• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

座面の広いソファで贅沢に寛ぐ~快適に過ごせるおすすめソファ選び~

公開:2022/7/31

更新:2022/8/1

ライター:目黒通り本店

座面の広いソファで贅沢に寛ぐ~快適に過ごせるおすすめソファ選び~

日々の疲れを癒してくれるソファ。人によって様々な寛ぎの姿勢があるからこそ、ソファの座面は広い方がのびのびと過ごすことができます。「脚を伸ばしたい」「横になって過ごしたい」など、座面の広いソファには様々な寛ぎ方に対応できる魅力があると言えるでしょう。

今回は快適に過ごせる座面の広いソファの選び方をご紹介します。

座面の広いソファとは

「座面が広いソファ」といっても明確な定義はないため、どのような基準で選べば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。まずは、座面の広いソファを見つけるポイントを抑えておきましょう。

「幅」と「奥行」で決まる座面の広いソファ

座面の広いソファは、座面の「幅」と「奥行」の広さで決まります。座面の幅や奥行が広めに設定されているソファは、一般的に座面の広いソファと言えるでしょう。座面の広いソファを選ぶ前に、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。

座面の「幅」が広いソファの特徴

座面が広いかを見極める上で重要なのが、腰掛ける時の1人あたりの幅です。人が腰掛ける時の幅は、1人当たり50~60cmとされており、それ以上の幅があるソファは座面が広いと言えるでしょう。

座面の幅が広いことで、座った際に左右のスペースにもゆとりが生まれ、快適な距離感で座れたり胡坐や横にもなりやすくなります。

・1人掛けソファの場合⇒座面幅60cm~90cmのソファ

・2人掛けソファの場合⇒座面幅120cm~155cmのソファ

・3人掛けソファの場合⇒座面幅180cm~210cmのソファ

アームレスソファや片アームソファは座面幅を広く使える

アームの無いソファや片側のみにアームがあるソファは「全体幅=座面の幅」となるため、両アームソファよりも座面が広くなります。

置くスペースが限られているがゆったり座れるソファにしたい場合、アームレスソファや片アームソファがおすすめです。

座面の「奥行」が広いソファの特徴

座面の奥行は、だいたい50cm前後が平均的となっています。座面奥行が深いものを選ぶのであれば、50cm以上のソファを選ぶのがおすすめです。

また、奥行が深いソファには座面の低いロータイプが多い傾向にあります。また、ベッドのように寛げるカウチソファも座面の奥行が広いソファと言えるでしょう。

寛ぎを重視したロースタイルのソファ

奥行89cmのローソファ(ラタン)

奥行85cmのローソファ

脚を伸ばせるカウチソファ

ハイバックソファのカウチ

座面の広いソファを取り入れて快適な空間を実現する

部屋の中でもリラックスして過ごすことの多いソファは、座面の広いタイプを選ぶことで快適な空間作りが叶います。自分に寛ぎ方に合ったソファを見つけて、癒しの空間を作り上げましょう。

座面の広いソファを選ぶときのコツ

座面の広いソファには「幅」と「奥行」以外にも、様々なデザインやタイプがあります。その中でも自分に合う座面の広いソファを選ぶには、どのようにすれば良いでしょうか。

幅を優先した座面の広いソファを選ぶ

ソファの中にはフレームが大きすぎて座る座面が狭かったり、幅は広くても奥行きが浅いタイプのソファがあります。

座面の広いソファを選ぶ場合、座る座面の幅を優先したデザインのソファを選びましょう。置くスペースによっては片アームやベンチソファなどもおすすめです。

普段の寛ぎ方に合わせてソファタイプを選ぶ

自分に合った座面の広いソファを見つけるには、普段寛いでいる姿勢が取りやすいソファタイプを選ぶことが大切です。

座ってテレビを見るのか、横になって過ごすか、普段の姿勢によってもソファの種類が変わってくるため、自分の寛ぎ方にマッチしたソファを選びましょう。

座りやすいソファの座面の硬さを選ぶ

ソファで一番重要なのが座り心地です。ソファの座面の硬さによっても寛ぎ感は大きく変わります。座面が広くても座面硬さの好みが合わないと、充分にリラックスできません。

座面の硬さは中材のクッション構造によって異なるため、自分が寛ぎやすいクッション構造を知ることが重要です。

オプションを加えてさらに座面の広いソファで寛ぐ

座面の広いソファにオプションを加えることで、さらに寛ぎ感をプラスできます。オットマンやクッションを取り入れて、贅沢なソファ空間を演出しましょう。

座るだけではなく、横になったり胡坐をかいたりするからこそ、様々な寛ぎ方に合わせたソファのオプションを選ぶのがおすすめです。

寛ぎ感をプラスするソファのオプション

a.flatおすすめの座面が広いソファ~4つのシリーズ~

座面の広いソファは部屋のイメージだけではなく、自分自身の寛ぎ方に合うタイプからも選ぶことが重要です。こちらでは、a.flatおすすめの4つのソファシリーズをご紹介します。自分にぴったりな座面の広いソファを選びましょう。

1.座面の広さで開放感を生むローソファシリーズ

ロー&ワイドなデザインが魅力のローソファシリーズ。深い奥行と広い幅、程よい硬さの座面クッションで極上の寛ぎ空間を実現します。高さが低いからこそ生み出される開放感や抜け感によって、部屋をリゾートな雰囲気に仕上げてくれるでしょう。

低いデザインと広々とした座面が魅力のローソファ

a.flatのローソファは、低さを活かした開放感溢れるデザインが特徴です。低い座面高は天井や窓への抜け感を生み出し、ロースタイル空間を完成させました。座面の広さを存分に感じながら寛げるでしょう。

好みの寛ぎが叶う広い奥行と硬さのある座面

広い奥行感と硬さのある座面で、ただ座るだけではない多彩な過ごし方が可能です。座面の広さにゆとりがあるので、限られた空間でも快適に寛げます。

しっかり支えるハードウレタンをベースにした構造で、ローソファらしい床座感覚でも寛げるソファを実現しました。

ローソファの中材の構造

座面を構成する素材
奥行の広さが特徴のローソファ。脚から腰を支えるチップウレタンやハードウレタンを軸に設計し、安定感のある座り心地に。

脚~腰をしっかり支える座面クッション
3層ウレタンとシリコンファイバーからなる座クッションの硬さは、ローソファらしい様々な寛ぎ方を可能にします。

広い座面でも開放的に見せるロースタイル

低さとデザイン性を追求したa.flatのローソファは、広い座面と背面を低く設計したことにより、天井や窓への開放感・抜け感を生み出します。

広い座面のローソファを置くことで部屋全体が広々とした印象となり、自宅で過ごす時間を気持ちよく過ごせるでしょう。

a.flatの座面が広いローソファ

豊富なユニットから組んで広々とした座面のソファに

a.flatのローソファは、種類豊富なユニットを取り揃えています。基本的な両アームソファからコーナーやカウチ、オットマンなどを追加することで、過ごし方に合わせて自由に組み替えができます。

様々な寛ぎに合わせてローソファの組み方を楽しみましょう。

a.flatのローソファおすすめの組み合わせ例

最初に2人掛けの片アームソファを購入。

コーナーソファを追加で購入。

組み合わせて3人掛け用のソファになりました。

座面の広いローソファを取り入れたコーディネート実例

こちらでは、座面の広いローソファを取り入れたコーディネート実例をご紹介します。重心が低く広々とした座面からは開放感を生み出し、部屋を広く見せると共にリゾートのようにおしゃれな空間を実現しました。

ワンルームでもリラックスできる座面の広いソファ実例

コンパクトなワンルームに、座面の広いソファをレイアウトしたコーディネート実例。アームレスソファにしたことで、座面を広くゆったりと過ごせるような空間作りを叶えました。パープルでコーディネートし、ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

ソファを置くと圧迫感がでてしまいがちですが、ロースタイルのソファを配置したことにより、開放感のある空間を実現しました。

アームの無いベンチソファは、座る座面を広げるだけではく、抜け感も生み出してすっきりとした印象を与えてくれます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)を高級感漂うラグジュアリーな雰囲気にしたいときには、ホテルライクなインテリアや家具でまとめましょう。ワンルームから1LDKをリゾートホテルのようなロースタイル家具で統一することで、部屋を開放的な空間にすることが出来ます。ぜひ、ホテルライクなインテリアコーディネートを活用してワンランク上の一人暮らしライフをお楽しみ下さい。

カウチセットでゆったり寛げる座面の広いソファ実例

2人掛けソファとカウチを合わせたロースタイルのコーディネート実例。ソファをリビングの真ん中に配置し、広い座面でゆったり寛げる空間にしました。ラタン素材と深みのあるブルーの組み合わせが、癒しのリビングを演出しています。

高さを抑えたローソファは、窓の前に置いても圧迫感を与えず、リビングを広々と見せてくれます。大きな窓にカウチソファを置いて、脚を伸ばしながら外の自然をのんびり眺められるようにしました。

自然の緑に調和したカラーコーディネートは、リラックスした雰囲気を与えています。

関連コラム

リゾート感溢れるコーナーセットの座面が広いソファ実例

広々としたリビングに、座面の広いコーナーソファセットを配置したコーディネート実例。優雅なコーナーセットをメインに置いて、リゾートホテルのように優雅な空間作りを叶えています。無垢材を使用したフレームに爽やかなブルーのクッションを取り入れて、リゾート感溢れるリビングとなりました。

高さを抑えたロータイプのソファは、窓の眺望を邪魔せず寛ぎながら外の景色を楽しむことができます。他の家具やインテリアも重心が低いもので揃えて、開放的な空間を実現しました。

座面の広いコーナーセットに加えてオットマンを配置し、よりゆったりと寛げるリビングにしています。

関連コラム

2.贅沢な座面の広さが魅力のハイバックソファシリーズ

高い背面とゆったりとした広い座面が魅力のハイバックソファ。腰から肩・首までを優しく支える背面と深い奥行の座面で、上質な座り心地を実現します。フレームにはダイナミックな木目が特徴の無垢材を使用し、高級感と温もりを与えました。

ゆったりとした座面の広さを持つハイバックソファ

a.flatのハイバックソファは、高さのある背面とゆったりとした座面が特徴で、極上な座り心地を実現しています。アームやフレームに抜けのあるデザインが入っているので、ハイバックの存在感を抑えてすっきりとした印象を与えてくれるでしょう。

座り心地重視でセパレートした広い座面

座り心地を追求したテン・ハイバックソファの特徴として、背と座面クッションがセパレートしている点にあります。

クッションが分かれていることで、二人で座っても身体をしっかりと包み込み、各々がより安定して座れるようになるでしょう。

ハイバックソファの中材の構造

座面を構成する素材
座面と背もたれのクッションは、ふんわりとしたファイバーボールと身体が適度に沈み込むウレタン構造になっています。

上質な座り心地を実現する座面クッション
立体的な層で構成されている、ハイバックソファの座面クッション。異なる素材をバランス良く重ねて、上質な座り心地を実現しています。

広い座面のソファに抜け感を生むアームデザイン

ダイナミックな木目のインダカ無垢材を使用したテン・ハイバックソファは、曲線的なアームデザインが大きな魅力です。

広く大きな座面は圧迫感を与えがちですが、フレームに抜けがあることで開放感を生み出し、すっきりと置くことができます。

抜け感のある無垢材のアーム
無垢材だからこそ可能な曲線デザインのアームは、木の風合いと心地よい手触りが特徴です。木の風合いや温もりを楽しめるでしょう。

無垢材の魅力を引き出す塗装
木の質感を活かすため、下塗りにオイルステインを、上塗りには表面を保護するポリウレタン塗装を施しています。

広い座面で寝ころびやすい抜けのあるアーム

a.flatのハイバックソファはアームに抜けがあるた
め、身長の高い方や男性でも脚を伸ばして寝ころびやすくなっています。

さらに広い座面のクッション材がしっかりと身体を包み込んでくれるので、極上のリラックス時間を味わえるでしょう。

身長167cmの女性が横になった場合
184cmの2.5人掛けソファで横になりました。広い座面のおかげでゆったり昼寝ができます。

身長172cmの男性が横になった場合
身長の高い方や男性の場合でも、アームの抜けに脚を伸ばして昼寝できます。

ユニットを追加して座面をより広くさせる

テン・ハイバックソファは、種類豊富なパーツを組み合わせて、より座面の広いソファに形を変えることが可能です。

カウチを追加して脚を伸ばせるようにしたり、コーナーセットにして団欒しながら寛げるようにしたりと、組み合わせ次第で理想の空間を実現します。

テン・ハイバックソファの組み替え例

両アームの2人掛けソファを購入。

1人掛けベンチを購入。アームを外して脚パーツを付け替えます。

ゆったり座れる3人掛けソファにしました。

ハイバックソファを取り入れたコーディネート実例

こちらでは、座面の広いハイバックソファを取り入れたコーディネート実例をご紹介します。贅沢な座り心地が魅力のハイバックソファを配置し、上質で高級感のある空間を叶えています。

広い座面で寛げるハイバックタイプのソファ実例

ゆったりと寛げる、座面の広いハイバックソファを配置したコーディネート実例。広くふんわりとした座面クッションは、上質な寛ぎ時間を与えてくれるでしょう。ダイナミックな木目の無垢材家具で統一し、温もり感溢れるリビングを作り上げています。

曲線ラインや抜けのあるアームなど、スッキリ見えるデザインのハイバックソファを中心に置いたことで、リビングに圧迫感を与えずすっきり見せました。

無垢材家具で統一し、さらにオレンジや赤などの暖色系でカラーコーディネートした空間は、全体的に温かな雰囲気を生み出しています。

関連コラム

  • 木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート
    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート

    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネートをご紹介します。世界に一つだけの木目や風合いを感じることのできる無垢材家具は、その魅力を引き立たせることで使う度に愛着が沸き、永くご愛用頂けるお気に入りの家具として育てることができます。そんな心安らぐ無垢材家具とインテリアコーディネートのポイントをご覧ください。

カウチと合わせてリラックスできる座面が広いソファ実例

カウチと合わせたハイバックソファのコーディネート実例。座面の広いソファをメインに置いて、リラックスしながら過ごせるリビング空間を作り上げました。落ち着いたダークブラウンで統一し、温もりを感じながらもモダンな雰囲気を演出しています。

脚を伸ばして寛げるカウチセットを贅沢に置いて、リビングに寛ぎを生み出しました。ローテーブルの代わりにサイドテーブルやスツールを配置し、ゆとりのあるレイアウトにしています。

ダークブラウンのコーディネートは、気持ちに安らぎ感を与え、日々の疲れを癒してくれるでしょう。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

広々した座面でラグジュアリーな雰囲気漂うコーナーソファ実例

リビングダイニングにハイバックソファのコーナーセットを配置したコーディネート実例。座面の広いハイバックソファをL字に組むことで、高級感溢れる空間を演出しています。シックなベージュのソファカバーとパープルのクッションの組み合わせで、大人っぽい雰囲気に仕上げました。

ハイバックソファをメインに配置し、リビングの主役にしました。広くゆったりとした座面で、上質な座り心地を叶えています。

パープルやブラウンカラーなど、異なる色のクッションを複数置いて、ホテルのようにラグジュアリーなイメージを与えました。

関連コラム

3.安定して寛げる座面広さのスタンダードソファシリーズ

安定して寛げる座面の広さで作られたスタンダードソファ。デザインや座り心地など機能性のバランスが良く、他のソファに比べて拡張性は少ないですが、使い勝手やデザインを楽しみやすく、どんな部屋にもおしゃれに配置ができます。

安定感のある座り心地と座面広さのスタンダードソファ

a.flatのスタンダードソファは、安定感のある座り心地と、永く使っても飽きのこないデザイン性が魅力となっています。シンプルな中にもフレームに圧迫感を軽減するような抜けがあったり、細部にこだわりを持って作られました。自然と調和した素材感を楽しみながら寛ぐことができるでしょう。

アジアンリゾートを連想させるゆったり抜けのある座面

シンプルなデザインのスタンダードソファは、風が通り抜けるような抜けのある座面が魅力です。2種類のタイプによってデザインは異なりますが、どちらも開放的なイメージを与えてくれます。

ゆったりとした座面と自然素材のフレームで、アジアンリゾートを思わせるソファ空間を実現しました。

アームを短くして抜け感を出した座面
ヒヤシンスなどの編み込みタイプのソファは、アームを短くし、座面を広く抜け感を作りました。空間が広々と見えやすいデザインです。

シャープなアームで立体的な抜け感を出した座面
ウッド・ソファv02は無垢材の重厚感を感じさせないシャープな抜け感を採用。直線で組み上げた美しいアームは開放感を生み出します。

広い座面+人間工学に基づいた座面の傾斜

ソファのような寛ぎを大切にする家具は、人間工学に基づいた設計が大切になります。広い座面で寛ぐためにも、座り心地にこだわりを持ったソファを選びましょう。

スタンダードソファの座面は、傾斜角度をそれぞれ3度と4度に設計しています。上半身が自然と後ろ側にもたれやすくなり、身体に負荷が掛かかりません。

シン・ソファとウッドソファv02で異なる座面の傾斜

シン・ソファの座面の傾斜
座面に4度の傾斜が付いているため、身体全体をより安定して支えてくれます。

ウッドソファの座面の傾斜
座面の傾斜角度を3度に設計したことで、自然と後ろ側にもたれかかるため、長時間リラックスできます。

長く横になっても疲れにくい座面の硬さ

a.flatの座面の広いスタンダードソファは、しっかりとした硬さと弾力性があるため、長時間横になっても疲れにくくなっています。

中材が安定感のある構造なので、昼寝をしたり横になりながらテレビを観ても、ゆったりとした寛ぎ時間を与えてくれるでしょう。

シン・ソファ、ウッドソファv02中材の構造

シン・ソファの中材の構造
質感の違うウレタン素材をバランス良く組み合わせたクッションが特徴。チップウレタンが少し薄くなるためウッド・ソファよりも少し優しい感触です。

ウッドソファの中材の構造
2層ウレタンとシリコンファイバーで構成される「座クッション」がしっかりとお尻を支えます。硬めで弾力性のある座り心地にしました。

1~3人掛けまで部屋に合わせて幅の広さを選べる

a.flatの座面の広いスタンダードソファは、サイズバリエーションも豊富です。1人掛けから3人掛けまでの計3サイズご用意しており、間取りや住居人数に合わせて選ぶことができます。

部屋のレイアウトを確認しながら、ソファの幅の広さを選びましょう。

幅の広さを選べるスタンダードソファ

1人掛けソファ(幅850mm)

2人掛けソファ(幅1550mm)

2.5人掛けソファ(幅1850mm)

3人掛けソファ(幅2175mm)

スタンダードソファを取り入れたコーディネート実例

こちらでは、座面の広いスタンダードソファを取り入れたコーディネート実例をご紹介します。シンプルなデザインのスタンダードソファを様々なテイストに合わせて、スタイリッシュな空間を演出しました。

広い座面でクッションコーデを楽しむソファ実例

直線的なラインのシンプルなソファを置いた、おしゃれなリビングコーディネート実例。広くすっきりとした座面に、赤やグリーンなどアジアンな雰囲気を演出するクッションを並べました。自然素材の家具で揃えたリビングは、温もり感溢れるバリのホテルを思わせます。

抜け感のあるダークブラウンのソファフレームは、横から見てもスタイリッシュな印象を与えています。広い座面のソファの上にクッションを並べて、おしゃれなアジアンコーディネートを実現しました。

他の家具類もダークブラウンの無垢材で揃えて、アジアンリゾートのような雰囲気を盛り上げました。

関連コラム

  • 【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント
    【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント

    ゆったりと落ち着ける雰囲気で根強い人気を誇るバリ風のアジアンインテリア。ナチュラルな素材をたっぷり使ったインテリアは日本の住宅とも相性が良く、オリエンタルでリラックス感のあるおしゃれなインテリアコーディネートが叶います。そのようなアジアンインテリアの魅力やコーディネートを行う際のポイントを、実際のお客様宅インテリアコーディネート実例と併せながらご紹介していきます。

座面の広さと抜け感で開放感のある座面の広いソファ実例

白い床と大きな窓が開放的なリビングに、抜け感のある広い座面のソファを置いたコーディネート実例。アームを短くして広さを出した座面のソファは、リゾート空間の主役となっています。ホワイトを基調とした空間にエメラルドグリーンのアクセントを取り入れることで、非日常的なリラックス空間を生み出しました。

ソファの広い座面には、鮮やかなエメラルドグリーンのクッションを並べました。淡いグラデーションで組み合わせて、透明感のある海を表現しています。

ソファフレームには、柔らかな印象のヒヤシンス素材をセレクト。自然の風合いがリゾートのような空間作りを盛り上げました。

関連コラム

ソファとオットマンでゆとりのある座面を叶えた実例

2.5人掛けのソファにオットマンを合わせて、広い座面を実現したコーディネート実例。ソファだけでも充分に広い座面ですが、さらにオットマンを並べることでより贅沢に寛げる空間に仕上げています。ヘッドレストやサイドテーブルをプラスし、さらに過ごしやすくしました。

ソファカバーとフレームにグレーを取り入れて、全体的に色味を落ち着かせました。クッションとオットマンに鮮やかなレッドやピンクを置いて、大人の女性らしい雰囲気を演出。

グレーとピンクでオリエンタルなイメージのソファ空間となりました。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をオリエンタルなインテリアコーディネートにすることで、異国情緒溢れるモロッコのような幻想的な空間を実現することが出来ます。一見派手に見えるピンクやパープルを使ったカラーコーディネートも、ダークブラウンの家具やヒヤシンス素材、グレイカラーを取り入れることで華やかなイメージの中に落ち着いた大人の女性らしさを表現することが出来るでしょう。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りを使って、オリエンタルな雰囲気のモロッコインテリアコーディネートを紹介します。

4.バルコニーで贅沢に寛げる座面の広い屋外用ソファシリーズ

室内とは違い過酷な環境になりやすい屋外。ゆったり寛げる座面やデザイン性の他にも、雨風に強い耐久性や安全性なども重要です。座面の広い屋外用ソファは、安心して使うことができる機能性の高いものを選びましょう。

バルコニーでも安心して寛げる座面の広い屋外用ソファ

a.flatの屋外用ソファは広めの座面だけではなく、最高品質のフレームや中材、撥水加工のカバーなどで作られています。一年中屋外に置いておいても劣化せず使い続けることが可能です。バルコニーに置くことで一気にリゾートな空間を演出できるでしょう。

リゾートホテルのように過ごせる広々とした座面

直線のみで描いたモダンで洗練されたデザインのガーデン・ソファ。様々なエクステリアに合わせやすいスクエアなフォルムが特長です。

ラグジュアリーなデザインと座り心地で、バルコニーに配置するだけでリゾートホテルのような雰囲気を演出します。

a.flatの座面の広い屋外用ソファ

奥行のある広い座面の屋外用ソファ
ゆったりとした座面広さの屋外用ソファ。長時間座っていても沈み込みすぎて疲れてしまうことなくリラックスタイムをお過ごし頂けます。

コンパクトでも快適に過ごせる屋外用ソファ
浅いサイズ感とアームレスな片側の抜け感がある屋外用ソファ。バルコニーに置いた際にすっきりとした印象を与えてくれます。

屋外用に開発された通水性と通気性が高い座面の素材

身体を支える座面の素材には、1年中屋外に出したままでも劣化しにくい特殊なクイックドライフォームを採用しています。

突然の雨でも室内へ入れる必要がない為、ストレス無く暮らしを送ることが可能です。湿度の高い時期でもサラッとしているので、気持ちよく過ごせますね。

高機能ファブリックでいつまでも清潔に使える

a.flatの屋外ソファは、エクストリーム撥水加工を施したカバーの生地を使用しています。うっかり飲み物をこぼしても、すぐ拭き取ることが可能です。

小雨や朝露の水分も弾き飛ばしてくれるので、置きっぱなしでも安心でしょう。また、ファスナーで簡単にカバーを取り外し、洗濯機で丸洗いもできます。

屋外用ソファを取り入れたコーディネート実例

こちらでは、座面の広い屋外用ソファを取り入れたコーディネート実例をご紹介します。デザインと機能性を兼ね備えた屋外ソファを配置して、バルコニーを贅沢なリゾート空間にしました。

オットマンと合わせて座面幅を広げた屋外用ソファ実例

バルコニーに屋外用のソファとオットマンを置いたコーディネート実例。オットマンを自由に動かすことで、座面幅を広げてのんびり寛げるようにしました。コンパクトなテーブルもプラスし、優雅なひと時を過ごせるバルコニーを実現しています。

オットマンをソファの前に置いて、脚を伸ばすことも可能です。外の景色を楽しみながらリラックスした時間を過ごせるでしょう。

クッションとオットマンのカバーには、鮮やかなブルーをセレクト。バルコニー空間に、爽やかなイメージを与えてくれます。

関連コラム

ゆったりした座面で寛げるガーデンソファの実例

ウッドデッキにゆったりとした座面のガーデンソファを配置したコーディネート実例。広々とした座面の上には、オレンジのクッションをアクセントに置きました。曲線が美しいコーヒーテーブルを並べて、優雅なリゾート空間を演出しています。

直線のみで描かれたモダンなデザインが魅力のガーデンソファ。座り心地の良い広い座面が魅力となっております。

雨や汚れに強い素材で作られたガーデンソファは、一日中外に置いていても安心です。いつでも清潔で使いやすいバルコニー空間を実現しました。

関連コラム

a.flatの店舗で座面の広いソファを体感する

a.flatの店舗には、前章でご紹介した座面が広いソファやおしゃれなインテリアを多く展示しており、実際のデザインや素材を触れてみることで、部屋に置いたイメージを膨らませることができます。トータルコーディネートされた空間を体感して、お気に入りのソファを見つけてみて下さい。

実際のソファで座面の広さや座り心地を確認

a.flatの店内では、寛ぎやすさを味わえる座面の広いソファを多数展示しています。実際にソファの座面の広さや座り心地を体感して、理想のソファを選びましょう。

実際の部屋のようなイメージでディスプレイを展示しているため、ソファを置いた雰囲気をリアルに体感することができます。

座面の広いソファは、様々な座り方で身体を休めることができます。ご自宅で寛ぐイメージでお試し下さい。

豊富なファブリックからソファカバーを選ぶ

ソファにとって重要なファブリック類は、約100色ある豊富なカラーバリエーションから選ぶことができます。部屋のアクセントになるように、ソファカバーを選びましょう。

また、ラグやカーテンなど部屋作りにかかせないファブリックサンプルもご用意していますので、ぜひ一緒にご覧ください。

a.flatの店舗一覧

■a.flat目黒通り本店

〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)

■公共交通機関でお越しの場合

都立大学駅から徒歩7分

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

■公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat大阪梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
■公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回は、贅沢に寛げる座面の広いソファを実例と共にご紹介させて頂きました。部屋のサイズや過ごし方に合った座面のソファを取り入れることで、快適な空間が完成されます。

今回のコラムでご紹介した座面の広いソファの中から最適なタイプを見つけて、快適な寛ぎ時間を過ごしましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.