• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

低いソファで叶える開放的な部屋作り ~快適でおしゃれなローソファの選び方~

公開:2021/11/3

更新:2021/11/5

ライター:目黒通り本店濱尾

低いソファで叶える開放的な部屋作り ~快適でおしゃれなローソファの選び方~

数あるソファの中で、部屋を最も広く見せることができ、開放感をもたらしてくれるローソファ。通常のソファとは一味違う魅力があり、毎日をゆったりと過ごせる空間を叶えることができるソファタイプです。今回は、そんな座面や背もたれが低いソファ・ローソファの選び方や、低いソファを中心に部屋をセンス良く見せるインテリアコーディネートを紹介します。

低いソファとは?

低いソファ・ローソファとは、一般的に「座面が低い」「背もたれが低い」ソファのことを指します。全体的な高さが抑えられているため圧迫感が出にくく、開放的な空間を演出できる点が魅力のひとつ。また、座面奥行きが広く作られている点も特徴で、リラックスした姿勢で寛ぎやすいソファになります。

一般的なソファに比べて背と座が低めのローソファ

■ハイバックタイプのソファ
低いソファに比べて、背もたれや座面が高いハイバックソファ。しっかり背もたれにもたれ掛かって寛げる点がメリットです。

■背もたれと座面が低いローソファ
背もたれと座面が低い分、部屋を広く見せることができるローソファ。姿勢を崩してリラックスしたりと、様々な寛ぎ方ができる点が魅力です。

低いソファの魅力は開放的でリラックスできる空間を作れること

低いソファの最大の魅力は、開放的でリラックス感のある空間を作れること。座面や背もたれなどの全体的な高さが低く抑えられているため、部屋を広く見せることができます。そのため、狭い部屋にも取り入れやすくなります。また床からの距離が近くなるため、和室との相性も良いソファです。

ローソファの一般的な種類

スタンダードタイプのソファ同様に、ローソファにも様々な種類があります。自宅の間取りサイズやライフスタイルに応じて、最も寛ぎやすいローソファを選ぶことで、よりリラックスできる部屋を叶えることができます。

■ストレートタイプ
最もスタンダードな、ストレートタイプのソファ。コンパクトな間取りにも取り入れやすく、扱いやすいタイプになります。

■ベンチタイプ
両端にアームがないベンチタイプは、よりすっきりとした印象を与えます。そのため、3人掛けのソファなど、大きいサイズでも圧迫感が出にくくなります。

■カウチタイプ
贅沢なソファライフを叶えるカウチタイプ。脚を伸ばしてゆったりと寛げるカウチは、日々の疲れを癒す特等席となります。

■コーナータイプ
足を伸ばして寛いだり、大人数で団欒を楽しんだりすることができるコーナータイプ。見た目のインテリア性も高いタイプです。

座面や背もたれの低いソファが与える様々なメリット・デメリット

低いソファには、そのデザイン性ならではのメリット・デメリットが存在します。これらはソファでの寛ぎ方や、部屋の印象に大きく関わるポイントです。低いソファはどのような部屋に適しているのか、どのような寛ぎ方がしやすいのかを、メリット・デメリットから確認しましょう。

低いソファのメリット

座面や背もたれが低いソファには様々なメリットがありますが、その中でも特に、部屋を広く見せることができるという点が最大の魅力。低いソファだからこそ叶えられるメリットです。その他にも、和室など床座生活に馴染みやすい点や、安全性が高いといったメリットがあります。

開放感を与えて部屋を広く見せる

低いソファは座面や背もたれの高さが低いため、視線が部屋の奥まで抜け、空間を広く見せることが可能。そのため、低いソファはワンルームやコンパクトな間取りにとても向いています。「ソファの圧迫感が気になる」という方に、ローソファはとてもおすすめです。

リラックスして寛ぎやすい空間を演出する

背もたれの低いソファは、そのゆったりとしたデザイン性や見た目から、リラックスして寛ぎやすい空間を演出することができます。旅先のリゾートホテルのような、非日常感、特別感のある部屋作りを得意としているため、そういったテイストが好みの方にもおすすめです。

床座生活に近い感覚で過ごせる

座面の低いソファは、必然的に床との距離が近くなります。そのため、床で寛ぐライフスタイルの床座生活、和室との相性が非常に良いソファ。和モダンスタイルや和テイストのインテリアコーディネートにとても馴染むため、好みの方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

お子様やペットも安心して寛げる

床との距離が近くなるもう一つのメリットは、お子様やペットが安心して寛ぎやすくなる点。座面が床から近いため、ソファへの上り下りがしやすくなり、万が一ソファから落下しても、大きなケガに繋がりにくいというメリットがあります。そのためスタンダードソファに比べて、安全性が高いと言えます。

和室に合わせたり、こたつの前にも置けるローソファ

床座に近い感覚で過ごすことができるローソファは、和室にも取り入れやすいソファタイプ。また、こたつの前にも置きやすく、日本のライフスタイルにとても馴染みやすいソファです。

低いソファのデメリット

スタンダードタイプのソファとは、使い心地や見た目が異なる低いソファ。低いソファには様々なメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。低いソファを選ぶ際はデメリットもしっかりと把握し、自分の過ごし方や叶えたい部屋作りに適しているかを確認しましょう。

立ち座りがしにくい

低いソファは一般的なソファに比べて、座面高が低く、立ち座りがしにくい傾向があります。とくに立ち上がる際は、体を持ち上げるような感覚になります。しっかり座るというよりは、だらっとリラックスした姿勢で寛ぐソファのためです。

家具・インテリアの組み合わせに悩む

低いソファは、その見た目や与える印象も特徴的。そのため、家具やインテリアの組み合わせに悩んでしまう場合があります。リビングの中心になるローソファに合わせた高さやデザインの家具・インテリア選びが必要となります。

フロアタイプは掃除がしにくく床暖房が使えない

ローソファのなかで直接床に設置する、脚の付いていないフロアタイプ。こちらの場合は、隙間がないため掃除がしにくいといったデメリットがあります。また、熱がこもりやすくなってしまうため床暖房を使うことができません。

こんな人にローソファはおすすめ

ローソファは部屋を広く見せたい、だらだらとリラックスした姿勢で寛ぎたいといった方におすすめのソファタイプになります。ソファでの理想の過ごし方や、叶えたい部屋作りと照らし合わせて検討しましょう。

快適でおしゃれな低いソファの選び方と部屋づくりのポイント

座面と背もたれの低いソファを中心に、開放的でおしゃれなリビングダイニングを叶えた実例です。このような快適でおしゃれな空間を叶えるためには、寛ぎやすい低いソファの選び方や、低いソファを中心とした部屋作りが必要です。どのような点に気を付けて部屋作りを行えばいいでしょうか?実際に見ていきましょう。

a.flatのローソファを例に自分にとって最適なローソファを考える

こちらの章では、a.flatのローソファを例にとって、ソファでの過ごし方やコーディネートのコツなど、自分にとって最適なローソファの選び方、部屋づくりを紹介します。わかりやすく5つのポイントにまとめて、ローソファの選び方や部屋作りについてのポイントを解説していきますのでご覧下さい。

低いソファの選び方と部屋づくりのポイント

  1. 寛ぎ方やライフスタイルからローソファを選ぶ・組む

  2. デザイン・素材・色からローソファを選ぶ

  3. 低いソファと好相性のロースタイル家具で統一感を出す

  4. ローソファをセンスよく見せる家具・インテリアを加える

  5. メンテンス性の良いローソファを選ぶ

1. 寛ぎ方やライフスタイルからローソファを選ぶ・組む

開放的で快適な空間を叶えるために、まずは自身のソファでの寛ぎ方やライフスタイルから、それに適したローソファを選びましょう。寛ぎやすいローソファの仕様を把握し、過ごし方に適したローソファの形を選べば、理想的な空間を手に入れることができます。

使い心地の良いローソファで暮らしを快適にする

一般的なソファとは形や使い心地が異なるローソファ。使用感の良いローソファを選ぶ際には、どのような点に注意して選べばいいのかをしっかり把握しましょう。ローソファには、ローソファに適したクッション性や奥行きの仕様などがあるため、特徴と合わせて紹介をしていきます。

寛ぎが増す座面や背もたれが低いソファの仕様とは

寛ぎが増す低いソファには、どのような仕様があるでしょうか。ただ「低い」だけでは、快適な空間を叶えることはできません。低いソファの形にマッチしたクッション性やサイズ感、使い心地を併せ持つソファを選ぶ必要があります。

様々な姿勢で寛ぎやすい固めのクッション性

結論から言うと、低いソファには固めのクッション性が適しています。低いソファはかしこまって座るというよりは、リラックスして様々な姿勢で寛ぐという使い方のためです。固めのクッション性の方が、姿勢を動かすという動作がしやすくなります。

ゆったりと座ることができる広い奥行き

一般的なソファに比べて、低いソファは座面奥行きのスペースを広く確保しているものを選びましょう。そうすることで、ゆったりと座ることができます。また、奥行きが広い方が様々な姿勢で寛ぎやすく、リラックスして横になったりもしやすいです。

低いソファならではの寛ぎ方

固いクッション性で座面が広いローソファは、上記のように様々な寛ぎ方が可能。楽な姿勢で寛ぎやすいという点が、ローソファならではの魅力になります。リラックスした体勢で寛ぎたい方には、ローソファは特におすすめのソファタイプです。

リラックスした体勢でゆったり寛ぐ

低いソファは、リラックスした体勢でゆったりと寛ぎやすい点が魅力。時間を忘れて、贅沢な寛ぎを味わえるソファです。テレビを見たり、何も考えずぼーっと過ごしたり、束の間のひと時を楽しみやすいソファと言えます。

横になって昼寝をする

一般的なソファに比べて、座面の奥行きが広いローソファは、昼寝など横になって寛ぐことにとても適しているソファ。また、クッション性が固めのローソファであれば、寝返りも打ちやすいく、まるでシングルベッドのような使い心地となります。

横になってソファに寄りかかる

床に直接座り、ソファに寄りかかって寛ぐこともできるローソファ。座面が低いため、このような寛ぎ方もしやすくなります。また、ソファに座っていても目線が低いため、床に座っている方とのコミュニケーションが取りやすい点も魅力の一つです。

座り心地を重視の時は低い座面+高い背面のローソファを選ぶ

ローソファでもしっかり座って寛ぎたい。そんな方におすすめなのが「低い座面+高い背面」を組み合わせたソファ。ハイバックタイプですが、ソファの全体的な高さが抑えられているため、開放感を保ちつつしっかりともたれ掛かって寛ぐことができます。

ライフスタイルに合わせたローソファの組み方を選ぶ

ソファを選ぶ際は、人によって異なる様々なライフスタイルに合わせて、それに適したソファを選ぶ必要があります。ローソファも同様で、住居人数や自宅での過ごし方などを踏まえて、ローソファのタイプ・形を決めましょう。

開放感を与えるストレートタイプ

ソファ前のスペースを広く確保することができる、ストレートタイプのローソファ。そのため、部屋に開放感を与え、広く見せることができます。ストレートタイプは2人掛け、3人掛けのほか、画像のように2人掛け+コーナーパーツを組んでストレートタイプを作ることも可能です。

家族でゆったり寛げるカウチタイプ

家族でリラックスして寛げるカウチタイプのローソファ。脚を伸ばせるため、抜群の寛ぎ感があるソファタイプです。ゆったりとした姿勢で、読書やテレビ・映画観賞などを楽しみやすく、特別感のある寛ぎの時間を味わうことができます。

大人数で団欒が楽しめるコーナータイプ

大人数で団欒が楽しめる、コーナータイプのローソファを設置した実例。コーナータイプのソファは、座った際に向かい合わず斜めになるため、コミュニケーションが取りやすくなります。自宅に友人などを招いて、食事などが楽しみやすいソファタイプです。

長く愛用できる拡張性のあるローソファを選ぶ

ローソファを選ぶ際のポイントの一つは、「拡張性」のあるソファを選ぶこと。そうすることで、引っ越しや同棲など、自身のライフスタイルの変化に合わせて、ソファの組み合わせパターンを変えて長く使うことができるからです。

ローソファ拡張の例

2人掛けのローソファ。コンパクトなサイズ感で、ワンルームなどにレイアウトしても開放感を保つことが出来ます。

カウチパーツを買い足して、3人掛けカウチセットに拡張した例。引っ越しや住居人数の変化があっても、長く使用することができます。

2. デザイン・素材・色からローソファを選ぶ

低いソファに限らず、ソファを選ぶ際に使い心地以外で重視したいポイントは、デザイン・素材・色といった見た目に関する点です。せっかくなら、自分好みのおしゃれなローソファを選び、快適な空間を叶えたいものです。こちらの章では、ローソファという仕様にぴったりなデザイン・素材・色などを紹介します。

理想的なイメージのローソファで部屋作りを楽しむ

自分が叶えたい理想の空間に、ぴったりなデザインのローソファを見つけるにはどうすればいいでしょうか。そのためには、好みのテイストやカラーなどを思い浮かべて、イメージに合うローソファを選ぶ必要があります。こちらの章では、部屋をおしゃれに見せるローソファのデザインや素材、色などを紹介します。

様々なデザイン・素材・色からお気に入りの1点を選ぶ

ローソファは「デザイン・素材・色」の3つを踏まえて選ぶことがポイント。検討している理想の部屋のテイストやコーディネートなどを思い浮かべながら、そのテイストにあったものを見つけていきましょう。

■デザイン
部屋をすっきりと見せるデザイン性の高いローソファ。

■素材
自然素材のリラックス感が寛ぎを与えるローソファの実例

■色
好みのカラーでコーディネートを彩るローソファの実例。

おしゃれなデザインの低いソファ

おしゃれなデザインのローソファを取り入れ、広くすっきりとした印象のインテリア実例。ローソファを選ぶ際のポイントは、開放感・抜け感を感じられるデザインを選ぶこと。つまり、部屋を広く見せるデザインを追求したローソファ選びが大事と言えます。

開放感を演出する高さの低いデザイン

座面や背もたれといった全体的な高さが低いローソファは、開放感を演出することができる優れたデザイン性を持っています。部屋に圧迫感を与えにくいため、3人掛けやコーナーセットなど、比較的大きいサイズも設置しやすく、コンパクトな間取りにも適しています。

抜け感のあるアームデザイン

ローソファを選ぶ際に注目したい点が、「抜け感」のあるデザイン。例えば画像のローソファは、無垢材のアーム部分がスリット状になっており、全体的にすっきりとした印象を与えるデザインです。このように、圧迫感を与えにくい抜け感のあるデザインを選ぶことがポイントです。

背面からもすっきりとした印象を感じられるデザイン

背もたれが低く背面からも抜け感を感じられる、すっきりとしたデザインのソファであればなお良いでしょう。部屋を広く見せることができるローソファにすっきりとしたデザイン性があれば、空間をより開放的に見せることが可能です。

リラックス感が増す自然素材の低いソファ

素材そのものの風合いを感じられる自然素材から作られた低いソファは、リラックス感が増し、より寛ぎやすい空間を演出することができます。低いソファと自然素材は、リラックス感や寛ぎ感など、部屋に与える印象が似ているため相性の良い組み合わせになります。

ヒヤシンス素材の低いソファ

リゾートテイストを味わえる、リラックス感のある風合いが魅力のヒヤシンス。柔らかな感触を持ちながら、耐久性も併せ持つ素材です。

ローソファのデザインに取り入れることで、よりリラックス感が増した印象に。ゆったりとした雰囲気と開放感が部屋を包み込むデザインです。

ラタン素材の低いソファ

しなやかでありながら、引張り強度が非常に高く、堅牢さも持ち合わせているラタン素材。落ち着きのあるダークブラウンの着色に仕上げています。

ラタン素材を取り入れることで、リラックス感と高級感を併せ持つデザインに。調湿機能もあるため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる素材です。

無垢材の低いソファ

自然な風合いが魅力で、温かみのある空間を演出する無垢材家具。木そのものの質感を楽しむことができます。

無垢材を取り入れ、木の魅力を味わえるデザインのローソファ。木の温かみが、柔らかな雰囲気を空間に与えます。

カラーコーディネートを楽しめる低いソファ

鮮やかなグリーンブルーのカバーがおしゃれな低いソファのインテリア実例。カラーコーディネートを自由に楽しめるソファは、より自分好みのテイストやコーディネートを叶えることができます。また、季節や気分によってカラーを替えたりと、気軽に模様替えを楽しめる点も魅力のひとつです。

ソファカバーの色を替えて異なる印象に

ソファカバーの色を替えれば、部屋の印象をがらっと変えることができます。気分転換に模様替えをすることができたり、模様替えのテイストに合わせてカラーを統一させることも可能です。お部屋作りの楽しみの幅を大きく広げられますね。

クッションカバーを替えてアクセントに

ソファのクッションカバーに色や柄を取り入れれば、空間を彩るアクセントとして活躍します。また、ソファカバーとクッションカバーを異なる色で組み合わせたり、自分好みのカラーコーディネートを楽しむことも可能です。

関連メニュー

  • ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩

    ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩のページです。お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。お好みの部屋を作るには色の持つ心理作用やインテリア・家具に与える効果を認識しておくことが重要です。色彩プランをしっかりと考え、選ぶ色や配色しだいでコーディネート目的をかなえてくれるでしょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々な基礎知識を見てみましょう。

3. 低いソファと好相性のロースタイル家具で統一感を出す

お気に入りの低いソファが見つかったら、次にそれをふまえた部屋のコーディネートをしましょう。座面や背もたれの低いソファにはロースタイルの家具を組み合わせることで、統一感のある空間を作ることができます。こちらの章では、低いソファと合わせて使いたいロースタイルの家具を紹介します。

ローソファとの統一感をポイントに家具のコーディネートをする

家具の高さを揃えて、統一感を演出したインテリア実例。ソファ周りにロータイプの家具を揃えることで、より開放的な雰囲気を与えることができます。

家具の高さ以外では、同素材の家具を揃える点もポイント。テイストの統一感が増し、落ち着きのある空間を叶えることが可能です。

統一感を意識して低いソファ周りの家具を揃える

低いソファを中心に、統一感のあるコーディネートを作るために大事な家具の「高さ」と「素材」。この2つのポイントをバランスよく取り入れることで、より低いソファが映える空間を作ることができます。おしゃれな部屋作りでは「統一感」が大事なポイントです。

低いソファの座面高に合わせたテーブル・サイドテーブル

■ローテーブル
低いソファの座面高とローテーブルの天板の高さは、なるべく揃えること。見た目がすっきりして、まとまった印象を与えます。

サイドテーブル
低いソファのアーム部分に、ぴったり入るサイドテーブル。低いソファに合うサイズのアイテムを揃えることで、使い心地もより充実したものになります。

ローソファからの目線を揃えるロータイプのテレビボード

ソファ周りの主要な家具であるテレビボード。ロータイプのテレビボードを設置し、ローソファと高さを合わせることで、ソファからの目線を揃えることができます。使い心地が向上し、見た目の統一感もアップさせることが可能です。

高さのある家具も一部取り入れて高低差を付ける

ローソファを含むすべての家具をロータイプで揃えてしまうと、起伏がなくのっぺりとした印象を与えてしまいます。そのため、リビング収納コートハンガーなど、高さのある家具を一部に取り入れてコーディネートに立体感を持たせましょう。

間取り別に主要な家具をロースタイルで統一する

低いソファに低いテレビボードをコーディネートしたリビングダイニングの実例。ソファの対面にあるテレビボードをロースタイルにすることで、リビングに統一感を演出しています。また、テレビボード横にキャビネットや観葉植物を加えて、高さにメリハリを与え、バランスの良い実例です。

【リビングダイニング】低いソファ×低いダイニングテーブル

間取りがリビングダイニングの場合は、ダイニングテーブルもロースタイルで揃えてみましょう。低いソファ×低いダイニングテーブルを統一させることで、リビングダイニングがひとつながりな印象を与え、部屋を広く見せることができます。

【ワンルーム】低いソファ×低いベッド

ワンルームの間取りは、ソファとベッドが同じ空間にあります。そのため低いソファに合わせて、ロースタイルのベッドを取り入れることで、統一感を保つことが可能。また、ワンルームは圧迫感が出やすい間取りでもあるため、部屋を広く見せる低い家具はとても相性が良いです。

関連メニュー

  • ローダイニングテーブル・ローダイニングセット~67cmの天板高さが生み出すロースタイルと無垢材の素材感が魅力~

    ローダイニングテーブル・ローダイニングセット~67cmの天板高さが生み出すロースタイルと無垢材の素材感が魅力~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatローダイニングテーブル・ローダイニングセットシリーズは、有機的なフォルムと、無垢材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの情景を思わせる開放的な空間が広がり、コーディネートとクオリティを確かめながらローダイニングテーブル・ローダイニングセットを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

  • ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~

    ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatベッド・ローベッドシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使う人のためにデザインされた機能性、アジアンリゾートのどこか優しい空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの寝室を思わせる開放的で落ち着いた空間が広がり、コーディネートとクオリティ、サイズ感(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)を確かめながらベッド・ローベッドを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

4. ローソファをセンスよく見せるインテリアを加える

低いソファを中心に、テレビボードやダイニングテーブルなど家具の組み合わせが決まったら、次はおしゃれなインテリアコーディネートです。お気に入りのローソファをセンス良く見せるために、ロースタイルと相性の良いインテリアアイテムを紹介します。

低いソファで空きやすい空間・壁面にプラスしたいインテリア

低いソファなどロースタイルの家具で統一した空間は、広くすっきりと見える分インテリアがないと寂しく映ってしまいがちです。そのため、壁面装飾や間接照明など、アクセントになるアイテムがおすすめ。自分好みに部屋を彩って、理想の空間を叶えましょう。

目線を上に向けて部屋を広く見せる壁面装飾

部屋のフォーカルポイントになる壁面装飾。高さのある位置に飾ることで、目線を上に向けて、部屋を広く見せることができます。また、ロースタイルの空間を立体的に見せることができるため、低いソファが中心のコーディネートには是非取り入れたいアイテムです。

背の高いフロアランプを設置してメリハリを付ける

低いソファが中心になったロースタイルのコーディネートには、アクセントに高さのあるインテリアを取り入れることがポイントです。その際のおすすめがフロアランプ。程よい存在感がおしゃれな印象を与え、ロースタイルの空間にメリハリを与えてくれます。

アクセントになるペンダントライトを取り入れる

フロアランプと同様に、天井付近に飾れるペンダントライトも、ロースタイルのアクセントにおすすめ。お気に入りのデザインを選び、おしゃれに飾ってみましょう。また、ライトを灯せば昼とはまた異なる、特別感のある空間を演出することができます。

ローソファを惹き立てるインテリアテイストで演出する

ローソファをレイアウトしたリビングダイニングを、リゾート感溢れるアイテムでラグジュアリーにコーディネートしたインテリア実例。実例のように開放感やリラックス感を持つリゾートテイストは、ロースタイルとの相性が非常に良くおすすめです。

開放感を与えるリゾートテイストのインテリア×ローソファ

「開放感」や「リラックス感」など、ロースタイルとリゾートテイストは部屋に与える印象が似ているため、インテイリアコーディネートにも統一感が生まれます。まるで旅先のホテルのような、非日常感を味わえる空間作りが可能です。

低いソファと相性抜群な和テイストのインテリア×ローソファ

低いソファや低いテレビボードなど、ロースタイルの空間は床からの高さが近いため、日本らしい床座スタイルの家具やインテリアアイテムがよく馴染みます。和テイストのコーディネートを検討している方にはとてもおすすめです。

リラックス感をより生み出すナチュラルテイスト×ローソファ

リラックス感のあるローソファは、同じくアースカラーのアイテムや、自然素材から作れるインテリアなど、ナチュラルテイストとの相性が抜群です。自宅のコーディネートに取り入れることで、ゆったりと寛げる癒しの空間を作り上げることができます。

5. メンテンス性の良いローソファを選ぶ

ローソファに限らず、家具全般を長く愛用するためには、メンテナンス性の高さで選ぶこともポイントのひとつ。特に毎日高い頻度で利用するソファは、その分優れたメンテナンス性であるかをチェックすることが大事になります。

メンテナンス性の優れている低いソファとは

メンテナンス性の優れているソファは、どのような点で見分けられるでしょうか。ソファはクッション性の低下やカバーの汚れなど、使用を続けていくうちにどうしても劣化していく箇所が存在します。そういった点を手軽にメンテナンス・取り替えなどができるソファが、メンテナンス性の高いソファと言えます。

日々のお手入れが簡単なソファを選ぶ

ソファなどの家具類は、定期的に埃を取ったり掃除をする必要がありますが、日々の手入れが簡単なソファを選べば、日常的な負担を減らすことができます。ブラシや布巾などで簡単に汚れを取ることができるソファなら、日々の掃除も楽になります。

カバー・クッションの付け替えができる

ソファは消耗品のため、使用を続けるうちにどうしてもカバーの汚れ、クッション性の低下が発生します。そんな時に、手軽にカバー・クッションを取り替えられるソファなら、簡単に購入した時の座り心地、おしゃれな見た目に直すことができます。

アームの取り外しができる

触れる頻度が高いアーム部分は、その分汚れがたまりやすく、傷がつきやすい箇所でもあります。アームの取り外しができるソファなら、アーム部分だけを買い替えて、新品の状態に戻すことが可能。また、引っ越しの際などに拡張させることもできます。

再組立ができて搬入出もしやすいローソファ

ソファがパーツを細かく解体できるものであれば、買い替え時や引っ越し際に、搬入搬出の心配がなくなります。特に3人掛けやコーナーセットなど、大きいサイズで検討されている方はこの点もしっかり把握しておきましょう。

関連メニュー

  • ローソファ特集 - 安心の充実したメンテナンスと自社生産 -

    ローソファ特集 - 安心の充実したメンテナンスと自社生産 -のページです。多彩な自然素材をアームのデザインに用いたり、様々な座り心地が魅力のローソファシリーズは、しっかりと日々のお手入れやメンテナンスを行うことで、愛着を持って永くご利用頂けます。フレームやカバーリング部分、背と座のクッションなど、どのようなお手入れやメンテナンスが必要なのか、こちらのページでご覧頂けますのでご確認の上、大切にご利用ください。

座面・背もたれの低いソファでゆったりと寛げるインテリア実例紹介

こちらの章では、低いソファ・ローソファでゆったりと寛げる空間を叶えたおしゃれなインテリア実例を紹介します。サイズやタイプ別に、低いソファの魅力である開放的で広々とした実例をまとめています。レイアウトやインテリアコーディネートなど、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ローソファ[ストレートタイプ]のインテリア実例

まずはローソファ×ストレートタイプのインテリア実例をご紹介。スタンダードなタイプで、部屋をすっきり見せることができます。部屋のサイズに応じて2人掛け、2.5人掛け、3人掛けと、適切なサイズを選んで寛ぎのある空間を作ってみましょう。

ワンルームが広く見えるアームレスのローソファ実例(2人掛け)

コンパクトなワンルームをおしゃれにするためには、いかに部屋を広く見せるかが重要。そのため、開放感を演出できるローソファはとても相性が良いです。こちらのインテリア実例では、アームレスタイプのローソファを選ぶことで、より広々とした印象の空間を叶えることができています。

ベンチタイプの低いソファですっきりと見せる
ロータイプ×アームレスで開放的なデザインのソファ。圧迫感を感じにくく、コンパクトな間取りの部屋にも配置がしやすいソファです。

ワンルームはベッドもロースタイルで揃える
ワンルームは全ての家具が同じ部屋に共存します。そのため、ソファに合わせてほかの家具もロースタイルにすることで、統一感を演出することができます。

関連メニュー

  • No.140 一人暮らし・ワンルーム(7~8畳) ~ベンチソファで心地良いワンルーム作り~

    一人暮らしのワンルーム8畳をリゾートホテル風にインテリアコーディネートした事例です。8畳というスペースに限りがある空間でも、アームレスのベンチソファを中心にコーディネートすることでホテルライクな居心地の良い部屋作りも可能です。一人暮らしの空間にもマッチしやすいベンチソファのメリットや、ベンチソファを中心とした部屋イメージを中心にご紹介します。ベンチソファで心地良い一人暮らしのワンルーム空間を作ってみましょう。

モダンテイストで演出した開放感のある低いソファ実例(2.5人掛け)

グレーを基調としたコーディネートでモダンテイストのインテリア実例。グレーやブラックなど、落ち着いた色は圧迫感を与えてしまう心配があります。しかし部屋を広く見せることができるローソファを取り入れることで、開放感を保つことが可能です。

ダイニングに背を向けた低いソファのレイアウト
ロータイプのソファであれば、このようなレイアウトでも広々とした印象のリビングダイニングを保つことができます。

コーディネートに高さのメリハリを付ける
低いソファに合わせたローテレビボード。間接照明壁面装飾はあえて高さをだし、コーディネートにバランスよく立体感を与えています。

関連メニュー

ローソファと相性の良いブルーで彩ったローソファ実例(3人掛け)

開放感を与えるローソファと相性の良い、爽やかなブルーで彩ったインテリア実例。清涼感を与えるブルーは、部屋を広く見せるローソファや低い家具などにとてもマッチします。また、海や空を連想させるブルーは、ビーチテイストなどの自然を感じられるコーディネートを叶えることができます。

ロースタイル&抜け感のあるデザイン
部屋に開放感を与える、おしゃれなロースタイルソファ。抜け感のあるデザインが、軽快な雰囲気を空間にもたらします。

鮮やかなブルーのソファカバーでより爽やに
ロースタイルにぴったりなブルーのインテリアコーディネート。ソファカバーに取り入れることで、部屋の印象を爽やかにします。

関連メニュー

  • No.204 【リビングダイニング編】 沖縄のような透きとおる碧い海をイメージしたインテリアコーディネート

    海リゾートの代表的な場所でもある「沖縄」の碧い海から発想を貰った、リビングダイニングの家具・インテリアコーディネートをご紹介しているページです。沖縄らしいターコイズブルーとエメラルドグリーンのような透き通った海は、非日常的な雰囲気に気持ちをいざないます。そのような、心に潤いを与えてくれるブルーを中心に、海沿いのリビングダイニングに調和するような家具やインテリアを使ったコーディネートポイントをご覧ください。

ローソファ[カウチタイプ]のインテリア実例

次は低いソファ×カウチタイプのインテリア実例をご紹介。カウチを取り入れることで、脚を伸ばしてリラックスして寛げる空間を叶えられます。座面の奥行きが広く、姿勢を崩して寛ぐことが多いローソファは、カウチタイプとの相性が抜群です。

ローソファで叶えた和モダンテイストのインテリア実例(3人掛け)

3人掛けのカウチタイプのローソファで叶えた、寛ぎのあるインテリア実例。背面の和室と馴染むように、ロータイプの家具で統一しています。インテリア類は大人っぽく、落ち着きを与えるグレーを中心に、和モダンテイストのゆったりとした空間を叶えています。

リラックスして寛ぎやすいカウチタイプ
テレビを見たり、時間を忘れてソファで寛いだりする際に最適なカウチタイプ。リビングでの贅沢なひと時を叶えるソファです。

床座暮らしの空間に馴染む低いソファ
座った際に目線が低くなるローソファは、和室やその周辺にあるリビングダイニングによく馴染みます。そのため、統一感のある空間を作ることができます。

関連メニュー

  • No.107 グレーとグリーンの対比が美しい 山リゾートのセカンドハウス

    瀬戸内海沿いの緑が広がる山頂に立地している素敵なロケーションのインテリアコーディネート実例です。3LDK20畳のセカンドハウスで、くつろげるリゾートテイストを意識した家具選びをされています。自然と調和した世界観を全体に取り入れながら、窓の外から見える爽やかなグリーンとは対照的に室内は和のエッセンスを用いて、グレーカラーの和モダンスタイルでコーディネートされています。グレーの色合いを中心に組み合わせた空間は都会の喧騒を忘れさせ、日本らしい情緒ある山リゾートとして足を運ぶ度に気持ちをリラックスさせてくれます。

広々としたスペースで寛げる低いソファのインテリア実例(4人掛け)

ローソファ前に広々としたスペースを確保したインテリア実例。ソファに座って寛いだり、ラグに寝転んだり、様々な寛ぎ方ができる部屋を叶えています。低いソファは目線が低くなるため、床で寛ぐ暮らしとの相性がとても良いソファです。

ローテーブルを置かずにラグでも寛ぎやすく
あえてソファ前にテーブルなどを置かずに、スペースを確保したレイアウト。床座暮らし×ローソファで寛ぎのある空間となっています。

空間のアクセントになるインテリアを取り入れる
ローソファのクッションをグリーンにコーディネート。グリーンで空間を彩ることで、よりリラックス感のある印象を与えています。

関連メニュー

  • No.130 湘南リゾートで特別な時間を過ごすセカンドハウス ~海が見える週末だけのリゾートライフ~

    海の見える湘南エリアにセカンドハウスを購入されたお客様のインテリアコーディネート実例をご紹介します。建物自体がリゾート感溢れるヴィラのような戸建てで、室内からは海が見える素敵なロケーションを活かして、ヒヤシンス素材のソファやチェア、無垢材のダイニングテーブルやベッドを中心に、リゾートインテリアで統一感を演出しています。カラーコーディネートは、海側に立地するLDKと寝室はレッド、バルコニーはブルー&レッド、逆側のセカンドリビングはグリーン、で部屋の場所ごとに自然と調和したカラーを取り入れています。ご家族4人が週末限定で過ごす場所だからこそ、自由にどの空間でもリラックスして寛げるレイアウトも意識しています。週末だけの特別な時間を、ご家族でリラックスして過ごせるようなセカンドハウスのインテリアコーディネート実例です。

ローソファ[コーナータイプ]のインテリア実例

最後にローソファ×コーナータイプのインテリア実例をご紹介。コーナータイプのソファを贅沢にレイアウトすることで、ラグジュアリーな雰囲気のリビングを叶えることができます。大人数でゆったり寛ぐことが可能で人との距離も取りやすく、来客にも対応しやすいタイプです。

家族で充実した時間を味わえる低いソファのインテリア実例(4人掛け)

4人掛けコーナータイプの低いソファをレイアウトした、リビングダイニングのインテリア実例。家族で充実した時間を味わえるゆったりとした雰囲気を演出しています。低いソファのため、ダイニング越しからもリビングを見渡しやすく、コミュニケーションが取りやすい空間です。

団欒が楽しめるコーナーセットのレイアウト
斜めに向かい合い、コミュニケーションが取りやすい
コーナーセット。家族や友人など、大切な人とのひと時を楽しめるソファです。

インテリアで彩ったリゾートテイストな空間
花々を連想させるオレンジパープルのカラーや、花柄のクッションでローソファをコーディネート。非日常感のある空間を演出することができます。

関連メニュー

  • No.128 バリ風戸建てのインテリアコーディネート ~ヴィラのような非日常空間~

    バリのような安らぎや癒しのムードを感じるアジアンリゾートスタイルの戸建て実例をご紹介します。バリの楽園ムード溢れるインテリアコーディネート、家族で集まってリラックス出来る開放的な空間づくり、丁度良い距離感で会話を楽しめる家具配置などにこだわった戸建てです。カラーコーディネートはバリの豊穣な自然や南国の楽園ムードを表現し、戸建て全体の内装や家具は落ち着いたアースカラーで統一している為、オレンジ・パープル・イエローという鮮やかなカラーがより一層引き立っています。ヒヤシンス素材の家具やバリの自然からインスパイアされたカラーコーディネートが相まって、お客様が実際にバリで過ごしたアジアンリゾートの空気をそのまま再現された戸建て実例になります。

高級感漂うラグジュアリーなローソファのインテリア実例(5人掛け)

リビングダイニングの中心に、座面の低いハイバックソファをレイアウトしたインテリア実例。最大5人掛けのコーナーセットを広々としたリビングダイニングに贅沢に配置しており、ゆったりと寛げそうな高級感溢れる空間を叶えています。

座面の低いハイバックソファで開放感を保つ
圧迫感が気になるハイバックタイプのソファ。座面が低く、全体的な高さが低いハイバックソファであれば、そのような心配を解消することができます。

モダンな家具で揃えてスタイリッシュな部屋を演出
ハイバックソファの高級感に合わせて、モダンな家具でリビングをコーディネート。大人の雰囲気漂うスタイリッシュな空間を叶えています。

関連メニュー

  • No.113 天空に広がる高級リゾートホテルのような贅沢空間

    タワーマンション内の高層階ルームを高級リゾートホテル風にトータルコーディネートした実例です。贅沢な間取りの3LDK29畳リビングダイニングルームは光が四方から差し込む開放的な空間のため、ハイバックタイプのコーナーソファやダイニングチェアをゆったりと配置しています。カラーはブラウンをベースにパープルをアクセントカラーとして落ち着いた佇まいとして演出されています。16畳のベッドルームはローベッド中心にツインで配置し、その上にはベッドスプレッドやフットスローを沿えてリゾートホテルライクな暮らしを満喫できます。夜になると照明の灯りが安らぎのぬくもりを生み出し、心地よくお休み頂ける空間が広がります。

低いソファのコーディネートを再現する3Dシミュレーション

a.flatでは、無料で3Dシミュレーションを用いたコーディネートサービスを承っています。正確な間取りのサイズから、建具や床、壁の色といった詳細までをPC上で再現。そして、検討している家具・インテリアコーディネートを反映させて、部屋全体のイメージを確認できる部屋作りに非常に役立つツールです。

部屋作りには欠かせない3Dコーディネートサービス

こちらは新居の内装を再現した3Dの部屋に、低いコーナーソファやその他の家具のレイアウトから、照明やラグ、クッションなどインテリアコーディネートの細部までを細かく反映させたシミュレーション例。事前に3Dを作っておくことで、自分にとって理想となる空間を叶えることができます。

先ほどの3Dシミュレーションを元に、実際に家具・インテリアのコーディネートで理想の空間を叶えた実例。シミュレーションを事前に行うことで、間取りにぴったりな家具のレイアウト、おしゃれな自分好みのインテリアコーディネートを実現させることができます。

低いソファを中心に家具・インテリアコーディネートの確認ができる

お持ちの図面から正確な間取りの3Dを作成します。検討している低いソファなどの家具をレイアウトさせ、全体のバランスを確認可能です。

低いソファのクッションカバーや、その他ラグ、照明、カーテンといったインテリアを反映。統一感のあるおしゃれなコーディネートを再現できます。

店舗でのご相談&自宅でもできる3Dシミュレーション

3Dコーディネートサービスは3つの方法から利用可能。「ショップスタッフに相談する」「ネットショップに相談する」「自分でコーディネートをする」です。お客様に合った方法から、部屋作りを体験することができますので、是非3Dコーディネートをお試しください。

■ショップスタッフに相談
ショップスタッフに直接相談できるサービスです。インテリアコーディネート全般から家具のレイアウトなどお気軽に相談頂けます。

■ネットショップに相談
店舗に行く時間がない、自宅から遠い場合などは、ネットショップのスタッフに3Dコーディネートの相談をすることも可能です。

■自分で3Dを作成
自分でコーディネートを検討したいという方向けに、インテリアコーディネートに役立つ部屋作りガイドや3Dシュミレーションを。

おすすめメニュー

  • マイルーム 〜3Dシミュレーション〜

    マイルーム 〜3Dシミュレーション〜のページです。お気に入りの商品をお部屋にレイアウトして3Dシミュレーションをする事ができます。(無料)ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しておます。

低いソファを実際に試せるa.flatの店舗紹介

低いソファやその他の家具を実際に試して、座り心地やデザイン、質感などを体感できるのは店舗ならではの利点。また、テーマごとにインテリアコーディネートされた店内で、好みの装飾やスタイルなどを発見できる、味わえるといった楽しみもあります。

座面や背もたれが低いソファの寛ぎを体験する

店舗では実際に、低いソファのゆったりとした使用感や寛ぎを体験することができます。長く使用するソファは、好みの座り心地やサイズ、デザインなどを直接見て試した方がより安心です。a.flatでは「座り心地が固い×奥行きの広いローソファ」、「座り心地が柔らかい×ハイバックのローソファ」をお試しいただけます。

インテリアコーディネートで彩られた店内

パープルで彩られた、華やかでラグジュアリーなローソファ。その他にも様々なコーディネートスタイルをお試しいただけます。

爽やかなブルーで彩られた、ローソファの展示。開放感のあるコーディネートスタイルで、ゆったりとお試しいただけます。

ローソファを体験できる店舗一覧

a.flat 目黒通り本店

〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat 新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat 大阪梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日なし
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回紹介させて頂いた、低いソファで叶える開放的な部屋づくりのコラムはいかがだったでしょうか。ローソファを中心に、ローソファに合った家具・インテリアをコーディネートすることで、寛ぎのある空間を叶えることができます。低いソファを検討されている方、お持ちの方に、今回のコラムをご活用いただければ幸いです。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.