• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

【特集】ぬくもりある木製のキッチン収納で豊かな暮らしを

公開:2017/8/31

更新:2017/11/19

ライター:新宿店板谷

【特集】ぬくもりある木製のキッチン収納で豊かな暮らしを

現在、どのようなキッチンを使っていらっしゃいますか。家の中でもキッチンスペースは少し特別な存在となります。リビングやダイニング、ベッドルームの目的は「くつろぐこと」であることに比べ、キッチンスペースの目的は「料理をすること」がメインです。

そのためキッチン収納にも、収納力・安全性などの機能性に特化したものを無意識に選んでしまうのではないでしょうか。しかしキッチンスペースはダイニングやリビングからも見えて、収納棚としての面積も大きいためお部屋全体の印象を左右します。見た目も良く、機能性も優れた木製のキッチン収納で豊かな暮らしを手に入れませんか?

キッチン収納とは

キッチン収納とは「台所やダイニングルームに置いて食器や調理器具を収納する棚」のことを指します。電子レンジ・炊飯器などの熱や蒸気を伴う電化製品を置くため、デザイン性・機能性の両方が必要になります。

キッチン収納の種類

キッチン収納の種類は、フルオーダー・セミオーダー・単体に分かれます。

フルオーダー
金額・納期はかかるが、素材・サイズ・デザイン・機能など全てを希望どおりに選択できる。

セミオーダー
一般的にシステムキッチンのことで機能性に特化している。色や収納・サイズのレイアウトを選択肢の中から選べる。

単体
既製品のため、サイズや色が限られる。しかし移動できたり、リビング・ダイニングの家具のシリーズと合わせられることも。

それぞれの種類にメリット・デメリットがありますが、今回はリーズナブルに買い足しやすく選ぶものによってキッチンの雰囲気と機能性をレベルアップさせてくれる「単体キッチン収納」についてご紹介していきます。

単体キッチン収納の形状

単体キッチン収納の形状は、大きく分けてキッチンボード・ディッシュボード・キッチンカウンターとあります。これらをお部屋のサイズやご家庭の用途により組み合わせて置きましょう。

キッチンボード
食器と調理家電など多種類のものを省スペースで収納をすることが可能。

ディッシュボード
食器専用の収納で、お皿やグラスを多くお持ちの方におすすめ。

キッチンカウンター
少しだけ収納をプラスしたい方に。ディッシュボードと合わせて使用する方も。

ディッシュボードとキッチンカウンターを組み合わせた例です。単体のキッチン収納だからこそ、収納が足りなくなったときに気軽に追加ができ、家族構成やお引越しでの間取りの変化に柔軟に対応できます。

インテリア性の高い こだわりのキッチン空間作り

キッチン空間をこだわりのデザインのものに出来たら、毎日の家事も一層楽しくなるはずです。料理・お食事での家族団らんの一時を、理想のキッチン空間で過ごしてみてはいかがでしょうか。

1. 木製のキッチン収納のおすすめ

温かみある上質なお部屋を演出するには、木製のキッチン収納がおすすめです。機能性に特化したメラミン材のキッチン収納が多くありますが、木製の天然素材の風合いや触り心地に癒しを感じる方が多いかと思います。

■面材の比較

メラミン材
システムキッチンなどでよく使われている面材。耐久性が高くて汚れを拭き取りやすく機能性は高いが、無機質に見える。

木製のフラットなデザイン
木製のためデザインにあたたかみがある。しかし面積が大きい分、シンプルに見えて物足りなく感じることも。

木製の凹凸のあるデザイン
フラットなデザインに比べて面材の凹凸があるため、こだわりを感じて、木製のあたたかみがありつつも洗練された雰囲気に。

日本の住宅では建具や床材に木製の素材を使用することが一般的ですよね。そのため、木製のキッチン収納は部屋に馴染みやすく落ち着きのある雰囲気が出ます。ただ、木製キッチン収納の中でも引き出しがフラットなタイプだと物足りない印象になってしまいます。木製素材の魅力を活かすデザインでお気に入りの空間を作り上げましょう。

2. ぬくもりある木製素材の魅力を活かしたデザイン

それでは世の中に多くの木製キッチン収納がある中で、どのようなデザインを選べば良いのでしょうか。続いては、木製の良さを堪能できるキッチン収納のデザインについてご紹介します。

■ルーバー デザイン(横ライン)

優しい風が吹く海の水平線や川の水面を連想させる横ラインの木製デザイン。木材の加工を正面から見える部分だけでなく、1本1本、3面丁寧に仕上げているため処理が美しいです。

リゾートホテルでも多く建具に用いられており、ルーバー=アジアンリゾートを連想される方もいます。木製ならではのどっしりとした重厚感がお部屋をハイグレードな印象にしてくれます。

■ルーバー キッチン収納シリーズ

■レン デザイン(縦ライン)

絶え間なく流れる幾筋もの滝をイメージしてデザインした繊細な縦ラインの木製デザイン。1枚の無垢板材を使い、九州の職人の手により「なぐり加工」を施しています。木製の家具の中でも縦ラインを扱うことは技術が必要になるため珍しいです。

きめ細かい縦ライン効果により、お部屋がすっきりと洗練された印象に。木製のため、デザインがシャープすぎず柔らかな雰囲気になります。日差しを浴びると面材に陰影ができて木製素材の凹凸が活きてきます。

■レン キッチン収納シリーズ

3. キッチン収納もLD空間と統一させるインテリアのこだわり

キッチン収納をテレビボードやキャビネットなどと同じシリーズのデザインにすると、リビングダイニングからキッチンに掛けて統一感のあるお部屋が出来上がります。

■ルーバー コーディネート

大胆なルーバーデザインをオリエンタルなパープルでまとめたコーディネートです。

どこまでも続く水平線のような横ラインにより重厚感のあるお部屋に仕上がっています。まるで高級リゾートのような落ち着いた雰囲気を味わえます。

■レン コーディネート

繊細なラインが織りなすレンシリーズの収納に爽やかな海辺をイメージしたブルーで彩ったコーディネートです。

たくさん収納を並べても、縦ラインの効果ですっきりと細く見えます。風が吹き抜けるような開放感を演出して、日々の暮らしを心地よく過ごせます。

■お客様宅のコーディネート実例

テレビボードの横に・・・

テレビボードの横にディッシュボードを置く方もいます。お気に入りの皿やグラスをソファから眺められ、リビングでくつろいでいるときにグラスを取り出しやすいです。テレビボードと同じシリーズで合わせているため、空間がまとまった印象になっていますね。

特殊な置き方をしても、あとからキッチンやダイニングテーブル横に移動できることが単体キッチン収納の良いところです。

■キッチン収納まわり+α のアイテム

キッチンワゴン
食器やカトラリーを収納できます。キャスター機能付きでダイニングテーブルまで簡単に食事を運ぶことが可能です。更にダイニングの横に持っていくことでお皿を置くスペースが拡張されます。

壁面装飾
キッチンカウンター上の余った壁面スペースに。電化製品を並べてしまい殺風景になりがちなキッチン収納ですが、1枚の壁面装飾があるだけで華やかな印象に様変わりします。

日本の暮らしのために考えられた快適・安全な機能性

リビングダイニングはデザイン重視で選んでも良いと思いますが、キッチンスペースは料理をします。そのため、キッチン収納には機能性も大事になってきます。デザインだけでなく、収納力・掃除のしやすさ・火事や地震対策などの機能性を兼ね備えていることが重要です。

1. 料理時の動線・片づけやすさを求めた収納力

棚板(可動式)

仕切り板(可動式)

お持ちのお皿やグラスのサイズや量によって、お好みで収納できます。どちらも可動式のため、食器が増えたり減ったりしても、お手軽に調整できる便利な機能です。

日本人に使いやすい高さ設定
高さは183cmと日本人の平均身長に合う高さです。低すぎると収納スペースが減ってしまい、高すぎると引っ越しでキッチン収納を持っていった際に、梁にあたったり火災報知器を隠したりと置けない可能性があるため、183cmは収納力と利便性を兼ね備えた絶妙な高さといえます。

2. 汚れやすい木製キッチン収納を清潔に保つ機能性

水や油を使って汚れやすいキッチンスペース。家族の口に入るものを扱う場所なので、汚れ対策も大切になってきます。加工をしていない木製のキッチン収納だと、水拭きをすることさえ不安になってしまいませんか。次は、木製キッチン収納を清潔に保つための様々な機能についてご紹介します。

180度耐熱メラミン加工
メラミン樹脂は硬度が高いため、熱や水に強く、傷つきにくく、焦げにくいなどの優れた機能があります。木製ですがサッと水拭きすることも可能です。

モイス材
吸湿・蓄湿・放湿を適時行うため結露ができません。キッチンは蒸気や熱で湿気がたまりやすいですが、モイス材があるとカビ防止に役立ち消臭効果にも優れています。

スライドレール機能
スライドして簡単に手前に引き出す機能により、炊飯器から出る水蒸気を逃がしカビ防止に繋がります。

ほこり侵入防止バー
閉めた扉のわずかな隙間からのほこりを防いで、ガラス扉内を清潔に保てる機能です。
※ディッシュボードのみ

3. 火災・地震対策の機能で家族の安全を守る

キッチン収納は、高さがあって大きい家具のため地震のことも気になりますよね。最後に、日本の環境を配慮した機能性をご紹介します。万が一の緊急事態にも備えて、家族の安全を守りましょう。

ソフトクローズ機能
引き出しがゆっくりと閉まり、指挟み防止や開閉時の騒音軽減機能があります。料理中に火を扱いながら皿を出したりと急いで開閉するときも、家具を傷めることなく安心して使えます。

飛散防止フィルム
食器棚自体のガラス片が飛び散ることを防ぎます。思わず割ってしまった時や災害時に、足元にガラスが飛び散ることを防ぎます。

耐震ラッチ機能
およそ震度5以上の揺れを感知すると、扉が自動的にロックされる機能です。これにより地震時に食器が落ちてきません。

転倒防止ベルト
建具に固定することで地震時の転倒を防ぎます。ベルトの傾斜をなだらかにして設置すると、より強く固定されます。(壁面に下地が必要です。)

まとめ

今回のキッチン収納の特集はいかがでしたか。デザイン性と機能性を兼ね備えたキッチン収納で、毎日の暮らしが楽しく過ごせそうです。木製のキッチン収納で家族の思い出に残る食卓やキッチンの景色を、より温かみのあるものにしてみてはいかがでしょうか。

関連メニュー


関連コラム

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。
海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.