• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

ベッドに背もたれはいる・いらない?~ヘッドボードを後付けもできるおすすめベッド紹介~

ベッドに背もたれはいる・いらない?~ヘッドボードを後付けもできるおすすめベッド紹介~

ベッドと言えば、「背もたれにもなるヘッドボードが付いている」とイメージする方がほとんどかもしれませんが、ヘッドボードと一口に言っても実は様々な形があります。このコラムではベッドにはヘッドボードが必要なのか、背もたれ有り・無しの選び方や実例もご紹介しますので、是非参考になさってください。

ベッドのヘッドボードの役割と有り無しのメリット

ベッドにはヘッドボードが付いている種類が多く、ホテルやモデルルームでもヘッドボードがあるタイプをよく見かけるかと思います。ヘッドボードとは何の役割があるのか、有り無しのメリットをご覧ください。

ベッドのヘッドボードとは?

ヘッドボードとは、ベッドの頭側についている板のことで、様々な種類と特徴があります。そもそもヘッドボードが無いタイプや後付けできるタイプもあるため、それぞれにおける部屋の印象が大きく変わることも。まずは、ヘッドボードの役割から確認していきましょう。

ベッドのヘッドボードの役割

例えばソファは「寛ぐ」、ダイニングテーブルには「食事」など、家具にはそれぞれに生活をする上での役割があります。ベッドは「休息」を役割としており、日々の疲れを癒す生活の中では欠かせない家具の1つです。

休息の時間を快適に変えるヘッドボード

眠る前に読んだ本や目覚まし時計を置ける収納棚になっているものや、照明器具を組み込んだものもあります。

デザイン性・背もたれ・収納力・機能性について、ヘッドボードによって変わるのでまずは、ヘッドボード有り無しのメリットを確認していきましょう。

ベッドにヘッドボードが有るメリット

ヘッドボードは背もたれとしても使える

部屋の印象を変えるヘッドボードのデザイン性

収納付きヘッドボードは手が届く範囲に物を置ける

枕元に壁や窓ではなくヘッドボードがある安心感

ベッドにヘッドボードが無いメリット

場所を取らず狭い部屋にも起きやすい

壁が広く見えてすっきりする

ベッドの存在感を軽減させる

大きなパーツが減るので搬入しやすい

後付けができるヘッドボードタイプのベッドだと、その時のライフスタイルや部屋の広さによって合わせられるため、便利です。ベッドを購入するときはヘッドボードが後付けできるかも確認しましょう。

ヘッドボードを背もたれとしても使いやすいベッドの種類

ヘッドボード付きベッドには様々なメリットがありますが、中でも「背もたれ」として活用したい方が多いよう です。背もたれにもなるヘッドボードには、どのような種類があるのかご確認ください。

シンプルなパネルタイプのヘッドボード

背もたれになる傾斜が付いたタイプ

ヘッドボードが直角ではなく、少し傾斜あり、もたれかかりやすくなっています。

ソファのように、ファブリック素材の傾斜付きヘッドボードや、木材の傾斜付きヘッドボードなど、タイプは様々あり、部屋のテイストに合わせて選ぶこともできます。

手が届く場所に物が置ける収納付きタイプ

収納力が多い棚付きタイプ

ベッド下に引き出しなど収納力のあるベッドは多いですが、ヘッドボードにまで収納があるとティッシュやメガネ、リモコン、本なども収納できます。

ヘッドボードに寄り掛かったまま、手に届く距離に物を置けてとても便利でしょう。

ヘッドボードに寄りかかりやすくするクッション

ベッド周りにクッションがあれば、ベッドや壁の間に挟んで寄りかかる際にもくつろぎやすくなり、膝の上に置いてパソコン作業をしたり、腕を休めたりもしやすくなるでしょう。

クッション性のあるヘッドボード

寝る時だけでなく日中もベッドの上で過ごしたい方にもおすすめのクッション性があるヘッドボードのベッド。背あたりが柔らかいため、まるでソファのようなボリューム感が味わえます。

ただし収納やコンセントの機能などが無いタイプが多いため機能性重視の方は注意が必要です。

後付けの背もたれをプラスしやすい脚付きマットレス

ヘッドボードが無く、マットレスの底面にある土台に脚を付けられるタイプのベッドです。

とてもシンプルな作りなため、脚付きマットレスだけではインテリア性が損なわれてしまいますが、後付けの背もたれをプラスしやすいため様々なインテリアテイストに挑戦しやすいでしょう。

マットレス上の枕元に置ける(自立式)背もたれ用クッション

ヘッドボードが無くても、壁付けをしておくことで、壁を背もたれとして寛げます。その際には、自立式の背もたれ用クッションを使用すると、一層寛ぎやすくなるでしょう。

マットレスの枕元(床)に置ける後付けヘッドボード

ベッドのヘッドボードは、フレームの一部として作られているものが一般的ですが、後付けできるように、ヘッドボード単品で商品化されているものもあります。床に置いて後付けできるヘッドボードでも快適な背もたれとして活躍するでしょう。

ベッドのヘッドボード・背もたれの有り無しの選び方

ここまで様々なタイプのヘッドボードをご紹介致しました。では実際に「自分に合ったヘッドボードを見つける」ためには、どのようなことをポイントに選ぶと良いのか悩みますよね。

ここからは、自分に合ったヘッドボードを見つけるための選び方を5つご紹介します。

【1】就寝前の過ごし方に合わせて背もたれ有りを選ぶ

眠りにつく前、どのように過ごされていますか?「本を読む」「今日の出来事を記録する」「寝転びながらタブレットで映画を見る」等、人によって過ごし方は違います。

まずは、どのように過ごされているか思い返し、より快適に過ごせるためのヘッドボードを探してみましょう。

読書や映画・ドラマを見る方は背もたれ付き

テレワーク等、家の中で過ごす時間が多い方は特に、少しの休憩時間などには、ベッドの上で読書をされるかもしれません。

傾斜付きのヘッドボードはもたれやすく、座りながらテレビを見たり、読書もしやすくなります。また、読んだ本を置く収納があると便利です。

スマホやタブレット、パソコンを操作する方はコンセント付き

就寝前にスマホやタブレット、パソコンなどで映画を見たり、SNSをチェックするのも1日の大切な時間ですよね。

そんな方には、充電がすぐにできるコンセント付きがお勧めです。コードが散らからず、すっきりした枕周りになります。

就寝前にハンドケアをする方やメガネを外す方は収納付き

眠る前は身支度が多いものです。ベッドに入る直前にハンドケアをしたり、メガネを外すなど、細かいものを使用する方も多いでしょう。

ヘッドボードに物が置きやすい収納や照明が付いているタイプが便利です。夜のルーティンが一段と快適になります。

【2】ヘッドボード・背もたれ有りの素材・デザインで選ぶ

お部屋の印象を左右する「ヘッドボード」。インテリアコーディネートのテイストに合ったヘッドボードを選ぶことで、統一感があり居心地のいい部屋になります。

ベッド以外の家具との相性を見ながら、自分に合ったヘッドボードの素材・デザインを選びましょう。

温かみがあり他の家具に馴染みやすい無垢材

無垢材のヘッドボードは存在感と安心感を与え、温かみあるコーディネートになります。

グリーンやブラウンなどの色味は無垢材とも相性が良く、人気のコーディネートです。

スタイリッシュでかっこいいアイアン素材

細い鉄の素材を使って、曲線も入れながらスタイリッシュな印象のアイアンのヘッドボード。

硬い素材の照明や、同じアイアンで揃えたサイドテーブルなど置くとスタイリッシュな空間を作り上げることができます。

柔らかい肌触りでクッション性のあるファブリック素材

クッション性のあるファブリック素材は、あたりが柔らかなため、ヘッドボードにもたれてソファのように寛ぐことができます。

カラーバリエーションも多いファブリックをヘッドボードにすることで好みの色に合わせて選べます。

おしゃれで高級感を感じるレザー

レザーは、ファブリックと違ったレザー独特の光沢感と重厚感からラグジュアリーなイメージがあり、人気の素材です。

ヘッドボードに使用することで寝室を高級感ある印象に演出してくれるでしょう。背もたれに使用する時はクッションを使用すると冷たさを感じず快適に。

【3】後付けができるヘッドボード有りを選ぶ

ヘッドボードはベッドのフレームに付いているイメージがある方も多いですが、最近ではヘッドボードを後付けできるように、ヘッドボード単品が商品化されているベッドもあります。タイプは「組み替え型」と床に置く「置き型」があります。それぞれどのようなものか確認していきましょう。

組み替えの後付けヘッドボード

組み替えが可能なヘッドボードとは、頭側のパーツが外れてお好みのヘッドボードに変えられるタイプです。気分転換やレイアウト替えで大きさや形を変えたい時に大変便利なことから人気があります。パーツが分かれている組立タイプのベッドが多く、引越しや狭い通路でも搬入が可能なため、安心です。

  • ヘッドボード組み替え作業のイメージ

ベッドフレームの元についていた頭側パーツを外します。

合わせたいヘッドボードと交換して組み立てます。

ヘッドボードが付き、存在感を出せました。

関連コラム

  • 【特集】組み立て式ベッドの選び方~搬入がスムースで簡単に一人で組み立てられる~
    【特集】組み立て式ベッドの選び方~搬入がスムースで簡単に一人で組み立てられる~

    組み立て式ベッドの選び方には、構造、組立サービス、メンテナンスサービス、デザイン性の、確認すべき4つの重要ポイントがあります。それらのポイントをおさえれば、搬入がスムースで、一人で簡単に組み立てられるベッドを選ぶことができるでしょう。また、それら4つのポイントをすべて備えているa.flatの組み立て式ベッドや、一人で組み立てする時のコツもご紹介します。

置き型の後付けヘッドボード

奥行きがある自立式のヘッドボードをマットレスに付けて置くタイプや、マットレスの上に直接乗せて置くタイプがあります。

引っ越しの際に付けたしたい時や、模様替えの時には、ベッドフレーム全てを買い替えるのではなく、イメージに合ったデザインのヘッドボードを置くだけなので簡単に後付けをしてインテリアテイストを楽しむことができるでしょう。

【4】部屋の開放感を重視して背もたれ無しを選ぶ

寝室はリビングダイニングに比べてコンパクトな部屋が多く、窓や収納があり、ヘッドボードを置くと圧迫感を与えてしまうこともあります。ヘッドボードの高さ×部屋の間取りはバランスの良いものを選ぶためには、何をポイントにすれば良いか紹介していきます。

腰窓にかからない高さのヘッドボード

写真のようにヘッドボードはあるけど背もたれにならない高さのベッドは、壁にフリースペースを作り圧迫感を与えないことと、窓からの光を遮断してしまう心配や、カーテンがあたってしまう心配もありません。

大変すっきりした印象となり、部屋を広く見せてくれるだけではなく、省スペースなためコンパクトなお部屋におすすめで、価格も控えめです。

  • 部屋に開放感を与えるヘッドボードなしのベッド

ヘッドボード高さ485mm
一般的なベッドより300mm以上も低いヘッドボードです。

ヘッドボード高さ300mm
厚み80mmのウレタン系マットレス対応タイプ。

ヘッドボード高さ180mm
どのような窓にもサイズが合い、すっきり見せることができます。

背もたれとして使用したい、また、インテリア性を上げるため、デザイン性のあるヘッドボードが付いたベッドを選びたい場合は、脚が無いロータイプのベッドを選ぶことで圧迫感が軽減されます。

写真のような、ヘッドボードがあっても、マットレスとほぼ同じ高さのタイプは、すっきり見せることができるのでおすすめです。

コンパクトな部屋ですっきり見える背もたれ無しのベッド

一般的なヘッドボードは、ソファよりも高いタイプをよく見かけるかと思います。収納がしっかりあって便利ですが、すこし窮屈に見える場合も。

そんな時にはロースタイル且つ、スタイリッシュなデザインの物を選ぶと、コンパクトな部屋でもすっきり見せることが叶います。

背もたれ付きでもすっきり見せるローベッド

もし、背もたれのあるベッドを腰窓の下に置いて、開放感も取り入れたい時は「マットレス落とし込み式」のローベッドがおすすめです。

ヘッドボードの高さは床から540mmのため、腰窓のカーテンとも干渉せず、寝室を開放的に見せつつ背もたれのあるベッドライフも楽しめるでしょう。

【5】部屋の生活動線を優先して背もたれ無しを選ぶ

リビングダイニングと比べてコンパクトな部屋の寝室。クローゼットを開ける時や掃き出し窓へ行くときなど、ベッド周りのスペースを空けて、生活動線を確保したいものです。ヘッドボードは厚みが出るためベッド自体が大きくなることも。なるべくコンパクトに置きたい時には背もたれ無しのベッドがおすすめです。

ヘッドボードが無い分狭い部屋にも置きやすい

背もたれ有りのベッド例(奥行217cm)

背もたれ無しのベッド例(奥行195cm)

  • 背もたれが無いベッドを配置したイメージ

6畳の寝室にクイーンサイズのベッドをレイアウトしたイメージです。

背もたれが無い分、足元側にフリースペースができ、クローゼットから衣類などが取り出しやすくなりました。

4畳の部屋にシングルサイズのベッドを置いたイメージです。

マットレスに足が付いたタイプのベッドであれば、スペースが200cmでも配置が可能です。背もたれクッションを置くことで一層快適な空間になるでしょう。

生活動線が取れて掃除がしやすくなる

また、生活動線が取れることでメリットになるのは、日々の掃除を行う時です。

狭いスペースを掃除するのは困難ですが、ある程度のスペースがあると掃除機も入りやすく掃除がしやすくなります。

ヘッドボード・背もたれ有りのおすすめベッド紹介

ベッドのヘッドボードは背もたれとしても活躍し、就寝前の時間を快適にしながら過ごし方の幅を広げます。その理由から、背もたれ有りのベッドを選ぶ方も多いでしょう。

この章では背もたれ有りのベッドを、それぞれの魅力と共にご紹介致します。

背もたれにしやすく機能性があるヘッドボードのベッド

眠る前には、読書やスマホを見たり、眠る前までテレビを見たりなど様々な過ごし方が有りますが、どのようなときでもヘッドボードが有ることで、背もたれや物を収納する棚としても活躍します。

背もたれとして使用しやすいヘッドボードや、収納に特化したヘッドボードもありますので、ベッドの特長を確認してみましょう。

背もたれにしても安心な無垢材を採用したベッド

ヘッドボードに用いた重厚感ある無垢材が、背もたれとして体重を預けやすく、安心して使用できます。木特有の優しい手触りにも癒されながら就寝前の時間を過ごせることでしょう。

無垢材を贅沢に使用しているため「木の癒しを感じる暮らし」が叶うベッドです。

背中をしっかり支える高さの設計です。部屋に圧迫感無く置けるようスリットデザインが入っています。

関連メニュー

  • ムク・ベッド特集 -無垢材の癒しと温もりで快眠しやすいベッド

    ムク・ベッド特集 -無垢材の癒しと温もりで快眠しやすいベッドのページです。「無垢材の癒し」により心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。無垢材ならではの質感や木目、さらに照明から漏れる灯りの癒し効果によってあなたを快眠へと誘います。無垢材で作られたヘッドボードのランダムな材幅と、スリットが生み出すリズム感のあるルーバーデザインも魅力です。

ベッド上で過ごす時にも物が置きやすい便利なヘッドボード収納

ヘッドボードやベッド下の大容量収納とリズムを感じるルーバーデザインが特長のベッド。寝室に大事な収納力とインテリア性を兼ね備えています。

眠る前は身支度が多いもの。手が届くヘッドボードの収納スペースが多いことで移動が減り快適に。

ベッド下にも収納があるため、狭い寝室でも収納力を上げてすっきりした寝室が叶います。

関連メニュー

  • ラック・ベッド特集 -寝室をすっきりさせる収納力たっぷりのベッド

    ラック・ベッド特集 -寝室をすっきりさせる収納力たっぷりのベッドのページです。「収納力」はもちろん、デザイン性にもこだわったラック・ベッド。ベッド下やヘッドボードの大容量収納とリズムを感じるルーバーデザインが魅力です。サイドテーブル約2台分の「収納棚」を備えたヘッドボード、ベッド下収納にはキャビネット約1台分の「大容量引出」が用意されてます。

ロースタイルでも背もたれにできるヘッドボードが付いたベッド

背もたれとしても使用できるヘッドボードのベッド。マットレスを落とし込む設計のため、開放感が抜群の重心が低めの佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。

ヘッドボードに450角のクッションを添えれば、寄りかかって寛ぐことも可能です。

寝室を広く開放的に見せる、「マットレス落とし込み方式」の構造を採用。

関連メニュー

  • コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッド

    コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッドのページです。マットレスを低く、スタイリッシュに見せるフレームデザインが、アジアの「ホテルライクなロースタイルな暮らし」を実現するコト・ローベッド。開放感が抜群の重心が低めの佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。こちらのページでは、コトシリーズの魅力や使い勝手をご覧ください。

背もたれにコンセント付きでスマホや照明が使いやすい

最近では目覚まし時計ではなく、スマホのアラーム機能を使用して、朝目覚める方も多いでしょう。ヘッドボードにコンセントが付いていると充電しながら枕元に置けるため安心です。また、間接照明を置きたい時にも便利でしょう。

背もたれ有りのベッドを置いた実例

ここからは、自分にとって理想のタイプのヘッドボードがあるベッドを選び、寛ぎのある寝室作りを叶えられた実例をご紹介します。リアリティのある実例をご覧になって、ぜひご自宅の寝室作りの参考にしてみてください。

就寝前にベッドにもたれかかって読書するライフスタイルの実例

一人暮らしの1LDK(8畳+4.5畳)の寝室の実例です。自宅でも仕事をすることが多く、勉強などを日々したい方におすすめの家具セレクト。就寝前でもヘッドボードを背もたれにして読書をするなど快適に過ごせます。

ヘッドボードには本を立てかけられる高さのある収納があると、就寝前でも本や雑誌、iPadなどを手が届く範囲で収納することが可能に。

仕事で必要な資料や本がたくさんある場合は、ベッドの横に本棚を置いて、すっきり見せるデザインを選べべば窮屈感を軽減させられます。

無垢材がグレーのボタニカル柄クロスにも映えるベッドの実例

こちらの実例では、木目が魅力の無垢材ヘッドボードがボタニカル柄の壁紙に映え、とてもおしゃれにコーディネートされています。こだわりのカラーコーデ×無垢材ベッドが日々の疲れを癒します。

無垢材とアクセントクロスが喧嘩しそうに見えますが、絶妙なバランスで整えました。無垢材ベッド、パープルのファブリックパネル、ライトグレーのボタニカル柄クロスの組み合わせが、おしゃれ上級者にしかできないコーディネートです。

  • 【インテリア実例】人が集まる一人暮らし女性の1LDK~仕事ができる×人が集まれる部屋作り~
    【インテリア実例】人が集まる一人暮らし女性の1LDK~仕事ができる×人が集まれる部屋作り~

    1LDKでの一人暮らしは人が集まれる家、家で仕事ができる家など、様々な過ごし方が可能です。こちらのコラムでは、一人暮らし女性の方がプライベートと仕事、友人との時間を快適に過ごせる家具選び・レイアウトにこだわったインテリア実例をご紹介。女性の一人暮らしだから可能な、自分が大好きな家具のテイストや色に合わせて内装を選ぶことで、落ち着きと華やかさがある部屋に。マルチに暮らせるソファダイニング(コーナーソファ)を主役に、パープル×グレー×ダークブラウンでカラーコーディネートした、女性ならではの部屋作りを是非ご覧ください。

背もたれにして歓談を楽しめそうな和モダン旅館風ベッド

琉球畳や壁面のクロス、格子の扉など、こだわりポイントが詰まった和室。ロースタイルのヘッドボード付きベッドが非日常的な暮らしを生み出してくれます。旅行に来たような特別感を味わいながら、夜のお休み前には背もたれに寄りかかって歓談の時間も楽しめそうです。

和室×ロースタイル特有の落ち着きがある雰囲気と、好相性の間接照明から優しい灯りが広がり、とても素敵な空間に。ヘッドボードを背もたれにしながら、就寝前の歓談を楽しめることでしょう。

和室にベッドを置くときはロータイプを選ぶことで、畳をより近くで感じられ睡眠前後も寛げます。

  • 【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング
    【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング

    リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング実例の特集です。近年マンションや戸建てを、自分好みの空間としてリノベーションされる方が増えています。リビングの間取りや内装を自由に変更できて、快適に生活がしやすい理想的な部屋を叶えるリノベーション。是非、こちらの素敵なリビング・和室を叶えたリノベーション実例を参考にしてみて下さい。

ルーバーデザインのヘッドボードで海沿いのスタイルを演出

海沿いの爽やかなイメージを運んでくれるビーチスタイルをテーマに部屋づくりされた、インテリアコーディネート実例です。背もたれ付きのベッドでも、ロースタイルデザインのベッドが開放的な空間を演出。

緩やかな曲線を描いた、立体感と陰影を感じるルーバーデザインは海の波をイメージさせてくれます。ブルーと白でコーディネートされたベッド周りに、間接照明を灯せば美しいルーバーデザインが際立って、特別感のある寝室を叶えることができるでしょう。

ヘッドボード・背もたれ無しのおすすめベッド紹介

ヘッドボードが有るベッドの次は、「ヘッドボード・背もたれ無しのベッド」のご紹介です。脚付きタイプだけではなく、ヘッドボードなしのベッドフレーム上にマットレスを乗せるタイプや、マットレスを落とし込むタイプなど様々あるので、ご参考になさってください。

部屋をすっきり見せる背もたれ無しのベッド

ヘッドボードが無い分、壁面がよく見え、部屋が広くなります。そのメリットから、すっきり見えるヘッドボード無しのタイプは、コンパクトな間取りにも相性が良さそうです。

それでは、実際に「ヘッドボード無し」にはどのような形のタイプがあるのか、具体的にご紹介致します。

ヘッドボードを組み替え・後付けができるローベッド

商品によっては同シリーズのベッドでヘッドボードにバリエーションがあると、パーツの組み替えによって寝室のイメージをチェンジできます。例えば、お引越しや部屋の模様替え時に空間を広く見せたり、逆に存在感があるヘッドボードに変更したいなど、ご要望の変化にも対応してくれるでしょう。

  • ヘッドボードの組み替え例

STEP-1
長く使用されてきた高さのあるヘッドボードから、低いヘッドボードに模様替えしたくなりました。

STEP-2
高さのあるヘッドボードのパーツを取り外します。(ご自身でも簡単に外せます)

STEP-3
新たに購入した低いヘッドボードのパーツに組み替えます。(サイズ間違いが無いよう注意です)

STEP-4
低いヘッドボードへの組み替えが完成しました。高さが下がって、雰囲気の異なるイメージに。

関連メニュー

  • チーク・ローベッド特集 -チーク角材を積み上げた開放的なローベッド

    チーク・ローベッド特集 -チーク角材を積み上げた開放的なローベッドのページです。チーク角材を組み上げたデザインで、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。チーク角材をそのまま生かしたスクエアなフレームがアジアらしさを感じさせます。フレームには高度な技術を要する「留め加工」を施すことで、角材感を表現しています。

ヘッドボードが無くてもデザイン性があるローベッド

マットレスを低く見せるフレームデザインは、重心が低めの佇まいからロースタイルらしい開放感を感じさせます。またヘッドボードが無くてもフレームの存在感を感じさせる羽型フレームが寝室をおしゃれに演出。

寝室を広く見せながら快眠も叶えてくれるフレーム構造などが魅力です。

背もたれとして使えるヘッドボードはありませんが、フレームにスマホ、目覚時計、メガネ等が置けます。

関連メニュー

  • コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッド

    コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッドのページです。マットレスを低く、スタイリッシュに見せるフレームデザインが、アジアの「ホテルライクなロースタイルな暮らし」を実現するコト・ローベッド。開放感が抜群の重心が低めの佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。こちらのページでは、コトシリーズの魅力や使い勝手をご覧ください。

コンパクトな場所にも置きやすい脚付きマットレス

限られた空間の寝室やワンルームではベッドのサイズに悩みます。もし、できるだけ省スペースにまとめたい時は、「脚付きマットレス」をご利用ください。寝心地も追求した上質な脚付きマットレスです。

フレームとマットレスが別々になっているのではなく、マットレスに直接脚が付いているタイプです。

背もたれ用クッションを置くことで、背もたれが無いベッドでも快適にお過ごし頂けます。

枕元(床)に置ける後付けヘッドボードもおすすめ

ヘッドボード部分を壁とベッドの間に後から付け足すタイプの置き型ヘッドボード。引っ越しの際には簡単に移動させられて、模様替えで不要になったら外すこともできるため便利です。

背もたれ無しのベッドを置いた実例

ここからは、部屋をすっきり見せるヘッドボード無しタイプのベッドで、開放感のある寝室作りを叶えられた実例をご紹介します。その他の家具とのバランスなども確認しながら参考になさって下さい。

窓とのバランスを考えすっきりした印象の部屋の実例

こちらのベッドルームは「大人の部屋をイメージした高級感溢れるおしゃれで上品な空間」がテーマのインテリアコーディネートです。腰窓がある間取りも多い寝室は窓、カーテンにかからないよう、ロータイプのヘッドボードでバランスを良く取り、すっきりした印象の空間となっています。

壁や窓を見せて部屋を広く、すっきり見せたい、というご要望から、マットレスと高さがほぼ同じになるヘッドボードありのベッドをご提案。

ヘッドボードはすっきりさせておき、クッションやベッドスプレッドを置くことで、ホテルのような高級感を演出しています。

薄いマットレスに合う低いヘッドボードでロースタイルを叶えた実例

約6畳のお部屋をロースタイルですっきりした印象にしたコーディネート実例です。コイルマットレスに比べ厚みが薄いウレタンマットレスでも、高さが合うヘッドボードのベッドを選ぶことで、天井を高く見せてお部屋を広く見せるよう演出しています。

10㎝のヘッドボードがウレタンマットレスの厚みをしっかり支えながらもすっきりと見せるヘッドボード。小物が置ける奥行きがあり、スマホや時計なども置けるので、シンプルでおしゃれなだけではなく、使いやすさも兼ね備えたベッドです。

ヘッドボードの存在感が軽減される分、他の収納家具や壁面装飾などのインテリアアイテムが映えます。

背もたれ無しの脚付きマットレスを置いて開放感を演出した実例

4.5畳のような狭い部屋と脚付きマットレスは相性が良く、狭い部屋でもすっきり見せられます。掃き出し窓にかかるレイアウトでも、開放感のある部屋づくりが叶うでしょう。

また、長さも抑えられるため、こちらの例のように距離感のないスペースでも設置可能に。ベッドは置きたいけれど、ヘッドボード付きだと置けないという方は、脚付きマットレスがおすすめです。

限られた空間でも置きやすい脚付きマットレスの実例

梁がある4.5畳の狭い部屋でもベッドを置きたいとのご希望に、脚付きマットレスをご提案した実例です。ベッドスプレッドやクッション、壁面装飾などで部屋のコーディネートをして、明るい印象に仕上げています。

こちらの間取りに合うよう、限られたスペースに置きやすい脚付きマットレスをセレクトしました。

また、脚付きマットレスを設置したことで、足元にスペースが生まれたため、おしゃれな姿見をおくレイアウトも可能になっています。

ベッドのヘッドボードや背もたれ周辺にプラスしたいインテリア・家具

ベッドはリビングダイニングとは違い、特別なリラックス空間になります。眠りにつくまでの時間に、間接照明の優しい灯りで過ごすと睡眠への導入もしやすくなるでしょう。就寝前の時間を快適に、またヘッドボードを一層おしゃれに見せるインテリアアイテムをご紹介します。

ヘッドボードを背もたれとして寛ぎやすくするクッション

背もたれと背中の間にクッションを置くことで、身体を冷やすことも痛める事もありません。

背中からの体重を支えられるような、弾力性があるクッションを選ぶことで、就寝前のプライベートタイムを寛ぎながら過ごせるでしょう。

背に挟むクッションは寝室のテイストに合わせて色・柄を選ぶ

インテリアテイストに合うクッションをアクセントとして置くことで、おしゃれな空間作りが叶います。

高級感を感じる寝室にはホテルライクな柄の背もたれクッションを置くと統一感が出ます。

関連メニュー

  • クッション・クッションカバー~10素材100色のインテリアファブリック~

    クッション・クッションカバー~10素材100色のインテリアファブリック~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映えるクッション・クッションカバーが、暮らしを彩ります。10素材100色のインテリアファブリックから、用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルとクッション・クッションカバーの組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を体感いただけます。理想のお部屋作りを演出するa.flatクッション・クッションカバーシリーズです。

ヘッドボード周辺をよりおしゃれに見せる間接照明

おしゃれな空間を演出する照明

様々なデザインが存在する照明は、手元を照らすだけではなく、空間をおしゃれに演出します。ヘッドボードやサイドテーブルに置くことで、より身近に間接照明のふんわりとした灯りを感じることができ、就寝前には癒やしの空間に包み込まれたような感覚を味わうことができるでしょう。

間接照明を灯して就寝前のベッドライフを充実させる

スタンドライトは照明アイテムの中でもスポットのような光量があるため、読書をする方にもおすすめ。

就寝前の歓談を楽しみたい方には、電球が直接見えないタイプの照明を選ぶことで快適になるでしょう。

背もたれのデザインと相性のよい照明を添える

ベッドのヘッドボードには様々なデザインが有りますが、照明を置く時には、ヘッドボードと同じデザインや素材を合わせると統一感が出ます。こだわって選んだ背もたれにもなるヘッドボードが一層引き立つことでしょう。

関連メニュー

  • テーブルランプ~手元を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~

    テーブルランプ~手元を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映えるテーブルランプが、お部屋の空間を彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルとテーブルランプの組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出するテーブルランプシリーズです。

サイドテーブルでヘッドボード周りをすっきりさせる

ヘッドボードは上に物を置けることがメリットではありますが、たくさんの物を置きすぎると雑多なイメージに。すっきりと見せたい時にはサイドテーブルを活用して、スマホやメガネ、本、小物入れなどを置きヘッドボード周りを整頓しましょう。

ヘッドボードに置きにくい照明なども置くことができ、寝室が一層おしゃれな空間になります。

ムードを高める照明が置きやすくなるサイドテーブル

ホテルの間接照明のような優しい光が、リラックスムードを高めます。

上からこぼれる光が壁面も優しく照らします。また、プルダウン式の照明は扱いやすく人気です。

サイドテーブルで整理してヘッドボードを綺麗に見せる

ヘッドフレーム横にサイドテーブルを置き、飲み物などもすぐそばに置くことができます。

収納があるとヘッドボードがよく引き立ち、寝室にもおしゃれな雰囲気が漂うでしょう。

関連メニュー

  • 寝室を上質に彩るインテリアアイテム

    寝室を上質に彩るインテリアアイテムのページです。寝室はリビング同様にお好みのインテリアでコーディネートすることで、理想のイメージを作れます。最近ではお休みする以外にも、ゆったり過ごしたり作業することも増えてきたため、ベッドや寝具以外のインテリアにもこだわってみませんか?おしゃれな寝室を叶えるたくさんのインテリアをご覧ください。

自分に合ったヘッドボード有り無しのベッドを選ぶ・試す

毎日、一日の終わりに身体を休める時間。自分のスタイルに合ったヘッドボードを選ぶことで日々の疲れを癒すことができるでしょう。高さや質感、毎日身を預ける家具だからこそ、実際に触れて試してみることも大切です。

a.flatの店舗で自分に合ったヘッドボードを確認&相談

自分にとって最も使い心地の良い、最適なヘッドボードのベッドを選ぶことができるよう、a.flatの店舗では、イメージのしやすいように、インテリアコーディネートされた寝室空間をディスプレイしています。

ヘッドボード付きのベッド、ヘッドボードなしのベッドを実際に試し、比較・検討してみて下さい。

理想のヘッドボード付きベッドを探せる店舗紹介

a.flat新宿店
東京都新宿区新宿2-12-8-2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜・水曜(祝日を除く)

a.flat目黒通り本店
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

a.flat 大阪梅田店
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜

3D家具配置シミュレーションでヘッドボードの有り無しを確認

a.flatでは、3Dシミュレーションを用いたコーディネートサービスを承っています。ご自宅の間取りに家具やインテリアを反映して、3Dでご確認頂けるため事前に部屋作りのイメージが可能です。寝室だけでも3Dで作成ができるため、ヘッドボードの有無や高さなどレイアウトや空間作りでお悩みの方は是非利用しましょう。

洋服や日用品とは違い、家具選びは失敗できないため慎重になってしまう方も多いと思います。しかし、どんなサイズの家具を置けるのか、どんな風に配置することができるのか、検討している家具を置くことができるのかどうかが事前に分かれば安心してお買い物することができます。家具配置のシミュレーションは、いわば洋服の試着のようなものと言えるのです。

ヘッドボード付きベッドを配置したシミュレーション&実例

【1】ヘッドボード有りのバランスを確認

【2】ヘッドボード無しのバランスを確認

【3】気になるインテリア装飾を入れ、バランスの良いコーディネートをご提案

【4】3Dシミュレーションを使用したため、イメージ通りのお部屋に仕上がります

何時でもPCやスマホから確認ができる

作成した3Dシミュレーションは、いつでもスマートフォンやPCでチェックすることができます。出先で自宅の寝室に取り入れたい家具・インテリアなどを見つけた際に、3Dシミュレーションを参照しながら、コーディネートイメージを確認することができます。再現度の高い3Dシミュレーションを、ヘッドボードがあり・なしのイメージを深められるでしょう。

まとめ

このコラムではベッドの背もたれの必要性や、ヘッドボードの有り無しなどについてご紹介しました。

ショップに行かれる際に、気にする視点が変わったのではないでしょうか。ライフスタイルによって背もたれがいるのか、いらないのか? 自分にとって理想のヘッドボードタイプを選んで、心身ともに安らげる寝室を実現しましょう。

おすすめメニュー

  • ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~
    ベッドのサイズ一覧表~ベッド・マットレス・寝具・布団・ベッドスプレッド&スローのサイズ比較~

    a.flatで販売しているベッドシリーズのベッドサイズ一覧表をご紹介。各ベッドによって異なるサイズの違いや、その他情報などを比較することができます。特に幅や奥行きは部屋に配置する際に重要なポイントとなるため、ご自身にとってベストなサイズ感やデザインのベッドを見つけてみましょう。ベッド以外にもマットレスサイズ、ベッドパッドサイズ、布団・寝具サイズ、ぺっどスプレッド&スローのサイズ一覧表なども掲載しております。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.