• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

公開:2021/9/16

更新:2021/9/18

ライター:新宿店須崎

【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

寛ぎと食事を取るスペースをまとめることができるソファダイニング。過ごす時間が多いからこそ、後悔しない家具を選びたいですよね。こだわりをもってセレクトした家具をレイアウトして、好みのインテリアでコーディネートを叶えられた暮らしは、充実感に満ち溢れたものになるはず。

今回は、一人暮らし1LDK9畳+寝室4.5畳にソファダイニングでコーディネートされた実例をご紹介致します。テレワークがしやすく、快適に過ごせる部屋作りを叶えられ、心地良く過ごすための家具選びやレイアウトのポイントなどをおさえたバランスの良いコーディネートです。是非参考になさってください。

一人暮らしでも快適に過ごせるソファダイニング

一人暮らしの狭い部屋では、ソファやダイニングテーブルを置く際、手狭に感じるかと思います。しかし、自由に過ごせる一人暮らしの空間では「ソファで寛ぎ、ダイニングテーブルで食事や仕事もしたい」という風に過ごしたい方は多いでしょう。そんな時にお勧めしたいのがダイニングのように食事もとれて、ソファのように寛ぐこともできる1台で2役の『ソファダイニング』です。

ソファダイニングの魅力

まずは今回の実例撮影のお客様へご提案をした、ソファダイニングの魅力についてご紹介。ソファダイニングは幅広くマルチに使えて、空間を有効活用もできるなどの豊富な魅力があります。

自宅でテレワークが可能
デスクやダイニングチェアを準備しなくてもソファに座って快適に仕事ができる。

一人で寛ぐことができる
一人暮らしの狭い部屋でも置きやすいため、手が届くところに物を置きながら寛ぐことができる。

食事やお茶も可能
ソファで寛ぎながらテーブルで食事や食後の時間を楽しむことができる。

人が来ても安心、団欒できる
複数のソファを置いているときは場合によって離して使用するなど大人数にも対応しやすい。

フリースペースが作れる
ダイニングとソファを1つのスペースにまとめるため、部屋を広く使うことができる。

レイアウトを変えやすい
チェアやベンチを配置するなど、目的に合わせてレイアウトを自由に変えやすい。

ソファダイニングにはたくさんの魅力があり、コンパクトな点と、自由性がある点は一人暮らしのご自宅には大変おすすめです。

ここからは、ライフスタイルに合わせて自由に過ごすことができるソファダイニングを取り入れた、お客様のご自宅実例をご紹介致します。

【実例紹介】ソファダイニングで叶えた快適な一人暮らしのインテリアコーディネート

今回のお客様実例は、お引っ越しを機に家具・インテリア一式を買い替えられるため、トータルコーディネートのご提案をさせて頂きました。

テレワークが多いライフスタイルやコンパクトな部屋に合わせて、ソファダイニングを取り入れたことで、快適な1LDKの空間を実現。ブラウンの家具を基調に、グレーやホワイトの花柄ファブリックをプラスしたインテリアコーディネートによって、コンパクトながらも居心地の良い空間が広がります。

1LDK・一人暮らしでライフスタイルにあった空間を実現

- Life Style -

・住居形態:賃貸マンション
・間取り:1LDK
・広さ :LD 9畳、寝室 4.5畳
・住居人数:一人暮らし
・床色:ナチュラル

・購入店舗:新宿店

1LDKにソファダイニングを配置して快適に過ごせる4つのポイント

一人暮らしの新生活。ライフスタイルは変わらずとも、お部屋での時間は以前よりも、もっと快適にしたいものですよね。ソファダイニングを使用した一人暮らしの部屋を快適な空間にするためには、いくつかのポイントが必要です。

今回、お客様へご提案した「ソファダイニングを配置して快適に過ごせる4つのポイント」を、実例を元にそれぞれ詳しくご説明していきます。

①ソファダイニングでライフスタイルに合わせたレイアウトを考える

コンパクトな部屋にソファダイニングを配置して快適に過ごすために、お気に入りの家具やカラーコーディネートを選ぶことも大切ですが、まずはご自身のライフスタイルに合ったレイアウトを決めましょう。快適な生活をするためには、生活動線の確保や部屋での過ごし方をイメージしながらレイアウトを決める事が重要です。

この章では、ソファダイニングを使用した1LDK9畳のレイアウトについてご紹介致します。

A.在宅ワークしやすいレイアウトパターン(今回採用した配置)

今回コーディネートのご提案をさせて頂いたお客様は、在宅でお仕事をする事もあるとのことで、仕事もできる快適な一人暮らしをご提案するためにも、窓側に向いて座れるようにソファダイニングをレイアウトしました。

ソファダイニングを窓向きに置いた開放感ある在宅ワーク

ホテルのラウンジや、おしゃれなレストラン等でも採用されやすい窓向きのレイアウトは、お茶を飲みながら寛ぐこともできて、開放感ある空間のため、お仕事も集中できます。

また、寝室側にアームを向けることで、同じ空間でも仕事と、寛ぐスペースの仕切りとなり、オンオフが切り替えやすく、快適にお過ごし頂けます。

お客様がこのレイアウトを採用した理由

窓向きにすることで快適に過ごせることはもちろんですが、ソファとテレビまでのフリースペースが、部屋にゆとりを感じさせます。ベランダまでの動線が確保されるだけではなく、フリースペースがある事で、床で趣味のヨガやストレッチをしたり、寝転んで寛ぎたい時にも利用できて充実した時間を過ごすことができるでしょう。

このようにご自身のライフスタイルに合わせて、ソファダイニングをレイアウトすることで快適にお過ごし頂けるため、ご自宅でどのように過ごしているかも考えて配置することが大切です。そして、今回ご提案した同じ家具を使用し、ライフスタイルの変化があった時やその時の過ごしやすさに合わせて、様々なのレイアウトパターンを楽しむことが叶います。

ここからは、採用されたレイアウト以外のレイアウトパターンをいくつかご紹介していきます。

B.ゲストと食事がしやすいレイアウトパターン

狭い部屋でもソファダイニングにすることでできたフリースペースにベンチをプラスして来客の時には、最大4~5人で食事を楽しむことができます。

ベンチは通常時はベッドの脚元に置き一人でも移動が簡単です。一人暮らしでもお客様を呼びやすい部屋というのも素敵ですよね。

ベンチを足して大人数でテーブルを囲み団らんを楽しむ

ソファダイニングとベンチを合わせる事で、来客時にもすぐに対応できます。背もたれが無いことによる開放感と、立ち座りのし易さから、狭い部屋でも快適に過ごすことができるでしょう。

背無しのダイニングベンチを合わせることで、目線が抜けてテレビが見やすくなります。

また、テレビボードキッチン収納を同じシリーズの家具デザインにすることで違和感が無くレイアウトができて、部屋に馴染みやすくなります。

C.ソファで寛ぎ、ダイニングで食事をするレイアウトパターン

ソファとダイニングどちらも置きたい場合には、カウンターテーブルのように、ソファの背面にダイニングテーブルを置くレイアウトパターンがお勧めです。

テレビがソファからもダイニングからも見やすくなるため、快適にお過ごし頂けるでしょう。

ソファの後ろへテーブルを置きカウンターのように使用する

背面が低いソファのため、ダイニングで食事をする時も邪魔になる事が無く、快適にお食事ができて、食後はソファで寛ぐことができます。限られた空間の中でも食事と寛ぐスペースを分けたい方におすすめのレイアウトです。

8畳という限られた空間の中だからこそ、一層おしゃれに見えるレイアウトです。

テーブルを使用しないときには、カウンターのように置かれたテーブルの下にベンチをぴったり収納することができるので、部屋も広く感じ、すっきりとした印象になります。

D.テーブルの脚を変えてソファライフを楽しむ

ソファダイニングでは無く、ソファとローテーブルを組み合わせたロースタイルのレイアウトです。

また、床に近い暮らしのスタイルはリラックス効果が高いと言われており、ラグを敷くことで寛ぎの空間を演出することができて、落ち着きある雰囲気にしてくれます。

脚パーツを変更してロースタイルの寛ぎある空間へ

a.flatのダイニングテーブルは天板と脚が別々になる組み立て式のため、脚のパーツを変更するだけで簡単にローテーブルに変えることができます。バリエーション豊かな家具選びで何年経っても後悔無くお過ごし頂けて、とても便利です。

使用していたソファダイニングテーブル。

ソファダイニングの天板をそのまま使用。

ローテーブル用の脚パーツ(別売り)に付け替える。

脚パーツ変更をすればローテーブルにもなります。

おすすめコラム

  • 【開発エピソード】無垢材テーブル~モク・テーブルシリーズの商品開発~
    【開発エピソード】無垢材テーブル~モク・テーブルシリーズの商品開発~

    大自然の中に立ち並んだ大木の佇まいからインスピレーションを得て開発された、モク・テーブルシリーズ。テーブル(天板)はそのままに、複数のパーツを組み替えることにより、テーブルの高さや脚間を自由自在にセッティングすることができます。また、組み替え時に起こり易い商品の破損を予防するために、使用パーツや部品にもa.flatらしい工夫を凝らしています。ライフスタイルや間取りが変わっても長く使える、モク・テーブルシリーズのの商品開発エピソードをご紹介させていただきます。

②一人暮らしのソファダイニングと相性の良いソファ&テーブル選び

一人暮らしの部屋にソファダイニングを選ぶ時には、座り心地や高さなどを重視して選ぶ方も多いかと思います。ただし、具体的にはどのようなソファやダイニングテーブルを選べば良いのか?選ぶポイントを難しく考えられている方も少なくは有りません。

この章では、過ごしやすいソファダイニングを取り入れた快適な一人暮らしを実現させるために大切な、ポイント2つ目となる「相性の良いソファ&テーブル選び」をご説明いたします。

一人暮らしにおすすめのソファダイニングの組み合わせ

ソファダイニング用のソファを選ぶ時には、寝転ぶ、脚を上げるなど奥行のあるリラックス感あふれるソファではなく、体にフィットしたサイズで選ぶ事をお勧めします。

狭い部屋に合わせたコンパクトなサイズ感

ソファ=幅140㎝×奥行75㎝
ダイニング=幅120㎝×奥行70㎝


一人暮らしの部屋は6畳~10畳など狭い部屋の方も多いかと思います。そんな時には幅や奥行がコンパクトなソファダイニングを選んでおくと良いでしょう。

簡単に移動がしやすいサイズ感の家具は、ライフスタイルが変化しても対応できる利点もあります。

来客に便利なスツールやベンチなど背無し家具の組み合わせ

ソファに合わせたテーブルのため、大きさに不便はありませんが、来客時にはプラスで人が座れる家具が必要になります。そんな時には、背無しのスツールやベンチが便利です。場所を取らず簡単にソファダイニングに合わせる事ができて、使用していない時にも壁付けをして置くことで、おしゃれなインテリアとして飾ることができます。

  • おすすめの背無しの家具

一人暮らしの新生活では後悔しない家具選びをするために、マルチに長く使える家具を選ぶ事が重要となります。これからレイアウトを変える・何年か後に引っ越しをするなど将来のことを考えたり、家族や友人を招待した時に困らないよう、ソファやテーブルだけではなく、その周りの家具にも注意して選ぶと良いでしょう。

快適な生活を叶えるためのソファダイニングの選び方

姿勢よく食事ができて、寛ぐことも可能とするソファダイニング。

ひざ裏から腰、背中をしっかりと支える寸法や角度、ボトムクッションの沈みなど、一人暮らしでの寛ぎと食事を両立させるためにソファクッションの座面の奥行きや硬さ、ソファダイニングに向いた家具選びが大変重要になってきます。

今回のソファダイニング組み合わせ(差尺=26cm)

ソファダイニングとして正しい姿勢を保ち、寛ぐ事も可能なサイズ感を意識した家具を選ぶ必要があります。

ソファとダイニングテーブルの差尺は26~30㎝が過ごしやすいと言われており、今回ご提案の家具は以下の通りです。

ソファダイニングテーブル高さ:64㎝

ソファダイニングに適したソファクッションの硬さ

ソファダイニングの場合、食事や仕事、寛ぎなど、それぞれの姿勢と相性の良いクッションを使用したソファ選びが大事です。脚から腰をしっかり支えるウレタン密度の高い座面クッションや、適度な柔らかさと弾力性がある背クッションであれば、幅広い用途に対しても快適にお使い頂けるでしょう。

一人暮らしにおすすめのダイニングテーブルの機能性

天板下には本やリモコン、タブレットやノートPCなどが出し入れし易い棚板があることで、テーブルの上が散らかりません。一人暮らしの限られた空間の中で整理整頓ができていることは、快適に過ごすうえでも大切なことでしょう。また、脚の形がT字になっていることで、簡単に動かせないソファでも、脚の出し入れを楽に行うことができます。

③1LDK×ソファダイニングの空間に統一感を作る家具・インテリア

グレーやグレージュ、ホワイトなどの優しいカラーに、ダークブラウンの木材家具が空間に落ち着いた印象を感じることのできるカラーコーディネートに仕上げました。ファブリックのカラーや柄、木材家具の塗装色を統一することで、奥行きがあるワンルームのような部屋になっています。

ひとつながりの開放的な1LDKを活かしたコーディネート

「LDKと寝室を仕切る扉は開けて使用したい。」とお話しされていたお客様。1LDKだからと言って、別の部屋として考えるのではなく”ひとつながりの部屋”として考えてコーディネートをご提案いたしました。

1LDKをできるだけ広くシームレスに見せたい、という方は是非こちらのコーディネート例を参考になさってください。

家具の素材・塗装色を合わせて統一感を演出する

- 木材の塗装色 -

世の中には、様々な塗装色があり、材質によっても色の出方が変わる木材家具ですが、ブランドによってもカラーが違ってきます。この塗装を同じにすることで、統一感が増し、部屋のバランスが良くなるだけではなく、部屋の中でのリラックス感を感じることができます。統一感が出しやすい一人暮らしの間取りを上手く活用しましょう。

木目が映えるグレインブラウンカラーの組み合わせ

ソファダイニング用のテーブルとベッドのヘッドフレームにはアッシュ(タモの木)の無垢材を使用しています。塗装は下塗りにオイルステインを使用して、表面はウレタン仕上げのため肌触りが良く、自然感のある木の風合いも楽しめるのがグレインブラウンカラーの特長です。

  • 自然な風合いが特長のおすすめ無垢材家具

ファブリックの色・柄を合わせて統一感を演出する

- 部屋のアクセントであるファブリック -

マットできめ細かなジャガード織りは木材や天然素材であるヒヤシンスとの相性も良く統一感を出すのにとてもお勧めなファブリックです。光沢のあるふっくらしたモール糸で花を大胆に描き、起毛させることで立体感のある表情豊かな生地PUホワイト。存在感があり、目線をソファ上のクッションから、奥にある寝室のベッドスプレッド、壁面装飾へと移らせて1LDKをひとつながりの統一感を演出しています。

  • 優しい色・柄が魅力のファブリックアイテム

気軽に模様替えを楽しめるファブリックカラーコーディネート

1LDKの一人暮らしの部屋ですが、隣接した間取りのため、オープンに広げることで、ファブリックで遊びやすくなります。二つの部屋がひとつながりに見えるよう、空間をファブリックで調和することが叶いました。

こちらのご自宅では特徴的な大きい花柄のファブリックをアクセントに、グレーやグレージュ、ホワイトでまとまりある空間に仕上げています。

ソファカバーやクッションカバー、壁面装飾などを変えることで、お部屋の模様替えが簡単に叶います。a.flatでご用意している約70色のファブリックカラーから選んで、季節や気分によって変えてみたり、引っ越し後も新鮮な気持ちで楽しくお過ごし頂けるでしょう。

こちらは、模様替えをしたブルーのカラーコーディネート。リラックスした空間を演出し、せわしない日常にやすらぎを与えてくれます。先程までのグレーやグレージュ、ホワイトの落ち着きあるコーディネートからガラッと変わり、鮮やかなブルーが印象的な部屋になりました。

このようにファブリックのカラーや柄を変えるだけで、様々なコーディネートへ模様替えすることができます。

ファブリックカラーで変わるソファダイニング空間

高級感漂うパープルカラー中心のカラーコーディネート。ゴージャス感のある花柄のアクセントを加え、魅力的な組み合わせです。

ブラウン×グリーンのカラーコーディネート。ソファカバーはブラウンにすることで、寝室とのメリハリが生まれます。

サンセットのような温かみあるレッドが特長的なコーディネート。天然素材のヒヤシンスとの相性も抜群です。

森の安らぎを感じるグリーンのファブリック。部屋全体が明るくなる人気のカラーコーディネートです。

関連メニュー

  • 70色のインテリアファブリック カラーコーディネート

    70色のインテリアファブリック カラーコーディネートのページです。ライフスタイルや気分にあわせて、表情を変えられるa.flatの家具・インテリアファブリック。a.flatでは様々なファブリックカラー70色からお選び頂けます。8つのa.flatスタイルカラーの中には、肌触りの違いや繊細なカラーグラデーションを持ったファブリックが勢ぞろい。あなたらしい暮らしやカラーコーディネートが実現できる、お気に入りの色や素材感のインテリアファブリックがきっと見つかるはずです。

④屋外用家具でバルコニーにも多目的な空間をレイアウト

空や風、外の雰囲気は気分を変えてくれますよね。テラスやお庭ではなく、マンションの狭いバルコニーでも屋外用家具を置く事ができます。自宅でより一層有意義な時間を過ごせるよう、バルコニーにも家具を置いてみましょう。

ライフスタイルに合った家具を選ぶ事で、室内同様にマルチに使える空間としてご提案いたしました。

バルコニーでリラックスタイムを楽しめるカフェのような空間

マンションでもアウトドアを楽しむことができる屋外用家具。こちらのご自宅では、カフェのような雰囲気のイメージで、丸テーブル&アームチェアなどを組み合わせました。脚が細く、バルコニーの限られた空間でも圧迫感無く置く事ができます。カフェのテラス席のような空間で、リラックスタイムを楽しんで頂けるかと思います。

気分転換にお茶やお酒を飲むバルコニー

自宅でお仕事をする方が増えてきています。今回のお客様は、在宅ワークが多くなってきていると伺ったため、ご自宅でも、屋外で過ごす時間を増やすことをご提案致しました。

気分転換をするために外で休憩するも良し、外にパソコンを持ちだして風を感じながらお仕事するも良し、その時の気分で上手く使用して頂けます。

一人暮らしでも使いやすいコンパクトな屋外用家具

空間にアクセントを与える丸い天板が特長の屋外用のガーデン・テーブル。直径70㎝のテーブルは食事やお仕事も行いやすく一人暮らしのバルコニーにも取り入れやすいサイズ感です。

丸みを帯びたやさしいフォルムとスタッキング性が魅力の屋外用のガーデン・スタッキング・アームチェア。座面と背もたれのゆるやかな曲線が上質な座り心地を実現しています。

屋外で使用する家具は屋内用と比べて雨や埃、紫外線などの悪条件の中で耐える必要があります。そこで重要なのが、屋外という過酷な環境に対応できる「耐久性」「機能性」が備わった素材のものを選びましょう。

雨ざらしでも劣化しにくいフレーム素材
急な天候の変化で雨が降っても、部屋の中に家具を移動させる手間を省くことができます。

撥水加工のファブリック
上質なフレームだけではなく、バルコニーやテラスを彩るファブリックも使用しない時でも屋外に置いたままでOKなものだと楽でおすすめです。

動かしやすい軽量性
a.flatの屋外用家具は通常の家具と比べて非常に軽く、誰でも簡単に持ち運びができます。移動させたい時には、一人暮らしでも安心ですね。

熱や太陽の日差しにも強い素材
屋外に置きっぱなしだと、気になるのが直射日光による家具の色褪せ。今回ご紹介している家具のように、耐久性がある物を選びましょう。

  • 屋外用家具~テラス・バルコニー用のソファ・チェア・テーブルシリーズ~

    屋外用家具~テラス・バルコニー用のソファ・チェア・テーブルシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flat屋外用家具・ソファ・チェア・テーブルシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの情景(テラス・バルコニー)を思わせる開放的な空間が広がり、インテリアコーディネートとクオリティを確かめながら屋外用家具・ソファ・チェア・テーブルを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

一人暮らしにおすすめなバルコニーの多目的な使い方

マンションのバルコニーやベランダはスぺースが狭く共有部分で使い方も限られるため、持て余している方も多いはず。マンションのバルコニーは、アイデア次第で様々な活用法が見つかります。自分にとって有効な使い方を見つけましょう。

観葉植物や自家栽培を楽しみながら寛ぐバルコニー

一人暮らしで観葉植物や家庭菜園を楽しむ方も多いかと思います。日当たりの良いバルコニーだからこそ、植物を置いてガーデニングを楽しむことも可能です。

色とりどりの植物を眺めたり、自家栽培の様子を見ながらリラックスした時間を過ごせるでしょう。日の光と風を感じながらのんびりと過ごせる空間が実現します。

ワークスペースとして使うバルコニー

在宅勤務が増えている中、普段は室内で行う仕事や作業を屋外でする方が増えています。誰とも話さず閉鎖的になりやすい一人暮らしの在宅勤務でも、自宅にいながらもリフレッシュできるバルコニーがあると、仕事や作業も捗る環境と言えるでしょう。

非日常的なアウトドアリビングをイメージして、適度にリラックスできる屋外環境を作りましょう。

おすすめコラム

  • マンションの狭いバルコニー・ベランダをおしゃれに見せるコツと活用方法
    マンションの狭いバルコニー・ベランダをおしゃれに見せるコツと活用方法

    マンションのバルコニーやベランダはスペースが限られているため、なかなかおしゃれにするイメージが付きにくいのではないでしょうか。マンションの狭いバルコニー・ベランダでも、工夫次第でおしゃれな空間に変えることが可能です。なかなか外出ができない今だからこそ、ご自宅のバルコニーをおしゃれな寛ぎ空間に変えてみませんか。今回はマンションの狭いバルコニーやベランダをおしゃれに見せるコツと活用方法を、ポイントを抑えてご紹介します。

目的に合わせてソファダイニングを配置したインテリア実例集

ここからは家具選び、レイアウトはもちろん、おしゃれで快適にお過ごし頂けるように一人暮らしの間取りにソファダイニングを取り入れて、コーディネートさせて頂いた実例をご紹介致します。狭いワンルームから1LDKのパターン等、これまでご説明した家具セレクトやレイアウトポイントを上手く取り入れた実例集です。

【ライフスタイル別】ソファダイニングをお部屋に取り入れた実例紹介

部屋作りの主役となるソファとダイニングを選ぶ場合、一人暮らしの部屋で過ごすときのライフスタイルなどを考えて選ぶと良いでしょう。

寝転ぶことがお好きな方はソファを大きくする、お仕事をする方はテーブルを大きくするなど、ご自身に合ったライフスタイルを考えて、家具選びやレイアウトを見極めましょう。

狭いワンルーム8畳をソファダイニングで広く見せたインテリア実例

シングルベッドとソファダイニングを置いた8畳ワンルームの実例です。ソファのアームは、片アームタイプを選ぶことで、狭い部屋でも圧迫感を感じさせず、また、ダイニングテーブルから出入りしやすくなります。狭い部屋に大きな家具を置いても動線を確保することで、上手に広く見せて、快適に過ごせるようレイアウトしています。

ソファダイニングによってテレビとテーブルまでのフリースペースが取れて生活動線が確保されています。

狭いワンルームでも、来客時にソファで寛ぐことも、ダイニングで食事をすることも叶います。

プラス1のアイテムで寛ぎやすいソファダイニングを叶えた実例

ソファダイニングだけではなく、オットマンやスツール、サイドテーブルなどをプラスして、ソファダイニング周りで寛ぎやすいインテリアコーディネートに仕上げました。オットマンは、一人のときはソファを拡張したように使用する事ができれば、来客時にはサブチェアとしても使用頂けます。

セミダブルベッドとソファダイニングの間にゆとりができたため、サイドテーブルを置く事が叶いました。

重量が軽いオットマンは、一人暮らしでも簡単に運ぶことができるため、マルチに使用する事ができます。

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

過ごし方に合わせてレイアウトを変えられるソファダイニング実例

組み合わせが自由なソファを使用して、コンパクトなカフェテーブルと合わせました。テーブルは2台をつなげて置く事で離して使用する事ができて来客時には便利です。また、対面キッチンにはカウンターチェアを置き、キッチンカウンターでも食事が楽しめるようになっています。

大人数でも囲めるよう3名掛けソファをセレクトしていますが、テーブルがコンパクトなため、寝室への動線が取れています。

ソファダイニングを置く事でできたフリースペースにはカウンターチェアを置き、カフェのようなおしゃれな空間を演出しています。

パーソナル空間をソファダイニングで演出したワンルームの実例

7畳ワンルームにSDサイズのベッドと、一人掛けソファにコンパクトなテーブルを合わせた一人暮らしのソファダイニングの実例です。一人掛けラウンジチェアでゆったりと寛ぎながらコンパクトなテーブルで食事や簡単な作業ができます。

ソファダイニングに合わせたテーブルがコンパクトなため、動線を邪魔せず食事も楽しみながらテレビが見れます。

ラウンジチェアは通常の1人掛けソファよりも軽く、お部屋の中で移動がし易いのが特長です。上質な座り心地とデザイン性の高さを兼ね備えています。

読書もはかどるレイアウトでソファダイニングを配置した実例

1LDK一人暮らしのお客様の実例です。仕事や勉強、読書を行きつけのカフェでする習慣があり「同じような空間を自宅に持てたら」と考えていたお客様へソファダイニングを取り入れたカフェのような空間をご提案致しました。

コンパクトなダイニングとソファが置けそうな広さですが、ゆったり座れるソファと、本棚を置き、ゆとりある空間になっています。

1本脚のテーブルとソファを組み合わせることで、カフェらしい空間を演出。食事も読書もしやすいのはソファダイニングならではの魅力でしょう。

狭い部屋でも用途に合わせて快適なレイアウトを叶える3Dシミュレーション

a.flatでは無料で3Dコーディネートサービスをご案内しています。図面から実際の部屋イメージを作成し、一人暮らしのワンルームや1LDKに置く家具の配置、インテリアコーディネートを2Dや3Dで確認できます。

お部屋に合ったレイアウトをシミュレーションして、お客様に合う一人暮らしのライフスタイルから、おすすめのソファダイニングの組み合わせやコーディネートをご提案をさせて頂きます。

3Dコーディネートサービスでソファダイニングのイメージをする

頭の中の想像だけでは実際に置いた時に思ったより狭く、生活しづらかったなど不便があっては大変です。特に一人暮らしの狭い部屋では注意して家具を選ぶ必要があります。

お気に入りの家具が、生活するうえで動線の邪魔にならないか、3Dシミュレーションで確認して頂くことができます。ソファとテーブルの向きによって動線や見え方が大きく変わります。

事前に3Dシミュレーションで具体的なイメージをしておくことで、安心してソファダイニングを置く事ができて、新生活を安心してスタートさせられるでしょう。

狭い部屋を広く活用できるソファダイニングの空間を試す

こちらの3Dシミュレーションサービスは、複数のパターンが作成できるため、ソファダイニングにするか、ソファとダイニングをスペース分けするか迷われている方も安心です。

簡単に作成できるため、どちらも確認してみたい時には、店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

【パターン1】リビングとダイニングを分けた場合、それぞれにスペースが必要になるため、少し詰まった印象です。バルコニーまでの動線も取りづらくなります。

【パターン2】ソファダイニングが、部屋に対してどのようなバランスでレイアウトされるのか、試して頂くことができます。広く活用できるソファダイニングの魅力を感じて頂けるでしょう。

カラーコーディネートのご相談も便利

3Dシミュレーションサービスは簡単にソファやクッション、カーテンのカラーも替えることができるため、ご希望のコーディネートでイメージをご確認頂けます。

お気に入りのカラーコーディネートを見つけて、快適なお部屋になるように、まずは3Dシミュレーションを試してみましょう。

後悔しないソファダイニング選ぶためにショップで体感してみる

a.flatの店舗は「リゾートの風と自然を感じる8つのスタイル」でコーディネートされた空間が広がります。ソファダイニング周りの組み合わせもイメージしながら、ご自身のライフスタイルに合ったインテリアコーディネートでイメージを膨らませてお選びいただくことができるでしょう。一人暮らしの部屋作りの参考に、お好みのコーディネートを体験しにいらして下さい。

一人暮らしをイメージしやすいディスプレイ

お部屋のイメージがしやすいよう、コーディネートをされた家具がディスプレイしています。ご提案に合った組み合わせで家具を移動してお試しいただくことも可能です。

ソファダイニングにお勧めの家具やソファを実際にお試しいただき、ご自身に合った家具をお選びいただけます。座り心地や手触りも試して、お気に入りの家具を見つけてみましょう。

ソファダイニングを確認できるa.flat店舗紹介

a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
※駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウトの実例を交えたご紹介はいかがでしたか。機能性までこだわって家具を選び、イメージに合ったカラーコーディネートで統一することで、おしゃれで快適なソファダイニングの空間を実現しました。

この度はa.flat新宿店にてお引越し先での家具をご購入頂きまして、誠にありがとうございました。

おすすめコラム

  • ソファダイニングのセットで多彩な暮らし方を叶える~ソファダイニングの選び方~
    ソファダイニングのセットで多彩な暮らし方を叶える~ソファダイニングの選び方~

    近年人気のソファダイニングセットを取り入れた暮らしは、空間をおしゃれに有効活用でき、様々な生活スタイルに合わせて楽しむことができるスタイルです。ソファとダイニングテーブルをセットで組み合わせることにより、お部屋を広く快適にお過ごし頂くことができ、理想の暮らし方を叶えることもできます。今回はソファダイニングセットの魅力や、空間に取り入れるためのテクニックなどを詳しくご紹介させて頂きます。

  • ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント〜リビングダイニングのレイアウト例付き〜
    ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント〜リビングダイニングのレイアウト例付き〜

    寛ぎの「ソファ」と食事が出来る「ダイニング」が一緒になった『ソファダイニング』。購入の前に知っておきたいメリットとデメリットのお話と、後悔しないための選ぶ時のポイント7つをご紹介いたします。ライフスタイルによっての組み合わせやリビングダイニングのレイアウト例もお話いたしますので是非ご参考になさってください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.