• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

二人暮らしにベストな間取りは?快適に過ごせる二人暮らしでの間取りの選び方

公開:2023/1/6

更新:2023/8/31

ライター:目黒通り本店瀬下

二人暮らしにベストな間取りは?快適に過ごせる二人暮らしでの間取りの選び方

恋人や友人、ご家族と二人暮らしをする際、重要になってくるのが「部屋の間取り」になります。一緒に暮らす人によっても間取りの選び方が変わるため、どのような二人暮らしをしたいのかを考えて、間取りを検討しましょう。今回は、シチュエーション別の二人暮らしにおすすめの間取りと、実際のインテリア実例をご紹介しますので、是非参考にしてください。

快適な二人暮らしを送る間取り選びのポイントは?

これから始まる楽しい二人暮らしを送る際に気になるのが、住まいの間取りではないでしょうか?様々な間取りがある中で、どのような間取りを選べば良いか悩みます。二人に合った間取りを選ぶことで、快適な生活を送れると共に、良好な二人の関係性も保つことができるので、しっかり検討して間取りを選びましょう。

二人が暮らしやすい間取りはどう決める?

二人暮らしを始める際、ポイントになる部屋の間取りですが、どのように間取りを決めれば良いのでしょうか?部屋の広さや使い勝手などの条件がありますが、重要なポイントは「お互いが生活しやすい間取りを選ぶ」ことです。まずは、お互いのライフスタイルについて話し合いましょう。

お互いのライフスタイルに合わせた間取りを選ぶ

パートナーでも友人でもお互いのラフスタイルに合わせないと、せっかくの二人暮らしが上手くいきません。ライフスタイルの近いカップルであれば、二人の時間を共有しやすい間取りを選び、ライフスタイルが異なるのであれば、お互いのストレスにならない間取りを選ぶなど、それぞれの暮らし方に合わせた間取りを選びましょう。

二人で過ごす住居は、お互いの生活の基盤となります。どちらか一方の条件で選んでしまうと、お互いのストレスの原因になりかねません。間取り選びの際は、お互いが重要視しているポイントや譲っても良い条件など、一緒に暮らす人としっかりと話し合って決めましょう。

二人暮らしで人気な間取りをチェック

それでは、実際にどのような間取りが二人暮らしで人気なのかをチェックしてみましょう。ライフスタイルやシチュエーションによって、選ばれる間取りは異なるため、二人に合った間取り選びのヒントになります。人気の間取りをチェックして、これから始まる二人暮らしのイメージを膨らませてください。

カップルでの二人暮らしなら1DK/1LDKが人気

カップルでの二人暮らしで選ばれる間取りとしては、1DKや1LDKが人気です。1DKや1LDKは、部屋数が多い2LDKなどの間取りと比較すると、家賃を抑えることができ、二人の時間を共有しやすい間取りという特徴があります。お互いの生活リズムが近いカップルはチェックしましょう。

1DKや1LDKでは家具選びもポイント

1DKや1LDKは部屋数に限りのある間取りになるため、二人のライフスタイルに合わせた家具選びがポイント。選ぶ家具も二人で一緒に使うことを前提にして、サイズや使い勝手などを検討しましょう。

ルームシェアや一人の時間も大切にするなら2DK/2LDK

友人やご家族など、共有スペースとプライベート空間を分けて生活を送る二人暮らしには、2DKや2LDKの間取りが人気です。一部屋ずつ使うことができるため、お互いのプライベート空間を確保しやすく、ライフスタイルがお互い違う二人でも生活がしやすい間取りになります。

新婚のご夫婦にもおすすめの間取り

2LDKでの二人暮らしは、部屋数に余裕があるため、新婚のご夫婦にもおすすめの間取りです。将来お子様が生まれても、一部屋を子供部屋などに使うことができるなど、長期的に暮らしやすい間取りになります。

これから始める二人暮らしにピッタリな間取り選びのポイント

様々な間取りがある中で、二人が快適に生活できる間取り選びのポイントをご紹介します。二人暮らしでは、お互いの過ごし方や要望など、検討するべきポイントがありますので、二人が快適に過ごせる間取り選びのポイントを把握して、素敵な二人暮らしを送りましょう。

ポイント1 一緒に暮らす人で変わる間取り選び

まずポイントになるのが、「一緒に暮らす人で変わる間取り選び」になります。恋人同士で過ごすのか、友人や家族と過ごすのかでも必要な部屋数は異なるため、ストレス無く快適な二人暮らしを送るためにも、お互いのライフスタイルに合った間取りを選びましょう。

カップルでも生活時間帯が異なる場合は、1LDKなどの一緒に過ごす時間が増える間取りだと、ストレスになることも。どちらか一方が我慢した状態では、ケンカになることもあるので注意が必要です。

家賃の予算にもよりますが、2DK以上の間取りで、別々の部屋を設けることで解消することもできます。その場合は、一緒に過ごす部屋作りも忘れないようにしましょう。

ポイント2 部屋の広さや部屋数で変わる間取り選び

二人暮らしを送る際、「部屋の広さや部屋数」でも選ぶ間取りは変わります。大きなサイズの家具をレイアウトしたいのであれば、ある程度広い部屋が必要になり、新婚カップルであれば、将来を見据えて部屋数が多くある間取りを選ぶなど、どのような暮らしを送りたいのかで間取りを選ぶことが大切です。

部屋の広さと家賃のバランスを考える

部屋が広くなれば、その分家賃も高くなることがほとんどです。大きな家具をレイアウトしたいからと言って、収入に見合わない部屋で暮らしてしまうと、生活が困難に。お互いの生活のためにも、部屋の広さと家賃のバランスは考慮しましょう。

間取り以外で二人暮らしに大切な部屋選びのポイント

ここまで部屋の間取りについてチェックしてきましたが、日々快適に暮らすには間取り選びの他にもポイントがあります。毎日をストレスなく過ごすために、下記項目をチェックして部屋を決めましょう。全てを希望すると決まらないので、「お互いの譲れないポイントを共有しながら決める」のが丸く収めるコツです。

1、部屋の設備
□ バス・トイレが別
□ 2口コンロ
□ 洗濯機の置き場(室内or屋外)
□ 風呂の追い炊き機能
□ 換気扇の強さ
□ エアコンの有無
□ アンペア数(30A~が理想)

2、部屋・建物の環境
□ 収納スペース
□ 防音性、壁の厚さ
□ 部屋の向き、日当たり
□ プライバシー(外から室内への視線)
□ 防犯面、オートロック、階数
□ 携帯の電波が安定
□ 同棲可能な物件の可否

3、周辺の環境
□ 駅からの距離が近い
□ 大通り沿い、騒音の有無
□ 近隣の治安が良い
□ 店舗・施設が充実している
□ 幼稚園・学校が近い
□ ご近所トラブルが無さそう

4、予算面・契約条件
□ 初期費用の計算
□ 家賃の相場を確認・交渉
□ 毎月の生活費を計算
□ 給料・生活費の管理方法
□ 二人入居の可否
□ 契約に必要な書類

『シチュエーション別』二人暮らしにおすすめの間取り紹介

ここからは、二人暮らしのシチュエーションに合わせたおすすめの間取りをご紹介致します。一緒に暮らす人やお互いのライフスタイルで選ぶ間取りが変わるため、どのような間取りがこれから始まる二人の暮らしに適しているのかをチェックしていきましょう。

  • 同棲で選ばれる間取りタイプ一覧

※以下のリンクをクリックをすると、各間取りの詳細やポイントがご覧頂けます。

【1DK】DK+寝室
コンパクトに二人で暮らす間取り

【1LDK】LDK+寝室
一緒に過ごす時間が長い間取り

【2DK】DK+居室+居室
部屋を区切って過ごせる間取り

【2LDK】LDK+寝室+居室
お互いの場所にこだわる間取り

【3LDK】LDK+寝室+居室+居室家族暮らしを見据えた間取り

【ワンルーム/1K】居室のみ
コストを抑えて暮らせる間取り

【1DKで二人暮らし】コスト重視のカップルにおすすめの間取り

まずは、1DKの間取りをご紹介します。1LDKと悩まれる方も多い間取りですが、二人暮らしをする上で部屋の大きさに限りがあるため、若いカップルに向いている間取りと言えるでしょう。「予算感は抑えられるメリットと少し窮屈に感じやすいデメリットとのバランス」などを考えらながら選ぶ必要がある間取りです。

1DKの間取りとは?

一般的に4.5畳から8畳未満のDK(ダイニングキッチン)と寝室が一部屋ある間取り。

■部屋数=DK+寝室=計2部屋

※表記基準(DKが4.5畳以上8畳未満は1DK、8畳以上は1LDK)

1DKで二人暮らしを送るメリット・デメリット

1DKで二人暮らしをするメリット

1DKの間取りでは、ダイニングキッチンのスペースがあるため、食事をする部屋とくつろいだり休まる部屋を分けた二人暮らしをすることが可能です。また、1LDKと比較すると家賃を抑えることができるなど、コストパフォーマンスが良い点も1DKのメリットになります。

1DKで二人暮らしをするデメリット

1DKのデメリットとしては、自分のスペースを確保することが難しく、パートナーと喧嘩をした際、冷静になれる場所がない点がデメリットになります。また、ダイニングキッチンの広さも限られるため、ソファとダイニングセットをレイアウトすることが難しい点もデメリットです。

1DKの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

  • ~1DK(DK4.5畳+寝室6畳)~

1DKでよくある間取りもレイアウト例です。二人でもストレス無く寝られるダブルベッドを配置して、くつろぎやすいレイアウトになります。

1DKの間取りでは、収納スペースが比較的限られるので、リビング収納などを使って収納力をアップさせましょう。

二人暮らし・1DKの間取りにおすすめの家具

ダイニングキッチンの広さに限りがあるため、なるべくコンパクトなサイズのダイニングテーブルがおすすめです。また、二人で寝られるベッドをレイアウトする場合は、ベッドの奥行きがコンパクトなタイプを選ぶと、レイアウトしやすくなります。

  • 1DKの二人暮らしにおすすめの家具

2人掛けダイニングテーブル
コンパクトなダイニングテーブルは、配置しやすくおすすめ。

リビング収納
拡張性のあるリビング収納であれば、物が増えても安心です。

奥行きの狭いダブルベッド
スペースを有効に使うために、奥行きが狭いタイプがおすすめ。

【1LDKでの二人暮らし】長年一緒のカップルにおすすめの間取り

次に、1LDKの間取りを見てみましょう。お互いを理解しあったカップルにおすすめの間取りで、家具を配置しやすい間取りになるため、ソファとダイニングをそれぞれ置くことも可能です。部屋数は2つになり、長く二人で過ごすことが増えるため、「ライフスタイルが近く一緒に過ごしたい二人」であれば快適に暮らせるでしょう。

1LDKの間取りとは?

一般的に8畳以上のLDK(リビングダイニングキッチン)と寝室が一部屋ある間取り。

■部屋数=LDK+寝室=計2部屋
※表記基準(DKが4.5畳以上8畳未満は1DK、8畳以上は1LDK)

1LDKで二人暮らしを送るメリット・デメリット

1LDKで二人暮らしをするメリット

リビングダイニングのスペースを使うことができる1LDKの間取りでは、比較的ソファなどをレイアウトしやすくなります。そのため、二人で一緒にくつろげるなど、快適な二人暮らしを送れるでしょう。また、部屋のスペースに余裕があるため、知人を呼びやすい点もメリットです。

1LDKで二人暮らしをするデメリット

1LDKはリビングダイニングと寝室の二部屋になるため、収納スペースが少ない物件が比較的多くあります。そのため、洋服や趣味の道具など、収納する物が多いカップルにはデメリットに感じる事も。また、部屋数に限りがあるため、将来お子様が生まれた際は、狭く感じてしまう点もデメリットです。

1LDKの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

  • ~1LDK(LD9畳+寝室4畳)~

こちらのレイアウトはLDが9畳あるためソファダイニングをそれぞれ配置。寝室は逆に4畳のため、コンパクトなSDベッドでバランスを取っています。

くつろぐ場所と食事する場所を分けた部屋作りができるのは、1LDKの大きな魅力です。ダイニングスペースを設けることで、テレワークでも使えます。

  • ~1LDK(LD9畳+寝室5畳)~

LDKと寝室が離れている間取りであれば、生活リズムの異なる二人でも、比較的快適な二人暮らしを送ることができます。

普段くつろぐリビングでは、ゆったり座れるソファをレイアウト。片アームのソファにすることで、生活動線を確保しています。

二人暮らし・1LDKの間取りにおすすめの家具

リビングスペースのある1LDKでは、使い勝手の他にLDKのインテリアにこだわることができます。リビングのメイン家具となるソファは、座り心地とデザインを加味して選びましょう。収納スペースがデメリットになりがちなので、収納付きベッドなど収納力をプラスにできる家具もおすすめです。

  • 1LDKの二人暮らしにおすすめの家具

コンパクトな2人掛けソファ
配置しやすいコンパクトなサイズ感のソファがおすすめ。

2人掛けダイニングセット
伸長式のダイニングテーブルであればゲストが来ても使えます。

収納付きダブルベッド
収納付きベッドは、季節物などを収納しておくのに便利です。

【2DKでの二人暮らし】ルームシェアにおすすめの間取り

2DKは一般的に1980年代以前に流行した間取りで、団地などの古い物件に多く見受けられます。そのため、比較的安い賃料に抑えられるメリットはあり、部屋数も居室が二部屋+ダイニングキッチンと余裕があるため、「友人やご家族とのルームシェア」での二人暮らしにおすすめの間取りです。

2DKの間取りとは?

一般的に6畳以上10畳未満のDK(ダイニングキッチン)と寝室と居室がある間取り。

■部屋数=DK+居室+居室=計3部屋

※表記基準(DKが6畳以上10畳未満は2DK、10畳以上は2LDK)

2DKで二人暮らしを送るメリット・デメリット

2DKで二人暮らしをするメリット

居室が二部屋あるため、1LDKのようなリビングスペースと寝室という使い方もできれば、お互いの部屋を設けて、別々の暮らしを行うことも可能です。また、ダイニングキッチンと居室が分かれているため、調理の臭いなどが生活空間に籠らないといったメリットもあります。

2DKで二人暮らしをするデメリット

2DKの間取りになっている物件は、比較的築年数が経過している古い建物が多く、建物や部屋の設備が古い場合があります。そのため、入居前に建物内の設備のチェックをしましょう。また、ルームシェアの場合、リビングスペースを設けることが困難なため、ゲストを呼びにくいといった点もデメリットです。

2DKの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

  • ~2DK(DK8畳+寝室6畳+寝室6畳)~

ルームシェアをするため、お互いの部屋を設けたレイアウトになります。自分のライフスタイルに合わせた部屋作りがポイントです。

ダイニングキッチンの広さに余裕があれば、ソファダイニングをレイアウトして、くつろげる共有スペースを作ることも可能です。

二人暮らし・2DKの間取りにおすすめの家具

2DKでは二人暮らしの際、それぞれのプライベート空間を作ることができるため、パーソナルにくつろげる1人掛けソファがおすすめです。また、共有スペースには食事やくつろぐことができる家具をレイアウトすることで、二人での時間も充実させることができます。

  • 2DKの二人暮らしにおすすめの家具

1人掛けソファ
一人の時間を充実させることができる1人掛けソファがおすすめ。

ソファダイニング
共有スペースを快適な空間に変えてくれます。

キッチン収納
収納力があることで、二人分の食器などを収納しやすくなります。

【2LDKでの二人暮らし】新婚カップルにおすすめの間取り

2LDKの間取りは、広いリビングダイニングに加えて、お互いのスペースを確保できたり、子供が生まれても住み続けられるメリットがあります。予算感はアップしたり、物件数も限られていますが、「長い目で見た二人暮らしを考えている時」は最適な間取りと言えるでしょう。

2LDKの間取りとは?

一般的に10畳以上のLDK(リビングダイニングキッチン)と寝室と居室がある間取り。

■部屋数=LDK+寝室+居室=計3部屋
※表記基準(DKが6畳以上10畳未満は2DK、10畳以上は2LDK)

2LDKで二人暮らしを送るメリット・デメリット

2LDKで二人暮らしをするメリット

部屋の広さや部屋数に余裕のある2LDKでは、リビングにソファをレイアウトしてくつろげるなど、快適な二人暮らしを送りやすいメリットがあります。また、お子様が生まれても部屋数に余裕があるため、将来的に子供部屋を作るなど、長期間住みやすいといった点もメリットです。

2LDKで二人暮らしをするデメリット

2LDKでは、部屋数がLDと2つの居室になるため、それぞれの部屋で生活を送ると、エアコンや照明、電化製品等で電気代が必要以上に掛かるといったデメリットも。また、人気の間取りになり、検討していた物件がすぐに埋まってしまうこともあるため、2LDKを検討する際は、早めの行動を心がけましょう。

2LDKの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

  • ~2LDK(LD12畳+寝室7畳+居室6畳)~

リビングスペースを広めに使用したレイアウト例。寝室の他に書斎を設けて、ライフスタイルの変化に合わせて使える2LDKになります。

リビングには、コーナーソファをレイアウト。ロータイプのソファにすることで、大きなサイズでも圧迫感を軽減してくれます。

  • ~2LDK(LD8畳+寝室6畳+寝室6畳)~

LDと寝室を二部屋設けた2LDKのレイアウト例です。一部屋を主寝室として使い、もう一部屋をゲストルームとして使うことができます。

2LDKの魅力としてLDの他に居室が二部屋あります。各部屋のインテリアにもこだわることで、二人暮らしが彩られるため、是非コーディネートしましょう。

二人暮らし・2LDKの間取りにおすすめの家具

部屋の広さや部屋数に余裕のある2LDKをより良い空間にするためには、デザイン性にもこだわった家具がおすすめです。リビングのメイン家具になるソファは、家具の素材感を存分に感じるソファをレイアウトしてみましょう。その他の家具もデザイン性にこだわることで、おしゃれな二人暮らしを送ることができます。

  • 2LDKの二人暮らしにおすすめの家具

素材を感じる2人掛けソファ
ヒヤシンスが非日常的な空間を演出してくれます。

こだわりのダイニングセット
細部までこだわられたダイニングセットが空間のアクセントに。

デザイン性のあるダブルベッド
開放感のあるローベッドは、ホテルライクな寝室を作ります。

【3LDKでの二人暮らし】ベテランご夫婦におすすめの間取り

3LDKの間取りになると、贅沢な二人暮らしを送れます。3LDKの場合はお互いの部屋が欲しいケースや、家族暮らしを見越した間取りとして選ぶことが一般的です。部屋数が多いためコスト高ではありますが、「部屋ごとに目的を持って部屋作りできること」が3LDKの最大の魅力と言えるでしょう。

3LDKの間取りとは?

リビングダイニングキッチンと寝室、二つの居室がある間取り。

■部屋数=LDK+寝室+居室×2=計4部屋

※DKのサイズ表記基準は特に無し。面積は70~75㎡が主流だが、60㎡のプランも増えている。

3LDKで二人暮らしを送るメリット・デメリット

3LDKで二人暮らしをするメリット

部屋数や間取りに余裕ができる3LDKには、憧れの書斎などプライベート空間を作ることが可能です。書斎があることで、テレワークなど自宅での仕事がはかどるメリットがあります。また、ゲストルームなどフリースペースを設けることもできるため、どのように空間を使用するのかを二人で検討しましょう。

3LDKで二人暮らしをするデメリット

LDと寝室に加えて居室が二部屋あるため、それぞれの部屋の管理が大変になるデメリットがあります。家賃や光熱費が大幅に上がったり、それぞれの部屋を掃除する手間も増えるため、部屋をどのように使用するのかなど、将来を視野に入れて二人暮らしを始めましょう。

3LDKの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

  • ~3LDK(LD12畳+書斎8畳+寝室7畳+居室5畳)~

こちらの3LDKでは、一部屋を書斎としてレイアウト。ワークスペースを独立させることで、集中して仕事や作業に取り掛かれます。

書斎用の家具としてワークデスクの他に、ハンガーラック収納家具など、細かいアイテムにもこだわることで、雰囲気の良い書斎が完成します。

  • ~3LDK(LD12畳+和室5畳+寝室6畳+居室5畳)~

リビングと隣接する空間を和室として使った癒しを感じるレイアウトになります。和室の雰囲気とマッチしたロースタイルの家具が魅力的です。

和室の雰囲気とリゾート感のあるソファを組み合わせることで、非日常的なホテルライクなインテリアが完成します。

二人暮らし・3LDKの間取りにおすすめの家具

3LDKでは、間取りに余裕が生まれるため、優雅な二人暮らしを送れます。そのイメージとマッチするように、極上の安らぎを与えてくれる家具がおすすめです。また、書斎を設ける際はワークデスクや収納家具も必要になるため、機能性とデザイン性に優れた家具を選んでこだわりを演出しましょう。

  • 3LDKの二人暮らしにおすすめの家具

くつろぎやすい3人掛けソファ
ゆったりとくつろげるサイズ感のソファがおすすめ。

ワークデスク
無垢材を使用したデスクは、ワンランク上の書斎を演出します。

並べて使えるシングルベッド
ライフスタイルの変化に合わせて使えるベッドがおすすめです。

【ワンルームでの二人暮らし】条件次第では過ごしやすい間取り

ワンルームは、二人入居不可の物件や部屋の大きさ、収納スペースの広さに限りがある物件など、暮らすための条件が限られがちです。しかし、お互いの条件がマッチすれば、家賃も抑えて、二人の時間も共有しやすいため、「条件次第では二人で暮らしやすい間取り」と言えるでしょう。

ワンルームの間取りとは?

キッチンと居室が1つの部屋になっている間取り。(キッチンと居室が扉で仕切られている場合は、1Kになります)

■部屋数=居室のみ=計1部屋
※ワンルームの場合、キッチンの広さを含めた畳数が記載されます。

ワンルームで二人暮らしを送るメリット・デメリット

ワンルームで二人暮らしをするメリット

ワンルームで二人暮らしを送る最大のメリットは、家賃や光熱費などを抑えることができることです。引っ越しを前提とした二人暮らしにおすすめ。また、生活動線を確保しやすかったり、部屋の掃除をしやすいなど、コンパクトな間取りだからこそのメリットもあります。

ワンルームで二人暮らしをするデメリット

ワンルームは、基本的に一人暮らしを前提として作られていることが多いため、二人入居不可の物件が多くあります。また、部屋の広さや収納スペースなどに限りがあるため、常に一緒にいてもストレスにならない二人や、収納する物が少ないカップルではないと生活を送りにくい点もデメリットです。

ワンルームの間取りで二人暮らしをするレイアウト例

キッチンが室内に配置されたワンルームでは、置ける家具にも限りが出てきます。こちらの例は、二人で休まる場所を最優先にレイアウトしました。

生活に必要な家具をレイアウトすることで、圧迫感が出てしまいがちですが、高さを抑えたベッドにすることで、開放的な空間作りが可能です。

二人暮らし・ワンルームの間取りにおすすめの家具

部屋の広さや収納スペースに限りがあるため、レイアウトする家具も必要最低限になってしまうワンルーム。なるべく部屋を広く見せることができる家具がおすすめです。また、ソファやダイニングテーブルをレイアウトすることが難しくなるため、二人で食事ができるサイズのローテーブルを選びましょう。

  • ワンルームの二人暮らしにおすすめの家具

セミダブル以上のローベッド
ローベッドにすることで、圧迫感を軽減することができます。

テレビボード
生活感の出にくい隠す収納メインのテレビボードがおすすめ。

ローテーブル
二人で食事ができるサイズのテーブルを選びましょう。

『間取り別』快適な二人暮らしを叶えたインテリア実例

二人が暮らしやすい部屋作りを行ったインテリア実例を、間取り別でご紹介。間取りの特徴を活かしたレイアウトや、二人のこだわりをつめ込んがインテリアなど、参考にしたい二人暮らし実例をご紹介しますので、是非参考にして、快適な二人暮らしを叶えましょう。

1LDKの間取りで送る二人暮らしのインテリア実例

若いカップルや長年一緒に過ごしてお互いのライフスタイルを理解し合ったカップルに人気の1LDKで、素敵な二人暮らしを送るインテリア実例をご紹介。間取りが限られてはいますが、どのような暮らしを送りたいのかを明確にすることで、1LDKならではの二人暮らしができます。

二人の時間を共有しやすい1LDK実例

◎間取りの詳細:1LDK(LD9畳+寝室3畳)

ココがポイント!

LDKと寝室が隣接している定番の1LDKの間取りになります。それぞれのスペースの距離感が近くなることで、パートナーとの時間を共有しやすい空間作りが可能です。ただ、家具を置きすぎてしまうと生活に支障が出るため、こちらの実例の様にスペースの抜け感を意識して、生活がしやすい部屋作りを行いましょう。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの雄大な山々から生まれた1LDK・一人暮らしのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの雄大な山々から生まれた1LDK・一人暮らしのインテリアコーディネート

    世界中から愛される人気のハワイ。海に囲まれ、手つかずの山々が多く点在する自然豊かな島国です。今回の一人暮らしのインテリアコーディネートは、そのようなハワイの雄大な山々からインスピレーションを受けた空間。木々の癒しや、大地の美しい岩肌などを想起させる、自然素材の家具と落ち着いた色合いのカラーコーディネートが織りなす、ハワイアンなコーディネートを是非参考にされてください。

ゆったりと二人暮らしを送れる1LDK実例

◎間取りの詳細:1LDK(LD12畳+寝室8畳)

ココがポイント!

比較的広々とした1LDKの間取りにゆったりくつろげる家具をレイアウトした二人暮らし実例。リビングには3人掛けのソファをレイアウトすることで、二人でゆったりおくつろぎいただけます。癒しを感じるグリーンをインテリアに取り入れているところもポイントです。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

コンパクトな間取りでも快適に暮らせる1LDK実例

◎間取りの詳細:1LDK(LD8畳+寝室6畳)

ココがポイント!

コンパクトな間取りでも家具のレイアウトを工夫することで、快適な二人暮らしを送ることができます。こちらの実例では、ソファダイニングをレイアウトし、くつろぐことも食事をすることもできる空間を実現。スペースを有効に使えるため、ゆったりしたサイズ感のソファをレイアウトしました。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

2LDKの間取りで送る二人暮らしのインテリア実例

2LDKは新婚カップルやルームシェアでの二人暮らしに人気の間取りになります。リビングダイニングと寝室の他にもう一部屋使えるため、暮らしに余裕が生まれる間取りです。その一部屋の使い方にこだわった二人暮らし実例をご紹介しますので、是非チェックしてみましょう。

将来を見据えた二人暮らしを送る2LDK実例

間取りの詳細:2LDK(LD12畳+寝室6畳+居室6畳)

ココがポイント!

二人暮らしでは部屋数に余裕のある2LDKの間取りになるため、将来を見据えたレイアウトを行うことが可能です。こちらの二人暮らし実例では、リビングダイニングに隣接する部屋を寝室にして、将来的に残りの洋室を使えるようにレイアウトしています。リビングに寝室を隣接する際は、統一感を意識しましょう。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

親子でも暮らしやすい間取りの2LDK実例

間取りの詳細:2LDK(LD10畳+寝室6畳+寝室6畳

ココがポイント!

親子や友人とルームシェアしやすい2LDKの間取り。リビングダイニングは共有スペースとして使い、残りの居室をお互いの寝室として使うことで、それぞれのプライベートを確保することが可能です。共有スペースは、二人の理想を話し合ってこだわりを感じるインテリアを作りましょう。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

二人でくつろげるスペースを設けた2LDK実例

間取りの詳細:2LDK(LD10畳+和室6畳+寝室4.5畳)

ココがポイント!

リビングダイニングと寝室以外の部屋を、二人の趣味やフリースペースとして使用できるところも、2LDKの間取りの魅力です。リビングに隣接した和室で、ゆったりとくつろげるようにこだわったこちらの実例の様に、間取りの特徴を活かして、素敵な二人暮らしを送りましょう。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ローソファの開放感、和室の癒し。2LDKのインテリアコーデ
    【インテリア実例】ローソファの開放感、和室の癒し。2LDKのインテリアコーデ

    2LDKのマンションに最適なインテリアをご提案します。特に和室にマッチするローソファは、限られた空間を有効に使いながら、落ち着いた雰囲気を作り出します。開放感あふれるリビングダイニングと和室の調和が取れた空間は、都会の忙しさを忘れさせるリゾートのような癒しを提供します。ナチュラルな床材とヒヤシンス素材のローソファが、和室の魅力を引き立てることでしょう。お部屋のコーディネートに役立つアイテムを多数ご用意しております。

3LDKの間取りで送る二人暮らしのインテリア実例

部屋の数に余裕がある3LDKの間取りは、優雅な二人暮らしを送ることができます。それぞれの時間を過ごしたい二人や、ベテランご夫婦に人気の間取りになり、暮らしのバリエーションが増えるところが魅力です。ご紹介する実例を参考に、それぞれの部屋の使い方をチェックしてみましょう。

二部屋をリビングダイニングとして使った3LDK実例

間取りの詳細:3LDK(LD10畳+居室5畳+寝室6畳+居室6畳)

ココがポイント!

3LDKでの二人暮らしでは部屋数にゆとりがあるため、こちらの実例のようにLDと隣の部屋を繋げて使うことも考えられます。また、3LDKの場合にLD自体のサイズ感がコンパクトに設定されているケースも多く、その場合も二部屋を一部屋として使い、広くゆったり過ごせる間取りとして使うのもおすすめです。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】目黒川沿いの自然を取り入れたグリーンの3LDKコーディネート
    【インテリア実例】目黒川沿いの自然を取り入れたグリーンの3LDKコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

間取りを活かしてこだわりの書斎を作った3LDK実例

◎間取りの詳細:3LDK(LD12畳+書斎5.5畳+寝室6畳+その他6畳)

ココがポイント!

こちらの実例はLDと隣の部屋を書斎として使い、ゆったり一繋がりにして使用している二人暮らし実例です。部屋作りののテーマ自体もハワイの自然な雰囲気のため、ゆとりを持った間取りの使い方や家具配置によって、家にいながらにしてハワイの心地よさを感じられるような部屋として完成しています。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート

    ご旅行など大切な思い出の地として思われる方も多いハワイ。こちらのコラムで紹介するのは、ハワイへ何度も訪れているお客様へご提案したリビングダイニング、書斎、寝室のインテリア コーディネートです。ご自宅でもハワイの魅力と、ホテルライクな寛ぎを感じて頂けるようご提案いたしました。ターコイズブルーを取り入れて、ハワイアンインテリアをコーディネートするときのポイントなどもご紹介しているので、是非参考になさってください。

ゲストも呼びやすい間取りが特徴的な3LDK実例

間取りの詳細:3LDK(LD19畳+和室[寝室]5畳+居室6畳+居室5畳)

ココがポイント!

部屋の数が多い3LDKでは、LDと寝室以外の部屋をフリースペースとして使うことも可能です。一部屋を収納部屋やゲストルームとして使うなど、様々な用途で使えます。こちらの実例のように、広々としたLDでゲストを招き、特別なひと時を過ごせる空間作りも3LDKの魅力と言えるでしょう。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング
    【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング

    リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング実例の特集です。近年マンションや戸建てを、自分好みの空間としてリノベーションされる方が増えています。リビングの間取りや内装を自由に変更できて、快適に生活がしやすい理想的な部屋を叶えるリノベーション。是非、こちらの素敵なリビング・和室を叶えたリノベーション実例を参考にしてみて下さい。

ワンルームの間取りで参考にしたい二人暮らしのインテリア実例

条件次第では二人暮らしが可能なワンルーム。制限がある間取りにはなりますが、工夫次第では快適に二人で日常を過ごすことが可能です。どのように過ごすのかを検討して、その過ごし方を優先したレイアウトがポイントになります。どのようなレイアウトがあるのかをチェックしましょう。

お互いの時間を作りやすいワンルーム実例

ココがポイント!

比較的部屋の大きさに余裕のあるワンルームであれば、二人暮らしでもお互いのスペースを確保することができます。こちらの実例では、デスクをレイアウトして、ワークスペースを確保しました。二人で同じ時間を過ごすことも、それぞれの時間を過ごすことも可能な実例です。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし
    【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をアジアンリゾートのような非日常感や深い寛ぎ感のあるインテリア・家具でコーディネートした実例をご紹介します。パープル・グリーン・柄物などアジアンインテリア特有のオリエンタルな色使いの方法、自然のエネルギーを纏った風合いのある家具選びなど、一人暮らしというコンパクトなスペースでもアジアンインテリアを存分に楽しむためのポイントを是非参考になさってください。

部屋の大きさに限りがある間取りでも暮らせるワンルーム実例

間取りの詳細:ワンルーム(7~8畳)

ココがポイント!

大きさに限りがあるワンルームですが、家具のサイズやレイアウトを工夫した二人暮らし実例です。サイズ感のコンパクトなソファと快適な睡眠ができるベッドをレイアウトしています。限りのある間取りでは、どのような二人暮らしを送りたいのかを明確にすることがポイントになります。

  • この実例にレイアウトされている主な家具

おすすめコラム

理想の二人暮らしを叶える間取りを3Dシミュレーションで確認

これまでご覧頂いた数々の間取り例のように、二人暮らしを開始する際の部屋作りを検討するのに最適なツールがあります。それが「3Dシミュレーションソフト(=マイルーム3D)」です。このソフトを使えば、自分達の思い通りの間取りやレイアウトが簡単に再現できますので、チェックしてみましょう。

二人暮らしを始める前にチェックしたい理想の間取りをシミュレーション

様々な間取りがある中で、快適な二人暮らしを送るためにも、事前に間取りのシミュレーションは大切です。二人でシミュレーションを行うことで、より具体的な二人暮らしをイメージしていただけます。家具のレイアウトから、インテリアのコーディネートまでシミュレーションでチェックしましょう。

二人で最終的に決められた部屋の間取り図面をベースに部屋の形を再現していきます。どこに家具を配置するのかなどを、2Dイメージで確認しましょう。

3Dイメージにすることで、具体的な部屋のイメージを確認していただけます。家具の雰囲気やカラーコーディネートなど、二人の理想を再現してください。

間取りやレイアウトをイメージしやすい店舗ディスプレイ

a.flatの各店舗では実際のレイアウトをイメージしやすいように、様々なイメージ・サイズ感で家具が展示されています。コンパクトなサイズから、ライフステージが変わったあとの大きいサイズまで幅広くご覧頂けるため、自分達の間取りに家具を置いた際のイメージも掴みやすくなるでしょう。

部屋のレイアウトを店舗でもチェック

部屋の大きさが分かる図面や間取り図をお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことができます。実際の家具をご覧いただきながら部屋のレイアウトや、カラーコーディネートを検討できるので、店舗へお越しの際は、是非お試しください。

二人暮らしの間取りをチェックできる店舗一覧

a.flat 目黒通り本店
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜/木曜(祝日を除く)

a.flat 新宿店
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

a.flat 大阪梅田店
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

まとめ

今回の二人暮らしを始める際の間取り選びのポイントは、いかがだったでしょうか? 二人暮らしでも、たくさんのシチュエーションが考えられます。そのため、「その時々の状況やライフステージなどに合わせた間取り選びやレイアウト、家具選び」が大切です。このコラムを参考にしながら自分達にとって最適な間取りを選んで、快適な二人暮らしを送りましょう。

おすすめコラム

  • 2LDKのレイアウトで二人暮らしを楽しむ~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる間取り~
    2LDKのレイアウトで二人暮らしを楽しむ~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる間取り~

    二人暮らしにおすすめの間取りとされる2LDK。こちらのコラムでは、2LDKに暮らす二人の生活が更に楽しく快適になるような、おすすめレイアウトや、二人暮らしだからこそ住む場所や人数が変わっても、永く使える家具・インテリアをご紹介。また、たくさんの2LDKレイアウト実例もご紹介していますので、是非参考になさってください。

  • 同棲の間取り・レイアウトの作り方 ~理想の2LDK・1LDKで長く一緒に過ごせる間取り~
    同棲の間取り・レイアウトの作り方 ~理想の2LDK・1LDKで長く一緒に過ごせる間取り~

    パートナーと同棲をスタートする際に気になるのが『部屋の間取り・レイアウト』です。1LDK・1DKや2LDK・2DK、3LDK、ワンルームなど、様々な間取りがある中で、自分達の同棲生活にとってどのタイプが向いているのか悩まれるのではないでしょうか? 今回は、各お部屋の間取り・レイアウトの特徴やメリット・デメリット、実際のレイアウト実例をまじえてご紹介しますので、これから始まる素敵な同棲生活の参考にしてみてください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、a.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
a.flatスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.