• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方

公開:2019/1/17

更新:2019/5/2

ライター:ネットショップ清水

観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方

観葉植物は観賞して楽しんだり空気をきれいにする効果が得られるだけではなく、お部屋のインテリアとしても活躍します。とはいえ種類も豊富なため、どんなものを選んでどんな風に置けばよいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はインテリアとしての観葉植物について、選び方やレイアウトの方法なども含めて紹介します。

観葉植物の魅力とは

観葉植物とは葉の色や形を見て楽しむための栽培植物です。空間をおしゃれに彩るインテリアアイテムとして人気もがありますが、そんな観葉植物の魅力のうちのひとつが、室内環境を整えてくれるという点です。植物は二酸化炭素を吸収し、酸素を排出しています。そのため置いておくだけで空気清浄の効果を発揮、お部屋の空気をきれいにしてくれるのです。そして、もうひとつの魅力はリラクゼーション効果があることです。木に囲まれた場所に行くと不思議と身も心も軽くなるように、植物から出るフィトンチッドという成分が癒しや安らぎを与えてくれるのです。このように観葉植物は、視覚的な効果だけでなくわたしたちや身のまわりにとって癒しの存在と言えるでしょう。

ミニコラム~風水と観葉植物~

観葉植物を置くことは風水学的にもよいとされているのをご存知ですか?植物の生命力が良い気を生み出し、空間を明るく活気づけるといった効果があると言われています。基本的にはどんな部屋や方位に置いても良い効果をもたらすとされていますが、運気の流れを循環させるようなイメージで配置するのがポイントです。

インテリアとしての観葉植物の役割

わたしたちの心と室内環境を整えてくれる観葉植物は、おしゃれなお部屋づくりにも欠かすことのできない装飾性の高いアイテムでもあります。観葉植物はインテリアにおいて具体的にどのような役割を果たすのか説明していきたいと思います。

アクセントになる

せっかくおしゃれな家具でコーディネートしても、
それだけでは上手くまとまらなかったり、どこか物足りなさを感じる場合があります。そこへ観葉植物を置くと、空間にうまく馴染みつつもアクセントになり、全体の印象がぐっと引き締まって見えるのです。インテリアコーディネートに自信がないという方でも、観葉植物を取り入れるだけで簡単にセンスある雰囲気を作り出すことができます。

バランスを整える

観葉植物は人の身長よりも高い大型サイズから卓上サイズまで、様々な大きさのものがあります。スペースに合わせたサイズの観葉植物を置くことで、高さや間隔などインテリア全体のバランスを整えることができます。例えば隅にできた余白を埋めたり、高さのあるもので立体感を出すなど、観葉植物で微調整をすることがおしゃれなお部屋づくりの役に立つのです。

インテリアとしての観葉植物の選び方

観葉植物の選び方は様々ありますが、ここではインテリアアイテムとしての選び方のコツをご紹介します。

飾り方で選ぶ

まず観葉植物を選ぶ前に、家具のレイアウトを決めておくことが前提となります。そこへ観葉植物をどんな風に飾るかによって必然的にサイズや数量、そして種類をある程度絞りこむことができます。置きたい場所のまわりにある家具とのバランスを気にしながら、まずは観葉植物をどうやって飾りたいかということを考えてみましょう。

単品置き
シンボルツリーのように高さのあるものを1つだけ取り入れると、お部屋にインパクトを与えることができます。

複数置き
ひとつの部屋に複数置きたい場合は、小・中型サイズのみでまとめるか、大中小を全部で1:2:3くらいの割合になるよう取り入れるのがおすすめです。

壁や天井から吊るす
置くスペースが取れないという場合は、ハンギングプランターがおすすめ。蔓が垂れるように伸びる観葉植物が定番です。

テイストとの相性で選ぶ

観葉植物は種類によって樹形や葉の形などが異るため、与える印象も変わります。そのため、インテリアのテイストに合ったイメージの観葉植物を選ぶと空間全体をうまくまとめることができます。

アジアン
自然のものと相性がよいアジアンテイスト。特に葉の形にインパクトあるものや、熱帯地方が原産のものがおすすめです。
※モンステラ、オーガスタ、ユッカ、ヤシ類など

モダン
シンプルで洗練された印象のモダンスタイルには、シャープなシルエットの観葉植物がおすすめです。また、葉の色が濃いものはシックな印象を深めてくれます。
※サンスベリア、ストレリチアなど

北欧
ナチュラルで温かみのある北欧スタイルには、丸い形や小さな葉を持つ優しい印象のものがおすすめ。シンプルな家具に馴染むよう、小さめの鉢植えを点在させる方法も相性が良いでしょう。
※オリーブ、エバーフレッシュなど

観葉植物をプラスしたインテリアのつくり方

お部屋の中に観葉植物があると鮮やかなグリーンに思わず目を惹かれます。そのため観葉植物の取り入れ方によって空間の印象が大きく変わることもあるのです。ここからは観葉植物をうまく使い、洗練された空間をつくる方法をご紹介します。

①観葉植物のレイアウトを決める

基本的なレイアウトの考え方

家具と同様に人の動線上に置くのは避けましょう。そのため床に置くタイプの観葉植物の配置場所は、部屋の隅や壁沿いが基本となります。そして植物を枯らさないためにも、日の光が入り風通しのよい窓の近くに置くことを意識しましょう。ただし、植物の中には直射日光に弱く半日陰を好む種類もあるので、置きたい植物の特徴や育て方を事前に理解しておく必要もあります。

・日当たりの良い場所(窓際)
・日陰となる場所
・エアコンの風が直接あたらない位置
・風通しが良い場所

リビング・ダイニング

テレビボードの横
目線が集まりやすいテレビの近くに置いたレイアウト。電化製品ならではの無機質な印象を和らげることができるため、比較的スタンダードな置き方のひとつです。ただし、あまりテレビに近付きすぎないよう一定の間隔をとって配置しましょう。

ソファの間
ソファとラウンジチェアを直角に置いた際にできるコーナーのデッドスペースを利用した配置。こちらのお部屋のように吹き抜けがある場合、背の高い観葉植物を置くことで上部の開放感を強調することもできます。

部屋の角(ダイニング)
コーナーに置くと動線を塞ぐことなく、見た目にも収まりが良いのでスタンダードな置き方と言えます。ダイニングテーブルの近くに置く場合、ユッカやサンスベリアなど葉が横に広がらず縦に伸びるタイプの植物がおすすめです。

ロースタイルの部屋
背の低いロースタイルの家具でまとめた場合、天井に開放感が生まれるものの、少し寂しい印象になりがち。このような場合は天井や壁から植物を吊るして飾る方法がおすすめです。家具の上に吊るすと人の邪魔にならず、バランス良くみせることができます。

寝室/ワンルーム

ベッドまわり
広くない寝室の場合、床置きタイプよりも卓上サイズの観葉植物を取り入れましょう。ポトスやアジアンタムなど耐陰性のあるものがおすすめです。ヘッドボードの台に置けば、より癒しの効果を感じられそうですね。

飾り台
お部屋が狭く大型の植物を置きたくない場合には、飾り台やスタンド式のプランターを利用するのがおすすめ。おしゃれな雰囲気づくりにも効果的です。

その他のスペース

ベランダ/バルコニー
殺風景になりがちなベランダに観葉植物があると、マンションでも庭のように自然を楽しむことができます。屋外で育てる場合は耐寒性があるオリーブやワイヤープランツ、ゴールドクレストなどがおすすめ。また、直射日光に当たらないよう日陰となる場所に置いてあげましょう。

玄関/廊下など
装飾をしにくいスペースに観葉植物を置くことで華やかさを出すことができます。飾り台やスツールと一緒に飾るなど工夫をすれば、おしゃれな印象も与えることができます。玄関は気の通り道のため、風水的にも観葉植物を置くには良い場所とされています。

②観葉植物と相性の良いカラーでコーディネートする

植物を置くだけでも明るい印象になりますが、さらに観葉植物に合うカラーでお部屋を装飾することで空間全体がまとまり、統一感を演出することができます。基本的に観葉植物はどんなカラーにも合わせることができますが、その中でも特にブラウンやブルーなど自然を連想させるようなカラーは馴染みが良くおすすめの組合せです。

■グリーンカラーでボタニカルな空間を演出

植物と同じグリーンカラーで空間全体をまとめたコーディネート。複数の観葉植物を点在させて、まるで森の中にいるような癒しの雰囲気を作り出しています。グリーンカラーとの組合せは、清々しいボタニカルライフを楽しむことができます。

おすすめコラム

■アースカラーでナチュラルな印象を演出

ブラウンやベージュなど彩度の低い色合いでまとめたコーディネート。大地を連想させる落ち着いたカラーは観葉植物のグリーンとも非常に相性がよく、優しくリラックスした雰囲気をつくり出すことができます。

おすすめコラム

■ブルーカラーでリゾートの心地よさを演出

空や海など壮大な自然を連想させるブルーカラーは、観葉植物と組合せることで屋外のような開放感を演出します。そのためワンルームなど狭い部屋にも取り入れたいコーディネートになります。こちらのお部屋の場合、ブルーでまとめた中にも明るいグレーカラーを取り入れて、抜け感をプラスしたところもポイントです。

おすすめコラム

インテリアとして人気の観葉植物の種類

見た目や育てやすさから、インテリアアイテムとして人気のある観葉植物の一部をサイズごとにご紹介します。

大型サイズ

主に床に置いて飾るサイズのものになります。ボリューム感があり、一鉢置くだけでお部屋の印象が大きく変わります。

エバーフレッシュ
ネムノキと同じく夜になると葉を閉じます。明るいグリーンの葉と華奢な樹形が
爽やかさを演出し、どんなテイストの部屋にも合わせることが可能。室内の照明でも管理することができます。

アレカヤシ
リゾート気分が味わえる人気の観葉植物で、お部屋の印象をがらっと変えてくれます。中-大型サイズが多く出回っており、日当たりのよい環境が適しています。

シュロチク
上品な佇まいから、和やアジアンテイストと相性が良い植物。部屋に飾る事で魔除けになるとも言われています。寒さに強く日本の気候に適していると言えます。

フランスゴムの木
ゴムの木とはフィカス属の総称で、こちらは小ぶりで丸い葉がかわいらしい品種。幹を曲げた「曲り」の株がインテリア性が高いとして特に人気があります。

中型サイズ

主に床や低めの台に置いて飾るサイズ感のものになります。ちょうど良い大きさで飾る場所を選びません。

モンステラ
切れ込みの入った独特な形の葉は南国風のモチーフとして非常に人気があります。日陰~半日陰が適し、丈夫で育てやすいのも魅力。

パキラ
小型~大型まで多くのサイズが流通し、財をもたらす縁起のよい木と言われて進物としても人気があります。環境適応性が強く初心者にもおすすめ。

オーガスタ
大きめの葉が優雅で、ホテルや商業施設などでも目にすることが多い植物。寒さにも比較的強く育てやすい品種のひとつです。

シェフレラ
メジャーな観葉植物のひとつで、丈夫で育てやすいことから人気があります。葉が多く生き生きした姿からは自然の持つパワーを感じることができます。

卓上サイズ

テーブルや棚の上に置いたり、壁や天井から吊るすことのできるミニサイズ。ひとつ置いてアクセントにしたり、複数置いて組合せを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。

ガジュマル
気根と呼ばれる太い根同士が絡み合うユニークなシルエットが人気の理由。厚みのある葉からも生命力が感じられ、幸福をもたらすとも言われています。

アジアンタム
繊細で柔らかな葉が涼しげな雰囲気を醸し出します。多湿を好むため日が当たる場所であればキッチン等にも置けます。水切れに注意が必要。

サボテン
多くの種類が存在し、形や色も様々でインテリアとして人気の高い多肉植物。安価な割に育てやすく長生きするため、誰でも取り入れ易いのも魅力です。

サンスベリア・ハニー
日当たりを好む植物で、別の品種は中型のものが多い。空気清浄機能が高いとして人気があります。丈夫で乾燥に強いので室内で育てることが可能。

卓上サイズの観葉植物におすすめの飾り台
卓上サイズの観葉植物はテーブルや収納棚の上などいろいろな場所に置くことができます。そんなミニグリーンをよりおしゃれにディスプレイするなら、飾り台との組合せがおすすめです。お部屋の端や空いたスペースを使って、さり気なくおしゃれなグリーンライフを楽しみましょう。

ミニコラム~お手入れ不要なフェイクグリーンの魅力~

フェイクグリーンとは本物の植物に似せて作られた人工の植物を指します。安価で多くの種類が出回っており、最近は本物と見間違うほどリアルなものも増え人気となっています。写真は造草が巻き付いたデザインのペンダントライトですが、これもフェイクグリーンならではアイテムですよね。水やり等の世話の必要もなく、場所も選ばないため、植物の世話に不安がある人におすすめです。

【コーディネート実例】インテリアグリーンのある暮らし

■観葉植物とインテリアカラーが調和した癒しの3LDKマンション

ボリューム感のあるパキラなど、いくつかの観葉植物を取り入れたグリーンを感じるリビング。ソファやラグなどもそれに合わせてグリーンカラーでまとめています。都会のマンションにいながらにして、常に新緑の爽やかさを感じられるコーディネートになります。

■観葉植物と装飾でアジアの暮らしを楽しむ一人暮らしワンルーム

ヒヤシンスソファのサイドにストレリチアの鉢植えとムードあるフロアランプを置き、さらにアジアンな要素をプラスしています。そこにパープルカラーや菊柄のファブリックで装飾をし、エキゾチックな雰囲気を演出。ワンルームという限られた空間の中でも、非日常的な時間を過ごすことができます。

■観葉植物がアクセントになるシンプルモダンな1LDKマンション

シンプルでスタイリッシュな雰囲気のモノトーンインテリアに、バーガンディの深い緑がアクセントになっています。このバーガンディはソファとダイニングシーンとを仕切るパーティション代わりにもなっています。

室内に観葉植物を置く場合の注意点

インテリアアイテムとして活躍する観葉植物ですが、あくまでも生き物であり、お手入れが欠かせないということを忘れてはいけません。ここでは観葉植物を育てる際に基本となる3つのポイントをご紹介します。

日当たり

植物は日光により育つものなので、基本的には日当たりがよい場所に置く必要があります。日陰を好む植物でも、たまに場所を移動させて日光浴させることも必要になります。さらに、直射日光が当たらない方がよいものや、乾燥・湿気を嫌うものなど、種類によってそれぞれ特性があります。置きたい観葉植物の特性を十分に知り、それを生かして上手に育てましょう。

水やり

基本的にどんな植物でも水やりは必要です。土全体が乾いてきたと思ったら水をたっぷりと与えましょう。ただし、水やりは一日に何度も行うと根腐れを起こして枯れてしまうので注意が必要です。また、霧吹きスプレーを使って葉に直接水を吹きかける“葉水”も水やりとあわせて行います。水やりも植物の種類によってタイミングが異なるので、購入時などに確認しておくと安心です。

風通し

自然界で植物は常に風に当たっていますよね。植物にとって風は光合成を助ける効果があり、また鉢内の湿度環境を整えてくれる役割もあります。そのため室内でも換気をしたり、たまに屋外へ出してあげるなどの対策が必要になります。

まとめ

今回の特集はいかがでしたでしょうか。観葉植物の種類や置き方ひとつでお部屋のイメージが変わることもあるので、室内に置く場合はインテリアとしての見せ方を意識してみてください。また、手入れをしながら成長を見守ったり、たまには場所や鉢を替えて気分転換したりと、日々の変化を楽しむこともできます。ぜひ観葉植物がもたらす癒しのインテリアを取り入れてみませんか。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.