• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

一人暮らしにおすすめのベッド選び~こだわりのベッドシリーズ4選~

公開:2022/5/22

更新:2022/5/23

ライター:大阪梅田店花岡

一人暮らしにおすすめのベッド選び~こだわりのベッドシリーズ4選~

一人暮らしをこれから始める方も、すでに生活されている方も、普段過ごす部屋だからこそインテリアにはこだわりたいはず。その中でも、ベッド選びは部屋のイメージや快適性を大きく左右するためとても重要です。こちらのコラムでは、一人暮らしを快適にするおすすめベッドを間取りや部屋の大きさに合わせたコーディネート実例と共にご紹介します。

敷布団とベッド、一人暮らしにおすすめなのは?

一人暮らしを始める時、まずは必要なインテリアから揃えますが、中でも特に重要と言えるのが就寝スペースです。そして多くの人が、ベッドフレームとマットレスをこだわって用意するか、敷布団だけを用意するかを悩んでしまうと言います。実は一人暮らしの生活におすすめなのは「ベッド」。ここからは、ベッドと敷布団の使い方や違いを比較しながら、なぜ一人暮らしにベッドがおすすめなのかを詳しくご説明します。

一人暮らしにベッドを取り入れたい理由

一人暮らしでは全ての家事を自分でこなす必要があります。そのため、できるだけ手間き負担をなくす心がけが日常の暮らしやすさを実現させます。敷布団とベッド、寝るための場所であることに変わりはありませんが、就寝時や起床時に片付けなどの手間がかからないベッドを取り入れた生活は、細かな手間や時間の無駄を省き快適な日常を叶えるのです。

「敷布団で寝る」と「ベッドで寝る」との違い

ベッドと敷布団は「寝るスペース」という共通事項以外、普段の使い方が大きく異なります。また、そのどちらを選ぶかによって日々の暮らし方も変わります。寝ている時間だけでなく、仕事終わりや学校終わり、休日に部屋で過ごすプライベートな時間を想像し、特徴やメリットを比較しながら、どちらがより快適に過ごせるか考えながら検討するとよいでしょう。

【敷布団で寝る場合】
・畳んでおけるため、部屋を広く使える
・床に近くほこり・ハウスダストを吸いやすい
・起き上がる際、身体に負担がかかる
・毎日片付けが必要

【ベッドで寝る場合】
・サイズが大きくスペースが必要
・床から遠くほこり・ハウスダストを避けられる
・起き上がる際、身体の負担が少ない
・毎日片付ける必要がない

敷布団よりもベッドの方がメリットが大きい

ベッドを取り入れた生活は、起床後起きあがる際は楽に立ちあがることができ、畳んで収納する必要もないため、大きな動作をせず身体に負担をかけることのないまま朝を迎えることができます。また、仕事や学校終わりに帰りが遅くなってしまった場合も、そのまま座ったり寝転ぶなどしてリラックスすることが可能です。

一日の三分の一を占める睡眠時間。自分の生活スタイルに合った就寝スペースの確保は、日々の疲れの解消に大きく関わります。それは寝ている時間に限らず、寝る前や起きた後、部屋で過ごすプライベートな時間帯も同様です。敷布団に比べてベッドは手間や無駄を省き、身体に負担をかけないスムーズでゆとりのある暮らしを叶えます。比較的メリットの多いベッドを選ぶことで、ストレスのない毎日を過ごすことができるでしょう。

寝る場所だけにとどまらないベッドの魅力

一人暮らしの部屋、ゆったりと広い寝室問わず、サイズの大きいベッドは空間面積のおおよそ三分の一を占めます。「ベッド=寝るスペース」であることはもちろんですが、有るスペースを最大限有効活用できるのも、ベッドの魅力の一つ。ベッドをこだわって選ぶと、寝る場所と共にいくつかの機能面を活かした過ごしやすい空間を手に入れることができるでしょう。

ベッドは「寝る・寛ぐ・収納する」を叶える

サイズの大きいベッドですが、寝る以外にも座ってリラックスする「寛ぎスペース」、引出しやヘッドボードの宮棚(みやだな)を利用した「収納スペース」など、多様な使い方をすることができます。限られたスペースを有効活用できるベッド。使い方を限らない利便性の高さが、一人暮らしにおすすめされる理由なのです。

【ベッドで寝る】
ベッドの大きな役割は、やはり「寝るスペース」です。フレームやマットレスにこだわって選ぶことで、質のよい睡眠を得ることができます。

【ベッドで寛ぐ】
一人暮らしの間取りはワンルームなどが多く、ソファなどが置けない広さの部屋も多いです。ベッドは座ってくつろげるため、ソファ代わりとしても使えます。

【ベッドに収納する】
一人暮らしの場合、限られた空間を最大限有効活用したいもの。収納付きベッドを使うことで、大容量の収納スペースを確保することができます。

ベッドは部屋のインテリア性を左右する

ワンルームや少し広めの寝室問わず、部屋の三分の一程度にもなるベッド。サイズが大きい分、部屋の雰囲気やイメージに大きく関わります。利便性の高い機能面と、自然素材をふんだんに使ったデザイン性を兼ね備えたベッドは、限られた空間を最大限おしゃれに演出します。

毎日を過ごす部屋は、自分好みのおしゃれな雰囲気にレイアウトしたいものです。サイズの大きさを敢えて活かしたデザイン性の高いベッドフレームを選んだり、照明やアートパネルなどの周辺インテリア、自分好みのカラーのベッドスプレッド・スローを取り入れることで、限られた空間を更に居心地のよいおしゃれな部屋にコーディネートできます。

ベッドのメリットを活かして一人暮らしに最適なベッドを選ぶ

「寝るスペース」に限らないベッドの魅力・メリットは、空間を有効活用させる収納力や、片付けの手間を省く効率性などが挙げられます。家事や掃除を一人で行う必要がある忙しい日々を快適にケアしてくれるベッド。好みのデザインや、使い勝手のよい機能面を注視して選ぶとよいでしょう。

知っておきたい一人暮らしのベッドを選ぶ際の基礎知識

ここからは、ベッドにまつわるサイズやデザインの知識を特徴別にご紹介。また、一人暮らしによくある間取りや広さに合わせたおすすめのベッドサイズもご紹介します。日々の暮らしや理想の生活をイメージしながら、どのようなベッドが自分に合うかを検討してみて下さい。

一般的なベッドのサイズ

ベッドを選ぶ際、最初に決めたいのがサイズです。シングルやダブルベッドなど聞き馴染みがあるかもしれませんが、「一人分=シングルベッド」「二人分=ダブルベッド」という訳ではありません。体格や部屋の広さ、生活環境から適切なベッドサイズを選べば、より快適な就寝生活を手に入れることができます。

快適に眠る一人分の就寝スペースとは

横幅について

一般的に快適に睡眠できる就寝スペースの横幅は、自分の肩幅に対して左右プラス20~30㎝程度と言われています。男性の肩幅平均は40㎝前後、女性の場合は35㎝程度です。男女ともに左右のプラス幅を足すとそれぞれ横幅100㎝程度となり、これはシングルベッドの横幅とほぼ同じサイズとなります。

長さについて

いくつかのサイズ展開がある横幅に対して、マットレスの長さ(=奥行)は基本的に全て共通しています。人の平均身長よりも丈の長い195㎝が一般的なサイズです。また、身長の高い方向けに用意された長さ200㎝を超える特殊なサイズを「ロングタイプ」と呼んでいます。

ベッドのサイズを知る

いくつかのサイズ展開があるベッド。使用するのに適切なサイズは体格や使用人数、部屋の広さによって変わります。主なサイズ展開は6種類。一人分に丁度よいサイズや、大人二人で寝るのに丁度よいサイズなど種類は様々です。そのため、普段の生活環境に合った無理のないサイズ選びがとても重要。特に一人暮らしの場合、部屋の快適性や開放感にも関わるため、自分の暮らしに合ったサイズを選ぶようにしましょう。

【ベッドの定番サイズ】

【セミシングル】
幅800~900㎜。シングルよりも小さく、小柄な方に丁度よいサイズと言えます。

【シングル】
幅970㎜。一人暮らしの部屋にもレイアウトしやすいサイズです。

【セミダブル】
幅1200㎜。シングルでは少し物足りないという方におすすめのサイズです。

【ダブル】
幅1400㎜。広々と寝たいという方におすすめのサイズ。2人でもお使い頂けます。

【クイーン】
幅1600㎜。大人二人でゆったりと寝られるサイズ。広い寝室におすすめです。

【キング】
幅1940㎜。最近はシングルを二台並べる形が一般的になりつつあります。

上記の6サイズは、国内メーカーに多いベッドサイズの目安です。外国メーカーでは、ダブルよりも少し幅の広いワイドダブルや、クイーンを幅1700㎜で展開しているメーカーもあります。ベッドフレームにサイズが合わなかったり、シーツなどの寝具を使用できないケースがあるため注意が必要です。ベッドを購入する際は、フレームとマットレスの幅が揃っているかをしっかりと確認するようにしましょう。

一人暮らしにおすすめのベッドサイズ

ベッドのサイズについて確認したら、次は自分の部屋にはどのサイズが丁度よいのかを検討します。部屋の間取りや広さを確認しないまま無理のあるサイズをレイアウトしてしまうと、普段の暮らしの中で手狭さを感じてしまいかねません。部屋の広さに合った適切なサイズを選び、過ごしやすい空間を作りましょう。

ワンルーム6畳におすすめのセミシングル・シングル

一人暮らしの間取りに多いワンルーム。その中でも家具のサイズ選びが特に重要と言えるのが6畳サイズです。ワンルームはキッチンスペースが部屋の中に一体となっているため、生活動線(=歩くスペース)をしっかり確保して家具をレイアウトする必要があります。そのため、ベッドは一人分の就寝スペースとして丁度よいシングルサイズがおすすめ。小柄な方はセミシングルで部屋を広く見せてもよいでしょう。

【ワンルーム6畳にシングルをレイアウトしたイメージ】

シングルベッドを部屋の奥側にレイアウトした例。掃き出し窓に対してベッドを平行に配置することで空間に余裕が生まれ、部屋の半分以上をゆとりをもたせています。最低限の生活動線(=歩くスペース)は確保しつつ、ぴったりと収まっています。

一つの空間で食事・就寝・寛ぎスペースを確保する必要がある6畳ワンルーム。他の家具も配置する必要があるため、無理のないシングルが丁度よいでしょう。また、引出し機能が付いた収納力のあるベッドフレームを選ぶと、空間を最大限有効活用できます。

ワンルーム8畳・1LDK(寝室6畳)におすすめのセミダブル

6畳よりも広さに余裕があるワンルーム8畳や寝室6畳の場合は、ゆったり寝転べるセミダブルがおすすめです。セミダブルはシングルに比べ横幅に余裕があるため寝返りも打ちやすく、二人でも寝られます。ワンルームの場合はシングルよりも広くなる分ローベッドで開放感を演出したり、寝室6畳の場合はデザイン性のあるベッドフレームで部屋の雰囲気をおしゃれにコーディネートするとよいでしょう。

【ワンルーム8畳にセミダブルをレイアウトしたイメージ】

ワンルーム8畳の場合6畳に比べ、少し余裕が生まれるため、セミダブルでも圧迫感を感じません。窓沿いに平行配置するか、壁沿いに平行配置するかでも、部屋の雰囲気が変わります。食事や寛ぎスペースを意識しながらレイアウトしましょう。

シングルよりも少し横幅が広くなる分、高さを抑えたローベッドを選ぶことで、部屋に開放感をもたらしたレイアウト。壁に囲まれた空間をできるだけ広く見せることでリラックス効果が高まり、快適な暮らしを叶えることができます。

【寝室6畳にセミダブルをレイアウトしたイメージ】

寝室とリビングダイニングが分け隔てられた1LDK。6畳の寝室にセミダブルベッドをレイアウトすると、部屋の三分の二程度が空いたスペースとして活用できます。デスクや収納棚、観葉植物などが配置でき、好みの雰囲気にコーディネート可能です。

セミダブルベッドは横幅が120㎝ほど。6畳の寝室といってもある程度のスペースを使うため、デザイン性にこだわったベッドを選ぶと部屋の雰囲気をおしゃれにイメージアップさせることができます。天然木など自然素材を使用したフレームがおすすめです。

1LDK(寝室8畳)におすすめのダブル・クイーン

1LDK(寝室8畳)の場合は、贅沢な寝心地を得られるダブルやクイーンベッドがおすすめです。寝室8畳は広さに余裕がある分、ベッド以外に家具を置くか、ベッドだけを置くかでどちらのサイズがよいかが変わります。デスクやキャビネットなど他の家具もレイアウトしたい場合はダブル、ベッドだけを配置し大人の落ち着いた雰囲気を演出したい場合はクイーンを選ぶとよいでしょう。

【寝室8畳にダブルをレイアウトしたイメージ】

ベッド以外にもデスクやキャビネットを配置し、寝室兼書斎として部屋を使いたい場合はダブルが丁度よいでしょう。動線だけでなく、デスクに合わせた椅子を引くスペースも考慮しながら配置すると、無理のないレイアウトが可能です。

寝室8畳の場合、部屋のスペースにゆとりがあるため、ベッドの脚もとにフットベンチを置いてホテルライクな雰囲気を楽しむこともできます。また、バルコニーにつながる掃き出し窓を活かして開放的な空間にしたい場合は、ローベッドがおすすめです。

【寝室8畳にクイーンをレイアウトしたイメージ】

寝るためだけの部屋として寝室8畳の空間の真ん中にベッドだけを置く場合、広々としたクイーンサイズをレイアウトすることができます。ベッドフレームのサイドスペースにも、小物を収納できるサイドテーブルや照明をレイアウト可能です。

眺望が良い寝室の場合、クイーンの広いサイズ感が相まって部屋全体が贅沢で落ち着いた雰囲気になるためおすすめです。ヘッドボードにデザインの入ったおしゃれなベッドフレームが、大人っぽい高級感を感じさせるでしょう。

部屋の生活動線なども意識してサイズを決める

ベッドに限らず、部屋に家具を配置する際は「生活動線=歩くスペース」を意識してレイアウトしましょう。せっかく気に入ったベッドを配置したのに、後から手狭さや移動しづらさを感じてしまってはもったいありません。ゆとりを持った歩くスペースの確保は、部屋の快適性に直接関わります。

家具のレイアウトを検討する際は、まず基本となる生活動線を確認しましょう。一人が違和感なくゆったり通れる生活動線・幅は約600mm前後、横歩きする場合でも300㎜は必要とされています。

一人で通る際の生活動線=600㎜前後

【生活動線が確保できていないワンルーム】
動線が確保できていないため通り幅が狭く、ベッドに寝転ぶまでの距離が窮屈に感じてしまいます。

【生活動線をしっかりと確保したワンルーム】
隣の窮屈なレイアウトに比べ動線にゆとりがあるため、歩きやすく快適に過ごすことができます。

一人暮らしのベッドに多い種類・デザイン

一人暮らしで使いやすいベッドのデザインとは、どのようなものなのでしょうか。様々な種類・デザインがあるベッドの中から、コンパクトな部屋でも使い勝手がよい、一人暮らしにぴったりなベッドをご紹介します。普段の暮らしをイメージしながら、自分にとってどのようなベッドがいいかを検討してみて下さい。

収納付きベッド

一人暮らしの場合、部屋に元からついているクローゼットはスペースに限りがあるため、収納したいものが入りきらないというケースがあります。そこでおすすめしたいのが収納付きベッド。就寝スペース兼収納スペースとして使えるなどメリットが一つにとどまらず、限られた空間を最大限有効活用できるため、使い勝手は抜群です。大きさも通常のベッドと変わらないため、極端な圧迫感は感じさせません。

ミドルベッド

ミドルベッドとは、ロフトベッドよりも少し高さが抑えられたベッドを指します。高さを出して脚元の空間を広く確保したミドルベッドは、空いたスペースにキャビネットや衣装ケースを置いて収納力を確保することが可能です。反面、サイズが通常よりも大きくなるため、部屋に存在感を与えます。部屋をすっきりと見せたい場合は、注意しましょう。

ローベッド

部屋を最大限広く見せたい場合におすすめしたいのがローベッドです。通常のベッドよりも高さが低い分、天井までの空間を広く見せることができ、部屋が広く見える視覚効果を演出します。ローベッドは床に近い設計のため、ベッドに腰掛けながら床に脚を伸ばすなどして日本人ならではの床座スタイルを実現でき、開放感溢れる広々とした部屋を叶えられるでしょう。

脚付きマットレス

脚付きマットレスとは、マットレスの裏面に脚を付けた仕様のベッドを指します。ベッドフレームが必要ないため非常にシンプルな作りで、サイズもコンパクトに収まり組立も簡単なため取り入れやすさが特徴です。しかし、マットレスのメンテナンスや交換ができないため、劣化してしまうとその後使えないというデメリットがあります。

その他ベッド

他にも、すのこを床に敷いただけの「簡易ベッド」や、普段は折り畳み使うときだけ出す「折り畳み式ベッド」、高さのある「ロフトベッド」など、一人暮らしの限られたスペースを有効活用できるベッドは数多くあります。しかし、これらは先程紹介したミドルベッドや脚付きマットレス含めサイズがシングルのみという場合がほとんどのため、ゆとりのある就寝生活を叶えたい場合はしっかりと検討をしましょう。

一人暮らしの睡眠を整えるマットレスの種類

一人暮らしのベッド選びで、サイズやフレームデザインと同じように重要なマットレス。構造や素材にこだわったマットレスは、身体にかかる負担を減らし日々の疲れを解消します。反面、身体に合わないマットレスを選んでしまうと、必要のない負荷が身体にかかってしまい、寝ているのに疲れてしまうという状況を作ってしまうことも。忙しい毎日を癒す理想の睡眠を叶えるため、ここからはマットレス選びのポイントをご説明します。

ベッド選びとセットで考えたいマットレス選び

ベッドは、デザインと枠組を担う「ベッドフレーム」と、直接寝転び睡眠をサポートする「マットレス」を組み合わせることで完成します。サイズ検討やデザイン選びに気持ちが傾きがちですが、マットレスも重要なポイント。セットで考えることで、おしゃれな部屋の雰囲気だけでなく、質のよい睡眠を同時に手に入れることが可能です。日々の疲れを癒すこだわりのマットレスを見つけ、快適な暮らしを叶えましょう。

質のよい睡眠は、「体圧分散性」と「理想の寝姿勢」を確保することで実現できます。そんな二つの条件をサポートして叶えてくれるのが、まさにマットレス。身体に合ったマットレスを選ぶと、寝ている間に疲れを取りぐっすりと眠れ、気持ちよく目覚めることができるでしょう。

【体圧分散性】
体圧分散性とは、身体の一部分にかかる圧をできるだけ減らし、負荷を和らげる性質を意味します。一般的には頭部や臀部(お尻)など身体の重い部位に圧がかかりがちですが、この圧をできるだけ分散させることで血流の滞りを防ぎ、筋肉をリラックスさせ寝ている間に疲れを解消するのです。

【理想の寝姿勢】
真っすぐに立ったままの姿勢を寝転がっている状態でも実現できている寝姿勢が一番理想的とされています。身体の一部分が湾曲するようにマットレスに沈みこんでしまうと、腰痛や肩こりなどにつながりかねません。体格や体重に合ったマットレスを選び、身体に負担のない寝姿勢を実現しましょう。

一人暮らしのマットレス選びは見た目・コスパ・寝心地で

質のよい睡眠を叶えるマットレスのポイントについてご説明しましたが、ここからは一人暮らしをする方にお伝えしたいマットレスの選び方についてお話します。マットレスの選び方は大きく分けて3つ、「見た目」「コスパ」「寝心地」です。どれを重要視するかによって、自分の暮らしに合ったマットレスが変わります。具体的に普段の暮らしや好みを想像しながら、自分にあったマットレスを見つけてください。

「見た目」で選ぶ

ここでお話する「見た目」とは、部屋に置いた際の開放感などを意味します。マットレスというと分厚いイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実は種類が多種多様。部屋を広く見せたい場合、高さを抑えたローベッドに合わせてコイルの入っていない薄めのマットレスを選ぶとよいでしょう。見た目の圧迫感を抑え、部屋を開放的な空間に演出してくれます。

「コスパ」で選ぶ

コスト面において敷居の高くないコスパのよいマットレスは、一人暮らしを始める上で手軽に取り入れることができます。寝心地にこだわりがない方や固めの寝心地が好みの方は、コイルが入っていないウレタンマットレスや、内部のコイルが連結しているシンプルな構造のボンネル・スプリング・マットレスなどがコストパフォーマンス高くおすすめです。

「寝心地」で選ぶ

何よりも「寝心地」にこだわりたい方には、体圧分散性に優れたポケットコイル仕様のマットレスがおすすめ。ポケットコイル・マットレスはコイルスプリング1つ1つが「点」となって身体のラインに合わせて別々に沈み込むため心地よい就寝が可能です。また、a.flatでは固さ違いで2種類のマットレスを用意しており、体重に合わせて選ぶことができるため、理想の寝姿勢も同時に実現することができます。

おすすめコラム

  • 快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方
    快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方

    人間にとって睡眠は必要不可欠なものです。人は人生の1/3を睡眠に費やすといわれていますが、より快適で効率的な睡眠を得るためには、どうすればよいのか・・今回は睡眠を取る上で1番重要なアイテムである、マットレスの種類や選び方をご紹介致します。マットレスにも多くの種類があり、それぞれ一人一人に合ったマットレスを選ぶことがとても重要です。皆様も快適な睡眠を取るためのマットレスを見つけてみませんか。

快適な一人暮らしを叶えるa.flatのベッド・マットレス・インテリア

ここからは、快適な一人暮らしを叶えるおすすめのベッドフレームやマットレス、ベッド周辺のインテリアをご紹介します。ベッドには様々な種類があるため、デザイン性や機能面を比較しながら、自分の普段の生活や理想の暮らし方を具体的にイメージしながら、どのようなベッドが自分の生活スタイルに合うのかを考えてえらぶことで、快適な一人暮らしを叶えるベッドが見つかるでしょう。

デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのオリジナルベッド4選

ベッドには様々なタイプがあり、それぞれ特長的なデザインや機能が備わっています。一人暮らしの部屋はワンルームなども多いため、限られたスペースの中でいかにおしゃれにまとめつつ収納力や実用性を確保できるかが重要になります。サイズが大きいベッドだからこそ、デザイン性と機能性に注視しつつどのタイプが自分の暮らしに丁度よいかを考えながら選ぶようにしましょう。

ロータイプ×シンプルデザインが部屋に開放感を与える「チーク・ローベッド」

高さを抑えたロースタイルのデザインと、直線ラインがシンプルなチーク・ローベッド。すっきりとしたフォルムもあいまって、部屋に開放感を与えてくれます。一人暮らしの部屋に配置しやすく、床座スタイルで広々とした部屋が理想の方におすすめのベッドフレームです。

ロースタイルは和室の文化が身近な日本人にとって馴染みやすく、落ち着いて過ごすことができます。サイズが大きい分フレームの高さを抑えて圧迫感を極限まで無くし、部屋全体を広々とした空間に見せてくれるチーク・ローベッド。スタイリッシュなデザインが魅力的な一人暮らしにおすすめのベッドフレームです。ベッド下の高さは10㎝あるため掃除などもしやすく、脚の取り外しもできるため好みに合わせたレイアウトが可能です。

見た目や寝心地に合わせて選べる3タイプのヘッドボード

チーク・ローベッドにはヘッドボードのデザインが3タイプあり、好みのデザインやマットレスの厚みに合わせて丁度よいデザインを選ぶことが可能です。いずれもタイプも枕元の奥行きが広いため、スマホや目覚まし時計を置くことができます。

【v01タイプ】
厚みの薄いウレタンマットレスが丁度よく収まるv01タイプ。ヘッドボードの高さが一般的なフレームの三分の一程度に抑えられており、空間に開放感を生みます。

【v02タイプ】
厚みのあるコイルマットレスに対応したv02タイプ。スタイリッシュなスクエア調のデザインが圧迫感を一切感じさせず、すっきりとした印象を部屋に与えます。

【v03タイプ】
ヘッドボードがフレームの高さと同じv03タイプ。低さがより際立ったデザインで、マットレスを置くことで立体感が強調され、高級感のある雰囲気に仕上がります。

洗練されたデザインが大人の落ち着きを感じさせる「コト・ローベッド」

美しいルーバーデザインが際立つコト・ローベッドは、マットレスを落とし込む構造のベッドフレーム。厚みのあるマットレスでも限りなく床に近い高さを実現でき、部屋に開放感と高級感を演出します。マットレス下はすのこ仕様のため通気性は一切問題なく、機能性と洗練されたデザイン性が魅力的です。

コト・ローベッドのヘッドボードは、美しい直線と緩やかな曲線で描いたルーバーデザインが特長的で、リゾートホテルにいるかのような高級な雰囲気を感じさせます。コト・ローベッドならではのロースタイルと独特なデザインが部屋に落ち着きをもたらし、心身ともにリラックスすることができるでしょう。

置き場所を選ばないヘッドボードレスのv02タイプ

コト・ローベッドは、ヘッドボードレス仕様のv02タイプがあります。マットレスを四方から囲む直線的なフレームデザインが魅力的です。寝室をすっきり見せるサイドフレームと、マットレスを低く見せる落とし込み構造のフレームが特長のロースタイルベッド。サイドフレームにゆとりがあるため掛け布団も床に付かず、衛生面もしっかりと確保されています。

枕元のスペースにはゆとりがあり、就寝前や起床時にすぐ手に取りたいスマホやメガネを置くことができます。フレーム部分にはオークの突板材を使用しているため落ち着いた木の温もりが感じられ、ホテルライクで上品な雰囲気が部屋に漂うことでしょう。

無垢材を使用し木の温かみが部屋に溢れる「ムク・ベッド」

天然の無垢材をふんだんに使用したムク・ベッドは、木材ならではの温かみが溢れる天然素材にこだわったベッドフレーム。無垢材だからこその質感と、木目の風合いが心落ち着き、癒しの空間を作ります。一般的な高さ仕様のため起床時に立ち上がりやすく、足元がすっきりと空いているため開放感も抜群です。

ムク・ベッドはヘッドボードの左右が収納スペースになっており、本や収納ケースを納めるなどして空間を有効活用して使うことができます。サイドスペースだけでなく、フレーム下の空間を活用してスーツケースや衣装ケースなどの収納も可能です。ムク・ベッドはデザイン性と機能面を兼ね備えた利便性の高いベッドフレームと言えるでしょう。

寝室の生活動線を確保しやすいv02タイプ

ムク・ベッドは、長さ(奥行)の異なる2つのタイプが用意されており、部屋の形や広さに合わせて適切なサイズの選択が可能。ヘッドボードがすっきりとしているv02タイプはコンパクトなサイズ設計のため、一人暮らしの部屋にも丁度よく収まります。ヘッドボード左右の収納スペースもしっかりと確保できており、コンセントも付属されているため使い勝手は抜群です。

【長さ2080㎜のv02タイプ】
通常のベッドフレームより奥行の短いムク・ベッドのv02タイプは、ワンルームや6畳の寝室にもレイアウトしやすく、動線の確保がしやすいことが特長。部屋を少しでも広く見せたい方におすすめです。

【長さ2170㎜のv01タイプ】
v02タイプに比べヘッドボードに奥行のあるv01タイプは、照明やティッシュケースなどを置いて使うことができます。収納スペースをできるだけ確保したい方におすすめです。

収納力抜群、空間を有効活用できる「ラック・ベッド」

収納力とデザイン性を兼ね備え、空間を最大限有効活用できるラック・ベッド。モダンで落ち着いたダークブラウンカラーがおしゃれなベッドフレームです。足元の収納スペースはキャビネット一台分以上の収納力があり、一人暮らしに有難い利便性抜群の機能を持ち合わせています。

ラック・ベッドの大きな特長の一つでもある「収納力」。引出は物が出し入れしやすいフルオープン仕様で、収納しているものを上からひと目で確認できます。レールにはローラーが付属されているためスムーズに開閉が可能。深さのある引出のため季節に合わせて出しておく必要のない洋服や寝具を収めるなどして、空間を有効的に活用できます。

便利なベッド下の引出収納&オープン収納

ラック・ベッドはマットレス下の部分を全て収納スペースとして有効活用できることが大きな魅力。一般的な引出に加え、パネル式の扉を取り外すと内部がオープンスペースとなっており、キャリーケースや収納ケースなどの収納が可能です。ベッドを組み立てる際、引出とパネルの位置を左右とも間取りや動線に合わせて決定できる柔軟性も持ち合わせています。

オープン収納はパネルの下に手を掛けると簡単に付け外しができ使い勝手抜群です。収納スペースをしっかりと目隠ししたい方にはぴったりのベッドでしょう。

オープンスペースの高さは185㎜もあり、市販の収納ケースに限らず、丸めた季節物のラグ、布団を入れた圧縮袋なども自由に収納できます。

一人暮らしから長く使いやすいa.flatベッドの特徴

a.flatのベッドは長く使えるようメンテナンス性や拡張性がしっかりと備わっています。一人暮らし用に選んだシングルベッドも、場所や環境を問わずライフスタイルに合わせた使い方や拡張ができ、引っ越し後や家族ができた場合も問題なく使い続けることができるため安心です。一人暮らしの間の数年だけでなく、その先も長い目で使うことができる家具の魅力をご紹介します。

オリジナルのため後日追加して大きいベッドとして使える

a.flatのベッドは全てオリジナルデザインとなっているため、二台を横並びに配置してシングルからキングサイズに変更することができます。一人で使うために用意したシングルベッドを、ライフステージの変化に合わせて大きいベッドに拡張が可能です。

【一人暮らし用に用意したシングルベッド】

【引っ越し後ベッドを追加しキングベッドに変更】

シングルベッドを隙間なく横に二台並べると、横幅200㎝のキングサイズに変わります。キングサイズは大人二人と子供一人など家族でゆったりと寝られる広さがあるため、ファミリーにも人気のサイズです。一人暮らしをしている数年間に限らず、その先の生活環境でも長く使うことができるため安心して選ぶことができます。

ヘッドボードを組み替えて別デザインに変えられる

チーク・ローベッドやコト・ローベッドは購入したあとでもパーツの組み替えができるため、一人暮らしの部屋から引っ越した後でも部屋のイメージに合わせたデザインへ変更することができます。どのようなライフスタイルに変わってもデザインを変えられる柔軟性は、他にない大きな魅力の一つです。

【ヘッドボードを取り外す】

【新しいパーツを付け替える】

【デザインの変更が完了】

引っ越しや模様替えによりお部屋を広く見せたくなったためにヘッドボードレスへのデザイン変更、マットレスの買替に合わせたデザイン変更、また使い始めから数年が経過してベッドのパーツが傷んできた場合などにも対応ができます。長く使っていただくことを見据えた設計のため、安心して使用頂けます。

パーツ単位で購入できる高いメンテナンス性

毎日使うベッドですが、引っ越しや模様替えなどでベッドで移動する際などに、パーツを無くしてしまったり壊してしまうことなども考えられます。a.flatはオリジナルブランドのため、一つ一つの家具の部品を全て倉庫で保管・管理しており、パーツ単位で購入して頂くことが可能です。

ベッドの組立ネジ、六角レンチなど、パーツ単品での購入が可能のため安心して長くつかっていただくことができます。

家具の部品・パーツは、常備品として日本国内のサービスセンターにて在庫しています。ご相談があればお気軽にお問い合わせください。

後日引っ越し時の再組立がしやすい安心の構造

a.flatのベッドは全て組立式仕様のため、使用後数年たっていてもヘッドボード、すのこ、フットボード、サイドフレームと細かくパーツごとに解体が可能です。引っ越しなどでベッドを移動しないといけない場合、ベッドはサイズが大きいため心配とお考えの場合も問題ありません。パーツの分解が細かくできるため、搬出搬入は比較的スムーズに行うことができるでしょう。

部屋の中でも面積を占める大きいベッドですが、最初はパーツごとに細かく分かれており、搬入搬出しやすい構造となっています。

引っ越ししたあと、ベッドを再度組み立てなおす場合は、組立説明書を確認しながら作業を行えば元通りになります。

おすすめコラム

  • 【特集】a.flatのベッド修理・パーツの組み替えサービス
    【特集】a.flatのベッド修理・パーツの組み替えサービス

    a.flatではベッドフレームやすのこの破損の修理サービスや部品の紛失や破損にも対応しておりますので、長く安心してベッドを使用できます。また、a.flatのベッドはデザイン・高さ・長さ・奥行が異なるヘッドボードにも組み替えができるので、お引越しなどで間取りやお部屋の空間・模様替えをする際にも選択肢が広がります。a.flatでは、ご購入後も安心できる修理サービスとライフスタイルに合わせたパーツの組み替えができるアフターサービスをご用意しております。

目的・予算から選べるa.flatの一人暮らし向けマットレス

ベッド同様、マットレスにも種類があります。内部構造によって変わる寝心地や、厚みによって変わる見た目のデザインなどタイプは多様です。いくつもの種類がある中で、自分にとってどのマットレスがいいか悩んでしまう方も少なくないはず。目的や予算を明確すると、暮らしにあったマットレスを見つけられるでしょう。ここからは、a.flatが一人暮らしにおすすめするマットレスを特徴別にご案内します。

部屋を広く見せて布団感覚で使える「ウレタンマットレス」

8㎝という厚みが特徴的なウレタンマットレスは、コイルマットレスに比べ高さが抑えられているため、ローベッドと相性がよく部屋を開放的に見せてくれます。そのため、一人暮らしの部屋をできるだけ広く見せたいという方におすすめのマットレスです。また寝心地としては、コイルが使われていない分適度な硬さが特徴的。布団が好みの方や少し硬めの寝心地を求められる方に丁度よいでしょう。

厚みはたった8㎝ですが、内部構造は上側にソフトウレタン、下側にハードウレタンの二層構造になっています。ソフトウレタンが体のカーブにフィットし、ハードウレタンがしっかりと体をサポートします。

ウレタンマットレスはローベッドと相性がよく、圧迫感なくレイアウトできるため部屋に開放感を演出します。ワンルームやコンパクトな寝室を広く見せるため、見た目にこだわりたい方におすすめです。

厚さ・耐久性があってコスパもよい「ボンネルスプリングマットレス」

ボンネルスプリングマットレスは、らせん状のボンネルスプリングコイルが連結し、「面」で体をしっかりと支えるベーシックなタイプのマットレスです。連結構造のため、腰や頭などをポイントに一点にかかる荷重を周りのスプリングコイルが同時にサポートしてくれるため、安定感のある寝心地を確保できます。一つ一つのコイルが独立した構造のポケットコイルマットレスに比べ価格も抑えられ、コスパ重視の方におすすめです。

全てのコイルが連結している構造のため、耐久性がよく長持ちするのが特徴の一つ。弾力性があり、パーツによる身体の沈み込みがないため、筋肉質の方やアスリート体型の方にもおすすめです。

マットレスの内部はスプリングコイルの上部にフェルト+ウレタン+綿(テイジンテトロン)と複数の素材が重なった仕様となっています。断熱性や、クッション性にも優れた構造です。

寝心地重視で選びたい方にもおすすめの「ポケットコイルマットレス」

スプリングコイルが一つ一つ独立した構造のポケットコイルマットレスは、快眠を叶える条件の一つ、「体圧分散性」に優れています。身体の一点にかかる負荷を分散させ、心地よい睡眠を実現する構造のため、寝心地重視でマットレスを選びたい方におすすめです。素材には抗菌・防ダニ加工を施しているため、アレルギーでお悩みの方でも安心してご使用いただけます。

コイルが一つ一つ独立した構造のポケットコイルマットレス。肩やお尻は適度に沈み、背中や腰は沈みすぎないよう身体をサポートしてくれるため、寝ている間に身体の疲れを癒してくれるでしょう。

マットレス内部に湿気が溜まり過ぎないように、マットレスの側面にベンチレーター(通気口)も設けられています。疲れた身体を癒す上質な睡眠を叶えるマットレスです。

快眠にこだわる方に最適な「プレミアムタイプ」と「プラチナタイプ」

見た目やコスパより、寝心地だけにこだわりたいという方には、他のマットレスに比べより上質な体圧分散性や理想の寝姿勢を叶える「プレミアム・ポケットコイル・マットレス」と「プラチナ・ダブルスプリング・マットレス」がおすすめです。寝ている間に日々の疲れを癒す、質のよい睡眠を実現できます。

【プレミアム・ポケットコイル・マットレス】

一般的なマットレスよりも伸縮性が高く、クッション性に長けたプレミアム・ポケットコイル・マットレス。表面の生地にはキルティング加工を施しており、マットレス内部の綿の片寄りを防ぎ、耐久性が増すので、より長くお使いいただけます。

プレミアム・ポケットコイル・マットレスは、標準タイプのポケットコイルに比べ、コイルスプリングの高さが1インチ(25mm)高い仕様です。体圧分散性もしっかりと確保されており、上質な睡眠と寝心地を実現してくれます。

【プラチナ・ダブルスプリング・マットレス】

一流ホテルで採用されているマットレスと同じ構造のプラチナ・ダブルスプリング・マットレス。名前の通り内部のスプリングコイルが二層構造になっており、最上級の体圧分散性を実現します。寝心地にとことんこだわりたい方におすすめです。

独立したコイルスプリング1つ1つが「点」となって体を支える上層のポケットコイルと、連結した下層のボンネルスプリングの二層構造。大きな空気層を形成する内部構造のため、夏は断熱効果、冬は寒気を防いでくれるなど、適度な温度調整にも優れています。

マットレストッパーで寝心地を調整しやすい詰め物の薄さ

マットレストッパーとは、使用中のマットレスの上に重ねて使用するサポート寝具を指します。好みに合わせて寝心地を調整したり、マットレス自体の耐久性を保つ役割を担うマットレストッパー。マットレスを購入したあと、使ってみると身体に合わなかった、などという問題を解決するだけでなく、使用中のマットレスを高級マットレスのような寝心地のよさにグレードアップさせることが可能です。

一人暮らしに合わせて見た目やコスパで選んだマットレスが、実際に使い始めると身体に合わなかったり、経年劣化によってへたってしまうなどという心配も問題ありません。厚みはないものの、素材の豊富さから低反発や高反発のものなど様々な種類があり、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

一人暮らしのベッド周りをおしゃれに見せるインテリア

ベッドフレームとマットレスを決定したら、最後にベッド周りをおしゃれに魅せるインテリアを選びましょう。ワンルームや寝室は四方を壁に囲まれており、広さも比較的コンパクトなため、ベッド周りのインテリアを充実させることで空間をおしゃれにコーディネートできます。簡単にカラーを取り入れられるベッドスプレッドやスロー、就寝時に癒し効果を演出する間接照明をご紹介します。

機能面とデザイン性を兼ね備えたベッドスプレッド&スロー

装飾アイテムとして人気のベッドスプレッドやスローは、布団の上に掛けるだけで空間をおしゃれに彩ります。布団だけの場合シンプルなイメージにとどまってしまいますが、好きな色をチョイスしてカラーコーディネートすると自分好みのおしゃれな雰囲気を作り出すことが可能です。ベッド全体を覆うベッドカバーと違い、ベッドの一部分のみを覆い被すサイズ感のため極端な存在感も感じさせず、取り入れやすさも抜群です。

ベッドスプレッド

掛け布団の上から覆うように敷いて使うベッドスプレッド。腰から脚元を中心としたベッドの半分程度のサイズで作られています。リゾートホテルなどでもよく使用されており、ベッド周りの雰囲気をおしゃれに一変させるインテリア性の高さが魅力です。

ベッドスロー

ベッドスプレッドと違い、ベッドの脚元部分のみを覆いかぶすサイズのベッドスロー。室内でも靴を履く欧米から根付いたアイテムで、元々は靴を履いたままでもベッドに寝転べるよう作られたものでした。現在はベッドスプレッド同様装飾用に使用されることが多く、サイズの小さい手軽さが人気となっています。

  • ベッドスプレッド&スローで変わるイメージ例

ベッドスプレッド&スローのないベッドイメージ。落ち着きを感じるものの、単調な印象を抱きます。

ベッドスプレッド&スローを使用したイメージ。色を取り入れたことで、華やかな印象になりました。

間接照明でベッド周りを癒しの空間に

ベッド周りを優しい光で包み込み、癒しの空間を演出する間接照明。寝る前のリラックスタイムに欠かせない手元灯としての役割だけんでなく、部屋におしゃれなイメージを与えてくれるおすすめのインテリアアイテムです。こだわりのおしゃれな間接照明を選び、ベッドを更に居心地のよいスペースにしてみましょう。

間接照明で空間の癒し効果を高めるためには、「デザイン」と「光の色」が重要です。天然木や和紙、麻材などの自然素材を使った間接照明はデザイン性が高く、部屋をおしゃれに装飾します。光の色は、リラックス効果を高める作用のある暖色系がおすすめ。素材の落ち着いた風合いと、温かみのある光が掛け合わさった照明がベッド周りをおしゃれに魅せてくれるでしょう。

【ベッド周りにおすすめの間接照明一覧】

おすすめコラム

  • 理想の寝室を叶えるリラクシーな空間づくり
    理想の寝室を叶えるリラクシーな空間づくり

    日々の疲れを癒す寝室。毎日の暮らしを体調良く過ごすためには、しっかりと疲れを取る寛ぎの寝室が必要不可欠です。理想の寝室を叶える空間づくりには、ベッドやマットレス選びからインテリアコーディネートまで、様々な要素が存在します。そこで今回は、その中から寛ぎのある寝室を叶えるためのベッド選びやコーディネートのポイントなど、理想の寝室をつくる方法を紹介します。

【間取り別】快適&おしゃれな空間を実現した一人暮らしのベッド実例

ここからは、これまで紹介したベッドやインテリアを使ったベッドルームのコーディネート実例を間取り別にご紹介します。一人暮らしをしている部屋のベッドのサイズやコーディネート方法に悩んでいる方は、自宅の間取りに近い実例を見つけ、レイアウトの参考にしてみてください。

一人暮らし(ワンルーム・1K)のベッド実例

【ワンルーム6畳】ロースタイルが部屋を広く見せるベッド実例

開放感を重視し、6畳の空間にローベッドをレイアウトしたコーディネート実例。床に近いロースタイルのベッドが天井までの空間に余裕を生み、限られたスペースを広く見せています。布団でなくベッドにすることで床との高低差が現れ、立体感も演出。ソファの代わりに簡単に腰掛け寛ぎスペースとしても活用できるでしょう。

寛ぎスペースはローベッドに合わせ、座椅子やローテーブルなど高さが抑えられた低めの家具をチョイスすると、インテリア全体にまとまりが生まれ統一感のある部屋になります。

6畳と限られた空間ながら、圧迫感を一切感じさせないロースタイルのベッドや家具。日本人にとって馴染み深い床に近い生活が居心地よく、毎日をリラックスして過ごせるはずです。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

【ワンルーム6畳】限られた空間に自然素材の温もりを演出するベッド実例

6畳にシングルベッドとコンパクトソファをレイアウトしたコーディネート実例。部屋の広さに合ったサイズを選び配置することで窮屈さを感じさせずゆとりのある空間に仕上がっています。無垢材の温もり溢れるベッドとウォーターヒヤシンスが編み込まれたソファが、部屋に自然素材独特の柔らかい印象を与えています。

ベッドやソファは大きな家具ですが、ライフスタイルの変化に対応できるアイテムのため、引っ越し後もパーツなどを追加して拡張することができ、長く使うことができます。

ソファのアーム部分にもたれかかると、写真のようにベッドに背を向けるようにしてリラックス可能です。このように就寝スペースと寛ぎスペースをしっかり分け隔てると、メリハリの効いた暮らしが叶います。

関連メニュー

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜のページです。ラン・コンパクトソファは、一人暮らしのワンルームから、二人暮らしやファミリーのマンション・戸建てのリビングまで、幅広くご利用頂ける「万能なソファ」です。また、リビングでローテーブルと合わせたり、食事も可能なソファダイニングとして使うこともできます。そんな暮らしの幅を広げて、永く寄り添ってくれるラン・コンパクトソファの魅力について、ご紹介させて頂きます。

【ワンルーム7~8畳】デザイン性と機能性を兼ね備えたベッド実例

ベッドフレームのダークブラウンカラーが部屋に落ち着いた印象を与えているコーディネート実例。おしゃれなデザイン性はもちろん、マットレス下に収納機能が付属された機能面も兼ね備えたベッドのため、空間を無駄なく活用することができます。収納スペースを多く確保したい方におすすめのベッドレイアウトです。

持ち物が多い場合、収納スペースに困ってしまいます。一人暮らしの部屋は収納スペースに限りがあるためスペースをできるだけ無駄なく使いたいもの。そんな時は、収納機能付きベッドが便利でしょう。

収納機能が充実したベッドは、寝る場所兼キャビネットとして使うことができます。部屋の中に無理に収納家具を配置する必要がないため、開放感を確保しながら快適な暮らしを実現することが可能です。

おすすめコラム

  • 快適な寝室を叶えるおしゃれな収納棚の選び方
    快適な寝室を叶えるおしゃれな収納棚の選び方

    日々の疲れを癒してくれる寝室。収納などを使って整理整頓されていることで、居心地の良い寝室づくりが叶います。しかし、収納棚が少なく洋服や物が、なかなか片付かずに困る事なども多いのではないでしょうか。限られた空間の寝室では収納スペースの作り方が大事です。そこで、このコラムでは寝室に取り入れるおしゃれな収納棚の選び方をご紹介します。

【ワンルーム10畳】アジアンリゾートの情緒が漂うベッド実例

天然素材の温もりと上品なカラーコーディネートが相まった、アジアンリゾートの情緒が漂うコーディネート実例。仕事や学校終わり、一人で暮らすプライベート空間でリラックスして過ごしたい方におすすめです。10畳ほどのワンルームになるとセミダブルサイズでも余裕をもって配置でき、動線もゆったりと確保できています。

ベッドを空間の一番奥側にレイアウトし、部屋の手前側からバルコニーに向かって心地よい風が吹き抜けるような抜け感を意識して配置しています。

好みのカラーのベッドスプレッドやソファの上に置いたクッションをアクセントとして取り入れることで、空間をさらにおしゃれに彩ってくれるでしょう。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし
    【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をアジアンリゾートのような非日常感や深い寛ぎ感のあるインテリア・家具でコーディネートした実例をご紹介します。パープル・グリーン・柄物などアジアンインテリア特有のオリエンタルな色使いの方法、自然のエネルギーを纏った風合いのある家具選びなど、一人暮らしというコンパクトなスペースでもアジアンインテリアを存分に楽しむためのポイントを是非参考になさってください。

【ワンルーム12畳】大人の落ち着いた雰囲気溢れるベッド実例

ベッドやソファなど、空間全体を低めの家具でまとめたコーディネート実例。部屋の手前側から空間の隅々までをある程度見渡せるようなロースタイルならではのレイアウトは圧迫感がなく、海のような開放感を感じながらリラックスして過ごせることでしょう。ベッドのヘッドボードはおしゃれなルーバーデザインで、横ラインがさらに部屋に奥行き感を演出しています。

大人っぽい部屋にコーディネートしたい場合、重厚感感じるロースタイルの家具を中心にレイアウトしたり、カラーを統一させることで落ち着いた印象にまとめられるためおすすめです。

テレビボードやキャビネットは、ベッドのヘッドボードに合わせて横ラインのデザインをチョイス。水平線のようなデザインが、一人暮らしの空間に海のようなリラックスムード溢れる雰囲気をもたらしています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

一人暮らし(1LDK・寝室)のベッド実例

【LD8畳+寝室4.5畳】オレンジカラーが明るく朗らかなベッド実例

天然の無垢材とオレンジカラーが調和し、温かみを感じる部屋に彩られたコーディネート実例。オレンジカラーはエネルギーと開放感を感じさせる色とされており、明るく朗らかな印象を部屋に与えます。寝室はコンパクトな空間かつ四方を壁に囲まれているため、カラーコーディネートが難しく感じることがありますが、ベッドスプレッドやベッドスローを好みのカラーで取り入れることで、理想の空間に演出できおすすめです。

リビングの奥側に寝室がある間取りでは、スムーズに移動できるようゆとりを持った生活動線の確保が重要です。そのため、部屋に置く家具のサイズなども事前にしっかりと検討しましょう。

家具のサイズを意識して圧迫感の出ないようレイアウトするとよいでしょう。また、部屋のテーマカラーを決めて統一感を重視することで、一体感のある空間に仕上がります。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート

    一人暮らしのコンパクトな部屋(ワンルーム ・1LDK)を華やかに魅せてくれるハワイアンなインテリアコーディネート。ハワイで眺める美しいサンセットの情景やカラフルな花々をイメージした、レッド・オレンジ・イエローのインテリアコーディネートを、一人暮らしの部屋で人気のワンルームと1LDKの2つの間取りでご紹介します。

【LD9畳+寝室3畳】無垢材の温もりが自然を連想させるベッド実例

木の温もりがふんだんに溢れるベッドに自然を連想させるグリーンカラーのベッドスプレッドを合わせたコーディネート実例。寝室の広さに限りがあり配置できる家具がベッドだけの場合、このように寝具でカラーを取り入れることでおしゃれに演出できます。リラックス効果のあるグリーンカラーは、寝室にぴったりのカラーと言えるでしょう。

寝室のサイズをしっかりと採寸し、空間にぴったりおさまるよう広々と寝られるセミダブルサイズをレイアウトした例。

「ハワイの美しい自然」をテーマにコーディネートされたお部屋は、自然素材を使った家具を中心にレイアウトされ、開放的な気持ちよさが溢れています。

おすすめコラム

【LD10畳+寝室6畳】和モダンの風情感じるベッド実例

和モダンをテーマにローベッドで日本ならではの風情を漂わせたコーディネート実例。6畳とゆったりとした寝室ながら、ロースタイルならではの開放感と落ち着きが感じられる、日本人にとって馴染み深い和の要素を取り入れたホッと一息つけるような寝室となっています。

カラーは雲や霧を連想させる無彩色でまとめ、和モダンならではの静寂な雰囲気が部屋を包み込みこみ、リラックスして就寝することができるでしょう。

ベッドサイドに間接照明などを置くと、温もり溢れる光が空間を照らし、雰囲気を更に演出します。ローベッドに合わせた低めの照明がおすすめです。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

【LD9畳+寝室4.5畳】空間を有効活用できる収納スペース付きのベッド実例

収納機能が充実したベッドを選び、空間を有効活用したコーディネート実例。1LDKの場合は収納力が限られますが、マットレス下に収納機能が付いたベッドはデッドスペースを生まず空間を無駄なく使用可能です。ヘッドボードにも小物やスマホを置けるスペースがあり、就寝前もベッドの上で快適にすごすことができるでしょう。

全体的にマリンブルーカラーで統一されており、爽やかな清涼感を感じられるコーディネートとなっています。全ての動線を60㎝以上確保し、圧迫感のない快適性を意識しレイイアウトされました。

ベッドスペースには扉がありませんが、おしゃれなパーテーションを活用することで目線を遮られ、寝室とリビングをしっかりと分け隔てることができています。リラックスして就寝できるでしょう。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート
    【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート

    自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりと多様な使い方が出来る書斎・ワークスペース。こだわりのインテリアも表現しやすい空間です。書斎専用の部屋を確保することが難しくても、リビングやダイニング・寝室にワークスペースを設けて、憧れの書斎インテリアを取り入れることが出来ます。今回は、1LDKのリビングに書斎・ワークスペースを取り入れたマリンブルーの爽やかなインテリアでコーディネートされたお客様実例をご紹介致します。

【LD10畳+寝室6畳】圧迫感を無くし心身ともにリラックスできるベッド実例

ルーバーデザインがおしゃれな上品な風合いのベッドをレイアウトしたコーディネート実例。低めの家具は部屋を開放的にみせるため、日々の疲れを癒すようなリラックスムードを演出したい場合におすすめです。ブラウンカラーに濃い目のブルーカラーが惹き立ち、まとまりのある空間に仕上がっています。

寝室6畳の場合セミダブルやダブルが配置可能。ゆったりと就寝可能です。また、部屋の空いたスペースに収納棚やデスクを配置する余裕もあります。

ブルーカラーは鎮静色と呼ばれ気持ちを静めるリラックス効果があるため、ロースタイルの家具の開放感と相まって、落ち着いた雰囲気を作ります。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

3Dコーディネートサービスで一人暮らしを快適にするベッドを探す

「自分の部屋に合うベッドのサイズが分からない」「快適に暮らせるよう配置を検討したい」等、インテリアコーディネートでお悩みがある方に是非ご利用頂きたいのがa.flatのマイルーム3Dコーディネートサービスです。ご自宅の図面をもとに、a.flatの各店舗で実際に展示しているベッドや家具、カラーサンプルをご覧頂きながら、最適なインテリアコーディネートをご提案をさせて頂きます。

ベッドのある暮らしが叶うa.flatの3Dコーディネートサービス

3Dコーディネートサービスでは、今お住まいの部屋やこれから住まれる部屋の形やサイズに合わせて、ベッドを中心とした家具やカラーを立体的に確認することができます。サイズの大きいベッドですが、購入前にレイアウトやカラーコーディネート、生活動線をしっかり確認することで、無理のない生活環境を整えることができ、快適な生活環境を叶えられます。

3Dコーディネートサービスの流れ

3Dコーディネートサービスをご希望の場合は、お住まいのお部屋の図面を各店舗にお持ち込みください。実際のお部屋の形や、床・壁の色を再現して3Dイメージを作成します。普段の部屋での過ごし方や、理想の暮らしをお伺いしながら、お客様にとってぴったりのコーディネートをご提案させて頂きます。

【STEP.1】
店舗にお持ち頂いた図面を元に、インテリアの専門知識を持ったスタッフが2Dイメージを作成します。お部屋の床や壁、建具の色などもお伝えいただければ、実物に近い形で作成が可能です。

【STEP.2】
2Dイメージ上で、検討中のベッドを配置します。部屋の動線を防がないよう意識しながら、少し大きいサイズのベッドを試したり、他の家具のレイアウトを検討頂けます。

【STEP.3】
ベッドや他の家具のレイアウトができたら、3Dイメージで全体像を確認します。実際の部屋を歩く際の目線の高さから確認ができます。動線が狭くないか、無理な配置になっていないかなどをチェックしましょう。

【STEP.4】
ベッドのサイズやレイアウトイメージが固まったら、カラーコーディネートを検討します。ベッドスプレッドやスローを好みのカラーで試してみたり、空いたスペースに間接照明なども置いてみましょう。

【STEP.5】
最後に、3Dイメージの中で部屋を移動したり、目線の高さを変えるなどして、様々な角度から部屋のコーディネートを確認します。実際の生活を具体的かつ細かく想像することが可能です。

関連メニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • マイルーム 〜3Dシミュレーション〜

    マイルーム 〜3Dシミュレーション〜のページです。お気に入りの商品をお部屋にレイアウトして3Dシミュレーションをする事ができます。(無料)ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しておます。

a.flatの実店舗でベッドの寝心地やデザインを確認する

a.flatの各店舗には、今回のコラムでご紹介したベッドやマットレスを中心に、様々な家具やカラーサンプルが展示されています。実際にデザインや使い勝手を確認したり、マットレスに寝転んでいただくなどして、理想の就寝スペースを叶えるベッドを見つけてみてください。

a.flatの各店舗で展示されているベッドは全て、実際に寝転ぶなどして試して頂くことができます。ベッドフレームは見た目のデザインや機能面、マットレスはリアルな寝心地を体感いただき、自分にあったベッドを選んでいただくことが可能です。

ベッドに必要な寝具や、ベッドスプレッドやスロー用にカラーサンプルのご用意も充実しているため、実際に手にとったり目で見て検討して頂くことが可能です。部屋の雰囲気を想像しながら、理想の暮らしを実現しましょう。

a.flatの各店舗、ネットショップには、家具・インテリアの専門知識を持ったアドバイザーが在籍しています。ご要望をヒヤリングさせて頂きながら、お客様にとって快適な暮らしを叶える理想的な家具やカラーコーディネートをご案内・ご提案致しますので、是非お気軽にお声掛け下さい。

a.flatの店舗一覧

a.flat大阪梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 なし
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

まとめ

今回のコラムでは、一人暮らしにおすすめのベッドやマットレスについて、それぞれの特徴を比較しながらご紹介しました。部屋の形やサイズを確認し、自分にとっての理想の暮らしをイメージしながら、快適な一人暮らしを叶えるベッドを見つけるための参考になれば幸いです。寝心地よく使いやすいおしゃれなベッドを選んで、心身ともにリラックスできる就寝生活を実現しましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、a.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
a.flatスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.