• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【特集】和室の安らぎを演出する家具やインテリア

公開:2018/2/6

更新:2018/10/2

ライター:能勢

【特集】和室の安らぎを演出する家具やインテリア

現在の住宅は洋室を中心に作られる事が多いですが、日本ならではの「和室」もまた多くの需要があります。例えば新築のマンションでも一部屋は和室を採用しているケースは多く、注文住宅でも「畳のお部屋を作りたい」という方は多くいらっしゃいます。そこで今回は、私たち日本人の心を癒してくれる「和室」の空間作りについて、家具の選び方やインテリアのポイント等をご紹介致します。

和室の特徴とメリット

【1】用途を選ばない自由で開放的な空間作り

和室には用途ごとにスペースを分ける概念がありません。普段くつろいでいるスペースがそのまま食事をするスペースとなり、布団を敷けば寝室へと早変わりします。その分家具も最低限で済む事や、床座スタイルのため背の高い家具が必要ない事からも、開放感を感じるお部屋作りができるのです。

くつろぎのスペースとしての和室

お食事スペースとしての和室

寝室としての和室

外に広がる抜け感や開放感

日本家屋を思い浮かべた時、和室から続く縁側や、その先の木々や池などの自然を思い浮かべる人は多いと思います。お部屋の開放感に加え、外への抜け感を演出する日本家屋の要素を取り入れ、例えばマンションの一画にある和室スペースなども「抜け」意識したお部屋作りを心掛けましょう。

【2】自然素材の安らぎを感じる畳

畳は「イグサ」という植物を編み込んだ素材ですが、湿度が高い日は水分を吸収、それを湿度が低い時に放出してくれるという、優れた調湿効果を持っています。そんな調湿効果に加え、イグサの匂いには自然素材ならではのリラックス効果が認められている事からも、安らぎを感じる居心地のいい空間作りができるのです。

デザイン性のある畳

最近では一般的な畳の他に、網目が細かく正方形で縁なしの琉球畳(必ずしも正方形とは限りません)などが用いられる事も多くあります。また、塗装色も豊富になったため、一概に和室と言っても様々な空間作りをする事ができます。

室内環境を整えてくれる障子

障子に使われる和紙にもまた、畳と同じように調湿機能が備わっており、私たちが過ごしやすい室内環境を整えてくれる一因となってくれます。また、障子はしっかりと光を取り入れつつも適度に直射日光を遮断してくれるほか、外からの視線をしっかりと遮断してくれる大変優れた建具なのです。

ミニコラム-和室とリゾートスタイルの共通点-

開放感や抜け感、また自然素材を使った安らぎを感じるお部屋作りという面に置いて、和室のインテリアコーディネートはリゾートテイストに通ずる箇所が多くあります。例えば洋室も和室もある家屋では、洋室にリゾートテイストを施す事で、全体的なテーマが統一されたお部屋作りができます。

家具選びで安らぎや癒しを生む和室のインテリア

和室に置く家具の選び方は、和室ならではのメリットを決して壊さないような選び方が重要です。そこで、ここからは和室のインテリアコーディネートに使いやすい家具をご紹介致します。

和室に置く家具のポイント

  1. 開放感を演出できる抜けのあるデザインやロースタイルの家具を選ぶ

  2. 編み素材や無垢材などの自然の癒しを感じる家具を選ぶ

  3. 落ち着きを感じる濃い色の家具を選ぶ

■床座生活を豊かにする座椅子

基本的には床座生活となる和室には、長く座っても疲れにくい座椅子がお勧めです。a.flatの座椅子は、アイアンでできたフレームに抜けを作った軽やかなデザインながら、背もたれのカーブと異なる硬さのウレタンを層にすた適度な弾力の座面を持ち、長く座っても疲れにくい仕様となっています。

a.flatの座椅子のポイント

和の雰囲気を演出するラタン

職人の手で編み込まれたラタンは、日本でも籐(とう)として昔から愛されてきた自然素材です。緩やかな曲線に沿って編み込まれたラタンは、畳での床座生活に更なる自然の安らぎをもたらしてくれます。

カバーリングでカラーコーディネート

座面クッションはカバーリングとなっているため、いつでも簡単に取り換える事ができます。別売りのカバーは60種類以上の色味をご用意しているので、お部屋のテーマや畳の色などに合わせてインテリアをお楽しみください。

■円形ローテーブルで生まれる輪

座った人同士に一体感を感じさせる心理的効果を持つ円形ローテーブルは、日本ではちゃぶ台という愛称で昔から愛用されてきました。人と人との間に隔たりを作らない円形ローテーブルを使った床座スタイルは、日本人ならではの温かみを感じるインテリアコーディネートです。

a.flatの円形ローテーブルのポイント

抜け感と遊び心を持ったデザイン

a.flatの円形ローテーブルは、抜け感を演出するアイアンの脚が軽やかな印象を与えます。また、天板に大きな菱形の模様をあしらった事で、粛然とした和室に合うのはもちろん、遊び心も持ったデザイン性に富んだアイテムです。

■日本古来の格子デザインと癒しを感じる無垢材を組み合わせた収納家具

木造建築が主流だった日本の家屋や和室には、やはり無垢材の家具が似合います。a.flatのキューブ・シリーズは美しい木目のアッシュ無垢材を使いつつ引き出しが格子柄のデザインとなっているため、横置きをする事で和室にぴったりなローボードとして和室に良く合います。

a.flatの無垢材収納家具のポイント

ユニット式収納家具ならではの汎用性

a.flatのキューブ・シリーズは、全10種類のアイテムを組み合わせる事ができる無垢材の収納家具です。引き出しも障子に使われる格子柄のデザインと、籐(とう)を使った物をご用意してあり、和室に合うデザイン性を持っています。収納家具としての希望性や拡張性、更には飾り棚としても使える、大変汎用性の高いアイテムです。

和室に使われる日本古来のデザイン

横模様

空間を引き延ばして見せる効果を持つ横模様は、開放的な和室には相性が良いデザインです。和室にはもちろん、リゾート家具等にも多く使われています。

縦模様

洗練とした印象をもつ縦模様は、その気品を演出する効果からシャツのストライプ柄等にも使われており、昔から日本人に愛されてきたデザインでもあります。

格子柄

縦模様と横模様を組み合わせた格子柄は障子などに採用されており、日本では昔からなじみにある演技の良いデザインとして愛されています。

和室のインテリア実例はこちら

和モダンスタイルを演出するリゾート家具

和室に置く家具は、床座を前提としたものでなくても構いません。特に自然と開放感という核となる部分が共通するリゾートスタイルに用いる家具は、和室との相性が大変良い事が多いです。ぜひそのような家具を使って、リゾートの空気を感じる一工夫を和室に施してみてください。

和室におすすめのリゾート家具

和モダンデザインのローベッド

重心が低いローベッドは、布団で寝ているかのように天井までの広い開放感を感じます。a.flatの「コト・ローベッド」は、フレームにマットレスを埋め込む事で高さを抑えつつ、ヘッドボードには和モダンに合うルーバーデザイン(横ライン)が施されているため、和室にも大変合わせやすいアイテムです。

自然素材を使ったローソファ

背もたれが低く座面が広いローソファであれば、床に近い生活をそのままに快適なソファライフを送る事ができます。a.flatでは、フレームに籐(とう)を使った座面の広いローソファをご用意していますので、和室ならではの自然の癒し空間を壊す事もありません。

ダークブラウンのキャビネット

清廉さと気品を感じる和室には、落ち着いた印象を与える家具が良く合います。a.flatのレン・キャビネットは、ダークブラウンの塗装が施されているだけでなく、日本人の細やかさを表すような美しい縦ラインがデザインされているため、和室に置く収納として大変おすすめのアイテムです。

彩りを演出する和室のインテリア

掛軸や盆栽等を飾るイメージがある和室ですが、それ以外にも和室に合わせやすいインテリアはたくさんあります。そこで、ここからは和室に合わせやすいお勧めのインテリアをご紹介させて頂きます。

◆日本の伝統工芸を使った和室に合うインテリア

日本には数多くの伝統工芸品がありますが、その多くが実用性と意匠性を兼ね備えています。日本の伝統や文化、地域性や作り手の温もりを感じる事ができる工芸品は、同じく日本の歴史を築いてきた和室にこそ、美しく映えるものも多いのです。

和室におすすめのアイテム

富山県高岡市に室町時代から伝わる「高岡銅器」。a.flatでは、その着色技術を使った高岡クラフトシリーズをご用意しております高岡の伝統工芸士・折井宏司氏が手作業で作り上げた高岡クラフトシリーズは、荘厳な和室の雰囲気に良く合うインテリアです。

a.flatで扱う高岡クラフトシリーズ

※こちらの各アイテムは7色からお色を選ぶ事ができます

◆格子柄を取り入れて和モダンを思わせるインテリア

和を感じるインテリアと言えば、縦縞と横縞を組み合わせた「格子柄(こうしがら)」が代表的です。日本では縁起物として昔から親しまれているだけでなく、幾何学的な模様が和の雰囲気を強調してくれます。

a.flatで扱う格子柄のインテリア

縁起を担ぐ市松模様

日本では、障子や市松模様を初めとした、格子柄を基本としたデザインが多く使用されてきました。市松模様はその途切れる事なく続くデザインから、子孫の繁栄や人の人との繋がりなどを表す縁起物としての意味を持っています。オリンピックのロゴにも採用された、日本の伝統的で縁起のよい柄です。

◆和室を灯火のような優しい光が照らす照明

和室に置く照明は、ろうそくの灯火や灯篭の優しい光を連想させるような温かみを感じるアイテムを選びましょう。優しい光を落とす照明は和室の雰囲気と相る事で、私達に特別感のある安らぎをもたらしてくれます。

a.flatで扱う和室におすすめの照明

光を拡散させる障子

昼間は日光をコントロールしてくれる障子は、照明の光を拡散させる効果も持っています。少し暗めの間接照明でも障子が明かりを拡散してくれるので、部屋全体に優しい光が散らされ、照明が本来持つ明るさより広い範囲に光を飛ばしてくれます。

洋室を和室風に演出するリゾート風インテリアコーディネート

心から安らげる和室が欲しいけど、リフォームをするのは…といった、今お住まいのお部屋に和室が無い方て
でも、インテリアコーディネート次第では洋室を和室のような空間に仕上げる事ができます。各ポイントを押さえて、オリジナリティ溢れる和室風の空間作りをしてみましょう。

大きなラグで作るフローリングの上の和室空間

和室ならではの開放的な床座生活を演出する、座椅子や円形ローテーブルなどの家具をフローリングの上に用いたインテリアコーディネートです。ラグ敷く事で洋室の中に明確な別スペースを作り、より特別感を感じられる床座スタイルの空間となります。

[ポイント]ラグの色はグレーを基調に

畳を連想するグリーンやベージュ系でも悪くは無いのですが、おすすめはグレーを基調にしたラグです。和室特有の凛とした空気感のような神秘性を演出してくれるだけでなく、いぶし銀の瓦や枯山水に代表されるように、日本人にはユカリの深い落ち着いた色だからです。

和室風スペースを演出するおすすめのラグ

Pick up Item 

【シルク・ペンダントライト】
シェードに骨組みも入っていない純シルク製の照明は、独特の透明感と気品あふれる光をお部屋にもたらしてくれます。繭(まゆ)からとれる極細の糸は繊細で、まるで和室に感じる洗練さを思い浮かべるような空気感をお部屋に与えてくれます。

ソファを使った和モダン風インテリアコーディネート

大きく組んだローソファは座面が広く、畳に負けず劣らず快適な床に近い生活ができます。また、ソファカバーやクッションに和モダンを感じるカラーを施す事で、ソファのフレームに使われたラタン(籐)素材との相乗効果で、和室ならではの凛とした空気感をもたらしています。

[ポイント]自然素材とモダンなカラーコーディネート

日本でも昔から愛されているラタン(籐)素材はもちろんの事、水草を編み込んだウォーターヒヤシンス素材もまた、和モダンスタイルに用いる事ができます。自然の安らぎを感じる素材に和モダンを演出するカラーコーディネートを施す事で、まるで畳の上にいるような規律と安らぎが同居した空間作りとなります。

【和】の粛然な雰囲気を強調するモダンなカラー

Pick up Item

【ガラス・ローテーブル 800×800】
一辺80cmと広い正方形の天板は、円形テーブルとは一味違うモダンよりの印象をお部屋に与えてくれます。シンプルながらワンポイント入れたガラスにはお好きな装飾を施せるほか、互い違いの脚などさりげないデザイン性を持つテーブルです。

ローベッド等の家具を使った布団スタイルの寝室

ルーバーデザインのローベッドや籐を使ったチェアなどの和室に合う家具に、グリーンを基調とした配色を施した和室風インテリアコーディネートです。壁に使ったウッドパネルや、ベッドに合わせたルーバーデザインのローボードなど、和を感じるロースタイルのベッドルームになっています。

[ポイント】和を感じるグリーンの使い方

和室の先の日本庭園は、庭師によって整えられた洗練さを感じるグリーンが印象的です。そんな景観を参考に、和室を感じるお部屋にグリーンを取り入れる際は、洗練さと淡く落ち着いた明度のグリーンを重ねる事で、より粛然さと和室らしい安らぎを感じるお部屋作りとなります。

和を感じるグリーン系ファブリック

Pick up Item

【ルーバー・テレビボードv02 L】
テレビボードとして活躍するアイテムではありますが、ダークブラウンの落ち着いた塗装と、大きなルーバーデザインから、和室にぴったりの収納家具としても使用する事ができます。脚付き、脚無しと選ぶ事ができますが、和室に置くときは脚無しを選ぶ事でローボードとして使用するのがおすすめです。

ミニコラム - 畳の歴史-

畳には歴史的な背景が大変多くあります。そのルーツは奈良時代まで遡り、平安時代には貴族が権力の象徴として重宝していました。また、江戸幕府には正式な役職として「畳奉行(たたみぶぎょう)」という職があった事からも、畳の歴史的背景の強さが分かります。私たちが今も畳や和室に愛着を持つのは、偉人達が求めた自然の安らぎ、そして紡いできた気品高き空間に、価値を見ているのかもしれません。

まとめ

今回のコラムはいかがだったでしょうか。自然の安らぎと粛然さを感じる和室は、私達日本人にとって馴染み深く、心から落ち着ける空間です。そんな和室は、家具やインテリアコーディネートにも拘る事でより理想の空間に仕上がります。また、洋室を和室風のインテリアコーディネートにする事も可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.