• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

【開発エピソード】壁飾り~ウッドパネルv03の商品開発~

公開:2019/3/19

更新:2019/3/22

ライター:野道

【開発エピソード】壁飾り~ウッドパネルv03の商品開発~

インテリアの引立て役とも言うべき壁飾りですが、ウッドパネルはa.flatのブランドメッセージでもある「その暮らしに、アジアの風を」を具現化した壁面装飾商品の一つです。ウッドパネルの歴史はa.flat商品の中でも意外と古く、2007年4月から販売をしている人気のある商品です。スッキリとした抜け感が印象的な商品ですが、実は非常に難易度の高い構造となっています。今回は沢山の困難を乗り越えて復活した、ウッドパネルに関わる商品開発秘話をご紹介させていただきたいと思います。

プロローグ

a.flatのウッドパネルはa.flatの家具との相性を考えてデザインされています。開発は2006年に開始し、2007年4月より「ウッド・パネルv01」として販売がスタート。2009年4月から「ウッド・パネルv02」へ仕様変更して販売を続けていました。もともとウッドパネルは日本の家具製造代理店を経由して中国の工場で生産しており、当時の製造に関わるプロセスは工場独自のものでした。ある日、当該工場から生産ができなくなってしまったと突然連絡があり、2016年6月で販売を一旦終了せざるを得ませんでした。 生産中止の理由は安定した品質の商品が生産できないと言うことが主たる理由で、高齢化によりウッドパネルをつくれる職人がいなくなったことが背景にありました。どのような手づくり商品にも有り得ることでしたが、ウッドパネルはa.flatにとって人気商品でしたので、販売が継続できないと決まった際には喪失感に見舞れました。

2009年から販売していた、ウッド・パネルv02の外観。約10年前から非常に人気のある壁飾りで、a.flatの代表的なウォールデコレーションとなりました。

ウッド・パネルv02は中国製でニレ材でつくられていました。ウッドパネルv03と比較して、若干塗装色は薄めでした。

職人が無垢材を丁寧に組み上げることで、素材の温もりを感じるウッドパネルv03。アジアの風を感じる格子デザインが魅力で、リビングやダイニング、ベッドルームなど壁面の広さに合わせたサイズをご用意しています。他のa.flat家具やオリエンタルな小物・雑貨との相性も良く、見た目以上に飾り易く、アジアンリゾート系の空間を演出するのに最適な壁飾りです。

  • ウッドパネルv03

    ウッドパネルv03~壁飾り・ウッドパネル~アジアな雰囲気を醸し出す格子デザイン~のページです。a.flatオリジナルの壁飾り・ウッドパネル、職人が細く切り出した木製部材を、一つ一つ ...続きを読む

ウッドパネル復活への始動~難易度の高いデザイン性と低い生産性

ウッドパネルは商品を構成しているパーツ数が非常に多く、使用している素材が無垢材なので細かなパーツごとに裁断・採寸・研磨・塗装など繊細なプロセスが幾つもあることが難易度が高い理由です。それに加えて、ピラー(木片)の長さに幾つかパターンがあり、ピラーを格子状に組むと寸法的な誤差により隙間の発生や接着不良といった不具合が発生しやすくなります。難易度の高いデザイン性を持つウッドパネルを復活させる為には、生産する側とより密なコミュニケーションを取り、品質的な難題を克服していく必要がありました。

ウッドパネルの生産の難しさは、無垢材の裁断・採寸・研磨・塗装など細かなプロセスが数多く、非常に難易度の高い商品となります。

無垢材のピラーを格子状に組み上げることにより、完成するウッドパネル。少しでも寸法的な誤差があれば、隙間の発生や接着不良が起こりやすくなります。

日本国内で生産可能な工場探し

まず、日本国内の家具生産工場へ製造コストは顧みずにウッドパネルが作れるかと打診しましたが、生産できる工場はありませんでした。やはり、このような難易度の高いウッドパネルを生産する為には工房のような技術力の高いところでなくてはできないのではないかと考え、独自のルートで知り合った日本国内の製材卸会社のオーナー経由で依頼することにしました。木材の製材卸会社は様々な技術力・設備を持った工場や工房に出入りしているので、ウッドパネルのような特殊なデザイン性をもった商品の生産も手がけている可能性があります。依頼した際には思ったとおり、日本国内の工房で木製格子を作っているところから生産可能との回答を得ました。しかしながら数ヶ月が経過し、徐々に「時間が掛かる」から「難しい」に返答が変わっていき、最後にはお断りの返答が届いて再びウッドパネルの復活は暗礁に乗り上げてしまいました。

海外協力工場でのトライ&エラーの繰り返し~既存の設備や協力体制を活かす

ここで諦めるわけにはいかず、次のステップとしてa.flatの既存の商品を作り続けていただいている海外協力工場への打診をしましたが、そもそも日本国内の工房でつくれないものを海外の生産工場で作れるものなのか?工場側からは協力してくれるとの回答を頂き一安心したのも束の間、何度も試作を作ってくれるものの上手くいかず工場内は不良品の山となりました。試作を繰り返していくうちに生産工場のスタッフも徐々に諦めムードになってしまいました。当たり前のことですが生産工場は安定した商品を作り、利益を生み出すものですので生産性が低く不良品が多い商品は好みません。このような感じで、ウッドパネルの復活は難航を極めました。

海外生産工場のスタッフが何度も試作を作ってくれたが失敗の繰り返し。徐々に諦めムードになってきました。

寸法精度の高さが必要なウッドパネルの試作を繰り返していくうちに、工場内は不良品の山になってしまいました。

ウッドパネル生産開始、商品化へ

その後、諦めムードだった生産工場スタッフを励まして何とか開発を継続することはできました。そもそも生産が上手くいかない理由は何か?の意見を出し合い、ひとつひとつ洗い出して解決していくことにしました。

品質が安定しない理由~できない理由の洗い出し

ウッドパネル生産の難しさは商品のサイズにより、30枚から90枚を超える長さや形状の異なるピラーを格子状に組み合わせて製作する点です。一番の問題点は、それぞれのピラーの寸法精度にバラツキや誤差が発生することにより、組み合わせて接着する際にピラーがバラバラになってしまうことでした。また手作業が多く、ある種熟練した作業員が必要となることも上手くいかない要因でした。

長さ、形状の異なるパーツの組み合わせ

異なる長さのピラーの寸法精度のバラツキを最小限に管理してピラーを格子状に組み合わせて接着後、木枠(外枠)に取り付けします。最後に木枠の取り付けをおこないますが、ここでピラーの端部と木枠の溝の部分が合わなければ全ての材料と時間が台無しとなってしまいます。ウッドパネルv03はこれほど多くのパーツを使用して組み合わせをした、手作業ならではの手間の掛かる商品でした。

生産手法の確立~手作業ながら、生産化に成功

ウッドパネルの品質を上げるために必要なことは、熟練した作業員の育成とピラーを組み合わせて接着するプロセスの標準化でした。熟練化と標準化は対義語のように感じますが、ウッドパネルを生産する上では双方が非常に重要なことでした。ピラーの寸法を維持するのには裁断する機械の確かなセッティングが必要で、その後のピラーの研磨プロセスでも研ぎすぎによる寸法のバラツキをなくさなければなりません。この時こそ、熟練した作業員による精度の高い作業技術が必要になります。最後の難関はピラーを組み合わせる接着プロセスですが、工場スタッフとの試行錯誤の末に接着用の特殊治具を製作することで、格子状に組み上げたピラーの接着強度が更に強くなった標準化プロセスが出来上がりました。

熟練した作業員による精度の高い研磨プロセスにより、寸法のバラツキをチェック。

最大の難関、ピラーを組み合わせる接着プロセス。接着用の特殊治具により、標準化を達成。

接着強度が更に向上したウッドパネル。試行錯誤の末に、ようやくウッド・パネルv03として、復活しました。

ウッドパネルv03の特徴

多くの手間と時間をかけて商品の復活に成功したウッドパネルですが、その名のとおり素材は化学繊維素材などではなく、温かみのあるゴムの無垢材でつくられています。また、ウッドパネルv03には多くの飾り方が選べます。a.flatにしかないウッドパネルv03とファブリックパネルを並列に飾ったウォールデコレーションなど、ここでは一般的な壁かざりとは異なるウッドパネルv03の特徴をご説明します。

ウッドパネルv03はタイ製で、ゴムの無垢材を使用しています。塗装色はa.flatのスタンダード色でもある、ダークブラウン色で家具との統一性も考えた仕様になっています。

ウッド・パネルv03の壁飾りのコーディネートの一例です。300x300、630x300タイプはファブリックパネルと同じ高さ寸法なので、殺風景になりやすい壁面のさりげないインテリアとして彩をあたえてくれます。

奥行のある格子デザイン

ウッドパネルv03のは、見る角度によって違った印象を与えてくれる格子状のデザインが特徴です。ピラーの厚み(奥行)は約2センチと厚く、この厚みによって適度な陰影が生まれ、見る角度によりいろいろな表情を見せてくれます。ウッド・パネルv02よりも、さらにa.flatの家具に合ったスタンダード色のダークブラウンの塗装がa.flatの家具との統一感を感じさせてくれます。

角度の違いにより立体感がかわるウッドパネルの格子デザイン。正面から見ればより抜け感があり、すっきりした印象を与えます。

見る角度によって違った印象を与える格子デザイン。格子の厚みによって陰影が生まれ、より奥行きのある表情を見せてくれます。

温かみのある丸み形状をつけたピラー

格子状に組み合わせられたピラーの表面形状には温かみのある丸み形状を採用しています。丸みのある形状にすることにより、ピラーとピラーのつなぎ目が立体的になり、ウッドパネルの陰影が際立ちます。仮にピラーの表面形状を平面的な形状にすれば不良品も少なくなって生産数も多くなりますが、代わりにウッドパネル独自のデザイン性も損なわれてしまいます。ウッドパネルの木枠(外枠)に関しても、立体感のある装飾を施してアジアらしさがより感じられるデザインにし、木枠の組み方は木口を45度に裁断して留める「留つぎ」にすることで接合部分をできるだけ見えないように配慮をしました。

熟練した作業員が表面形状に丸みのあるピラーを丁寧に組み上げることで、素材の温もりを感じる格子となります。丸みのあるピラーを格子状に組んだデザインは立体感が際立ちます。

立体感のある装飾を木枠に施して、アジアンリゾートらしさをひきたてたデザイン細部にもこだわりました。木枠の組み方はすっきりとした留めつぎを採用しています。

付属パーツに関して

ウッドパネルv03には、三角吊し金具2個と取付けネジ4本が付属されています。取り付け方は同梱している説明書に丁寧に記載しています。飾り方やスペースに応じて、お好きな位置に取り付けてお飾りください。 
※三角吊るし金具の耐荷重は3kgまでとなります

まとめ

今回のウッドパネルv03の開発エピソードは如何だったでしょうか?ウッドパネルを復活させるにあたり、当初はウッドパネルの製造に関するノウハウが少なかったところから既存の生産工場の技術と製造プロセスに関する応用力を活かすことで、最終的にウッドパネルは復活することができました。地道なプロセスで商品の再リリースまで多くの時間を費やしてしまいましたが、海外生産工場スタッフの協力もあって最大限のデザイン性をともなったウッド・パネルv03の商品化に成功することができました。a.flatは今後もデザイン性が高く一般的に困難と思われる商品にもチャレンジし、お客様に満足して頂ける商品の開発をおこなってまいります。

おすすめコラム


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.