• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

低めのダイニングテーブルのメリット・デメリットは?~おしゃれな低いダイニングの選び方~

低めのダイニングテーブルのメリット・デメリットは?~おしゃれな低いダイニングの選び方~

部屋に開放感をもたらしたり、ソファと合わせて食事と寛ぎを兼ねた空間作りができるなど魅力がたくさんの低いダイニングテーブルですが、使いやすさは?チェアは普通のもので良いの?など気になる点も多いですよね。このコラムでは低いダイニングテーブルの特徴や選び方、相性の良いチェアやソファも併せて紹介します。

低めのダイニングテーブルとはどのくらいの高さ?

まずはじめに、ダイニングテーブルの高さについてご説明します。低めのダイニングテーブルとは通常の高さと比べどのくらい違うのか、また低いことでどの様な特徴があるのかを見ていきましょう。

標準的な高さのダイニングテーブル(高さ70cm~72cm)

70~72cmの標準的な高さのダイニングテーブルは日本人の平均身長と相性が良いとされている高さ。チェアは42cm前後のものが相性良く、大人が椅子に座って食事をとりやすい高さです。

低めのダイニングテーブル(高さ67cm~69cm)

標準的な高さより3~5㎝低い67~69cmのダイニングテーブルは低めのダイニングテーブルといえます。部屋が開放的に見えたり、お年寄りや小柄な人、小さな子供が使いやすいのが特長です。

ソファと使える低いダイニングテーブル(高さ60cm~64cm)

高さ60~64cmのテーブルはソファと合わせて使うのにおすすめの高さ。ソファはチェアよりも座面が低かったり、クッションで沈み込むためソファで食事をとりやすいテーブルの高さを選ぶことが大切です。

おすすめメニュー

  • ダイニングテーブルの高さで異なる椅子の座面高と過ごし方~65cm 68cm 70cm 72cm 75cm~
    ダイニングテーブルの高さで異なる椅子の座面高と過ごし方~65cm 68cm 70cm 72cm 75cm~

    ダイニングテーブルは使用する方の身長や過ごし方によって「理想の高さ」が変わります。そして、選ぶ時に大事なのがダイニングテーブル単品の高さだけでなく、椅子の座面高とテーブルの高さ、その差尺がとても重要に。こちらの特集では、快適なダイニングテーブルの高さを選ぶためのポイントをご覧ください。高さ68cmの低いテーブル、高さ70cmの平均的なテーブル、高さ75cmの高いテーブルと椅子・ソファの座面高さの目安を見ながら、理想の組み合わせを見つけてみましょう。

低いダイニングテーブルのメリット

低いダイニングテーブルのメリット面はどのような点があるのでしょうか。低さが活きるおしゃれで開放的なインテリアや、標準の高さでは叶いにくい使い勝手が魅力です。

テーブルの低さが活きるおしゃれな空間作り

まずはテーブルの低さがもたらす部屋の開放感や、ソファと合わせることで生まれるゆとりのあるスペースなど、空間作りにおいてのメリットを紹介します。

圧迫感が無く部屋を開放的に見せることができる

低いダイニングテーブルの大きな魅力のひとつは部屋に抜けを生み出す開放感。標準の高さよりも約5~10cm低くなるだけで、圧迫感がなくすっきりとした印象になります。ソファや他の家具もロータイプで統一するのがおすすめです。

ソファダイニングにして床のスペースを広く使える

低いダイニングテーブルはソファと合わせて、食事と寛ぎの場所をまとめたソファダイニングにすることができるのも魅力。その分、床のスペースが広がり別の用途として使用したり、ゆとりのある空間作りが叶います。ワンルームや、手狭なリビングダイニングの場合にもおすすめです。

低いダイニングテーブルならではの使い勝手

低めのダイニングテーブルは見た目だけでなく、低いからこそ叶う使い勝手があります。家族構成やライフスタイル、家の間取りに合わせて取り入れることでより快適な生活が叶うでしょう。

高齢者や子供も使いやすい低さ

標準的な高さのダイニングテーブルは高齢者や小柄な方、また小さい子供には少し高すぎる場合も。3~5㎝低いダイニングテーブルにするだけで、安心・安全で快適に食事を楽しむことができます。

ソファと合わせて寛ぎながら食事ができる

部屋を広く使えるソファダイニングでは、ひとつの場所でソファでの寛ぎと食事もとりやすいのが魅力。ゆったりとリラックスしながら食事をしたり、お茶やお酒を楽しみたい人にもおすすめです。

和食と相性もよい低めのダイニングテーブル

低めのダイニングテーブルは、鍋や丼など器が高い食事にも最適。テーブルと椅子の距離が少し短くなることで器の位置が低くなり、食べやすくなります。そういった和食が多いご家庭にもおすすめです。

低いダイニングテーブルのデメリット

見た目や使い勝手にも魅力がある低めのダイニングテーブルですが、デメリットはどんな点があるのでしょうか。低いダイニングテーブルを選ぶ際に気を付けたいポイントを紹介します。

身長とチェア・ベンチ選びがポイント

低めのダイニングテーブルを選ぶ際に最も気になるのが、座りやすさや使い心地ではないでしょうか。身長によっては使いづらかったり、合わせるチェア・ベンチやソファの選び方がポイントです。

高身長の方は低めのテーブルが合わないことも

日本人の平均身長は男性が170cm、女性が158cmとされており、それに合わせて標準の高さとされている70cm前後のダイニング。高さが60cm台となる低めのダイニングテーブルでは、高身長の方には低くなりすぎる場合もあります。

テーブルに合わせるチェアの高さ選びが重要

テーブルとチェアの高さのバランスは、快適に食事をとるために重要なポイント。デザインの好みだけで別々に購入すると、使い心地が悪くなる場合も。テーブルに合う高さのチェアを選ぶことが大切です。

ソファと使う場合はこまめな掃除が大切

ソファで食事もとるソファダイニングは、寛ぎをメインとした使い方よりもソファが汚れやすくなります。カバーの手入れや、ソファ下の掃除がしやすいものを選びましょう。

ライフステージの変化を見据えてダイニングの高さを選ぶこと

家族構成、ライフスタイルによって適正な高さが異なるダイニングテーブル。これから家族が増える場合は小さい子供も使いやすい高さのものを選ぶなど、今後のライフステージを見据えることで選び方も変わりますね。

おしゃれで快適に過ごせる低いダイニングテーブル選び ~5つのポイント~

これまで紹介したメリット・デメリットを踏まえ、快適に過ごせておしゃれに見せることができる低いダイニングテーブル選びのポイントを紹介します。

ポイント1:使い方に合わせた低さのテーブルを選ぶ

低めのダイニングテーブルには約60cm~70cmと低さにもいくつかの段階があります。まずは使い方を考えて、低いダイニングテーブルを選ぶ目的を定めましょう。

高齢者や子供が使いやすいテーブルの低さ

ひとつは高齢者や子供、小柄な方の使いやすさを考えたテーブル選び。標準的な高さよりも5cm前後低い67~69cmほどの低さであれば、成人が極端に低く感じることもないでしょう。チェアには子供を安心して見守れるベンチを選ぶのもおすすめです。

ソファに合わせやすいテーブルの低さ

ソファにダイニングテーブルを合わせる場合、クッションの沈み込みを考慮してテーブルの高さを選ぶ必要があります。ソファの高さにもよりますが、標準の高さである40cm前後のソファには、60~65cmのダイニングテーブルがおすすめです。

高さ変更ができるローダイニングテーブルを選ぶ

引越しやライフステージによって使いやすい高さが異なるダイニングテーブル。これからライフスタイルの変化がある方は、高さ変更できるものを選ぶのがおすすめです。

ソファとダイニングをそれぞれ設けた空間。食事と寛ぎ、それぞれの時間を重視したレイアウトです。

ローダイニングテーブルのかさ上げ材を取り、3cm低くすることでソファと合わせやすい高さに。小さなお子様用のフリースペースができました。

ポイント2:脚の形で低いダイニングテーブルを選ぶ

ダイニングテーブル選びのポイントにもなる脚の形。好みの見た目で選ぶのも良いですが、ベンチやソファで使用することが多い低めのダイニングテーブルでは出入りのしやすさも確認しましょう。

種類が豊富な4本脚のローダイニングテーブル

ダイニングテーブルの一般的な脚のデザインとなる4本脚。脚の太さやカットの仕方など種類が豊富です。脚カットの加工ができるものを選ぶことで標準の高さを低くすることができるため選択肢が広がります。

脚カットができるおすすめの4本脚ダイニングテーブル

出入りしやすいT字型ローダイニングテーブル

脚が中央にくるようなT字型のダイニングテーブルは、チェアをあまり引かなくても出入りがしやすいのが特長。特にソファやベンチなどと合わせるケースも多い低めのダイニングテーブルにはおすすめです。

おすすめのT字型ローダイニングテーブル

脚の内付け・外付けが選べるテーブルがおすすめ

T字型の場合、テーブルの短い辺に人が座ることが難しくなりますが、脚の位置を内付け、外付けが選べるものであればソファとテーブルのレイアウトに合わせて快適に過ごすことができます。

コーナーソファや短い辺に座ることができる脚内付け

対面で座る際、足場にゆとりを持って使える脚外付け

ポイント3:低めのテーブルに合うチェアやソファを選ぶ

低めのダイニングテーブルにする場合はその高さに合わせたチェア選びも重要。使いやすい高さのチェアを選ぶことはもちろん、ソファダイニングでは食事がとりやすいソファを選ぶこともポイントです。

低いダイニングテーブルに使いやすいチェア

テーブルとチェアの高さの良いバランスは、天板からチェア座面の「差尺」が25~30cmと言われています。低めのダイニングテーブルを選ぶ時は、高さにあわせて通常の40~42cmよりも少し低めのものを選びましょう。

脚カットできるおすすめのダイニングチェア

テーブルで小さなお子様も使いやすいベンチ

小さなお子様に合わせて低めのダイニングテーブルにする際におすすめなのがベンチ。大人と近い距離で座れたり、椅子よりも広く使える点も魅力です。また、背無しのベンチは圧迫感が無いため開放感あるコーディネートに適しています。

低いテーブルにおすすめの高さが選べるベンチ

寛ぎと食事を兼ね備える低いダイニング用ソファ

寛ぎと食事を兼ねたソファダイニングにする場合は、ソファの選び方も重要。チェアと同様にテーブルとの高さのバランスはもちろん、奥行きが広すぎるものは食事を取る際に使いづらく感じることもあるため注意が必要です。

ソファダイニングにおすすめの奥行きがコンパクトなソファ

「差尺」を考慮した脚カットできるチェアを選ぶ

天板とチェアの距離の指標となる「差尺」は25~30cm以内が一般的とされており、このサイズから極端に変わると使いづらくなる可能性があります。低いダイニングテーブルに合うチェア選びの際は、脚カットで高さの調整ができるものがおすすめです。

高さ67cmローダイニングテーブルに、座面高42cmの椅子だと低く感じる場合は脚カットで好み高さに変えてみましょう。

座面高42cmから37cmにカットしたチェア

おすすめコラム

  • ダイニングテーブルの高さを調整する ~脚カットサービスで低く調整する方法~
    ダイニングテーブルの高さを調整する ~脚カットサービスで低く調整する方法~

    洗練されたデザインや高級感のあるダイニンテーブルはもちろん魅力的ですが、楽しく快適に食事ができなければ意味がありません。もしダイニングテーブルの高さが原因で食事中の快適さが損なわれているとしたら・・・そのお悩みを解決する方法の一つが脚カットによる調整です。このコラムでは、ダイニングテーブル、チェアの脚をカットして高さを低くする調整方法やメリットをご紹介します。

ポイント4:使用人数に合わせたサイズで選ぶ

快適に食事をとるためには、使用人数に応じた適正な天板の広さを選ぶことも大切です。コンパクトに置きたいのか、ゆったりと食事を楽しみたいのかによっても快適な広さは異なります。

1~2人向けの低めダイニングテーブル

1人で使用する場合は幅・奥行が60cmほどあればゆとりをもって食事をとることが可能。コンパクトなためワンルームなどにも起きやすいです。2人で使用する場合は80cmほどあると快適に食事をとることができます。

2~4人向けの低めダイニングテーブル

2~4人で使用する場合は、幅140cm前後のものがおすすめです。幅120cmは2,3人でゆとりをもって使える広さ。4人でも使用できますが、少し窮屈に感じるかもしれません。

4~6人向けの低めダイニングテーブル

4人で使用する場合は140cm以上あれば十分ですが、5,6人で使用する場合は180cmほどの広さが必要です。

おすすめメニュー

  • 7章:ダイニングテーブルのサイズ知識・一覧表
    7章:ダイニングテーブルのサイズ知識・一覧表

    ダイニングテーブルのサイズ知識やa.flatのダイニングシリーズの一覧表をご紹介。各テーブルごとのサイズの違いや、その他情報などを比較できます。特に幅や高さは、お部屋のレイアウトや合わせるダイニングチェアとの相性などの重要なポイントとなるため、自分にとってベストなサイズ感やデザインのテーブルを見つけてみましょう。

ポイント5:低いダイニングテーブルを素材で選ぶ

おしゃれなダイニングテーブル選びは素材にも拘りたいですね。無垢材や突板などの木製のものは食卓に温かみを添え、様々なインテリアテイストにも合わせやすいです。小さなお子様がいるご家庭では耐久性の高いメラミン樹脂も良いでしょう。

無垢材の温もりが魅力の低いダイニングテーブル

天然木を削って作られた無垢材のテーブルは、無垢材でしか感じることのできないやさしい手触りと木の温もりに癒されます。時を重ねるごとに表情が変化して味わい深くなっていくのも魅力です。

木目を楽しめる突板構造の低いダイニングテーブル

合板に薄い木材を張り付けた突板のテーブル。均一で美しい木目が特徴で、突板よりも比較的安価ながら木目を楽しむことができます。

耐久性が高いメラミン樹脂の低いダイニングテーブル

樹脂を浸透させた紙を何層にも重ね合わせたメラミン素材。プリントで木目や石調など様々な見た目に加工することが可能。耐熱性や耐水性に強く、飲食店などに使われることも多い素材です。

暮らし方別!低いダイニングテーブルのコーディネート実例

ここからは、低いダイニングテーブルを取り入れた実例を暮らし方別に紹介します。テーブルの大きさをはじめ、チェアの組み合わせ方やおしゃれなカラーコディネートを参考にして下さい。

<一人暮らし編> 低めのダイニングテーブル実例

ロースタイルのテーブルで部屋を広く見せる1LDK

深い色合いのブルー中心にコーディネートした1LDK。幅120cmのローダイニングテーブルで来客時にもゆったりと使うことができます。ダークブラウンの家具にブルーが映える落ち着きと爽やかさが魅力の空間です。

低いテーブルの部屋作りポイント

LD10畳の空間に120cm幅のローダイニング、幅185cmの2.5人掛けソファを置いたゆとりある一人暮らし空間。テーブル、ソファをはじめ家具をロースタイルで統一することで部屋を広く見せています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

ソファ×低いダイニングテーブルがあるワンルームの暮らし

一人暮らしのワンルームをソファダイニング中心にコーディネートした事例。ワンルームの限られた空間でも、ソファでの寛ぎと食事やPC作業などのしやすさを兼ね備えています。

低いテーブルの部屋作りポイント

10畳のワンルームには幅120cmのテーブルに幅140cmのソファとオットマン、セミダブルのベッドでコーディネート。存在感のあるソファダイニングに馴染むよう、ベッドやTVボードも脚付きのものをチョイスしています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

快適な一人暮らしを送るソファダイニングの空間

コンパクトな1LDKの空間を、ソファダイニング中心にコーディネートした事例。引き戸を開けたまま、リビングから寝室を一繋がりの部屋として使うことが多い空間を、統一感あるコーディネートで仕上げています。

低いテーブルの部屋作りポイント

9畳のLDKには幅120cmのテーブルと140cmのソファをレイアウト。窓に向けて置いたソファダイニングは外の見通しが良く、テレワークも捗る空間です。

おすすめコラム

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

<二人暮らし編> 低めのダイニングテーブル実例

マリンテイストの開放感と馴染むローダイニング空間

窓が多い明るく白い部屋をベースに、ブルーで海のような雰囲気を演出したビーチスタイルの部屋。優雅な無垢材のハイバックソファやローダイニングが開放感溢れる空間を演出しています。

低いテーブルの部屋作りポイント

12畳のLDに、二人暮らしには十分な幅150cmのローダイニングテーブル。来客時や家族が増えた際にも長く使えます。椅子にはベンチを取り入れることでカジュアルで開放感ある雰囲気に。

おすすめコラム

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

低いダイニングテーブルとソファで統一した二人暮らし

家具やファブリックでブラウンの濃淡をつけたおしゃれな二人暮らしのインテリア例。無垢材のローダイニングテーブルやラタンのローソファで自然素材を取り入れた温もりあるコーディネートです。

低いテーブルの部屋作りポイント

12畳のLDKに幅150cmのテーブル、ローソファは約2mの3名掛けをレイアウト。ローダイニングに合わせた背付きベンチやおしゃれなチェアカバーはリビングとの統一感に拘った空間です。

おすすめコラム

  • おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~
    おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~

    おしゃれな部屋でゆっくりと過ごす時間は憧れますよね。ではどのようにして自分好みのおしゃれな部屋を作れば良いのでしょうか。今回はそんな理想の部屋作りを行うためのポイントを徹底解説していきたいと思います。おしゃれで完成度の高いインテリアスタイル実例を参考に素敵な空間を手に入れましょう。

4人で団らんできるセカンドハウスの開放的な食卓

ソファダイニングにすることで床のスペースにゆとりを持たせたセカンドハウスの事例。リビング横の和室の寝室にも拘り、ラタンや木材の自然素材にグレーとブルーの大人のカラーコーディネートがおしゃれな空間です。

低いテーブルの部屋作りポイント

LD19畳の広い空間にあえてソファダイニングにすることで、キッチン前のスペースをあけたレイアウト。セカンドハウスならではの生活感がでにくい、洗練されたコーディネートになっています。

おすすめコラム

  • 【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング
    【実例付き】リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング

    リノベーションで実現した大人の休日を過ごせるリビング実例の特集です。近年マンションや戸建てを、自分好みの空間としてリノベーションされる方が増えています。リビングの間取りや内装を自由に変更できて、快適に生活がしやすい理想的な部屋を叶えるリノベーション。是非、こちらの素敵なリビング・和室を叶えたリノベーション実例を参考にしてみて下さい。

2台の低いカフェテーブルでフレキシブルに暮らす1LDK

一人暮らしの1LDKを二人でも過ごせる空間としてコーディネートした事例。コンパクトなソファ+カフェテーブルを置いて手狭な空間に寛ぎと食事を兼ねたコーディネートです。

低いテーブルの部屋作りポイント

8畳のLDに2名掛けと1名掛けを組み合わせた幅約2mのソファに、60cmのカフェテーブルを2台繋げて配置。カウンターキッチンにハイチェアを置くことでソファダイニングのテーブルは切り離してフレキシブルに使うことができます。

おすすめコラム

<家族暮らし編> 低めのダイニングテーブル実例

低めのダイニングテーブルで叶う小さいお子様との時間

高さ67cmのローダイニングテーブルに座面高42cmの背付きベンチを置いた差尺25cmのダイニングセット。お子様が食事やお絵描きもしやすく、大人が使用するにも狭すぎない差尺の組み合わせです。

低いテーブルの部屋作りポイント

ダイニングとリビングが区別しやすい16畳のLDK。キッチン前のダイニングは小さなお子様も使いやすい幅150cmのローダイニングに背付きベンチをコーディネート。コーナーソファを置いたリビングはローテーブルを置かずお子様が遊びやすい空間です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)
    【インテリア実例】家族で楽しむ北欧風リビングダイニング(LDK)

    小さなお子様のいるご家族のリビングダイニング(LDK)の実例インテリアコーディネートです。家族で遊ぶスペースを広々と確保できる家具の配置・ケガや汚れ対策などの機能を考えた家具選び・気分が明るくなる北欧風のカラーコーディネートをポイントにリビングダイニングのインテリアコーディネートをご紹介します。

海が見えるロケーションに合わせたロースタイルなLDK

目の前に海が広がる絶景のロケーションが魅力の別荘の事例。バルコニーへの抜けが開放感あるダイニングには、見通しの良さを重視して低めのダイニングテーブルを選んでいます。

低いテーブルの部屋作りポイント

20畳の広々とした横長のLDではダイニング、ソファどちらからも海への眺めが良い空間。開放感を意識したローダイニングと、贅沢なハイバックのコーナーソファは無垢材で統一し、絶景のロケーションを引き立てるブルーのコーディネートです。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート
    【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート

    自然が豊かな別荘地・千葉 鴨川にピッタリなインテリアコーディネートをご紹介致します。太平洋の壮大な海と空が広がる鴨川の魅力を最大限に活かした家具選びやインテリアコーディネート。別荘の中でも大自然を感じてゆっくりした時間を過ごす事が出来ます。千葉 鴨川の別荘の実例インテリアコーディネートを交えながらご提案致しますので、是非参考にされてみてください。

団らんや会話が弾む低いテーブルを囲んだセカンドリビング

セカンドリビングとして設けたソファダイニングの事例。ラタン素材のソファにグレーのカバーやクッションでコーディネートした静寂に包まれる大人の寛ぎ空間です。

低いテーブルの部屋作りポイント

約9畳の空間には幅120cmの低いダイニングテーブルにコーナーソファと一人掛け用のラウンジチェアを置いた贅沢な寛ぎ空間。テーブルを囲んで家族や友人との団欒時間をゆったりと過ごせます。

おすすめメニュー

  • クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~

    クラウドグレー・スタイル~悠然につつまれる~のページです。クラウドグレー・スタイルは、様々なグレーの家具やファブリックを組み合わせて、上質なグレーの世界観を作り出すコーディネートです。このスタイルでは、グレーを基調としつつ、彩度の低いパープルやラタン材など相性の良い素材や色を織り交ぜて、洗練された空間を演出します。例えば、グレーのソファに「CLトープ」のカバーを使用し、「CLチャコール/クラウド」のクッションを添えることで、落ち着いたリビングが実現します。また、ダイニングルームにはダークグレーのヒヤシンス素材のチェアや和紙素材の照明を取り入れ、穏やかな雰囲気を生み出します。クラウドグレー・スタイルは、シンプルでありながらも、部屋に深みと高級感を与えるデザインです。

機能性×デザイン性が魅力!a.flatおすすめの低いダイニングテーブル

ソファダイニングで空間を広く使えたり、部屋に開放感を生み出すことができる低めのダイニングテーブルの魅力を存分に活かす、機能性に優れたa.flatお勧めの商品を紹介します。

低めのモク・ローダイニングテーブル

大自然の中に立ち並んだ大木の佇まいからインスピレーションを得たモク・ローダイニングテーブル 。67cmの天板高さが生み出すロースタイルと無垢材の素材感が魅力です。

ライフステージに合わせて変更できる高さ調整

モク・ローダイニングテーブルは天板と脚の間についている3cmのかさ上げ材を取り外し、ソファダイニングにすることが可能です。テーブルとソファを分けたレイアウトからソファダイニングにするなどライフステージや間取りに合わせた変更で長く使うことができます。

高さ67cmのローダイニングテーブル

チェア2脚と背付きベンチのダイニングセット。食事をメインでとる、開放的なローダイニングです。

かさ上げ材を外し、高さ64cmのソファダイニングへ変更

コーナーソファにダイニングテーブルを合わせて寛ぎと食事の両方を兼ねたダイニング。

別売りの脚を購入すれば、69~72cmの標準な高さのダイニングテーブルに変更することも可能です。

部屋に合わせて選べる2サイズ・2色のバリエーション

塗装色は落ち着いた色目のダークブラウン色と、木目を活かしたグレインブラウン色の2種類をご用意。部屋の色やテイストに合わせてお選び頂けます。

ダークブラウン色

高級感や上品な部屋作り、木の温もり感も欲しいという方に人気の色合いです。

グレインブラウン色

木の風合いを楽しめる色合い。無垢ならではの存在感や癒しの空気を感じることができます。

おすすめコラム

  • 【特集】ローダイニングテーブルの魅力と選ぶ時のポイント
    【特集】ローダイニングテーブルの魅力と選ぶ時のポイント

    食卓に開放感とゆとりを与えてくれる「ローダイニングテーブル」は、限られたダイニングスペースを少しでも広く見せたい方にとてもおすすめです。今回はローダイニングテーブルを選ぶ時のポイントと、a.flatこだわりのローダイニングテーブルをご紹介します。参考にして頂くことで、ゆったりと快適に過ごすことが出来るダイニングが完成するでしょう。是非、インテリアコーディネート実例も合わせてご覧ください。

  • 【開発エピソード】無垢材テーブル~モク・テーブルシリーズの商品開発~
    【開発エピソード】無垢材テーブル~モク・テーブルシリーズの商品開発~

    大自然の中に立ち並んだ大木の佇まいからインスピレーションを得て開発された、モク・テーブルシリーズ。テーブル(天板)はそのままに、複数のパーツを組み替えることにより、テーブルの高さや脚間を自由自在にセッティングすることができます。また、組み替え時に起こり易い商品の破損を予防するために、使用パーツや部品にもa.flatらしい工夫を凝らしています。ライフスタイルや間取りが変わっても長く使える、モク・テーブルシリーズのの商品開発エピソードをご紹介させていただきます。

マルチに暮らせるモク・ソファダイニングテーブル

64cmの天板高さによって、ゆっくり寛いだり、食事ができたりと様々な過ごし方が可能なソファダイニング。リビングダイニングのどちらかに別のスペースを作れたり、限られた空間にも配置できるのが魅力です。

ソファの出入りがしやすいT字型の脚

基本的に動かさないソファでは、テーブルの脚との組み合わせが重要なポイント。脚が中央にあるT字型の脚は、ソファでも出入りがしやすいためソファダイニングには欠かせない組み合わせです。

ソファだけでなく、ベンチを合わせる際にも◎

出入りがしやすいだけでなく、すっきりとした見た目が重厚感あるソファとの相性が良いです。

過ごし方に合わせて変更できる脚の内付け・外付け

レイアウトや使い方に応じて快適に過ごせるように、テーブル脚の内付けと外付けの2パターンで組み替えが可能。例えば、出入りのしやすさを優先したい方は内付け、テーブルの中央に座ることが多い方は、脚間のスペースを優先する外付けなど、その都度調整できるのが特長です。

脚内付け

テーブルの短い辺にも座ることができます。

脚外付け

テーブルの長い辺に座った際にゆとりがあります。

ソファダイニングにおすすめのソファ

ソファダイニングで快適に過ごすには、テーブルだけでなくソファの選び方も重要です。①ソファの座面高、②ソファの奥行、③天板までの高さ、3つのバランスが整うことで、姿勢を正して食事ができ、寛ぐことも可能な1台2役のソファになります。

一般的に寛ぐことを想定したソファでは座面の奥行きは60㎝以上が多いのですが、ソファダイニングの場合、それでは深すぎて姿勢が保ちづらくなってしまいます。

食事がしやすいソファは、背中のサポートがしやすいように座面の奥行きが50㎝程が良いでしょう。

ソファダイニングではソファの高さと天板の高さのバランスが重要です。一般的なダイニングテーブルの72cmの高さはソファと合わせると高すぎて食事が取りにくくなります。

ソファの座面と天板の高さの差尺が25~30cmになる組み合わせを選びましょう。

ソファダイニングにおすすめのソファ

おすすめコラム

  • ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方
    ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方

    ソファテーブルで食事をするスタイルは、寛ぎながら過ごせたり部屋にゆとりをもたらします。ソファでの居心地の良さから、食事だけではなく食後のコーヒーやお酒をテーブルで楽しむこともでき、豊かな暮らしが叶うでしょう。このコラムでは、「食事を取りやすいソファとテーブルの選び方」や「ソファダイニングテーブルを置いた実例」をご紹介致します。是非参考になさって下さい。

低めでおしゃれなカフェテーブルv04

自宅で簡単にカフェ気分を味わえる、スタイリッシュなデザインのカフェ・テーブルv04。コンパクトなソファダイニングスタイルの空間を実現する、天板高さを63cmに抑えたロータイプのテーブルです。

コンパクトな空間や一人暮らしに最適

天板の大きさが60×65cmとコンパクトなカフェテーブルは手狭な空間や一人暮らしにおすすめ。1~2人掛けにちょうど良く、軽い食事や読書、ノートパソコンなどを使用するのにぴったりです。

ソファに合わせて自由自在なレイアウトを楽しむ

コンパクトなサイズ感のカフェテーブルは、ソファの形や過ごし方に合わせて配置をレイアウトしやすいのが魅力です。2台を繋げて使ったり、ソファで過ごす位置や模様替えに合わせて変更できます。

2台のカフェテーブルを繋げて、120×65cmの大きなダイニングテーブルとして使用した例

2台のカフェテーブルそれぞれ使いやすい場所に動かして使うことも可能です。

低いダイニングテーブルの暮らしを叶える3D家具配置シミュレーション

a.flatでは3Dコーディネートシステムを使ってご自宅の間取りや色を再現することができます。予めバーチャルでシミュレーションすることで、低いダイニングテーブルを使った理想のレイアウトを試してみましょう。

3Dシミュレーションで低いダイニングテーブルをコーディネートする

3Dコーディネートシステムでは家具のレイアウトやカラーを簡単に変更することが可能。ソファに合わせた低いダイニングテーブル配置や、開放感を演出するカラーコーディネートなどもお試しください。

3Dコーディネートサービスの流れ

【1】図面を元にリビングを再現する
部屋の図面を元に、床や壁などを実際のイメージに近づけて再現していきます。図面がない場合も、採寸した長さから作成することが可能です。

【2】ソファや家具のレイアウトを確認
次にダイニングテーブルやソファなどの家具を配置。テーブルの大きさや、抜け感あるチェアの置き方、ソファとの組み合わせなどを確認できます。

【3】カラーや小物をコーディネート
家具の配置が決まったらチェアやソファカバー、ラグなどのカラーをコーディネート。低いダイニングテーブルならではの開放感を演出する空間作りを楽しみましょう。

【4】3D画面で立体的なイメージを確認する
カラーコーディネートが完成したら3Dで確認。配置のバランスや距離感をリアルにイメージすることができます。

【5】視点を変えて部屋のイメージを確認する
実際に部屋を歩いているような視点でも確認できるため、低いダイニングテーブルの位置やチェアの置き方を調整することができます。

【6】カラーコーディネートを変更
ブルーの爽やかなイメージから、グリーンの癒しを感じるカラーコーディネートへ変更。好みのカラーで理想の部屋作りを楽しんでください。

低めのダイニングテーブルを選べるa.flatの店舗一覧

a.flatの店舗ではおすすめの低いダイニングテーブル、ソファに合わせたソファダイニングテーブルを展示しています。テーブルに合うソファやチェアの座り心地も試していただけます。

a.flat大阪梅田店
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

a.flat目黒通り本店
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat新宿店
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

まとめ

部屋を開放的に見せ、ソファダイニングとしてスペースを有効活用することもできる低めのダイニングテーブル。脚の形や高さ調整ができるもの、また、適したチェアやソファの選び方次第で快適さも異なります。このコラムを参考に、おしゃれで過ごしやすい低めのダイニングテーブルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連メニュー

  • ローダイニングテーブル・ローダイニングセット~67cmの天板高さが生み出すロースタイルと無垢材の素材感が魅力~

    ローダイニングテーブル・ローダイニングセット~67cmの天板高さが生み出すロースタイルと無垢材の素材感が魅力~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatローダイニングテーブル・ローダイニングセットシリーズは、有機的なフォルムと、無垢材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの情景を思わせる開放的な空間が広がり、コーディネートとクオリティを確かめながらローダイニングテーブル・ローダイニングセットを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

  • ダイニングチェア・スツール ~アジアンリゾートらしい素材感とデザイン、快適な座り心地を追求~

    ダイニングチェア・スツール ~アジアンリゾートらしい素材感とデザイン、快適な座り心地を追求~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatのダイニングチェア・スツールシリーズは、リゾートスタイルをテーマにした穏やかで抜け感のあるフォルムと、アジアンな素材感・ラタン・ヒヤシンス・無垢材の温もりがひとつになりました。ゆったりと寛ぐためにデザインされた座り心地、リゾートのどこか優しい空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアン リゾートの情景を思わせる開放的な空間が広がり、コーディネートと品質を確かめながらダイニングチェア・スツールを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.