• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

「ソファで寝る」を快適にする考え方と最適なソファ選び

公開:2021/5/31

更新:2021/8/22

ライター:新宿店飯塚

「ソファで寝る」を快適にする考え方と最適なソファ選び

寛ぎの時間を過ごすソファでは、座っているだけでなく、脚を伸ばしたり、サイズによっては横になって寝転んで過ごす事もできる為、様々な姿勢で身体を休めながら寝られる場所の一つでもあります。快適な座り心地のソファでは、ついつい寝落ちしてしまうような事もあったり、誰もが一度はソファで寝た事があるのではないでしょうか?

今回は、「ソファで寝る」という事についてのメリットとデメリットを知り、より快適に寝られるソファの選び方をご紹介します。

ソファで寝る時の2つのケース

ソファで寝る時とは大きく分けると、休憩として短時間の休息をとる場合と、寝場所として長時間の睡眠をとる場合があります。本来は座って寛ぐソファに、座ったまま寝るような時と、しっかり横になって寝る時とでは、体に掛かる負荷が影響してくる為、ソファに体を預けて寝る時を快適にするかどうかはソファで寝る時間の長さによっても変わってきます。

短い時間でソファで横になる

リビングにある事の多いソファは、ホッと一息つく休憩にすぐに体を休められる為、手軽に短い時間でソファに横になって休むができます。

予めソファで昼寝する習慣がある

ちょっとした家事の休憩時間に体を休めたり、食事をした後などに午後のお昼寝を日課としている方にとって、ソファは簡単に寝られる場所の一つでもあります。

遊び疲れたお子様も、親の目が届くリビングでお昼寝をさせる事で安心して見守ることができます。

寛いでいる間に寝落ちする

座り心地の良いソファは、快適な寛ぎ時間を生み、また快適な眠りも誘うこともあり、意図せずに寝てしまうこともよくあることの一つです。

寛ぎの時間をソファで過ごしているうちに、つい寝落ちしてしまったという方も多いのではないでしょうか?

長い時間でソファで眠る

体を預ける事のできるソファは、床とは違って程良い弾力性のある座面に横になって寝る事もできる為、寝姿勢で寛ぐことはもちろん、長い時間を寝ながら過ごすこともできます。

ソファを就寝用のベッドにしている

ワンルームのような間取りが限られたお部屋の場合、ソファとベッドを両方置くことができず、ソファを寝られるサイズにして、寛ぎ用ソファと就寝用のベッドとして寝ている方もいます。

ソファ兼ベッドとして一台二役にする事でスペースを有効活用する事もできますね。

来客時の簡易ベッドとして使ってもらう

急な来客時等に寝る場所がない場合は、ソファを簡易ベッドとして寝る場所にする事もできます。ソファをベッド代わりにすることは、横になって体を伸ばしてお休みする事は出来ますが、長時間の眠りにつく場合は特に、しっかりと布団等も掛けてお休みしてもらうようにしましょう。

ソファで寝ることのデメリットとメリット

様々なシチュエーションによって、ソファで寝る事がありますが、実は、寝方によっては必ずしも快適に寝られるとは限りません。ソファで寝る事をより快適にする為にも、まずはデメリットを知った上でメリットを活かして快適に寝られるようにしていきましょう。

<デメリット>ソファで長時間寝ることは身体に良くない

ソファで長く寝る=疲れや腰痛の原因になる

本来、ソファとは座って寛ぐものですが、長時間寝るということは同じ姿勢が続き、沈み込む事で腰への負担が集中して腰痛の原因にもなってしまいます。寝る体勢や眠る環境が整っていない状態によって、しっかりとした眠りについておらず、疲れが取れない事に加え、更に疲れを溜めてしまう事にもつながってしまいます。

寝返りが打ちにくい、不自然な寝姿勢になる

ソファで寝る広さは、通常のベッドよりも少し狭い事がほとんどの為、寝返りが打ちにくく、体重の圧迫から血流が悪くなってしまい、身体が凝ってしまう原因にもなります。不自然な寝姿勢になる事で身体の様々な箇所に負担がかかってしまいます。

テレビを付けたまま寝ると脳が休まらない、家族のストレス
特に寝落ちしてしまって、テレビや電気を付けっぱなしにしてしまった時は、体だけが寝ている状態で、脳が休まらずに自律神経を乱す要因にもなります。寝ている本人には全く気にならない光や音が家族にとっての入眠の支障になったりストレスを与えてしまうことにもつながります。

<メリット>短時間と決めてソファで昼寝するには有効になる

適切な時間の昼寝は身体に良い(30分程度)

10〜30分程度のお昼寝は、疲労回復やストレス解消に良いとされており、浅い眠りから覚醒することで頭がスッキリして集中力を復活させる効果もあるようです。30分以上の睡眠は、深い眠りに入ってしまい眠気が残ってしまう為、短時間と決めてソファで昼寝をすることは有効的なのです。

ソファはベッドもよりも短い時間で昼寝しやすい

寝る為の準備も少なく簡単に寝られるソファは、手軽にお昼寝をしやすく、短時間と決めて熟睡をしにくいソファはお昼寝をしやすい場所と言えます。

たまに来客用でベッド代わりにする時にも便利
簡易ベッドとして使う事も想定して、寝心地も考えられたソファは来客用のベッド代わりとして役立てる事も可能。急な来客時にも対応でき、新たなスペースも必要なく、簡単にベッドのようになります。

ソファは昼寝用が基本、就寝用の時は負担の少ないソファ選びが大事

ソファで寝るには、寝る時間の長さがポイントとなり、基本的にはお昼寝のような短い時間で寝ることがおすすめです。長い時間や就寝用として寝る場合は、体に負担の少ないソファを選ぶことが快適にソファで寝る為に大切な事となります。

快適にソファで寝ることができるa.flatのソファ紹介

ここからは、快適にソファで寝ることができるa.flatのソファをタイプ別にご紹介します。寝る時間の長さに合わせて最適な寝心地や、体格に合わせて横になれるサイズを選ぶことで、より快適にソファで寝られる暮らしを叶えられるでしょう。

昼寝用 or 就寝用、体格などからおすすめのソファタイプを選ぶ

※上記をクリックすると各ソファの詳細をご覧頂けます。

長時間でも快適に寝やすいソファシリーズ

座って寛ぐことはもちろんですが、様々な姿勢で寛ぐことができて、ベッドのような感覚で寝ることも可能な、長時間でも快適に寝やすいソファについてご紹介します。

昼寝から長く寝るまで幅広く使える「ローソファ」

ゆったりと体を委ねられるサイズのローソファは、寝る時間に合わせてお好みの寝方をすることができます。お昼寝時間にはちょっと横になって体を休めたり、脚を伸ばしてリラックスした時間を過ごすことができ、長い時間しっかり寝る場合には、簡易ベッドのように体を伸ばして快適に寝る事ができます。

長く寝やすいローソファの4つのポイント

1. 体格を問わずソファベッドのように使える奥行きの広さ

ローソファは広々とした座面の奥行きを生かして、体格を問わず、様々な姿勢で寛ぐことができます。座面に脚を乗せて肘をついてもたれかかる体勢から、横になって寝転んだり、背クッションを外すことでフラットな座面となり、シングルベッド程の幅(80cm)では、しっかりと横になって寝ることができ、寝返りも打てるソファベッドのようにお使い頂けます。

◆奥行きの広さを活用した寝方

カウチソファで寝る

オットマンを追加して脚を伸ばして寝る

ボルスタークッションを枕にして寝る

背クッションを外してしっかり寝る

2. 長時間寝ても体に負担が少ない布団感覚の座面硬さ

3層ウレタンとシリコンファイバーで構成される「座面クッション」は、表面の柔らかさがありながら、沈み込みにくい硬めの座面がマットレスで寝ているような感覚になります。沈み込みにくいことで、体圧が分散され体に負担が少なく布団感覚で寝ることができます。また、硬めの座面は寝返りも打ちやすく、広い座面でリラックスして寝ることができます。

3. 頭を預けやすいロータイプのアーム

無垢材のフラットなアームは幅175mmあるためサイドテーブルのような感覚でコップやスマホなども置きやすいサイズ感です。ロータイプのアームの位置には付属のボルスタークッションを置くだけで枕に早代わりし、頭を預けて寝ることができます。普通のソファでは座面が狭くてなかなか難しい「ソファでちょっとお昼寝」が広々した座面のローソファなら気軽にできます。

4. 組み合わせ自由なサイズバリエーション

ローソファ計10パーツの豊富なサイズ展開によって、ソファとして座るだけでなく、より快適に寝る為の組み合わせをする事が可能です。ライフスタイルや間取りサイズに合わせてお好みのソファ空間を作り上げることができるでしょう。

~より快適に寝られる組み合わせパターン~

ローソファの素材バリエーション

ローソファの魅力である、低くて広い開放感のある雰囲気と自然を感じる素材感がリゾートのようなお部屋のムードをより高めてくれます。より快適な眠りを誘う雰囲気もお楽しみください。

ヒヤシンスの素材感と開放的なロー&ワイドなデザインが、癒しのアジアンリゾート空間を演出。

無彩色のグレーのカラーコーディネートとの相性が良く、上品で洗練された印象に。

自然な素材感をモダンで落ち着きのあるイメージに見せる直線的なアームのデザインに。

おすすめメニュー

  • ローソファ特集 - お好みの姿勢で自由に寛げるソファ -

    ローソファ特集 - お好みの姿勢で自由に寛げるソファ -のページです。a.flatの「ローソファ・シリーズ」は空間に開放感をもたらすとともに、ローソファならではの様々な寛ぎ方でお好みの姿勢に合わせてリラックスできます。ただ座るだけでは無く、まるでリゾートホテルで過ごしているかのような、非日常感のある寛ぎを約束してくれるローソファです。この章では、a.flatが提案しているローソファの座り心地ポイントや、多彩な寛ぎ方をご紹介させていただきます。

就寝用ソファや来客時用ソファとして使いやすいローソファ

ローソファは見た目が低い事から、座面が広くても圧迫感がでにくく、奥行きが広くゆったりしている特長があります。通常時や来客時、硬めの座面の上では様々な寛ぎ方ができ、突然の宿泊にも簡易ベッドとして代用できる為、とても万能なソファとも言えます。

Q&A 一般的なソファベッドは使いやすい?

ソファベッドとして作られているものは、寝る事をメインに考えていることが多く、より快適に寝られるような構造になっている為、広く拡張するタイプのものは、周囲を片付ける必要があったり、ローテーブルをどかしたりと、手間が掛かる事もあります。また、拡張した繋ぎ目部分が寝ている時に違和感に感じる事もあります。

短時間を快適に寝られるソファシリーズ

手軽に休憩できる場所として、座って寛ぐことはもちろん、簡単に横になって寝る事も可能な短時間を快適に寝られるソファについてご紹介します。

コンパクトサイズでも昼寝ができる「コンパクトソファ」

省スペースでも置けるコンパクトサイズのソファは、様々な形に組み合わせを変えることができる為、体格に合わせて寝方を選んで寝ることができます。アーム部分には腕を掛けたり、体を預けてリラックスできることも特長で、横にならずに座ったまま脚を伸ばしてお昼寝タイムにも手軽に寝ることができるソファです。

最も浅い奥行で女性の方や体格のない方におすすめ

コンパクトソファは座面の奥行きがもっとも浅いソファですが、女性の方や一般的な体格の男性を中心に寛ぐことができます。また、浅い奥行きでも横になれるだけのサイズ感はあるため、ちょっとした昼寝など短時間でお休みになることも可能なソファです。

適度な硬い座面クッションと枕替わりのサイドクッション

質感の違う2層ウレタンで構成された座面クッションがしっかりと体を支え、安定感のある寝心地に。まるでベッドで寝ているかのように座面全体で体圧を分散してくれます。ファイバーボールをふんだんに使ったサイドクッションを倒して枕や脚置きにして寝る事や、短時間をお好みの姿勢で寝る事ができます。

◆お好みの向きや姿勢で寝られるソファ

カウチソファのように脚を伸ばして寝る

ショルダーレストを追加して頭を支えて寝る

サイドクッションを枕や脚置きにして寝る

オットマンを追加して脚を伸ばして寝る

身長などに合わせて組み合わせ自由なサイズバリエーション

コンパクトソファ計7パーツの豊富なサイズ展開によって、ソファとして座るだけでなく、より快適に寝る為の組み合わせをする事が可能です。ライフスタイルや間取りサイズに合わせてお好みのソファ空間を作り上げることができるでしょう。

~より快適に寝られる組み合わせパターン~

コンパクトソファの素材バリエーション

コンパクトソファの魅力である、省スペースに収まるコンパクトサイズによってゆとりのある生活空間を生み、丁寧に編み込まれた素材感を存分に堪能しながら快適な眠りをお楽しみ頂けます。

背面までしっかりと編み込んだラタン素材が洗練されたアジアンモダンな空間を演出。

ヒヤシンス素材がアジアンリゾートで過ごしているようなリラックス感のある空間を演出。

おすすめメニュー

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜様々な座り方で寛げる〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜様々な座り方で寛げる〜のページです。ラン・コンパクトソファは一般的なソファよりも、「様々な姿勢で寛げる魅力」があります。ランならではのデザイン性やサイズ感、パーツの豊富さ、中材の安定性が男性・女性問わず、快適に過ごせる空間を生み出してくれるでしょう。そんなランの豊富な寛ぎ方をご紹介させて頂きます。

抜け感のあるデザインで横になりやすい「スタンダードソファ」

ウッド・ソファは、木の素材感を取り入れながら、重く見えすぎない開放感・抜け感なども考慮した、バランスの取れたデザインが魅力。アーム部分が抜けている為、身長のある方も脚を伸ばして寝る事ができ、しっかりと横になれる奥行きと程よい硬さの座面で気軽にお昼寝をすることができます。

様々な体格の方でも横になりやすいサイズ感

広い奥行きの座面には、体格の大きな方でも横になって寝ることができます。アーム部分に450角のクッションを置いて枕替わりに頭を支え、反対側のアーム部分の抜けには、身長のある男性でもしっかりと脚を伸ばして横になることができ、様々な体系の方が横になりやすいサイズのソファです。

厚みと弾力性があるので横になりやすい

質感の異なるウレタン素材をバランスよく組み合わせた座クッションは、シリコンファイバーによる表面のふんわり感+適度な硬さがあるウレタンを採用しています。硬すぎず、柔らかすぎない安定した弾力性と厚みが全身をしっかりと支えてくれる為、長く横になっても疲れにくい構造です。

アームデザインの抜け感によって脚が伸ばしやすいソファ

シン・ソファのアームデザインは、奥行を短くして、その分だけ座面幅を広くする事によって、開放的な見た目に加えて、横になった際に脚を伸ばしやすいなどの寝ることも考えられたソファです。ゆったりとした抜け感のあるデザインが、開放感のあるリゾートのような空間を演出してくれます。

頭を預けやすいアームの内側に施した曲線デザイン

シン・ソファのアーム部分は、手触りや身体への感触を優しくするため、アームの内側がゆるやかなカーブを描いています。自由に編むことができる編み込み素材ならではのデザイン性です。

アームの平らな面の幅は85mmある為、コップ等を置ける簡易テーブルとしてもご利用頂けます。

アームデザインによって脚が伸ばしやすい

外への抜け感があるセットバックされたアームのデザインは、開放的な見た目に加えて、横になった時に脚を伸ばしやすく、様々な体系の方が横になりやすく考えられています。アームの内側にゆるやかに編み込まれたカーブ部分には450角のクッションを枕替わりに置き、広い奥行きの座面でしっかりと体を伸ばして昼寝もできます。

身長に合わせて選べる2~3人掛けサイズ

ウッド・ソファシン・ソファは身長に合わせてソファのサイズをお選び頂けます。ライフスタイルや間取りサイズに合わせてお選び頂き、オットマンを組み合わる等、よりリラックスしやすいソファ空間を作りあげることもできるでしょう。

◆ウッド・ソファv02

◆シン・ソファ(ヒヤシンス)

スタンダードソファの素材バリエーション

スタンダードソファの魅力である、快適な座り心地と機能性に加え、抜け感のあるデザインによってより快適な寛ぎやすさを生み、自然を感じる素材感がアジアンリゾートスタイルを演出します。

抜け感のあるデザインがリゾートテイストを存分に味わえる独特な素材感のヒヤシンス。

高級感とリゾートのような癒しの空気を纏った、特別感のあるダークグレーのヒヤシンス。

モダンアジアンな雰囲気によく映えるダークブラウンカラーのラタン。

木の木目や風合いを活かし、下地にウレタン塗装を採用した優しく滑らかな手触りの無垢材。

おすすめコラム

  • 本当に座り心地の良いソファ~自分に合う寛ぎを生むソファの選び方~
    本当に座り心地の良いソファ~自分に合う寛ぎを生むソファの選び方~

    本当に座り心地の良いソファを選ぶには、自分に合ったソファを正しく選ぶことが大切です。座り心地にこだわったソファを知ることで、自分に合う寛ぎ方を生むソファを選ぶことが出来、快適なお部屋作りをすることが叶います。快適なソファで実際に過ごされている実例も紹介しておりますので、コーディネートも一緒にぜひご覧頂きご参考にしてみて下さいね。

ふんわりしたクッション性が気持ち良い「ハイバックソファ」

「腰から肩・首までやさしく支える心地よさ」をテーマに設計されたハイバックタイプのソファは、包み込むような感触でしっかりと体を支えてくれ、思わずうたた寝してしまうほどの極上の座り心地。ふんわりしたクッションが気持ちよく体を包んでくれる座り心地も寝心地も上質なソファです。

座面内の立体構造が身体を優しく支えるソファ

座面と背もたれのクッションは、硬さの違う素材で構成されています。ふんわりとしたファイバーボールと、体が適度に沈み込むウレタン構造、座面下の高い弾力性のウェービングテープによって、やさしい感触としっかりと体を支える感覚とを両立した上質な座り心地と寝心地を実現しています。

抜け感のある無垢材アームで脚が伸ばせる

美しい曲線のアームデザインは、無垢材ならではの存在感に加えて抜け感も意識したアームのデザイン性はどの角度から見ても美しく、開放感も兼ね備えたハイバックソファの魅力です。その抜けたアーム部分に脚を伸ばして寝ることができ、身長の高い方や男性の場合でもしっかりと体を伸ばして寝ることができます。

広い奥行で体格のある方でも昼寝しやすいサイズ感

座面が広いことで、体格のある方でも横になって昼寝がしやすく、体の線に沿ってクッション材が沈み込むことで、しっかりと体圧を分散してくれます。ふんわりしたクッション性が気持ち良く、まるで布団で寝ているような包み込まれるような上質な寝心地を体感することができます。

身長などに合わせて組み合わせ自由なサイズバリエーション

テン・ハイバックソファ計10パーツの豊富なサイズ展開によって、ソファとして座るだけでなく、より快適に寝る為の組み合わせをする事が可能です。ライフスタイルや間取りサイズに合わせてお好みのソファ空間を作り上げることができるでしょう。

~より快適に寝られる組み合わせパターン~

テン・ハイバックソファの素材

インダカ無垢材-ダイナミックな木目と表情豊かな色合い-

ラオス原産の珍しい木材で、アジアらしいダイナミックな木目が特長。素材感を生かしたオイルステインを使用した仕上げにより、時を重ねるごとに表情が変化して味わい深くなっていきます。インダカ無垢材を贅沢に使用した曲線的なアームが特長のテン・ハイバックソファは極上の寛ぎ空間を生み、快適な時間をお届けします。

おすすめメニュー

  • テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~

    テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~のページです。テン・ハイバックソファはその名の通り、「高さのある安定した座り心地」によって、男女問わずゆったりと寛ぐことができます。また、快適な座り心地を生み出すにはソファ中材へのこだわりや、よりリラックスできるためのソファ組み合わせも重要なポイントです。テン・ハイバックソファの座り心地は「腰から肩・首までやさしく支える」をテーマに設計しました。肩から首までしっかりと支えられているので、長時間楽な姿勢でくつろぐことができます。それでは、その座り心地の違いは何処にあるのかをご紹介していきます。

ソファで寝る時にあると便利なサポートアイテム

ソファで寝て過ごす時と、座っている時とはまた違った行動をとることが多く、行動範囲によって便利なものも変わってきます。より快適に過ごす為にあると便利なサポートアイテムを取り入れて、寝て過ごす時間を充実させていきましょう。

ソファで寝る時間を充実させるアイテムをプラスする

枕替わりに頭を支えてくれるクッション

枕を使って寝るという事は脊柱に負担をかけないようにして体を休める為にとても重要とされており、クッションを足元に置いて、脚を高くして寝ることもむくみ解消や、腰痛の緩和などにも効果があり、より快適に眠ることができます。ソファコーディネートのアクセントにもなるお好みの色柄のクッションが快適な眠りをより充実させてくれる重要なアイテムとして重宝します。

昼寝の時に身体を冷やさない毛布

ソファでは手軽に横になることができますが、寝ている間に人間は体温が奪われ体調を悪くしてしまう事にもつながってしまう為、なるべく体を冷やさないようにして寝ることが大切です。とはいえ、ベッドのように常に布団が敷いてある訳ではない為、手軽に掛けられる毛布があると便利ですね。季節によって、快適に寝ることができる保温性の違う毛布を選ぶことがおすすめです。

寝たまま操作できるリモコン対応の照明

寝姿勢になるとなかなか動き出すことが億劫になってしまう時があり、その場に居ながら寝やすい環境づくりができたら便利ですよね。TVのリモコンはもちろん、寝る時は天井の照明を見上げる姿勢になる為、眩しさが眠りの支障になることもあります。寝たまま操作ができるリモコン対応の照明や、明るさの調整ができる照明は快適な寛ぎの時間を充実させてくれるアイテムになります。

スマホなどを置いておけるサイドテーブル

ソファに横になった時は、座っている時よりも行動範囲が狭くなり、寝ながら物をとったりできるサイドテーブルがあるととても便利です。スマホなどをソファに置くことで寝るスペースが減ってしまう事もあり、寝ている間に誤って操作してしまう事も防ぐためにも、すぐに置き場所となるサイドテーブルはあると便利な家具と言えます。

おすすめコラム

「ソファで寝る」を暮らしに取り入れたインテリア実例の紹介

ここからは「ソファで寝る」を暮らしに取り入れたインテリアの実例を紹介します。寝る時間に合わせて、より快適に寝る事のできる組み合わせやカラーコーディネート等、ソファで寝る魅力をアップするポイントと合わせてご紹介します。

長い時間でもソファで寝る暮らしができるインテリア実例

長い時間でもソファで寝る暮らしにおすすめのローソファは、サイズ感や組み合わせによる過ごし方や、フレームの素材感によってリラックスした気分も味わうことでより快適に寝ることが叶います。

ローソファの魅力と合わせて、長い時間をソファ寝ることもできる暮らしをご紹介します。

ロースタイルで開放的な眠りを誘うローソファ実例

透明感のある海や青空のブルーともよく似合い、リゾート感が溢れる爽やかな部屋づくりができるロースタイルのソファが心地よい眠りを誘います。ゆったりとした3人掛けのソファでは、抜けのあるアームのソファによって圧迫感を感じず、開放感の中、快適な眠りにつくことができそうですね。

風が通るような開放的なロースタイル

ロースタイルの魅力は空間を広く見せ、開放的な気分を味わえるリゾートにいるような感覚を満喫することができます。すっきりとしたデザインのローソファや抜け感のある家具をコーディーネートすることで、開放的な気分で、より快適な眠りにつくことができるでしょう。横になった時に見上げる天井も高く感じ、まるで海の上に浮かんでいるような贅沢な眠りにつくことも楽しめます。

関連コラム

別荘で非日常を感じながら休めるローソファ(カウチ)実例

湘南の山々をイメージさせる緑のグラデーションを使うことで、癒し効果や疲労回復などの視覚的な効果もあり、よりゆったりと過ごすことが叶います。窓側にはカウチソファを配置して風を感じながらゆっくりとした時間を寝て過ごすことができます。

家族4人がゆったり寛げるサイズ感

広い座面のローソファでは、様々な寛ぎ方ができますが、ボルスタークッションの角度を穏やかな斜めに置くことによって重心が後ろになり体を預けた安定性の高い姿勢になります。ソファの前にローテーブルを置かないことによって、前に脚を伸ばしながらゆったりと寛ぐこともできます。特等席のカウチソファでは全身を委ねてしっかり体を伸ばして横になって寝ることができ、家族4人でゆったりとした時間を過ごせます。

関連コラム

和モダンな雰囲気でソファベッドにもなるローソファ実例

和モダンの世界観に調和するローソファには、グレー調のヒヤシンス素材を使用し、落ち着いた雰囲気に心も体も休まりそうですね。和の温もり・優しさとモダンな洗練感を表現してくれる淡いグレーの色使いがゆったりとした時間を過ごす心地よさをアップさせています。

ソファベッドにもなる自在な組み合わせ

ソファの片側だけアームを付けないことによって横になって寝たい時に長さを付け足すことができます。オットマンにすることで背もたれ部分がなく、全ての座面を広く使うことができる為、寝返りも打てる広いベッドのような感覚でしっかりと寝ることができます。和の雰囲気にベッドという和洋折衷なスタイルもまた、落ち着いた寝心地に誘ってくれます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

ゆったりしたL字でペットも寛げるローソファ(コーナー)実例

リゾート感溢れるウォーターヒヤシンス素材を使用したローソファは、優しいアースカラーでコーディネートし、穏やかな気持ちで寝られそうです。L字型に組み合わせることで好きな向きに体を伸ばして寝ることができ、ペットとも一緒に寛ぎやすい形になっています。コーナー部分にペットが座れるのもポイントですね。

座面高33㎝はペットも乗り降りしやすい高さ

ローソファは見た目が低く、開放的な空間を生み出し部屋が広く見える魅力がありますが、実はペットにとっても視界が見やすく安心して動き回ることができるのです。寝るのが大好きなペットにとって、ソファの上はクッション性もあって寝心地が良く、高さのないソファは乗り降りする際の体の負担を少なくすることができ、安心して過ごすことができます。

関連コラム

快適に昼寝もできるソファで過ごすインテリア実例

座って過ごすことはもちろん、快適に昼寝もできるソファを取り入れることで、手軽に体を休めることができる空間を作り出すことができます。

寝心地を良くするための組み合わせや、オプションを追加して快適に過ごしている暮らしをご紹介します。

昼寝用ベッドとしても使えるコンパクトソファ実例

手軽に組み合わせを変えて寛げるラン・コンパクトソファで、空いたスペースにソファベッドとして使える空間を作った実例の紹介。横につなげて拡張することで、手元にテーブルを置いて寛いだり、スペースに合わせて寛ぐことができます。

お昼寝用や来客時は簡易ベッドとして

お昼寝時間には、そのままでも横になれるコンパクトソファですが、急な来客時の宿泊には、なるべく体に負担のないよう、ソファのバッククッションを外してオットマンで伸長させることで寝返りも打てる広さにした簡易ベッドのような形を作ることができます。組み替えが自由なコンパクトソファは、手軽に簡易のソファベッドに早変わりします。

関連コラム

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

お子様と遊んだり昼寝もできるコンパクトソファ実例

ナチュラルな色合いで北欧風のコーディネートのリビングでは、体格のない方や小さいお子様も座りやすいコンパクトソファを使用したり、ローテーブルを使わず床で遊ぶこともできるようお子様が安心して寛げるレイアウトにしています。L字に囲まれたソファでのお昼寝も安心して過ごすことができますね。

奥行きが小さくお子様と一緒に寛ぎやすい

コンパクトソファは、背クッションの他に、アーム部分にもクッションがある為、クッションに囲まれて過ごすことができます。柔らかいソフトな座面はお子様にも座りやすく、お昼寝にも十分な広さがあり、L字型はお子様を見守りやすい形でもあります。様々な形に組み合わせて大人の方ももちろんお昼寝ができるソファです。

関連コラム

  • 【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)
    【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)

    小さなお子様のいるご家族のリビングダイニング(LDK)の実例インテリアコーディネートです。家族で遊ぶスペースを広々と確保できる家具の配置・ケガや汚れ対策などの機能を考えた家具選び・気分が明るくなる北欧風のカラーコーディネートをポイントにリビングダイニングのインテリアコーディネートをご紹介します。

抜けのあるデザインでのびのびと寛げるスタンダードソファ実例

無垢材の素材感とスタイリッシュなデザインが美しい、ウッド・ソファv02は厚みと安定した弾力性のあるクッション材が快適な寝心地を生み出します。抜けのあるデザインでのびのびと開放的な気分でお昼寝を堪能することができます。

アーム部分に足を伸ばして寝られる

温かみを感じる無垢材のアームは、外への抜けがあるデザインで、窓際にレイアウトしても開放感を生み落ち着いた雰囲気で寝ることができます。アーム部分に450角のクッションを枕替わりに置けば、横になって寝やすく、アーム部分の抜けに脚を伸ばせます。座のクッションは、シリコンファイバーによる表面のふんわり感+適度な硬さがあるウレタンを採用しているため、長く横になっても疲れにくい構造です。

関連コラム

アームの抜けで昼寝がしやすいスタンダードソファ実例

ラグジュアリーな雰囲気で高級感漂うパープルのコーディネートに囲まれて優雅なお昼寝タイムを過ごすことができます。気持ちを鎮静させる効果のあるパープルが上質な眠りを誘い、ロータスのラグが一面に広がる開放的な空間で寝て過ごすことができますね。

アームの抜けで足を伸ばして寝られる

自由に編むことができるヒヤシンスならではのデザイン性を活かし、手触りや身体への感触を優しくするためにアームの内側がゆるやかなカーブを描いています。アーム部分に450角のクッションを枕替わりに置けば、横になって寝やすく、アームの抜けに脚を伸ばせます。座のクッションは、シリコンファイバーによる表面のふんわり感+適度な硬さがあるウレタンを採用しているため、長く横になっても疲れにくい構造です。

関連コラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

充実したオプションで寝心地を快適にしたスタンダードソファ実例

リゾートの自然や温もりを感じるヒヤシンス家具を落ち着いたブラウンでコーディネートし、大人の寛ぎを生み出しています。座ったままでも快適に体を休ませることができるオプションを取り入れて、ちょっとした休憩もしやすく、充実した寝られるソファになっています。

充実したオプションを追加してより快適に

座り心地の良いソファに、ヘッドレストを組み合わせ、脚を伸ばして寛げるオットマンを置くことで、より安楽性を追求した充実のソファセットになります。ヘッドレストとは首から頭全体までも支え、頭をやさしく包み込みながら、しっかりとホールドもしてくれるアイテム。オットマンを置くことでリゾートホテルのデイベッド感覚で寝ることができます。

関連コラム

  • 【インテリアの実例20選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート
    【インテリアの実例20選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート

    これからマンションに住み始める方、現在マンションにお住まいの方で家具のレイアウトやインテリアコーディネートが上手くいかないと悩まれている方もいらっしゃると思います。こちらのコラムではマンションのインテリア実例20選に合わせ、コーディネートやレイアウトのポイントをご紹介致します。是非ご参考にして頂き、マンションに理想のインテリア空間を再現されてみてください。

ふんわりと気持ちよく包まれて眠れるハイバックソファ実例

森の安らぎを感じるグリーンのコーディネートに、ふんわりと気持ちよく包まれて眠れるハイバックソファが極上の寝心地をお届けしています。無垢材ならではの存在感がありながら、温もりを感じる美しい曲線のアームデザインには抜け感があり、ハイバックでも自然の空気感を感じて過ごすことができます。

やさしい感触に包み込まれる寝心地

テン・ハイバックソファの生み出す極上の感触は、ふんわりとしたファイバーボールと体が適度に沈み込むウレタン構造、座面下の高い弾力性のウェービングテープによって、やさしい感触としっかりと体を支える感覚とを両立した上質な座り心地を実現しました。

その結果、ソファに長時間座っても疲れにくく、心地よい眠りに誘われることもあるでしょう。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート
    【インテリア実例】高層マンションで叶える 天空の森をイメージしたグリーンコーディネート

    贅沢な景色を一望できるのが高層マンションの魅力です。窓から映える都心の風景に、自然の中にあるグリーンや、木々の香気感じる質感をインテリアに取り入れ、贅沢な雰囲気の中にも自然のぬくもりを感じる特別なお部屋を作ってみてはいかがですか。今回は、窓から広がる贅沢な風景と、グリーンカラーを取り入れた自然のぬくもりが作り出す「天空の森」をイメージしたお客様のマンションインテリア実例をご紹介致します。

a.flatの店舗で寝られるソファを探す

ソファで寝ることがある方は、寝られるソファも考えて選んでみましょう。a.flatでは寝ることもできるソファを多数ご用意してお待ちしております。間取りに合わせたソファはもちろん、自分に合った生活スタイルに合わせたソファをご覧頂き、ご提案をさせて頂きます。

座り心地と寝心地を両方確かめて選びましょう

見た目やデザインも大切ですが、実際に体感して自分に合ったソファを知ることもとても大切です。過ごし方に合わせて座り心地の良いソファと寝心地が良いソファを両方確かめて、より快適にお過ごし頂けるソファを見つけて頂ければと思います。

体格に合わせて座りやすく、寝られるサイズを知ることもポイントになるでしょう。

実際に横になる・長く座って試すことが大事

ソファでは長い時間をお過ごしになる方が多いので、ぜひ自宅にいるような感覚で実際にじっくりとお試し頂く事をお勧めしています。少し長めに座ってみることで、自分に合っているソファかどうかも分かり、特に寝ることも考えている場合は、なるべくリラックスして寝ているような状態でお試し頂くことで、快適に永くご愛用出来るソファを見つけることができるでしょう。

3Dシミュレーションで寝られるソファの部屋づくりを検討

a.flatではご自宅の間取りに合わせて、寝られるソファを3Dシミュレーションを使ってイメージすることができます。簡単にレイアウト変更をお試しできる為、来客時や模様替え時の配置変えが可能かを試すことが可能。なるべく広く寝られるソファを置きたい方にも、必要な導線確保等も確認でき、安心してゆったりサイズのソファをお選び頂けるお手伝いをさせて頂きます。

おすすめメニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

a.flatの店舗一覧

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
■公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)

■公共交通機関でお越しの場合

都立大学駅から徒歩7分

■a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
■公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

ソファで過ごす時間とは、寛ぎの時間を快適に過ごしながら体を休ませることのできる、活力を生むパワースポットとも言える場所ではないでしょうか?座って過ごすことはもちろん、「ソファで寝る」を快適にする最適なソファを選び、素敵な時間をお過ごし頂ければと思います。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.