• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

落ち着く部屋で充実した毎日を過ごす ~落ち着ける部屋作り 4つのポイント~

公開:2022/3/20

更新:2022/3/25

ライター:目黒通り本店瀬下

落ち着く部屋で充実した毎日を過ごす ~落ち着ける部屋作り 4つのポイント~

ご自宅で過ごす時間が増えているなかで、どこか落ち着かないと感じてしまう部屋になっていませんか?過ごしやすい落ち着く部屋を作るためには、家具のレイアウトやインテリアの色選びなどのポイントがあります。それぞれのポイントを押さえて、充実した毎日を過ごせる落ち着く部屋を作りましょう。

毎日を過ごす部屋が落ち着かない理由とは?

毎日を過ごす部屋を快適で落ち着ける空間にしたいと考える方も多いでしょう。自宅で過ごす時間が増えた現代では、尚更そのように考える方が増えています。今お過ごしの部屋がなぜか落ち着かないと感じてしまう方は、まず落ち着かない部屋の特徴を把握しましょう。

落ち着かないと感じてしまう部屋の特徴

毎日の生活をする中で、どこか落ち着かないと感じてしまう部屋には特徴があります。その特徴に当てはまっているのかをチェックして、まずはご自宅の状況を把握しましょう。自宅の状況を見直す事で、今まで気にしていなかった箇所に気付けたり、これまで実践してきた落ち着く部屋作りを更に良くすることが可能です。

落ち着かないと感じてしまう部屋の特徴

  • 特徴1:部屋中に物が散らかっている

  • 特徴2:ソファなどの座り心地や見た目が好みでない

  • 特徴3:部屋の色やテイストが定まっていない

  • 特徴4:生活感が無い印象の部屋になってる

落ち着かない部屋の特徴1:部屋中に物が散らかっている

部屋中に物が散乱していると、その物を避けるようにして生活を行わなければいけません。また、どこに何があるのかを把握できないため、考える時間や探す時間が発生します。そのような環境で過ごすと、落ち着く時間が減るため、どこか落ち着けないと感じてしまう原因になります。

人は無意識のうちに五感から入る情報を処理しているため、落ち着く部屋作りには、その環境にある情報量がポイントに。部屋が散らかっていると情報量が多くなり、その処理を無意識に行なってしまうため、心身が休まらず、落ち着けない環境になります。

落ち着かない部屋の特徴2:ソファなどの座り心地や見た目が好みでない

落ち着いて過ごすためには、そこで使う家具の使い勝手が重要です。特に落ち着いて過ごす時間が長いソファは、座り心地が身体に合っていないとリラックスして過ごすことができません。毎日使うソファなどを選ぶ際は、座り心地がご自身に合っているのかをチェックして選びましょう。

ソファはデザインにもこだわる

毎日使う家具はそのデザイン性も重要です。特にソファは部屋のメイン家具になるため、デザインが好みでなければ落ち着く部屋を意識して作ってもその空間にマッチしません。ゆったりとくつろげるデザインのソファをレイアウトして、見た目からも落ち着ける部屋を心がけましょう。

落ち着かない部屋の特徴3:部屋の色やテイストが定まっていない

部屋の情報量が多いと、その情報に意識が囚われて落ち着きません。部屋の色やテイストも情報になるため、様々な色があり統一感のない部屋や、インテリアのテイストやスタイルが定まっていない部屋で過ごすと、そこに意識が向かい落ち着かないと感じてしまいます。

特にワンルームなどはその空間に家具を収める必要があるため、インテリアのテイストやスタイル、カラーコーディネートの統一感は大切です。家具に使われている素材感やカラーリングに注目して家具を揃えるように心がけると、落ち着きやすい空間を演出していただけます。

落ち着かない部屋の特徴4:生活感が無い印象の部屋になっている

普段過ごす部屋はレイアウトされている物が少なく、殺風景な印象でも落ち着きません。ある程度部屋の余白を埋め、生活感を演出することで落ち着きやすくなります。また、その空間で毎日過ごすことで、家具やインテリアアイテムに愛着が湧き、安心感のある空間に変わります。

部屋に必要最低限の家具しかレイアウトしていないと殺風景な印象になり、どこか落ち着けない空間に。

ラグや間接照明などのインテリアアイテムを置くことで、落ち着きのある部屋になります。

落ち着く部屋とは?

それでは、毎日を快適に過ごせる落ち着く部屋とはどのような空間になるのでしょうか?落ち着く部屋とは、『毎日をストレスフリーで過ごせて、インテリアにこだわった安心感のある空間』になります。そのため、ご自身やご家族のライフスタイルに合わせた部屋を作りましょう。

おすすめコラム

  • 日々の疲れを取る癒しの部屋・インテリアの作り方
    日々の疲れを取る癒しの部屋・インテリアの作り方

    仕事、毎日の家事などで疲れを感じてはいませんか?疲れを溜め過ぎず適度に癒しを感じることができれば、生活のクオリティは向上していきます。自宅のそれぞれの部屋・インテリア空間で過ごす限られた時間の中で、どれだけリフレッシュできるかが重要なポイントです。誰しもが、自宅はホッと一息つける場所。その空間をより良いものにしていくために、癒しの部屋・インテリアの作り方をご紹介します。

落ち着く部屋を作る事前準備

落ち着く部屋を作るためには事前の準備が大切です。この事前準備を行うことで、今過ごしている部屋の現状を把握することができ、どのように改善すれば落ち着けるのかをチェックしていただけます。どのような事前準備があるのかを把握しましょう。

掃除が行き届いた清潔な部屋にする

まずは部屋の掃除を行い、清潔感のある部屋を意識しましょう。綺麗な部屋で過ごすと心身ともにリラックスすることが可能です。また、常に清潔な部屋をキープすることで、掃除がしやすく部屋の中を移動しやすい環境を整えることができるため、ストレスフリーの空間になります。

清潔感のある部屋は風水効果も高まる

清潔に整った空間は、幸運を呼び込む風水効果を高めてくれるとも言われています。風水は「掃除と換気」で運気が流れ込むと考えられているため、清潔感のある部屋をキープしましょう。毎日を過ごす部屋だからこそ、良い運気を取り込んで幸福感のある落ち着く部屋にしてみてはいかがですか?

部屋の中で不要なアイテムを断捨離する

部屋の中をチェックしていただき、不要な物が無いかを把握しましょう。不要な物があると、次から次へと溜まっていく習慣がついてしまうため、適度に断捨離を行い、スッキリとした部屋にすることで落ち着く環境を作ることができます。また、必要な物でも収納して、物をしまう習慣をつけることもポイントです。

普段使うリモコンや生活用品なども収納することで、スッキリとした印象のおしゃれな空間にしていただけます。

キッチン周りの収納も意識しましょう。どこに何を収納したのか分かることで、余分な物を買わない対策にもなります。

それでも落ち着かない時は部屋作りで変えてみましょう

掃除の行き届いた清潔感のある環境や断捨離を行なってスッキリとした空間作りをしても、どこか落ち着かないと感じてしまう時は、今のインテリアを見直して部屋作りで変えてみましょう。落ち着く部屋を作るポイントは、今後お引越しをする時でも使えるポイントになりますので、是非チェックして下さい。

落ち着く部屋を作れる4つのポイント

落ち着く部屋を作れるポイントをご紹介致します。家具のレイアウトや使い勝手、インテリアのカラーコーディネートなど落ち着く部屋作りにも様々なポイントがあります。落ち着く部屋作りは今の暮らしを見直すきっかけにもなりますので、これを期におしゃれで暮らしやすい部屋を叶えましょう。

落ち着く部屋を作れる4つのポイント

ポイント1 レイアウト・家具配置で落ち着いた部屋を作る

まず落ち着く部屋を作るポイントになるのが部屋のレイアウトです。レイアウトや家具の配置を意識することで、生活のしやすい空間を作ることができます。また、暮らす人数や生活スタイルによってもレイアウトは変わるため、今の部屋でどのようなレイアウトが落ち着けるのかを検討しましょう。

広々と開放的に見えるレイアウトで落ち着く部屋にする

開放的に見える部屋にすることでリラックスムードが高まり、落ち着く時間を過ごすことができます。また、広々と見せるレイアウトを意識することで、部屋に適したサイズ感の家具を選ぶ必要があるため、実際に家具を購入して部屋に置いたら狭くなったという失敗も無く安心です。

開放的に見えるレイアウトはリラックスムードが高まる

開放感のある空間はリラックスムードを高めてくれます。開放感を演出するために窓までの抜け感や、家具と家具の距離感などを意識してレイアウトしましょう。ソファなどのくつろぐ家具周りはスッキリ見せることで、よりリラックスムードを感じる部屋を作ることが可能です。

コンパクトなサイズ感の部屋では、オットマンサイドテーブルの組み合わせで、ゆったりとくつろげる開放感のあるレイアウトになります。

ワンルームでは窓へのアクセスを考慮したレイアウトにすることで、生活もしやすく開放感のある空間を演出していただけます。

部屋に合わせた家具サイズで気持ちが落ち着く

広々とした部屋を作るためには、家具のサイズ感がポイントになります。部屋の大きさに対して、大きすぎる家具を配置してしまうと、生活がしづらくなるため気持ちが落ち着きません。部屋の大きさに限りがある場合は、なるべくコンパクトなサイズ感の家具をレイアウトしましょう。

家具のバランスが悪い例(×)
部屋の中に入ってすぐ家具があり、動きにくいレイアウトです。家具のサイズ感も大きいため、収納が使えません。

家具のバランスが良い例(〇)
部屋に入ってからの動線の確保、収納までの最小限の距離感などが確保されているため、生活しやすい空間になります。

狭い寝室も開放感のあるレイアウトで落ち着ける

部屋の大きさに限りがある寝室でも開放感のあるレイアウトを心がけることで、ゆったりと安らげる環境を整えていただけます。また、ベッド周りは最低でも30cmスペースを設けることで、ベッドメイキングを行いやすい寝室になるため、部屋の大きさに合わせたベッドのサイズを選びましょう。

開放感を演出するローベッド

寝室に開放感を演出する際は、ベッド特有の圧迫感を軽減してくれる「ローベッド」がおすすめ。ヘッドボードがスッキリしたタイプや、マットレスを落とし込むことで高さを抑えたタイプがあるため、理想の寝室に合わせたベッドを選びましょう。

生活動線・家事動線がスムーズな部屋

落ち着く部屋では、生活のしやすさや家事の行いやすさがポイントになります。快適に生活できることで気持ちにゆとりが生まれ、落ち着ける時間を作ることができるため、生活動線や家事動線を意識したレイアウトを心がけて落ち着ける時間を確保しましょう。

ストレスの無い動線が日々の落ち着きを生み出す

部屋での過ごし方にはリラックスしてくつろぐ時間もあれば、料理や洗濯などの家事を行う時間もあり、その移動がスムーズに行えることで、余分なエネルギーを使わずに済みます。心身ともに落ち着ける部屋作りには、ストレスを感じない生活動線を意識することが必要です。

基本となる生活動線は人が通れる幅

部屋のレイアウトを検討する際に、まず基本となる生活動線を覚えておきましょう。下記を目安にすれば落ち着いて暮らせます。

一人が通れる生活動線=幅600mm前後
二人がすれ違う動線=約900~1200mm

毎日の行動パターンに合う生活動線を考える

毎日を生活する中で、ソファでリラックスするタイミングや、家事を行う時間帯など、ある程度生活行動はパターン化されます。その毎日行われる行動パターンをスムーズにすることで落ち着く時間を作ることができるため、ご自身やご家族の行動パターンに合う生活動線を考えましょう。

おすすめコラム

  • 心地良く寛げるリビングづくりの為のソファ選びとレイアウト
    心地良く寛げるリビングづくりの為のソファ選びとレイアウト

    リビングの主役となるソファ。おしゃれなデザイン・座り心地も重要ですが、リビングの間取り・サイズに合わせたソファの形・レイアウトを選ぶことも大切なポイントです。ソファをレイアウトする際のコツや、ソファの配置パターンなどを沢山の実例と併せてご紹介しています。是非、参考にされてみて下さい。

住居人数や過ごし方にマッチした落ち着くレイアウト

落ち着く部屋のレイアウトのポイントでは、暮らしている住居人数や、住んでいる人のライフスタイルにマッチした空間作りも大切です。その部屋で過ごす人が快適に生活できるレイアウトを意識して、落ち着ける部屋を作りましょう。

一人暮らしで落ち着ける理想のレイアウト

一人暮らしでは、部屋の大きさに限りのある間取りに家具をレイアウトするパターンが多いため、家具のサイズ感がポイントです。部屋の大きさに合わせた家具をレイアウトする際は、家具と家具の距離感を意識することで、生活動線が確保された生活のしやすいレイアウトになります。

レイアウトしやすいソファダイニング

「くつろぐためにソファをレイアウトしたいけど、食事をするダイニングも欲しい」といった方におすすめのソファダイニング。リビングとダイニングの家具を組み合わせることで、省スペースでも理想の環境でお寛ぎいただけます。

二人暮らしでも落ち着ける理想のレイアウト

二人暮らしでは1LDKなどの間取りが多く、リビングやダイニングといった生活を送る場所が決まってくるため、落ち着ける場所を確保することが大切です。また、普段は二人で過ごし、来客などで人数が増えても使えるといったシーンに合わせた使い方ができる家具を選ぶと生活を送りやすくなります。

普段は二人でゆったり落ち着けるサイズ感の家具をレイアウト。ソファで過ごすことが多いため、ソファのサイズ感は2.5人掛けにしています。

来客時には、伸長式のダイニングテーブルオットマンを使うことで、複数名でお過ごしいただけるレイアウトになります。

家族暮らしでも落ち着ける理想のレイアウト

住居人数も増える家族暮らしになると、家族団らんの場を設けたり、お子様の成長に合わせて柔軟にレイアウトを変更できる空間が理想です。また、拡張性のある家具を配置して暮らしに合わせたサイズ感に変更できるなど、後々のことを見越して余裕のあるレイアウトを心がけましょう。

小さいなお子様がいるご家庭では、ソファ前にラグを敷いてフリースペースとしてレイアウトすることで、ご家族で落ち着ける時間をお過ごしいただけます。お子様が大きくなったタイミングで、ソファの前にローテーブル等を追加して家族団らんの時間を作りましょう。

パーソナルスペースがある部屋で落ち着ける環境作り

落ち着ける環境づくりでは、ご家族でくつろげる場も大切ですが、時に一人で過ごせるパーソナルな環境があると、更に落ち着けるご自宅へと変わります。部屋のスペースやレイアウトを変更して、パーソナルスペースを検討してみましょう。

二人暮らし以上におすすめのパーソナルスペースがある部屋

パーソナルスペースがあることで、一人で落ち着ける時間を作ることができます。パーソナルスペースを作る際、スペースに余裕があれば問題はありませんが、限られた広さしかない場合やデッドスペースにパーソナルな空間を設ける際は、コンパクトな家具をレイアウトして落ち着ける空間を作りましょう。

  • パーソナルスペースにおすすめの一人掛けソファ

趣味部屋/書斎としても活用できる落ち着くスペース

近年では在宅で仕事や作業をする方や、自宅で趣味を楽しむ方が増えています。そこでパーソナルなスペースを設けて、充実したお家時間を過ごしてみてはいかがですか?落ち着いて過ごせるパーソナルな空間にするためには、その空間にレイアウトする家具やインテリアにこだわることが大切です。

デスクの素材にも注目してレイアウトする

落ち着けるパーソナルスペースを作る際は、家具の素材感や統一感を意識しましょう。仕事や作業を行うデスクの素材に無垢材を使うことで、落ち着きと癒しを演出したパーソナルスペースにしていただけます。雰囲気だけではなく、使い勝手も良いためおすすめのデスクです。

バルコニーを活用した落ち着くスペース作り

自宅にバルコニーやテラスがある際は、屋外のスペースを活用しましょう。室内で過ごす時間とは違った過ごし方や気分になるため、リフレッシュすることができます。バルコニーに置ける屋外用家具をレイアウトして、屋外でも落ち着けるスペースを検討してみてはいかがですか?

おすすめコラム

ポイント2 家具選びで落ち着く部屋に変える

落ち着く部屋にするためには、その部屋に配置する家具選びも重要なポイントになります。家具の使い勝手はもちろん、落ち着いて過ごせるサイズ感や家具に使われている素材も落ち着く環境を作るポイントになるため、どのような雰囲気で過ごすのかをイメージしながら家具を選びましょう。

落ち着いてリラックスできる人体系家具

家具の分類には、人の身体を支える物や収納家具の様に使い勝手が重視される物などがあります。その中でも人の身体を支え、その性能の高さで快適さが決まる人体系家具は、落ち着く部屋作りには欠かせないアイテムです。落ち着いてリラックスできる座り心地やサイズ感の人体系家具を選びましょう。

  • 主な家具の分類

人体系家具
人を支える目的があるソファや、チェア、ベッドなどの家具の分類になります。

準人体系家具
テーブルやデスクなどの人の行動や行為をサポートする家具になります。

建築系家具
キャビネットやタンスなどの収納を目的として自立した家具を示します。

落ち着けるリビング作りはゆったりくつろげるソファを選ぶ

人を支える目的のある人体系家具の代表的な家具としてソファがあります。落ち着く部屋を作るためには、ゆったりとくつろげるソファが必要です。落ち着けるソファの選び方は、身体に合った座り心地と理想のくつろぎ方ができるソファのタイプを選ぶようにしましょう。

  • 理想のくつろぎ方を実現できるソファのタイプ

ストレートタイプ
真直ぐ一直線に伸びるデザインで、最も一般的なソファのタイプ。どのような間取りのリビングでも置き易いソファです。

カウチタイプ
脚を前に伸ばしてのんびりと寛げるカウチソファ。背もたれが一方向にしかない為、スッキリとしたフォルムが特徴です。

コーナータイプ
スケール感がありリビングにラグジュアリーな雰囲気を演出。どこに座っても背もたれがあるため、ゆったりくつろげます。

ラウンジタイプ
コンパクトなデザインですが、ゆったりと寛げるタイプです。ある程度軽量のため、好きな位置に動かすこともできます。

オットマン
基本的にはソファに繋げて脚乗せとして使用します。切り離して一人掛け用の簡易ソファとしても使えるフレキシブルさが魅力です。

ソファダイニング
ソファと低めのダイニングテーブルを合わせたタイプになります。場所をとらないので、コンパクトなリビングにおすすめです。

身体に合わせたチェアを選び落ち着けるダイニングにする

ダイニングで食事をする際、ダイニングチェアの座り心地が体に合っていると落ち着いた雰囲気で食事を楽しんでいただけます。ダイニングチェアを選ぶ際は、座った時に足が地面につく事や、背もたれに寄り掛かった際、正しい姿勢で座れているのかなどをチェックしましょう。

ダイニングテーブルとチェアの組み合わせ方

ダイニングチェアとテーブルの組み合わせで重要なポイントは、チェアの座面高とダイニングテーブルの天板の高さになります。この高さ関係を「差尺」と言い、この差が250mm~300mm程あると使いやすいとされているため、チェアに座った時の姿勢を意識して高さを選びましょう。

  • 落ち着く部屋におすすめのダイニングチェア

寝心地にもこだわったベッド・マットレスで一日の疲れを癒す

一日の疲れを癒し、心身ともに落ち着いて過ごせる寝室にするためには、ベッドやマットレス、寝具選びがポイントになります。寝室の雰囲気を作るベッドフレームでは、ベッド特有の圧迫感を軽減するローベッドや、デザイン性を感じるスタンダードタイプのベッドがおすすめです。

睡眠の質を上げるマットレス

マットレスは、寝ている間に身体へと掛かる負荷を軽減できるよう、体圧分散性に優れたマットレスが良いとされています。普段どのように寝ているのかを思い返して、自分の寝姿勢に適したタイプのマットレスを選びましょう。

  • 落ち着く部屋におすすめのベッド

コト・ローベッドv01 D
コト・ローベッドv01 D

129,657円(税込)

ムク・ベッドv01 D
ムク・ベッドv01 D

152,988円(税込)

ラック・ベッドv02 D
ラック・ベッドv02 D

166,848円(税込)

気持ちが落ち着く家具の素材感

家具に使用されている素材感は、落ち着く空間を作るポイントになります。無垢材や自然素材などの自然のぬくもりを感じさせる素材は、部屋のインテリア性を上げるだけではなく、リラックス効果を高めて落ち着く部屋を演出してくれるためおすすめです。

落ち着いた雰囲気を演出してくれる無垢材の家具

木々の癒しを感じさせてくれる無垢材の家具は、落ち着く部屋にぴったりなアイテムです。また、一点一点違う表情を見せてくれるため、こだわりを感じるインテリアを演出します。高級感を醸し出してくれる無垢材の家具をレイアウトして、ワンランク上のインテリアを叶えましょう。

無垢材の魅力

数有る家具素材の中でも木々のぬくもりや風合いを楽しめる無垢材家具。日本は約70%が森林のため昔から馴染みのある素材でも有り、部屋作りの際に取り入れたいという方も多いのではないでしょうか?無垢材ならではの存在感や癒しの空気感、こだわりのデザイン性など魅力になります。

  • 落ち着く部屋におすすめの無垢材を使った家具

自然の安らぎやぬくもりを部屋に感じさせる自然素材の家具

ラタンやヒヤシンスなどの自然素材は、非日常的な雰囲気のリゾート気分が味わえる魅力の素材です。部屋のメインアイテムになるソファを自然素材に変えるだけでも、部屋の印象をガラッと変えていただけます。ゆったりとしたムードのある部屋で落ち着いた時間を過ごしてみてはいかがですか?

ヒヤシンスの魅力
丁寧に編み込まれたヒヤシンス素材は、自然で優しい手触りをお楽しみいただけます。ソファやチェアなどに座った際、自然素材の感触を楽しみながらリラックスできる魅力があります。

ラタンの魅力
日本では「籐」の名称で古くから親しまれている素材です。しなやかでありながら、引張り強度が非常に高く、堅牢さも持ち合わせています。軽量で通気性にも優れ、調湿機能もある素材です。

  • 落ち着く部屋におすすめの自然素材を使った家具

気分に合わせて色を変えられる家具で落ち着く部屋を作る

ソファやチェアなどに使われているファブリックカラーによって部屋の雰囲気が変わります。そのため、ソファカバーやチェアカバー、ベッド周りの色を変えることができる家具を選び、気分に合わせて落ち着く部屋を演出しましょう。

カバーリングタイプの家具で気分に合わせて模様替え

ソファカバーやチェアカバーなどを取り外せるカバーリングタイプの家具は、その時々の気分に合わせてファブリックカラーを変えていただけます。ソファの色を変えるだけでも部屋の雰囲気が変わるため、模様替えなどを楽しみましょう。また、取り外してお手入れがしやすいところもポイントです。

リビングダイニングを落ち着いた雰囲気にする際は、家具の統一感が大切です。ソファやチェアのファブリックカラーを同系色にまとめることで統一感を演出し、おしゃれで落ち着く空間を叶えていただけます。

寝室はベッドファブリックで簡単に気分転換できる

寝室のカラーコーディネートも落ち着く雰囲気を演出するためには必要です。寝具のシーツなどもございますが、高級感や特別感を演出する際は、ベッドスプレッドやベッドスローがおすすめ。落ち着きのあるホテルライクな寝室へと変わります。

ベッド周りに装飾が無い寝室のインテリアは、シンプルな雰囲気ですが、どこか殺風景な印象に。

ブルーのベッドスプレッドやクッションでコーディネートすることで、爽やかな印象の寝室になります。

おすすめコラム

  • おしゃれなベッドメイキングで海外ホテル風の寝室をつくるコツ
    おしゃれなベッドメイキングで海外ホテル風の寝室をつくるコツ

    ベッドメイキングは海外ホテルのようなおしゃれな寝室には欠かせません。寝室のインテリアはあまり目が届かない場所ではあるものの、ベッドメイキングをするだけでも寝室全体がおしゃれに見え、朝目覚めてからきちんとベッドを整えることで清々しく1日のスタートをきることができるでしょう。今回は憧れの海外風ベッドルームを演出するアイテムの選び方や、おしゃれなベッドメイキングの方法を実例付きでご紹介します。

部屋を整理整頓しやすい収納家具

整理整頓された生活のしやすい落ち着く部屋には、収納家具が重要なアイテムになります。収納家具はただ収納ができれば良いという訳ではありません。部屋の雰囲気を作る家具になるため、デザイン性にもこだわり、おしゃれで快適な落ち着く部屋を作りましょう。

綺麗に整った部屋を心がけて落ち着ける環境を作る

収納家具をレイアウトすることで、不要な物が散乱しない、スッキリとした印象の部屋を演出。部屋が整理整頓されることで、生活がしやすく情報量を制限することができるため、心が落ち着く空間にしていただけます。しまう物の量を把握して、その部屋に適したサイズ感の収納家具を選ぶようにしましょう。

見せる収納・しまう収納でインテリアにメリハリを演出

収納方法には、生活感のある物をしまって綺麗な空間を作るしまう収納方法と、ディスプレイ棚や飾り棚として雑貨などを装飾した見せる収納があります。特にリビングでは、収納方法によって部屋の印象が変わるため、「しまう収納」「見せる収納」のメリハリが大切です。

しまう収納では、生活感が出てしまうアイテムを収納しましょう。また、普段から収納する場所を決めておくことで、どこにしまったのか忘れてしまうこともありません。

こだわりのアイテムやインテリア雑貨を飾ることで、部屋のインテリア性が上がります。飾り棚を置くスペースが無い時は、テレビボードの上などを活用しましょう。

部屋のスペースに合わせて使える収納家具がおすすめ

ワンルームや1Kでは、部屋の大きさと収納力に限りが出てしまいがちです。そのため、空いているスペースに合わせて使える収納家具がおすすめ。後からでも収納力を追加できるタイプにすることで、収納する物が増えても安心してお使いいただけます。

最初はテレビボードの横にレイアウトしてリビング周りの収納力をアップ。

物が増えたため、もう一つ収納家具を追加で購入して、収納力をアップしました。

  • 落ち着く部屋におすすめの収納家具

できるだけ圧迫感のない家具を選ぶ

家具を選ぶ際は、なるべく圧迫感を感じさせないデザインやサイズ感を選ぶことで、ゆったりと落ち着ける部屋が完成します。高さの低いローソファや、抜け感のあるデザインのローテーブルなど、使い勝手はもちろんのことデザイン性にもこだわって家具を選びましょう。

おすすめコラム

ポイント3 カラーコーディネートで落ち着く部屋を演出する

落ち着く部屋作りには、その空間のカラーコーディネートがポイントになります。様々な色が混在した部屋では落ち着く事ができないため、インテリアのカラーを統一したり色や柄を絞って情報量を制限し、落ち着きのある部屋を作りましょう。

部屋に用いる色・柄の数を絞って落ち着ける環境に

おしゃれな部屋を作る際、ファブリックの色やアクセントになる柄物は大切になりますが、取り入れるアイテムが多ければ良いという訳ではありません。バランス良く色や柄を絞ることで、落ち着いた雰囲気の部屋をコーディネートしていただけます。

部屋の色や柄を絞ることで情報量を制限する

落ち着く部屋はインテリアの情報量が制限することで作ることができるため、部屋に使う色や柄は絞りましょう。部屋のテーマカラーを決め、アクセントになるアイテムとのバランスを整えることで、おしゃれで落ち着ける空間を演出していただけます。

落ち着く部屋はカラーバランスが大切

部屋に使われている色のバランスは、壁や床の「ベースカラー」、家具などに使われる「アソートカラー」、クッションなどの「アクセントカラー」の割合が大切です。アクセントになる色はワンポイントで使うとおしゃれな空間を演出しやすくなります。

落ち着く部屋は色の統一感が大事

部屋の色を制限することは、統一感を演出するポイントにもなります。部屋全体に一体感があることで、おしゃれで落ち着いた雰囲気のインテリアに。家具に使うアイテムだけではなく、カーテンやラグなどのアイテムの色選びにも注目してコーディネートしましょう。

関連メニュー

  • ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩

    ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩のページです。お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。お好みの部屋を作るには色の持つ心理作用やインテリア・家具に与える効果を認識しておくことが重要です。色彩プランをしっかりと考え、選ぶ色や配色しだいでコーディネート目的をかなえてくれるでしょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々な基礎知識を見てみましょう。

自分が落ち着ける色彩効果を取り入れる

色には気持ちに変化を与える色彩効果があります。例えば暖色系のカラーは暖かく感じ、寒色系のカラーは冷たく感じるなどそれぞれの色には心理的な効果があるため、自分が落ち着ける効果の色をインテリアに取り入れることも落ち着く部屋作りには大切です。

色には心を落ち着かせる効果がある

インテリアに使用するカラーには、部屋をおしゃれに見せるだけではなく、気持ちを落ち着かせる効果があります。気持ちを落ち着かせてくれる自分好みの色や部屋のテイストにあった色を取り入れて、こだわりを感じるインテリアを作りましょう。

色彩が持つ心理効果とは

色彩心理とは、心理学の一種です。人は視覚からの情報が8割と言われていて形や色からその物の状態を判断し、その情報が感情や行動に影響を与えます。色彩心理は、色から得た情報を元にして人にどのような影響を与えるのか、人と色との関係性を心理学的に説いたものです。

~カラー別~ 落ち着く部屋を作れるおすすめの色彩効果

それぞれの色にはどのような効果があるのでしょうか?落ち着ける色と言っても、効果や印象は異なるため、それぞれの色の特徴を把握して、理想の落ち着く部屋に合ったカラーでコーディネートしましょう。

ブルー
ブルーには気持ちを静めて、冷静にしてくれる効果があり、集中力アップも期待できます。

グリーン
草木を連想させるグリーンは、リラックス効果があり、癒しを与えてくれる色です。

パープル
神秘的な印象のパープル。冷静さを与えて、不安感を和らげてくれると言われています。

ブラウン
ブラウンは木々や大地の色になり、安心感や安定感を与えてくれる色です。

レッド
温かみを感じさせてくれるレッド。気分を上げてくれる効果もあります。

グレー
苛立ちや疲れといったストレスを和らげてくれます。洗練された雰囲気を演出する色です。

好みのテイストに合う色・柄で落ち着いて過ごす

部屋の雰囲気を演出するインテリアには、空間のテーマ性を表すテイストがあります。このテイストを意識することで、おしゃれでまとまりのある部屋をコーディネートすることが可能です。好みのテイストを決め、そのテイストに合わせた色をインテリアに使って落ち着く部屋を演出しましょう。

インテリアテイストを意識しておしゃれで落ち着く部屋を演出

インテリアテイストにも様々な種類があります。高級感のあるモダンな雰囲気や、自然のぬくもりを感じるナチュラルな雰囲気などがあり、このテイストを意識することで、おしゃれで落ち着きを感じさせてくれるインテリアが完成します。

  • 主なインテリアテイストの種類

モダンテイスト
モノトーンの配色でまとめられた空間。シンプルな雰囲気の中にも、洗練された印象を与えます。

ナチュラルテイスト
明るめの空間に木製の家具をレイアウトした優しい雰囲気のコーディネート。

インダストリアルテイスト
直線的なデザインとアイアン素材を用いたテイストとなり、クールな印象になります。

アジアンテイスト
家具に自然素材のヒヤシンスやラタンを使用し、自然のぬくもりとリゾートの雰囲気を味わえます。

民族系テイスト
独特な柄物と暖かみのある色合いでコーディネートすることで、個性を存分に表現できます。

和モダンテイスト
日本の伝統的なスタイルに現代風のアレンジを加えたテイストとなり、落ち着いた空間を作ります。

テイストに合わせたカラーコーディネートでインテリア性をアップ

インテリアのテイストに使われている色を意識することで、部屋のインテリア性や統一感が上がります。それぞれのテイストを演出するインテリアカラーを把握して、おしゃれで落ち着ける部屋を作りましょう。

南国の雰囲気漂うハワイアンテイスト
暖色系のファブリックや、印象的な柄物のアイテムを使うことで、温かみのある南国の雰囲気を味わえるハワイアンテイストになります。

爽やかな海風を感じるリゾートテイスト
ブルーのファブリックや壁面装飾でまとめることで、爽やかな印象のリゾートテイストになります。アクセントカラーを上手に取り入れましょう。

適度に柄物を取り入れて部屋にアクセントを入れる

柄物のファブリックアイテムは、部屋にアクセントをつけ、印象的な空間にしてくれます。自然のモチーフを使った柄物のアイテムは、自然の癒しを感じる落ち着いた部屋のテーマ性をアップさせ、飽きの来ない空間を演出するため、インテリアのアクセントにおすすめです。

寝室にもアクセントを入れる

寝室にもアクセントを入れいることで、高級感のあるホテルライクな印象の部屋にして頂けます。寝室を彩るベッドスプレッドやベッドスローは、簡単に柄物を取り入れることができ、非日常的な寝室へと変えてくれるアイテムです。

おすすめコラム

ポイント4 インテリアアイテムでワンランク上の落ち着いた部屋作り

カーテンや間接照明、壁面装飾などのインテリアアイテムを使うことで、インテリア性がアップし、ワンランク上の落ち着いた部屋を作っていただけます。インテリアアイテムを取り入れる際は、機能性などのポイントにも注目して選びましょう。

落ち着く部屋を作る自然を感じるアートパネル

自然の癒しやぬくもりを感じさせてくれるアートパネルは、落ち着いた雰囲気の部屋におすすめです。壁面を彩ることで、適度な情報量を部屋に加えて落ち着ける部屋を作ることができます。インテリアに合わせたアートパネルを使って、空間にアクセントを入れましょう。

殺風景になりがちな壁面を彩る壁飾り・アートパネル

マンションのリビングダイニングの壁面などは、横長の長方形になっている間取りが多く、壁の面積も比較的広くなっています。壁一面に何も装飾が施されていないと、どこか殺風景な印象になりがち。そのような壁面には、アートパネルなどの壁面装飾を使って、部屋を彩りましょう。

壁面に何も装飾のされていない横長のリビングダイニングはどこか殺風景な印象に。

壁面装飾を取り入れることで、空間が華やかな印象になります。

  • 落ち着く部屋の壁面を彩る壁飾り・アートパネル

ファブリックパネル
ファブリック生地を使用しており、あらゆる部屋でカラーコーディネートが楽しめます。

アートパネル
自然の情景を彷彿させる色使いと質感が印象的な壁飾り。高級感のあるインテリアを演出してくれます。

高岡銅器
日本を代表する伝統工芸「高岡銅器」の着色技術が織りなす、色鮮やかな発色が堪能できる壁花器。

ウッドパネル
アジアな雰囲気を醸し出す格子デザインが魅力。部屋に温かみを与えてくれます。

自然をモチーフにした美しいアートパネルで心が安らげる

様々なモチーフから作られるアートパネルですが、自然をモチーフにしたアートパネルは心を落ち着かせて癒しを感じさせてくれます。こちらのアートパネルは、リゾートの島々における自然感溢れる情景をモチーフに描いた非日常感を演出する壁面装飾です。クッションカバーなどと合わせてコーディネートすることで、統一感が増し素敵な空間にしてくれます。

  • 自然をモチーフにしたアートパネル

ハイビスカス
リゾート地に訪れると必ず出迎えてくれる「ハイビスカス」をモチーフにしたファブリックです。

パーム
大小のヤシを面と線で細かく描き、立体感と奥行き感のある風景をデザインが魅力的。

プルメリア
リゾートフラワーとして代表的な「プルメリア」をモチーフにしたアートパネルになります。

アイランド
砂浜から海、水平線、空への繋がりをランダムな面と線で描き、美しい自然のグラデーションを再現。

気持ちを落ち着かせる間接照明を置く

天井照明以外にも間接照明などを使うことで、ムード満点の落ち着く部屋を叶えていただけます。優しい灯かりで照らしてくれる間接照明は、どこにレイアウトするのかでサイズや印象が異なるため、部屋全体のバランスを考えながら適切な場所に置きましょう。

優しい灯りでムード満点の落ち着いた部屋に

間接照明の優しい灯かりは、気持ちを静めて落ち着かせてくれる効果があります。温かみのある雰囲気が癒しの空間へと誘うため、おしゃれなインテリアには必須のアイテムです。間接照明を置けるスペースがあれば、是非検討して下さい。

リラックス効果のある優しい灯り

人は夕日や焚火といった暖色系の灯かりを見ることで、リラックスし落ち着くと言われています。間接照明はその灯かりに近いため、落ち着きたい時は部屋を暗くして間接照明だけで過ごすのも良いでしょう。その時々のシーンに合わせても使えるところがポイントです。

落ち着く部屋作りは間接照明を置く場所もポイント

間接照明には「フロアーランプ」や「テーブルランプ」などの種類があり、どこに置くのかでも選ぶサイズが変わります。置く場所に適したサイズ感の間接照明をレイアウトして、おしゃれで落ち着く部屋を演出して下さい。

フロアーランプ」は高さがあるため、テレビボード横に置くと、テレビ特有の存在感や圧迫感を軽減してくれる効果があります。照明を使わない日中でも、インテリアの一部として空間を作るアイテムです。

ベッド付近に「テーブルランプ」を置く際は、ナイトテーブルの大きさにも注意してサイズを選びましょう。テーブルランプ以外の物も置けるスペースを確保しておくと安心です。

落ち着いて暮らしやすいカーテンで快適な部屋作り

窓周りのインテリアをおしゃれに変えてくれるカーテンは、生活するためには必要なアイテムです。デザイン性は大切なポイントになりますが、機能性にも注目してカーテンを選ぶことで、落ち着いて暮らしやすい部屋を演出していただけます。

カーテンの色で落ち着いた雰囲気を演出

住宅は外部の光を取り入れる設計をするため、窓は比較的大きく設けられています。その窓に使うカーテンも面積が大きくなるためカーテンの色選びは大切です。落ち着く部屋に合わせたカーテンの色を選んで、統一感のある部屋をコーディネートしましょう。

  • 落ち着く部屋を演出するおすすめのカーテンの色

落ち着く部屋はカーテンの機能性でも変わる

カーテン選びは部屋の雰囲気を作るデザイン性だけではなく、機能性もポイントです。特にワンルームなどは大きさのある掃き出し窓の前にベッドやソファ等をレイアウトすることが多いため、機能的なカーテンを選ぶことで落ち着ける空間を演出していただけます。

レースカーテン
日中の外からの日光を和らげてくれる効果があるレースカーテン。透け感があるため、適度に部屋を明るくしてくれます。

遮光カーテン
外部からの光を遮る効果がある遮光カーテン。寝室やワンルームのベッド周りにおすすめのカーテンになります。

心地良さを感じるグリーンをプラスして部屋にアクセントを入れる

インテリアに自然を感じられるアイテムをプラスすることで、心が休まる落ち着いた雰囲気の部屋を演出していただけます。特に観葉植物はインテリアのアクセントにもなるため人気のアイテムです。お手入れが難しい場合は、フェイクグリーンなどを検討してみましょう。

観葉植物には気持ちを落ち着かせて癒す効果がある

瑞々しい葉が自然の癒しを感じさせてくれる観葉植物は、気持ちを落ち着かせる効果があります。どこに置いても馴染む観葉植物ですが、配置場所に悩んだ際は、テレビボード横などの毎日目にする機会が多いスペースにレイアウトしましょう。

  • 落ち着く部屋を演出するおすすめの観葉植物

エバーフレッシュ
明るいグリーンの葉と華奢な樹形が爽やかさを演出します。

シェフレラ
メジャーな観葉植物のひとつで、丈夫で育てやすいことから人気があります。

モンステラ
切れ込みの入った独特な形の葉は南国風のモチーフとして非常に人気。

アレカヤシ
リゾート気分が味わえる人気の観葉植物で、部屋の印象を変えてくれます。

手入れが難しい時はリアルなフェイクグリーンもおすすめ

一人暮らしの方で観葉植物のお手入れが難しい方や、小さなお子様がいて害虫などが心配というご家庭にはフェイクグリーンがおすすめ。近年のフェイクグリーンは、リアルに再現されているため、観葉植物の癒しを感じさせてくれます。種類も豊富にあるため、お好みのグリーンを見つけましょう。

フェイクグリーンを使った照明

照明やインテリア雑貨の中にはフェイクグリーンを使ったアイテムがあります。フェイクグリーンだからこそできるため、スペースの限られた空間にグリーンを取り入れたい時におすすめです。

物が多過ぎず殺風景に見えないコーディネートバランスが大事

インテリアアイテムを取り入れるポイントは、飾るアイテムの数を制限することです。飾っているインテリアアイテムの数が多すぎてしまうと、情報量が多く見栄えも悪くなります。反対に、物を置かないと殺風景になるため、大きいアイテムは2~3個ほどにまとめるとバランスが取れます。

おすすめコラム

  • インテリア小物でおしゃれな部屋を叶える ~おすすめインテリア小物と使い方のポイント~
    インテリア小物でおしゃれな部屋を叶える ~おすすめインテリア小物と使い方のポイント~

    インテリア小物がセンス良く飾られた部屋は、おしゃれで憧れますよね。その反面、インテリア小物をおしゃれに飾るのは難しそうと、お悩みの方も多いのではないでしょうか。今回のコラムは、そのようなお悩みを解決させる「おしゃれなインテリア小物」や「インテリア小物をおしゃれに飾るコーディネートのポイント」についてご紹介致します。是非、参考にされてみて下さい。

落ち着く部屋を叶えたおしゃれなインテリア実例

落ち着く部屋を作るポイントを押さえた過ごしやすくおしゃれなインテリア実例をご紹介。生活のしやすい動線を確保したレイアウトや、落ち着きを演出する家具やカラーコーディネートが魅力のインテリアになりますので、是非参考にしてみましょう。

レイアウトで落ち着く部屋を作ったインテリア実例

生活のしやすいレイアウトでコーディネートされた落ち着く部屋をご紹介致します。家具と家具の距離感や、スムーズに行動ができる生活導線を確保したインテリア実例です。レイアウトを整えることで、おしゃれでスッキリとした印象の落ち着く部屋を作ることができます。

開放的なレイアウトと落ち着いた色合いのワンルーム実例

ロータイプの家具でまとめた開放感のある落ち着くインテリア実例になります。インテリアのカラーをブラウンにまとめることで、さらに落ち着いた印象を演出。奥に続くベッドルームへもアクセスのしやすいレイアウトが特長的です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ
    【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ

    部屋作りの際は開放感のあるロースタイルなリビングに仕上げたいという方は多いのではないでしょうか。広く見える部屋づくりを叶えるには、ロースタイルの家具選びや段差を活かしたサンクンリビングのレイアウト、ワンカラーでまとめて視覚的に広く見せることが重要になります。開放的なロースタイルリビングを生み出すポイントを実際のお客様宅実例をふまえてご紹介します。

ストレス無くゆったり落ち着いて過ごせる二人暮らし実例

スペースを有効に使えるソファダイニングでまとめたレイアウトが印象的な実例です。ゆったりとした家具のレイアウトで落ち着いた雰囲気を演出。家具をゆったりと配置することで、生活のしやすい落ち着いた部屋になります。

家族で落ち着けるソファセットをレイアウトしたインテリア実例

ゆったりと過ごすことができるローソファのコーナーセットでレイアウトした落ち着きのあるインテリア実例になります。ヒヤシンスの素材感がリゾートのリラックスムード溢れる空間を演出。まとまりのあるナチュラルなカラーコーディネートも魅力的です。

おすすめコラム

寝室内のパーソナル空間で落ち着いて作業できる実例

寝室にパーソナルスペースを設けたインテリア実例です。ベッドとデスク周りの生活動線を確保することで、ストレス無く趣味や仕事を行える空間に。ブルーのアクセントクロスが気持ちを落ち着かせ、作業をはかどらせてくれます。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び
    【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び

    海や山といった自然豊かな絶景を楽しめる「熱海」。都心からのアクセスも良く、日々の疲れを癒せるため別荘地としても有名です。熱海の絶景を眺めながら、快適に別荘で過ごすために、こだわりの家具・インテリアを選んでみてはいかがですか。今回のお客様実例は、非日常を感じられる熱海に別荘を持ち、極上の安らぎとワーケーションのような様々な別荘での過ごし方が出来るインテリアコーディネート・家具選びのポイントをご紹介致します。

家具の素材にこだわった落ち着く部屋のインテリア実例

落ち着く部屋を演出する家具の素材を存分に感じるインテリア実例をご紹介致します。それぞれの素材感が空間のテーマ性を作り、統一感のあるインテリアコーディネートで落ち着く部屋を演出しています。理想の落ち着く部屋を叶える家具の素材を、是非検討してみましょう。

癒されるヒヤシンスが主役のホテルライクなワンルーム実例

ヒヤシンス素材を存分に使用したソファを使ったホテルライクなワンルーム実例です。ワンルームの限りある空間でもレイアウトしやすいコンパクトなソファと開放的に見せるローベッドを配置することで、ゆったりと落ち着きのあるリゾートホテルのような部屋を演出しています。

おすすめコラム

  • リゾートインテリアで統一感のあるお部屋を作るコツ
    リゾートインテリアで統一感のあるお部屋を作るコツ

    誰もが憧れる統一感のあるインテリアコーディネート。「統一感」というワードは、洗練されたお部屋作りにおいて欠かせません。日本の住宅に適したリゾート家具を使って、統一感のあるお部屋作りのコツについてご紹介します。

無垢材ソファでぬくもりと落ち着きを楽しめるインテリア実例

落ち着きのある雰囲気を醸し出す無垢材のソファをレイアウトしたインテリア実例です。上品な雰囲気とダイナミックな木目が高級感を演出。カウチソファにすることで、ゆったりとしたリラックスムード満点な部屋になります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

シックで落ち着きのあるヒヤシンスDGで統一したインテリア実例

グレートーンでカラーコーディネートされた落ち着きのあるシックなインテリアです。グレーのファブリックカラーを引き立てるヒヤシンスDGを使ったローソファは、モダンな印象の中にも特別な雰囲気を演出。ダイニングチェアにもヒヤシンスDGを使うことで部屋に統一感が生まれます。

おすすめコラム

カラー・柄で落ち着いた部屋に仕上げたインテリア実例

ソファカバーやチェアカバーなどのファブリックアイテムの色や柄で落ち着きのある空間を演出したインテリア実例になります。カラーをまとめることで統一感が生まれ、おしゃれな空間を演出。使う色によっても部屋の印象が異なるため、使う色や柄でどのような雰囲気になるのか参考にしてみましょう。

爽やかなブルーで気持ちを落ち着かせるインテリア実例

気持ちを落ち着かせる効果があるブルーでコーディネートされた爽やかなインテリア実例。ブルーのカラーコーディネートを引き立てるラタン素材の家具も魅力的です。家具の素材感やカラーコーディネートを統一することで、一体感のある部屋を作ることができます。

おすすめコラム

落ち着くグリーンカラーで統一した癒しのインテリア実例

落ち着きと癒しを与えてくれるグリーンカラーのファブリックでまとめられたリビングダイニングです。無垢材のソファやダイニングセットともマッチした高級感のある部屋に。アートパネルを用いることで、部屋全体で癒しを感じる事ができます。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート
    【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート

    贅沢な景色を一望できるのが高層マンションの魅力です。窓から映える都心の風景に、自然の中にあるグリーンや、木々の香気感じる質感をインテリアに取り入れ、贅沢な雰囲気の中にも自然のぬくもりを感じる特別なお部屋を作ってみてはいかがですか。今回は、窓から広がる贅沢な風景と、グリーンカラーを取り入れた自然のぬくもりが作り出す「天空の森」をイメージしたお客様のマンションインテリア実例をご紹介致します。

上品なパープルが落ち着いた印象を与える寝室実例

上品なパープルでコーディネートされた寝室実例です。パープルのベッドスプレッドやカーテンで寝室のカラーコディネートを行い、柄物のベッドスローを使って部屋にアクセントを演出。小物遣いがおしゃれなワンランク上の寝室になります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり
    【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり

    今回の特集は、自宅からオンライン相談を利用して理想のインテリアコーディネートを叶えたお客様実例をご紹介致します。家具・インテリアご検討時のお悩み等をオンライン相談にて解決に導いた方法や、3Dシミュレーションサービスを活用したご提案をご覧ください。来店せずに自宅からオンライン相談できる、a.flatのインテリアコーディネートサービスでご希望の部屋作りが叶います。

インテリアアイテムで落ち着く部屋を演出したインテリア実例

落ち着く部屋をワンランク上の空間にしてくれるインテリアアイテムを取り入れたインテリア実例をご紹介。それぞれの空間にマッチしたインテリアアイテムを取り入れることで、おしゃれで落ち着ける空間を演出できるため、今お過ごしの部屋で何か物足りないと感じている方は参考にしてみて下さい。

ウッディーな質感で落ち着く部屋を叶えたワンルーム実例

落ち着きのあるウッディーな素材のインテリアアイテムを取り入れたワンルーム実例。ウッド素材のぬくもりとマッチしたブラウンのカラーコディネートが落ち着く部屋を演出しています。スッキリと見せるデザインのソファも魅力的です。

おすすめコラム

優しさを感じるファブリックでまとめた落ち着く部屋の実例

1LDKではリビングと寝室につながりを感じやすいため、統一感のあるインテリアアイテムを取り入れましょう。こちらの実例では、可愛らしい花柄のインテリアアイテムを上手に取り入れて、落ち着きのある1LDKをコーディネートしています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

無垢材家具×観葉植物で落ち着いた部屋を叶えた実例

無垢材の家具で統一されたぬくもり溢れる空間に、観葉植物をプラスして自然の癒しを感じさせてくれるインテリア実例。部屋にグリーンがあることで、落ち着きや癒しを与えてくれます。クッションなどのインテリアアイテムにもグリーンを使った統一感のあるコーディネートです。

おすすめコラム

3Dシミュレーションで落ち着く部屋を実現する

おしゃれで過ごしやすい落ち着く部屋を作る際は、是非3Dシミュレーションを活用して、事前に部屋のレイアウトやコーディネートをチェックしましょう。家具と家具の距離感や、3Dイメージにすることで部屋の雰囲気が分かるため、理想の落ち着く部屋をチェックしやすくなります。

落ち着きを感じる部屋のレイアウトを考える

生活がしやすく落ち着ける部屋を作るためには、まず最適な家具のレイアウトが大切です。生活動線の確保や、部屋全体のサイズバランスなどを2Dイメージを使ってチェックしましょう。

レイアウトを行う際、家具と家具のバランスが大切になります。家具の距離感が確保され、生活を送るうえでスムーズに行えるのかチェックしましょう。

テレビボード前などはバルコニーへアクセスする動線になることもあるため、人が通れる距離を確保すると生活がしやすい空間になります。

落ち着く部屋を彩るカラーコーディネートをチェック

3Dシミュレーションを使うことで、立体的に部屋の雰囲気を確認していただけます。平面では分からなかったポイントや、家具やカラーコーディネートのイメージがしやすく便利なツールです。簡単にインテリアのカラーも変えられるため、ご自身が落ち着けるインテリアカラーと部屋の雰囲気のバランスをチェックしましょう。

壁面装飾やラグ、カーテンなどのインテリアアイテムを取り入れることで、より空間全体にスタイルやテイストを表現。家具の素材との組み合わせをイメージしていただけます。

3Dシミュレーションでは、ソファカバーやチェアカバーなどの色も自由に変えることができます。落ち着く部屋を演出するカラーコーディネートを事前にチェックしましょう。

おすすめコラム

  • 【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~
    【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~

    家具を購入する前に、家具配置のシミュレーションをしてお部屋のイメージを確認することができれば安心して検討することができます。a.flatではパソコンやスマートフォンを使い、誰でも簡単に実際のお部屋と、家具配置やインテリアのイメージを再現できる3Dシミュレーションソフト「マイルーム3D」を無料で公開しています。ここではそんなシミュレーションソフトの使い方を分かりやすい動画付きでご紹介します。

落ち着く部屋作りは店舗でチェック

3Dシミュレーションはご自宅で手軽に行えるツールですが、実際の家具をご覧いただきながら試すことで、よりイメージがしやすくなります。また、部屋のイメージを一から作成する手間も省けるので、店舗へご来店の際は、是非コーディーネートサービスをご利用ください。

落ち着く部屋には家具の使い勝手やデザイン、素材感が重要なポイントに。実際に家具をご覧いただき試しながら、どのようにレイアウトしていくかをご検討していただく事で、快適な落ち着く部屋をイメージしていただけます。

  • 落ち着く部屋のインテリアをチェックできる店舗一覧

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

おすすめメニュー

  • 店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談について

    店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談についてのページです。STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

まとめ

今回の落ち着く部屋を作るポイントはいかがでしたか?毎日を過ごす部屋が落ち着かないと、快適な生活を送ることができません。落ち着く部屋を作りたい方は是非、今回のポイントを押さえて、心身ともにリラックスしてお過ごしいただける素敵な空間を作りましょう。

おすすめコラム

  • 理想のリビングルームを叶えるインテリアコーディネート特集~リビング実例付き~
    理想のリビングルームを叶えるインテリアコーディネート特集~リビング実例付き~

    今回は理想のリビングルームに近付けるための、インテリアコーディネートポイントをまとめた特集です。皆様それぞれが思い浮かべている好みのリビングを作るためには、4つの大切なインテリアのポイントを意識することで理想の空間を叶えることができます。様々なリビング実例を参考にしながら、理想のリビングを実現していきましょう。

  • 【特集】おうち時間を楽しめる17のアイデア ~インテリアで変わる充実した暮らし~
    【特集】おうち時間を楽しめる17のアイデア ~インテリアで変わる充実した暮らし~

    室内で過ごす時間が多くなった昨今。家具やインテリアなどと共有する時間が増えましたね。皆様はおうち時間を楽しむために、どのようにお過ごしですか。ライフスタイルが大きく変わり、ストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。そんな今だからこそ、インテリアを変えてより充実した自宅での暮らしを叶えてみては。今回は、インテリアで変わる、おうち時間を楽しむための17のアイデアを、実例付きで紹介いたします。よろしければ、おうち時間を楽しめるお部屋作りに活用ください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.