• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

コンパクトソファの座り心地 ~様々な座り方で安定してくつろぐ~

公開:2019/3/22

更新:2019/3/22

ライター:目黒通り本店瀬下

コンパクトソファの座り心地 ~様々な座り方で安定してくつろぐ~

コンパクトソファは、サイズ感を抑えて設計されているので、比較的お部屋に置きやすいソファです。サイズ感を抑えて設計することで、コンパクトソファにしかない座り心地が生まれます。その座り心地のポイントを、a.flatソファのコンパクトソファである「ラン・コンパクトソファ」と一緒にご紹介致します。

コンパクトソファの魅力

サイズ感を抑えて設計されているコンパクトソファの魅力は、お部屋に置きやすく、スペースを有効的に使うことが出来るところです。ワンルームや、家具の配置が難しい間取りなど限りある空間でも、比較的お部屋に置きやすくなっているので、ソファでくつろぐ生活スタイルを実現できます。

コンパクトソファとは

コンパクトソファとは、名前の通り少し小さめのサイズ感で設計されたソファです。一般的なソファはゆったりとしたサイズ感になっています。そのため、ソファをお部屋に配置するのに、スペースが必要となります。コンパクトソファは、サイズ感を抑えて設計されており、スペースを有効に活用することが出来るので、ワンルームなどに配置しやすいソファです。

限られたスペースにも置けるサイズ感

一般的にコンパクトソファは、限られたスペースにも配置できるようにサイズを抑えて設計されています。サイズを抑えることで、限られたスペースにソファを配置しても、生活動線の確保を行うことが出来るので、生活しやすいお部屋をつくることが出来ます。

コンパクトソファは1~2人掛けのサイズ感

限られたスペースに置くためには、まずソファの幅がポイントとなります。

一般的なソファのサイズ感
一般的なソファの3人掛の幅は、約210㎝~230㎝程の大きさがあります。そのため、3人掛けのソファを置く際は、お部屋のスペースにゆとりがあると配置しやすくなります。

コンパクトソファのサイズ感
コンパクトソファは、配置するスペースをなるべく抑えるために、ソファの幅は1~2人掛け程のサイズが主流です。幅を抑えることで、生活動線を確保しやすく、スッキリとしたお部屋にすることが出来ます。

ソファの奥行きが短めに設計されている

コンパクトソファは、ソファの幅以外でも、スペースを有効に使えるようにと、ソファ全体の奥行きも抑えられています。ゆったりと座れるソファの奥行きは90㎝前後あり、コンパクトソファは、約70~80㎝程の奥行きのソファが多くあります。

ソファ全体の奥行きが抑えられているので、実際に座る部分である座面の奥行きも短くなり、座った際に背もたれに寄り掛かりやすく、安定した姿勢で座れます。

姿勢を崩しすぎない座り方が出来る

座面の奥行きも短くなることで、背もたれと腰や背中の位置が近くなります。そのため、寄り掛かる際は、あまり崩した姿勢にならず、安定した座り心地になります。崩した姿勢で座ることで、腰に負担が掛かってしまうという方におすすめです。

腰から背中を支えることで安定される

人は座っている時、体圧が腰に掛かり、負荷が掛かりやすくなります。そのため、腰を支えて体圧を軽減することが必要となります。背もたれにすぐ寄り掛かれることで、腰から背中をしっかりと支えて、安定した姿勢になります。

腰から背中を支える安定した座り心地のポイント

腰から背中にかけて背もたれが支えてくれることで、安定した座り心地を得ることが出来ます。安定した座り心地のポイントは、座面の奥行きが短く設計されていることや、ソファの中材クッションがポイントとなります。これらのポイントを詳しくご説明していきます。

奥行きがコンパクトに設計されている

コンパクトソファは、奥行きを抑えて設計されています。そのため、腰と背もたれの距離が近くなります。体重を後ろへ傾けることで、すぐに背中を背もたれに預けることが出来ます。姿勢を大きく崩すことなく座れるので、安定した姿勢になります。

座面が浅いことで背もたれに寄り掛かりやすい

一般的なソファは、ゆったりとくつろげるように座面の奥行きにゆとりがあります。そのため、立った姿勢から座った際に、背もたれと腰に距離が生まれます。そして、そのまま寄り掛かるので、少し崩した姿勢で腰を支えます。

コンパクトソファは、座面の奥行きも短く設計されています。そのため、座った時の姿勢を崩すことなく、背もたれに寄り掛かることが出来ます。姿勢を崩していないので、腰から背中がしっかりと支えられ、姿勢を安定させてくれます。

座面と背面の中材クッション

座面と背面の中材クッションも重要なポイントになります。この中材クッションは、座った際の体圧を分散してくれる役目があり、体に掛かる負荷を軽減してくれます。また、コンパクトソファは座面の奥行きが抑えられているので、寄り掛かった際の背面のクッション性によって、くつろぎやすさが変わってきます。

コンパクトソファの座面の中材クッションは、適度な硬さが良いとされています。あまり軟らかすぎてしまうと、体が沈んでしまい、腰や背中を安定して支えることが出来ないので、適度な硬さが必要です。

背面の中材クッションは、体にフィットするようなクッション性が好ましいです。座面の奥行きが抑えられていますが、腰や背中のラインに合わせて沈むようにフィットすることで、快適にくつろげます。

中材クッションの主な素材

ソフトウレタン
ふわりとした感触があり、ソファの座面や背面の上層部に使われることが多いウレタンです。

ハードウレタン
密度が高く、弾力性、耐久性があり、ソファの中心部や、背面の外側に使われる素材です。

シリコンファイバ
座面や背面が触れる瞬間の柔らかい感触を実現するためのポリエステルのシート状の素材です。

ファイバーボール
適度な弾力性があり、復元力も高く、かさ高性があるため、ふわりとした感触が得られます。

関連メニュー

ラン・コンパクトソファの座り心地

a.flatソファのコンパクトソファである「ラン・コンパクトソファ」は、リゾートテイストを演出するデザイン性や、多彩な組合せが可能な拡張性といった特徴がありますが、座り心地にも特徴があります。コンパクトソファでも、十分にくつろいでいただける座り心地となっています。

腰から背中が安定しやすいバランスの取れた座面と背もたれ

コンパクトソファは、座面の奥行きを短く設計しているのが特徴です。ラン・コンパクトソファも、ソファ全体の奥行きや、座面の奥行きが短く設計されています。ソファ全体の奥行きは約75㎝となり、座面の奥行きは、約49㎝となります。背もたれに寄り掛かりやすく、腰から背中をしっかりと支えてくれます。

寄り掛かりやすい座面の奥行き

座面の奥行きが抑えられているので、背もたれがすぐに腰から背中を支えてくれます。また、座面の奥行きを抑えることで、膝の裏の圧迫を避け、足の血流が悪くなることを防ぎます。

ソファに座りながら飲み物を飲んだり、軽食を食べたりする際は、奥行きがコンパクトな方が、背もたれに寄り掛かった状態から体を起こしやすく、飲食しやすい姿勢になります。

バランスの取れた座面の高さ

座面の奥行きと座面の高さのバランスもポイントとなります。座面の奥行きが約49㎝と抑えられている分、座面の高さを約38㎝と設定することで、窮屈な姿勢になることを防ぎ、くつろぐ事が出来ます。

座面を高めに設定することで、座りやすく立ちやすくなります。また、座面の中材クッションも、安定したものを使用することでで、立つ際など、腰に負荷があまりかからずに立ち上がれます。

ココがポイント

床から座面の奥までの長さは約90㎝あることが理想とされています。ラン・コンパクトソファの場合は、座面の奥行きが約49㎝、座面の高さが約38㎝と理想の長さに近いバランスの取れたサイズ感となっています。

腰から背中を支える程良い高さの背もたれ

背もたれに寄り掛かった際に、背もたれの高さが低すぎると、後ろへ体重をかけた時、背中がしっかりと支えられず、腰に負荷が掛かります。背もたれが高すぎると、ゆったりくつろげるように座面の奥行きが必要となるので、ラン・コンパクトソファの背もたれは程良い高さに設計されています。

ラン・コンパクトソファの背もたれの角度は、寄り掛かった際に、体重が後ろへ傾きすぎない角度として設計されています。そのため、背もたれがしっかりと腰から背中を支えてくれます。

拡張性のため、アームの高さは背もたれの高さと同じ高さに設計されています。アームにもたれかかれば、背もたれと同じ角度がついているので、アームにも体を預けやすくなっています。

座る姿勢に合わせた中材クッション

中材クッションは、座り心地の重要なポイントになります。ソファのサイズ感や、使い方によっても中材クッションに使用する素材は変わってきます。ラン・コンパクトソファは奥行きが抑えられていても、快適にくつろげるために中材クッションにもこだわり、安定した座り心地を実現しています。

安定感ある座面の中材クッションの構造

体をしっかりと支える座面の中材クッションは、程良い硬さに設定されています。ソフトウレタンとハードウレタンの2層のウレタンを使用して、しっかりと体を支え、上層のシリコンファイバーは座る瞬間の軟らかさを表現しています。

下層のハードウレタンを厚くすることで、座っている時の底付き感をなくします。また、お尻をしっかりと支えてくれるので、腰の位置が安定して、快適な座り心地を作り出します。

包み込むような背面の中材クッション

背面の中材クッションには、ファイバーボールを使用しています。背もたれに寄り掛かった際に、背中の形状に合わせてフィットするので、奥行きが抑えられていても、ストレスなく背もたれに体を預けることが出来ます。また、適度な軟らかさと弾力性があるので、腰から背中をしっかりと支えてくれます。

ラン・コンパクトソファは、座面の奥行きが短く設計されていてますが、座面と背面の中材クッションの素材や、構造をそれぞれ変えることで、快適にくつろげる安定した座り心地を実現しています。

関連メニュー

様々な座り方が出来るソファの形状

ラン・コンパクトソファは特徴的なアームと、様々な形状をしたフレームがあります。両側にアームが付いているもの、片側に付いているもの、アームが付いていないものがあります。この特徴的なアームを使用することで、様々な座り方をすることが出来ます。

座り姿勢を変えるメリット

体圧分散性が優れていても、長時間同じ姿勢で座っていると、体に負荷が蓄積されて、疲れてしまいます。また、膝を曲げた状態が続くと、血流が悪くなり、足のむくみの原因となります。

ソファに座っている最中でも、適度に体を動かしたり、ストレッチを行い、筋肉を伸ばすことで、体に負荷が蓄積されることを防ぎます。また、足を伸ばすことは血流促進になります。

ラン・コンパクトソファの様々な座り方

アームにもたれかかってくつろぐ

ラン・コンパクトソファは、アームが特徴的な形状になっており、背もたれの高さと同じ高さに設定されています。そのため、アームにもたれかかり、足を伸ばすように座ることが出来ます。また、背もたれと同じように、アームにも程良く傾斜がついているので、寄り掛かりやすい構造となっています。

横になって寝転がる

アーム部分には、アームクッションが付属しています。こちらのクッションを枕代わりにすることで、横に寝転がる際に快適です。さらに、背面クッションを外すことで、座面の奥行きが約60㎝になり、片アームとコーナーパーツを組み合わせることで、幅が広がるので、より寝転がりやすくなります。

コーナーに座ることで贅沢にくつろげる

ラン・コンパクトソファは、拡張性があり、組合わせ方次第で、L字ソファにもなります。コーナー部分はデッドスペースになりがちですが、アームの部分に、もたれかかり足を伸ばすことで、贅沢にくつろいでいただけます。

おすすめメニュー

座り方をサポートするオプション

ラン・コンパクトソファには、座り心地をサポートするオプションがあります。オプションを使用することで、座り心地を自分好みにすることが出来ます。どのようなオプションがあるのかをご紹介致します。

オットマン

オットマンを使用することで、足を伸ばし血行を促進させたり、足に疲れをためないようにすることが出来ます。奥行きが抑えられているコンパクトソファですが、オットマンを使用することで、座面の奥行きに余裕が生まれ、よりリラックスした姿勢でくつろいでいただけます。

片アームとオットマンの組合せで、座っている時はソファの前につけて、足を伸ばし、普段は横に置くことで、生活動線を確保することが出来ます。また、人ひとりが座れる大きさなので、スツールとしても使用することが出来ます。

シン・スタンダードソファのオットマンも使用することが出来ます。オットマンの高さも、さほど変わりなく、大きさも2種類あります。お部屋のスペースを出来るだけ広く確保したい時は、小さいサイズのオットマンがおすすめです。

ショルダーレスト

ラン・コンパクトソファの背もたれの高さは、程良く背中を支えられるように設計されていますが、背もたれの高さを高くしたい時は「ショルダーレスト」を使用することで調整することが出来ます。ショルダーレストは、肩付近まで支えてくれるので、後ろへ体重を預けやすくなります。

ショルダーレストは差し込み式なので、お好みの位置に付け替えることが出来ます。また、不要な時は、収納しておくことも出来ます。さらに、アームの部分にも使用できるので、アームに寄り掛かり、足を伸ばしてくつろぐ時など便利です。

座り心地だけではないラン・コンパクトソファの魅力

ラン・コンパクトソファには座り心地だけでなく、デザイン性、機能性にも特徴があります。フレームに天然素材を使用しており、限られた空間でも、お気軽にアジアンリゾートテイストを演出することが出来ます。さらに、拡張性があるので、ライフスタイルに合わせてご愛用していただけます。このようなラン・コンパクトソファの魅力をご紹介させていただきます。

様々な空間でアジアンリゾートテイストを楽しめるデザイン性

ラン・コンパクトソファのフレーム部分には、天然素材である「ラタン」「ヒヤシンス」を使用しています。ぬくもりあふれる質感と、アジアンリゾートテイストを演出してくれるデザインとなっています。また、アームの形状や脚の形状など細部にも、こだわりが詰まったコンパクトソファです。

ラン・コンパクトソファに使用されている主な素材

ラタン
ラタンは、マットな質感で落ち着きがあり、モダンアジアンな空間によく映えます。軽量で通気性もよく、調湿機能があるので夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる素材です。

ヒヤシンス
アジアンテイストを存分に味わえる独特な素材感が魅力的なヒヤシンス。柔らかな感触を持ちながら、丁寧に編み込むことにより耐久性が生まれます。温かみと重厚感がお部屋に安らぎをもたらします。

関連メニュー

  • ヒヤシンス/ラタンのQ&A

    ヒヤシンス/ラタンのQ&Aのページです。a.flatのソファやチェアに用いられているヒヤシンスやラタンの素材について、お客様から様々なご質問が寄せられます。ここでは各素材の特長を比 ...続きを読む

ラン・コンパクトソファのデザイン性

天然素材の質感あふれるフレーム

背もたれの高さとアームの高さが同じラン・コンパクトソファは、横から見た時に素材の質感が印象的に映ります。限られた空間にソファを置く際は、壁を背景に配置することが多いですが、素材感あふれるアームなので、お部屋のメイン家具として、アジアンリゾートテイストを存分に演出してくれます。

正面から見た際に、アームには角度がついています。こちらは、拡張する際に、背もたれとアームの形状が同じになるために設計されていますが、見た目も重くなりすぎない印象を与えてくれます。

天然素材を存分に使用している見た目なので、ソファの脚に傾斜をつけることで、軽やかな印象を与えてくれます。脚の高さも約10㎝あり、お掃除ロボットが入る高さとして設計されています。

ライフスタイルの変化に対応できる拡張性

コンパクトソファを検討する際に、始めは限られたスペースに置くことを考えて購入しても、後々お引越しをしたり、ご家族が増えたりとライフスタイルが変化していくと思います。その際は、ソファに拡張性があることで、ライフスタイルに合わせて、長期的にソファをご愛用していただけます。また、ラン・コンパクトソファは様々な組み合わせが出来るので、幅広くライフスタイルの変化に対応することが可能です。

多彩な組合わせが出来るソファの形状

ラン・コンパクトソファは、背もたれとアームの形状が同じ形をしています。そのため、横に付け足したり、L字に組合せたりすることが出来ます。また、組合わせ方でソファでの過ごし方、座る人の人数にも対応することが出来ます。

ラン・コンパクトソファの基本パーツ

これらのパーツを組合わせてお好みのソファセットにすることが出来ます。

主な組み合わせ方

片アーム+オットマン
オットマンを使用することで普段は横に付けて、足を伸ばすときは前に置く使い方が出来ます。

片アーム+コーナー
ソファの幅が約215㎝となり、3人で並んで座ることが出来るほどのサイズとなります。

片アーム+コーナー+ベンチ
ゆったりと座れるL字ソファとなります。コーナーに座って、足を伸ばすことも可能です。

おすすめメニュー

シミュレーションが行える機能

シミュレーション機能を使用すれば、お気軽に基本パーツの組合せ方や、組合わせた際のサイズ感などを確認することが出来ます。また、3Dイメージも確認することが出来るので、どのような雰囲気になるのかをご確認していただけます。

このように基本パーツの組合せによって様々なソファセットとなるので、ライフスタイルの変化に対応することが出来ます。さらに、長期的にご愛用していただけるよう、メンテナンス性にも優れています。ソファカバーや、中材クッションの交換も行えるので、長期的に使用し続けていただけます。

おすすめコラム

実際にお店で座ってみましょう

ここまでラン・コンパクトソファの座り心地や、特徴についてお話させていただきましたが、この座り心地のポイントを知ったうえで、実際にソファに座ってみて下さい。自分の座り心地のポイントに合っているかどうかを判断することも出来ます。さらに、配置の仕方や、組み合わせ方なども店舗で確認していただく事も出来ます。

座面クッションと背面クッションの違いを体感してみましょう

ラン・コンパクトソファの中材クッションは、座面と背面でそれぞれ異なった中材クッションを採用しています。クッション性で座り心地がどのように変わるのかを実際に座って感じてみて下さい。また、座面の奥行きも確かめていただき、ご自身に合っているのかをご確認してみて下さい。

オプションにはどのようなものがあるのか試してみましょう

ラン・コンパクトソファの座り心地をサポートする「ショルダーレスト」や「オットマン」を使用することで、どのように座り心地が変わるのかをお試し下さい。特に、ショルダーレストは、肩まで支えたれるようになりますので、その違いでどのような座り心地になるかをお試し下さい。

a.flatソファは、ソファカバーの交換が可能です。ソファカバーの材質によっても、座り心地が変わってきます。材質が布地なら、軟らかい座り心地となり、合皮などは硬い座り心地となりますので、どのようなカバーがあるのかを店舗でチェックして下さい。

パーツの組合せ方とサイズ感を確認しましょう

基本パーツの組合せ方により、様々なソファセットに出来ますが、実際にそのセットがご自宅に置けるのかを確認しましょう。実物のソファを見ていただく事で、サイズ感を改めてご確認していただけます。また、お部屋の図面をお持ちいただければ、その場でシミュレーションを行うことが出来ます。

インテリアコーディネートサービス

間取りの分かる図面をお持ちいただければ、その場で間取りのシミュレーションを行わせていただけます。家具を購入するにあたり、サイズ感や家具の置き方など様々な疑問が出てくると思いますので、シミュレーションを行いながら疑問を解決していきましょう。

ラン・コンパクトソファをチェックできる店舗

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 水曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

ラン・コンパクトソファは、様々なカラーのソファカバーがあります。さらに各店舗それぞれのa.flatスタイルで、ラン・コンパクトソファを展示しているので、ラン・コンパクトソファと一緒に、a.flatスタイルをチェックすることが出来ます。⇒6つのa.flatスタイルはこちらをチェック

まとめ

限られた空間でもアジアンリゾートテイストを演出することが出来る「ラン・コンパクトソファ」ですが、座り心地もまた、特徴的なものになっています。腰から背中を支えて安定した座り心地を、ご来店していただいた際は、ぜひお試し下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、6つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
6つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる

店舗情報

a.flat 梅田店

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.