• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

広いワンルームのレイアウトパターンとおしゃれにするポイント

公開:2022/5/18

更新:2022/5/20

ライター:新宿店須崎

広いワンルームのレイアウトパターンとおしゃれにするポイント

物件探しをする中で「部屋の広さ」を重視する方も多いでしょう。リビング、寝室などを別の部屋として分けずに、ゆったりとした広い空間にまとめることで圧迫感が無く、毎日の心のゆとりに繋がることから「広いワンルーム」は大変人気です。開放感がある広いワンルームに憧れて物件を決めたものの、広々とした空間を持て余してしまい、家具のレイアウトや選び方が難しいと言ったご相談もよく伺います。

こちらのコラムでは、実例や3Dシミュレーションをご覧いただきながら、広いワンルームのレイアウトとおしゃれにするポイントをご紹介致しますので是非参考になさって下さい。

贅沢に暮らせるワンルームの広い部屋

広さのある空間と言えば、高級ホテルの一室などを連想される方も多いのではないでしょうか。その贅沢な空間を自宅で再現しやすいのが広いワンルームとなり、開放的でレイアウトの自由性があることから広いワンルームの物件も多くなっています。

広いワンルームのメリット・デメリット

広く開放的な部屋ならゆったりと余裕のある暮らしをイメージできますが、実際に過ごしてみると意外と不便な点や、デメリットと感じる点があります。まずは広いワンルームのメリット・デメリットをご紹介致しますので、確認してみましょう。

広いワンルームのメリット

■ 空間全体を見渡せる
■ 生活がしやすい(掃除、部屋の移動無し)
■ 部屋が広く開放感がある

広いワンルームのデメリット

■ 空間にメリハリがない
■ 生活感が出やすい
■ 個人的な空間が作りにくい(複数人で住みにくい)

広く開放的で魅力がある間取りの広いワンルームですが広い空間だからこそのデメリットがあることがわかりました。

では、ここからそんなデメリットを理解したうえで意識した部屋作りのコツや、またメリットを一層活かした部屋作りのポイントをご紹介致します。

広いワンルームをおしゃれにする4つのポイント

快適な暮らしに向けて広いワンルームを選ばれてから、部屋の家具選びやレイアウト、カラーコーディネートを決めていくのはワクワクするでしょう。

気に入った家具を部屋に取り入れるのではなく、ポイントを抑えてコーディネートすることで、広いワンルームのメリットを活かした部屋作りができます。ここからは、広いワンルームをおしゃれにするポイントをご紹介致しますので、是非参考になさって下さい。

[1]暮らし方に合わせて必要な大型家具をピックアップする

まずは置く予定の大型の家具をピックアップしていきましょう。「ベッド」「ソファ」「ダイニング」などの家具のほかに最近では「ワークデスク」なども必須になる方もいらっしゃるでしょう。

広いワンルームでのライフスタイルを考えて家具をリスト化

レイアウトを考える前に、ご自身のライフスタイルを思い返して、もしくは理想のライフスタイルを想像して、必要な家具をリストアップしてみてください。そのうえで、家具のサイズを考えていきましょう。a.flatのHPではお気に入りアイテムを「マイリスト」に登録できる便利な機能もあるので、是非ご可活用ください。

食事はテーブルでしたい

ソファの前に置くローテーブルや、キッチンのカウンターで食事を取るのではなく、ダイニングテーブルを置いて食事をしたい方もいるでしょう。寛ぐ空間と食事をする空間のメリハリがでるため丁寧な暮らしができます。ソファとの距離や生活動線なども考えながらコンパクトなテーブルを選ぶこともおすすめです。

  • 必要となる大型家具リスト例

2名掛けテーブル
コンパクトなテーブルで良い場合は、80㎝程のサイズでも十分2人でテーブルを囲むことができます。

4名掛けテーブル
複数人で囲むことになる場合は、140㎝程のダイニングテーブルを置くことになるでしょう。

チェア
チェアを何脚置くかによってもレイアウトが変わってきますので、個数もピックアップしておきましょう。

ベンチ
チェアに比べて奥行が狭くなりますので、チェアかベンチどちらにするのかも考えておく必要があります。

ソファでゆったり寛ぎたい

開放感を感じる広いワンルームでは、ホテルのラウンジのようにゆったりと寛ぎたい方も多いでしょう。寛ぎやすいソファをお探しの時は、大きさも座り心地もこだわって選びましょう。また、ソファで寛ぐ際には近くにテーブルがあると、手が届く場所にテレビリモコンや飲み物を置くことができ、とても便利になります。

  • 必要となる大型家具リスト例

ソファ
アーム付きの座り心地が良いソファを選びましょう。2.5名掛けのソファは寝転ぶことができるサイズで快適に過ごせます。

コーナーソファ
1人でも複数人でも寛ぐことができるコーナーソファ。その時の気分で座る位置を変えられることも魅力です。

ローテーブル
ソファの前に置くローテーブルは、時には食事をしたり快適に過ごすことができます。リモコンや雑誌なども置きやすく便利です。

サイドテーブル
ソファで寛ぐ時には飲み物やリモコンなどを手が届く場所に置いておきたいもの。そんな時にはサイドテーブルがおすすめです。

大きいベッドで快眠したい

広いワンルームの中で面積を大きく占める「ベッド」。選ぶサイズによってもレイアウトや他の家具のバランスが違ってきます。

ご自身が何サイズのベッドを使用したいか確認して、ベッドのサイズをピックアップしておきましょう。

  • ベッドのサイズ比較

広い部屋で快適に睡眠をとるためには、ご自身が十分に寛げるサイズを選ぶようにしましょう。イラストを目安に必要なベッドサイズをピックアップなさって下さい。

シングルサイズ
大人一人用の一般的なサイズになります。場所を取らないサイズのためリビングやダイニングスペースを広く取りたい時にはおすすめですが、睡眠時に狭く感じられる方もいらっしゃいます。

セミダブルサイズ
シングルサイズに比べて、約230mm程幅に余裕が出るセミダブルサイズ。ゆったりと使うことができる一人用のサイズになります。あくまで一人用にはなりますが、二人で使用することも可能なサイズです。

ダブルサイズ
大人2人が使用する一般的なサイズです。2人で使用できるベッドサイズの中ではコンパクトな部類に入るため、部屋のスペースを取りすぎない使い勝手の良いサイズといえます。

クイーンサイズ
大人2人でゆったりと寛ぐことができるサイズです。大きいベッドは高級感があり、ホテルライクな寝室を演出します。また、小さなお子様と一緒に寝るスペースもあり、ファミリーにもおすすめのサイズです。

仕事をするスペースが欲しい

ご自宅で仕事をする場合はワークスペースがあることで広いワンルームの中でも集中力が上がります。また、本棚や収納家具を置き整頓された空間を叶えることで、仕事がはかどるなどメリットが多くなります。生活をする空間とワークスペースを分けたい場合は、ワークデスクや収納家具も必要な家具としてピックアップしておきましょう。

  • 必要となる大型家具リスト例

ワークデスク
ノートパソコンだけではなくモニターも置きやすいサイズのデスク。引き出しも付いていて在宅勤務をされる方にはおすすめです。

コンパクトデスク
たまに家で仕事をする時がある方、広い空間だけどワークスペースは省空間にしておきたい方におすすめのコンパクトなデスクです。

チェア
ワークデスクに合わすチェアはアーム付きやアームレスなど様々です。チェアのスペースも考えるためリストに入れておきましょう。

本棚
ご自宅で仕事をする時には仕事の資料などもあるでしょう。本や書類などが片づけられる本棚を置くことですっきりします。

来客は多くなりそう

ご友人やご家族など来客もあるかと思います。複数人の来客があっても心地良く過ごせるように、例えば、大きなテーブルやコーナーソファなど大きな家具、また伸長が可能な家具を選んでおくと良いでしょう。おしゃれな部屋作りをしても来客時に居心地が悪いと過ごしづらくなってしまうため、来客を意識した家具サイズでピックアップしておくことも大切です。

  • 必要となる大型家具リスト例

[2]広いワンルームを活かしておしゃれなレイアウトを組む

用途によって部屋を細分化せず、広いワンルームにすることで開放感を感じさせて贅沢に暮らすことができます。ただその反面、リラックスするベッドスペースと食事を取るリビングダイニングスペースを同じ空間に作ることになるため、レイアウトに悩まられている方も多いでしょう。

この章では、広いワンルームを活かして快適でおしゃれなレイアウトを組むためのポイントをご紹介します。

ワンルームに多い三つの間取りに合わせて家具配置する

ワンルームには大きく分けて「長方形」「正方形」「変形型」の間取りがあります。「正方形」「変形型」のLDKの間取りでは、レイアウトが難しいと聞くことが多いですが、広いワンルームとなると逆に自由性がありレイアウトを楽しみながら家具配置をすることもできます。

長方形・正方形・変形のワンルーム

長方形のワンルーム(約18畳)
横、縦どちらかが広くなるタイプの間取りです。

正方形のワンルーム(約20畳)
横、縦どちらもほぼ同じ広さのタイプの間取りです。

変形のワンルーム(約14畳)
斜めやカーブがかったタイプの間取りです。

広いワンルームに最も多い長方形のレイアウトパターンを知る

部屋に置く予定の家具をピックアップした後は、空間に対してそれらの家具を置いたとき、余裕があるのかをレイアウトを考えながら確認しましょう。スペースがあるからと言って全て置いてしまうと、せっかくの広々した広いワンルームが台無しになってしまいます。

ここからは、広いワンルームに最も多い長方形のレイアウトパターンを知って理想的な広いワンルームを考えていきましょう。

ワンルームを仕切らず最大限に広く開放的に見せる

ワンルームを仕切らず最大限に広く開放的に見せるためのポイントは、家具を詰め込まずゆとりの配置を組むことと、ロースタイル家具を使うこと。レイアウトとともにこの2つのポイントを取り入れることで広いワンルームをより広く見せることができます。

一部屋を仕切らない広いワンルームの魅力

長方形のワンルームのレイアウトで一番多いのは、キッチンの近くにダイニング家具を置き、次にソファやテレビなどのリビング家具。奥をベッドスペースとするレイアウトです。こちらの広いワンルームも、約215㎝の3名掛けソファを配置しても仕切りなどが無いため、ゆとりをもってレイアウトすることができています。

一部屋を仕切らない広いワンルームでは、奥行きがある家具と、奥行きが狭い家具で分けて、それぞれを壁付けで並べることで、部屋の片側をあけることができます。このようにレイアウトすることで、部屋に入ったときに視線が抜けて開放感を活かすことができ、広いワンルームをより広く感じさせることができるでしょう。

広いワンルームに家具を詰め込まずゆとりの配置を組む

生活するうえで必要な家具のみを置くことで、家具同士に空間ができるためゆとりが生まれます。贅沢な空間使いからホテルライクな部屋作りが叶うことでおしゃれなワンルームを実現できます。

面積を取るベッドは視界から見えにくい場所に置き、ソファやテレビボードなどの縦長の家具を窓の前に置くことで、広いフリースペースができて部屋を贅沢に使用できてゆとりあるレイアウトになっています。

ゆとりある配置を組むためには、家具を最低限に減らすため、収納力が高い家具を選ぶようにしましょう。

広いワンルームをより広く見せるロースタイル家具を使う

<一般的な家具の高さ例>
・ソファ…750mm
・ローテーブル…380mm
・テレビボード…477mm
・ベッド…832mm

部屋に広さがある分こちらでもゆとりがあるように感じますが、広くみせるロータイプでのコーディネートも確認してみましょう。

<ロースタイル家具の高さ例>
・ソファ…580mm
・ローテーブル…330mm
・テレビボード…400mm
・ベッド…180mm

ロースタイル家具を使用してコーディネートすることで、天井が高く感じ、広いワンルームをより広く見せることが叶います。

広いワンルームをより広く見せるロースタイル家具を選びましょう。

広いワンルームを寛ぐ/作業する/眠る空間でゾーニングする

広いワンルームのベッド横に間仕切りとなる家具を置くことで、寛ぎのリビングスペース、作業可能なワークス ペース、眠るベッドスペースとしてゾーニングすることが可能です。各スペースがセパレートされることによって、各空間で落ち着いて過ごすことができるでしょう。また、広いワンルームを仕切ることで高低差が生まれるので、メリハリの付いたおしゃれで広いワンルームを叶えられます。

飾り棚・収納家具で空間を間仕切る

空間によって間仕切りを置くことで部屋をゾーニングすることができます。また、広すぎる動線など殺風景になりがちな広い空間に立体感・アクセントを加える役割も果たします。

広いワンルームでも快適なベッドスペースを確保するために、ダイニングとベッドスペースの間に飾り棚を置き、間仕切りとして使用しています。

パーテーションで間仕切る

家具を置くスペースは無いけど仕切りたい場合にはパーテーションがおすすめです。奥行が狭いものが多く、心地良い風が通り抜けるようなデザインを選ぶことで、広いワンルームの開放感も残しつつ空間をしっかり仕切ることができます。

リビングのリラックス空間とダイニングの食事を取る空間を分けました。あえてパーテーション通しをずらして置くことでリビングスペースを広く感じさせる効果もあります。

アクセントクロスで空間を分ける

全て同じフロアに家具が並んでいても、アクセントクロスがあるだけでその部分に目が惹き、特別な空間にすることができます。

ダイニングスペースにアクセントクロスを付けるだけで、ダイニング側の空間に目が惹きます。1か所だけではなく、リビング、寝室でも壁紙を変えてみられるのも良いでしょう。

[3]広いワンルームには家具・インテリアアイテムでメリハリを出す

広いワンルームに置きたい家具・レイアウトがおおよそ決定した後は、部屋のバランスを考えながら、家具やインテリアでアクセントを取り入れていきましょう。家具で高低差を付けてみたり、様々なインテリアを加えることで、おしゃれな広いワンルームを演出できます。

ここからは、広々とした部屋にインテリアアイテムを取り入れてメリハリを出すためのポイントを、おすすめのアイテムと共に確認してみましょう。

広い空間を単調に見せないおしゃれなアクセントが大事

物が少なくシンプルな部屋はおしゃれでかっこよさもありますがどこか物足りなさを感じる方も多いはず。広いワンルームがゆえに寂しく単調に見えてしまうこともあります。部屋に動きを出すためには、家具の高低差を利用して部屋に奥行きを出し、おしゃれなインテリアを配置したり飾るなど+アルファのアイテムを取り入れることで、アクセントをプラスできます。

広いワンルームに高低差が付く高さのある家具を取り入れる

こちらの画像では、家具のカラーで統一感を出しながら、背が高い家具と低い家具を組み合わせて、広いワンルームの壁に動きがあるように演出しています。また、よりアクセントを出すために、家具以外に壁面装飾や照明などで高い位置に目線が行くように空いたスペースに装飾をしています。

  • 背が低い家具

  • 背が高い家具・高い位置に飾るインテリアアイテム

実際にどのようにバランスよく家具を配置して、インテリアアイテムをプラスしていくのか、広いワンルームを一層おしゃれにするためにおすすめのアイテムをご紹介致します。

低い家具と高い家具を組み合わせてメリハリを付ける

低い家具と高い家具を組み合わせて作る三角形はバランスがよく安定する構図ということで、写真やイラストなど様々な分野で多く使われています。壁面のインテリアコーディネートの場合、背の高い家具・床に近いロースタイルの家具・その中間くらいの家具というように高さの異なる家具を3点組み合わせ、三角形をイメージした配置にすることでバランスがよく、見ていて心地よい空間をつくることができます。

一見、すっきりしていてシンプルなワンルームでおしゃれに見えるかもしれませんが、少し寂しく感じませんか?背が高い家具・インテリアをプラスして見てみましょう。

このように家具に高低差を付けることで動きが出ておしゃれなワンルームになります。また、家具だけでなく、観葉植物やフロアランプを三角形の構図の中に取り入れ、少しだけリズムに変化を持たせることも有効的です。

開放的に見せる抜け感のある高い家具がおすすめ

シェルフ付きの家具は背面が無く、壁が見えるタイプを選ぶことで抜け感を演出することができ、広い空間の開放的な印象を損なわせません。また、脚にも抜け感のあるデザインは、より一層すっきりとした印象になり、部屋に開放感を与えてくれます。大きな家具を使用しなくても、オブジェのようにもご活用して頂けるコートハンガーは、線が細く、家具と家具の間のアクセントとしてもおすすめです。

  • 開放的に見せる抜け感のある高い家具

ゆとりのあるワンルームをおしゃれに見せるインテリア

バランス良く家具をレイアウトできても、家具だけでは空間の中で重心が下方向だけに集まってしまいがちです。そこで、壁面装飾を取り入れて空間の高い位置に目線を集める「フォーカルポイント」をつくりましょう。空間を上方向へと伸びやかに演出して、広いワンルームを更に開放的な雰囲気へ演出することが可能です。

広いワンルームの壁面にアクセントを作る壁面装飾

日本の住宅のほとんどが白い壁であることが多く、空間を広く見せる効果がありますが、広いワンルームになると逆にその白い壁が殺風景に見えてしまうことも。ご自宅で殺風景になっている場所を見つけて、アートやパネルなどの「壁面装飾」を取り入れましょう。壁面装飾を用いることで広い空間にアクセントをつけることができます。

  • 広いワンルームにアクセントを付ける壁面装飾

空間に奥行きを演出するペンダントライト

光の演出で、広いワンルームに立体感やアクセントをつけてくれるのが照明。空間を均一に照らしてくれるシーリングライトは暮らし易さという面では重宝しますが、立体感のある空間づくりには欠けてしまいます。ペンダントライトは天井から吊るして飾ることで、広いワンルームの中で光のグラデーションができ、空間に奥行きをだすことができるため、1ヵ所だけでも取り入れて頂きたいアイテムです。

  • 広いワンルームに光のグラデーションを作るペンダントライト

好みのスペースにアクセントを生むフロアランプ

フロアランプ・テーブルランプ等の「間接照明」をプラスで取り入れることで広い空間にも陰影を生み出します。広いワンルームの空いたスペースや家具の横にお好みのフロアランプを置くと、ホテルライクな演出ができるでしょう。また、テーブルランプは棚やサイドテーブルなどの上に置くタイプのため気軽に取り入れ易いサイズ感です。

  • 広いワンルームに陰影を生むフロアランプ

komorebi tsi-1
komorebi tsi-1

28,600円(税込)

tsubakuro tsi-1
tsubakuro tsi-1

26,400円(税込)

fuwari fsi-1
fuwari fsi-1

48,400円(税込)

観葉植物をプラスしてみましょう

照明と一緒に取り入れて頂きたいのが観葉植物です。照明から受けた光によってできた植物の影が壁に投影されて、とても幻想的な空間になります。広い空間だからこそ照明と植物を置いてダイナミックに部屋全体をおしゃれにしましょう。

[4]インテリアテイストやカラーを揃えて統一感を演出する

家具のピックアップとレイアウト、置きたい家具・インテリアのサイズなどが決定したら、次のステップです。

ここまでのステップでも十分おしゃれな部屋になりますが、より一層おしゃれを追求したい場合には、ファブリックを使用してカラーコーディネートすることです。広いワンルームにはベッド、ソファ、ラグ、カーテンと一度に目に入るファブリックが多いため、インテリアテイストやカラーを揃えて統一感を演出しておしゃれな広いワンルームを完成させましょう。

ほぼすべてが見渡せる広いワンルームは統一感が重要

部屋全体を見渡すことができることが魅力の広いワンルームは、インテリアテイストやカラーを揃えて部屋全体に統一感を出すことでおしゃれな空間にすることができます。

ご自身の好みのインテリアテイストやカラーを見つけて部屋に取り入れてみましょう。

広いワンルームにおすすめのインテリアテイスト

広いワンルームはその広さから開放感を感じることが多く、ホテルのような贅沢な空間でリラックスできることでしょう。様々なインテリアテイストの中でも、広いワンルームの魅力を活かして「開放感」「リラックス」を感じやすいテイストをご紹介致しますのでご自身のお好みのテイストを見つけてみましょう。

リラックス感が魅力のアジアンテイスト

開放感が広いワンルームと好相性のリゾートテイスト

木材家具で統一したナチュラルテイスト

ゆとりの空間を上質に見せるモダンテイスト

広いワンルームにおしゃれな統一感を作るカラーの取り入れ方

インテリアのカラーコーディネートを行うにあたって基礎的な知識を学びます。基本となる、カラーの組み合わせや配色比率を覚えることが重要です。

一つの空間として見えるため色数は3色前後に絞る

インテリアにおけるカラーの組み合わせは、広いワンルームのイメージを決定付けます。そして、各カラーをどれだけの分量を用いるかという配色比率も重要になります。

カラーの配色で基本となる黄金比率は70:25:5と言われています。配色で最も大きい色を「ベースカラー(基調色)」、次に面積を占めるメインの色を「アソートカラー(従属色)」と言います。

まずベースカラーとアソートカラーを決めることが重要で、最後にアクセントカラー(強調色)を決めて色を組み合わせることでバランスの良いお部屋が生まれます。実際のカラーコーディネートにおいては上記比率を前後させて組み合わせることも多いです。そのため、上記比率は目安としてアレンジしながら取り入れていきましょう。

ソファ周りとベッド周りのカラーを揃える

こちらはソファとベッド周りのカラーを揃えていないコーディネート例です。レッドとグレーのシックな雰囲気とブルーとオレンジの爽やかなカラーが混ざり、ごちゃついて見えます。

こちらのようにソファとベッド周りのカラーを揃えることでシンプルなカラーの内装材にターコイズカラーがアクセントとして感じやすくなり、心地良いカラーコーディネートとなります。

統一感をより演出するラグやカーテン

広いワンルームでは窓が大きいことも多く、カーテンを閉めた時の面積も大きくなります。また、リビングスペース、ダイニングペースに敷くラグは広い空間の中でもアクセントとなり、とても重要なアイテムです。この大きい面積を占めるカーテンとラグのアイテムがコーディネートと好相性であることが広いワンルームをおしゃれにするポイントになります。

ブルーのカラーコーディネート
・ラグ…ブリーズ(ブルー)
・カーテン…ジム(アクアブルー)

パープルのカラーコーディネート
・ラグ…キース(グリーン)
・カーテン…アルコ(グリーン)

パープルのカラーコーディネート
・ラグ…ロータス
・カーテン…シルキー(モーヴ)

グレーのカラーコーディネート
・ラグ…キース(グレー)
・カーテン…ジュール(グレー)

アクセントを付けたい時は柄のアイテムを活用する

例えば、上記のようにブラウンのコーディネートはファッションやインテリアでも、非常に人気が高いカラーです。ただし、インテリアに取り入れる際はブラウンだけでコーディネートすると、メリハリが無く重たい印象に見えるため、柄のアクセントが大事になります。

このように、広いワンルームでは多彩な柄のアクセントを上手く取り入れてみましょう。

広いワンルームにおしゃれなアクセントが付く柄のファブリック

インテリアにおいてベースカラーやアソートカラーの部分はあまり柄や模様を取り入れないため、柄をアクセントにしたい場合はファブリックなどの装飾品で取り入れるケースが多くなります。

柄には華やかさやオリジナリティがあり、お部屋のテーマ性を作るのにも便利ですが、乱雑でまとまりのない印象にならないよう配分に気をつけることが大切です。

  • おしゃれなアクセントが付く柄のファブリック

ワンランク上の空間として彩る柄のファブリックアイテム

ファブリックパネル

気軽に飾ることができるファブリックパネルは、壁に装飾したり、棚の受けに立てかけるだけで、簡単にワンランク上のコーディネートができます。

重量も軽いものが多いためどこでも掛けることができ、あらゆる空間でカラーコーデを楽しめるのが最大の魅力です。

ベッドスプレッド

シーツや布団カバーだけでは生活感が出てしまいますが、ベッドスプレッドを1枚被せるだけでホテルライクなベッドスペースになります。

広いワンルームではベッドは大きな面積を占めるので、是非取り入れて頂きたいファブリックアイテムです。

チェアカバー

ワークスペースやダイニングスペースはシンプルになりがちですが、広いワンルームの同じ空間であえてアクセントにすることでこだわりあるコーディネートを演出します。

同じファブリックのクッションをソファに置くことで統一感もだすことができるのでコーディネートを楽しめるでしょう。

広いワンルームのインテリアコーディネート紹介

ここからは、実際に広いワンルームをコーディネートさせて頂いたお客様の写真を基に実例をご紹介致します。

畳数別でおしゃれに見せるためのポイントやレイアウトと共にご紹介しますので、是非参考にして、広いワンルームをおしゃれにするヒントを見つけてみてください。

【15~19畳】広いワンルームのコーディネート実例

15~19畳の広いワンルームの実例紹介です。奥行きも、横幅もある広い部屋はフリースペースが多く、おしゃれな雰囲気を演出するのが難しいこともありますが、こちらの実例では部屋のバランスを取りながらライフスタイルに合ったコーディネートをされているので参考にしてみてください。

ブラウンで統一されたおしゃれな広いワンルーム

こちらの16畳の広いワンルームは、縦長の間取りで奥にある窓から開放感を感じさせます。家具やファブリックは床の色に合わせたダークブラウンで統一してかっこいい雰囲気の中、温かみがあるヒヤシンスがアクセントになっておしゃれなコーディネートです。

・間取り:16畳ワンルーム/約21㎡
・地域:東京
・住居形態:マンション

リビングの壁面にはアクセントクロスを貼り、ベッドスペースには花柄のアクセントを加えることで、ゾーニングを意識した部屋作りとなっています。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

  • 【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ
    【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ

    部屋作りの際は開放感のあるロースタイルなリビングに仕上げたいという方は多いのではないでしょうか。広く見える部屋づくりを叶えるには、ロースタイルの家具選びや段差を活かしたサンクンリビングのレイアウト、ワンカラーでまとめて視覚的に広く見せることが重要になります。開放的なロースタイルリビングを生み出すポイントを実際のお客様宅実例をふまえてご紹介します。

壁沿いに家具を並べた開放的な広いワンルーム

新築を建てて広いワンルームを作られたお客様。ダークブラウンの家具が、シンプルの中にも高級感を演出し、おしゃれな空間になりました。縦長の間取りに、横長の家具をセレクトし、壁に沿って家具をレイアウトすることで、広いワンルームをより広く感じさせます。

・間取り:19畳ワンルーム/約28㎡
・地域:東京
・住居形態:戸建て

19畳の広いワンルームで仕切りなどは置かず開放的な空間が広がります。フリースペースでは、趣味の楽器を演奏するときも快適に過ごせそうです。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

【8~12畳】広いワンルームのコーディネート実例

8~12畳の広いワンルームの実例をご紹介致します。適度に広い空間は、家具が置きやすいですが、レイアウトや家具選びに悩むことも多いでしょう。こちらではベッド、リビングを上手くゾーニングされた実例をご紹介致しますので、是非参考になさって下さい。

変形ワンルームの間取りに合った家具でおしゃれにみせた実例

自然光を取り入れやすいように、掃き出し窓の前にはフリースペースを作ることで、開放感があるワンルームを実現。壁に沿わせたユニット家具は無垢材特有のあたたかみを感じさせ、アジアンムード溢れるグレー×パープルのヒヤシンスソファと好相性なコーディネートになっています。

・間取り:10畳ワンルーム/約13㎡
・地域:東京
・住居形態:マンション

真四角の部屋ではなく、梁がある変形した間取りの広いワンルームですが、ユニットキューブを組み合わせて梁を上手く活用し、おしゃれに並べました。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

広いワンルームにソファダイニングを置いた実例

広いワンルームでも、ベッドスペース、ダイニングスペース、リビングスペースを確保することは難しい場合もあります。こちらの実例では、リビングスペースとダイニングスペースを1つにソファダイニングとして家具選びをされました。食事も寛ぐこともできるため、快適にお過ごし頂けます。

・間取り:10畳ワンルーム/約15㎡
・地域:神奈川
・住居形態:マンション

オットマンをソファ正面に移動することで複数人でもテーブルを囲むことが可能。広いワンルームのなかで、様々なライフスタイルに対応したおしゃれな部屋作りになっています。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

白とダークブラウンでモダンな印象の広いワンルーム

白を基調とした内装に、ダークブラウンの家具がモダンな印象を感じさせる広いワンルームの実例です。直線的なデザインや脚が細いシャープなデザインがかっこよくおしゃれな空間を叶えています。

・間取り:10畳ワンルーム/約15㎡
・地域:神奈川
・住居形態:マンション

広いワンルームに奥行を感じさせる、直線的なデザインの収納家具に、コーナーに置かれた無垢材のワークデスクがアクセントとなっておしゃれな空間です。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

ヒヤシンスと無垢材でコーディネートされたおしゃれなワンルーム

縦長の広いワンルームにベッド、ソファ、ワークデスクを置いた実例のご紹介です。ヒヤシンスと無垢材をベースに、パープルとグリーンのコーディネートで、アジアンテイストのおしゃれなワンルームを叶えられました。ワークデスクにもヒヤシンスのチェアを組み合わせるなど、統一感を意識されています。

・間取り:10畳ワンルーム/約15㎡
・地域:神奈川
・住居形態:マンション

部屋のメイン家具のヒヤシンスソファは、存在感があり、置くだけで部屋をおしゃれに見せます。無垢材との相性が良くあたたかみを感じる空間です。

  • 広いワンルームをおしゃれに見せる家具

  • 【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし
    【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をアジアンリゾートのような非日常感や深い寛ぎ感のあるインテリア・家具でコーディネートした実例をご紹介します。パープル・グリーン・柄物などアジアンインテリア特有のオリエンタルな色使いの方法、自然のエネルギーを纏った風合いのある家具選びなど、一人暮らしというコンパクトなスペースでもアジアンインテリアを存分に楽しむためのポイントを是非参考になさってください。

広いワンルームに合う家具・インテリアをa.flatの店舗で確認

a.flatの店舗には、こちらのコラムでご紹介した広いワンルームにお勧めの家具やインテリアを多く展示しています。実際のデザインや素材を触れてみることで、ワンルームに置いたイメージを膨らませることができるでしょう。トータルコーディネートされた空間を体感して、お気に入りのコーディネートを見つけてみて下さい。

広いワンルームのイメージがしやすいショールーム

広いワンルームに合う家具・インテリアをご検討の際は、是非店舗で家具やカラーの組み合わせなどをチェックしましょう。広いワンルームにレイアウトする家具のサイズやカラーを実際にご覧頂くことで、好みのコーディネートが見つかります。一度購入したら暮らしに長く寄り添う家具だからこそ、是非お近くの店舗にご来店頂き、じっくりとご検討下さい。

ゆとりある空間と相性の良い家具をショールームで体験

a.flatではロースタイルの家具や、高低差を意識した家具の配置をしており、広いワンルームのコーディネートをイメージしやすい展示になっています。

お客様がよりイメージしやすいように、実際に店内で家具を移動させながらご確認頂くことも可能ですので、できる限り近いイメージをして頂けるでしょう。ご来店頂いた際には、お気軽にスタッフへお申し付けください。

お好みの広いワンルームコーディネートを叶える

インテリアコーディネート全般から家具のレイアウトなどお気軽に相談頂けます。家具・インテリアのコーディネート知識を持ったスタッフが、広いワンルームに合う家具選びや、おしゃれにするコーディネートなどの相談を丁寧にお伺いしますので、これからの部屋作りに是非お役立てください。

  • 広いワンルームのインテリアコーディネートを相談できる店舗

a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
※駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

3Dシミュレーションを使って広いワンルームを再現

a.flatでは無料で3Dコーディネートサービスをご案内しています。図面から実際の部屋イメージを作成し、おしゃれな広いワンルームを叶えるために様々なソファサイズ・形を置いたときのイメージや、インテリアコーディネートを2Dや3Dで確認することが可能です。部屋に合ったレイアウトをシミュレーションして、広いワンルームに合う家具選びとおしゃれに見せるコーディネートを確認してみましょう。

a.flatの店舗スタッフに直接相談して頂くことも可能です。インテリアコーディネート全般から家具のレイアウトなどお気軽に相談頂けます。スムーズにコーディネート相談されたい場合は事前にご来店の相談・ご予約がおすすめです。直接ご来店頂いて相談したい場合は、部屋サイズの分かる図面を必ずお持ち下さい。

  • お客様宅のリビングを再現してレイアウトを確認できる

お客様の図面を基にまずは2D画面でリビングを作成します。その上で、お好みの家具を自由に配置し、20畳という広さを活かしたレイアウトを行えます。

2D画面はワンクリックで3D画面に切り替えることができます。こちらはリビングを真上から見たバードビューモード。全体の完成イメージが掴めます。

  • 広いワンルームに合う形のソファを確認することができる

広いワンルームで悩みがちなソファのサイズ・形も、3Dコーディネートサービスがあれば簡単にベストな種類を探すことができます。例えばこちらは、3名掛け+オットマンのスタイルです。

「それぞれで寛げる 3名掛け+オットマン魅力的だけどカウチソファにも憧れる」等、少しでも候補があれば気軽に3Dコーディネートサービスで試して、部屋の主役となるソファをじっくり選びましょう。

  • 統一感のあるカラーコーディネートを確認できる

広いワンルームに欠かせない統一感のあるカラーコーディネートも行えます。ソファカバー・ラグ・クッション・カーテン等のインテリア小物を追加して、バランス良く部屋を彩りましょう。

また広いワンルームのフォーカルポイントとなってくれる、壁面装飾・観葉植物も取り入れることができます。広い空間の中で、しっかりと目線を集めてくれそうな場所を探しましょう。

  • その他 3Dコーディネートサービスでできること

「自宅の内装を再現することができる」
リビングの完成イメージが湧き易いよう、床色・壁・建具などは、豊富な色・材質の選択肢からお選び頂くことができます。既に住んでいる方はもちろんのこと、これから新築・リフォーム等で内装と家具を一緒に検討したいという方にも便利な機能です。

「スマホ・タブレットでも観覧・編集ができる」
一度お作りした3Dデータは、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも観覧・編集が可能です。外出先でも気軽に使えるので、空いた時間でインテリアを検討したり、工務店や設計士と打ち合わせをする際のイメージ共有ツールとして使うなど非常に便利です。

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • マイルーム 〜3Dシミュレーション〜

    マイルーム 〜3Dシミュレーション〜のページです。お気に入りの商品をお部屋にレイアウトして3Dシミュレーションをする事ができます。(無料)ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しておます。

まとめ

こちらのコラムはいかがでしたか?広いワンルームで快適な空間を叶えるためには「家具をピックアップ」「生活に合わせたレイアウトを組む」ことがポイントになり、おしゃれな空間にするためには「インテリアアイテムでメリハリを出す」「インテリアアイテムやカラーで統一感を演出する」ことで、広いワンルームをおしゃれな空間にすることができます。

是非これらのポイントをおさえて、おしゃれで快適な広いワンルームを叶えて下さい。

  • 6畳のワンルームやリビングに置けるソファとレイアウト方法
    6畳のワンルームやリビングに置けるソファとレイアウト方法

    6畳という狭いワンルームやリビングにソファを置く場合には、ソファ選びとレイアウトの工夫が重要。サイズやデザイン選び、そしてなるべくお部屋を狭く見せないようなコーディネートなど、工夫をすることで6畳間でも快適なソファライフを過ごすことができるのです。今回は6畳間に置くソファの選び方や置き方のコツをご紹介したいと思います。

  • ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート
    ワンルーム・一人暮らしの理想を叶えるインテリアコーディネート

    一人暮らし・ワンルームのコンパクトなお部屋でも理想のインテリアを楽しみたい。けれど部屋のサイズに制限があるため、どんな家具やインテリアコーディネートが良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。狭いワンルームや一人暮らしのお部屋でも贅沢に寛げて永く使える家具選び、お薦めのカラーコーディネートなどをご紹介します。理想の部屋で一人暮らしを楽しめるように、インテリアのコツを掴みましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.