• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

ダブルベッドのレイアウトは何畳から?設置パターンやおしゃれなダブルベッドを実例付きで解説

ダブルベッドのレイアウトは何畳から?設置パターンやおしゃれなダブルベッドを実例付きで解説

ダブルベッドのレイアウトは何畳からできるのか?レイアウト例やおしゃれなベッドを実例付きでご紹介。ダブルベッドは大人2人がゆったり寛げますが、寝室の圧迫感が気になるところですよね。ダブルベッド×寝室の快適なコーディネートや動線作りを合わせて解説しますのでご覧ください。

ダブルベッドのサイズは?

一般的なダブルベッドのサイズは幅約140cm×長さ約195cm。大人2人で使いやすいサイズで、カップルや夫婦など二人暮らしでの需要が高いサイズです。ダブルベッドは大柄な人や、一人でゆったり寛ぎたい人にもおすすめできます。

ダブルベッドのサイズは幅140cm×奥行195cm程度

ダブルベッドは、大人二人が十分な広さを確保して睡眠を取れるサイズ。同棲をしている方や、ひとりでゆったりベッドを使いたい方にも人気があります。一人暮らし~二人暮らしに適したベッドサイズです。

ベッドサイズはフレームデザインによって大きく変わる

ダブルベッドの標準サイズは幅140cm×奥行195cm程度ですが、フレームのデザインによってサイズが大きく変わります。ヘッドボードやフットボードが付いたデザインはより多くのスペースを必要とし、おしゃれなダブルベッドを選ぶ際は、部屋のレイアウトを考慮して余裕を持って配置できるサイズを選ぶことが大切です。

寝室とワンルームの畳数によって置けるか判断する

ダブルベッドを取り入れる際は、部屋の畳数を確認して設置できるかを判断しましょう。スペースに余裕をもったレイアウトができれば、ベッドでの安らぎが居心地の良い時間になります。

ダブルベッドは何畳にレイアウトできる?

ダブルベッドは何畳にレイアウトできるかを確認します。余裕のあるレイアウトは快適な寝室を作るため、目安となる畳数をチェックし、間取りに丁度いいベッドサイズを配置しましょう。

何畳の寝室にダブルベッドが置けるか確認する

ダブルベッドは4.5畳以上が適切な畳数です。間取りにもよりますが、4.5畳~6畳ほどの畳数があれば、ダブルベッドの周りに動線を作ることが可能で、快適な寝室を作れます。

ダブルベッドは4.5畳からが適切な畳数

ダブルベッドは4.5畳~を目安に検討するといいでしょう。画像の3Dは4.5畳の正方形の間取りですが、ダブルベッドを真ん中に設置すれば両サイドに60cmの動線を作り出せます。生活動線60cmは、人が1人問題なく通れるスペースです。

生活動線を作らなければ3畳に置ける

ダブルベッドを設置する際、最小限であれば3畳のスペースがあれば配置可能です。ただし、この場合はベッドの周囲に余裕がほとんどなく、生活動線を確保することは難しいでしょう。ベッドのサイズにもよりますが、快適に使用するためには少なくとも4.5畳以上のスペースを確保することをおすすめします。

何畳の1R・1Kにダブルベッドが置けるか確認する

1Rや1Kのお部屋でも、空間を有効に使えばダブルベッドをレイアウトすることが可能です。ベッド周りに少し余裕を持たせたい場合は、8畳以上の部屋を選ぶと良いでしょう。部屋の形状にもよりますが、ダブルベッドを中心に家具を配置することで、スタイリッシュで機能的な寝室空間を作り出すことができます。

他の家具との兼ね合いを考えると8畳からが現実的

1R・1Kはベッドのほか、ソファやテレビボードなど生活に必要な家具を同じ空間にレイアウトします。ダブルベッドを置くには最低でも6畳のスペース、余裕があれば8畳以上の1R・1Kが理想的。ベッド以外の家具との兼ね合いを考えて設置をしましょう。

他サイズのベッドは何畳から置けるか合わせてチェック

ダブルベッドと合わせて、シングルやセミダブルなどほかのベッドサイズに丁度いい畳数もチェックしましょう。ゆったり寛げる寝室作りは、畳数とベッドサイズのバランスが重要です。部屋の間取りにぴったりなベッドサイズを選べば、日々の疲れをリセットできる寝室を叶えられます。

シングルベッドは寝室2畳~・ワンルーム/1K6畳~が目安

シングルベッドの場合は、寝室が2畳程度あれば設置が可能。ワンルームや1Kの場合は6畳以上のスペースを確保することが望ましいです。これにより、生活空間としての快適さを保ちつつ、ベッドを効率的に配置することができます。

寝室2畳×シングルベッド

1R・1K6畳×シングルベッド

セミダブルベッドは寝室3畳~・ワンルーム/1K8畳~が目安

セミダブルベッドは、寝室が3畳程度あればスムーズな動線を作れます。ワンルームや1Kの住まいでは、8畳程度のスペースを確保するのがおすすめ。ソファやローテーブルをレイアウトする余裕ができる間取りです。

寝室3畳×セミダブルベッド

1R・1K8畳×セミダブルベッド

クイーンベッドは寝室6畳~が目安

クイーンベッドは6畳以上の部屋に設置することをおすすめします。寝室が6畳以上ならベッドを部屋の真ん中にセットして、両サイドどちらからもベッドに出入りが可能です。快適に行き来ができる生活のしやすい寝室を作れます。

キングベッドは寝室8畳~が目安

キングベッドは8畳以上の部屋を目安に検討しましょう。8畳以上の寝室であれば、ベッドを中央置きで
快適に使うことが可能です。ベッドを部屋のどちらかに寄せれば、コンパクトなテーブルや収納棚のレイアウトもできます。

寝室のレイアウト例からダブルベッドが何畳に置けるかチェック

ダブルベッドを取り入れた寝室や1R・1Kのレイアウト実例を参考に、ダブルベッドが設置可能な間取りサイズをチェックしましょう。自宅の間取りに似た実例は、ベッドをレイアウトしたイメージがしやすいためぜひご覧ください。

【寝室4.5畳×ダブルベッド】最低限の動線を確保したレイアウト

4.5畳の寝室スペースに、最低限の動線を確保しつつダブルベッドをレイアウトした実例。リビングのようにあまり部屋を行き来しない寝室は、多少動線が狭くても生活のしやすさに影響を及ぼしません。寝室は睡眠を取る専用ルームとして利用すれば、快適に過ごせるレイアウト実例です。

ベッド周りの導線は30~40cmを確保

ベッド周りのは横歩きで通れる30~40cmの動線を確保。人が一人通れる最低限のスペースを作っています。寝室スペースは、リビングのように頻繁に行き来する場所ではないため、実例くらいのスペースでもOKです。

収納付きダブルベッドで収納場所を作る

コンパクトな寝室におすすめの収納付きベッド。マットレス設置面の下が収納スペースになったベッドフレームで、空間に収納場所をプラスできます。収納家具を置かなくとも、寝室をすっきり演出できるため狭い寝室に適したベッドタイプです。

省スペースに置けるサイドテーブルをプラス

場所を取らずに置けるサイドテーブルは、小さめの寝室に取り入れやすいアイテムです。携帯や本など、小物類の収納に優れておりベッド周りの過ごしやすさがアップします。サイドテーブルはちょっとした収納スペースが欲しい場合にぴったりです。

【寝室5畳×ダブルベッド】ベッドを壁付けして動線を作ったレイアウト

寝室5畳の壁にダブルベッドを寄せて、ベッドの片側に動線を広く確保したレイアウト。動線が広いため、ベッド周りの行き来がしやすい快適な寝室です。床の見える面積が多く、部屋を開放的に感じられます。

寝室のドア前に広い動線を作る

ダブルベッドを横付けし、寝室のドア前スぺ―スを広く確保したレイアウト。寝室に入った際の圧迫感がなく、寛ぎやすい印象を与えます。ダブルベッドを壁に横付けしてスペースをすることで、テレビ台を置く余裕も生まれました。

コンパクトタイプのヘッドボードでベッド周りをすっきり見せる

実例のベッドはヘッドボードに収納スペースがあるデザイン。2種類あるヘッドボードのうち、コンパクトなタイプを選びベッド周りをすっきり見せています。ベッドフレームの奥行きが短い分、動線の確保がしやすい点も魅力のひとつです。

ヘッドボード収納の奥行きがコンパクトで、フレームの全長は2080mm。

ヘッドボード収納に奥行きがあり、フレームの全長は2170mm。

寝室スペースに余裕ができるとテレビ台や収納家具を置ける

寝室にベッド以外の家具を置きたい場合は、部屋の片側にベッドをレイアウトするのが有効な手段です。実例では5畳の寝室の片側にベッドを寄せて広いスペースを作り、テレビ台をレイアウト。スペースに余裕があるベッドルームはベッド以外の家具を設置できるため、過ごし方の幅を広げることが可能です。

【寝室6畳×ダブルベッド】ベッドの左右に動線を確保したレイアウト

6畳の寝室の真ん中にダブルベッドを置き、ベッドの両側にスペースを確保したレイアウト実例。ベッド周りの行き来がスムーズで快適に過ごせる空間です。ベッドのどちらからも出入りできるため、就寝時間や起床時間の異なる二人暮らしに特におすすめのレイアウトです。

動線を広く作って行き来しやすい寝室

左に側に備え付けのデスクが付いており、120cmの余裕を持った動線を確保。右側にはクローゼットがあるため、こちらも60cmと十分な動線を作り、デスクのチェアに座る際やクローゼットに物をしまう際に、ストレスなく動作ができる寝室のレイアウトです。

寝室で作業もできる機能的なレイアウト

備え付けデスクとベッドの間の間隔を十分に保つことで、寝室兼作業部屋として使いやすい空間に。デスクとベッドのスペースは120cmあるため、椅子を引いた状態でもベッドの動線に干渉せず、過ごしやすい寝室を作っています。

【寝室7畳×ダブルベッド】フロアベッドで高さを抑えたレイアウト

7畳の寝室にロータイプのダブルベッドを設置したレイアウト実例。フロアベッドを選ぶと、7畳の寝室がより広く感じられ、ゆったり寛ぎやすい開放感のある部屋を作れます。

7畳の寝室にローベッドをゆったり設置

ロータイプの圧迫感が生まれにくいダブルベッドを、寝室の中央スペースにレイアウト。高さが低いベッドのため、圧迫感が生まれにくく広々とした雰囲気を保てます。掃き出し窓までの動線をしっかり確保しており、快適に過ごせる寝室です。

掃き出し窓まで視線が抜けるローベッド設置

寝室入り口から掃き出し窓まで縦に長い間取りで、一般的な高さのベッドだと行き止まり感が強まってしまいます。実例では高さの低いフロアベッドを取り入れて、目線が部屋の奥まで抜ける空間を作り、広々とした印象を叶えています。

高さの合うサイドテーブルで快適性アップ

ロータイプのダブルベッドの隣にはサイドテーブルを設置。ローベッドの高さにあうサイドテーブルを取り入れることで、見た目の統一感と快適性を兼ね備えた寝室を作りました。インテリア置き場として照明と観葉植物を飾り、おしゃれな寝室を演出しています。

【寝室8畳×ダブルベッド】真ん中に置くレイアウトで寝室をおしゃれに演出

8畳の寝室で、ダブルベッドを部屋の中央に配置したレイアウト実例。ベッドの周囲に余裕を持たせることで、動線がスムーズになり、ナイトテーブルや照明を配置するスペースも確保できます。

ラグジュアリー感漂う余裕のあるレイアウト

ダブルベッドをゆったりレイアウトできる8畳の寝室。ベッドを部屋の中央き、余裕のあるラグジュアリーな雰囲気のベッドルームを作っています。、ベッドの周囲を歩くスペースが確保され、夜中に起きてもスムーズに動けるのが魅力です。

ダブルベッド周りのデッドスペースはインテリアで彩る

ダブルベッドを余裕をもって置ける8畳の寝室は、その他の家具やインテリアをプラスしやすい広さです。実例では、飾り棚や小物の収納スペースになるサイドテーブルや壁面を彩るアートパネル、温かみのある空間を演出する間接照明をコーディネートし、ホテルライクな寝室を作っています。

【寝室9畳×ダブルベッド】テイストを選ばない脚付きマットレスのレイアウト

9畳の広々とした間取りに、シンプルな脚付きマットレスをレイアウトした実例。ベッド周りにはローソファ、備え付けテーブルにはチェアを設置し、睡眠を取る以外に様々な過ごし方ができるコーディネートです。

寛ぎの幅が広い寝室のレイアウト

9畳の寝室に、ダブルベッドや1.5人掛けソファ、備え付けのテーブルにチェアをそれぞれレイアウト。ソファで睡眠を得るだけでなく、ソファで寛げるほかチェアで作業も可能で、様々な過ごし方ができる寝室を作りました。

ナチュラルなコーディネートに馴染むダブルベッドを設置

脚付きマットレスタイプのダブルベッドは、そのシンプルなデザインが魅力のひとつ。どんなテイストの部屋にも合わせやすいため、ナチュラルなコーディネートの寝室にもぴったりです。ベッドを含めた家具、インテリアでの空間づくりを存分に楽しめます。

内装やインテリアの素材を活かした居心地の良い寝室

シンプルな脚付きマットレスは、いい意味で目立ちにくくおしゃれな内装を活かせるデザインです。木製の腰壁や備え付けのデスクといった、自然素材の温もりを活かした内装を最大限に活かし、居心地の良い寝室を演出しています。

【寝室10畳×ダブルベッド】収納家具と合わせたゆとりのレイアウト

10畳の寝室でスタンダードタイプのダブルベッドに、キャビネットやハンガーラックといった収納家具を合わせた霊レイアウト。ベッドのサイズに対してスペースに余裕のある間取りのため、自由度の高い家具のコーディネートが可能です。

快適性の高い10畳の寝室レイアウト

ダブルベッドを中央にレイアウトしたほか、キャビネットやハンガーラックといった収納家具、ベッドの向かいにはテレビ台を設置。収納で物を整えて、見せたい物と隠したい物をバランスよく取り入れて、おしゃれな寝室を叶えています。

快適性と収納力も兼ね備えた贅沢な寝室が叶う

ヘッドボードやマットレス下に物をしまえるスタンダードタイプのベッドのほか、引き出し収納4つと片開き収納2つが付いたキャビネット、幅79cmのハンガーラックを組み合わせ。収納力のある家具を揃えて、物が少なくすっきりした印象の寝室を作れる組み合わせです。

特別感のある暖色系カラーと相性よい無垢材のダブルベッド

暖色系のカラーコーディネート実例にぴったりな、無垢材のダブルベッドを組み合わせました。レッドやオレンジ、イエローといった温もりある色は、無垢材家具と非常に相性が良い色です。ベッドフレームはグレインブラウンという木目が分かりやすい着色をしており、カラーコーディネートとあわせて居心地の良い寝室を演出します。

ワンルーム・1Kのレイアウト例からダブルベッドが何畳に置けるかチェック

ワンルーム・1Kの間取りにダブルベッドをレイアウトした実例を紹介します。部屋がひとつの間取りにダブルベッドを置く場合は、どのくらいの広さが必要かやどんなレイアウトが良いのかを、実例を参考にしながら確認しましょう。

【1R・1K7畳×ダブルベッド】片肘ソファでベッドスペースを広めに取るレイアウト

ワンルーム7畳にダブルベッドをレイアウトした実例。ワンルームは色んな家具をひと部屋に置くため、家具同士のサイズバランスが重要です。実例ではベッド以外の家具はスペースを取らないサイズ、デザインを選び、快適に過ごせる空間を作っています。

ワンルームを上手に使ったレイアウト

7~8畳のワンルームに、ダブルベッドのほかソファや収納家具、テーブルを設置。片アームソファやユニット式の収納、スペースを取らないサイドテーブルと狭い間取りに取り入れやすい家具を選び、快適なワンルームを作っています。

1部屋の間取りのダブルベッドには片肘・アームレスソファのバランスが◎

ワンルームや1Kの1部屋の間取りには、片肘ソファやアームレスソファがおすすめです。アームがない分レイアウトしやすく、ベッドスペースを広く確保できます。ソファで寛げるほか、ダブルベッドでもゆったり安らげるワンルームが叶うソファデザインです。

場所を取らないサイドテーブルでベッドまでの行き来がしやすい配置

実例ではローテーブルの代わりに省スペースにレイアウト可能なサイドテーブルを配置。これにより、ベッドや掃き出し窓までの動線を広く確保し、行き来がしやすい空間を作っています。直線的な生活動線を作り、快適に過ごせるワンルームです。

圧迫感を感じさせないスリムなデザインが魅力のサイドテーブル。携帯や本など小物を置けるだけでなく、天板下には収納スペースがあり便利に使えるデザインです。サイドテーブルはローテーブルを置くスペースがなく、テーブルをコンパクトに収めたい場合に適しています。

【1R・1K8畳×ダブルベッド】ソファダイニングで省スペースを活かすレイアウト

ワンルーム8畳にダブルベッドを取り入れたレイアウト実例。寛ぐソファと食事を取るダイニングを組み合わせたソファダイニングスタイルでワンルームのスペースを節約し、ダブルベッドを置いても広く感じられるコーディネートです。

ソファダイニングで寝室までの動線をスムーズにする

ソファとダイニングテーブルを組み合わせるソファダイニングは、寛ぐ・食べる・作業をするなど様々な使い方ができるスタイルです。部屋のスペースの節約になり、動線を確保しつつダブルベッドを設置する余裕が生まれます。

食事・寛ぐ・作業する場所を1つにまとめてスペースを節約

ソファとダイニングを合わせて使うソファダイニングは、食事を取るほかソファで寛ぐ、テーブルで作業をするなど様々な過ごし方ができます。ソファとダイニングを1か所にまとめられるため、部屋のスペースが足りない場合に有効なスタイルです。

奥行きが浅く、チェアとしても使いやすいコンパクトタイプのソファ。

高さが63cmと一般的なテーブルと比べて低く、ソファに合わせて使いやすいテーブルです。

ソファを置かないスタイルならよりダブルベッドを設置しやすい

ワンルーム・1Kにダブルベッドを設置する場合は、ソファダイニングスタイルのほかソファを置かない床剤スタイルもおすすめ。レイアウトする家具が減る分、大きいサイズのベッドを置いても圧迫感を感じにくい部屋を作れます。

【1R・1K12畳×ダブルベッド】快適に過ごせる居心地の良いレイアウト

12畳のワンルームにダブルベッドをレイアウトした実例。ワンルームでも12畳ほどの広さがあれば、ベッドのほかにソファやローテーブル、デスクなどその他の家具も置きやすいです。過ごし方に合うコーディネートで快適に過ごせるワンルームを作れます。

ダブルベッド周辺に余裕のある生活動線を作れる

ダブルベッドの左側には幅172cmの2.5人掛けソファ、ベッド足側には幅100cm×奥行38cmのコンパクトなデスクをレイアウト。12畳の広いワンルームで、生活動線をしっかり確保した家具の設置ができています。

12畳ならソファのほかにデスクや収納家具も設置しやすい

12畳のワンルームなら、ソファのほかにデスクやテレビボード、キャビネットなどの収納家具のレイアウトが可能です。ダブルベッドを中心に自由度の高いコーディネートができるため、自分にとって過ごしやすい空間を作れます。

1R・1Kのダブルベッドは他の家具とのバランスが大事

1Rや1Kにダブルベッドをレイアウトする際は、ソファやローテーブル、テレビボードなど他に必要な家具とのバランスが大事です。家具の優先順位を決め、優先度の高い家具を軸にコーディネートをするとスムーズに部屋作りができます。

何畳の寝室でも押さえておきたいダブルベッドのある空間づくり

ダブルベッドを中心に、何畳でも居心地の良い寝室作りのコツを紹介します。寝室の生活動線の作り方やベッドフレームの選び方、その他の家具やインテリアを揃えて日々の疲れをしっかり癒す寝室を作りましょう。

生活動線を確保できるようにダブルベッドをレイアウトする

部屋にダブルベッドを設置する際は、生活動線を意識したレイアウトを作りましょう。ポイントは家具が障害物にならないようにレイアウトすること。生活動線がしっかり確保された寝室スペースは、過ごしやすさだけでなく見た目もすっきり見えて良い印象を与えます。

ベランダ・バルコニーまでの通路を作る

ベランダ・バルコニーまでの通路を作る

ダブルベッドのある部屋の入り口からベランダ・バルコニーまでの通路を確保できれば、行き来がスムーズで快適な寝室を作れます。特に洗濯物を干す際にベッドの前を通る間取りでは、ベランダまでの通路を使う頻度が高いためしっかり動線を確保しましょう。

寝室は50cmの通路幅を目安に動線を確保する

寝室の生活動線は50cmを目安にレイアウトを考えましょう。リビングは一般的に60cmの生活動線が必要と言われますが、寝室はベッドが高さのある家具ではなく邪魔になりにくいのと、日中過ごすリビングに比べて行き来が多い部屋ではないため、50cmの動線でもそれほど困りません。

行き来の少ない寝室は横歩きができる30cmの動線でもOK

ダブルベッドを置いた部屋を寝るだけに使用するなら、動線は30cmでもOKです。30cmの生活動線があれば、ベッドと壁の間を横歩きで移動できます。その際は、クローゼットの干渉やベランダ・バルコニーに出入りする頻度に気を付けてづ動線を作りましょう。

開放感を演出するフレームデザイン・ベッドタイプを選ぶ

ダブルベッドは大人2人が快適に寝られる大きいベッドサイズで、ワンルームや狭い寝室スペースに置くと圧迫感が出がちです。そのため、ベッドフレーム選びのポイントは開放感を演出するデザインを選ぶこと。寝室をすっきり見せるベッドのフレームデザイン・ベッドタイプを紹介します。

ロータイプのダブルベッドで広々とした寝室を作る

ロータイプのダブルベッドは、低い位置からの視線が広がりを感じさせ、寝室に開放感をもたらします。また、シンプルなフレームデザインを選ぶことで、空間に余裕を持たせつつ、おしゃれな雰囲気を演出することができます。寝室の限られたスペースを最大限に活用し、心地よい睡眠空間を実現しましょう。

収納付きダブルベッドで寝室スペースをすっきり見せる

収納付きダブルベッドを選ぶことで、寝室のスペースを有効活用し、すっきりとした印象にすることが可能です。また、開放感を演出するためには、足元がすっきりとしたフレームデザインや、ヘッドボードが低めのベッドタイプを選ぶと良いでしょう。狭い空間でも快適でおしゃれな寝室を実現できます。

コンパクトなヘッドボードのダブルベッドで動線を確保する

ベッドフレームのデザインによってヘッドボードサイズは様々ですが、ベッドの圧迫感が気になる方は奥行きの浅いヘッドボードがおすすめ。見た目がスリムですっきりとした印象を与えるだけでなく、ベッドの奥行きサイズが短くなるため動線を作りやすくなります。

スリムな奥行きのヘッドボードで、スタイリッシュな印象のあるベッドフレーム。

奥行きの浅いヘッドボードですが、時計や携帯、アロマなど小物を置けます。

ダブルベッド以外の家具をプラスして寝室の快適性アップ

ダブルベッドをレイアウトした寝室は、サイドテーブルやテレビ台をプラスすることで快適な空間になります。寝室のスペースに余裕があれば、ダブルベッド以外の追加してより寛ぎやすい寝室を作りましょう。

ダブルベッドと高さの合うサイドテーブル

ベッド横の省スペースにレイアウトできるサイドテーブルは、過ごしやすい寝室作りにおすすめの家具。サイドテーブルを選ぶポイントは、ベッドの高さにあわせること。高さを合わせればベッドでリラックスしながら使いやすく、寝室の快適性がアップします。

スタンダードベッド×サイドテーブル

ローベッド×サイドテーブル

ホテルライクな寝室を叶えるテレビ台

寝室のレイアウトスペースに余裕があるなら、テレビ台を検討してみてはいかがでしょうか。寝室のテレビ台はベッドの高さに合うタイプが使いやすく、キャビネットをテレビ台として活用するのもおすすめです。

小物置き場として使える自然素材のスツール

自然素材のスツールは、リラックスして過ごしたい寝室にぴったりのアイテム。温もりのある自然素材が、安らぎの空間を演出します。小物置き場や椅子としても使えるため、ひとつ持っておくと便利に活躍するアイテムです。

寝室兼書斎を作れるダブルベッドとデスクの組み合わせ

ダブルベッドの横、または足元にデスクを配置することで、限られた空間を最大限に活用することで、寝室兼書斎として機能する部屋を作れます。ベッドのデザインやカラーに合わせたデスクのデザインなら、統一感があり寝室をすっきり見せることが可能です。ベッドサイドに小さなテーブルやランプを置くと、夜間のリラックスタイムも充実します。

  • 実例のダブルベッド+デスクセットの組み合わせ

睡眠前のひと時が充実するベッドとラウンジチェアの組み合わせ

ダブルベッド×ラウンジチェアの組み合わせは、睡眠前のひと時をゆったり過ごせる寝室作りにおすすめです。ラウンジチェアを置いてリラックススペースを確保することで、睡眠前の読書や音楽鑑賞の時間がより豊かになります。

  • 実例のダブルベッド+ラウンジチェアセットの組み合わせ

インテリアで寛ぎやすいダブルベッド×寝室にコーディネートする

おしゃれなインテリアコーディネートは、ダブルベッドがある寝室をより寛ぎやすくします。寝室にプラスできるインテリアはベッドリネンや間接照明、壁面装飾など様々です。好きなインテリアで自分にとって居心地の良い寝室を作りましょう。

素材の質にこだわった肌触りの良いベッドリネン

素材の質にこだわった肌触りの良いベッドリネンを使用し、寝室全体の色合いやテクスチャーと調和させることで、インテリアとしても寛ぎやすい空間作りが可能。例えば、ナチュラルな木目のベッドフレームにリネンのベッドカバーを合わせることで、温もりがありリラックスできる寝室を演出できます。

  • おすすめのベッドリネン素材

ブロード

ストレスのない心地の良い肌ざわりが特徴のブロード。

ガーゼ

ふんわりとした柔らかい肌触りのガーゼ。

麻混

自然素材らしい風合いとシャリ感が気持ちのいい麻混。

ダブルベッドの見映えを良くするベッドスプレッド

ベッドスプレッドはベッドの印象を大きく変えるアイテム。色や素材を選ぶことで、季節感を演出できるほか、寝室全体の雰囲気を引き締める効果があります。寛ぎやすくおしゃれな寝室作りに、ベッドスプレッドはおすすめのインテリアです。

壁面装飾で寝室の雰囲気をワンランクアップ

壁面を利用した装飾は寝室の雰囲気をワンランクアップさせるインテリア。シンプルながらも存在感のある装飾や、インテリアと合わせたカラーコーディネートをすればダブルベッドがより引き立ち、寛ぎやすい空間が生まれます。壁面のインテリアコーディネートを施すことで、毎日の生活に彩りをもたらすことが可能です。

癒しの空間を演出する優しい灯りの間接照明

リラックスできる寝室作りに、間接照明はぜひ取り入れたいインテリアアイテム。暖色系の温かな灯りが空間を包み込み、特別感のあるひと時を演出します。好きなデザインの照明を取り入れて、就寝前の時間を充実させてみてはいかがでしょうか。

  • 寝室におすすめの3種類の照明タイプ

ダブルベッド周りの室内環境を整えるおしゃれなラグ

ダブルベッドの足元やサイドにラグを敷けば、寝室がグッと引き締まります。柔らかな素材のラグは足元の感触を良くし、寝室全体の雰囲気を豊かにしてくれるためおすすめです。また、色や柄を選ぶことで、インテリアとの調和を楽しむことができます。

  • 毛足の長さとデザインが異なる3種類のラグタイプ

ショートタイプ

シャギータイプ

アクセント柄

何畳にかかわらず寛ぎやすい寝室を作るダブルベッド5選

寛ぎやすい寝室を演出するa.flatのおすすめダブルベッドを5選紹介します。スタンダードタイプからロータイプ、収納付きタイプなどから、自宅の間取りや過ごし方に適したベッドを選び、寝室での時間をより豊かにしましょう。

狭い~広い畳数まで居心地の良い寝室を叶えるダブルベッド

狭い~広い畳数まで、取り入れやすい定番タイプのスタンダードベッド。収納スペースと2口コンセント付きのヘッドボード、足元をすっきり見せるデザインで様々な間取りに取り入れやすいベッドです。

ベッドの足元がすっきりしたデザイン

足付きのベッドフレームで、見た目の印象がすっきりとしたデザイン。コンパクトな間取りや狭い寝室に取り入れやすく、圧迫感を与えにくい点が魅力です。足元の空間は収納スペースとして活用できるため、機能性も高いベッドフレームです。

物をしまえる機能的なヘッドボード

物をしまえる機能的なヘッドボードは、限られたスペースを有効活用し、整理整頓された寝室を実現できます。狭い寝室の場合は、サイドテーブルやキャビネットなど収納家具を置く余裕がない事が多いため、ヘッドボード収納付きのベッドが活躍します。

コンパクトなヘッドボードタイプも選べる

コンパクトなヘッドボードタイプも選べる

奥行きの浅いヘッドボードのベッドは、スペースを取らずに設置できるため、狭い部屋でも快適な寝室を作り出すことができます。生活動線を確保しやすく、見た目もスタイリッシュな空間を演出可能です。

どんな畳数でも収納力をアップさせるダブルベッド

マットレス設置面の下に収納スペースが付いたダブルベッド。引き出しタイプの収納が完備されており、収納物を整理してしまいやすいベッドです。どんな畳数の部屋でも物を少なく見せ、清潔感のある空間を作れます。

狭い間取りやワンルームにもおすすめの収納付きベッド

収納機能が付いたベッドを選ぶことで、狭い部屋やワンルームの限られたスペースを有効活用し、すっきりとした寝室を実現できます。ベッド下に引き出しがついたモデルや、ヘッドボードに棚が付いているベッドフレームは、機能性とおしゃれさを兼ね備えたデザインです。

パネル式サイドボードを外すとオープンスペースがあり、市販の収納ボックスを格納できます。

大容量の引き出し収納付きで、季節物の寝具や洋服を保管するのに適しています。

間取りに合わせて収納ボックスの向きを決められる

a.flatの収納付きベッドは、組立の際に引き出し収納の向きを選べます。狭い間取りの場合はベッドのレイアウトパターンが限られますが、引き出しを左右どちらにするか選択できる仕様なら設置の向きに関する心配が少ないです。

コンパクトな畳数のベッドルームを開放的に見せるローベッド

ローベッドは床からの高さが低いデザインが特徴。空間が広く感じられ、狭い部屋でも圧迫感を減らせるベッドタイプです。日々の疲れをしっかり取れる、寛ぎやすい寝室を演出します。

シンプルで洗練感のあるロースタイルのデザイン

チーク・ローベッドは、シンプルで洗練感のあるデザインが魅力のローベッド。スタイリッシュな雰囲気を作り、寝室を広く見せるベッドです。テイストを選ばない見た目のため、単品でも取り入れやすくコーディネートにすっと馴染みます。

ヘッドボードのパターンは3種類から選べる

ヘッドボードのパターンは3種類から選べる仕様です。厚さの無いウレタンマットレスに合うやスタンダードなコイルマットレスに合う高さ、ヘッドボードが無くよりシンプルなデザインの3タイプがあります。

おしゃれで広々とした寝室を作るフロアタイプのダブルベッド

ヘッドボードのルーバーデザインが特徴的なロースタイルのベッド。リゾートホテルのようなリラックス感のある寝室作りにおすすめです。マットレスを落とし込むフロアタイプのため、高さを低く保ち空間を広く見せられるベッドです。

マットレスを落とし込む圧迫感の無いベッドフレーム

フロアタイプのダブルベッドなら、どのような広さの部屋にも適しています。フレームが低いため、視覚的に圧迫感を感じさせず、空間を広々と見せることができます。マットレスを直接フレームに落とし込むデザインは、モダンでスタイリッシュな印象を与え、寝室をおしゃれな空間に変えてくれます。

2種類のヘッドボードから好みのデザインを選べる

a.flatのフロアベッドはヘッドボード有りと無しを選べるため、インテリアに合わせて自分好みのスタイルを選択できます。デザイン性と機能性を兼ね備えたダブルベッドで、理想の寝室を実現しましょう。

インテリアとして映える、ルーバーデザインのヘッドボード。

ヘッドボードが無く、ベッド周りをすっき見せるフレームデザイン。

狭い畳数の寝室に設置しやすいダブルサイズの脚付きマットレス

脚付きマットレスタイプのダブルベッドは、そのスリムなデザインが狭いスペースにもフィットしやすく、お部屋を広く見せる効果があります。また、ベッド下を収納スペースとして活用可能で、寝室の物を整理整頓できるベッドタイプです。

ベッドフレームが無いコンパクトなサイズが魅力

脚付きマットレスはマットレスに直接脚が付いているため、ベッドフレームよりもコンパクトに設置できます。狭い間取りでベッドフレームを置く余裕がない部屋におすすめです。ベッドとマットレスを揃えるよりも価格が安く、ゲストルームなど普段あまり使わない部屋のベッドとしてもおすすめです。

シンプルな脚付きマットレスはテイストを選ばない

脚付きマットレスはフレームがないシンプルなデザインです。そのため、テイストを選ばず様々な寝室のコーディネートに取り入れることが可能。ベッドスプレッドやラグなど、インテリアの模様替えがしやすい点も魅力です。

ダブルベッドとあわせてマットレスもチェック

ダブルベッドを選ぶ際は、合わせてマットレスもチェックしましょう。ダブルベッドの買い替えや新規購入でマットレスも新調すれば、使い心地がより良くなり気持ち的にも嬉しいですよね。ベッド選びと同時に、快適な睡眠をサポートするマットレスも検討してみてはいかがでしょうか。

バリエーションが豊富なa.flatのマットレス

a.flatではコイルが独立したコイルマットレスや2重構造のコンビネーションマットレス、コイル数の多い高密度マットレスなど様々なマットレスタイプを展開中。寝心地を確認して、自分にぴったりなマットレスを見つけましょう。

搬入がしやすいハーフサイズのマットレス

ダブルベッドに合うダブルサイズのマットレスの搬入が心配な方には、ハーフサイズのマットレスがおすすめです。ハーフサイズのため搬入がしやすく、メンテナンスの際に動かしやすいことや、寝返りの振動が伝わりにくいといったメリットもあります。

狭い寝室には組み立て式のダブルベッドがおすすめ

狭い寝室やコンパクトな間取りの部屋でも、ダブルベッドのフレームは組み立て式であれば搬入の心配が少なくなります。組み立て式のベッドならパーツ毎に搬入できるため、最も大きいパーツのサイズを気を付ければOKです。

ダブルベッドのレイアウト実例~何畳でも安らげる寝室作り~

快適でおしゃれなダブルベッドのレイアウト実例を紹介します。4.5畳や6畳、8畳と畳数別にダブルベッドをコーディネートした実例や、ワンルームにダブルベッドを配置した実例もありますのでぜひご覧ください。

4.5~5畳×ダブルベッドの実例

4.5畳~5畳×ダブルベッドの実例を紹介します。コンパクトな寝室スペースでも、レイアウトやベッドタイプを工夫すれば快適でおしゃれな空間を作れます。実例を参考に、自宅に適した寝室のコーディネートを作りましょう。

収納付きダブルベッドで寝室スペースを整えた実例

収納付きベッドを4畳の寝室スペースにレイアウトした実例。ベッドを置きたいスペースに備え付けの収納がなくても、収納付きベッドなら物をしまえる空間をマットレス設置面の下に作れます。部屋を整理整頓させて、ベッドでゆったり安らげる寝室のコーディネートが可能です。

寝室スペース4畳×ダブルベッドのレイアウト

ダブルベッドを壁付けし、左側にベッドへの動線を確保しています。

フロアランプでリラックス感のある寝室を演出

動線の余ったスペースには、寛ぎ感を演出するおしゃれなフロアランプをレイアウト。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ
    【インテリア実例】開放的なロースタイルリビングに調和するワンカラーコーデ

    部屋作りの際は開放感のあるロースタイルなリビングに仕上げたいという方は多いのではないでしょうか。広く見える部屋づくりを叶えるには、ロースタイルの家具選びや段差を活かしたサンクンリビングのレイアウト、ワンカラーでまとめて視覚的に広く見せることが重要になります。開放的なロースタイルリビングを生み出すポイントを実際のお客様宅実例をふまえてご紹介します。

パープルのインテリアで叶えるラグジュアリーなダブルベッドの実例

高級感を演出するパープルのインテリアで彩った、ダブルベッドのレイアウト実例。ベッドスプレッドやクッション、壁面装飾にパープルカラーを取り入れて統一感を演出しています。色味の異なるパープルを組み合わせることで、カッチリとしすぎないリラックス感を作りました。

寝室4.5畳×ダブルベッドのレイアウト

4.5畳の寝室の奥側にベッドを寄せて、入り口周辺のスペースをゆったり確保しています。

ミラーを置いて寝室を広く見せる

部屋を広く見せる効果のあるミラーをレイアウトし、寝室の開放感を演出しています。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】人が集まる一人暮らし女性の1LDK~仕事ができる×人が集まれる部屋作り~
    【インテリア実例】人が集まる一人暮らし女性の1LDK~仕事ができる×人が集まれる部屋作り~

    1LDKでの一人暮らしは人が集まれる家、家で仕事ができる家など、様々な過ごし方が可能です。こちらのコラムでは、一人暮らし女性の方がプライベートと仕事、友人との時間を快適に過ごせる家具選び・レイアウトにこだわったインテリア実例をご紹介。女性の一人暮らしだから可能な、自分が大好きな家具のテイストや色に合わせて内装を選ぶことで、落ち着きと華やかさがある部屋に。マルチに暮らせるソファダイニング(コーナーソファ)を主役に、パープル×グレー×ダークブラウンでカラーコーディネートした、女性ならではの部屋作りを是非ご覧ください。

6~7畳×ダブルベッドの実例

6~7畳の寝室に、ダブルベッドをレイアウトした実例を紹介します。寝室に6~7畳の広さがあれば、ダブルベッド以外の家具を置きやすく、インテリアもプラスしやすいです。コーディネートの幅が広がり、自分好みの空間を作りやすくなります。

ロースタイルのダブルベッドで開放的な寝室の実例

6畳の寝室に、ロースタイルのフロアベッドをレイアウトした実例。高さが低いローベッドは、寝室を開放的に演出し心地よく過ごせる空間が叶います。ベッドの高さに合わせたサイドテーブルを追加して、過ごしやすさと快適性を兼ね備えた寝室です。

寝室6畳×ダブルベッドのレイアウト

寝室の角にダブルベッドを置き、寝室への行き来がスムーズでクローゼットが使いやすい配置です。

クッションは沈静効果のあるブルーをチョイス

アクセントに取り入れたクッションは、鎮静効果があり落ち着きをもたらすブルーのカラーをプラス。

関連メニュー

爽やかな装飾で開放感があるダブルベッドの実例

スタンダードなダブルベッドを中心に、ブルーやホワイトなど爽やかさを演出するカラーのインテリアをコーディネートした実例。特にブルーは気持ちを落ち着かせる効果があるため、寝室作りで積極的に取り入れたいカラーです。

寝室6畳×ダブルベッドのレイアウト

寝室のほぼ中央にベッドを設置して、左右どちらからでもベッドに出入りできる快適なレイアウトです。

ビーチの雰囲気が漂う清涼感のある寝室

濃淡の異なるブルーを組み合わせた壁面装飾は、ビーチを連想させる清涼感が魅力です。

関連メニュー

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

ダブルベッドと家具のコーディネートで快適な寝室の実例

7畳の寝室でダブルベッドを中心に、家具・インテリアをコーディネートした実例。ドレッサーやサイドテーブルで寝室の快適性がアップし、過ごし方の幅が広い空間を叶えました。

寝室7畳×ダブルベッドのレイアウト

長方形の間取りを活かし、寝室の入り口側にドレッサーを置きベッド以外でも過ごせるレイアウトです。

おしゃれなラグで寝室の室内環境を整える

寝室の雰囲気をワンランクアップさせるラグは、埃を吸着し室内環境を整える効果があります。

関連メニュー

リゾートホテルのようなベッドルームを叶えたダブルベッドの実例

おしゃれなローベッドを中心に、リゾートホテルのようなコーディネートを叶えた寝室7畳の実例。開放感を演出するフロアタイプのダブルベッドが、ゆったりと過ごしやすい印象を与えています。

寝室7畳×ダブルベッドのレイアウト

ベッドを中央置きして、ホテルライクなラグジュアリー感を演出しています。

壁面装飾で寝室にメリハリを付ける

ローベッドは高さが低い分視線が下に集まりがちですが、壁面装飾をプラスしてメリハリを付けています。

関連メニュー

8~9畳×ダブルベッドの実例

8~9畳×ダブルベッドの実例を紹介します。8~9畳はダブルベッドを圧迫感なくレイアウトすることが可能で、快適な寝室を作れます。コーディネートの自由度が高く、家具やインテリアを好きなようにプラスできる間取りです。

軽井沢の緑豊かな自然景観に馴染むダブルベッドの実例

軽井沢の別荘の寝室に、ダブルベッドをレイアウトしたコーディネート実例。ベッドスプレッドやベッドスロー、クッションなどのインテリアはアースカラーでまとめ、自然の景観に溶け込むようなリラックス感のあるコーディネートです。

寝室8畳×ダブルベッドのレイアウト

8畳の寝室にダブルベッドを設置して、ゆったり寛げる空間にレイアウト。

収納家具でゆったり寛ぎやすい寝室作り

備え付けのテーブル横にキャビネットを置き、物を整えて過ごしやすい寝室作りをしています。

寝室兼書斎として使うダブルベッド×デスクの実例

8畳の寝室にダブルベッドとデスクをレイアウトした、寝室兼書斎のコーディネート実例。プライベートな部屋である寝室は、仕事に集中しやすく書斎としても使いやすい空間です。

寝室8畳×ダブルベッドのレイアウト

8畳の間取りでダブルベッドを壁付けし、デスクをレイアウトできるスペースを作っています。

テレビ台の設置でさらに過ごし方の幅を広げる

動線に余裕のあるベッド側にテレビ台を置き、テレビや映画観賞も満喫できる空間です。

関連メニュー

  • 【湘南の別荘】1日のうつろいをテーマにコーディネートした別荘のインテリア
    【湘南の別荘】1日のうつろいをテーマにコーディネートした別荘のインテリア

    こちらは海が見える湘南の別荘ライフを叶えた実例の特集です。別荘地では、森林の多い場所や海が見える丘といった美しい景色が楽しめるのが最大の魅力。忙しない日常ではなかなか感じられない「一日の景色のうつろい」も感じやすくなります。このコラムでは、外の景色のうつろいとマッチする別荘づくりのポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

都会の街並みを一望できるタワマンの寝室コーディネート

都会の街並みを一望できる眺めの良さを活かし、開放的な寝室を叶えたタワマンのコーディネート実例。ロータイプのベッドで窓まで目線が抜け、窓前のデスクから景色を見渡せるコーディネートです。

寝室9畳×ダブルベッドのレイアウト

ダブルベッドを置いても広々と使える9畳の寝室に、デスクやサイドテーブルをゆったりレイアウト。

自然素材の間接照明で寛ぎ感をプラス

リラックス感のある自然素材の間接照明で、ムードが漂うおしゃれな寝室を演出します。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし
    【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし

    引っ越しの際は暮らしをより充実させたり、自身が希望するインテリアを叶えたいという方は多いかと思います。このコラムでは、2回の引っ越しを通してインテリアの模様替えを中心に行って、理想的な暮らしを実現したインテリア実例をご紹介します。住居が変わっても、家具を変えずに模様替えを行える点がポイントです。

10畳以上×ダブルベッドの実例

10畳以上×ダブルベッドは、ベッド以外の家具やインテリアを好きなようにコーディネートできます。こだわりの寝室作りが可能で、おしゃれな空間が叶います。クイーンやキングサイズのベッドも問題なく置けるため、必要に応じてベッドサイズも検討できます。

好きなコーディネートを楽しめるダブルベッドの実例

10畳の寝室に、ダブルベッドをレイアウトしたコーディネート実例。開放的で広い寝室スペースに、ベッドやサイドテーブル、ソファなどの家具、ベッドスプレッドや壁面装飾といったインテリアを自分好みにコーディネートしています。

寝室10畳×ダブルベッドのレイアウト

10畳の寝室にダブルベッドとソファをレイアウトし、就寝前にゆったり寛げる空間です。

広い寝室でリゾートテイストの空間作り

ブルーを基調にリゾート感のあるカラーや柄のインテリアで、リラックス感を演出しています。

関連メニュー

3Dコーディネートサービスでダブルベッドを何畳に置けるかチェック

a.flatの3Dコーディネートサービスは、ダブルベッドが何畳に置けるのかをイメージしやすく寝室作りで大変役に立つツールです。3Dを使用した無料相談を実施いていますので、寝室のコーディネートで悩んでいる方はぜひ活用ください。

自宅の間取りでダブルベッドのサイズ感をチェック

3Dは自宅の間取りを1cm単位で作り、床や壁などの内装も細かく再現できます。

ダブルベッドを中心に、家具やインテリアをコーディネートしてイメージの確認ができます。

クオリティの高いa.flatの3Dコーディネートサービス

a.flatの3Dコーディネートサービスは、プロのスタッフが空間作りのお手伝いをいたします。快適なレイアウトやおしゃれなインテリアコーディネートを提案させて頂き、寝室づくりに関する悩みを解消して理想の部屋を作れるサービスです。

a.flatの店舗でダブルベッドが何畳にレイアウトできるか確認する

ダブルベッドが何畳の部屋に置けるかは、店舗で実物をみて確認するのもおすすめです。実際のサイズ感を確認すれば、どのくらいのスペースに置けるかがわかり、必要な動線の把握もしやすくなります。

他のサイズと比較してダブルベッドを検討できる

a.flatの店舗は、ダブルベッド以外のサイズも展示があります。そのため、サイズの異なるベッドを試し、丁度いいサイズを見つけられます。ベッドに横になったり、座ったりしてお試しいただけますのでお気軽にご来店ください。

ベッドとあわせてマットレスの寝心地を試せる

自分に合ったマットレスは、実際に試してみないとなかなかわからないものです。a.flatの店舗ではコイルマットレスや高密度マットレス、ボンネルマットレスなど様々な寝心地のマットレスを展示しているため、ベッドと合わせてお試しください。

a.flat目黒通り本店

〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水木(祝日除く)
駐車場1台有(予約制)
■アクセス

都立大学駅から徒歩7分

a.flat新宿店

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火水(祝日を除く)
■アクセス

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat大阪梅田店

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水(祝日を除く)
※駐車場有り
■アクセス

JR大阪駅から徒歩3分
地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

ダブルベッドが何畳からレイアウトできるかや、様々なレイアウトパターンを実例付きで紹介させて頂きました。選び方のコツや気をつけるべき点を把握すれば、ダブルベッドを中心に理想的な寝室を叶えることができますので、ぜひ本コラムを自宅の寝室コーディネートにお役立てください。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.