• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

今すぐ実践!部屋の模様替えに役立つポイント

公開:2018/8/24

更新:2019/2/22

ライター:目黒通り本店瀬下

今すぐ実践!部屋の模様替えに役立つポイント

掃除をした時や、新しい家具を買った時に、部屋の模様替えをしたくなりませんか?どんな時に模様替えをしたいのかで、注目するポイントは変わってきます。気分転換をしたい時と、部屋をスッキリさせたい時のポイントは違います。さらに、そのポイントをアレンジすることで、自分らしい部屋へと模様替えが出来ます。そんな部屋の模様替えのポイントをご紹介致します。

部屋の模様替えを何でしたいのか考える

部屋の模様替えのポイントを知る前に、まず「どうして模様替えをしたいのか」考えてみましょう。気分転換に模様替えをしたいのか、部屋をスッキリさせたいから模様替えをしたいのかなど、部屋の模様替えをしたい理由で、注目するポイントが変わってきます。

気分転換したい時の模様替え

気分転換したい時の模様替えは、部屋の雰囲気をガラッと変えることです。気持ちもリセットされ、気分を変えることが出来ます。部屋の色を変えるだけでも、雰囲気はガラッと変わります。

青をメインとした、爽やかで涼しげな部屋。

緑をメインとした、癒しを感じる部屋。

例えば、上の2枚の写真のように、家具の位置は変えなくても、部屋の色を変えるだけで、雰囲気が変わります。色を変えるだけですが、いつも見ていた風景ではなくなるので、気分も変わります。比較的簡単に部屋の模様替えが出来るので、すぐ気分転換したい時にオススメです。

部屋をスッキリさせたい時の模様替え

部屋に置かれているものが少なければ、スッキリと広い部屋に見えます。スッキリと広く見せるために、収納を活用したり、スッキリと見えるポイントを抑えていきましょう。

見えている床面積を広くする

床が見えている面積が広いということは、その分置かれている物が少ないということになります。物が少ないと、部屋はスッキリと見えます。さらに、床が広がって見えるので、部屋には開放感が生まれます。部屋を広く見せる効果もあります。

細かいものはまとめる

配線コードなどの細かいものをまとめることで、スッキリとした印象になります。また、配線コードをまとめると、その箇所が掃除しやすくなり、火災予防にもなります。使い勝手と、安全面も向上するので、一度試してみてはいかがですか?

おすすめメニュー

模様替えのポイント

気分転換できる模様替えのポイントと、スッキリと片付いた模様替えのポイントは、全く異なるポイントもあれば、類似するポイントもあるので、それぞれのポイントを把握することがいいでしょう。では、部屋の模様替えのポイントをご紹介致します。

ポイント1:部屋の色を決める

部屋に使われている色で、部屋の印象はガラッと変わります。部屋が鮮やかに見えたり、クールに見えたりと、色によって様々な雰囲気を楽しめます。なので、部屋の色を変えることで、気分転換が出来ます。

テーマカラーを決める

具体的にどのように部屋の色を決めていけば良いのでしょう。まずは、自分の好きな色をテーマカラーにしてみましょう。皆さんそれぞれ好きな色や、気に入っている色があると思います。そのような色のほうが、イメージしやすいので、その色をテーマカラーにして、部屋の模様替えを行います。

配色を決める

テーマカラーが決まったら、そのテーマカラーが映える配色を決めていきましょう。選んだ色によっては、メインカラーになる場合や、アクセントとして使用する場合があります。淡い色合いでしたらメインで使用する方が良く、鮮明な色味でしたらアクセントカラーにすると良いでしょう。

テーマカラー「青」
青色がメインの部屋は、爽やかな印象の部屋になります。涼しげな印象もあるので、夏にはぴったりの雰囲気になるでしょう。青をメインにする時は、周りの色を明るめにすることで、青色が映えます。

テーマカラー「パステルカラー」
パステルカラーを取り入れた部屋は、優しい雰囲気があります。カラフルな配色ではありますが、色のトーンと、類似色でまとめることで、統一感が生まれ、部屋のバランスがとれます。

ポイント2:家具の配置

家具の配置を換えると、部屋の雰囲気はガラッと変わります。部屋の余白が多くなるように家具を移動すれば、スッキリとした印象の部屋になります。目に付くところにお気に入りの家具を配置すれば、こだわりのある部屋になります。家具の配置は、部屋の模様替えで重要なポイントであり、これからの生活にも影響を与えるので、計画的に配置を換えましょう。

生活導線を考える

生活するうえで重要になってくるのが「生活導線」です。普段の部屋ではどのように過ごしているのかを考え、スムーズに移動できているのかを振り返りましょう。このスムーズに移動するということが重要になります。家具を移動する際は、行動の妨げにならないように気をつけましょう。

シミュレーションを行う

大体どの位置に家具を置くか決まったら、動かす前に一度シミュレーションを行ってみましょう。シミュレーションを行うことで、家具と家具の距離感や、見落としていた箇所も分かるので、家具を動かした後の失敗を減らすことが出来ます。

ポイント3:収納の活用

収納を活用してスッキリとした部屋にしていきましょう。物で溢れている部屋は、圧迫感があり、狭く感じます。さらには、見えないところにホコリなどが溜まりやすく、衛生的にもよくありません。部屋をスッキリとさせて、広く快適な部屋へ模様替えをしてみましょう。

部屋に物が溢れていると疲れやすい

床に衣類や鞄、ビニール袋など置きっぱなしにしていると疲れやすいと言われています。片付けを後回しにしていると、どんどんやることがたまっていき、それにストレスを感じてしまうので、疲れが蓄積されてしいます。

部屋が片付くと掃除がしやすい

わざわざ物を動かして掃除をするのが大変で、掃除がおろそかになってしまうと、衛生的にもよくありません。物が少ない部屋でしたら、動かす手間も減りますし、掃除が楽になるので、掃除をする頻度も上がります。

収納方法一つ変えるだけでも、部屋の見え方、過ごし方が変わってきます。生活しやすく、快適な部屋にするために、収納方法を見直していきましょう。

ポイント1実践編:色彩心理を取り入れたカラーコーディネート

それぞれの色には、心理作用があり、色によって感じ方が変わってきます。これを、「色彩心理」といいます。部屋の色を決めていく上で、その色彩心理も取り入れたカラーコーディネートをしてみてはいかがですか?テーマカラーは決まりましたが、他の色はどうしようかと悩まれているときに、色彩心理の効果で色を選ぶと、テーマカラー以外の色もスムーズに決まります。

色彩心理とは

色彩心理とは、心理学の一種です。人は視覚からの情報が8割と言われていて、形や色からその物の状態を判断します。そして、その情報が感情や行動に影響を与えます。色彩心理は、色から得た情報を元に、人にどのような影響を与えるか、人と色との関係性を心理学的に説いたものです。

各色の色彩心理


エネルギッシュな赤は、やる気を出したり、元気にしてくれる効果を持っています。また食欲などが出る色とも言われています。さらに、副交感神経を刺激して、体感温度を上げてくれます。


爽やかで清潔感のある青は、気持ちを落ち着かせてくれます。感情を抑えてくれるので、物事に対して冷静にしてくれます。なので、集中したい時に見ると、効果的な色になります。


中間色とも言われている緑は、心身をリラックスさせてくれる効果があります。草や葉などを連想させる色なので、木製の家具とも相性がよく、バランスの取れた配色にすることが出来ます。


明るい印象の黄色は、知性を刺激する色とも言われていて、記憶力、理解力などが上がります。また、頭の回転も速くなるので、仕事や勉強をするときにあると効率よく作業が出来ます。


神秘的で魅力的な紫は、スピリチュアルな色を象徴し、自分の潜在能力に気付かせてくれる色でもあります。また、心身のバランスを整え、癒してくれる効果もあります。

ピンク
女性的で可愛らしい印象のピンクには、心と体を若くしてくれます。また、愛や幸せを欲している時は、ピンクが気になります。さらに、ピンクには甘いものをおいしく感じさせる効果もあります。

まずは季節の変わり目に色の模様替え

各色の色彩心理を利用した模様替えとして、まずは季節の変わり目に行うのが良いでしょう。夏は、寒色系を取り入れ、涼しさを感じ、冬は暖色系を使い、暖かさを感じる。このように色彩心理を試してみることが出来ます。そこにテーマカラーも取り入れたこだわりの部屋へと模様替えをしていきましょう。

~春~ 新緑を感じさせるグリーンコーディネート

始まりの季節でもある春は、葉や草木が新しく芽を出す季節です。また、新しく始まる事も多い時期なので、ストレスも感じやすいと思います。緑色には、ストレスを和らげる効果があります。緑を使って、リラックスできる部屋を作りましょう。

~夏~ 清涼感が溢れるブルーコーディネート

夏の暑さに負けないためにも、涼しげで爽やかな部屋を作りましょう。色彩心理において青色には、体感温度を下げる効果があります。また、爽やかな印象を与えてくれますので、ジメジメした季節でも、部屋に清潔感を与えてくれます。

~秋~ 感性を刺激するパープルコーディネート

芸術や読書にふれる機会が多い秋には、神秘的な雰囲気を演出してくれる紫色を取り入れてみてはいかがですか?潜在能力を気付かせてくれると言われているので、アートに挑戦してみるのもいいかもしれません。新たな一面に気付かせてくれる部屋になります。

~冬~ ぬくもりに包まれるルージュコーディネート

寒さが厳しい冬は、ぬくもりを感じたくなります。赤色やオレンジ色には、体温を上げる効果があるので、部屋の色を暖色系にするといいでしょう。また、寒いので、なにかと動きたくない冬でも、赤色を見ることで、活発的になり行動できます。

おすすめメニュー

ポイント2実践編:風水を取り入れた家具配置

部屋の模様替えをしたいと思うときは、運気が上がる瞬間とも言われています。風水を取り入れた模様替えをして、運気が上がる部屋にしてみましょう。さらに、風水を意識することで、家具をどこに移動するかの計画を立てることも出来るので、家具を動かす模様替えがスムーズに出来ます。

風水とインテリアの関係

風水とは、自然のエネルギーを取り込み、運気を上げていくというものです。風水のベースには、「陰陽説」「五行説」「方角」があります。風水は、気の流れを呼び込むという流動的な考えなので、普段動きの少ないインテリアとは、相性がいいです。部屋の中を動かすことで、雰囲気も変わりますし、今まで掃除できなかったところも掃除をするきっかけになります。

陰陽説とは

陰陽説とは、陰と陽の2つの相反するエネルギーがバランスを保つことで、均衡が取れるということです。例えば、月と太陽、男と女、静と動などがあります。どちらも欠けてはいけない要素で、どちらも良い側面、悪い側面を持っています。このバランスが大事というのが、陰陽説です。

五行説とは

五行説とは、全てのものが「火・土・金・水・木」の性質を持っていて、その性質の相性を考えるというものです。風水では、火の性質と水の性質を持つものを置くのは、良い点を悪くしてしまう相性の悪い組み合わせとして、運気を下げてしまいます。性質の相性を考えるのが五行説になります。

方角とは

東西南北にも、それぞれの意味があります。さらに、方角と五行や、方角と色を関連付けて考えることが一般的です。例えば、南東の方角に観葉植物を置くことで、恋愛運が上がるなどと言われています。観葉植物は、木の性質があり、緑色なので、方角との相性が良いからです。

各部屋の風水インテリア

それでは、具体的にどの部屋にどんなものを置けば良いのかを考えていきましょう。部屋の使い方や、置かなければいけない家具の性質を最大限活かせるように、風水インテリアを用いて家具を配置していきましょう。

玄関の風水インテリア

玄関は運気の入り口とも言われる場所です。綺麗な状態を保つことが必要な場所でもあります。そして、綺麗な状態を保ちつつ、運気が上がるレイアウトへ模様替えを行いましょう。

玄関の左右どちらかに姿鏡を置く

姿鏡は、玄関に配置することで、運気を増幅させます。右側へ配置すると、地位や名誉の運気が上がり、左側は金運が上がると言われています。ただ、正面においてしまうと、運気を跳ね返してしまうので、気をつけましょう。

玄関が暗い時は照明を置いて明るくする

玄関に自然光が入り、明るい状態ですと良い気が沢山入ります。しかし、窓などが無く、あまり明るくない玄関には、照明を置いて玄関を明るくしましょう。ダウンライトだけでは暗い時に、テーブルランプなどを置くのも良いでしょう。

おすすめ商品

リビングの風水インテリア

リビングは、家族が集まる場所なので、風水インテリアを意識した模様替えを行うことで、家族運が上がります。家族運を上げ、和気藹々とした家族団らんなリビングを作りましょう。

ソファは出入り口から離れらところへ配置

ソファを出入り口から離れたところへ置き、部屋全体を見渡せるようにすることで、運気が部屋に滞在してくれます。また、ソファの材質も、自然素材で出来ている物を選ぶとより良い運気をリビングに取り込めます。

伝統工芸品を飾ろう

職人の方が手作りした工芸品を飾ることで、金運が上がると言われています。少し高価ではありますが、部屋のアクセントにもなります。また、最近では、モダンな工芸品も増えていますので、チェックしてみましょう。

おすすめ商品

関連メニュー

寝室の風水インテリア

寝室は、家に入ってきた気を体に取り入れる場所です。また、人生の1/3~1/4は寝室で過ごすことになります。なので、風水インテリアを取り入れた模様替えを行い、より良い生活の基盤を作りましょう。

木製のベッドを置くなら北西

北西の方角は、木の性質と相性のよい方角です。この方角に木製のものを置くことにより、貯蓄運や社会運が上がると言われています。頭側に窓がある場合、強い気の通り道になるので、厚手のカーテンで、気の流れを調整するか、ヘッドボード付きのベッドにすると良いでしょう。

部屋の角や四隅は明るく

部屋の角には、悪い気が溜まりやすい場所になります。なので、間接照明などを配置して、部屋の角を照らすようにしましょう。間接照明の光源はなるべく低くすることで、脳もしっかりと休まるので、フットライトなどの間接照明がオススメです。

おすすめ商品

関連メニュー

ポイント3実践編:スッキリさせる収納こだわりを魅せる収納

収納の仕方を変えるだけでも部屋の印象は変わります。スッキリとした部屋にもなりますし、こだわりを演出した部屋にもなります。収納を活かして、過ごしやすい快適な部屋へ模様替えを行っていきましょう。

しまう収納の活用方法

収納を活用すれば、スッキリとした部屋に模様替えができます。今使っている収納を工夫するだけで、まだ収納できるかもしれません。改めて今使っている収納や、しまわれている物を見直してみましょう。使い勝手が良くなる工夫が出来ます。

収納したものを把握する

まず収納のポイントとしては、しまったものを把握することが大切になります。どこに何をしまったか把握することで、物を探す手間が省けたり、無駄な買い物をしなくて済みます。物が増えるのを抑えるだけでなく、無駄な出費がなくなるので、お財布にもやさしいポイントです。

使うものは、目の見えるところにしまうようにしましょう。よく使うものなので、買い溜めしてしまうと思いますが、なるべくストックせず、ストックが最後の一つになったら購入しましょう。

引き出しに何が入っているのかを分かるようにしましょう。引き出しの表面に何が入っているかを表記し、把握することで、使った後は、必ずいそこへ返します。物の紛失も減らせるでしょう。

収納家具の中は隙間がないように

部屋には余白を作りますが、収納家具の中は、隙間がないように収納しましょう。隙間や余白があるということは、その分収納できるということなので、収納力を上げるために、隙間がないように収納していきましょう。

クローゼットでの洋服のしまい方は、高さを揃えて収納しましょう。高さを揃える事で、隙間が出来るので、そこにBOX型の収納を収めて、衣類小物を収納するようにしましょう。

ベッドやソファの下を有効活用しましょう。写真のように収納付きのベッドを選ぶことにより、その下に収納できるようになります。収納力を増やして、スッキリとしたお部屋になります。

魅せる収納方法でこだわりを演出

こだわりのある部屋にする収納方法です。見せ方一つで、部屋の雰囲気がガラッと変わります。物をまとめて一箇所に集めることで、他の部屋のスペースはスッキリ見えます。また、収納も出来るので、一石二鳥の収納方法です。

収納するものを魅せていく

本来の収納は、物をしまうので、収納したものは生活しているうえで見えません。しかし、最近ではクローゼットの中や、収納家具の中にしまっていた物を、あえて見せることで、こだわりのある部屋を演出するスタイルが出てきています。見せるものとしては、本や食器などの小物がメインになります。

見せる収納では、基本的にオープンな棚を使用します。食器棚でもシューズボックスでもオープンなタイプを使用して、規則的に並べることで、カラフルで綺麗に見えます。

小物は収納するとどこへしまったか分からなくなります。なので、ディスプレイすることで、なくす心配もなくなります。

おすすめ商品

おすすめコラム

壁に掛けて魅せる

キッチン周りや、アクセサリー、洋服など本来はしまって収納するものですが、それをあえて表に出して収納する方法です。壁に掛けることで、部屋にアクセントが生まれます。

キッチン用品をそのまま収納しようとすると、かさばります。なので、壁に掛けるなどして、壁面を上手に使いましょう。また、壁に掛けることで、使いやすくもなります。

クローゼットにしまいたい衣類でも、帽子等はかさばるので、収納しにくいと思う時はありませんか?そんな時は、壁に掛けてインテリアの一部にしましょう。部屋の雰囲気もポップなものになります。

おすすめコラム

収納家具もこだわりの模様替え

収納家具はシンプルなものが多いと思います。部屋のテイストに合わず、その収納家具だけ浮いてしまうこともあります。なので、見せる収納を試してみるが、収納しきれないとお悩みの方もいらっしゃると思います。そこで、シンプルになりすぎず、収納力のある家具を探しましょう。

リバーシブル機能つきの収納家具

収納家具のメインになるのが、引き出しです。この表面の見栄えで、その収納家具のテイストが決まってしまいます。そこで、この引き出し部分がリバーシブルになっていれば、色々な表情を楽しめます。簡単な部屋の模様替えにぴったりです。

DIYで世界に1つの収納家具

DIYという言葉を聞いたことがあると思います。けど、それって大変なんじゃないかと思われていませんか?今では、専用のアイテムも沢山販売されていますので、誰でも気軽に出来ます。引き出しの表面にリメイクシートを張るだけで、世界に1つの収納家具が作れます。

関連メニュー

部屋の模様替えを楽しもう

部屋の模様替えのポイントをご紹介させていただきましたが、一番は、楽しくやることが重要だと思います。家族みんなで部屋の模様替えを行い、家族水入らずの時間を過ごしてみたり、色々調べることで、世の中にはこんな便利な道具があるのかと発見してみたりと、イベントとして部屋の模様替えを楽しんでください。

こまめに模様替えをしよう

1つのイベントとして模様替えを行うようにすることで、気分転換や、楽しい時間を作る以外にも、部屋の綺麗が保たれるというメリットがあります。綺麗を保って、より良い生活を送りましょう。

模様替えの楽しくなる家具を探す

部屋の模様替えを楽しみ方としては、模様替えをすることを前提とした家具を探すのも楽しいと思います。さらには、今まで知らなかった機能、デザインなどを知ることで、新しい発見もできます。時間がある時に、模様替えに向いている家具を探しに行きましょう。

組み合わせ多彩なソファ

ソファは部屋のメインになる家具です。しかし、ライフスタイルが変化すると共に、買い換えなければいけません。しかし、組み合わせて使えるソファにすることで、組み合わせる部分だけ買い足して使えます。さらに、部屋の模様替えの際も、模様替えにバリエーションを持たせます。

サイズが変わるダイニングテーブル

2人用のダイニングテーブルが4人用にサイズが変わることで、使い勝手や、部屋の雰囲気も変えることが出来ます。2人用のテーブルの時は、空間が広く見えたり、可愛らしい部屋を演出できます。4人用にサイズを変えることで、来客時に使えたり、パーティーの時も便利です。

彩り豊富なファブリック

季節で模様替えをしたり、気分転換に模様替えしたい時に、クッションのカバーやソファのカバーを変えるだけで、部屋の雰囲気はガラッと変わります。簡単にカバーは交換できるので、誰でも簡単に模様替えが行えます。さらにファブリックに合わせた壁面装飾を使って、部屋に統一感を持たせることも出来ます。

部屋の模様替えを意識した家具を揃える事で、今後お引越しをされた時や、リフォームして間取りを変更した時に、家具の配置で悩んだり、買い換えたりする心配がなくなります。是非この機会に色々な家具を探して見ましょう。

a.faltでは、部屋の雰囲気を作る自然素材の家具、種類豊富なカバーなど、部屋の模様替えを行いやすいアイテムをご用意しております。また、家具配置のシミュレーションや、部屋のカラーコーディネートのサービスもございますので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

部屋の模様替えをしたいと思っていても、「何から始めれば分からない」「大変そうだから、やりたいけどなかなか出来ない」。そんな時は、一つ一つのポイントを抑えていけば、スムーズに行えます。部屋の模様替えを行い、自分らしい素敵な部屋を作りましょう。

おすすめメニュー


関連コラム

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.