• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート

公開:2018/2/24

更新:2019/7/6

ライター:新宿店

ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート

一人暮らしワンルームでコンパクトな部屋でも、自分だけのインテリアを楽しみたいものです。しかし狭い部屋はサイズに制限があるため、どんなインテリアコーディネートをすれば良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。今回は、一人暮らしのワンルームを自分好みの理想的な部屋にするインテリアコーディネートの仕方をご紹介します。

【一人暮らし・ワンルーム】インテリアの選び方

ワンルームや一人暮らしのインテリアコーディネートを考えるとき、何から始めれば良いでしょうか。まずはどんなお部屋にしたいのかイメージし、そのイメージに足りないものを揃えていきましょう。もし予算が足りない場合でも、時間をかけて少しずつ家具やインテリアを足していくことで自分らしい空間が出来上がります。

1.インテリアコーディネートのスタイルを決める

自分に合った部屋が分からない方は、初めにインテリアコーディネートのスタイルを決めることをお薦めします。ワンルームという限られた空間だからこそ、様々なスタイルの中から心が踊ったり安らいだりするものを選び部屋作りのテーマに決めましょう。こちらではいくつかのスタイル事例をご紹介します。

南国リゾートスタイル
レッドやオレンジの暖色系カラーで南国のアジアンリゾートをイメージさせるインテリアコーディネート。暖かな配色と自然素材の家具で温もりを感じる空間です。

ナチュラルモダンスタイル
ダークブラウンの落ち着いたトーンで、大人な雰囲気を感じさせるインテリアコーディネート。ブラウンカラーが、木々や大地をイメージさせて心が和みます。

ラグジュアリースタイル
ソファやベッドにパープルのファブリックを取り入れた、神秘的で高級感のあるインテリアコーディネート。ラグとクッションの大きな花柄がポイントとなっております。

ヴィラ風スタイル
森林の中にいるようなグリーン中心のインテリアコーディネート。ヴィラをイメージした癒しの空間がワンルームの中に完成しております。

和モダンスタイル
低めで重厚感のある家具とダークトーンカラーが洗練された雰囲気のインテリアコーディネート。ゆっくりと落ち着いた時間の流れを感じられます。

ビーチスタイル
ブルーが海辺にいるような爽やかな気持ちになるインテリアコーディネート。自然素材の家具やブルーの色使いで、清涼感のある空間を演出できます。

最初にスタイルを決めることで、選ぶ家具もそのイメージ通りのものを選ぶようになります。一人暮らし・ワンルームは家具の素材やファブリックの色を揃えることで全体のバランスが良くなり、より統一感のある空間にすることが出来るでしょう。

おすすめメニュー

  • 一人暮らしのインテリアコーディネート ~自分好みの統一感ある部屋・ワンルーム ・1LDKの作り方~

    一人暮らしのインテリアコーディネート ~自分好みの統一感ある部屋・ワンルーム ・1LDKの作り方~のページです。新しく一人暮らしをスタートする際、部屋・ワンルーム ・1LDKのインテリアコーディネートをどのようにするのか?いろいろと考えるのは楽しみの一つです。一人暮らしで自分の好きな部屋イメージを作るには、インテリアが欠かせませんが、その際に意識したいのが「部屋の統一感」です。一人暮らしの場合、部屋・ワンルーム ・1LDKの間取りやサイズに限りもあるため、出来るだけ部屋のインテリアイメージを統一した方がおしゃれで綺麗に見えやすくなります。部屋のテイストを自分好みの雰囲気に演出して、一人暮らしを充実させるためのインテリコーディネートのコツをご紹介致します。

2.ライフスタイルに合った家具&インテリアを置く

一人暮らしをする場合、部屋にはどんな家具を置きたいでしょうか。家具やレイアウトを考える時、部屋でどん風に生活しているかイメージしていくと良いでしょう。自宅での過ごし方や職種、食事のとり方などライフスタイルは人それぞれ違います。自分にとって快適な空間にするために、どのようなライフスタイルで過ごしているか考えてみましょう。

床に近い生活をしたい

一人暮らしする際に多く取り入れられる床座レイアウト。基本的な家具のみを配置して床で過ごすその生活スタイルは、コンパクトなワンルームにぴったりです。家ではほっこりと落ち着いて過ごしたい方におすすめなインテリアコーディートでしょう。

■6畳ワンルーム

コンパクトな6畳ワンルームを床座で過ごせる空間にしたインテリアコーディネート事例。座椅子やローテーブル、ローベッドなど全体的に低い家具で揃えた床に近い空間にしております。狭い部屋を広く見せるように必要最低限の家具を置いた、シンプルなレイアウトです。

床座生活におすすめなロースタイル家具

ラタン素材の網目がアジアンな風合いを感じる座椅子は、床座生活には欠かせない家具でしょう。アイアンフレームでスタイリッシュな雰囲気も持ち合わせています。

中央のガラス板が抜けを感じるクミ・ガラス・ローテーブル。脚と棚板部分を組み上げられたデザインは、抜けを感じさせてくれます。座椅子と合わせても丁度良い高さです。

床座生活を彩るインテリアコーディネート

床座生活と相性が良い和モダンのインテリアを取り入れることで、より落ち着いて過ごせる空間にすることが出来ます。部屋のファブリックカラーは優しい印象の淡いグレーで統一しましょう。

クッションカバー 25×40

座布団中材 45×45

ラグ 1400×2000mm

fuwari cube(S)

関連コラム

ソファでゆったりと寛ぎたい

一人暮らしの生活の中でソファでのんびりと寛ぐことは、憧れる過ごし方の一つでしょう。家具の中でも主役となるソファは、部屋のイメージを決める重要なポイントとなります。デザインだけではなく、座り心地なども考慮しましょう。

■8畳ワンルーム例

8畳ワンルームに2人掛けのウッドソファを主役にローテーブルと合わせました。ソファに合わせて他の家具もダークブラウンで統一しています。8畳ワンルームを圧迫しないよう、ローテーブルやベッドなど抜け感があり高さを抑えたデザインの家具で揃えました。

無垢材の温もり感じるスタイリッシュなデザインのソファ

スタイリッシュなデザインと無垢材の素材感が特徴的なウッド・ソファ。座面と背もたれのベストなバランスを追及し、「快適な座り心地」を実現しています。背もたれが肩甲骨までしっかり支えることで、常に良い姿勢を保ちます。

ウッド・ソファを彩るインテリアコーディネート

シンプルなウッドソファはシンプルなデザインなので、ソファカバーやクッションカバーで印象が変わります。上記のワンルームでは赤や緑、黄色のクッションを取り入れてブルーのラグを敷きました。海に架かる虹色のように、明るくさわやかなカラーコーディネートとなっています。

クッションカバー 25×40

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45

ラグ 1400×2000mm

■10畳ワンルーム例

10畳ワンルームに2.5人掛けのゆったりとしたソファを置きました。ソファをダークグレーのヒヤシンス素材にすることで、部屋の良いアクセントになっております。120cmの広めな天板でもローテーブルにすることで圧迫感を与えずにすっきりとした空間になります。

ヒヤシンス素材の快適な座り心地のソファ

シン・ヒヤシンスソファ(DG)はアームの奥行を短くして、座面幅を広くしたデザインが特徴です。その分立ち座りがし易く、横になる時に脚が伸ばせるなど様々な寛ぎ方が出来ます。天然の塗料で着色されたダークグレーカラーは、自然の風合いと大人の落ち着きを感じさせます。

シン・ヒヤシンスソファ(DG)を彩るインテリアコーディネート

落ち着いたダークグレーのヒヤシンスソファは、高貴なイメージのパープルと相性が良いでしょう。フェミニンなピンクと中間色のワインレッドを組み合わせることで、部屋全体がラグジュアリーで大人なイメージになります。ラグはシンプルなアイボリーを合わせて華やかな部屋を引き立てましょう。

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45

ラグ 1400×2000mm

関連コラム

【一人暮らしの部屋】虹が架かる 幸福感に溢れたハワイアン インテリアコーディネート
【一人暮らしの部屋】虹が架かる 幸福感に溢れたハワイアン インテリアコーディネート

一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)にハワイの明るく爽やかな風を ...続きを読む

【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート
【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート

一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をオリエンタルなインテリアコ ...続きを読む

自宅で仕事や作業をしたい

ワンルームに書斎スペースがあれば、仕事や勉強をする時にとても捗ります。衣・食・住の空間から離して集中できるレイアウトにしたり作業が出来るデスクを置いたりと、メリハリのある空間作りが重要となるでしょう。

8畳ワンルーム例

ナチュラルモダンな雰囲気の8畳ワンルーム事例。デスクの後ろにベッドを配置したことにより、集中して作業に取り組むことが可能です。食事用のテーブルも別に設置することで、仕事と食事の時間が分かれて効率良くスイッチを切り替えられるでしょう。天然素材の温もりを感じることが出来る部屋です。

インダカ無垢材の素材感と曲線が美しいデスク

インダカ無垢材を贅沢に使ったワーク・デスクv02。天板や取っ手部分が滑らかなカーブを描くように美しく削り出されております。硬い印象になりがちなデスクも天然木材にすることで、部屋全体が自然の温もりを感じる優しい印象になります。リラックスした気持ちで仕事が出来て、作業も捗るでしょう。

ワンルームをナチュラルモダンにするインテリアコーディネート

部屋で仕事や作業をする場合、落ち着いて過ごせるナチュラルモダンなインテリアコーディネートがおすすめです。シックなダークブラウンの木材家具にベージュ系のファブリックを重ねることで、大人っぽいナチュラルモダンな部屋にすることが出来ます。

クッションカバー 45×45

ベッドスプレッド SD

ラグ 直径1500mm

ジュート・テーブルランプ

関連コラム

ソファで食事・勉強をしたい

ソファダイニングにすることで、ただ寛ぐだけではなく食事をしたり作業が出来たりとワンルームでもリビングとダイニングを同時に持つことが可能です。部屋に合わせたソファとテーブルサイズを選びましょう。

8畳ワンルーム例

片アームのソファと脚がスッキリとしたテーブルが開放的な印象の8畳ワンルーム。天板の位置をソファに座った高さに合わせたことにより、お食事はもちろん勉強や作業もしやすいスペースになっております。家具に高さがある分、アームや脚のデザインを細くして抜け感を出しております。

8畳に合うコンパクトなサイズとデザインのソファダイニング家具

奥行き75cmと浅めなデザインのラン・コンパクトソファ片アーム(ラタン)。片アームにすることにより、抜け感が出て部屋を広く見せます。

高さが63cmと、ソファと合わせた際にちょうど良いカフェ・テーブルv04。アイアン素材の脚がスッキリとした印象を与えてくれます。

ソファスペースをマリンスタイルにするインテリアコーディネート

ソファを置いたワンルームを開放的な空間にするために、マリンスタイルのインテリアコーディネートでまとめました。涼しげなブルーとグレーでカラーコーディネートをすることで、湾内の穏やかな海のように静かで柔らかな雰囲気を表現しています。

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45
ファブリックパネル210×300

ファブリックパネル 210×300

ラグ 直径1500mm

関連コラム

■10畳ワンルーム

10畳ワンルームをソファダイニング中心にインテリアコーディネートした事例です。ソファの高さに合うダイニングテーブルを配置したことにより、お食事や作業など幅広く活用することが可能です。広めな天板のテーブルと広めのオットマンなど、家で友人と食事を楽しめるような家具を揃えています。

10畳のスペースを活用したソファダイニング家具

8畳でもご紹介したラン・コンパクトソファ片アームのヒヤシンスタイプ。オットマンを隣に置いて足を伸ばしたり離して来客時の一人掛けソファとしても使用すうことが出来ます。

天板サイズが120cmのモク・ローダイニングテーブル。床から天板までの高さがソファと相性の良い64cmなので、食事をしたり作業をしやすくなっております。

心が弾むイエローのインテリアコーディネート

見るだけで気持ちが明るくなるイエローのインテリアコーディネートは、イエローの配色が多くなり過ぎないようバランスよく取り入れるのがポイントです。メインの明るいイエローにライトグリーンのクッションや落ちついたイエローグリーンのラグを組みあわせて、穏やかで柔らかい空間を演出しています。

クッションカバー 45×45

クッションカバー 45×45
オットマンカバー

ラグ 2000×2000mm

関連メニュー

理想的な一人暮らし・ワンルームのインテリアコーディネートのコツ

それでは、あなたの好きなインテリアスタイルや家具が決まったところでインテリアコーディネート作りの始まりです。ワンルーム・一人暮らしのお部屋作りにおけるポイントは大きく分けて3つあります。

一人暮らし・ワンルームのインテリアコーディネートを完成させる3つのポイント

  1. 家具とレイアウトでワンルームを広く見せる

  2. カラーコーディネートで空間を彩る

  3. ライフステージが変わっても永く使える家具を選ぶ

ワンルームや一人暮らしのお部屋はコンパクトなサイズが多いので、少しでも広く見せるような家具や配置を考えて全体のバランスを色で整えましょう。また将来のことも見据えて引っ越しや家族構成の変化に合わせられる拡張性やメンテナンスがしっかりとサポートされた家具選びがおすすめです。ここからはポイントを絞って説明します。

1. 家具とレイアウトでワンルームを広く見せる

ワンルームという限られた空間を広く見せるために、レイアウトを工夫して家具を上手に選ぶことが重要です。ロースタイルや収納付きの家具にしたり生活動線を考えて配置することで、部屋の印象が大きく変わります。

①ロースタイル家具で開放感のある空間にする

部屋を広く見せる方法の定番といえばロースタイル。低い家具は圧迫感が出ず広く見えるため、部屋をスッキリと見せる効果が生まれます。ソファやベッドなど主役になる家具ほど高さを抑えて、開放感のある空間を意識しましょう。

部屋を開放的に見せるロースタイル家具

床から座面まで33cmと通常のソファより低いデザインのケイ・ローソファ。高さを抑えて圧迫感を無くし、部屋を開放的な印象にしてくれます。また、床に座る場合も、低い座面のおかげで背もたれとして丁度良く寛ぐことが出来ます。周りの家具も同じくらいの高さに揃えることで、より部屋を広く見せることができるでしょう。

関連コラム

  • ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~
    ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~

    お部屋を視覚的に広く見せられるのが「ローソファ」の特徴です。開放的な空間を作ってくれるロースタイルだからこそ、他のソファにはない座り心地のポイントがあります。今回は、そのローソファの座り心地のポイントを、a.flatソファのローソファである「ケイ・ローソファ」と一緒にご紹介致します。

床から天板までが33cmとローソファと合わせても丁度良い高さのケイ・ローテーブル。ソファに座った時だけではなく座卓として使用する場合でも、過ごしやすい空間を演出してくれます。ガラス天板なので、デザイン的にも開放感があります。

チーク・ロー・ベッドv02は厚さ200㎜ほどのコイルマットレスを置いた状態でも、ヘッドボードとマットレスがほぼ同じ高さなので一体感を出すことができます。

キューブ・テレビボードは高さが400mmと圧迫感を感じさせず抜けの多い開放的なデザイン。部屋をスッキリとした空間に魅せてくれます。

関連メニュー

  • ロースタイルの暮らし

    ロースタイルの暮らしのページです。部屋を広く見せたい、床生活が好き、という方はロースタイルのインテリアコーディネートを取り入れてみましょう。一般的な高さを持つ家具と比較した場合に、 ...続きを読む

②収納力のある家具でワンルームをすっきり魅せる

ロースタイルにすると部屋に開放感が生まれて広く見えますが、収納が足りなくなり家具の量が増えて余計に圧迫してしまう場合があります。そんな時には収納力のある家具を取り入れましょう。

デザインと収納どちらも兼ね備えたベッド

ベッドのような大きい家具はワンルームに置くとスペースを多くとってしまい部屋が狭くなってしまいます。そんな時は、複数の収納機能を持ったラック・ベッドが活躍します。ベッド下の引き出しスペースやヘッドボード収納など、抜群の収納力により他の家具を置くスペースを取らずに済みます。

ベッド下には大容量の引出しが備わっています。季節物の衣類、鞄、寝具、本などが収納できて開閉スムーズでフルオープンで見える引き出しと使いやすい構造です。

本や雑誌、高さのある収納箱なども置けるヘッドボード。棚に段差があるため、たくさん収納しても隠れて見えないようになっております。

関連メニュー

隠す収納と魅せる収納を実現したローテーブル

「魅せる収納」と「隠す収納」を両立した高い機能性を持つガラス・ローテーブル。ガラス側と木天板下の2つに収納棚があり、それぞれしまうものの用途に合わせて活用することが出来ます。シンプルだからこそあらゆるテイストとも合うデザイン性の高さも魅力となっております。

クミ・ガラス・ローテーブルは天板の中心を走るガラスがアクセントとなっております。ガラス越しに見えるルーバーデザインは、テーブルをスタイリッシュに魅せてくれます。木天板部分は隠せる収納棚となっており、使い勝手の良さも特徴です。

インダカ無垢材の大胆な木目が魅力的なテン・ローテーブル。美しい曲線を描いたフォルムは、力強さの中にも柔らかな印象を与えてくれます。棚板は天板より奥に設計しており、収納した物が見えにくくなっております。

③生活動線を確保できるレイアウトにする

ワンルームに家具を入れてレイアウト検討するとき、部屋の生活動線(人が通れる幅)を確認しておくことが重要でしょう。生活動線を確保しておくと、部屋が広く見えるだけではなく日々の生活もより快適に過ごせるようになります。

家具とレイアウトで変わる生活動線の違い

ワンルームの場合スペースが限られているので、家具とレイアウト方法で大きく部屋の広さが変わります。下記画像のように同じ部屋で異なる家具を置いてみると、印象が違って見えます。

生活動線が狭いワンルーム
奥行きが広いソファにローテーブルを配置。ラグは部屋を覆うような大きめサイズにしています。

部屋の真ん中にローテーブルがあることで、生活動線を遮っております。ソファの座面が広い上に床がラグに覆われて見えず、圧迫感のある空間となっております。

生活動線が広いワンルーム
奥行きの浅いソファにサイドテーブルを配置。ラグを円形にして床が見えるようにしています。ベッドはローベッドを置きました。

ソファの奥行きが浅くローテーブルが無いので、中央スペースが空いてスッキリとしています。円形ラグで床が見えるのとローベッドで高さを抑えた為、開放感のある空間となっております。

関連メニュー

④ 高低差のある家具やインテリアを使って 空間に奥行きを生み出す

家具やインテリアのレイアウトを工夫することで、ワンルームを広く見せることが出来ます。「高低差」「遠近法」を使ったテクニックにより視線を分散させて部屋全体の圧迫感を抑えたり、広く見えるような錯覚を起こす事が可能です。

背の高いインテリア・家具を入り口側に置く

部屋の入口側に背の高いインテリア・家具を配置することで、奥へ行くにつれて目線が抜ける遠近法の効果を利用し空間を開放的に見せることができます。また、入口付近は死角になりやすいので、存在感を出さずさりげなく配置することが可能です。家具のテイストを合わせることで統一感が生まれてよりバランスよく魅せられるでしょう。

背の高いインテリア・家具を部屋の奥に置く

部屋の奥や角に背の高いインテリア・家具を配置することで、全体のバランスを取ることができます。部屋にばらばらに配置するとお部屋が狭く見えるため、なるべく部屋の入口から奥へといくにつれて高さのある家具を並べると良いでしょう。入り口から部屋を見た時、目線が上に行き天井までの抜けが強調されるので空間が縦へ広がる錯覚を起こすことができます。

高低さを生み出すインテリア・家具

2.カラーコーディネートで空間を彩る

インテリア作りにおいて重要な要素を持つカラーコーディネート。カラーを変えるだけで部屋の表情が変わりオリジナリティや個性が出てきます。ワンルーム・一人暮らしのコンパクトな部屋だからこそ、カラーでのインテリアコーディネートを存分に楽しめるでしょう。

①インテリアカラー配色時の黄金比率

まず、基本のカラーコーディネート計画についてのご説明をします。
インテリアのカラーコーディネートは、以下の3つのカラーで成り立ちます。

・ベースカラー(床・壁) 

・アソートカラー(家具・カーテン) 
・アクセントカラー(クッション・壁面装飾・照明)

部屋全体に対して、ベースカラー75%・アソートカラー20%・アクセントカラー5%程度のカラーバランスが良いと言われています。

黄金比率が整っていない部屋

ベースカラー、アソートカラーが整っていますが、アクセントカラーが少なく寂しい印象の部屋となっております。

黄金比率が整っている部屋

ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーすべてがバランス良く整った部屋。一見派手に見えがちな配色も上手に組み合わされて統一感が出ています。

ワンルーム・一人暮らしのインテリアコーディネートは特に、家具(メインカラー)を統一させると空間をまとめやすくなります。また、ベース・アソートカラーがまとまった部屋はどんな色のアクセントカラーでも加えやすく模様替えも簡単に楽しむことができます。

②アクセントカラーの組み合わせ

アソートカラーがまとまっている部屋は、アクセントカラーをいろんなバリエーションで楽しむことが出来ます。こちらのインテリアコーディネート実例は、ブラウンとグレーの家具でまとまった部屋でクッションの色が際立っています。様々なアクセントカラーのクッションカバーを変えた例をご覧ください。

アソートカラーとなるクッションカバーの色を変更した例です。コンパクトな部屋こそアソートカラーが担うイメージが大きく、部屋の雰囲気が一新します。カバーを替えるだけで模様替えを楽しむことが出来るでしょう。

このようにアクセントカラーだけでも部屋の雰囲気を変えることが可能です。インテリアのカラーコーディネートに自信のない方でもアクセントカラーのみの挑戦は気軽に楽しめそうですね。

関連コラム

③自然の色や季節をイメージしたカラーのインテリアコーディネート

部屋をカラーコーディネートするとき、様々な色彩テーマのパターンが考えられます。自然の色や季節感、国やインテリアのテイストなど様々なケースを色や柄をバランス良く使って表現することが出来ます。限られたスペースを自分にとって一番の安らげる空間になるようなカラーを選び、コーディネートしていきましょう。

自然のカラーをイメージしたワンルーム

海や空の青、夕焼けの赤、山や森の緑などの自然界の色は日々の生活でも私達の心を癒してくれます。そんな自然の色をイメージして取り入れたカラーコーディネートを見てみましょう。

グリーンに囲まれたヴィラ風インテリアコーディネート
ファブリックやラグに穏やかで優しいグリーンを多く取り入れたヴィラ風インテリアコーディネート。落ち着いたブラウンとの組み合わせも森の中に囲まれているような安心感を与えてくれます。本物の観葉植物も飾ることで、よりグリーンのイメージを強く表現することが出来るでしょう。

少し異なったトーンのグリーンを組み合わせてグラデーションのようにすることで、より自然なグリーンに近い落ち着きを感じられるインテリアコーディネートになります。

グリーンのイメージを与えてくれるカラーコーディネート

海のような落ち着いたブルーのインテリアコーディネート
清涼感のあるブルーのインテリアコーディネート。ファブリックをソファのクッションバーやベッドのクッション、ベッドスプレッドに取り入れました。深いブルーが海のような落ち着きを表し、部屋全体を開放的な印象にしております。ラグの細かな模様がさざ波を連想させます。

薄いブルーを青い空、濃いブルーを水面のように濃淡で組み合わせることでより海をイメージしやすくなります。

ブルーのイメージを与えてくれるカラーコーディネート

温もりに溢れたレッドのカラーコーディネート

暖かな太陽のようなレッドカラーが印象的なインテリアコーディネート。レッド・オレンジ・イエローのグラデーションカラーで部屋を彩ることで、日の光のような温もりを感じる空間を実現しております。花柄のベッドスプレッドが太陽の下に咲く南国の花をイメージさせるでしょう。

レッドのみのカラーコーディネートではなく、ラグをベージュ、カーテンを落ち着いたオレンジで合わせました。そうすることで赤の強い色合いが和らぎ、日の光のような穏やかな空間を表現することができます。

レッドのイメージを与えてくれるカラーコーディネート

カラーで得られる心理効果

心理効果をもたらすインテリアカラー。青や緑などの寒色系はリラックス効果を、赤やオレンジは温かみを感じられます。
気軽に変えられるクッションカバーや小物類、ソファカバーやラグ等で取り入れてあなたのスタイルに合うカラーを見つけましょう。

3. ライフステージが変わっても永く使える家具を選ぶ

一人暮らしで家具を選ぶ時、デザインやサイズの他に長く使い続けられるかも重要な基準になりますね。ライフステージに変化があっても拡張や組み替えが出来たりメンテナンスが出来れば、そのままお気に入りの家具を使い続けることが可能です。

①組み替え・拡張式の家具で 一人暮らしから家族暮らしまで永く共に過ごす

一人暮らしワンルームの部屋は将来家族が増えたり仕事で転勤になったりと、ライフステージが変わっても買い足しや組み換えで拡張が出来て使える家具がお薦めです。スタンダードな形やカラーをセレクトすることでコーディネートを問わずに使いこなせます。

■組み替え・拡張が出来る「ソファ」

座面から背もたれまで身体をしっかり支えてくれる、ゆったりとした座り心地のテン・ハイバックソファ。一見、ワンルームのようなコンパクトな部屋にハイバックソファを置くと圧迫感が気になるところですが、片方側のアームを無くすことにより横幅を抑えられるだけではなく開放感が生まれてすっきり魅せることが出来ます。

ワンルームから1LDKに引越す際、使用しているソファが拡張可能なタイプなら気に入ったデザインや座り心地をずっと永く使い続けることが出来ます。また、一人暮らし時では置けなかった憧れのカウチやコーナーセットも、買い換えることなくパーツを揃えるだけで置くことも可能です。

一人暮らしワンルームでは、185cmの2.5人掛け片アームを置いていました。

1LDKに引越してカウチソファを追加配置しました。
リビングでの寛ぎ方に合ったパーツで拡張することが出来ます。

広い間取りのお部屋に引越した場合、ゆとりのあるコーナーセットに組み換えることも可能です。居住人数が増えた場合でも、全員が寛げるような組み合わせに対応していくことが出来ます。

■組み替え・拡張が出来る「収納」

ワンルームや一人暮らしのコンパクトな部屋には、組み替えや配置で使い方を替えられるユニット家具を取り入れることをお薦めします。今後のお引っ越しや結婚してお子様が生まれた時など、暮らしの節目で買い足すことが出来ます。

アッシュ無垢材ならではの素材感、サイズや形が自由自在に変えられる拡張性が魅力のキューブシリーズ。無垢材を贅沢に使用したキューブシリーズは空間に自然の温かみを与えてくれます。本棚や飾り棚など魅せる収納にぴったりの収納棚です。ドロワーを加えることで、さらに収納力やデザインを変えることが出来ます。

間取りやライフスタイルに合わせて収納棚を組み合わせる

お部屋のクローゼットや部屋の数によって、必要な収納棚のサイズは変わってきますよね。そんな時にこそ組み替え・拡張式の収納が役立ちます。組み替え例として、ワンルーム時は収納を縦使いに引越ししてお部屋が大きくなったら横使いと仕様変更することが出来ます。

関連コラム

②シリーズ展開している家具を揃えて部屋に統一感を出す

横に流れる水平ラインが美しい ルーバーシリーズ

一人暮らしで使っていた家具をライフスタイルが変わっても使用したい場合、シリーズで展開しているものを選ぶと良いでしょう。家具のデザインを揃えることで統一感が出て、より部屋をおしゃれに彩ることが出来ます。自分にとってお気に入りのデザインを見つけましょう。

横に流れるルーバーデザインが特徴のルーバー・テレビボード。丁寧に取り付けられた無垢材からなる水平ラインは、シンプルな中にも奥深さを感じることが出来ます。

テレビボードと同シリーズのルーバー・キャビネット。横幅が425mmとコンパクトなサイズなので部屋に置きやすく、テレビボードと合わせることで収納力も上がります。

キッチンスペースに置ける ルーバーシリーズ
キッチン収納もルーバーデザインで統一すると、モダンアジアンな空間をより広げられるでしょう。あえて魅せる収納としてキッチン用品を置くことで、おしゃれなダイニングを演出することが出来ます。

関連メニュー

繊細な縦ラインのレンシリーズ

ルーバーは横ラインのデザインですが、繊細な縦ラインが魅力的なレンシリーズもございます。無垢材を「なぐり加工」という伝統技法で溝を作り出すことで、シンプルながらも美しい縦ラインが生まれます。こちらもシリーズで揃えてモダンアジアンな空間を表現しましょう

レン・テレビボードは引き出し棚の上部がアクリルガラスになっており、AV機器が見える涼しげなデザインになっております。

レン・キャビネットは同シリーズのテレビボードと並べることで、部屋全体を凛とした雰囲気にすることができます。デザインと機能性を兼ね備えた収納棚です。

キッチンスペースに置けるレンシリーズ
ルーバーシリーズ同様、レンシリーズもキッチン収納を取り揃えております。美しい縦のラインで統一させて、
モダンアジアンな空間を演出しましょう。

関連メニュー

③カバーの取替えやメンテナンスが出来る家具を永く使う

お気に入りのソファやチェアでも、クッション部分がへたれたりカバーが破れてしまう事もあります。そのような時、中材やカバーを買い換えることが出来るタイプなら永く使い続けることが可能です。メンテナンスをしていくことで、買い換えを数回繰り返すよりもリーズナブルになり愛用し続けることが出来ます。

カバー・中材を取り替えられるソファ・チェア
a.flatのソファやチェアはカバー交換が簡単に出来ます。また、中材クッションやチェア座面のみを購入することも可能で、交換することにより新品のような座り心地が蘇ります。

カバーを取り替えることで、素材や色合いを変えてカラーコーディネートを楽しめます。a.flatは7種類の素材、70色の色数からソファカバーをお選び頂けます。

a.flatのソファは座面クッション、背面クッション別々でも購入出来ます。へたりの気になる箇所を交換して、上質な座り心地を維持しましょう。

チェアカバーは座面をネジで取り外すことで、簡単に付け替えることが出来ます。商品によりカバーはマジックテープと紐で留めるタイプに分かれます。

座面クッションがへたってしまった時も楽に取替えることが可能なので、いつまでも座り心地の良い状態で使用することが出来ます。

おすすめコラム

日々のメンテナンスで家具の寿命を延ばす
購入した家具を永く使い続ける場合、日々のお手入れやメンテナンスを心がけることで家具の寿命が変わります。お手入れをすることで綺麗な状態を保つだけではなく、愛着も湧いてきて大事に使い続けられるでしょう。

ラタン・ヒヤシンス素材の場合
家具の移動や硬いものをぶつけてしまって傷が付いた時は、補修マーカーで塗りなじませれば、ほとんど目立たなくすることが出来ます。こまめに塗っておくことで、天然素材の美しい状態を永く保つことが出来ます。素材に合った色で補修しましょう。

ホコリを取り除くには、柔らかいブラシでのブラッシングが最適です。週に1回くらいお手入れするといいでしょう。

網目に入ってしまったほこりや乾いた汚れは、掃除機での吸い取りも可能です。優しく撫でるようにしましょう。

おすすめコラム

木材ソファの場合
木材ソファの多くは組立商品となっております。定期的(約3ヶ月)に点検してソファに緩みやガタつきがないかを確認しましょう。緩みやガタつきがある場合、ソファに付属されている六角レンチで締め直してください。ソファの組立がゆるんだ状態でご使用していると、ソファの故障・破損を引き起こしたり、怪我をする恐れがあります。

関連コラム

木材テーブルの場合
ウレタン塗装をしている木材家具は、柔らかい布で優しく乾拭きしましょう。汚れが気になる場合は塗れた布で汚れを取り、その後乾いた布で拭きます。水分が残ってしまうとシミや変色の原因になるので、しっかりと拭き取ることが重要です。

万が一鋭利な物で傷を付けてしまった場合は、市販の木工家具用補修マーカーを塗りなじませましょう。

浸透性が高く木の質感を損なわないみつろうクリームは、木材家具を綺麗に長持ちさせるのにおすすめです。

a.flatの安心出来るメンテナンス

a.flatの家具は、全て自社・専属提携工場にて生産され、日本人スタッフによる品質管理を通して、品質の高い家具を皆様にお届けしています。

お客様にご購入頂いた商品を末永く安心してご使用いただけるよう、ソファ・椅子のカバーや中材の交換だけでなく、金物(蝶番、スライドレール、ステー)の交換等のメンテナンスサービスも充実しています。オリジナルブランドだからこそ可能な迅速な対応も心掛けております。

関連コラム

ワンルーム・一人暮らしのインテリアコーディネート実例

ワンルームの家具を選ぶときのポイントを具体的に振り返りました。ここからは一人暮らしやワンルームのコーディネート実例を見てみましょう。

温もり感じるモダンアジアンインテリアの一人暮らしワンルーム

大人な雰囲気のモダンアジアンスタイルを、6畳ワンルームで実現しております。ダークブラウンを基調とした家具にアジアンリゾートの温もりを感じるラタン素材を組み合わせて、落ち着いた空間にしました。奥行きや高さを抑えたコンパクトな家具でまとめたことにより、一人暮らしの空間を広く見せております。

ダークブラウンの家具で揃えた部屋に繊細な印象のラタン素材のソファを取り入れることで、モダンとアジアの融合した雰囲気を作っております。

ベッドの寝具類はダークブラウンで色を統一させました。深みのあるダークブラウンで組み合わせることで、モダンな雰囲気だけではなく、広大な大地のような落ち着いた気持ちにさせてくれます。

関連メニュー

大人モダンなインテリアコーディネートのワンルーム

シャープなデザインのダークブラウンの家具に、ブラック・グレーのファブリックを重ねたシンプルなメンズライクインテリアコーディネート。ベッドスプレッドやレッドのクッションがアクセントとなり、一人暮らし空間をモダンな雰囲気へと盛り上げています。

直線フレームがシャープなソファの上にブラック・グレーのモノトーンのクッション、差し色や柄を加えることで更に自分らしく、そして洗練されたモダンインテリアを愉しむことが出来ます。

落ち着いたダークブラウン家具の中でもガラス素材が入ったデザインを取り入れることで、ワンルームを無機質でスタイリッシュな印象の部屋になります。

関連メニュー

アジアンな一人暮らしを楽しむインテリアコーディネート

ワンルームに落ち着いたアジアの雰囲気を取り入れたインテリアコーディネート。シックなダークグレーのヒヤシンスソファにパープルのソファカバー、オレンジやイエローのクッションがエキゾチックなイメージを演出しております。壁面装飾や小物雑貨など、細部までにアジアらしさを取り入れました。

上品で落ち着いたパープルカラーのソファカバー。ダークグレーのヒヤシンスソファをより高級感のあるイメージにしております。

無垢材のぬくもりを感じるテレビボード。格子柄が毅然とした印象を与えております。組み合わせてスペースを有効活用することが可能です。

関連メニュー

エキゾチックなアジアンインテリアコーディネート

アジアの自然な情景をイメージした、一人暮らしワンルームのインテリアコーディネート。エキゾチックなカラーを取り入れる事で、アジアの自然の穏やかさやリラックス感をワンルームに与えることが出来ます。ヒヤシンス素材のソファや無垢材家具など、アジアンインテリアが一人暮らしの部屋に癒しを与えてくれます。

アジアの森林のような深みのあるグリーンのラグに、オリエンタルなパープルのクッション。ヒヤシンス素材のソファが主役となりさらにアジアンな空間を演出してくれます。

深い眠りへと誘うルーバーデザインのヘッドボードが魅力のベッド。無垢材の素材感が自然の温もりを感じさせます。落ち着いたブラウンカラーのベッドスプレッドも魅力的です。

関連メニュー

理想のワンルームを店舗でシミュレーション

ワンルームの部屋に家具を置きたい場合、実際のデザインやサイズ感などを店舗で確認しておくと安心です。a.flatではワンルームに合う家具やインテリアを多く展示しております。ぜひ、店舗へ足を運んでゆっくりとa.faltの世界観をお楽しみください。

a.flat新宿店

■a.flat新宿店
TEL:03-5919-1922
新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

アジアの風を感じる家」がテーマのa.flat新宿店。自然を感じる家具・インテリアを、ワンルームやコンパクトな部屋に置いたレイアウトイメージで展示しております。都会に広がるぬくもりの空間を是非、体感してください。

a.flatの世界観を体感できるお近くの店舗

a.flat目黒通り本店
TEL:03-5731-5563
都立大学駅から徒歩7分
自由が丘駅から徒歩10分

■a.flat大阪梅田店
TEL : 06-6292-5733
大阪駅/梅田駅から徒歩3分
グランフロント大阪北館5F

分からないことは、プロにご相談を

コラムをご覧いただいて興味を持ったり質問があるという方は、ぜひスタッフへご相談を。部屋サイズが分かる図面をお持ち頂ければ、コーディネーターがお客様のライフスタイルに合わせたご提案を致します。まずは気兼ねなくご相談ください。

まとめ

今回のコラムはいかがでしたか。ワンルーム・一人暮らしのインテリアコーディネートは、いくつかのポイントに気を付けるだけで理想の部屋を作ることが可能です。是非参考にして自分のイメージ通りの空間を実現してみてはいかがでしょうか。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.