• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

居心地の良い部屋・快適なリビングを作る6つのポイント

公開:2022/5/1

更新:2022/5/6

ライター:新宿店飯塚

居心地の良い部屋・快適なリビングを作る6つのポイント

ホッと一息付ける、心も身体も癒されるような居心地の良い部屋。特に、寛ぎの時間を過ごすリビングでは、快適で心地良さを感じながら過ごしたいですよね。そんな居心地の良い部屋を作るための家具やインテリア選び、部屋作りのポイントをご紹介します。ぜひ、ご参考になさってみて下さい。

部屋づくりで大事なのは居心地の良さ

思い描く理想の部屋を叶えるために、多くのことを考える部屋づくりですが、見た目だけでなく、暮らしやすく居心地の良さを感じられることがとても大事になります。自分に合った過ごし方ができる部屋作りをして、理想的な居心地の良い部屋を叶えていきましょう。

居心地の良い部屋とは

寛げるスペースが充実している

部屋のサイズや間取りは様々ですが、暮らし方に合わせて、寛げるスペースを充実させたレイアウトをすることで、快適で居心地の良い空間を作ることができます。座り心地の良いソファや、心地良い照明等を取り入れて、寛ぎスペースを充実させ、より居心地の良い部屋づくりをしていきましょう。

自分に合った過ごし方ができる

のんびりと寛いだり、趣味の時間を過ごしたり、自分に合った過ごし方ができる部屋では充実した時間を過ごすことが叶います。

居心地の良さの感じ方は人によって違うため、自分に合った過ごし方によって心が満たされることが大切なことと言えるでしょう。

リラックスできる心地良い環境

必要な家具に加えて、より快適に過ごせるアイテムを効果的に取り入れることもおすすめ。お好みのテイストに合わせたインテリアアイテムは、部屋をおしゃれにするだけでなく、好きな物に囲まれることで生まれる心地良さや、リラックス効果のあるものを取り入れることで環境を整えた部屋作りをしていきましょう。

長く過ごすリビングは一番居心地の良い部屋に

ライフスタイルは様々ですが、寛ぎの時間をリビングで過ごす方は多いですよね。長い時間を過ごすリビングを一番居心地の良い空間にすることで、ホッと一息つける、心も身体も癒されるような心地良さを感じる部屋にしていきましょう。

リビングを中心に居心地の良い部屋を作るのがおすすめ

寛ぎの時間を過ごすリビングを中心に居心地の良い空間を作ることで、暮らしの幅を広げて楽しむことができます。自分だけでなく、家族や恋人と一緒に過ごしたり、ゲストを迎えいれることもあるリビングは、他の部屋とは違った特別な時間を過ごす居心地良い部屋にしていきたいですね。

少しの工夫で作れる居心地の良い部屋

暮らし方に合わせて部屋作りをする際に、心地良さを意識した部屋作りをすることで、暮らしに安らぎを与え、心が穏やかになるような居心地の良い空間を生み出せます。なんとなく落ち着かない、気分を変えたいと思った時にも、少しの工夫によって気持ちが和み、居心地をアップさせることが叶うでしょう。

居心地の良い部屋・リビング作り ~6つのポイント~

ここからは、部屋作りの基本に加え、取り入れることで心地良さを感じるアイテム、コーディネートで生まれる居心地の良い部屋・リビング作りのポイントをご紹介します。

  1. 居心地の良い部屋作りはレイアウトが重要

  2. 快適に過ごせる居心地の良い家具を選ぶ

  3. リビング収納で居心地の良い空間を作る

  4. 居心地が良くなるカラーコーデを取り入れる

  5. 居心地の良い環境を生む植栽や灯りを使う

  6. 清潔感やリラックス感を大切にする

1. 居心地の良い部屋作りはレイアウトが重要

部屋作りの基本になる家具のレイアウトは、暮らしていく上でとても重要であり、レイアウトによって居心地の良し悪しが決まることもあります。部屋のサイズや間取りに合わせるのはもちろん、寛ぎ方や家具のバランスを考えて、最適なレイアウトをしていきましょう。

寛ぎ方に合わせたレイアウトを考える

間取りに合わせて落ちつける場所を見つける

寛ぎ方に合わせたレイアウトを組む場合、部屋のサイズや間取りによっても変わりますが、なるべく人の出入りが少ない部屋の奥や、景色が見れる窓際のような落ち着けるスペースを見つけましょう。居心地の良い場所で快適に過ごすには、暮らしにメリハリのあるレイアウトでしっかり寛げる場所にすることも大切ですね。

【居心地の良い場所・レイアウトの例】

部屋のコーナー
壁に囲われていることで安心して過ごせます。

コーナーに沿って家具を置くことで、スペースを有効に使うことができ、ソファ前を広く使えます。

キッチンから離れた場所
生活感を感じにくく、落ち着いて過ごせます。

食事をする場所と寛ぐ場所が離れていることで、暮らしにメリハリを付けて過ごすことができます。

陽の光が入る場所
外の景色を楽しんだり、開放的な気分で過ごせます。

旅館の縁側のようにゆったり過ごせるラウンジチェアを置いて、景色を眺めて風情を楽しめるでしょう。

生活しやすい動線が居心地の良さを作る

リビングでの過ごし方は様々ですが、周囲の状況を気にせず、落ち着いて寛げるレイアウトには、生活動線が居心地の良さに関係します。

ゆとりのある生活動線は、寛ぎ空間への妨げが少なく、なるべくシンプルな生活動線であることが、暮らしやすく快適に過ごせるポイントになります。

【間取り別 生活しやすい生活動線の例】 

正方形の間取り
広さによっては、ソファとダイニングテーブルの向きが変わる正方形の間取り。ソファとダイニングの間隔をしっかりとることが生活しやすい動線のポイント。

【生活しやすい動線の確保目安】
(1)正面から通れる幅(600mm)
(2)横向きで通れる幅(400mm)
(3)正面から通れる幅(600mm)

横長の間取り
ソファとダイニングを分けてレイアウトしやすい横長の間取り。ゆとりある家具サイズを選ぶことが生活しやすい動線のポイント。

【生活しやすい動線の確保目安】
(1)正面から通れる幅(600mm)
(2)問題なく通れる幅
(3)横向きで通れる幅(400mm)
(4)問題なく通れる幅

縦長の間取り
レイアウトの自由性が高く、ソファとダイニングの間隔は、奥行きによって変わる縦長の間取り。ソファとテレビの間に生活動線ができることもありますが、部屋の奥へ進めることが生活しやすい動線のポイント。

【生活しやすい動線の確保目安】
(1)正面から通れる幅(600mm)
(2)横向きで通れる幅(400mm)
(3)正面から通れる幅(600mm)
(4)問題なく通れる幅

ゆとりのある家具配置や開放感を心掛ける

寛ぎ方に合わせた様々な家具は、配置によって部屋の見え方が大きく変わります。サイズ感はもちろん、デザインで抜け感を作ったり、ゆとりのあるレイアウトをすることも大切です。部屋に入った時、寛いでいる時に心地良いと感じるには、ゆとりのある家具配置と開放感を意識して部屋作りをしてみましょう。

空間に余白や抜け感を作れば居心地がより良くなる

部屋のサイズにあった家具を選び、空間に余白のあるレイアウトをすることで抜け感が生まれ、窮屈さを感じにくい、心地の良い空間にすることが叶います。ゆとりのある家具配置をすることで、シーンに合わせて寛ぎ方を変えて過ごすこともできる、居心地の良い部屋作りを楽しむのも良いでしょう。

~余白や抜け感を作れるソファ紹介~

片アームにすることでスペースを有効に使えます。

シャープなフレームによって抜け感を感じられます。

曲線アームに抜けがあることですっきりした印象に。

風が通るような抜けのあるデザインが魅力。

家具の高さを抑えることで居心地を良くする

心地良さを感じやすい部屋の見え方は、なるべく周辺の家具と高さを合わせることで、まとまりのある空間が生まれ、すっきりとした印象になります。また、高さを抑えた家具を選ぶことで安心感が生まれるロースタイルは、低い場所で寛ぐことで心地良く感じる心理効果も期待できるでしょう。

〜コーディネートしたロースタイル家具〜

2. 快適に過ごせる居心地の良い家具を選ぶ

寛ぎの時間を快適に過ごす家具選びは、心地良さを生み出す部屋作りに欠かせません。リビングでの過ごし方に合わせて、居心地の良さにこだわって家具を選び、自分や人が集まるリビングで長い時間寛ぐことのできる、快適な部屋にしていきましょう。

自分に合った寛ぎ方ができるリビング家具選び

リビングでの寛ぎ方は様々ですが、身体が安まる心地良さを感じるリビング家具を選ぶことが重要です。間取りやライフスタイルに合わせてリビング家具を決めることもありますが、居心地の良い場所を選んで家具選びをすることもあるでしょう。

ゆったりと寛げる座り心地の良いソファ

テレビを見ながらのんびり過ごしたり、長時間座って過ごすことの多いソファは、座り心地にこだわって選ぶことがおすすめです。

快適な座り心地にこだわったクッション構造や、寛ぎ方に合わせたサイズ選びによって、自分に合ったソファを選びましょう。

暮らしをまとめた居心地の良いソファダイニング

寛ぎと食事の場所をまとめたソファダイニングは、暮らしをまとめた居心地の良い空間作りとして人気のスタイル。ソファに座った時に、ちょうど良い高さのテーブルがあることで、食事ができるだけでなく、パソコン作業等にも適しているため、座り心地の良いソファで過ごす時間が長くなりますね。

低い空間で落ち着ける座椅子

自由に脚を伸ばしたり、床に座って過ごすことが落ち着く方もいるため、低い空間で快適に座ることのできる座椅子では、ローテーブルや低い家具と合わせて、目線を低くして生活することができます。

低い空間では、落ち着きと安心感を感じられる心地良さを感じられることでしょう。

特別感のある家具で居心地をアップする家具選び

寛ぎの時間をより快適に過ごす特別感のある家具選びをすることで、居心地をアップさせた部屋作りをすることが叶います。部屋のスペースに合わせて取り入れることで、心地良い居場所を増やしていきましょう。

リゾートのようにゆったり暮らせるカウチソファ

ソファに座って脚を伸ばしたり、横になって過ごすことのできるカウチソファは、ゆったりと寛ぎたい方におすすめ。

リゾートホテルのような開放的な雰囲気を感じられ、寛ぎの時間をより贅沢に過ごすことのできる憧れのアイテム。

リゾートにいるような、開放感溢れるロータイプのカウチソファ。

柔らかく包み込まれるような心地良さが魅力のハイバックのカウチソファ。

ゆとりのある奥行きと幅によってゆったり寛げるカウチワイド。

家族で居心地良く過ごせるコーナーソファ

リビングでの団らんの時間をより充実させるコーナーソファ。L字型のソファにすることで、皆でテーブルを囲みながら会話の弾む空間が生まれ、楽しく過ごせるでしょう。また、コーナーソファがあることで、寛ぎのスペースをしっかりと区切ることもできます。

奥行きが小さく、限られた空間にも配置しやすいコーナーソファ。

どこに座ってももたれ掛かって自由に過ごせるコーナーソファ。

接続して拡張できるハイバックのコーナーソファ。

自由自在に心地よく過ごせるオットマン

ソファでの寛ぎにプラスすることで、より心地良く過ごすことのできるオットマン。ソファに座って脚を伸ばすことで、リラックスして過ごすことができます。オットマンは、自由に移動ができるため、来客時はスツール代わりにもなり、一つあるだけで暮らしが充実するでしょう。

大きめのオットマンはソファにつなげることで、カウチ風やL字ソファ風にすることも可能。

脚を伸ばせるだけでなく、動かしやすいサイズ感で、来客時は場所を変えて活用することが可能。

柔らかな座り心地と、曲線的なシルエットにもこだわったインテリア性もあるオットマン。

自分だけの居場所を作れるパーソナルソファ

寛ぎの時間をゆっくりと一人で過ごしたい方には、パーソナルソファがおすすめ。ソファのように隣のスペースを感じずに、一人でゆったりと座ることができます。レイアウトも自由に変えやすく、自分だけの居場所で心地良く過ごすことができるでしょう。

居心地の良い部屋作りには素材選びも重要

アジアンリゾートを思わせるヒヤシンスやラタン素材のソファや、温もりを感じる無垢材家具を部屋に取り入れることで、居心地の良い空間を演出することが叶います。

見た目だけではなく、素材感を肌で感じることで、心地良さをより高めていける家具を選びましょう。

〜心地良さをもたらす素材紹介〜

ヒヤシンス
リゾート感溢れる、アジアンテイストを存分に味わえる独特な素材感が魅力。

ラタン
マットな質感で落ち着きがあり、大人っぽいモダンアジアンを演出。

ヒヤシンスDG
シックで落ち着いた色合いが大人のアジアンリゾートを演出。

無垢材
肌触りが良く、自然な風合いが特長の無垢材は温かみのある空間に。

3. リビング収納で居心地の良い空間を作る

リビングでは、寛ぎの時間を快適に過ごすための物が増えやすいこともあるため、収納家具があると便利ですね。ついつい散らかってしまいがちなリビングを片付けられることはもちろん、お洒落なリビング収納を活用して、より居心地の良い空間作りをしていきましょう。

素材感・デザインにこだわった収納家具で居心地良く過ごす

リビングでは、快適に過ごすための家具がいくつかあり、統一感のあるまとまった空間に仕上げることで心地良さを感じられるでしょう。

部屋のテイストに合わせて素材感やデザインにもこだわることで、収納家具をおしゃれなインテリアとして見せる楽しみも生まれます。

ホテルライクなデザインが魅力のルーバーテレビボード

光り輝く水面や爽やかな海風、心地良い潮の香りによって、人々の心を落ち着かせてくれる海。そんな海が生み出す、ゆっくりと打ち寄せる波のような、穏やかで整然とした佇まいがルーバーシリーズの魅力。アジアのリゾートホテルやヴィラなどの内装に用いられるホテルライクなデザインです。

~豊富なサイズバリエーション~

滑らかな曲線にリラックスを感じるハーモテレビボード

前板に用いた滑らかな曲線によって、無垢材の優しい持ち味を引き出したデザイン。陽射しの当たり方によっても陰影が生まれて表情が変わるため、時間のうつろいによって見え方が異なる魅力もあります。木々の癒しを感じる無垢材によって、リビングルームに落ち着きとリラックス感をもたらすでしょう。

~豊富なサイズバリエーション~

見せる×収納を叶えるハーモ・リビングシェルフ

リビング周りの小物を収納しつつ、天板やシェルフ部分は飾り棚として使うことができます。開き扉にガラスを採用したガラスタイプは、お気に入りのものを飾るショーケースとして魅せる収納ができます。ガラスにはお部屋をすっきり見せる効果もあります。

~豊富なサイズバリエーション~

整理整頓しやすく機能性もある収納家具が重要

居心地の良い空間を広げるための収納家具選びも大切です。収納量に合わせたサイズや納まりの良い収納家具を選ぶことで、スペースを広く使うことが叶うでしょう。整理整頓しやすいことで楽に片付けができたり、収納量に合わせて拡張できる機能性があるものを選ぶこともポイントになります。

拡張性と幅広い使い方ができるユニットキューブ

キューブシリーズは、統一されたモジュールにより、収納棚の組み合わせ次第で自分に合ったサイズやデザインの収納棚が作れます。ライフスタイルに合わせて自由に形を変えて長く使い続けられる収納シリーズ。無垢材を贅沢に使用したキューブシリーズは空間に自然の温かみを与えてくれます。

~豊富なサイズバリエーション~

デザインと使い易さにこだわったレン・テレビボード

白糸のような垂水の美しさや滝壷に流れ落ちる水の音によって、人々に安らぎをあたえる滝。無数に連なる繊細な縦ラインが、洗練さや高級感漂うモダンアジアンな空間を演出します。使い易さにこだわった高い機能性とレンシリーズ独特の凛とした佇まいが魅力のテレビボードです。

~豊富なサイズバリエーション~

すっきりと納まりやすい飾り棚にもなるブックシェルフ

アジアらしいデザインと収納力を兼ね備えたブックシェルフ。斜めにカットした側板と背面の抜けにより軽さが生まれ、開放感のあるお部屋を演出します。お気に入りのものをディスプレイしたり、よく読む本を並べたりと、飾り棚と収納棚のバランスを自由に使い分けて収納できます。シリーズで側板の傾斜角度を合わせたことで並べた時の一体感が魅力。

整理整頓は居心地の良い部屋作りの基本

暮らしやすい、快適な部屋作りをするには、整理整頓が基本となります。散らかった部屋や物が多い空間では、自由なスペースが減り落ち着かない部屋になってしまうでしょう。特にリビングにはゲストを招くこともあり、部屋の印象を決定付けることもあるため、清潔感も大切に部屋作りをしたいですね。

4. 居心地が良くなるカラーコーデを取り入れる

暮らし方にあったこだわりの家具に合わせて、居心地をアップさせるカラーコーディネートを取り入れましょう。部屋の印象を大きく変えるカラーによって部屋作りを楽しんだり、気分に合わせて居心地の良さを変えていくコーディネートも楽しめるでしょう。

ファブリックの色で変わる居心地の良さ

ビーチリゾートのような開放感広がるブルー

爽やかなブルーのコーディネートは、ビーチリゾートのような開放感を演出するのにおすすめ。海や空の様々な雄大ブルーは、部屋に広がりを感じさせて見せたり、心を落ち着かせる鎮静効果もある居心地の良い部屋に。インテリア装飾もブルーで統一したすっきりとしたお部屋に仕上がっています。

~コーディネートカラー~

ローソファ用クッション

ローソファ用クッション

アートパネル

森林浴のような癒し効果をプラスするグリーン

森が生み出す、情緒あふれるグリーンのグラデーションは、森林浴のような心地良い癒しを感じる空間作りにおすすめ。リラックス効果のあるグリーンと温もりを感じる無垢材家具のブラウンを組み合わせることで、心から安らげる満ち足りた空間を描きます。

~コーディネートカラー~

ソファカバー

クッションカバー

クッションカバー

チェアカバー

柔らかな色合いで安らぎ感を生むベージュ

優しく柔らかな色合いは、心が和む安らぎを生む空間作りにおすすめ。組み合わせることで温かみを与える効果があり、どの色とも馴染むため取り入れやすいカラーでもあります。自然素材の家具との相性も良く、溶け込むような心地の良さは、爽やかなリゾートホテルのような雰囲気を生み出すことができるでしょう。

~コーディネートカラー~

クッションカバー

クッションカバー

クッションカバー

クッションカバー

空間を彩って居心地をアップするアイテム

おしゃれな部屋作りに取り入れたい彩りをプラスするインテリアアイテムでワンランク上のコーディネートを楽しみましょう。快適な家具に合わせて、バランス良く空間を彩ることで、部屋の雰囲気をまとめ、居心地の良い部屋に仕上がります。

居心地の良い空間をまとめる壁面パネル

部屋作りをする際に、広く空いた壁が殺風景に感じる場合は、空間をまとめる壁面装飾を取り入れてみましょう。ソファ後ろの壁では、クッション等にコーディネートしたアクセントカラーに合わせたファブリックパネルで空間を彩ることで統一感が生まれ、心地良さを感じる部屋に仕上がるでしょう。

~壁面装飾におすすめアイテム~

居心地をアップさせて寛ぎの幅が広がるラグ

大きな面積を占めるラグはシンプルカラーですっきりさせる場合と、アクセントカラーで彩りをアップさせる場合によって、部屋の印象が大きく変わります。また、ラグを敷くことで、家具をズレにくくする効果もあり、床での寛ぎの際には、程良い弾力性のある感触にもこだわったラグにすると、更に居心地を良くしてくれるでしょう。

~おすすめのラグ~

シンプルラグ

アクセントラグ

アクセントラグ

色や質感、機能性にこだわった心地良いカーテン

部屋の印象を大きく左右するカーテン。陽の光を取り込んで部屋全体を優しい雰囲気にするカーテンは、窓を開けると柔らかな質感と共に心地良い風を運んでくれます。お好みのカラーで部屋を包み込むことはもちろん、機能性にこだわり、暮らし方に合わせたカーテン生地選びをすることで、部屋の心地良さは大きく変わるでしょう。

ファブリックは質感や手触りにこだわってみましょう

カラーコーディネートをする際に、質感や手触りにこだわって生地を選ぶことで、心地良さをアップした部屋作りをすることにつながります。長い時間、触れていることの多いファブリックによって快適さが変わることもあるため、実際に触れて体感してみることがおすすめです。

5. 居心地の良い環境を生む植栽や灯りを使う

部屋をおしゃれで快適にしながら、居心地の良さを増すインテリアアイテムを取り入れることがおすすめ。過ごし方に合わせて、居心地の良い環境を生み出す植栽や灯りによって、心地良さの感じ方が変えるワンランク上の部屋作りを楽しむことができるでしょう。

心地よさを高めるには「環境作り」が大切

当たり前のようにあることで感じる心地良さは、環境作りの基本ですが、気分や寛ぎ方に合わせてより心地良さを高めることのできるアイテム取り入れて、居心地の良い部屋にしていきましょう。

シーンに合わせた照明を選ぶ

様々なシーンに合わせて、電球の色を調整したり、素材感を楽しめる照明を取り入れることで、空間にムード感を生み出す照明を選びましょう。

調光調色機能付LEDを使用しているため、暖色(電球色)から白色、寒色(昼光色)までお好みの光色と明るさに調節可能。生活シーンに応じた光を楽しめます。

4灯全灯はもちろん、電球内側2灯のみ点灯することができたり、その時の気分にあわせてお部屋の明るさを調節できるシーリングライトです。

ブナを透過する光と隙間から洩れてくる光のコンビネーションは、まるで木漏れ日のような心地さを感じます。優しい繊細な光でリラックスできる空間を演出。

シェードを透過する灯りによって、花柄のモチーフがより際立ちます。円形シェードが生み出す丸みを帯びた温かな光と陰影が、見る人の心を癒してくれます。

植栽が生む癒しを取り入れる

リラックスして寛げる環境作りには、植栽によって自然の彩りを加え、癒しを生み出しましょう。部屋のシンボルツリーとしておしゃれに取り入れことはもちろん、風水によって取り入れる場所によって気の流れを作ったり、見ているだけでも心地良さを感じられる植栽は手軽に取り入れられるおすすめアイテムです。

〜リビングにおすすめの植栽紹介〜

パキラ

モンステラ

オーガスタ

多肉植物

心地良い雰囲気を演出する間接照明

メインの照明に加えて、取り入れることで心地良い雰囲気を演出する間接照明は、部屋をおしゃれにするだけでなく、より快適な空間を生み出します。

効果的な場所に取り入れることで、部屋の見え方を変えたり、過ごしやすさを増すこともできます。

シェードから漏れる灯りが幻想的な空間を演出する照明

シェードの繊細なスリットが魅力的なアジアンテイストのバンブー・フロアーランプ。素材のバンブー(竹)がアジアンリゾートの雰囲気を演出します。スリットから漏れる幻想的な灯りと落ち着いた佇まいが、自宅に癒しのリゾートムードを生み出してくれるでしょう。

照明が生み出す心地良い陰影を楽しむ照明

味わいのある天然木を使用した迫力のあるデザインが魅力の、グランデアラゴン テーブルランプ。モダンなシェードから零れる灯りが素朴な無垢材のフレームに陰影を生み、非日常感を演出。存在感のある無垢の流木デザインによって、その空間にアクセントを生み出し、まるでリゾートホテルのような部屋づくりを叶えてくれます。

居心地の良い部屋の照明は明るさが重要

生活に必要な明るさには、部屋のサイズに合わせて照明を選ぶことが大切です。間取りによっては均等な灯りがいかないこともあるため、間接照明を効果的に取り入れることで、暮らしやすい部屋に調整しましょう。

6. 清潔感やリラックス感を大切にする

部屋づくりで大切なことは、心地良さを感じられる空間であること。安らぎや癒しを感じながら、快適な時間を過ごすことのできる居心地のよい部屋作りをしていきましょう。

清掃・整理をして清潔感をキープ

居心地の良いスペースを維持することが大事

部屋が散らかってしまうと、せっかくの寛ぎスペースの快適さが半減してしまいます。長く過ごすことで、どうしても生活感が出やすいリビングですが、こまめな掃除を心掛けたり、整理整頓しやすい家具選びをすることで片付けがしやすくなり、居心地の良いスペースを維持することが叶います。

人を呼びたくなる自慢の部屋にする

こだわりの部屋作りによって、おしゃれになったコーディネートは、人を呼んで褒められたり、リラックスしてもらえたら嬉しいですよね。いつでも気持ち良くゲストを迎えられるよう、清掃・整理をして快適に過ごしてもらえる居心地の良い部屋を目指してみましょう。

効果的な場所にリラックスアイテムを取り入れる

人によってリラックスを感じるものは様々ですが、ちょっとした工夫やインテリアアイテムをプラスすることで、居心地の良さが変わることもあります。

好きなものに囲まれた生活をする

理想のテイストを叶えた部屋で過ごすことはもちろんですが、お気に入りのアイテムを飾ってこだわりのスペースを作ることで、好きなものに囲まれて生活できる心地良い空間を作ることができます。好きなものに囲まれることで生まれる感情によって、居心地の良い空間になります。

視覚や嗅覚、五感すべてで癒しを感じましょう

快適な家具で寛ぎながら、目で見ることだけでなく、五感すべてで感じるものによって、心地良さの感じ方は変わるでしょう。ヒーリング効果やアロマを取り入れることで、心が落ち着く癒しを感じながら過ごせます。

居心地の良い部屋を叶えたインテリアコーディネート実例

ここからは、居心地の良い部屋作りのポイントを押さえたインテリア実例をご紹介します。暮らし方に合わせたおしゃれで快適なリビングの心地良さを感じるポイントの取り入れ方やコーディネートをご覧下さい。

【一人暮らし】居心地の良い部屋として叶えたリビング実例

寛ぎ方を変えて居心地の良い部屋にした実例

ソファダイニング中心にコーディネートしたインテリア実例。外の景色を眺めながらテレワークもしやすく、快適に日々過ごすことができるだけでなく、配置を変えて気分転換をしたり、来客時や将来のことも考えた家具を選ぶことで、長く愛用できる家具で居心地の良い部屋を実現しています。

来客時には、配置を変えてベンチを合わせることですっきりとした動線を確保しながら快適に食事や団らんをすることができます。

モクシリーズの天板を生かしたまま、ローテーブル用の脚に組み替えることで、高さを抑えたリビング空間を作ることが叶います。

関連コラム

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

ラグジュアリーな空気感に包まれたリビング実例

「ラグジュアリー、一人暮らし、女性らしさ」をテーマに、高級感漂うパープルカラー中心のカラーコーディネートに仕上げています。主役となるソファを入り口から見えやすいように配置し、インテリア小物で華やかに演出。暮らしに合わせた家具を取り入れ、スッキリと見せつつも快適に過ごせる部屋に仕上げました。

寛ぎの時間を快適で優雅な気分にさせる繊細なデザインのラタンスツールは、女子会時のテーブルとして床を広く使う事ができ、寛ぎ空間を確保しています。

スペースを有効に使ったダイニングスペースは、すっきりとしたカフェテーブルに、華やかなチェアを合わせることでインテリアのポイントになっています。

関連コラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

和モダンな雰囲気と床座でも寛げるリビング実例

現代の暮らしに落ち着きや安らぎを与えてくれる、日本らしい「和」のイメージと、都会的な「洋」のスタイルを織り交ぜた和モダンインテリア。ソファと和の床座生活を織り交ぜた、和洋折衷な和モダンインテリアを、より魅力的に演出する癒しの効果を活用したお部屋をご紹介します。

床に近い暮らしはリラックス効果が高いと言われており、ラタンの繊細な編み目や素材感によってさらに癒しの効果を高めてくれます。

和紙の素材感を活かした月のような形とシェードを透過するやさしい灯りが、床座に合わせて低めに灯され、癒しの空間を演出しています。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

こだわりの家具・インテリアに囲まれたリビング実例

日々のお仕事の疲れを癒してくれるようなリラックスしやすい空間を、こだわりの家具選びやインテリアで実現しています。ハイバックソファに座って、朝の光や風を感じながら、ゆっくりできるとても贅沢で居心地の良い空間に仕上げていましょう。

テン・ハイバックソファと同じインダカ無垢材を使用した肌触りの良いローテーブルは、こだわりの曲線フォルムがおしゃれなインテリア性の高いアイテム。

一人暮らしにちょうどよいサイズ感の、魅せるキッチンカウンターには、こだわりのインテリアやデザイン家電、洗練されたキッチン用品が映えています。

関連コラム

  • ~1LDKを快適に~ 一人暮らしのおすすめ家具・インテリアの選び方
    ~1LDKを快適に~ 一人暮らしのおすすめ家具・インテリアの選び方

    1LDKの一人暮らしを快適に過ごす為のすおすすめの家具やインテリアをコーディネート実例と一緒に御紹介します。ワンルームよりも部屋数が増えてスペースも広くなる1LDKは、自由に家具の配置が出来るようになる分レイアウトやカラーコーディネートに悩むことも多くなります。1LDKだからこそ選べるこだわりの家具やインテリアを取り入れて、快適な一人暮らしが楽しめる部屋にしていきましょう。

開放敵なロースタイルで居心地の良いリビング実例

ブルーは鎮静色と呼ばれ気持ちを静めてくれる効果があり、居心地の良い空間作りに高相性です。部屋で落ち着いて食事をしたい、音楽を聴いて過ごしたい時などに効果的なカラーと同時に、集中力も高めるため仕事・勉強などにも向いています。

濃いブルーと相性の良いロースタイルの家具には、濃いブラウンの家具が馴染みやすいと言われており、繊細なラタンの素材感をポイントに取り入れています。

濃いブルーのカーテンは、後退色(収縮色)と言われ、部屋の一番奥に使用するすることで、奥行きを増し、空間を広々とした印象に見せる効果も期待できます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

大人の余裕やこだわりのセンスを感じるリビング実例

都会的なアーバンリゾートをテーマに、家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイル。広々とした1LDKの間取りを上手く使い、ホテルのスイートルームのような高級感や開放感を感じられるインテリアコーディネートに仕上げています。

夜のライトアップされた都会の街並みとマッチする落ち着いた雰囲気のバルコニーでは、リゾートで過ごすディナータイムのような贅沢な時間が過ごせます。

テーブルやソファパーツのレイアウトを変えて食事会スタイルに。通路側をオットマンにすることで圧迫感を感じさせず、出入りもしやすいですね。

関連コラム

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

【二人~家族暮らし】居心地の良い部屋として叶えたリビング実例

自然の温かみを感じながらリラックスできるリビング実例

マンション特有のシンプルな空間をインテリアの素材選びや色使いにこだわることで、バリのアジアンリゾートを再現し、自然の温かみを感じながらリラックスできるお部屋としてコーディネート。深いリラックスムードを纏ったバリ風のアジアンインテリアをご紹介します。

収納家具の上を使った、バリ風のアジアンインテリアは、古木を使った個性的な間接照明がウッドパネルの陰影を引き出しています。

南国に咲き乱れる ブーゲンビリアの花のように印象的な花柄のソファに模様替え。アジアンインテリアならではの華やかさを演出しています。

関連コラム

  • 【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント
    【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント

    ゆったりと落ち着ける雰囲気で根強い人気を誇るバリ風のアジアンインテリア。ナチュラルな素材をたっぷり使ったインテリアは日本の住宅とも相性が良く、オリエンタルでリラックス感のあるおしゃれなインテリアコーディネートが叶います。そのようなアジアンインテリアの魅力やコーディネートを行う際のポイントを、実際のお客様宅インテリアコーディネート実例と併せながらご紹介していきます。

コンパクトな家具で叶えた居心地の良いリビング実例

東京に多い、狭小住宅を快適に過ごす家具を選び、都会の中に居ながら海のようなリゾート気分を感じる家に仕上げています。横長の部屋に奥行きを出すルーバーデザインは海の水平ラインのような広がりを感じさせ、爽やかなブルーのファブリックコーディネートによって開放的な空間が広がっています。

中央に階段のある間取りですが、広さを確保できる箇所に寛ぎスペースを作り、横長の空間を開放的に見せるレイアウトにこだわっています。

奥行きの狭いコンパクトソファの前にはローテーブルを置かず、コの字型のサイドテーブルを入れ込むことでスペースを有効に使って快適を叶えています。

関連コラム

  • 東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート
    東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート

    東京に多く建てられている「狭小住宅」に合う家具選びとインテリアコーディネートを、実例と共にご紹介します。細長い特徴的な間取りのリビングダイニングを、コンパクトな家具やブルーのカラーコーディネートで開放感溢れる空間に仕上げております。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

レトロアジアンな雰囲気が心地よいリビング実例

味わいのあるノスタルジックな雰囲気の家具と、a.flatの温もりある家具を合わせてレトロアジアンなインテリアコーディネートを実現。お部屋を彩るカラーはパープルとブラウンを組み合わせて情緒的なレトロを感じる配色で仕上げています。アンティーク風のオブジェなどもレトロなお部屋の雰囲気作りに華を添えてくれています。

落ち着いたダークグレー色のヒヤシンス素材ソファの横に、レトロな雰囲気を醸し出すラウンジチェアを並べ、アジアンリゾートホテルのような贅沢な時間を過ごせる空間を演出しています。

天井付けの扇風機で室温を均等に快適に保つシーリングファンは、レトロアジアンなインテリアコーディネートに欠かせないアイテムです。羽が木製デザインのため、温もりや優しさを感じられます。

関連コラム

自然素材に囲まれた居心地の良いリビング実例

季節の移ろいとともに日々変化する目黒川の自然をテーマにして、新緑の季節に合わせたグリーンを中心とした心地良さを感じるカラーコーディネート。お部屋の中にいながらにして、川沿いと同じような自然を味わいながら日々過ごせる癒しの家具を取り入れた実例をご紹介します。

温もりのある自然素材の収納家具は、扉で締め切られたデザインではなく、後ろの壁が抜けて見えるオープンタイプで空間をすっきりと魅せています。

川沿いの清涼感や生き生きとした自然を表現した青みのある深いグリーンにダークブラウンを合わせてカジュアル過ぎない都会的な癒しカラーでまとめました。

関連コラム

  • 目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート
    目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

アースカラーで居心地の良いリビング実例

アースカラーをテーマにナチュラルなテイストとアジアンリゾートの雰囲気を兼ね備えた、「ミックススタイル」のコーディネート。ベージュやブラウンカラー、落ち着いた色合いのグリーンをミックスしたカラーコーディネートで、お部屋全体が優しくリラックスできる空間として仕上がりました。

リゾート感溢れるヒヤシンス素材を使用した、ゆったりとしたコーナーソファは、ベージュ系のカバーを使用する事で、どこまでも広がる大地を思わせます。

アジアンリゾートを感じさせる、植物の鉢やテレビの脇に飾った自然素材の小物が、ナチュラルテイストを強調しています。

関連コラム

高級リゾートホテルのような贅沢な寛ぎのリビング実例

タワーマンション内の高層階ルームを高級リゾートホテル風にトータルコーディネート。贅沢な間取りのリビングダイニングルームは光が四方から差し込む開放的な空間のため、大きめの家具をゆったりと配置しています。カラーはブラウンをベースにパープルをアクセントカラーとして落ち着いた佇まいを重視しました。

自然の呼吸を感じるられる無垢材アームのソファを大きくL字に組む事で「ゆとり」を感じさせます。窓からの光がノスタルジックな景観を想起させ、差し色のパープルが非日常的な高級感を強調させてくれます。

上質な雰囲気を演出する縦ラインのテレビボードに合わせて、スピーカーとフロアランプを合わせる事で、高級感だけでなく統一感や温かみを感じられるインテリアコーディネートになりました。

関連コラム

居心地の良い空間をa.flat店舗で体感してみましょう

居心地の良い空間を作るには、自分に合った家具を選ぶことはもちろん、心地良いと感じる感覚を知ることが大切です。a.flat店舗では、実際の部屋のようなディスプレイで寛ぎの空間を見たり試したりすることができるため、心地良いと感じる部屋作りを叶えるヒントに出会うこともできるでしょう。

快適で心地良い家具をお試し可能

寛ぎの時間を、より快適に心地良く過ごす家具選びは、実際に座り心地や使い心地を確認して選ぶようにしましょう。自然素材を多く使用したa.flatの家具ならではの、触り心地や風合いを肌で感じることで、リラックス感を感じる特別な心地良さを感じることも楽しめます。是非、居心地の良い空間を体感して魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

お好みのスタイル・カラーコーディネートを確認

お好みのテイストを叶えるには、a.flatの8つのスタイルカラーがおすすめです。ファブリックは、約100色の色柄から選んでカラーコーディネートをすることができるため、自分にとって心地よいコーディネートを見つけることができるでしょう。ファブリックは、気分によって模様替えも可能なため、快適で心地良い部屋作りをより一層楽しみましょう。

おすすめメニュー

  • 8つのa.flatスタイル~風が運ぶ、自然の贈りもの~

    8つのa.flatスタイル~風が運ぶ、自然の贈りもの~のページです。海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、暮らしに自然の安らぎを届ける家具・インテリアこそが、私たちの理想。7つのスタイルで、アジアンリゾートの風と自然を感じてください。

a.flat店舗

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
■公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)

■公共交通機関でお越しの場合

都立大学駅から徒歩7分

■a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
■公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

3Dシミュレーションを使って居心地の良い部屋をイメージ

a.flatでは、3Dシミュレーションを使って、実際の間取りに合わせて家具のレイアウトを行い、全体のバランスを見ながらお部屋作りをお試しいただけます。快適なレイアウトを考えたり、心地良さを感じるカラーコーディネートをイメージすることができるため、理想の居心地の良い部屋作りの幅を広げることができるでしょう。

実際の目線で部屋での居心地を確認

まず初めに、2Dの間取りを使って家具をレイアウトすることで、生活動線の確保をすることが大切。

実際にソファに座った時の高さや、ソファの後ろからの見え方を確認することが可能。

本来は見えないテレビボードから見た正面のレイアウト。バランスが良いかどうか確認することが可能。

斜め前からのソファの見え方や、奥のダイニングの見え方を確認することが可能。

横から見たテレビボードとソファの距離感を確認して、快適に過ごせるサイズ感かを確認。

実際のお部屋の完成。爽やかなブルーが広がり、ゆとりのある開放的なリビングに仕上がっています。

気になるアイテムをお試し可能

他に気になっているアイテムがある場合は、是非、簡単にシミュレーションで確認してみましょう。間取りに合ったソファのサイズや高さによる圧迫感を確認することができたり、カラーコーディネートを色々試して楽しめるので、お好みの組み合わせを選んだり、模様替えをするときにも活用できます。

■高さの違うソファのサイズをお試し

ハイバックソファのイメージ
高さのあるハイバックソファですが、抜けのあるアームから窓が覗き、圧迫感は感じないでしょう。テレビの高さとのバランスが合っていますね。

ローソファのイメージ
高さを抑えたローソファは、窓を塞がず、開放感が広がっています。奥行きの広いソファのため、ソファの後ろの動線が少し狭くなっています。

■ファブリックの模様替えをお試し

グリーンのコーディネート
癒しとリラックス感を感じるグリーンのグラデーション使って模様替えをイメージ。

ブラウンのコーディネート
温かみを感じるブラウンの落ち着いた色味を使って模様替えをイメージ。

おすすめメニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

居心地の良い部屋を作るには、暮らし方に合わせて、快適に過ごせる部屋作りをすることがとても大切です。自分にとって心地良いと感じることを知り、取り入れていくことで、居心地の良い部屋は生まれます。ホッと一息付ける、心も身体も癒されるような居心地の良い部屋で過ごすことで、寛ぎの時間を格段にアップさせることが叶うでしょう。ぜひ、ご参考になさってみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.