• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

一人暮らしにおすすめのドレッサーと便利な使い方【おしゃれな実例付き】

公開:2021/7/9

更新:2021/7/23

ライター:新宿店須崎

一人暮らしにおすすめのドレッサーと便利な使い方【おしゃれな実例付き】

毎日、お化粧や身支度を行う中で、「ドレッサーが有ればいいな」「いつかは欲しいな」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。漠然な憧れは持っているものの、様々な要因が邪魔になって諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。ですが、実は最近のドレッサーはとても優れていて、コンパクトな物や、ドレッサー兼デスクのようなもの、部屋にマッチしやすいタイプなど、一人暮らしのワンルームでも部屋に置く方が増え始めています。

今回のコラムでは、一人暮らしでもおしゃれに置けるドレッサー選びやレイアウトについて実例を紹介しながらご説明したいと思います。是非参考にしてみてください。

ドレッサーの役割と魅力

朝起きて家を出るまでの時間、そして帰ってきてから眠るまでの時間で、一度座って落ち着けると気分が休まりますよね。ご自宅にドレッサーがあると朝の忙しい身支度や、夜の眠る前のリフレッシュするケアの時間も、鏡を見ながら一息つくことが出来ます。ドレッサーは、一日の中で心にゆとりを持つ時間を作ることが出来るため、お持ちでない方も是非プラスして頂きたいアイテムです。

一人暮らしで毎日のメイクが楽しめる憧れのドレッサー

「ドレッサー」は一日の始まりの為に身だしなみを整えるための家具です両親の寝室などに置いてあることが多く、細かなブラシや小物が置かれていて憧れを持っていた方も多いのではないでしょうか。今では大きなドレッサーを持っている方は少ないかもしれませんが、夢の詰まったドレッサーが進化を経て活用的な家具になっています。まずはそんなドレッサーの魅力について、お伝えしていきます。

落ち着いてメイクや身支度できる場所
部屋のテーブルや、洗面台などメイクをするのではなく、ドレッサーに座って落ち着いてメイクや身支度が出来ます。

大切なメイク道具をしまえる
しまうことで、埃やさび等から守る事が出来ます。また、収納力がある為、化粧品やコットンのストックなども一緒にしまうことが出来るのも魅力です。

デスクやテーブル代わりにもなる
近年では鏡部分を閉めるとデスク代わりになるタイプもあり、お仕事や書き物をする時に兼用できる為、とても便利です。

デザインによっては部屋のアクセントになる
素材やデザインは大変多くのタイプがあり、部屋のアクセントにすることも叶います。スツールカバーはカラーコーディネートを楽しむことが出来るおしゃれなアイテムです。

一人暮らしにドレッサーは必要?

実際には一人暮らしにドレッサーは必要なのか?前の章でご紹介した魅力がその答えとなります。ドレッサーがあることで、日々の暮らしが快適になり、お部屋での時間が、より一層充実した時間になる事は間違いありません。身支度を整えて、お仕事やお出かけをすることが出来るため、是非この機会にドレッサーを置いてみることを検討してみてください。

まずは、一人暮らしの部屋にドレッサーを置いて快適に過ごす為には、どのようなドレッサーがあるのかを知っておきましょう。大きく分けて2つに分かれます。他の代わりにならず存在感のある「専用ドレッサー」と、テーブルや収納棚のようになる「兼用ドレッサー」です。違いは何があるのかご紹介致します。

空間にゆとりのある方は専用ドレッサーでもOK

鏡の前に台があり、一面鏡や三面鏡のタイプも存在する「専用ドレッサー」です。鏡部分を前に折り畳むことなどは出来ないため、存在感がありますが、ドレッサー自体のデザインにも個性が出しやすくかわいらしいデザインも多くあります。ただし、インテリアコーディネートのスタイルによっては、部屋の中になじみにくく感じることがありますのでデザイン選びには注意が必要です。

コンパクトな空間の方はドレッサー兼●●がおすすめ

ドレッサーにもなり、デスクにもなる「ドレッサー兼用」タイプです。ワンルームなどコンパクトな部屋にドレッサーを置く場合は、デスク代わりにもなる一台二役の兼用ドレッサーが空間を有効活用でき、とても便利です。最近ではこのような兼用タイプのドレッサーが多くなってきており、家具にもなじみやすいデザインを多く見かけます。

  • ドレッサー兼●●の家具

ドレッサー兼ミニデスク(開閉式)

デスク兼ドレッサー(ミラー追加)

収納兼ドレッサー(ミラー追加)

大きな一面鏡や三面鏡などの専用ドレッサーも、憧れがあり素敵な家具ですが、引っ越しやコンパクトな寝室に置くことなど長い目で見た時に便利なのは「ドレッサー代わりにもなる家具」です。デスクや収納にも優れてる兼用ドレッサーにしておくことで一人暮らしでも、その後の暮らしでも使用しやすくなります。

一人暮らしに便利なドレッサー選びと使い方・配置のポイント

一人暮らしをする時に三面鏡などの大きなドレッサーを置くスペースが無いことを理由に、置かないケースも耳にします。ですが、ドレッサーは身支度を整えるのに大変便利な家具です。三面鏡など大きなドレッサーではなく、一人暮らしでも起きやすいドレッサーがあります。

ここからは、一人暮らしに便利なドレッサー選びと使い方・配置のポイントを5つのポイントに分けてご紹介致します。

  1. ドレッサー中心に使用する際の家具選びと注意点

  2. 一人暮らしの幅が広がるドレッサー代わりになる家具選び

  3. ドレッサーを置いても快適に過ごせる配置パターン

  4. ドレッサーと合わせて収納力や一人暮らしを充実させる家具

  5. 一人暮らしのメイクスペースをおしゃれに彩るインテリア

1. ドレッサー中心に使用する際の家具選びと注意点

ポイント1つ目は、ドレッサーの大きさやデザイン、機能面などを考えたドレッサー選びです。

ドレッサーには様々な形・デザインが存在します。いざ一人暮らしにドレッサーを選ぶときにはどのようなものを選べばよいのか、失敗しないための一人暮らしのドレッサー選びを具体的に紹介致します。

失敗しない一人暮らしのドレッサー選び

ドレッサーは昔に比べるとたくさんの形やデザインが出てきています。機能的に有効な物から、シンプルで簡易的なものまでありますが、どれもサイズや収納力などが異なります。

ご自身に合ったドレッサーが選べることができるように、機能面やサイズについてご紹介します。

コンパクトなサイズ
一人暮らしのワンルームや1LDKなどでは場所に限りがある為、鏡部分が閉じられる等、コンパクトなサイズになる物がお勧めです。

機能性のあるタイプを選ぶ
また、コンパクトながらもコンセントや収納力、どらーやーが掛けられるフック付きなど、機能性が優れているものを選ぶようにしましょう。

半身も十分見える一面鏡
三面鏡は高さや幅があり、存在感が出てしまう可能性があるため一人暮らしの部屋にはコンパクトな一面鏡がお勧めです。

ボトルを立てられる深めの収納
身支度を整える時は細かいアイテムが必要になり、収納が引出しタイプだと底が浅くボトルを収納することが出来ません。道具に合った収納力を選ぶことも、ご自身に合ったドレッサー選びのコツです

一人暮らしに最適なコンパクトサイズのドレッサー紹介

ゆったりと流れるルーバーデザインに落ち着いたダークブラウンの色合いが相まって、高級感のあるリゾートホテルのような雰囲気が漂うa.flatのルーバー・ドレッサー。幅77cmというコンパクトなサイズに詰め込まれた高い機能性が魅力です。

女性視点で考えられたオリジナルドレッサー

女性はお化粧をしたりと鏡の前で過ごす時間が長い為、ドレッサーのある生活に切り替えるだけで忙しなかった朝の時間がゆったり流れ、自分と向き合えるプライベートな空間に幸福感を感じられることと思います。

毎日の支度やお風呂上りのリラックスタイムを快適に過ごせるよう、a.flatが細部までこだわってデザインしたドレッサーの機能性をご紹介します。

ルーバー・ドレッサーの機能紹介

幅77cm×奥行52cmのコンパクトサイズ

どこでも置きやすく、かつライフスタイルに合わせて動かしやすいコンパクトサイズ。昔ながらの三面鏡は背が高く圧迫感がありますが、ルーバー・ドレッサーはローデザインで開放感が出せる点も魅力です。

コンパクトながらも鏡は頭から胸下まで映る大きなサイズにこだわりました。また脚元に収納引き出し等が無く、広々としており心地良い時間を過ごせます。

幅77×奥行52㎝のコンパクトなドレッサーは10畳ワンルームでも十分、配置することが叶います。

鏡部分を閉じると高さ75㎝になるコンパクトサイズなため、テレビボードと並べて配置しても邪魔になりません。

使わない時は閉じて すっきり魅せる

「寝室に置くと就寝時に鏡が気になる」「ワンルームに置くと化粧品などのごちゃつきが気になる」という方も多いはず。ルーバー・ドレッサーは天板を閉じて気になるものを隠すことが出来て、簡易デスクとしても使える1台2役の機能性抜群のデザインです。

また天板は突然の揺れで閉まらないよう、ロック機能の付いた金具を使用しており安心です。

リビングに置く時など鏡を開けたままにしていると存在感があるように感じるかもしれません。

鏡を使わない時は天板を閉じてすっきり見せることが出来て、中身も隠しておくことができます。

すっきり収まる大容量収納

天板を開けると全て収納スペースになっており、化粧品・ティッシュ・ヘアスタイリング剤等をすっきりまとめて収納することが可能です。

また上からすべて収納した物が見渡せる為、物がどこに置いてあるかが分かりやすく簡単に出し入れ出来ます。忙しい朝の仕度時間もストレスフリーに。

背の高いボトル・スプレー系も立てたまま収納が可能

ドレッサー奥には背の高いボトルやスプレーが置ける深めの収納も備えています。ペン立てを併用してお化粧ブラシなど立てて置いても便利ですね。

また深さを調整出来る仕切り天板も付いています。仕切り天板は持ち物に合わせて着脱したり、好みに合わせて左右に動かすことも可能です。

2口コンセント付き

ドレッサー本体にコンセントがあるとコードが散らかることも、電源がある所まで移動する事も無く、身支度がはかどります。

身支度をする時はなるべく必要なものを近くにまとめておきたい方も多いはず。ドレッサーの中にしまえない物は、フックなどにかけておくと便利です。

デスク代わりにもなる便利なドレッサー

ご自宅でお仕事をされるときにもデスク代わりになるドレッサーです。天板を閉じることでちょっとした書き物やパソコン作業ができる、幅77×奥行51cmの天板サイズになります。コンセントも付いている為、パソコンを電源につなげることも出来てテレワークのお客様へおすすめの家具です。

鏡を開けている時、半身が良く見えるドレッサーとして使用。

鏡を閉じると幅77×奥行51cmの天板サイズになります。

パソコンや飲み物を置ける為、デスク代わりとして活用出来ます。

2. 一人暮らしの幅が広がるドレッサー代わりになる家具選び

一人暮らしでは、コンパクトな間取りに住まわれている方も多い為、空間を上手く活用することで快適に暮らすことが出来ます。前の章では、デスク兼ドレッサーをご紹介致しましたが、「本格的なドレッサーはいらないけれど身支度をする場所は設けたい」「ドレッサーを置いてインテリア性を崩したくない」そんな方は、他の家具を使用して、ドレッサーのように使用する方法がおすすめです。

2つ目のポイントでは、他の家具を使用してドレッサー代わりにする場合のお勧め家具をご紹介致します。

スペース効率がよい兼用家具に欠かせない卓上ミラー

ココがポイント!

どんな所でもドレッサー代わりとして使える「卓上ミラー」を活用することで、スペース効率がよい兼用家具にすることが出来ます。キャビネットやテーブル、壁掛けにもできる為、ドレッサーを置かない方は、おすすめの商品です。

ドレッサーの代わりになる家具とは、どのような家具か、組み合わせなどをご紹介致します。

コンパクト&省スペースなコンソールテーブル&チェア

コンパクトなテーブルに鏡を置くことで、省スペースでも、ゆっくりと化粧や身支度をしやすい空間作りを叶えられています。

テーブルの奥行が浅いタイプは、コンパクトな間取りでも圧迫感無く置けていることもポイントとなります。

  • おすすめの家具組み合わせ

デスク代わりにもなるダイニングテーブル&チェア

2人掛けのダイニングテーブルなどコンパクトなテーブルを使用して、デスク代わりになる組み合わせです。

卓上ミラーは簡単に移動させることが出来て、鏡部分が手鏡より大きい為、メイクや身支度もしやすくなり、テレワークが多い方には大変おすすめの組み合わせとなります。

  • おすすめの家具組み合わせ

エクステンション機能のある便利なテーブル

テレワーク、お食事、身支度など、様々な用途でテーブルを使用する場合、ワークデスクやコンパクトなテーブルではサイズが足りないと感じられる方には、伸長式のテーブルが便利です。天板が大きくなり、効率よく過ごすことが叶います。

一人暮らしの収納力が充実するキャビネット

ドレッサーを置くとスペースが狭くなってしまうという方には、キャビネットをドレッサー代わりに使用する事をお勧めします。

一人暮らしでは収納スペースが限られていて、部屋にキャビネットを置かれている方も多いかと思います。卓上ミラーを使用しスペースを有効活用しましょう。

  • おすすめの家具組み合わせ

おしゃれなスツールと組み合わせる

幅を取らないスツールやインテリア性のあるスツールと組み合わせることで、スツールを使用しないときには壁付けして置いておく事が出来ます。こちらの実例では、ヒヤシンスのスツールを使用することで自然素材を活かして、お部屋のナチュラルテイストのムードを高めています。

毎日のコーディネートを楽しめる姿見&スツール

お洋服やバッグの組み合わせを考える時には姿見は必要ですよね。出かける前の最終チェックとしても必須の姿見の近くにスツールやキャビネットがあると便利です。

テーブルランプやアクセサリー置きなどをキャビネットの引き出しや上に置いておくと毎日の身支度の効率が良くなるでしょう。

  • おすすめの家具組み合わせ

幅が細い姿見の魅力

姿見は幅が細いタイプと幅が広いタイプがありますが、広いタイプに比べ幅が細いタイプは掃除がしやすく、玄関やリビングなど運びやすいことがメリットにあります。また、存在感が無い為、他のインテリアともバランスが良くなることが多く、スタイリッシュに置く事が叶います。

3. ドレッサーを置いても快適に過ごせる配置パターン

ポイントの3つ目は、快適に過ごすためのドレッサーの配置です。

ドレッサーで身支度をする際に快適に過ごすことが出来ても、実際部屋で過ごしている時にドレッサーの存在が動線の妨げになってはいけません。一人暮らしの限られた空間の中で、どのように配置すると快適に過ごすことが出来るかが大切です。この章では、10畳・8畳・6畳のワンルームの配置パターンと、1LDKの寝室8畳、6畳、4畳の配置パターンをご紹介致します。

ワンルームにドレッサーを配置するおすすめレイアウト

必要な家具を全て1部屋に置く必要があるワンルームでは、快適に過ごすために生活動線が考えられた配置にすることが大切になります。

家具をただ並べてしまうと過ごしにくくなってしまうので、今回ご紹介するポイントを参考に、一人暮らしのワンルームにドレッサーがある快適な暮らしを手に入れてみてください。

ワンルーム10畳のドレッサー配置パターン

ワンルーム10畳の配置パターンです。10畳の一人暮らしワンルームでは、空間にゆとりがある配置をすることが叶います。

横幅もある程度ある場合、ベッドの脚元にドレッサーを置き、眠る前のケアと起きてからのチェックもすぐにすることが出来ます。また、ドレッサーだけではなく姿見も置く事が出来るでしょう。ただし、姿見は高さがある為、部屋の角に置く等、配置には注意が必要です。

ベッドの脚元にドレッサーを置いても十分の通路が確保できています。鏡を閉じて高さをなくすことが出来るドレッサーは、ロータイプのベッドと並べても邪魔することなく配置できます。

クローゼットの近くに姿見を置く事で、毎日の洋服選びもはかどります。部屋の角に置いている為、入ってきてすぐに目に付かないように配置することが出来ています。

  • ワンルーム10畳におすすめの家具

ワンルーム8畳のドレッサー配置パターン

ワンルーム8畳の配置パターンです。8畳ワンルームにドレッサーを置く時に気を付けたいポイントは「生活動線の確保」と「他の家具とのデザイン」です。

ベッドの他にソファなども置ける8畳ワンルームですが、家具を並べてみると窮屈に感じることがあります。このような間取りの場合は、奥行きがあるソファをクローゼット側に置き、ソファに比べて奥行きが無いドレッサーはテレビボードの横に並べることでフリースペースを多く取ることが出来ます。

ドレッサーをテレビボードの横に並べることで、動線がしっかり確保出来て、快適に過ごすことが叶います。バルコニーまでスッと目線が抜ける為、部屋を広く見せることも出来るでしょう。

鏡を閉じられるタイプの場合、テレビよりも低い高さにする事が出来て、ドレッサーの存在感が出ません。また、テレビボードドレッサーのデザインを統一すると部屋になじみ上手く配置することが出来ます。

  • ワンルーム8畳におすすめの家具

ワンルーム6畳のドレッサー配置パターン

ワンルーム6畳のワンルームの配置パターンがこちら。6畳という限られた空間に家具を置く時のポイントは「入った時の印象」と「過ごしている時の快適さ」です。

高さのバランスがとれていると入った瞬間の印象は広く感じることが出来ます。そして、ソファなどで寛いでいる時に圧迫感を無くす為、高さや存在感を抑えたドレッサーを選ぶ事が重要になってきますので、家具の横幅だけではなく、奥行や高さを注意して選び、配置しましょう。

こちらは、部屋に入った時のイメージです。入ってすぐ右側にコンパクトなドレッサーを配置していますが壁に沿って置いている為、存在感を感じさせません。

鏡を閉じることでソファとほぼ同じ高さになり、バランスよく配置できます。また、クッションとスツールのカバーを一緒にすることで統一感が生まれます。

  • ワンルーム6畳におすすめの家具

1LDKにドレッサーを配置するおすすめレイアウト

1LDKの寝室は、置く家具が少なく広く思われがちですが、実際住んでみると、クローゼットと窓、扉の関係で配置に限りがあったり、収納家具を置くとフリースペースに余裕がないケースがあります。よく見られる一人暮らし1LDKの寝室の間取りで配置パターンをご紹介致しますので、是非参考にドレッサーを取り入れて、快適な毎日を過ごしてみてください。

寝室8畳のドレッサー配置パターン

1LDKの8畳寝室にドレッサーを配置したパターンがこちら。寝室8畳となると一人暮らしでは広い間取りになるかと思います。ホテルや別荘の寝室のような高級感も演出できるのが特徴です。「ベッドとの統一感」と「開放感を感じるようなおしゃれなデザイン」のドレッサーを置く事がポイントになります。

統一感を出すために塗装色が同じ家具をセレクトしましょう。また、ドレッサーは存在感が出にくいではなく、読書や書き物が出来るようなスタイリッシュで開放感のあるタイプを選ぶことでホテルライクな雰囲気を演出できます。

空間にゆとりを持ちベッドを部屋の中心に置くことでホテルのような寝室の雰囲気を演出できます。また、窓側にドレッサーを配置することで開放感ある部屋になります。

鏡付きのドレッサーではなく、スタイリッシュなドレッサー代わりになるデスクがおすすめ。パソコンも置けるため、テレワークも可能になります。

  • 寝室8畳におすすめの家具

寝室6畳のドレッサー配置パターン

1LDKの6畳の寝室に配置したパターンがこちら。SDベッドも置きやすくなる広さですが、あまり背の高い家具や幅があり存在感のある家具を置いてしまうと、リラックスする為の寝室が窮屈になってしまいます。

また、リビングダイニングから見えやすい間取りの場合は、違和感が無いように、ベッドとドレッサーは同じデザインの家具を置く事が大切です。

こちらはリビングから見た寝室のイメージです。ベッドのヘッドボードとドレッサーや収納家具のデザインが統一されていて、仕切り扉を開放していても違和感がありません。

ドレッサーに置くスツールはソファと同じラタン素材のスツールです。細かなところにも気を配り統一感を出すことを忘れない事がポイントになります。

  • 寝室6畳におすすめの家具

寝室4畳のドレッサー配置パターン

こちらは4畳の寝室にドレッサーを置いた場合の配置パターンです。1LDKの一人暮らしの間取りでは、寝室が4畳などコンパクトなお部屋を多く見かけますが、そのような場合でも家具をしっかり見極めて選ぶとバランスよく置く事が出来ます。

また、ドレッサーだけではなく兼用できるタイプだと便利に空間を有効活用することが出来ます。コンパクトな部屋に置くドレッサーは「兼用タイプ」で尚且つ「高さと奥行きのないタイプ」を選ぶ事がポイントです。

高さと奥行きを押さえたドレッサー兼デスクを選ぶことで、部屋に入った時に違和感なくマッチさせることが出来ます。

卓上ミラーはデスクとして使用する場合には簡単に移動させられる為、一人暮らしのコンパクトな寝室にはとてもお勧めなアイテムです。

  • 寝室4畳におすすめの家具

リビングダイニング8畳の配置パターン

8畳のリビングダイニングに身支度を行うスペースを設ける時は、2人掛けのダイニングテーブルなどコンパクトなテーブルを使用して、兼用家具としての組み合わせがおすすめです。

卓上ミラーは簡単に移動させることが出来て、鏡部分が手鏡より大きい為、メイクや身支度もしやすくなり、テレワークが多い方にも大変おすすめの組み合わせとなります。

壁に沿ってテレビボードと隣に配置したことで、寝室までの動線が確保されています。

ダイニング、デスク、身支度を整えるスペースとして兼用するため、座り心地が良いチェアを選びましょう。

4. ドレッサーと合わせて収納力や一人暮らしを充実させる家具

4つ目のポイントは、一人暮らしを充実させるためにドレッサーと合わせやすい家具について紹介します。

メイク道具や、身支度に使用するためのアイテムが多く「ドレッサーだけでは収納力が足りない」「ドレッサーと統一性のある収納棚で揃えたい」という方にはおすすめの内容となっています。是非参考にされてみてください。

過ごし方に合わせて相性の良い家具をプラスする

「快適な暮らしを実現する」為には、ご自身の過ごし方に合った家具を置く事が大切です。ドレッサーを置く場合に、ご自身のライフスタイルに合っていて、尚且つドレッサ―とも相性が良い家具をプラスしておしゃれな部屋づくりをしましょう。

過ごし方に合わせた家具とはどのような家具があるのか、選ぶときのポイントも含めて具体的にご紹介致します。

統一感のあるデザインのキャビネットで収納力アップ

一人暮らしではキャビネットを置くことも多いかと思いますが、その場合、家具のデザインがバラバラだと統一感が無いことから、落ち着きのない部屋になってしまいます。

素材やデザインに統一感のある家具を選ぶことで、まとまりあるおしゃれな部屋にすることが出来るでしょう。ブランドによっても塗装色が異なる為、色味を統一する場合は、実際に見て選ぶことがお勧めです。

例えば、こちらの打ち寄せる波から着想を得たデザインが魅力のルーバー・キャビネットv02 850 H。部屋に合わせて横幅の小さいタイプもあります。

細く切り出した無垢材の一本一本に明るい光があたり、ルーバーデザインのドレッサーと並べると奥行きある部屋に見せることが出来ます。

ドレッサーと同シリーズのルーバーデザインのキャビネットを合わせる事で、収納力がアップすることはもちろん、部屋に統一感を与えることが出来ます。

自分に合った収納タイプを選び一人暮らしを快適にする

細かな化粧品や、身支度に必要な小物を入れられる引出しタイプ

本や箱、ダストボックスも仕舞える開き扉タイプ

見た目がおしゃれなアイテムをディスプレイ出来るオープン収納タイプ

関連メニュー

  • 【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~

    【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~のページです。どこまでも続く水平ラインが心を落ち着かせるルーバーシリーズ。ルーバーデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、ルーバーシリーズの魅力をご紹介します。

一人暮らしにお勧めのハンガーラック、コートハンガー

一人暮らしでは、収納場所は部屋を分けずにワンルームや寝室にまとめる方が多いかと思います。ドレッサーのすぐ近くにストールやシャツ、帽子等を掛けられる家具があると便利ですよね。身支度も移動することなくスムーズに行うことが出来るので、ドレッサーの近くにアンガーラックやコートハンガーを置く方も多いはず。

場所を選ばないコートハンガー

オブジェのようなユニークなデザインが心惹かれるコートハンガー。コートや帽子、バッグなどをさっと掛けてさっと持ち出せる気軽さが魅力の収納家具です。細長いコンパクトサイズなので、ワンルームや寝室などの限られたスペースにもレイアウト可能。毎日外出する時に必要なバッグやストールなどを一時的に掛けておけます。

豊富な収納力が魅力のハンガーラック

スタイリッシュなフレームデザインと豊富な収納力が魅力のハンガーラック。洋服やコートなどの衣類はもちろん、帽子やバッグなどあらゆるものがすっきりと片付く便利な収納家具です。高さ160cmのハンガーラックは、女性でも使い易いちょうど良い高さです。ドレッサーや鏡の前で洋服をあてながらその日のコーディネートを楽しむことも出来るでしょう。

こちらのハンガーラックは、幅79cmと部屋の一角に置き易いサイズ感が魅力。さっと上着を選んでスムーズに外出できる便利な衣類収納です。

スツールカバーと合わせてカラーコーディネートも楽しめる専用カバーがある事で、お部屋の印象を変えたり、大切な衣類を日焼けや埃から守ってくれます。

関連コラム

  • 生活を便利でおしゃれに彩る家具~身支度に役立つアイテム特集~
    生活を便利でおしゃれに彩る家具~身支度に役立つアイテム特集~

    家具選びの際は「これがあればどれだけ便利に生活できるか」という利便性を考慮することも大切です。日常生活の中でも特に朝や出かける前など時間がない身支度の場面では、便利な家具がその手助けをし、時間の短縮に一役かってくれるのです。そこで今回は、身支度の際に便利な家具の選び方やそのコーディネートについてご紹介します。

5. メイクスペースをおしゃれに彩るインテリア

5つ目のポイントは、ドレッサーや身支度を行う空間をおしゃれに彩る事です。

メイクや支度では気持ちが上がったり、眠る前のケアを行う時には気持ちを落ち着かせたりと、感情が変わる空間かと思います。その空間をお気に入りのインテリアでコーディネートすることで、より一層特別な空間となり、一日の中で特別な時間を過ごすことになるでしょう。

専用のスツールカバーでお気に入りのドレッサーに変える

白色のスツールカバー
清潔な雰囲気の白いスツールカバーですが、部屋のアクセントにはなりにくく、少し足りない気持ちも。

着脱可能なスツールカバー
座面のカバーはマジックテープで取り外しが出来るタイプは、模様替えやメンテナンスに便利です。

ブルーのスツルカバー
落ち着きあるブルーのスツールカバーへ変えるだけで、部屋の印象を変えてくれました。

愛着を持って使える約70色からのカバー選び

a.flatのクッションカバー・ソファカバー・チェアカバーやベッドスプレッド・ファブリックパネルなどのファブリックインテリアは約70種類の豊富なカラーバリエーションからお選び頂くことが可能です。ご自身に合った色を見つけて頂くことができますので自分の好みにコーディネートしたり、模様替えをお楽しみ頂けます。

ドレッサー周辺を彩って毎日のメイク時間を楽しむ

ドレッサー本体のデザイン性や、先程ご説明したスツールカバーにカラーをプラスすること以外にも、インテリアを使用してドレッサー周辺に彩ることでおしゃれな空間に仕上げることが出来ます。誰でも簡単に出来るので、実際にはどのようなアイテムがあるのか、是非参考になさってください。

ドレッサーをよりおしゃれに見せる壁面装飾

ドレッサーを配置するとき、壁に沿って置く方がほとんどかと思いますが、その壁面を飾ることでドレッサーは一段とおしゃれに見えます。一人暮らしの部屋におすすめのサイズで、雰囲気たっぷりのウッドパネルや、スツールカバーと合わせてコーディネート出来るファブリックパネルなど、様々な種類の壁面装飾をご紹介致します。

  • ドレッサー周辺におすすめの壁面装飾

ドレッサーの脚元にアクセントをプラスする円形ラグ

寝室やワンルームにドレッサーを置いても特別な雰囲気を出しにくいと思っている方にはラグをお勧めいたします。スクエアタイプも良いですが、四角い部屋、四角い家具が並ぶ部屋に丸いラグを敷くことで、部屋のアクセントとなりその空間が変わって見える事でしょう。

  • アクセントをプラスするおすすめの円形ラグ

一人暮らしでよく使うハンガーラックにカバーを付ける

一人暮らしの収納スペースでは丈の長いコートやシャツなどが入らず、ハンガーラックが必要になる方も少なくないかと思います。そのままにしておくと日に焼けたり埃が付くので、カバーを付けることがお勧めです。是非そのカバーにもこだわって選びましょう。ドレッサーのスツールと同じ色のカラーをセレクトするだけで統一感が増し、部屋がおしゃれになります。

  • おすすめのハンガーラックカバー

デスク仕様の時に使いやすいコンパクトなテーブルランプ

デスク代わりにも使用する場合、テーブルランプがあると便利です。ランプはそこにあるだけでもおしゃれな雰囲気を演出する、お勧めのアイテムとなります。

眠るまでの小さな灯りとしても使用できるため、一人暮らしのワンルームや寝室に是非置いてみましょう。

  • おすすめのテーブルランプ

スツールと合わせてコーディネートしたいベッドスプレッド

ベッドスプレッドは本来、寝具を埃から守るといった役目がありますが、生活感のあるシーツなどを隠せることから、ベッドメイキングにも適し、ドレッサーのスツールと色味を合わせる事でホテルのような高級感のある寝室へもインテリアコーディネートが出来ます。

  • おすすめのベッドスプレッド

ドレッサーで快適な一人暮らしを実現したおしゃれな実例6選

ここからは家具選び、レイアウトはもちろん、おしゃれで快適にお過ごし頂けるように一人暮らしの間取りにドレッサーを取り入れてコーディネートさせて頂いた実例をご紹介致します。狭いワンルームから1LDKのパターン等、これまでご説明した家具セレクトやレイアウトポイントを上手く取り入れた実例集です。

ご自宅それぞれで壁面にはアクセントクロスが張られていたり、収納があり家具が置けない、等それぞれのお部屋に合うレイアウトが存在しますが、おしゃれで快適にコーディネートされています。

ワンルームと1LDKの間取り毎にご紹介致しますので是非参考にしてみてください。

ワンルーム・一人暮らしのドレッサー実例

<ワンルーム10畳> 鮮やかな色合いでドレッサーライフを楽しめる実例

こちらは、ワンルーム10畳の実例写真です。限られた空間の中にバランスよく家具を置く事で窮屈さを感じさせません。また、お部屋に散りばめられた女性らしいピンクパープルのカラーが、ドレッサースツールにも統一性を出している為、おしゃれで可愛らしく取り入れることが出来ています。

ワンルーム10畳にSDベッド2.5名掛けソファテレビボードを置き、ベッド脚元にドレッサーを置いたレイアウトです。上から見た図だと、動線がしっかり確保出来ている事が特に分かります。

部屋の一番奥となるベッドスプレッドは少し深い色味になってい居りますが、ドレッサースツールの明るいピンク色が上手くアクセントとなり、部屋を暗くさせません。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をオリエンタルなインテリアコーディネートにすることで、異国情緒溢れるモロッコのような幻想的な空間を実現することが出来ます。一見派手に見えるピンクやパープルを使ったカラーコーディネートも、ダークブラウンの家具やヒヤシンス素材、グレイカラーを取り入れることで華やかなイメージの中に落ち着いた大人の女性らしさを表現することが出来るでしょう。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りを使って、オリエンタルな雰囲気のモロッコインテリアコーディネートを紹介します。

<ワンルーム12畳> コンパクトな空間を兼用家具で有効活用した実例

こちらは、ワンルーム12畳の実例写真です。12畳ワンルームとなると少しゆとりがあり、ダイニング、リビング、ベッド等様々な家具を置けますが、こちらの実例では、リビングスペースとベッドスペースだけで部屋づくりをされています。部屋がすべて見渡せることが出来る為、家具の色味を統一させて、無垢材の雰囲気に趣を感じる素敵なコーディネートとなっています。

ダイニングスペースを設けず、リビングスペースとベッドスペースの間に、間仕切りとなる家具を置き空間分けをしています。

奥行のないドレッサー兼デスクは、部屋の雰囲気にしっかりと馴染んでいます。

関連コラム

1LDK~・一人暮らしのドレッサー実例

<1LDK 寝室6畳> 窓辺の自然光を使ってメイクできるドレッサー実例

1LDKの6畳寝室にドレッサーを置いた実例です。大きな窓が特徴的なこちらの一人暮らしの間取りでは書き物やテレワークも行えるようミラー部分が閉じて、テーブルにもなります。ベッドフレームと合わせたルーバーデザインが部屋の統一感を高めて、上手くコーディネートしていることもポイントです。

寝室の一角に置かれたドレッサーは、ウォークインクローゼットのすぐ近くにある為、大きなミラーを使ってアクセサリーや洋服を選ぶ際に便利です。

座ると上半身がしっかり見える大きなミラーなため、部屋の自然光をしっかり受けて部屋を開放的且つ明るく見せてくれるでしょう。

関連コラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

<1LDK 寝室8畳> 限られた空間にドレッサー代わりの家具を配置した実例

一人暮らし1LDKの8畳寝室にドレッサー代わりにもなるデスクを置いた実例です。掃き出し窓から入ってくる自然光をたっぷりと浴びながら身支度をすることが出来るため、化粧もとてもしやすくなるでしょう。グリーンでコーディネートされた部屋に合わせたグリーンのチェアカバーもポイントになっています。

バルコニー側に身支度をするスペースを設けることで、寛ぎながらお化粧やヘアセットなどすることが出来ます。

寝室の一角に配置して、隣に置いた収納棚にはフロアランプを置く事でリラックスムードを高めます。

関連コラム

<2LDK クローゼット4畳> ドレッサーを省スペースにレイアウトした実例

ご自宅にある4畳のウォークインクローゼットの中にドレッサーを置いた実例です。毎日の身支度が1つのスペースで整うため、とても効率が良くなります。また、その分寝室に他の家具を置く事が出来るため広いウォークインクローゼットがある場合はお勧めのレイアウトです。

寝室に隣接しているウォークインクローゼットにドレッサーを配置しています。部屋からは壁に隠れている為、見えません。

閉鎖的で質素な雰囲気になりがちなクローゼットですが、ドレッサーのスツールカバーを明るい色味にすることで、アクセントとなり、華やかな印象になります。

関連コラム

  • 【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり
    【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり

    今回の特集は、自宅からオンライン相談を利用して理想のインテリアコーディネートを叶えたお客様実例をご紹介致します。家具・インテリアご検討時のお悩み等をオンライン相談にて解決に導いた方法や、3Dシミュレーションサービスを活用したご提案をご覧ください。来店せずに自宅からオンライン相談できる、a.flatのインテリアコーディネートサービスでご希望の部屋作りが叶います。

<2LDK LD14畳> リビングの片隅に統一感を損なわずドレッサーを配置した実例

リビングダイニングにドレッサーを配置された実例です。ご自宅の中で一番長く過ごすのはリビングダイニングの場合が多くなりますが、朝のせわしない時間の中で効率よく身支度を行うため、リビングダイニングにドレッサーを置きたいご希望の通り、リビングダイニングに配置致しました。家具の色味や木材のデザイン、スツールのカバーに統一感を持たせたことで部屋にマッチして、素敵な空間になっています。

リビングダイニングの一角に配置しています。自然光も入り、支度がしやすくなるでしょう。また、ミラー部分を閉めることでテーブル代わりになります。

リビングに置いているテレビボードと同じルーバーデザインになっています。細かなデザインの統一性が部屋全体の印象を変えるため、大きなポイントです。

おしゃれなドレッサーをa.flatの店舗で確認する

a.flatの店舗は「リゾートの風と自然を感じる8つのスタイル」でコーディネートされた空間が広がります。是非、ドレッサー周りのコーディネートもイメージしながら、「ソファの近くならどのカラーが良いか」「テレビボードの隣なら高さはこのくらいかな?」などイメージを膨らませてお選びいただくことが出来ます。一人暮らしの部屋づくりの参考に、お好みのコーディネートを体験しにいらして下さい。

実際の使い心地や機能性・コンパクトなサイズ感を試す

鏡の大きさや収納力、天板の閉め方など実際に触れたり座って、お試しいただけます。

椅子は座り心地や高さなどの相性もあるかと思いますので、是非ご購入前に試しに来られてください。

ショップスタッフへご相談ください

ショップスタッフに直接、家具選びや組み合わせ、配置についてお気軽に相談ください。

家具・インテリアのコーディネート知識を持ったスタッフが、相談を丁寧にお伺いしますので、これからの部屋作りに是非お役立ていただけるかと思います。

ドレッサーを取り入れた一人暮らしのコーディネート相談が出来る店舗紹介

a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
※駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

一人暮らしの間取りでも安心の3Dコーディネートサービス

a.flatでは無料で3Dコーディネートサービスをご案内しています。図面から実際の部屋イメージを作成し、一人暮らしのワンルームや1LDKに置く家具の配置、インテリアコーディネートを2Dや3Dで確認出来ます。

お部屋に合ったレイアウトをシミュレーションして、お客様に合う一人暮らしのライフスタイルから、おすすめのコーディネートをご提案をさせて頂きます。

気になる動線や配置パターンを見ながらコーディネートできる

頭の中の想像だけでは実際に置いた時に思ったより狭く、生活しづらかったなど不便があっては大変です。特に一人暮らしの狭い部屋では注意して家具を選ぶ必要があります。

お気に入りの家具が、生活するうえで動線の邪魔にならないか、3Dシミュレーションで確認して頂くことが出来ます。

関連メニュー

  • リビングルームの生活動線~人が通れる幅・ソファからテレビまでの距離・配置・サイズ~

    リビングルームの生活動線~人が通れる幅・ソファからテレビまでの距離・配置・サイズ~のページです。ご希望の家具をレイアウト検討する際に、基本となる部屋の生活動線を確認しておきましょう。生活動線の確保による最適な距離・人が通れる幅を作ることが日々の過ごしやすいお部屋を生み出します。リビングルームの家具の配置・距離感で最も多い質問が、ソファとテレビの適切な距離、配置、そしてテレビサイズについてです。一般的には「テレビの画面高さ×3倍の距離」が丁度良い距離とされてますが、近過ぎると思われるかもしれません。もう少しゆとりあるテレビとの距離・配置・テレビサイズを心掛けましょう。

ドレッサー周辺のカラーコーディネートも確認できる

a.flatにある約70種類のファブリックの中からお好みのカラーをセレクトして、お好きなカラーコーディネートで何度でもご確認頂けます。

データは消えずに残る為、模様替えで使用したい時にも大変便利な機能です。

リゾートの爽やかな海風を運んでくるような、ブルー系のファブリック。リラックスした空間を演出し、せわしない日常にやすらぎを与えてくれます。

木々の色であり大地の色でもあるブラウン系のファブリックは、気持ちを落ち着かせる色合いで、自然と寄りそうような暮らしを演出します。

まとめ

今回は一人暮らしにおすすめのドレッサーと便利な使い方を、おしゃれな実例付きでご紹介致しました。

デスク代わりにすることやコンパクトなデザインを選ぶこと等、ポイントを押さえるだけで簡単にドレッサーを取り入れられる事が分かりました。一人暮らしの間取りを活かした家具選びすることで、快適にお過ごし頂けることができます。是非、今回のコラムを参考に部屋作りをしてみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.