が選ぶ 片肘デザインのソファ

リビングの主役であるソファ。ソファのデザインは空間の印象を大きく左右します。

ソファを選ぶ際、座り心地・サイズ・デザインを比較しながら検討していくことと思いますが、デザインと一概に言っても素材・色など様々な要素があります。そのひとつとして肘掛けの有無があります。一般的なソファと言えば両肘のデザインを思い浮かべますが、ソファには「片肘」「肘無し」のデザインも存在します。

両肘・肘無しは左右対称のシンメトリーデザイン、片肘は左右非対称のアシンメトリーデザインです。

アシンメトリーデザインには「普通と違うデザイン」をあえて選んだ、お洒落な雰囲気があります。余白をつくることで生まれるゆとりや開放感、そして動きのあるフォルム。片肘ソファは普通に飽きてしまったインテリア上級者におすすめのデザインです。

ソファにおける肘(アーム)の役割とは

アームとも呼ばれるソファの肘掛け部分。そもそも肘はどのような目的でソファについているかご存知ですか。

■デザインのアクセント

肘掛けの有無・直線的か曲線的な形状・素材・太さなどの違いでソファ全体の雰囲気が大きく変わるデザインの要的な存在です。

■肘掛け

その名の通り、肘を置いてリラックスした姿勢で寛ぐことが出来ます。高さによって手を置くだけ・もたれる等の体勢が変わります。

■横になる際 枕の代わりに

横になって寛ぐ際、肘掛け部分にクッションを置いて枕代わりに。肘掛がストッパーの役割をしソファから落ちにくくなります。

■背もたれ

肘掛けのが高いデザインの場合は、背中を預けて背もたれに。脚を伸ばしてゆったりとリラックスタイムを楽しめます。

■サイドテーブルの代わりに

肘掛けが幅広・フラットなデザインの場合は、コーヒーカップ・リモコン・スマートフォン等のちょっとしたサイドテーブルに。

■立ち上がる際 杖の代わりに

硬めの素材で出来た肘掛けであれば、足腰が弱い方などが立ち上がる際、杖の代わりにソファの手すりとして肘掛は役立ちます

何気なくソファについている肘掛けですが、実はこのように多くの役割があります。両肘の方が便利なのではと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ライフスタイルによっては片肘だけで上記の役割を十分に果たしてくれるケースもあります。では、片肘ソファを選ぶメリットとはどのようなことでしょうか。

片肘ソファを選ぶ 5つのメリット

片肘ソファはデザインのお洒落さだけでなく、コンパクトな空間でも生活導線が確保し易く、またライフスタイルに合わせて拡張し易い等の機能的なメリットも多数兼ね備えています。

【1】寛ぎも機能性も兼ね備えた いいところどりのデザイン

片肘ソファは「両肘ソファ」と「肘無しソファ」のいいところどりをしたデザイン。

片側についた肘掛けを使って寛ぐことが出来るだけでなく、逆サイドは肘掛けが無い為、横になった際に伸ばした脚が肘掛けに当たらず、オットマンやカウチソファのようにリラックス頂けます。身長の高い方や頻繁にソファで横になる方にとっては嬉しいですね。

【2】片肘分の導線・座面幅を確保出来る

片肘ソファは「コンパクトな空間でものんびりと寛げる大きなソファを置きたい」という方におすすめ。

ソファのクッション部分である座面幅は確保して高い寛ぎ感は保ちつつ、生活導線だけを広げることが出来るのが片肘ソファのメリットです。一般的な肘掛けは片側 幅10~20cm程ですが、10~20cm生活導線が広がるだけでも快適性がとても高まります。

■2.5名掛けの両肘ソファ

ゆったりサイズの両肘ソファを置くと生活導線が約40cmと狭く、圧迫感のあるリビングダイニング。

■2.5名掛けの片肘ソファ

肘掛け分の導線が広がり、ソファを2名掛け等へサイズダウンをしなくても快適なリビングダイニングに。

【3】横からも出入り可能で 更に暮らし易いリビングに

片肘ソファは肘が無い側から立ったり座ったりすることが可能です。横から出入り出来ることで新しい生活導線が生まれます。

■ソファ前の導線が狭い方
■家事などで立ったり座ったりの回数が多い方

などという方は、更に快適な暮らしに繋がります。

■2.5名掛けの両肘ソファ

通常、両肘ソファの場合はアームの前を一度回ってソファから移動をする導線になります。

■2.5名掛けの片肘ソファ

片肘ソファの場合は横から出入りが出来る為、煩わしさがなく、よりスムーズな導線になります。

【4】開放的ですっきとしたフォルム

片肘ソファはデザインの魅力としてアシンメトリーという左右非対称なお洒落さがありますが、それに加えて、肘掛けがないことで「抜け感」があるすっきりとしたフォルムも魅力のひとつです。

リビングの入り口から見て奥側に肘掛けを配置することで、お部屋に入った時に開放感を感じられます。

【5】ライフスタイルに合わせてソファを拡張出来る楽しみ

お引越しや模様替え等で「ソファのサイズを大きくしたい」という場合に、片肘ソファは肘掛けが無い側にソファやオットマンを繋げて拡張していけるというメリットも持ち合わせています。

特に片肘ソファ+オットマンの組み合わせは、ソファの横に繋げて幅を広げたり、ソファの前に置いて脚置きにしたりと楽しみ方も様々です。

  • 片肘ソファからの拡張例

1 . コンパクトサイズの片肘ソファ

2 . コーナーパーツを繋げる

3 . 3名掛けの両肘ソファへ拡張

片肘ソファがおすすめのリビングレイアウト例

生活導線が取り易く、また横からの導線も確保出来たりと機能的な魅力も兼ね備えた片肘ソファ。そのような片肘ソファのメリットを活かせるリビングレイアウトや片肘ソファのバリエーションなどをご紹介します。

出入り楽々 抜け感のある片肘ソファのレイアウト

入り口から見た 片肘ソファ

横長のLDKの間取り。入り口の真正面にソファが来るレイアウトには、片肘ソファがおすすめです。

リビングダイニングに入った瞬間、肘掛けが無いことですっきりとした抜け感を感じられ、窓から見える風景に目が行く気持ちの良い空間になります。また中心に位置したソファの為、肘掛けがないことでキッチンやダイニングへの導線もスムーズに。

 広がる導線 ソファの素材感も楽しめる片肘ソファのレイアウト

ベッドから見た 片肘ソファ

正方形の1Kの間取り。こちらのレイアウトのように寝る場所と寛ぐ場所を仕切りたいという方にも片肘ソファはぴったりです。

空間を広く見せる為には奥側に肘掛けを配置するべきですが、手前に肘掛けを配置することでソファ自体のデザイン・素材感をアピール出来ます。また、片肘分の導線が確保出来、広々とした印象の空間に。

寛ぎ感の高いゆったりサイズの片肘ソファのレイアウト

ダイニングから見た 片肘ソファ

片肘ソファはコンパクトな空間にだけ適している訳ではありません。広いリビングダイニングには、コーナーと肘無しソファを組み合わせた大きな片肘ソファの組み合わせがおすすめです。

横からの導線も良く、窓への抜け感を感じられる片肘ソファのメリットを活かしつつも、ゆったりと寛げるレイアウトです。

TPOに合わせて使える片肘ソファのレイアウト

来客時にオットマンを移動した 片肘ソファ

普段は片肘ソファの拡張性というメリットを活かして、オットマンをソファに繋げてお昼寝も出来るような横幅が広々とした片肘ソファに。来客時にはオットマンをソファから離して使えるレイアウトです。

両肘ソファでは実現出来ない、このフレキシブルさが片肘ソファの大きな魅力ですね。

3Dシミュレーションで確認

片肘ソファにおすすめのレイアウトをご紹介しましたが、「自分の自宅には片肘・両肘・肘無しという3つのデザインの内、どれを選べばお洒落な雰囲気と快適な導線が確保出来るのだろう。」とお悩みの方は、お気軽にコーディネーターまでご相談下さい。

お客様専用の3Dシミュレーションをお作りし、ソファのデザインをおすすめさせて頂きます。

関連メニュー

片肘のソファが主役のお洒落なリビング実例

ここからは実際に片肘ソファをリビングに取り入れたお客様の実例写真を見ていきましょう。アシンメトリーデザインならではのお洒落な雰囲気や、リビングダイニングの形・広さに適した快適なレイアウトも必見です。

片肘ソファでメインの生活導線を広げた コンパクトなリビング

ターコイズブルーのソファが印象的なインテリアコーディネート。リビングダイニングで6畳というコンパクトな空間でも2人掛けのソファを配置出来たのは片肘デザインだからこそ。ソファの前と横にメインの生活導線を確保をしっかりと出来ており快適な暮らしがイメージ出来ます。また壁側に肘掛けを残したことで木の質感も伝わり、高級感も感じられますね。

おすすめコラム

片肘ソファの抜け感と素材感を楽しむ ワンルーム

戸建ての8畳のお部屋をベッドルーム兼セカンドリンビングとして使用したワンルームのようなインテリアコーディネート。お部屋に入った際にソファのフレームに使われているヒヤシンス素材の質感やお洒落な雰囲気が伝わるよう、あえて手前に肘掛けを置きました。またベッドがソファよりも低いデザインの為、入り口から窓の方へ抜けていくような流れのあるレイアウトに仕上がっています。

おすすめコラム

ゆったりサイズの片肘ソファで寛ぐ 開放的なリビング

吹き抜けとバルコニーが繋がったような贅沢なつくりのリビングダイニング。元々、開放的な雰囲気がありますが更に片肘ソファを選ぶことで、窓側への抜け感を演出したインテリアコーディネートです。ゆったりとしたリビングに相応しい、2名掛けとコーナーを組み合わせた片肘ソファのセット。窓側の肘掛けにもたれながら、バルコニーで過ごす人とのんびり談話している風景を思い描けそうな、心地良い空間です。

おすすめコラム

片肘ソファとオットマンで来客時も安心のリビング

パープルのアクセントカラーとアシンメトリーデザインのソファが主役のインテリアコーディネート。6畳のコンパクトなリビングダイニングでも高い寛ぎ感・食事のしやすさ・来客のおもてなしという沢山のご希望を叶えた空間です。普段は肘掛けを背もたれにして脚を横に伸ばした体勢でのんびりと本を読みながら過ごし、来客時はオットマンを対面に移動させて、カフェでお茶をするような時間を楽しめます。

アシンメトリーデザインで統一した 動きのあるリビング

南国のような華やかで明るい雰囲気のインテリアコーディネート。ソファ・テレビボード・収納というリビングのメイン家具をアシンメトリーデザインで揃えたことで型にはまらず、空間に心地良いリズムを与えてくれるインテリア上級者のお洒落な空間です。また、こちらも人気の片肘ソファ+オットマンの組み合わせ。繋げて・離して、自由に寛げます。

おすすめコラム

素材や座り心地で選ぶ おすすめ片肘ソファ

【ラン・コンパクトソファ】

ラタンやヒヤシンスという天然素材を丁寧に編み込みして作られたラン・コンパクトソファ。奥行き750mmといえコンパクトなサイズ感で、限られた生活導線でもソファのある生活を手に入れることが出来ます。またカットされたような肘掛けや脚のデザインは軽やかな印象のリビングを演出します。

高めの肘掛けデザイン と ふわふわのサイドクッションが魅力

高めの肘掛けデザインが特徴的

高めの肘掛けを背もたれのようにして脚を横に伸ばせば、カウチで寛ぐようにリラックスした体勢に。片肘ソファでもゆったりと寛げます。

ふわふわの肘掛けで寛ぐ至福のひととき

肘掛けにもたれると、程良い弾力感のあるふわっとしたサイドクッションが身体を優しく包み込みます。「ふんわりとした座り心地が好み」の方におすすめ。

自然の風合いを楽しむ ラタン・ヒヤシンス素材

ラン・コンパクトソファはラタン(写真左)とヒヤシンス(写真右)の2つの素材からお選び頂けます。職人が丁寧に編み込んで作った温もりを感じられます。

奥行き750mmというコンパクトデザイン

狭いリビングでも生活動線を作りやすい薄型デザイン。片肘ソファを選ぶことで、更にゆとりある生活空間を演出することが出来ます。

おすすめメニュー

ラン・コンパクトソファの片肘バリエーション

「開放感を出したい」「間仕切りとして使いたい」等のご希望に合わせて肘掛けの位置を右・左と選べたり、お部屋のサイズに合わせてコンパクトサイズ・ゆったりサイズと様々なバリエーションから選べます。

  • 左右で肘掛け位置を選べる コンパクトな片肘ソファ

  • 自由さが魅力の片肘ソファ+オットマンセット (左側の肘掛けもございます。)

  • ゆったりと寛げる 大きいサイズの片肘ソファ (コーナーは左右どちらにも繋げられます。)

おすすめコラム

【ケイ・ローソファ】

ヒヤシンスやラタンという天然素材を編み込みして作られたケイ・ローソファ。背もたれ・座面・肘掛けの全てがロースタイルでデザインされた開放感で溢れるソファです。奥行き890mmという広々とした座面の上では、ごろんと横になったり、胡坐をかいたりと自由な寛ぎをお楽しみ頂けます。

自由に寛げる広々座面と開放的なロースタイルデザイン

自由な寛ぎでストレスフリーな寛ぎを

たっぷりと奥行きのあるフラットな座面では座るだけでなく脚を上げて胡坐をかいたりと、まるで床の上で寛ぐような自由な体勢でお寛ぎ頂けます。

低くて広い肘掛けデザインが特徴的

座面とほぼフラットな高さの肘掛けにクッションを置けば枕代わりに脚を伸ばしてごろんとお昼寝も楽しめます。またちょっとしたサイドテーブル代わりにも。

自然の風合いを楽しむ ラタン・ヒヤシンス素材

ケイ・ローソファはラタン(写真左)とヒヤシンス(写真右)の2つの素材からお選び頂けます。アジアの大自然が育んだ癒しのムード溢れる天然素材です

ロースタイルが醸し出す開放感

一般的なソファの約半分の高さしかない為、後ろから見ても開放的な印象。リビングの中央に置いても圧迫感が無くすっきりとした雰囲気を演出します。

おすすめメニュー

ケイ・ローソファの片肘バリエーション

お部屋のサイズに合わせて幅300mm刻みで細かく選べる片肘ソファ。レイアウトにぴたりとはまるサイズを見つけることが出来ます。また、空間の魅せ方のご希望に合わせて肘掛けの位置を右・左から選べます。

  • 左右の肘掛け位置 と 1.5名掛け~3名掛けまで幅を選べる片肘ソファ

  • 自由さが魅力の片肘ソファ+オットマンセット (左側の肘掛けもございます。)

  • ゆったりと寛げる 大きいサイズの片肘ソファ (コーナーは左右どちらにも繋げられます。)

おすすめコラム

【テン・ハイバックソファ】

木そのままの温もりを味わうことが出来る無垢材を贅沢に使用したフレームデザインが魅力のテン・ハイバックソファ。肘掛けに手を置くとすべすべとした心地良いやさしい感触が。ハイバックスタイルで少しボリュームがあるデザインですが、片肘にすることでどのようなリビングでも配置し易くなります。

包み込まれる極上の座り心地と高級感のあるフォルム

首元まで包み込む 優しい座り心地

弾力がありつつもふわっとした感触のクッションで首元まで包み込んでくれる優しい座り心地。深めの奥行と脚を前に伸ばしやすい低い座面高も特徴です。

手にすっと馴染む 丸みのある肘掛け

無垢材を丁寧に削り出し、つなぎ合わせる職人の高い技術により実現した心地良い丸みのあるデザインの肘掛け。片側のみでも十分な素材感を感じられます

木材の良さを贅沢に味わう 無垢材

無垢材のダイナミックな木目が自然の力強さを感じさせてくれます。ひとつひとつに個性の宿る世界に一つだけの木目に愛着が湧きますね。

重厚感と抜け感の心地良いバランス

無垢材の高級感を醸し出しつつ、随所に繊細なスリットデザインを施したことで抜けも感じられる程良いバランスに。バックスタイルも楽しめます。

おすすめメニュー

テン・ハイバックソファの片肘バリエーション

お部屋のサイズに合わせて幅300mm刻みで細かく選べる片肘ソファ。レイアウトにぴたりとはまるサイズを見つけることが出来ます。また、空間の魅せ方のご希望に合わせて肘掛けの位置を右・左から選べます。

  • 左右の肘掛け位置 と 1名掛け~3名掛けまで幅を選べる片肘ソファ

  • 自由さが魅力の片肘ソファ+オットマンセット (左側の肘掛けもございます。)

  • ゆったりと寛げる 大きいサイズの片肘ソファ (コーナーは左右どちらにも繋げられます。)

おすすめコラム

ライフスタイルに合わせて楽しめる 高い拡張性のある片肘ソファ

お引越しや模様替え、ご結婚や出産などでライフスタイルが変わり、座れる人数やソファの魅せ方を変えたいという時でも、片肘ソファは拡張性・可変性が高く永く使えるという点も魅力のひとつです。

特にa.flatでは、片肘ソファに追加出来るパーツを細かくご用意している為、リビングのレイアウトやライフスタイルにぴったりのサイズ・魅せ方が叶います。

「サイズを変える」片肘ソファをカウチソファやコーナーソファへ拡張

■コンパクトなリビングから大きなリビングにお引越しした。
■結婚や出産等のライフスタイルの変化で住む人数が増えた。

上記のような時は、片肘ソファにいくつかのソファパーツを追加し繋げていくことで、ゆったりサイズの「コーナーソファ」や「カウチソファ」に拡張出来ます。暮らしに合わせてソファを大きくしながら、お気に入りの片肘ソファを長く愛用することが出来ますね。

「片肘ソファからコーナーソファに拡張」

片肘ソファに、コーナーソファや肘無しのベンチソファを追加して憧れのコーナーソファへ拡張。

ファミリーや来客が多い方でもゆったりと皆で寛ぐことが出来ますね。また、肘無しのベンチソファに更にソファパーツを繋げていくことで、ご希望のサイズまで大きくすることが出来ます。

「片肘ソファからカウチソファに拡張」

片肘ソファにカウチパーツを追加して、のんびりと脚を伸ばしてリラックス出来るカウチソファへ拡張。

まるでベッドで寝ているかのように腰から足先まで大きなカウチの座面クッションが支えてくれます。オットマンセットよりも贅沢な印象に仕上がります。

おすすめコラム

「魅せ方を変える」片肘のスタイルから両肘やベンチスタイルにチェンジ

■模様替えでソファの配置を変えた。
■引っ越し等でリビングが狭くなった。
■片肘のデザインに飽きてしまった。

上記のような時、片肘ソファの肘掛けが付け外し出来るデザインのソファであれば、もう片側に肘掛けを付けて「両肘ソファ」に変えたり、片肘を外して「両肘無しのベンチソファ」に変えることも出来ます。ソファは肘掛けの有無で印象が大きく変わる為、魅せ方を変えながら、片肘ソファを楽しむことが出来ます。

「片肘ソファから両肘ソファに変更」

お引越しなどでリビングが広くなり生活導線が取り易くなった際や、左右対称のデザインの方がしっくりとくるレイアウトに模様替えした際など、片肘を追加して両肘ソファにデザインを変更することが出来ます。

両肘が付いたデザインになると、更に寛ぎ感が高くなり、またソファフレームの素材感も楽しめます。

「片肘ソファから肘無しソファに変更」

リビングが狭くなった場合や、肘付ソファのデザインに飽きてしまった方は、肘掛けを外すことで「両肘無しのベンチソファ」へと変更することが出来ます。

片肘ソファよりも更に開放感に溢れ、生活導線も確保し易くなります。また、潔く洗練されたシンプルなデザインをお楽しみ頂けます。

まとめ

今回の片肘ソファの特集はいかがでしたか。

今まではソファ = 両肘と思っていた方も「寛ぎと機能性のいいところ取り」をした片肘ソファの魅力に触れたことで新しいインテリアのスタイルを楽しんで頂けたら嬉しいです。

片肘ソファはリビングが狭い方が選ぶだけでなく、自由な発想でソファのデザインを楽しみたい方、ライフスタイルが変わり易く拡張性を求める方など、沢山の方にご愛用頂けるデザインです。

是非、今回の特集のレイアウトやお客様実例をご参考頂き、ご自宅にお気に入りの片肘ソファをお迎えしてみてはいかがでしょうか。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの公式カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.