• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

8畳1Kのおすすめレイアウトを解説!縦長や横長の長方形・正方形の8畳レイアウト実例&ポイント紹介

8畳1Kのおすすめレイアウトを解説!縦長や横長の長方形・正方形の8畳レイアウト実例&ポイント紹介

一人暮らしで利用されることの多い8畳1Kやワンルームですが、長方形や正方形など様々な間取りがあり、家具のレイアウトに悩む方も多いのではないでしょうか。こちらのコラムでは、8畳1K・ワンルームの間取り別のレイアウトパターンやポイントをご紹介しますので、是非チェックして下さい。

コンパクトな8畳で快適に暮らすポイント

8畳の空間を最大限に活用するには、家具選びと配置が重要です。ワンルームや1Kでは、多機能家具や壁面収納を活用し、床面を広く保つことで開放感を演出。リビングなら、ソファとテーブルの位置を工夫して、快適なくつろぎスペースを確保しましょう。自分の生活スタイルに合わせて自分らしい8畳を作ってください。

8畳の部屋ってどのくらいの広さ?

お引っ越しなどをご検討の際、間取り図や図面などに部屋の広さが記載されています。一人暮らしでよく選ばれる8畳のワンルームや1Kといった物件がありますが、「8畳」とは、どのぐらいの広さになるのでしょうか?部屋の広さは家具のレイアウトを検討する時に重要なポイントになるため、しっかりとチェックしましょう。

8畳の広さの目安は「12.96㎡」

図面や間取り図に記載されている「8畳」とは、その名の通り畳8枚分の広さです。畳の大きさは全国で異なりますが、目安となる畳の大きさは不動産の規約で決まっており、1畳の広さは1.62㎡以上と記されています。そのため、8畳の広さの目安としては、「12.96㎡」以上と覚えておきましょう。

ワンルームと1Kで異なる住空間として使える広さ

8畳の広さの目安は分かりましたが、図面などに8畳と記載されている物件は全て同じ広さなの?と疑問に思う方も多いと思います。実は、ワンルームと1Kでは、示している部屋のスペースが違うため、物件の間取り図を見た際は、ワンルームか1Kなのかをチェックすることが大切です。

ワンルームと1Kの違い

それでは、ワンルームと1Kは何が違うのでしょうか?ワンルームと1Kでは住空間として使えるスペースに大きな違いがあり、同じ「8畳」でも、暮らし方や家具のレイアウトが異なります。双方の違いを把握して、理想的な暮らしを送れる間取りを選びましょう。

ワンルーム → 部屋とキッチンに仕切りが無い
ワンルームは、居室とキッチンの仕切りが無いため、キッチンも含めた広さになります。

1K → 居室とキッチンに仕切り(ドア)がある
1Kであれば、居室とキッチンが分かれているため、居室のみの広さを示します。

1K8畳の方が広く使いやすい

キッチンの面積が含まれない1Kの間取りであれば、住空間として使える部屋の広さも大きいため、生活に必要な家具を配置できたり、生活動線の確保がしやすくなります。一人暮らしなどで部屋を探す際は、1Kかワンルームなのかをチェックして、暮らし方に合った間取りを選びましょう。

8畳1K・ワンルームでは間取りの形に合わせたレイアウトが大事

8畳の限られた間取りでも生活のしやすい部屋を作るためには、家具のレイアウトが大切になります。1Kかワンルームでも配置できる家具が変わってくるため、ある程度部屋の広さを把握して、快適な暮らしを送れる家具のレイアウトを考えましょう。

おすすめメニュー

8畳1K・ワンルームの間取りの形に合わせたレイアウトパターン

部屋の広さに限りがある8畳の1Kやワンルームですが、部屋の形によっても家具のレイアウトが変わります。それでは、どのようなレイアウトパターンがあるでのしょうか?間取りの形別でレイアウトをご紹介しますので、チェックしてみましょう。

8畳の間取りに合わせたおすすめのレイアウトパターン

長方形・縦長の8畳1K・ワンルームにおすすめのレイアウトパターン

オーソドックスな間取りの形になる長方形で縦長の8畳1K・ワンルーム。部屋の入り口から窓まで奥行きのある形となるため、家具のレイアウトも生活動線を意識した配置がポイントになります。どのような8畳の長方形・縦長の間取りにおすすめなレイアウトパターンがあるのかをご覧ください。

壁側にベッドを寄せたレイアウトパターン

縦長の1K・ワンルームの間取りでは、ベッドを壁側に寄せてレイアウトすることで、窓までのアクセスや抜け感を演出することができ、スッキリとした印象になるなどのメリットがあります。生活動線を確保するために家具のサイズ感に気を付けましょう。

パターン1:窓までのアクセスがしやすい8畳ワンルームのレイアウト

窓までの動線を確保することで、スッキリとした印象の8畳ワンルームに。なるべくコンパクトな家具がおすすめです。

シングルサイズのベッドと、コンパクトなサイズ感のダイニングセットをレイアウト。ダイニングセットは、シャープなデザインもポイントです。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン2:ベッドをソファの様に使う8畳1Kのレイアウト

ベッドの前にローテーブルを配置することで、ベッドをソファの様に使って暮らせるレイアウトに。スペースを有効に活用していただけます。

ベッドの上でくつろぐことも、ベッドに寄り掛かり、ローテーブルで食事なども行えます。寄り掛かった際に、背中を支えてくれる高さのベッドがおすすめ。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

パターン3:一人掛けソファで寛げる8畳1Kのレイアウト

ベッドを壁に寄せて、空いたスペースに1人掛けのソファをレイアウト。ソファがあることで、くつろぎやすい空間になります。

ラタン素材で編み込まれた1人掛けソファは、自然のぬくもりや癒しを与えてくれます。リラックスムードのある1Kを演出するソファです。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

窓側にベッドを寄せたレイアウトパターン

長方形・縦長の1Kやワンルームで、ベッドを窓側に寄せてベッドスペースとは他にスペースを設けたレイアウトをご紹介します。窓側に寄せることで、それぞれのスペースを確保しやすいメリットがあるため、どのように8畳の部屋を使いたいのかでレイアウトを考えましょう。

パターン4:コンパクトなダイニングセットがある8畳ワンルームのレイアウト

8畳のワンルームにベッドとダイニングセットをレイアウトして、生活のしやすい部屋作りに。食事スペースと休息スペースで分けて使えます。

窓の前にベッドをレイアウトするため、スッキリと見えるローベッドがおすすめ。抜け感のあるコンパクトなダイニングセットとも相性は抜群です。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン5:ベッド+ソファでくつろぎやすい8畳1Kのレイアウト

8畳の1Kであれば、ベッドと2人掛けソファをレイアウトすることも可能です。窓までのアクセスを考えて、最低限の生活動線は確保しましょう。

レイアウトするソファは、コンパクトなサイズがおすすめ。片アームのソファであれば、抜け感も演出することができます。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

間仕切りを使ってリビングと寝室で分けたレイアウトパターン

長方形の間取りであれば、部屋を仕切ってスペースを分けることも可能です。8畳を仕切ることで、それぞれのスペースの目的がはっきりし、生活を送りやすくなるメリットがあります。ただ、閉鎖的な間仕切りを使用してしまうと、圧迫感が生まれてしまいますので注意しましょう。

パターン6:収納棚で仕切って使い勝手の良い8畳ワンルームのレイアウト

8畳のワンルームは、どうしても収納力に限りがあります。収納棚を間仕切りとして使うことで、生活感の軽減と収納力をアップすることが可能です。

組み合わせが自由な収納棚を使えば、自分好みの間仕切り棚を作ることができます。適度な抜け感と動きのある組み合わせがポイントです。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン7:パーテーションを使って空間を分けた8畳1Kのレイアウト

寝室スペースとリビングスペースを適度に仕切りたい際は、パーテーションを使いましょう。ベッド周りの生活感を軽減することができます。

適度に抜け感のあるパーテーションは、圧迫感を軽減し、空間を仕切ってくれます。他の家具と色味を合わせると、よりおしゃれなインテリアに。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

長方形・横長の8畳1K・ワンルームにおすすめのレイアウトパターン

8畳1Kやワンルームの長方形の間取りでよくある形としては、横長の間取りもあります。横長の間取りの場合、窓周りがスッキリしていて比較的明るさが確保された部屋が多い分、家具のレイアウトも慎重に検討する必要があるため、どのようなレイアウトパターンがあるのかをチェックしましょう。

部屋の中心にソファを配置して空間を仕切るレイアウトパターン

横長の間取りで家具をレイアウトする際、ソファを部屋の中心に配置して、空間を仕切るレイアウトパターンがあります。このレイアウトでは、ソファのデザインやサイズ感によって部屋の見え方も変わるため、ソファにこだわりたいという方におすすめのレイアウトです。

パターン1:ローソファを使って開放感のある8畳1Kのレイアウト

高さを抑えたローソファをレイアウトすることで、ソファを部屋の中心に配置してもスッキリとした印象を演出します。

ソファに使われているヒヤシンス素材が魅力のローソファ。素材感を十分に感じていただけるため、こだわりのインテリアを叶えてくれます。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

パターン2:ハイバックソファで空間のメリハリをつけた8畳1Kのレイアウト

背もたれの高さがあるハイバックソファをレイアウトすることで、リビングスペースと寝室スペースで分けた空間作りが可能です。

高さのある背もたれに寄りかかることで、極上の座り心地を叶えたハイバックソファ。優雅にくつろいでいただけます。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

ベッドを窓に平行にレイアウトしてゆったりくつろぐレイアウトパターン

8畳の横長の間取りに対して、ベッドを窓に平行にレイアウトすることで、比較的ゆったりとしたサイズ感のベッドを配置することができます。睡眠にこだわりたい方や、そこまで家具を置きたくない方におすすめのレイアウトです。ベッドを窓付近にレイアウトする際は、生活動線の確保を意識しましょう。

パターン3:サイズの大きいベッドも置ける8畳ワンルームのレイアウト

横長のワンルームで、ゆったりくつろげるようにダブルサイズのベッドをレイアウト。空いたスペースにダイニングセットを配置しています。

ヘッドボードがスッキリしたローベッドになるため、比較的大きいサイズ感のベッドをレイアウトしても圧迫感の少ないワンルームになります。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン4:デスクワークもできる8畳1Kのレイアウト

ゆったりくつろげる寝室スペースと、仕事や作業ができるワークスペースを設けたメリハリのあるレイアウトです。

本格的な仕事や作業を行う際は、ある程度大きさのあるデスクが必要に。素材感を感じるデスクであれば、おしゃれなインテリアを演出します。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

ワーク・デスクv02
ワーク・デスクv02

139,920円(税込)

ブックシェルフ Lv02
ブックシェルフ Lv02

67,969円(税込)

ムク・ベッドv01 SD
ムク・ベッドv01 SD

147,466円(税込)

コートハンガー
コートハンガー

28,314円(税込)

正方形に近い8畳1K・ワンルームにおすすめのレイアウトパターン

8畳の1Kやワンルームの部屋を探す際、長方形だけではなく、正方形に近い間取りもあります。正方形になることで、スペースの使い方やレイアウトパターンも変わってくるため、どのようなレイアウトのパターンがあるのかをチェックしてみましょう。

暮らし方に合わせてスペースを使ったレイアウトパターン

正方形の間取りに家具をレイアウトする場合は、それぞれのスペースの使い方がポイントになります。どのように8畳の空間で暮らすのかによっても正方形のスペースの使い方が異なるため、暮らし方に合わせたレイアウトを心がけましょう。

パターン1:ソファダイニングで多目的に使う8畳ワンルームのレイアウト

くつろぐことも食事をすることもできるソファダイニングは、スペースを有効に使えるアイテムです。広さに限りがある間取りの際は、検討してみましょう。

ラタン素材を丁寧に編み込んだソファをレイアウトすることで、インテリア性も上がり、おしゃれにな雰囲気を演出します。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン2:収納家具を配置した収納力のある8畳ワンルームのレイアウト

収納力に限りのあるワンルームでは、暮らし方に合わせた収納家具が必要に。また、デッドスペースになりがちなベッド下なども活用したレイアウトです。

デザインを揃えた収納家具をレイアウトすることで、収納力とインテリア性のバランスが取れた空間が完成します。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン3:在宅ワーク向けの仕事効率を考えた8畳1Kのレイアウト

正方形の間取りに合わせて家具をレイアウトして、空いたスペースにデスクを配置した8畳の部屋。オンとオフのバランスが取れています。

1人掛けのソファとデスクのチェアをヒヤシンス素材で統一。おしゃれなインテリア性も確保したレイアウトになります。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

扉・窓が多い間取りでも必要な家具が置けるレイアウトパターン

正方形に近い間取りでは、部屋の三面または全面が扉や窓に囲われるような間取りもあります。部屋の中心に家具をレイアウトしなければならないため、家具のサイズ感や使い勝手の良い配置がポイントに。レイアウトも限られてくるため、どのようなパターンがあるのかを確認しましょう。

パターン4:部屋の三面に扉・窓がある8畳ワンルームのレイアウト

部屋の三面が扉や窓の8畳正方形の間取りでは、部屋の中心に家具をレイアウトするため、コンパクトなサイズ感の家具がおすすめ。

コンパクトなソファダイニングにすることで、スペースを有効に活用していただけます。スッキリとしたデザインもポイントです。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン5:部屋の全面に扉・窓がある8畳1Kのレイアウト

部屋の全面に扉や窓がある間取りでも、家具のサイズ感とレイアウトを工夫すれば、過ごしやすい空間が完成します。

開放感のある1.5人掛けのローソファをレイアウト。デザイン性にも優れていて、おしゃれな部屋を演出しています。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

L字型の8畳1K・ワンルームにおすすめのレイアウトパターン

物件によっては少し複雑な間取りも存在し、特に多い変形型の間取りとしては、L字のような間取りがあります。家具のサイズや配置できるアイテムに限りが出てきますが、間取りの特徴を活かすことで、生活のしやすい空間に。どのようなレイアウトパターンがあるのか、チェックしてみましょう。

部屋の形に合わせて生活空間を仕切ったレイアウトパターン

柱やバルコニーの位置によってL字のような間取りになり、奥まったスペースができてしまう特徴があります。そこで、その奥まったスペースを有効に使い、生活空間を分けたレイアウトにしてみましょう。1Kやワンルームでも生活空間を分けることで、くつろぎやすい部屋が完成します。

パターン1:ダイニングと寝室で分けた8畳ワンルームのレイアウト

部屋の奥側にベッドを配置し、プラーベート空間を確保したレイアウト。キッチン付近にダイニングセットを置くことで、食事とくつろぐ空間を分けました。

コンパクトなサイズ感でもお二人で食事がしやすいダイニングテーブル。部屋のサイズが限られた8畳でもレイアウトしやすいテーブルです。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン2:リビング+ダイニングと寝室で分けた8畳1Kのレイアウト

L字の間取りを活かして、ベッドの他にリビング家具とダイニング家具をレイアウトしています。コンパクトな家具がおすすめです。

部屋の中心にレイアウトしても開放感を演出するローソファ。アームを着脱できる点も、8畳におすすめのポイントです。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

部屋を仕切って長方形の間取りとして使うレイアウトパターン

L字の間取りでは部屋を仕切ることで長方形の間取りとして使え、家具のレイアウトがしやすくなります。また、生活空間の目的もはっきりするため、暮らしやすい環境に。部屋を仕切る際は、なるべく圧迫感の出ない間仕切りを使用しましょう。

パターン3:キッチンを仕切って1Kとして使うワンルームのレイアウト

キッチンと一体になっているワンルームですが、キッチンスペースを仕切ることで、1Kのような使い方が可能になります。

適度な抜け感のあるパーテーションを使うことで、部屋を仕切っても圧迫感を軽減することが可能です。生活感の出やすいキッチンをおしゃれにします。

  • この8畳ワンルームにレイアウトされている主な家具

パターン4:寝室を仕切って2Kとして使う8畳1Kのレイアウト

部屋の中心に収納家具をレイアウトして、リビングスペースと寝室スペースで分けたレイアウト。プライベート空間を確保しやすくなります。

ユニットタイプの収納棚を間仕切りとして使用しています。好みのデザインにレイアウトして、こだわりのインテリアを演出しましょう。

  • この8畳1Kにレイアウトされている主な家具

8畳1K・ワンルームで快適に暮らす家具・レイアウトのポイント

8畳の限られた広さでも、快適な暮らしを送れる家具やレイアウトのポイントをご紹介します。1Kやワンルームの間取りでは、配置できる家具が限られますが、部屋のレイアウトや配置しやすい家具のポイントを押さえて、素敵なインテリアを叶えましょう。

8畳1K・ワンルームを快適に過ごす家具・レイアウトのポイント

ポイント1:生活動線を意識した家具のレイアウト

8畳の1Kやワンルームで快適な暮らしを送るためのポイントは、生活動線を意識した家具のレイアウトになります。部屋の大きさに限りがある8畳に家具を置きすぎては生活に支障をきたすため、部屋の中をストレスフリーで動ける生活動線を意識しましょう。

部屋の中を移動しやすい生活動線が大切

部屋の数に限りがある8畳の1Kやワンルームでは、一部屋にレイアウトしなければならない家具が多くあります。また、食事や睡眠などを快適に行うためにも、それぞれのスペースに移動がしやすい生活動線を意識しましょう。

8畳1K・ワンルームで生活動線に必要な距離感

生活動線を意識しながら部屋のレイアウトをする際、基本となる生活動線(=人が通れる幅)を確認しておきましょう。人が快適に過ごせる幅、距離を作ることが日々の過ごしやすい空間を生み出します。

基本の生活動線例(一人で通る幅)

一人でゆったり通る場合の動線は約600mm前後のスペースで、横歩きでも最低300mm以上の幅が必要です。8畳の1Kやワンルームで暮らす場合、一人暮らしの方が多いため、このスペースは快適に暮らせる目安になります。家具をレイアウトする際にこの幅を覚えているだけでも、快適な部屋作りの参考になるでしょう。

ソファからテレビまでの基本距離
快適に過ごせる距離の目安として奥行き1400mmの定番ラグマットを敷く方法があります。ソファの脚にラグを噛ませるなど距離のバランス調整も可能です。

ベッド周りの最低限の距離感
部屋の大きさに限りがある8畳では、ベッド周りの生活動線を最低限で確保しましょう。壁からベッドまで300mm離れていれば、横歩きができます。

家具のゾーニングを意識して過ごしやすいレイアウト

1Kやワンルームでは、リビングや寝室、ワークスペースなど様々な用途のスペースを必要とします。スペースを一つにまとめることも良いですが、ゾーニングを行うことで、目的がはっきりとした空間を演出することができ、それぞれのスペースで過ごしやすくすることが可能です。

ゾーニングの方法は色々とあり、家具で空間を仕切る方法や、ファブリックのカラーに変化を付けて分ける方法などがあります。自身の暮らし方に合わせたゾーニングの方法を選びましょう。

収納家具をリビングスペースと寝室スペースの間に設けて、空間をゾーニングしたレイアウト。

グレーを使ったベッド周りとパープルでコーデされたソファ周りでゾーニングを行ったレイアウトです。

ポイント2:ベッドの大きさで変わる8畳のレイアウト

快適な生活を送るためには様々な家具が必要になり、重要度の高いアイテムとしてベッドがあります。8畳という限られた空間にベッドをレイアウトする際は、ベッドの大きさによってレイアウトが異なるため、ベッドのサイズごとに必要なスペースを把握しましょう。

  • 基本的な各ベッドのサイズ

シングルサイズ
幅97cm×奥行195cm

セミダブルサイズ
幅120cm×奥行195cm

ダブルサイズ
幅140cm×奥行195cm

クイーンサイズ
幅160cm×奥行195cm

シングルベッドで生活スペースを確保した8畳ワンルームのレイアウト

広さに限りがある空間でも比較的レイアウトしやすいサイズ感になるのがシングルベッドです。キッチンスペースも含まれているワンルームにレイアウトすることで、スペースの確保がしやすいため、狭い部屋におすすめのベッドサイズになります。

セミダブルベッドでバランスを取った8畳1Kのレイアウト

キッチンスペースとは別に居室がある1Kであれば、セミダブルサイズのベッドがおすすめです。セミダブルサイズであれば、男性が寝返りをうっても余裕があるため、快適な睡眠を送ることができます。睡眠にこだわりたい方は、是非検討してみましょう。

ダブルベッドでゆったり休める8畳1Kのレイアウト

体格の良い方や優雅にくつろぎたいという方には、ダブルサイズのベッドが良いでしょう。1人であれば寝返りをうってもベッドから落ちる心配もありません。サイズが大きくなるため、ベッド以外のアイテムは慎重に選ぶ必要があります。

収納付きベッドは周囲のレイアウトも余裕をもって

ベッドの種類には、収納機能が付いた実用的なベッドもあります。収納力の限られたワンルームや1Kには、使い勝手が良くおすすめのベッドです。収納付きのベッドを8畳にレイアウトする場合は、しっかりと収納を使うスペースを確保してからサイズを選びましょう。

収納スペースが確保されていないレイアウト
ベッドの横に配置しているソファセットが大きく、ベッドの収納機能を使えないレイアウト。窓側も余裕がないため、収納が使えません。

収納スペースが確保されたレイアウト
ベッド周りのスペースを確保することで、使いやすいレイアウト。引き出しタイプの収納付きベッドであれば、600mmほどのスペースを確保しましょう。

ポイント3:8畳1K・ワンルームを快適にする家具選び

生活を快適にするためには、家具選びも大切なポイントです。特に8畳の1Kやワンルームではレイアウトできる家具に限りがあるため、どのような生活を送りたいのか、どのくらいの家具が置けるのかをしっかりと把握して家具を選びましょう。

まずは必要な家具から選ぶのがコツ

1Kやワンルームにレイアウトする家具を選ぶ際は、必要な家具から選ぶようにしましょう。8畳の広さでは、レイアウトできる家具の数やサイズ感に限りがあるため、どのような生活スタイルを送るのかを事前にチェックして、そのスタイルに合わせた家具を選ぶことが大切です。

くつろげる空間作りならソファがおすすめ
ソファをレイアウトすることで、くつろぎやすい空間を叶えることができます。

食事や作業をするならダイニング家具
自宅で仕事や作業を行う方であれば、ダイニング家具をレイアウトして多目的に使える空間作りに。

8畳にレイアウトしやすいコンパクトサイズの家具

サイズ感のコンパクトな家具であれば、8畳の空間にも比較的レイアウトがしやすく、理想の生活を送ることが可能です。また、複雑な形状の間取りや、必要な家具が多い場合でも、ある程度レイアウトしやすくなります。部屋のサイズや間取りに合わせてコンパクトな家具を選びましょう。

  • 8畳の1K・ワンルームにレイアウトしやすいコンパクトな家具

コンパクトソファ
奥行きがコンパクトなソファは、限られた広さにもレイアウトできます。

1人掛けソファ
スペースをあまり取らない1人掛けのソファ。8畳にも配置しやすいソファです。

ダイニング家具
サイズ感がコンパクトなダイニングセットがおすすめです。

奥行きの短いベッド
ベッドをレイアウトする際は、奥行きの短いタイプを検討しましょう。

8畳の部屋を広く見せるロースタイルの家具

8畳の1Kやワンルームに家具をレイアウトすると、圧迫感が生まれやすく、窮屈な印象になりがち。そこで、高さを抑えたロースタイルの家具をチェックしてみましょう。家具の高さを抑えることで、開放感のある空間演出が可能です。

  • 8畳1Kやワンルームにおすすめのロースタイル家具

ローソファ
高さが抑えられたローソファであれば、開放感のある空間を演出します。

ローベッド
ベッド特有の圧迫感を軽減してくれるローベッド。狭い部屋におすすめです。

ローダイニングテーブル
ダイニングテーブルの高さを低くすることで、スッキリとした印象に。

ローボード
ローソファや床座スタイルにおすすめのローボードになります。

スッキリ見せるデザインの家具も8畳におすすめ

家具を選ぶ際、機能性や素材感も大切ですが、デザイン性も重要なポイントに。デザインがスッキリした家具であれば、8畳の部屋にレイアウトしても抜け感を演出してくれます。また、デザイン性にこだわることで、おしゃれなインテリアが完成するため、家具を選ぶ際はデザインにも注目しましょう。

抜け感を演出するシャープなデザイン

ダイニングセットも8畳の1Kやワンルームにはレイアウトしやすい家具になります。その際、選ぶデザインとしては、シャープなデザインがおすすめです。テーブルであれば中脚のタイプにすることで、スッキリとした印象に。チェアは背もたれに抜け感を演出するデザインを選ぶといいでしょう。

1K・ワンルームの収納力をアップさせるおしゃれな収納家具

部屋の大きさや間取りによって収納力にも限りが出てしまいがちな1Kやワンルームでは、収納家具も大切なアイテムです。生活感を軽減することで、おしゃれでスッキリとした印象のインテリアが完成します。収納家具も8畳のインテリアを作る重要なアイテムになるため、おしゃれなデザインのタイプを選びましょう。

テレビボードとキャビネットのデザインを揃えることで、隣同士にレイアウトしても一体感のある収納家具を演出していただけます。

キッチン収納も同じシリーズで揃えると、空間全体として統一感を演出して、おしゃれなインテリアが完成します。

ポイント4:カラーコーディネートで8畳の部屋をおしゃれにする

おしゃれなインテリアを作るためにはカラーコーディネートも必要です。8畳の部屋でもカラーコーディネートを行って、おしゃれな空間を作りましょう。それぞれのインテリアのテーマに合わせたカラーを使うと、理想のインテリアが完成します。

生活感の出やすい空間だからこそからコーディネートでおしゃれに

1Kやワンルームでは、ソファやベッドなどの家具を一部屋にレイアウトしなければならないため、生活感が出やすくなります。そこで、カラーコーディネートを行って、インテリアの統一感やテーマ性を演出してみましょう。生活感を軽減することで、おしゃれなインテリアを作ることが可能です。

カフェのような落ち着いた雰囲気の「ブラウンコーディネート」

ブラウンをメインカラーでコーディネートした8畳のインテリア。ブラウンの持つ落ち着いた雰囲気が、おしゃれなカフェ風のインテリアを演出しています。ダークブラウンのカラーを使った家具とも相性が良く、馴染ませやすいカラーコーディネートです。

  • ブラウンコーディネートに使用されているカラー

シックにモダンな印象にするなら「モノトーンコーディネート」

モノトーンでまとめられた8畳のインテリアです。ソファカバーにチャコールグレーを使い、シックな雰囲気を演出。カーテンにもダークグレーを使うことで、壁のホワイトとコントラストが生まれ、メリハリのあるインテリアになります。

  • モノトーンコーディネートに使用されているカラー

サーフ系男子におすすめの「ブルーコーディネート」

爽やかなブルーをメインカラーに使ったコーディネート実例です。波打ち際を連想させるブルーのアクセントラグが空間に動きを演出。リゾート気分を味わえるヒヤシンスのソファとも相性がよく、非日常を感じさせるインテリアを叶えています。

  • ブルーコーディネートに使用されているカラー

ラグジュアリーな大人女子部屋を作る「パープルコーディネート」

上品なパープルでコーディネートされたインテリアは、ラグジュアリーな大人女子におすすめのカラーコーディネートです。ベッドスプレッドを使ってベッド周りも色を入れることで、統一感があり、ホテルライクな雰囲気の8畳インテリアを作ります。

  • パープルコーディネートに使用されているカラー

カジュアルな空間を楽しめる「ミックスカラーコーディネート」

複数のカラーを取り入れることで、カジュアルな雰囲気のインテリアに。家具の素材や色味をシンプルにすることで、こだわりのあるカラーコーディネートを引き立てています。複数のカラーを使い、ポップな雰囲気で気分の上がる空間が完成しました。

  • ミックスカラーコーディネートに使用されているカラー

8畳をセンス良く見せるには配色バランスが重要

カラーコーディネートを行う際、センスが良く見える配色の比率があり、その黄金比率は「70:25:5」のバランスです。最も面積を占める色を「ベースカラー」、次に多い色を「アソートカラー」、一番面積の小さい色を「アクセントカラー」といいます。この黄金比を意識して、素敵なインテリアをコーディネートしてください。

おすすめメニュー

  • 一人暮らしのインテリアコーディネート ~自分好みの統一感ある部屋の作り方~
    一人暮らしのインテリアコーディネート ~自分好みの統一感ある部屋の作り方~

    新しく一人暮らしをスタートする際、部屋・ワンルーム ・1LDKのインテリアコーディネートをどのようにするのか?いろいろと考えるのは楽しみの一つです。一人暮らしで自分の好きな部屋イメージを作るには、インテリアが欠かせませんが、その際に意識したいのが「部屋の統一感」です。一人暮らしの場合、部屋・ワンルーム ・1LDKの間取りやサイズに限りもあるため、出来るだけ部屋のインテリアイメージを統一した方がおしゃれで綺麗に見えやすくなります。部屋のテイストを自分好みの雰囲気に演出して、一人暮らしを充実させるためのインテリコーディネートのコツをご紹介致します。

おしゃれな8畳1K・ワンルームを叶えたレイアウト実例

8畳の1Kやワンルームをおしゃれにコーディネートしたレイアウト実例をご紹介します。長方形や正方形に近い間取りに合わせて、生活のしやすい家具のレイアウト行った実例や、こだわりのあるカラーコディネートが魅力の実例など豊富にあるため、是非参考にしてみましょう。

縦長・横長の長方形の8畳1K・ワンルームのレイアウト実例

長方形の間取りでは、ベッドの配置によって家具のレイアウトが異なり、部屋を移動しやすいレイアウトがポイントに。どのような生活を送るのかを検討して、家具を配置することで、暮らしやすい8畳の空間が完成します。どのようなレイアウトがあるのかをチェックしてみましょう。

ロースタイルの家具でまとめた高級感のある8畳レイアウト実例

8畳の限られた空間でもロースタイルのインテリアでまとめた開放感のあるレイアウト実例です。ラグジュアリーで高級感のあるパープルを、インテリアカラーに使うことで、印象的な空間を演出しています。8畳ワンルームにベッドやソファをレイアウトしたい場合は、こちらの実例の様に開放感のある家具を配置しましょう。

高級感のあるインテリアを演出する際は、ベッド周りの装飾も行いましょう。高級感のあるベッドを叶えるアイテムとして、ベッドスプレッドがあります。

縦長の8畳に対して、ベッドを窓側に寄せることで、ソファもレイアウトすることが可能です。ローベッドは、窓までの抜け感を演出します。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)を高級感漂うラグジュアリーな雰囲気にしたいときには、ホテルライクなインテリアや家具でまとめましょう。ワンルームから1LDKをリゾートホテルのようなロースタイル家具で統一することで、部屋を開放的な空間にすることができます。ぜひ、ホテルライクなインテリアコーディネートを活用してワンランク上の一人暮らしライフをお楽しみ下さい。

ベッドとデスクのサイズバランスが取れた8畳レイアウト実例

在宅ワークなど自宅で仕事や作業をする場合は、デスクや収納家具が必要になります。こちらの実例では、自宅でも作業ができるように本格的なワークデスクや本棚をレイアウト。ベッドのサイズとバランスを整えることで、使い勝手の良い8畳ワンルームの空間が完成しました。

1人掛けのソファをレイアウトすることで、くつろげるスペースも設けて、オンとオフをしっかりと切り替えられる部屋を演出。

ベッドのサイズをセミダブルにすることで、片側の窓をふさがず、バルコニーまでアクセスがしやすいレイアウトになります。

おすすめコラム

ソファダイニングで生活動線を確保した8畳レイアウト実例

8畳の空間では、配置できる家具にも限りがあります。そこで、スペースを有効に活用できるソファダイニングを検討してみましょう。こちらの実例は、コンパクトなソファとテーブルを組み合わせて、8畳でも快適な生活を叶えたレイアウト実例です。

テレビボードは、ソファダイニングからでもTVを視聴しやすいようにハイタイプを配置。アイアンの脚がスタイリッシュな雰囲気を演出しています。

コンパクトなソファダイニングをレイアウトすることで、ダブルサイズのベッドを8畳の空間に配置することができました。

おすすめコラム

南国リゾート風のカラーコーデが魅力の8畳レイアウト実例

暖色のカラーコーディネートや、ぬくもりを感じる自然素材の家具でまとめた南国リゾート風のレイアウト実例。細かいインテリアアイテムにもこだわることで、生活感の出やすいワンルームでもおしゃれな印象の空間になります。

無垢材の温かみを感じるベッドに、暖色の花柄ベッドスプレッドを合わせることで、常夏のリゾート気分を味わえます。

コンパクトなダイニングセットや、シングルサイズのベッドをレイアウトして、スッキリとした生活のしやすい8畳の空間を演出しています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】南国ムード溢れるハワイアンなインテリアコーディネート

    一人暮らしのコンパクトな部屋(ワンルーム ・1LDK)を華やかに魅せてくれるハワイアンなインテリアコーディネート。ハワイで眺める美しいサンセットの情景やカラフルな花々をイメージした、レッド・オレンジ・イエローのインテリアコーディネートを、一人暮らしの部屋で人気のワンルームと1LDKの2つの間取りでご紹介します。

シャープなデザインの家具でスッキリ見せる8畳レイアウト実例

シャープなデザインの家具をレイアウトしたモダンな雰囲気のワンルーム実例。ダークブラウンの家具でまとめることで、洗練された統一感がある空間演出をしています。モノトーンのカラーコーデの中にアクセントカラーや柄が印象的な8畳ワンルームです。

洗練されたデザイン性が魅力のテレビボード。シャープなデザインの家具とも相性が良く、おしゃれな空間を叶えます。

ゆったりくつろげる2人掛けのソファをレイアウト。スッキリとしたデザインやインテリアの統一感があるため、圧迫感を軽減しています。

おすすめコラム

リゾート感満載のこだわりが詰まった8畳レイアウト実例

リゾート感のあるヒヤシンス素材のソファや、ホテルライクな印象のローベッドなどをレイアウトして、非日常的な空間を叶えたインテリア実例です。アクセントになるインテリア雑貨を上手に合わせることで、ワンランク上のリゾート感を演出しています。

殺風景になりがちな壁面を彩ることで、インテリアのテーマ性を感じさせてくれる空間が完成します。クッションカバーなどと合わせるとおしゃれです。

クローゼットなどの収納周りをスッキリさせることで、生活動線も確保されて、おしゃれで快適な8畳のインテリアが完成します。

おすすめコラム

正方形に近い8畳1K・ワンルームのレイアウト実例

正方形に近い間取りに家具をレイアウトする場合、生活スタイルに合わせてスペースを有効に使いましょう。くつろぐ時間を優先したい方は、ゆったり過ごせるソファをレイアウトするなど、部屋の中でも生活スペースを分けることで、正方形に近い間取りでも暮らしやすくなります。

ホテルライクな装飾が素敵な8畳レイアウト実例

壁面を活かした装飾や、ベッドスプレッド&スローを取り入れたベッド周りなど、ホテルライクなインテリア装飾が魅力的な8畳のレイアウト実例です。広さに限りのある空間でも、インテリア雑貨を上手に使い、生活感を軽減しておしゃれな部屋を叶えています。

照明にもこだわり、日中とは違った一面を見せてくれるインテリアに。水面のような美しさを感じる灯かりがムードを演出します。

正方形に近い間取りでも適切な家具のサイズ感を選ぶことで、リラックスムード満点のレイアウトが完成しました。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ワンルームで叶えたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ワンルームで叶えたホテルライクなインテリアコーディネート

    ワンルームをこだわりの家具やインテリアで演出し、ホテルライクな空間になるようコーディネートした実例をご紹介します。高級感漂うダブルベッドやゆったり座れるソファなど、おしゃれなインテリアに囲まれてワンランク上のワンルーム空間に仕上げております。また季節や気分によってカラーチェンジした部屋イメージを、3Dシミュレーションで再現しています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

高さを抑えた家具で広々とした印象の8畳レイアウト実例

ロースタイルの家具や、床に近い生活スタイルにすることで、圧迫感を軽減し広々とした印象の部屋になります。こちらの実例では、座椅子を取り入れて、床座スタイルに。高さを抑えたローベッドやテレビボードも床座スタイルにマッチしたレイアウト実例です。

リバーシブルの引出しで様々な表情を見せてくれるリビング収納。拡張性もあるため、お引っ越し後も末永くお使いいただけます。

床に近い生活スタイルは、リラックスムードのある空間を演出。家具をあまり置かないことで、リラックス感が上がります。

おすすめコラム

  • 床に座る生活~床座のおしゃれなリビング・ダイニング~
    床に座る生活~床座のおしゃれなリビング・ダイニング~

    ソファやチェアを置かない床座の生活は、古くから日本に根付いた生活スタイルです。床座は開放的で自由に過ごせるスタイルということで、現代でも生活の一部に取り入れたいと思う方も多い反面、おしゃれさやスタイリッシュさは椅子座の暮らしに劣るというイメージがどこか存在しています。そこで今回は、おしゃれな床に座る生活やロースタイルを演出するコツや実例をご紹介します。日本らしいくつろぎ感と、インテリア性を兼ね備えた現代らしい床座のリビングとダイニングの暮らしを手に入れましょう。

3D家具配置シミュレーションを使って8畳のレイアウトをチェック

8畳の1Kやワンルームのレイアウトをご検討の際は、3Dイメージでインテリアをチェックすることができる3D家具配置シミュレーションがおすすめです。家具のサイズ感やインテリアのイメージなどを簡単に確認することができるため、8畳の1K・ワンルームに家具をご検討の際は、是非使ってみましょう。

快適に過ごせる8畳1K・ワンルームのレイアウトを3D確認する

2Dイメージで生活動線をチェック

ご自宅の図面や間取り図を基に2Dイメージを作成します。2Dイメージでは、8畳の部屋に対して、家具のサイズ感や距離感などを確認して、快適な生活動線が確保されているのかをチェックしましょう。簡単にレイアウトを変更できるため、生活動線のチェックがしやすいツールです。

インテリアの雰囲気は3Dイメージで確認

2Dイメージが作成できたら、3Dイメージにして、家具やインテリアの雰囲気を確認してみましょう。立体的に部屋のレイアウトを見ることで、よりイメージがしやすくなります。また、インテリアの見え方なども分かるため、模様替えの時にもおすすめです。

8畳1K・ワンルームのインテリアコーディネートも簡単にチェック

3Dシミュレーションでは、家具の雰囲気だけではなく、お好みのカラーコーディネートがどのような雰囲気なのかもご覧いただけます。簡単にファブリックや装飾などの色を変える事ができるため、8畳1Kやワンルームのインテリアを検討の際は、試してみましょう。

爽やかなブルーのカラーコーディネート
色鮮やかなブルーをソファのカバーやベッド周りに使うことで、爽やかな雰囲気のインテリアを演出。

温かみのある暖色のカラーコーディネート
ファブリックを暖色カラーに変えるだけでも部屋の雰囲気がガラッと変わります。

8畳のレイアウトを相談できる店舗一覧

部屋の大きさが分かる図面や間取り図を店舗にお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことができます。実際の家具をご覧いただきながら8畳1Kやワンルームのレイアウトをご検討していただけるので、より具体的なイメージをしやすくなるため、ご来店の際は是非試してみましょう。

  • 8畳1Kやワンルームのレイアウトを相談できる店舗一覧

【a.flat 目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat 新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜・水曜(祝日を除く)

【a.flat 大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜

おすすめメニュー

  • STEP-6:店舗・オンラインで家具のレイアウトやインテリア相談をする
    STEP-6:店舗・オンラインで家具のレイアウトやインテリア相談をする

    STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

まとめ

長方形や正方形など様々な間取りがある8畳の1Kやワンルームでは、その間取りや暮らし方に合わせたレイアウトが大切です。今回ご紹介した8畳1K・ワンルームのレイアウトのポイントを参考に、おしゃれで居心地の良い空間を作り、是非快適な一人暮らしを送りましょう。

おすすめコラム

  • ワンルームや1Kにもソファを置ける!一人暮らしにおすすめのソファとレイアウト実例集
    ワンルームや1Kにもソファを置ける!一人暮らしにおすすめのソファとレイアウト実例集

    一人暮らし用のワンルームや1Kにお住まいで、ソファを置くかどうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。一概にワンルームといっても、狭ければソファを置けるかどうか、広ければどんなサイズをどのようにレイアウトすればよいかなど悩みもそれぞれ。そこで今回はワンルームや1K向けのソファの選び方やレイアウト方法、そしておすすめソファをご紹介します。ぜひ参考にしていただき、自分の部屋にぴったりなソファを見つけましょう。

  • 一人暮らしにおすすめのベッド選び~こだわりのベッドシリーズ4選~
    一人暮らしにおすすめのベッド選び~こだわりのベッドシリーズ4選~

    一人暮らしの部屋に必要なインテリアの中でも、ベッドはサイズが大きくどのように選んだらいいか悩んでしまう方は少なくないはずです。今回のコラムでは、一人暮らしを快適にするおすすめベッドをコーディネート実例と共にご紹介。サイズやデザインの違いによる使い勝手を比較しながら、自分の暮らしに合ったベッドを探してみて下さい。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.