• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

一人暮らしのおしゃれなテレビ台を選ぶ5つのポイント ~おすすめテレビ台4選~

公開:2021/11/19

更新:2021/11/19

ライター:目黒通り本店瀬下

一人暮らしのおしゃれなテレビ台を選ぶ5つのポイント ~おすすめテレビ台4選~

一人暮らしを始める際、限られた空間の中にどのようなテレビ台を置けばよいのか?悩むことも多いと思います。テレビ台にこだわることで、部屋の雰囲気も変わり、おしゃれな一人暮らしのインテリアが完成します。今回は、理想の一人暮らしを叶えてくれるおすすめのテレビ台をご紹介。テレビ台の代用として使える家具も紹介するので、是非チェックして下さい。

一人暮らしでテレビ台にこだわる理由

一人暮らしを始める際、生活を送るために必要な家具を揃えていくと思います。部屋の雰囲気を作るメインアイテムには、ソファやベッドなどありますが、テレビ台もメインアイテムの一つです。テレビ台のデザインやカラーなどでインテリアの雰囲気も変わるため、一人暮らしを始める際はテレビ台にもこだわりましょう。

テレビ台は主要な家具の一つ

生活に必要な家具や空間の雰囲気を作る主要な家具にはソファやベッドなどが思い浮かびますが、テレビ台もインテリアを作る主要なアイテムです。テレビを置かれる方には特に必要なアイテムになり、テレビ台があることでテレビの故障を防いだり、部屋の収納力をプラスしてくれます。憧れの一人暮らしを始める際は、テレビ台についてもしっかりと検討することが大切です。

一人暮らしで必要な家具の種類

一人暮らしを行う上で必要な家具はどのような物があるのでしょうか?お引っ越し先が1Kやワンルームか、1LDK以上でも置ける家具は変わりますので、それぞれの部屋に適した家具を揃えるようにしましょう。

  • 1K・ワンルームで必要な家具

ベッド・マットレス(S~)
上質な睡眠を取るために必要な家具。コンパクトなサイズを選ぶとレイアウトしやすくなります。

テーブル
食事や軽作業を行うためのに必要な家具です。床座で生活する場合は、ローテーブルがおすすめ。

テレビ台
テレビを視聴したり、生活の小物を収納するために必要になります。選ぶサイズ感がポイントです。

収納家具
クローゼットだけでは収納しきれない物や、書類など生活に必要な物を収納するために使います。

  • 1LDK以上で必要な家具

ソファ
リビングでくつろぐために必要な家具。部屋のメイン家具になるため、デザインやサイズ感がポイント。

ダイニングセット
食事をする際、必要になる家具です。一人暮らしの場合は、2人掛けのサイズ感がおすすめ。

テレビ台
1LDKでは、部屋の大きさもある程度広くなるため、幅のあるテレビ台もレイアウトが可能です。

ベッド・マットレス(SD~)
一部屋を寝室として使う方が多く、サイズ感やデザインなどある程度自由にお選びいただけます。

一人暮らしにテレビ台は必要?

近年では、インターネット環境が整っているため、テレビ放送を視聴しないといった方が増えています。そのため、テレビ台は必要ないのでは?と思う方もいるでしょう。ただ、テレビ放送を視聴せずとも、テレビ画面やモニターを使ってネット配信等を視聴した方が、目に負担が掛からず視聴しやすくなるため、テレビ台を設置して、充実した環境で動画を楽しむのもおすすめです。

テレビを壁掛けにされる方も増えていますが、おしゃれな空間にはテレビ台が必要不可欠です。テレビ台があることで、DVDレコーダーやWi-Fiルーター等の周辺機器をスッキリと収納することができたり、テレビ周辺が殺風景になってしまうこともなく、部屋のインテリア性をアップさせてくれます。

テレビ台は普段よく目にする家具

ワンルームや1LDKでは、ソファに座りながらお寛ぎいただく時間が多くあるため、テレビ台もこだわって選びましょう。

ワンルームでは、ベッドからもテレビを視聴する機会があるため、どこからでも視聴しやすいテレビ台を選ぶことで快適な空間を作ることができます。

おしゃれな一人暮らしのインテリアを作るテレビ台

おしゃれな一人暮らしのインテリアに憧れを抱く方は多くいます。ソファやラグ、カーテンなどインテリアをおしゃれにするアイテムは多数ありますが、テレビ台もおしゃれなインテリアを作るアイテムです。おしゃれな一人暮らしのインテリアを叶えるためにもテレビ台にはこだわりましょう。

おしゃれなテレビ台は部屋の雰囲気を作る

テレビ台は、ただテレビやモニターを乗せられれば良いという訳ではありません。テレビ台の素材やデザインなどで部屋の雰囲気が変わります。また、テレビの大きさとのバランスも重要になるため、サイズ感なども加味してテレビ台を選びましょう。
(写真はテレビ台の幅1200mm、テレビサイズは32インチの例)

  • デザインの違うテレビ台で変わる部屋の印象

ダークブラウンのカラーでルーバーデザインが印象的なテレビ台。高級感のあるインテリアを演出してくれます。

無垢材の質感とアイアンのフレームがマッチしたテレビ台。自然のぬくもりを感じさせてくれる空間になります。

間取りや畳数に合わせたテレビ台で快適な一人暮らしを送る

一人暮らしでは、部屋の大きさや間取りなどに制限がある場合があります。その部屋に合ったテレビ台のサイズやレイアウトを考えて、快適な一人暮らし生活を送りましょう。

こちらのレイアウトは、6畳の部屋に対して幅1800mmのテレビ台をレイアウトしているため、クローゼットの扉が開きません。

テレビ台の幅を1200mmにすることで、6畳の間取りでもスッキリとした印象で、生活しやすい環境になります。

おすすめコラム

  • ソファ×テレビボード×テーブルの組み合わせで叶える理想の部屋作り
    ソファ×テレビボード×テーブルの組み合わせで叶える理想の部屋作り

    自宅の中で過ごす時間が長いリビングは、ソファ×テレビボード×テーブルの組み合わせ次第で、部屋のイメージが大きく変わります。個々の家具デザインだけを見て選ぶのでは無く、ソファとテレビボード、ローテーブルとテレビボードなどの相性や統一感などをふまえて組み合われば、よりセンスの良い空間を叶えられるでしょう。

一人暮らしでテレビ台を選ぶ5つのポイント

一人暮らしを快適でおしゃれに変えるテレビ台はどのように選べば良いのでしょうか?自宅に合ったテレビ台を選ぶポイントをご紹介致します。将来引っ越しをしても買い替える必要のない、長く使い続けられるテレビ台を選びましょう。

一人暮らしを快適でおしゃれにするテレビ台を選ぶ5つのポイント

ポイント1 様々なタイプから一人暮らしに合ったテレビ台を選ぶ

テレビ台には様々な種類があり、こだわったデザインのタイプや機能性に優れたタイプなどがあるため、一人暮らしの空間での過ごし方によって選ぶテレビ台のタイプが変わります。どのようなタイプがあるのか、それぞれのメリット・デメリットを把握して選びましょう。

まずはテレビ台の種類を把握する

テレビ台の種類には、どのような物があるのでしょうか?それぞれの特長を把握して、ご自身の一人暮らしに合ったテレビ台を選びましょう。

  • テレビ台の種類

ロータイプのテレビ台
最もプレーンなデザイン。大型テレビも問題なく配置できるため、スッキリとした開放的な印象に仕上がります。

ハイタイプのテレビ台
壁を覆わずにテレビ周辺にだけ高さを出し、棚等がついたデザイン。飾り付けが好きな方におすすめです。

ユニットタイプのテレビ台
収納パーツを組み合わせて、自在にレイアウトすることが可能。拡張性があるため、引っ越ししても使えます。

コーナータイプのテレビ台
部屋が狭い時に空間の角を活用するコーナー型。便利な形ですが大型テレビは置きにくいデメリットがあります。

スタンドタイプのテレビ台
スッキリとした印象で、壁掛けテレビの様に使うことができます。ある程度場所を選ばずにレイアウトが可能。

壁面収納タイプのテレビ台
収納量は増えますが、圧迫感が出てしまいます。1Kやワンルームの限られた空間には不向きなテレビ台のタイプです。

それぞれのメリット・デメリットを把握して理想の住空間を作る

テレビ台のタイプにはそれぞれのメリットやデメリットがあります。それぞれの使い方やレイアウト方法によって使い勝手が決まるため、それぞれのテレビ台のメリット・デメリットをしっかりと把握して、快適な一人暮らしを送れるテレビ台を選ぶようにしましょう。

ロータイプのメリット・デメリット

ロータイプのテレビ台は、サイズ感やデザインの種類が多くあり、お好みのインテリアを演出しやすいのが特長です。高さも抑えられるため、スッキリとした印象を与えてくれます。デメリットとしては、収納力に限りがあるため、収納する物が増えてきたらキャビネットなどを追加しましょう。

スタンド式のメリット・デメリット

最近人気のスタンドタイプのテレビ台。壁掛けテレビのようなスッキリとした印象を与え、置き場所にも困らない点がメリットです。その分、収納力が無いというデメリットがあり、AV機器の収納場所に困ったり、別に収納家具を用意する必要があるなど使い勝手に制限があります。

テレビ台の代用として使える家具

一人暮らしでは、テレビ台の他にも必要な家具があります。全てレイアウトするには難しい間取りでも、テレビ台を代用することで、一人暮らしに必要な家具をレイアウトすることも可能です。

キャビネット・チェスト
洋服等をしまえるキャビネットをハイタイプのテレビ台として代用していただけます。

デスク
簡易的に使えるデスクは、軽作業を行うだけではなく、テレビ台としても使用可能。

ローテーブル
ロータイプのテレビ台のような使い方が可能です。スッキリとした印象を与えてくれます。

おすすめコラム

ポイント2 一人暮らしをおしゃれにするテレビ台のデザイン・色・素材

一人暮らしでは、部屋の大きさが限られていることが多いため、主要な家具になるテレビ台のデザインや、色、素材によっても部屋の雰囲気は変わります。統一感を演出するポイントにもなるため、テレビ台のデザインや色味にもこだわり、素敵な一人暮らしのインテリアを演出しましょう。

テレビ台は機能性だけではなくデザイン性にもこだわる

テレビ台を選ぶ際、収納力や拡張性など機能面だけに注目して選んでしまっては、おしゃれな部屋を叶えることができません。ソファやベッドなどはこだわってコーディネートした空間でも、テレビ台のデザイン性がないことで、どこかまとまりのない空間になります。テレビ台を検討する際は、デザイン性にもこだわりましょう。

シンプルなデザインは、比較的どの空間にも合わせやすくなりますが、物足りない印象や無機質な印象を与えます。

無垢材など自然素材を使用したデザインのテレビ台は、自然のぬくもりを与え、部屋の雰囲気を作るインテリアアイテムになります。

部屋のスタイル・テーマカラーに合わせてテレビ台の色や素材を選ぶ

インテリアのテーマカラーやスタイルを決めることで、空間に統一感が生まれ、おしゃれな一人暮らしのインテリアが完成します。インテリアのテーマカラーやスタイルを統一するポイントは、家具に使用されている色や素材感が重要になるため、テレビ台の色や素材にも注目して選びましょう。

  • 人気のインテリアスタイル

モダンスタイル
モノトーンの配色でまとめられた空間。シンプルな雰囲気の中にも、洗練された印象を与えます。

ナチュラルスタイル
明るめの空間に木製の家具をレイアウトした優しい雰囲気のコーディネート。

アジアンスタイル
家具に自然素材のヒヤシンスやラタンを使用し、自然のぬくもりとリゾートの雰囲気を味わえます。

ガーリースタイル
淡い配色でカラーコーディネートした優しい雰囲気の空間。女性らしい印象を与えてくれます。

和モダンスタイル
日本の伝統的なスタイルに現代風のアレンジを加えたスタイルとなり、落ち着いた空間です。

カフェスタイル
レザー素材のソファや、アイアンを使ったテレビ台など無機質な家具でまとめたスタイル。

部屋の床色とテレビ台の色は合わせるべき?

家具を選ぶ際、部屋の床色に合わせて家具をご検討される方も多いと思います。ただ、「明るめの床色なら家具の色はこれ!」などの決まった色の組み合わせはございませんので、無理に床の色とテレビ台の色を合わせる必要はありません。家具同士の色を揃えるなど統一感のある空間を意識することが、おしゃれなインテリアになるポイントです。

おすすめコラム

ポイント3 テレビ台周りをすっきり見せる収納力

テレビ台は収納家具に分類されるため収納力も重要なポイントです。収納力があることで、テレビ台周りをすっきり見せることができます。また、どのような物を収納するのかでも、選ぶテレビ台の収納力は変わりますので、何を収納するのかを事前に把握しましょう。

収納力が限られる一人暮らしではテレビ台の収納力もポイント

一人暮らしで多くある間取りにはワンルームや1K、1LDKがあり、その間取りでは、クローゼットが一つだけなどと収納力はどうしても限られてしまいます。そこで、テレビ台の収納力を使うことで、細々したものや生活感があるものなどを収納することが可能です。どのような物を収納するのかによって、テレビ台の収納タイプを選びましょう。

せっかくおしゃれな家具で揃えても、テーブルの上などが散らかっていては、おしゃれなインテリアとは言えません。

生活に必要な細かい物はテレビ台の収納を使うことで、生活感を軽減することができ、おしゃれなインテリアを叶えていただけます。

細かい物などを収納できる引出しタイプのテレビ台

テレビ台の収納が引き出しタイプの場合は、CDやDVD、細かい家電用品などの生活感の出る物を収納するのに適しています。どこに何を収納したのか分からなくならないように、収納するものをジャンルごとで分けると、収納したものを探す手間も省けて、取り出しやすくなります。

使う用途に合わせて収納する

引出しタイプに生活雑貨や小物を収納する際は、中身が見えないタイプがおすすめです。ただ、中身が見えないからと言って、乱雑にしまうことは避けましょう。どこに何を閉まったか分かるように、引出しの中を整理整頓することが大切です。

魅せる収納としても使えるハイタイプのテレビ台

収納タイプには「しまう収納」の他に「魅せる収納」タイプがあります。魅せる収納を空間にレイアウトしたい場合は、ハイタイプのテレビ台がおすすめ。上段部分が棚板になっているため、お気に入りの小物などをディスプレイすることが可能です。

棚板の高さ調節タイプがおすすめ

棚板の高さが調節できるタイプにすることで、ある程度高さのある物でも飾ることができます。また、棚板の高さを変更することができれば、テレビのサイズと棚板の距離感をを適正なバランスにすることができるためおすすめです。

AV機器を収納するスペースを確認しておく

テレビ台の収納力を検討する際、AV機器の収納部分もしっかりと把握しましょう。DVDプレーヤーやゲーム機などの様々な大きさのAV機器があるため、せっかく買ったテレビ台に収納できないということもあります。また、今後新たにAV機器を購入される際は、テレビ台の収納サイズをしっかりと把握して収納できる機器を選びましょう。

おすすめコラム

  • 見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る
    見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る

    住みよい生活空間を作るためには欠かせない収納家具。そんな収納家具は、収納するアイテムによって見せる収納、隠す収納を使い分ける事が、快適な暮らしに繋がる大きなポイントになります。今回のコラムでは、見せる収納と隠す収納の二つに分けて、収納家具を取り入れる際のポイントや、インテリアと組み合わせ、機能性とおしゃれさを兼ね備えたインテリアコーディネートを紹介します。

ポイント4 テレビを視聴しやすいテレビ台のサイズ感

テレビ台を選ぶ際、視聴するシチュエーションによっても選ぶテレビ台は変わります。そこでポイントになるのがテレビ台のサイズ感です。テレビ台の幅はもちろん、高さも重要なポイントになるため、テレビを視聴する場所に合わせたテレビ台を選びましょう。

テレビとバランスが良く見えるテレビ台のサイズ感

テレビ台のサイズを選ぶポイントとしては、テレビのサイズとテレビ台の幅がポイントになります。テレビのサイズが大きすぎると、テレビ台と合わせた際、アンバランスな印象に。理想のサイズ感は、テレビよりテレビ台の方が大きく、山型を描くようなバランスです。土台が大きくなることで、安定感が生まれます。(写真はテレビ台の幅1500mm、テレビサイズは43インチの例)

テレビのサイズを大きくした時や、大きいテレビ台が置けない時などは、テレビ台の横にキャビネットを追加して高さを出すことで、安定したバランスにするこが可能です。また、お引っ越ししてテレビのサイズが変わっても、キャビネットを追加することで、テレビ台を買い替えることなく使い続けていただけます。
(写真はテレビ台セットの幅1925mm、テレビサイズは43インチの例)

テレビを見るシチュエーションでテレビ台の高さを選ぶ

テレビを見るシチュエーションによって、選ぶテレビ台の高さが変わります。床座やソファからテレビを視聴する際は、ロータイプなどの低めのテレビ台が視聴しやすく、ソファダイニングやベッドからテレビを視聴をする場合は、テレビ台に少し高さのあるハイタイプがおすすめです。

  • 過ごし方で変わるテレビ台の高さ比較

座面の高さが400mm前後のソファからテレビを見る際は、テレビ台の高さは400mm〜500mmが見やすいとされています。ソファに座りながらテレビを視聴する時に、目線が少し下を向く高さになれば、快適にテレビをご覧いただけます。

ダイニングやソファダイニングからテレビを視聴する際は、あまり低いテレビ台を使ってしまうとテーブルが視界に入り、テレビを快適に視聴できません。テレビを置く位置が720mmあるハイタイプのテレビ台ならテレビを視聴しやすくなります。

テレビ台のレイアウトでも選ぶサイズは変わる

一人暮らしで選ぶ間取りは、部屋の大きさが限られていることが多いため、テレビ台のレイアウト場所はある程度絞られてきます。その絞られた場所にテレビ台をレイアウトするためにも、テレビ台のサイズはポイントです。

  • レイアウトで変わるテレビ台のサイズ比較

掃き出し窓の前にテレビ台をレイアウトする際、幅1800mm程のテレビ台を置いてしまうと、窓の外にアクセスしづらくなります。

このようなレイアウトをする際は、掃き出し窓1枚分より小さいテレビ台をレイアウトすることで、窓の外へスムーズにアクセスすることが可能です。

適切なサイズを選んで目の健康に気を付ける

テレビからソファまでの距離感も確認しましょう。液晶テレビの場合は、テレビの高さ×3倍の距離があると良いと言われ、4Kテレビや有機ELの場合は、テレビの高さ×1.5倍の距離が必要です。部屋のサイズにゆとりが有る時は、ソファからテレビまでの距離を少し長く確保することで快適な空間になります。

おすすめコラム

  • 無垢材が美しいおすすめテレビボード・厳選4シリーズ ~120・150・180・200cm~
    無垢材が美しいおすすめテレビボード・厳選4シリーズ ~120・150・180・200cm~

    おしゃれなリビングに欠かせない家具のひとつであるテレビボード。意外とソファで寛いでる時に視線が集まることが多いテレビボードは、素材やデザインで部屋の雰囲気を大きく変えます。様々な素材の中でも、無垢材のテレビボードは置くだけでリビング全体をおしゃれで温もり溢れる空間にしてくれます。今回は、無垢材テレビボードの魅力を120、150、180、200cmとサイズ展開のあるa.flatおすすめテレビボード4シリーズと共にご紹介します。

ポイント5 一人暮らしから使い続けられるテレビ台の拡張性

一人暮らしで使うテレビ台を選ぶ際、テレビ台の拡張性も重要です。今後引っ越し等のライフスタイルが変化した時でも使い続けていただけます。また、拡張性があることで、一人暮らしを始めた当初より収納力が必要になっても追加して増やすことができるなど、わざわざテレビ台を買い換える必要もありません。

大きめの部屋に引っ越してもサイズを拡張できるテレビ台を選ぶ

一人暮らしを始めた時に購入したコンパクトなテレビ台を引っ越し先のリビングにレイアウトしたら、サイズ感が小さ過ぎて、せっかく揃えた家具の買い替えが必要になってしまうことも。そのような時、大きめの部屋にも合わせられるようにサイズを拡張できるテレビ台を選べば、買い替える必要も無くお使いいただけます。

始めはコンパクトなサイズ感のテレビ台で部屋のスペースを最小限に確保。

引っ越し後、部屋のスペースが広くなったので、ユニット型の収納家具を追加で購入。

ユニット型の収納家具とテレビ台を組み合わせて、ゆったりとしたサイズ感のテレビ台に。

収納力をプラスできるテレビ台の拡張性

ライフスタイルの変化に伴い、一人暮らしを始めた時はテレビ台だけで十分だった収納力も次第に足りなくなっていきます。

テレビ台と同じシリーズの収納家具であれば、引っ越しをした後からでも収納力をプラスできるメリットがあります。

長く使うなら強度・メンテナンス性も重要なポイント

長期的にテレビ台を使用するうえで、強度やメンテナンス性は重要です。強度が確保されていたり、メンテナンス性に優れているテレビ台は比較的高価な物になりますが、長く使うと考えればトータルコストを抑える事が可能です。品質の良いテレビ台を購入して、長期的に使い続けて下さい。

おすすめコラム

一人暮らしにおすすめのa.flatのテレビ台4選

a.flatでは一人暮らしにおすすめのテレビ台を多数ご用意しております。デザイン性に優れたテレビ台や、収納力、拡張性など、プラスαの機能性があるタイプなど様々なテレビ台があるため、理想の一人暮らしを実現できるテレビ台がきっと見つかるはず。それぞれのテレビ台の特長をチェックしましょう。

①ルーバー・テレビボード ~一人暮らしにホテルライクを演出~

「ルーバー・テレビボード」は終わりなく繰り返す波からインスピレーションを受けた平行ラインのデザインが印象的なテレビ台。ダークブラウンカラーとルーバーデザイン、そしてDVDレコーダー等も全て隠れて生活感を感じさせないため、一人暮らしの空間にホテルライクな品の良さを醸し出してくれるテレビ台です。

海の水平線を連想させる綺麗なルーバーデザイン

ルーバーデザインは、アジアンリゾートの海風がもたらす、打ち寄せる波から着想を得たデザイン。職人の手作業で無垢材をひとつひとつ丁寧に取り付けて作られています。横に広がっていく姿は空間を伸びやかに魅せ、海を眺めている時のような穏やかで整然とした佇まいを演出。

AV機器を隠すことで生活感を軽減する収納力

中央部分はAV機器が置ける収納スペースになっています。ガラス扉のため大切なAV機器を埃から守りつつ、扉を閉めたままでもリモコン操作が可能です。

ガラス扉には片手で簡単に開けられる、フラップダウン式を採用しました。付属の着脱式棚板は17mm間隔で7段階の高さ調整ができます。

脚の有無で好みの高さを選べるサイズ感

ルーバー・テレビボードは脚付き・脚無しをお選び頂けます。100mm低くなる脚無しデザインはシンプルでスッキリとした印象に。床座スタイルの一人暮らしや、開放感を演出したい空間におすすめのテレビ台。また、購入後に脚を外したり、付け足しすることも可能です。

脚無しのルーバー・テレビボード
テレビ台の高さ330mmとなり、床座スタイルでテレビを視聴しやすい高さになります。高さを抑えることで、スッキリとした印象の空間に。

脚付きのルーバー・テレビボード
脚を取り付けた場合は、テレビ台の高さが430mmになります。ソファに座ってテレビを視聴しやすい高さです。

65インチ以上のテレビは、画面サイズが大きくなり高さも出ます。そのため、視聴する位置によっては、脚を取り外した高さ330mmのルーバー・テレビボードの方が見やすいことも。また、大きいサイズのテレビに合わせられる幅2100mmのテレビ台サイズもご用意しています。

テレビ台を2台並べて大型のテレビを置ける拡張性

ルーバー・テレビボードは、幅1200mmサイズのコンパクトなサイズ感があり、一人暮らしの部屋にもレイアウトしやすいラインナップです。また、後々少し大きめの部屋に引っ越した際、もう一台並べることで幅2400mmのワイドなテレビ台としてもお使いいただけます。

一人暮らしを始めた時は、幅1200mmサイズのコンパクトなテレビ台として使用。

2台並べて、幅2400mmのワイドなテレビ台として使い続けられます。

  • ルーバー・テレビボードのラインナップ

おすすめメニュー

  • 【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~

    【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~のページです。どこまでも続く水平ラインが心を落ち着かせるルーバーシリーズ。ルーバーデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、ルーバーシリーズの魅力をご紹介します。

②レン・テレビボード ~一人暮らしに贅沢な高級感をプラス~

「レン・テレビボード」は滝のような幾筋もの線と溝の連なりが醸し出す、凛とした佇まいのデザインになります。無数に連なる繊細な縦ラインが、洗練された雰囲気の一人暮らしインテリアを演出。AV収納部にはアクリル板を使用し抜け感を演出しており、高級感と程良い開放感を同時に楽しめるおしゃれなテレビ台です。

幾筋もの滝を彷彿とさせる繊細なデザイン

レンデザインは、伝統技法である「なぐり加工」によって無垢材から職人が溝を丁寧に削り出し、そして研磨することで美しい曲面を作り出しています。絶え間なく流れる幾筋もの滝から着想を得たデザインです。シンプルなデザインの中でも、どこか美しさを感じさせてくれます。

細かい物を収納できる引出しタイプの収納力

レン・テレビボードは、引出しタイプの収納になっているため、CDやDVDはもちろん、リビング周りの小物などを整理するのにも便利です。

上段の収納部分は、アクリル板でAV機器のみ見えるようになっているため、小物は隠すことができ、生活感を軽減してくれます。

部屋の大きさに合わせて選べるサイズ感

レン・テレビボードは、部屋の大きさに合わせて選びやすいサイズ展開となっています。コンパクトな部屋にもレイアウトしやすいため、ワンルームの部屋でもおしゃれをお楽しみいただけるテレビ台です。また、サイズ展開が多いため、合わせるテレビのサイズとバランスの良いテレビ台をお選びいただけます。
(写真はテレビ台の幅1500mm、テレビサイズは43インチの例)

AV機器を収納できる上段収納のサイズ感もそれぞれ異なりますが、どこに収納しても配線が通しやすい仕様に。配線穴にはゴムキャップを採用し、背面からの埃の侵入を防止すると共に、乱雑になりがちなコードをまとめてスッキリさせることができます。

キャビネットを追加して収納力を上げる拡張性

収納力を増やす際、同シリーズの「レン・キャビネット」を使用しましょう。レン・キャビネットのサイズ感は、425タイプと850タイプの2サイズ。収納する量に合わせて選ぶことができるため、ライフスタイルの変化にも対応が可能です。

幅425mmのキャビネット。省スペースや、少し収納力を上げたいという方におすすめ。

幅850のキャビネットは大容量のサイズ感。ある程度大きさのある物も収納できます。

  • レン・テレビボードのラインナップ

おすすめメニュー

  • 【特集】レンシリーズ収納家具~滝のような線と凛とした佇まい~

    【特集】レンシリーズ収納家具~滝のような線と凛とした佇まい~のページです。滝のような線と溝の連なりが繊細で美しいレンシリーズ。レンデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、レンシリーズの魅力をご紹介します。

③キューブ・テレビボード ~自由自在な組み合わせと拡張性~

「キューブ・テレビボード」は整然とした正方形のフォルム、そして縦横の無垢材を組み上げた格子柄が施された引き出しの組み合わせを楽しむデザインになります。無垢材を贅沢に使用したぬくもりのあるパーツを組み合わせて、自分だけのおしゃれなインテリアを作り上げていくことができるテレビ台です。

自由自在な組み合わせと表情の変化を楽しめるデザイン

小さなキューブが連なった格子柄の引き出しが印象的なキューブ・テレビボード。ガラスやアクリルの扉は付いておらず無垢材が自然な風合いを醸し出し、温かみのある空間を演出してくれます。また、AV機器類を収納する部分は、オープンタイプで開放感を与えてくれます。

キューブ・テレビボードの引出しは、リバーシブル仕様になっています。格子柄の引出しの裏面は、シンプルなデザインに。前板全体に流れる木目の美しさをお楽しみ頂けます。簡単にテレビ台の雰囲気を変えることができるため、気分に合わせて模様替えなどをお楽しみ下さい。

幅のあるAV機器も収納できる収納力

キューブ・テレビボードのAV機器を収納するスペースは、テレビ台のサイズがコンパクトでもある程度大きさのあるAV機器でも収納していただけます。

広い収納スペースがあれば、AV機器以外にも収納することが可能です。CDや本、小物など、魅せる収納としてもお使いいただけます。

コンパクトな大きさで置き場所を選ばないサイズ感

キューブ・テレビボードは、広さに限りのあるコンパクトな部屋にもレイアウトしやすいサイズ展開となっています。一人暮らしで部屋の大きさに限りがあり、省スペースにテレビ台をレイアウトしたい方にもおすすめ。空間を有効に使えるテレビ台のサイズ感は魅力的ですね。

コンパクトなサイズ感ではありますが、無垢材を存分に使用した素材感は、その部屋の印象を作ってくれます。無垢材だけが持つ存在感や重厚感もキューブ・テレビボードならではの魅力です。浅型の引き出しでCD・DVDだけでなく、薬や文房具などの細かい物も収納できます。

ユニットキューブを追加してサイズアップ可能な拡張性

キューブシリーズは、テレビ台に繋げて様々な形を生み出すことができる"ユニット式の収納棚"を多数ご用意。テレビ台に拡張して使うことも、単体のユニットキューブを組み合わせて、オリジナルの収納セットとしても使うことができます。

ワンルームでは、テレビ台の脇に間仕切棚としてユニットキューブを使用。

引っ越ししてリビングが広くなり、テレビ台とユニットキューブを組み合わせて拡張。

  • キューブ・テレビボードのラインナップ

おすすめメニュー

  • 【特集】キューブシリーズ収納家具~拡張性と表情の変化を楽しむ~

    【特集】キューブシリーズ収納家具~拡張性と表情の変化を楽しむ~のページです。サイズと形が自由自在に変えられる拡張性や豊富なデザイン展開が魅力のキューブシリーズ。キューブデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、キューブシリーズの魅力をご紹介します。

④ハーモ・テレビボード ~おしゃれな無垢材デザイン&収納棚~

「ハーモ・テレビボード」は木々の生命力を感じる無垢材と、落ち着きのあるアイアン素材が調和した特徴的なデザインが魅力。前板のやさしい曲面とオーク無垢の素材感が見る人を魅了します。シェルフ付きのタイプはテレビ上にお気に入りの雑貨などを飾って楽しむこともできます。

木々の生命の息吹を感じるダイナミックなデザイン

無垢材とアイアンを使用した扉のデザイン。扉に使用している無垢材は、曲線を取り入れており動きを感じさせてくれます。クールな印象を与えてくれるアイアンがワンポイントのアクセントに。ダイナミックな木目とアイアンのコンビネーションが魅力的な扉のデザインです。

深型の引出しで使い勝手の良い収納力

深型の引出しはCDやDVDはもちろん、本やリビング周りの小物など、ある程度大きさのある物も収納することが可能です。

AV機器を収納する部分は、ガラス扉になっており、扉を閉じたままでもリモコン等の操作をしていただける仕様になっています。

テレビ台で部屋の雰囲気を演出したい方におすすめのサイズ感

ハーモ・テレビボードのサイズ展開は、幅1540mmと幅1840mmになります。無垢材とアイアンのコンビネーションを存分と感じていただけるサイズ展開です。部屋の大きさに余裕のある1LDKなどの一人暮らしで家具の素材感を楽しみたい方におすすめのテレビ台になります。

テレビ台の上部に魅せる収納棚が付いたシェルフタイプもあります。広さにゆとりのあるワンルームや1LDKの空間に、贅沢な雰囲気が溢れるインテリアを作ってくれるテレビ台です。思い出の品やこだわりのある装飾などを飾ってみましょう。

シェルフパーツを追加して魅せる収納に変えられる拡張性

ハーモ・テレビボードはパーツを組み替えることで、ロータイプのテレビ台としても、ハイタイプのテレビ台としても使用することが可能です。また、同シリーズの「ハーモ・リビングシェルフ」と組み合わせることで、大型のテレビ台セットにもなります。

  • ハーモ・テレビボードの拡張パターン1

最初はロータイプのテレビ台を使用。

飾りたい物が増えたので、シェルフパーツを購入。

脚パーツを組み替えることで、ハイタイプのテレビ台に。

  • ハーモ・テレビボードの拡張パターン2

一人暮らし当初はロータイプのテレビ台のみ使用。

広さのある部屋へ引っ越し、リビングシェルフを購入。

テレビ台+リビングシェルフで、大型のテレビ台セットに。

  • ハーモ・テレビボードのラインナップ

関連メニュー

  • 【特集】ハーモシリーズ収納家具~無垢材とアイアンの調和 ~

    【特集】ハーモシリーズ収納家具~無垢材とアイアンの調和 ~のページです。木々の生命力を感じる無垢材と落ち着きのあるアイアン素材の魅力が調和したハーモシリーズ。ハーモデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、ハーモシリーズの魅力をご紹介します。

テレビ台として代用できる一人暮らしにおすすめの家具

一人暮らしを始める際、テレビ台ではなく他の家具をテレビ台としてご検討される方も多くいるのではないでしょうか。収納力の限られた空間なら、収納力がアップする家具にテレビを置くなど、テレビ台の代用として使える家具は色々とあります。どのような家具を代用することができるのか、a.flatの家具と一緒にご紹介致します。

収納力UP+テレビ台にもなる「キャビネット」

大きさの限られたワンルームや1Kでキャビネットなどの収納家具とテレビ台を置いてしまうと、部屋のスペースがかなり限られてしまう場合も。そのような時は、テレビ台の代用としてキャビネットを使うことでスペースを有効に使いながら収納力を上げることができます。

キャビネットやチェストを選ぶ際は、他の家具との色味や素材感を統一するとインテリア性がアップします。テレビ台として代用する場合、キャビネットの幅が800mm以上は必要になってくるため、インテリア性を損なわない高級感のあるデザインのキャビネットを選びましょう。

ルーバー・キャビネット
収納扉がルーバー柄となり、空間に立体感を演出。細く切り出した無垢材の一本一本が、穏やかで整然とした波の佇まいを表現しています。

レン・キャビネット
その特徴的な扉には、凹凸感を出した「なぐり加工」が施されており、光の明るさや角度によって様々な表情を魅せてくれるデザインです。

  • テレビ台の代用として使えるキャビネット一覧

ハイタイプのテレビ台と簡易デスク兼用になる「コンソールテーブル」

近年では在宅ワークやテレワークといった働き方を行う方も増えており、自宅にワークスペースを設けるレイアウトが多くあります。ただ、一人暮らしでは、そのスペースを確保することが難しい場合もあるため、プライベートではテレビ台として使い、仕事の時はデスクとして使えるコンソールテーブルがあると便利です。

高さ720mmのコンソールテーブルはハイタイプのテレビ台として使用していただけるサイズ感。ベッドからでもテレビを視聴しやすくなります。

仕事の際は、テレビを移動させ作業台としてお使いいただけます。ノートPCやメモ帳を置けるスペースは十分にあるため、軽作業しやすいデスクです。

一人暮らしのソファダイニングや寝室で使える「リビングボード」

ソファダイニングやベッドなど高さのある所からテレビを視聴する際は、テレビ台にも高さがあると視聴しやすくなります。そこで、リビングボードをテレビ台として使ってみましょう。高級感あるリビングボードは、空間の雰囲気も演出してくれます。

リビングボードの扉の素材も重要なポイントになります。AV機器を収納する際はリモコンの操作もあるため、ガラスの扉を選びましょう。生活感を出さないように隠す収納として使う場合は、扉のデザイン性にもこだわることでおしゃれなインテリアを演出するアイテムになります。

無垢材の扉は、高級感溢れるオーク材を使用し、空間の雰囲気を作り出してくれます。無垢材の高級感を感じていただけるとともに、しっかりと収納できる扉です。

ガラスの扉は、中にAV機器を収納する事で、テレビ台と変わらない使い方ができます。中の棚板も可動式となるため、収納するものに合わせて調節することも可能です。

座卓をテレビ台やデスクとして使える「テーブル」

テレビ台に収納が付くと、どうしても面としての印象が強くなります。もっとテレビ周りをスッキリ見せたいという方は、ローテーブルなどがおすすめ。収納部分が抜けているため、開放的な印象を与えてくれます。また、比較的安価で購入できるところも一人暮らしにはおすすめのポイントです。

ローテーブルを使用する際、テーブルのサイズ感とテレビの大きさのバランスには気を付けましょう。バランスが悪いと、スッキリ見せたくてテーブルを選んだにもかかわらずスッキリとした印象もなく、アンバランスな印象になってしまいます。
(写真はローテーブルの幅1000mm、テレビサイズは32インチの例)

最近では、キッチンやお風呂でもテレビが視聴できるポータブルテレビもあります。コンパクトなサイズ感のため、持ち運びしやすいのが特徴です。サイドテーブルを使えば、そのポータブルテレビを置けるテレビ台に。移動しやすいサイドテーブルと合わせることで、ご自宅のあらゆる場所でテレビをご覧いただけます。

引っ越した後は別の用途として長期的に使い続けられる

テレビ台として他の家具を代用するメリットは、空間を有効に使えるだけではありません。後々引っ越しをして、テレビ台を購入した後でも、本来の用途として使い続けられるメリットがあります。その際、同じシリーズの家具で揃えておくと、間取りや使い方に合わせて統一感のある様々な組み合わせが可能になるでしょう。

ワンルームでは、ボックスタイプの収納をハイタイプのテレビ台として使用。

引っ越しをした際、テレビ台横の収納家具として、小物や生活雑貨などを収納しています。

おすすめメニュー

  • 【収納家具特集】~4つの収納シリーズとインテリアコーディネート~

    【収納家具特集】~4つの収納シリーズとインテリアコーディネート~のページです。お気に入りを飾るディスプレイスペースを作ったり、日々使うものの収納を考えたりと、自分らしいインテリアコーディネートや快適な暮らしを実現するためになくてはならない収納家具。ここでは、a.flatの4つの収納家具シリーズの魅力とラインナップ、そして各シリーズごとにa.flatスタイルカラーをあわせたインテリアコーディネートをご紹介します。

テレビ台をおしゃれに演出する一人暮らしにおすすめのインテリア

テレビ台周りを彩ることで、一人暮らしのインテリアをおしゃれに変えていただけます。生活をするうえで必要なインテリアアイテムや、ワンランク上の空間に変えてくれるインテリアアイテムなどを上手に取り入れて、テレビ台周りを更におしゃれに変えましょう。

テレビ台周りを彩り一人暮らしをおしゃれにするインテリア

一人暮らしに彩りを与えてくれるインテリアアイテムをご紹介致します。空間をカラーコーディネートすることで、インテリアの統一感やテーマ性などのこだわりを演出。テレビ台周りは殺風景になりがちなので、カラーコーディネートができるインテリアアイテムを取り入れましょう。

テレビ台周りもカラーコーディネートできる「壁面装飾」

テレビ台をレイアウトする後ろの壁は殺風景になりがち。特に賃貸住宅では、アクセントを出すために壁紙を変えたり、エコカラットを貼ったりすることも難しくなります。そのような時におすすめのアイテムが「壁面装飾」。簡単に取り外しができ、テレビ台周りにアクセントを演出していただけます。

テレビ台周りの壁面にファブリックパネルなどを飾ることで、テレビなどの生活感が出やすいアイテムを、テレビ台+壁面装飾によって、更にぼやかすことができます。テレビ等の無機質なものから視線をそらすことが、部屋をおしゃれに見せるポイントです。

  • テレビ台周りをおしゃれに彩る一人暮らしにおすすめの壁面装飾

アートパネル
リゾートの島々における自然感溢れる情景を描いたオリジナリティーのある壁面装飾です。

ファブリックパネル
ファブリック生地を使用しており、あらゆる部屋で、カラーコーディネートが楽しめます。

高岡銅器
日本を代表する伝統工芸「高岡銅器」の着色技術が織りなす、色鮮やかな発色が堪能できる壁花器。

ウッドパネル
どこかアジアな雰囲気を醸し出す格子デザインが魅力。部屋に温かみを与えてくれます。

おすすめコラム

  • 壁飾りとインテリアアートのおしゃれな飾り方「実例付き」
    壁飾りとインテリアアートのおしゃれな飾り方「実例付き」

    目を惹くおしゃれな壁飾りは、お部屋の印象を左右するインテリアの重要なアイテムのひとつです。そして、壁飾りをセンスよく飾ることで、更に洗練された空間を演出することができます。うまくコーディネートできるか心配、どうやって壁に飾ればよいか分からないという方へ、基本的な飾り方・センス良く飾るレイアウトの方法・おすすめのおしゃれな壁飾りをインテリア実例とともにご紹介します。

テレビ台を窓際に置く際は機能性も重要な「カーテン」

テレビ台をレイアウトする際は、テレビ配線の関係で窓の前にレイアウトする場合があります。そのような時、カーテンにもこだわることで、おしゃれなテレビ台の印象をそのままに素敵な空間へ。また、テレビは直射日光を避けた方が良いため、カーテンの機能性も重要なポイントです。

賃貸での一人暮らしでは、床の色や壁紙を変えることは簡単にはできないので、カーテンなどのアイテムを使って理想のカラーを取り入れましょう。

暖色系のカーテンを取り入れて、南国リゾート風の空間に仕上がっています。ソファカバーともマッチしたカーテンの配色です。

おすすめコラム

  • カーテンの選び方~お部屋にぴったりな色や機能性を選ぶコツ&実例集~
    カーテンの選び方~お部屋にぴったりな色や機能性を選ぶコツ&実例集~

    ご自宅にぴったりなカーテンの選び方を紹介します。窓はお部屋の中で大きな面積を占めるため、カーテン選びはとても重要。だからこそどんな色や機能のカーテンを選べばよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。そんな方に向け、今回はカーテンを選ぶ際のポイントや、上手なコーディネートのコツをご紹介します。こちらを参考にして、失敗のないカーテン選びをはじめましょう。

テレビ台の前に彩りをプラスしてくれる「ラグ」

一人暮らしのインテリアで彩りをプラスするアイテムとして「ラグ」があります。ソファとテレビ台の間に敷く事の多いラグは、色やデザインでテレビ台周りの印象をガラッと変えてくれます。比較的取り入れやすいアイテムなので、一人暮らしのインテリアをおしゃれにしたい方は、是非取り入れてみましょう。

ラグを選ぶポイントは、部屋の大きさに対してのラグのサイズ感です。ワンルームや1Kなど部屋の大きさに限りのある空間にラグを敷く際は、サイズ感をしっかりと確認して選びましょう。

ラグを敷くメリットは、部屋の印象を変えるだけではなく、床にたまる埃を舞わないようにしたり、素足でも快適に過ごせるなどの実用的なメリットもあります。

  • テレビ台の周りを彩る一人暮らしにおすすめのラグ一覧

おすすめコラム

  • ~色で魅せる~ 理想のお部屋に近づける 上手なラグの選び方
    ~色で魅せる~ 理想のお部屋に近づける 上手なラグの選び方

    インテリアのアクセントとして人気のラグ。ラグの色によってインテリアの印象か大きく変わります。こちらでは、お部屋を理想の雰囲気に近づける上手なラグの選び方を「インテリアのスタイルに合わせて選ぶ」「床色に合わせて選ぶ」「ファブリックアイテムとの色合わせで選ぶ」という3つのポイントでご紹介しています。沢山のインテリアコーディネート実例も登場しているので、是非参考にされてみて下さい。

テレビ台周りをセンスアップするインテリア

テレビ台周りを彩るアイテム以外にも飾ることで部屋のインテリア性をアップさせてくれるアイテムがあります。ムードある空間を演出するアイテムや、癒しを感じさせてくれるアイテムを取り入れて、センスの良い一人暮らしインテリアを叶えましょう。

一人暮らしの部屋にムードを演出する「間接照明」

テレビ台周りに優しい雰囲気をプラスしてくれる間接照明。電球色の柔らかい明りが、気持ちを落ち着かせてくれるリラックスムード満点の空間を作ります。間接照明には、高さのある「フロアーランプ」と、テレビ台の空いた場所に置ける「テーブルランプ」があります。

フロアーランプ」は高さがあるため、テレビ特有の存在感や圧迫感を軽減してくれる効果があります。照明を使わない日中でも、インテリアの一部として空間を作るアイテムです。

ゆったりしたサイズ感のテレビ台には、空いているスペースに「テーブルランプ」を置くことで、抜けすぎない印象となり、テレビ台周りの雰囲気を演出してくれます。

  • テレビ台周りを照らす一人暮らしにおすすめの間接照明

様々な使い方ができる「スツール」

自然素材を存分に使用したスツールをテレビ台の横に置くことで、リゾートの雰囲気を演出したおしゃれな空間に。小物を置いてディスプレイとしても、実際に座ることもできる便利なアイテムです。テレビ台の横に空きスペースがあるようなら検討してみてはいかがですか?

一人暮らしの時に購入したスツールは、ライフスタイルが変化しても使い続けることができます。来客があった際に使用することもでき、長方形のLDKに引っ越した際は、テレビ台の横に置いておくだけで、おしゃれなインテリアアイテムとしてお使いいただけます。

  • テレビ台周りのインテリアにもなる便利なスツール

自然の癒しを取り入れやすい「観葉植物」

おしゃれな空間に欠かせない観葉植物。高さのある観葉植物は、テレビの無機質な印象を軽減し、自然の癒しを与えてくれる空間にしてくれます。スペースが無い場合でも、小さめの植物をテレビ台やキャビネットの上に置くだけでリラックスできる雰囲気になるためおすすめです。

おすすめコラム

  • 観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方
    観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方

    観葉植物は暮らしに癒しを与えるだけでなく、センスがよくおしゃれなお部屋づくりのためのインテリアアイテムとしても活用できます。種類が豊富なためどれにすれば良いか迷いがちですが、インテリアとしての見せ方を意識するとぴったりの観葉植物に出会うことができます。今回はインテリアで取り入れる観葉植物の選び方やレイアウトの方法などを紹介します。

おしゃれなテレビ台で一人暮らしを充実させたインテリア実例紹介

一人暮らしのインテリアをおしゃれなテレビ台でコーディネートしたインテリア実例をご紹介致します。それぞれのテレビ台の特長や、おしゃれなインテリアのポイントをチェックしてみましょう。また、テレビ台の代用として他の家具を使用した一人暮らし実例もご覧下さい。

ワンルーム×一人暮らしのテレビ台実例

ワンルームの限られた空間におしゃれなテレビ台をレイアウトして、こだわりを感じるインテリアを実現した一人暮らし実例をご紹介。テレビ台のデザイン性を活かす一人暮らしにも取り入れやすいインテリアアイテムにも注目してみましょう。

生活感を軽減するテレビ台で叶えたホテルライクな一人暮らし実例

生活感を感じさせない「ルーバー・テレビボード」をレイアウトした一人暮らしインテリア。高級感のあるテレビ台を引き立てるパープルのカラーコーディネートが印象的な空間です。部屋に統一感を演出することで、おしゃれなインテリアを作っています。

おすすめコラム

  • ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート
    ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート

    一人暮らし・ワンルームのコンパクトなお部屋でも理想のインテリアを楽しみたい。けれど部屋のサイズに制限があるため、どんな家具やインテリアコーディネートが良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。狭いワンルームや一人暮らしのお部屋でも贅沢に寛げて永く使える家具選び、お薦めのカラーコーディネートなどをご紹介します。理想の部屋で一人暮らしを楽しめるように、インテリアのコツを掴みましょう。

細かい物はテレビ台に収納してスッキリ見せる床座スタイルの一人暮らし実例

ロータイプでコンパクトなサイズ感の「キューブ・テレビボード」をレイアウトしたワンルーム実例。一人暮らしでは何かと物が増えていくため、細かい物を収納できるテレビ台+収納家具があれば便利です。抜け感のあるテレビ台のため、ロースタイルとマッチしてスッキリとした印象にまとまっています。

引っ越し後のテレビ台の組み合わせ例

キューブ・テレビボードに「1ユニットキューブ」を組み合わせて、テレビ台の幅をサイズアップしています。1ユニットキューブを2つ組み合わせることで、幅1580mmのテレビ台に。収納力がプラスされるだけではなく、テレビのサイズが大きくなっても大丈夫です。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

テレビ台にキャビネットを追加してワンルームの収納力を上げた一人暮らし実例

比較的ゆとりのあるワンルームや1Kでは、後から収納する物が増えれば収納家具を追加することが可能です。こちらの実例は、クローゼットなどに収納しきれなくなった洋服をキャビネットに収納して、生活感のないおしゃれな一人暮らしインテリアを実現しています。

引っ越し後のテレビ台の組み合わせ例

ワンルームでは、テレビ台の横に配置していた「ルーバー・キャビネット」。1LDKに引っ越し、収納する物の種類が変わった為、ダイニングの空いているスペースにレイアウトしています。ライフスタイルの変化に合わせて収納したい物も変わるため、その時々の用途に合わせて使える収納家具があると便利です。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

リビングダイニング×一人暮らしのテレビ台実例

1LDKのリビングダイニングにテレビ台をレイアウトした一人暮らしインテリアをご紹介します。1LDKにはリビング家具やダイニング家具など多くの家具をレイアウトする必要があるため、テレビ台とその他の家具とのバランスも大切です。生活動線の確保された一人暮らしの部屋を参考にしましょう。

高級感のあるテレビ台で上品な1LDKを演出した一人暮らし実例

寝室との仕切りにテレビ台をレイアウトした一人暮らし実例です。上品な印象の「レン・テレビボード」を活かすために、高級感を醸し出すインテリアアイテムでコーディネート。テレビ台の後ろにある寝室をホテルライクな印象にすることで、空間全体に気品ある雰囲気を演出しています。

模様替え後のテレビ台のインテリア例

気分や季節に合わせて模様替えを楽しめるこちらのインテリア実例。パープルの上品な雰囲気から、ブルーの爽やかな印象のインテリアに模様替えした際も、その空間にテレビ台はマッチしています。シンプルながらも繊細なデザインが、様々なカラーを引き立ててくれるテレビ台です。

おすすめコラム

コンパクトなテレビ台で窓周りもスッキリ見せる一人暮らし実例

1LDKのリビングにテレビ台をレイアウトすると、比較的窓の近くに配置することが多くなります。こちらの一人暮らし実例は、窓までの抜けを確保して、スッキリとした印象に仕上げてくれる「ルーバー・テレビボード Lタイプ」を選び風通しの良い空間を演出しました。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】シンプルでおしゃれな一人暮らしの部屋コーディネート
    【インテリア実例】シンプルでおしゃれな一人暮らしの部屋コーディネート

    一人暮らしの部屋は、自分が日々を快適に過ごせるシンプルなインテリアにしたいもの。今回は取り入れやすく失敗をしにくい、シンプルなコーディネートを、一人暮らしのインテリア実例から紹介します。ただシンプルなだけではなく「シンプルながらもおしゃれ」なアイデアが詰まった一人暮らしの部屋を是非ご覧ください。

拡張性のあるテレビ台を組み合わせたこだわりの一人暮らし実例

キューブ・テレビボード」と「ユニットキューブ」を組み合わせて大型の収納セットとしてレイアウトした一人暮らしインテリア。ドロワーをランダムに配置できるデザイン性も魅力的なテレビ台です。無垢材のぬくもりを存分に感じていただけるコーディネートになります。

引っ越し前のテレビ台の組み合わせ例

1LDKに引っ越しをする前では、部屋の間仕切りとして「ユニットキューブ」をレイアウト。リビングスペースと寝室スペースを分けることで、寛ぐ空間と休む空間で分けて使うことができます。テレビ台とシリーズを揃えることで、無垢材のぬくもりを感じるコーディネートもポイントです。

おすすめコラム

テレビ台と収納家具のデザインを揃えて統一感のある一人暮らし実例

洗練された縦模様のデザインが印象的な「レン・テレビボード」と「レン・キッチンカウンター」を組み合わせた一人暮らしのインテリア実例。収納家具がシリーズ化されていることで1LDKの限られた間取りでも、様々な組み合わせで収納力を上げることができます。

おすすめコラム

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

その他家具で代用した一人暮らしのテレビ台実例

他の家具をテレビ台として代用することで、様々な間取りやテレビを視聴するシチュエーションにも対応することが可能です。また、後々引っ越しをしてテレビ台を購入した後でも、代用していた家具は別の用途で使い続けることができます。

ユニットキューブで作るコンパクトなテレビ台のある一人暮らし実例

ベッドやラウンジチェアからテレビを視聴する際はハイタイプのテレビ台がおすすめです。コンパクトな一人暮らしの部屋では、サイズ感を抑えたハイタイプのテレビ台が便利。こちらの実例は、「ユニットキューブ」を組み合わせた幅800mmのテレビ台となります。

引っ越し後のテレビ台の組み合わせ例

ハイタイプのテレビ台として使用していた「2ユニットキューブ」は、横にしても使える収納家具となっています。そのため、引っ越し後はリビングスペースを設けて、横に寝かせることでロータイプのテレビ台として使用。組み合わせが自由に行えるため、長期的に使いやすい収納家具です。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート

    一人暮らしのコンパクトな部屋(ワンルーム ・1LDK)を華やかに魅せてくれるハワイアンなインテリアコーディネート。ハワイで眺める美しいサンセットの情景やカラフルな花々をイメージした、レッド・オレンジ・イエローのインテリアコーディネートを、一人暮らしの部屋で人気のワンルームと1LDKの2つの間取りでご紹介します。

リビングボードをハイタイプのテレビ台として使った一人暮らし実例

無垢材とガラスの扉が印象的な「ハーモ・リビングボード」を、ハイタイプのテレビ台として使用したワンルームのインテリア実例です。ソファダイニングに合わせる際は、高さのあるテレビ台にすることでテレビを視聴しやすくなります。

引っ越し後のテレビ台の組み合わせ例

ある程度スペースのある1LDKに引っ越ししたこちらのインテリア実例では、リビングには新しいテレビ台をレイアウトして、今まで使っていたハイタイプのテレビ台は寝室へ。ベッドに寝ながらでもテレビを視聴しやすいハイタイプのテレビ台を上手に活かしたコーディネートです。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

ボックス型の収納家具をテレビ台として兼用した一人暮らし実例

ボックスタイプの収納家具を横に並べて、幅の広いテレビ台として使った一人暮らし実例。収納力を上げつつ、豪華な印象を与えてくれるテレビ台です。収納するドロワーをランダムにすることで単調な印象を出さず、動きのあるテレビ台としてこだわりを演出しています。

引っ越し前のテレビ台の組み合わせ例

ワンルームで一人暮らしをしている時は、「3ユニットキューブv01」を横にして、テレビ台として代用していました。ラタン素材でできたドロワーとの組み合わせがテレビ台周りに動きを演出。幅1160mmとコンパクトなサイズ感ですが、書類や高さがある物を収納することができるテレビ台です。

おすすめコラム

3Dシミュレーションでテレビ台のある一人暮らし部屋をイメージ

一人暮らしを始める際、どのように家具をレイアウトするのかお悩みの方は、是非3Dシミュレーションを使って事前に部屋のイメージを行いましょう。部屋の大きさに対してのテレビ台のサイズ感や、テレビ台の置き方などを確認していただける便利なツールになっています。

部屋の広さに合わせてテレビ台などの家具のバランスをチェック

快適な生活を送るためには、部屋にレイアウトする家具のサイズ感が重要なポイントです。部屋の大きさに対して家具のサイズが大きすぎると生活動線が確保されません。生活のしやすい空間を作るために、2Dイメージを使ってテレビ台などの家具のバランスをチェックしましょう。

部屋の大きさに合わせたテレビ台のサイズをチェック

一人暮らしで多いワンルームや1Kの間取りでは、部屋の大きさも限られており、レイアウトする家具のバランスや部屋での過ごし方がポイントです。ワンルームや1Kに家具をレイアウトする際は、サイズの大きな家具からレイアウトすることで、スムーズに配置が決まります。その家具に合わせて、過ごしやすいテレビ台のレイアウトを考えましょう。

テレビボード位置を決めるレイアウト例-1
ゆったりくつろぐ過ごし方をするために、ベッドは窓際へ配置し、ソファに座りながらテレビを視聴できるレイアウトになります。

テレビボード位置を決めるレイアウト例-2
ワークスペースを確保するため、セミダブルのベッドを壁際に配置して、ベッドからテレビを視聴するレイアウトです。

他の家具とのバランスや生活のしやすいレイアウトをチェック

レイアウトを行う際、他の家具とのバランスも大切になります。家具の距離感が確保され、生活を送るうえでスムーズに行えるのかがポイントです。

テレビ台は収納付きのタイプが多くあるため、収納の開閉が問題なく行える様にテレビ台の前はスッキリとしたレイアウトにしましょう。

理想の一人暮らしインテリアをイメージできる3Dシミュレーション

3Dシミュレーションを行うことで、こだわりのテレビ台を一人暮らしのインテリアに取り入れた際の、部屋の雰囲気を確認していただけます。テレビ台を置いた時の雰囲気や、他の家具とのバランス等を確認していただき、こだわりの詰まった空間をコーディネートしましょう。

立体的に見ることで部屋のイメージができる

3Dシミュレーションでは、より具体的な部屋のコーディネートが可能です。平面では分かりづらいことも、立体的に見ることでイメージしやすくなります。例えば、リビング家具とテレビ台のバランスや、ワンルーム・1Kにテレビ台を置いた時のバランスなどをご確認していただけるので、是非試してみましょう。

お持ちのテレビのインチ数と、テレビ台のサイズのバランスもご覧いただけます。最適なバランスのサイズを選んで、素敵な空間を作りましょう。

部屋に入ってきたときの印象もポイント。入口からの見え方でも、部屋の印象は大きく変わるため、スッキリ見えるテレビ台の位置を検討して下さい。

カラーコーディネートも考えて理想の一人暮らしインテリアをイメージ

シミュレーションでテレビ台のある空間を手軽にコーディネート。レイアウトはもちろんのこと、ソファやチェアカバーのカラーリングや、カーテン・ラグ等のカラーコーディネートも行うことができるため、おしゃれな部屋を事前にイメージすることができます。

3Dイメージでは、ソファカバーやチェアカバーなどのファブリックを変えたイメージをご覧いただけます。ファブリックの色を変えるだけでも部屋の印象は変わるので、部屋の模様替えなどにおすすめです。

ブルーのファブリックや壁面装飾を使用した爽やかなインテリアを表現。

ファブリックや壁面装飾の色を変えて、自然の癒しを感じるグリーンのインテリアに。

関連メニュー

  • 間取り図から家具の配置・レイアウトを3Dシミュレーションで確認

    間取り図から家具の配置・レイアウトを3Dシミュレーションで確認のページです。ご希望の家具も決まり、検討中のレイアウトを確認しようとイメージに落とし込む場合、一般的には手書きで図面に書き込むことになりますが、効率が悪く大変な作業になりがちです。そこで、a.flatではお部屋の間取り図面から、家具の配置・レイアウトを確認できる3Dシミュレーションソフト・マイルームをHP内にて無料で公開しています。こちらを利用することで、効率良く生活動線を考慮したレイアウトの確認ができ、家具搬入後の失敗を防げます。マイルームを活用して、動きやすく暮らしやすい家具のレイアウトを組んでいきましょう。

店舗で気軽に試せる3Dコーディネートサービス

3Dシミュレーションはご自宅で手軽に行えるツールですが、実際の家具をご覧いただきながら試すことで、よりイメージがしやすくなります。また、部屋のイメージを一から作成する手間も省けるので、是非店舗へご来店の際は、コーディーネートサービスをご利用ください。

一人暮らしのレイアウトを実際の家具でイメージできる

一人暮らしで限られた空間に家具をレイアウトする際は、家具のサイズ感がポイントに。実際に家具をご覧いただきながら、どのようにレイアウトしていくかをご検討していただく事で、具体的なインテリアをイメージしていただけます。

ソファに座った時のテレビ台の見え方や、ベッドからテレビを視聴する際に最適な高さなど、色々なシチュエーションに合わせて家具をお試しいただけます。店舗でコーディネートサービスを行うと、レイアウトや部屋の雰囲気以外の部分も細かく把握することが可能です。

テレビ台の素材感や使い勝手も一緒にチェック

店舗でレイアウトなどをご検討される際は、どのようにテレビ台の収納部分を使うのかや、テレビ台の収納力など様々なポイントを実際に試して下さい。

部屋の雰囲気を決める素材感や色味もご覧いただけます。テレビ台に合わせたソファなどの素材感も一緒にチェックしましょう。

a.flatでは8つのスタイルをご提案しています。爽やかな海の風を感じる「シーサイドブルー」や、草木の安らぎ、木漏れ日のぬくもりを感じさせる「フォレストグリーン」の他に、ミステリアスな雰囲気を醸し出す艶やかなコーディネートの「フラワーパープル」などのスタイルがあります。こちらのスタイルも是非参考にしてみて下さい。

コーディネートサービスが試せる店舗一覧

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

おすすめメニュー

  • 店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談について

    店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談についてのページです。STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

まとめ

これから一人暮らしを始める方、既に始めていてテレビ台をお探しの方は、一人暮らしにおすすめのテレビ台のポイントを参考に、こだわりのテレビ台を見つけましょう。また、a.flatの店舗では、おしゃれな一人暮らしのインテリアにおすすめのテレビ台を多数展示していますので、テレビ台をご検討の際は、ぜひ実際に商品をご覧下さい。

おすすめコラム

  • おしゃれなテレビボードで更に素敵な空間に ~こだわりのインテリア実例付き~
    おしゃれなテレビボードで更に素敵な空間に ~こだわりのインテリア実例付き~

    おしゃれなリビングに欠かせない家具のひとつであるテレビボード。実際に寛いでいる時にはソファではなく、テレビボードに視線が集まる為、おしゃれなデザインのテレビボードを選んだり、テレビボード周辺の空間をセンス良く飾ることで、リビング全体をおしゃれな雰囲気にすることが出来ます。今回はそのようなおしゃれなテレビボードをご紹介致します。

  • 「ダークブラウンのテレビボード特集」- 高級感と温もりを感じるリビングルームに -
    「ダークブラウンのテレビボード特集」- 高級感と温もりを感じるリビングルームに -

    高級感と深い寛ぎ感のある空間を演出してくれるダークブウランのテレビボードの特集です。様々な床色と合わせたインテリアコーディネート実例や、機能・使う場所に合わせたおすすめのテレビボードをご紹介しています。是非、テレビボード選びでお悩みの方はこちらのダークブウランのテレビボードの魅力をまとめたコラムを参考にされてみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

カタログ請求はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.