• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

6畳の寝室にダブルベッドを置く方法~レイアウトや実例を紹介~

6畳の寝室にダブルベッドを置く方法~レイアウトや実例を紹介~

6畳の寝室にダブルベッドのような大型家具を置く場合、どのようにレイアウトすればよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、6畳の寝室にダブルベッドを置く際に参考になるレイアウトパターンや、狭い部屋に適したベッドの選び方などを実例と共にご紹介します。

ダブルベッドについて

レイアウトを検討する前に、まずはダブルベッドのサイズなど基本情報を確認しておきましょう。

ダブルベッドのサイズとは

一般的なダブルベッドのサイズは、幅が約1400mm。二人用のベッドとしては最もコンパクトなサイズになります。そしてベッドの奥行(長さ)は各サイズ共通で、約2000mm弱が標準とされています。なお、これはマットレスのサイズなので、ベッドフレームはここへもう少し幅と奥行がプラスされます。

シングルベッド
約1000mm

セミダブルベッド
約1200mm

クイーンベッド
約1600mm

キングベッド
約1800mm

ダブルベッドに適した使用人数とは

ダブルベッドは、シングル~キングベッドのちょうど中間に位置するサイズ感。そのため最もバランスが良く、オールマイティーに使うことができます。二人で使用するのはもちろんのこと、一人でゆったりと寝たいという方にも需要があり、置けるスペースがあればダブルベッドを選びたいという方も多くいらっしゃいます。

夫婦やカップルで使用
二人で使用する場合、一人あたりのスペースは約700mm。

一人で使用
身体の大きい方や寝返りをよく打つ方でもゆったり寝れるサイズ感。

6畳の寝室はどんな広さ?

6畳という広さの目安は、2700×3600mmの約9.72㎡前後。寝室としては一般的なサイズで、マンションや戸建て住宅などで目にすることも多くあります。ダブルベッドのサイズは約1400×2000mmなので、基本的に6畳の寝室にダブルベッドは設置可能と考えて良いでしょう。

【例】1~2人暮らしの1LDK
リビングダイニングの続き間を寝室として使用。

【例】家族暮らしの3LDK
6畳の洋室を主寝室として使用。

  • 寝室の快適なベッド配置とレイアウト例~6畳・8畳・5畳・7畳・10畳・12畳~
    寝室の快適なベッド配置とレイアウト例~6畳・8畳・5畳・7畳・10畳・12畳~

    毎日の疲れを癒してくれる寝室・ベッドルームは、1日平均で7時間ほど身体を休息させる場所です。そのため、日々心地よく眠れる寝室のベッド・家具配置やレイアウトが重要になるでしょう。一般的に多い6畳・8畳の寝室から、5畳・7畳、広々とした10畳・12畳以上のレイアウト実例をご覧頂きながら、快適な寝室ライフを叶えてください。

6畳の寝室にダブルベッドをレイアウトする際の注意点

6畳の寝室にダブルベッドを置くことは、大よそ問題ないことがお分かりいただけたでしょうか。ただし、ベッド以外にも通路や他の家具を置くスペースが必要になります。レイアウトを決める前に、6畳の寝室にダブルベッドを配置する場合に考慮すべきポイントを確認しておきましょう。

ベッドまわりに動線を確保する

寝室に入ってベッドに上がるまでの動線、そしてベランダへ続く掃き出し窓がある場合は、そこまでの動線を作っておく必要があります。もし奥行きが狭い寝室の場合は、ベッドも奥行(長さ)をなるべく抑えたサイズ感のものを選ぶようにしましょう。

ベッドから壁までの通路幅(一般的な高さのベッド)
約500mm以上あれば歩きやすい。それが難しい場合、約300mmあれば横歩きは可能。

ベッドから壁までの通路幅(ローベッド
高さが低い分、約400mm弱の通路幅でも歩くことができます。

他の家具との距離をとる

ダブルベッド以外にも、ドレッサーやキャビネットなどの家具を置くケースもあるでしょう。それらの家具とベッドとの距離も必要に応じて空けておく必要があります。

【例】ベッドとキャビネットまでの距離
引き出しの長さ+人が入り込める距離が必要。しゃがんで取り出す時は最低70mm~の距離があると中身が取り出しやすいでしょう。

【例】ベッドからドレッサーまでの距離
後ろを通らない場所に置く場合は50mm~のスペースを。後ろ側が通路の場合は70mm~の距離をとるようにしましょう。

高さのある家具を置かないようにする

ベッドのすぐ近くには背の高い家具を置かないようにしましょう。特に枕元の近くに置いてしまうと、寝ているときに圧迫感を感じるだけでなく、万が一地震で転倒した場合に危険が及ぶ可能性もあります。

【例】背の低い家具(高さ720mm)
人の目線より低い家具であれば、ベッドの横に置いても圧迫感が抑えられます。

【例】背の高い家具(高さ1600mm)
どうしてもベッドの近くに背高の家具を置く場合、足元付近に置くのがおすすめです。

余白をつくって開放感を演出する

6畳の寝室に開放感を生み出すためには、あえて何も置かないスペースをつくるのがおすすめ。余白があることで空間に抜けが生まれ、ダブルベッドによる圧迫感を抑える効果が期待できます。

天井に余白をつくる
ロータイプのベッドにすると、自然と目線が下がり、天井を高く見せることができます。

壁沿いに余白をつくる
広い壁面が露出していることで、閉塞感を軽減することができます。

扉や窓の位置を考慮する

窓や扉など建具の開閉に必要なスペースも確保しなければなりません。扉を開け閉めするにはどれくらいのスペースが必要かをあらかじめ知っておきましょう。

掃き出し窓までの距離
頻繁に出入りする場合は600mm以上、ベッドを窓に寄せて置く場合は、カーテンを開閉しやすいよう最低でも200mmは離しましょう。

扉までの距離
ベッド脇に折れ戸収納がある場合は余裕を持って600mm以上、引き戸の場合は400~500mmの距離を取りましょう。

関連メニュー

  • 寝室の生活動線・配置~部屋を広く見せるベッドの位置、ベッドからテレビを寝ながら見るレイアウト~

    寝室の生活動線・配置~部屋を広く見せるベッドの位置、ベッドからテレビを寝ながら見るレイアウト~のページです。ベッドルーム・寝室は、日々の疲れを癒してくれる空間です。ベッドでお休みになる以外にも、テレビを見たり、音楽を聴いたりと過ごし方は様々です。寝室は他の部屋と比べて面積が小さいため、より生活動線を意識することが重要です。通路幅の確保やベッドの配置に気を付けながら、快適なベッドルームを作りましょう。

搬入経路を確認しておく

ダブルサイズのマットレスは約1400×1950mm。ベッドフレームとは違って分解ができないため、そのままの状態で搬入する必要があります。そのため、戸建ての階段やエレベーターが小型の場合など、部屋まで搬入ができないケースも考えられます。ダブルサイズのマットレスを検討する際は、事前にお部屋までの搬入経路を確認しておきましょう。

搬入経路に不安がある場合の対策方法

下見サービスを利用する
配送業者が直接ご自宅に出向き、搬入できるかどうかを確認します。

分割して搬入できるハーフマットレスを選ぶ
ダブル ハーフは幅700mmでシングルサイズよりも小さいため、通常搬入できる場合が多い。

おすすめコラム

  • ベッド・マットレスが搬入ができない? マンションのエレベーターや狭小住宅の階段2階の搬入方法
    ベッド・マットレスが搬入ができない? マンションのエレベーターや狭小住宅の階段2階の搬入方法

    ベッドやマットレスを購入する際、マンションのエレベーターに入らない、狭小住宅の階段で通らないなど、搬入できない不安はありませんか?気に入ったダブルベッドやクイーンベッドが搬入できないと諦める前に、まずはベッドフレームやマットレスの最大梱包サイズの確認をしてみましょう。マンションであればエレベーター内の寸法、狭小住宅であれば階段幅や高さの寸法の事前確認が重要です。ベッドやマットレスの搬入について、解決策はきっと見つかります。

6畳の寝室×ダブルベッドのレイアウト6パターン

6畳の寝室に置くダブルベッドのレイアウトパターンを6つご紹介します。寝室の形状や建具の位置により、適したものとそうでないものに分かれてくるので、ご自宅の寝室はどのパターンのレイアウトが適しているかを確認してみましょう。

窓際にダブルベッドを寄せるパターン

①腰窓際の場合

戸建ての寝室などでよくあるパターン。窓にぴったり寄せてしまうと光や外気が気になって安眠できない場合もあるので、ベッドとの距離は最低200mmほど空けておきましょう。

②掃き出し窓際の場合

奥側にベランダへ続く掃き出し窓があり、そこへベッドを寄せるパターン。手前の空間を広く使うことができるレイアウトです。窓からの出入りが頻繁な場合は600mm以上、カーテンを開閉しやすいよう最低でも200mmは距離を取るようにしましょう。

中央にダブルベッドを配置するパターン

③横長の寝室の場合

お部屋に対して縦向きにベッドを置くことで、両脇にスペースができるため、二人で使いやすいレイアウトに。こちらの事例の場合、引き戸を常に開いた状態にすることで動線を確保していますが、お部屋の奥行が狭い場合はこうした工夫が必要です。

④縦長の寝室の場合

ベッドをお部屋の形状に合わせた向きで、中央に配置したパターン。ベッド脇に大型の家具を置くことはできませんが、その分すっきりと見せることができます。

壁際にダブルベッドを寄せるパターン

⑤横長の寝室の場合

ベッドの片側を壁に寄せたパターン。ベッド以外の家具を置くスペースが作りやすいのがメリットです。通気のためにベッドは壁から数センチ離して置くようにしましょう。

※幅1500mmのセミダブルベッドを使用

⑥正方形の寝室の場合

正方形の間取りの場合、ベッドを壁側に寄せることで、もう片方の壁側に家具を置きやすくなります。

  • 寝室の快適なベッド配置とレイアウト例~6畳・8畳・5畳・7畳・10畳・12畳~
    寝室の快適なベッド配置とレイアウト例~6畳・8畳・5畳・7畳・10畳・12畳~

    毎日の疲れを癒してくれる寝室・ベッドルームは、1日平均で7時間ほど身体を休息させる場所です。そのため、日々心地よく眠れる寝室のベッド・家具配置やレイアウトが重要になるでしょう。一般的に多い6畳・8畳の寝室から、5畳・7畳、広々とした10畳・12畳以上のレイアウト実例をご覧頂きながら、快適な寝室ライフを叶えてください。

6畳の寝室に適したダブルベッドを選ぶポイント

レイアウトのイメージが決まってきたら、具体的にどんなダブルベッドを置くかを検討していきましょう。ベッドフレームは高さに特徴のあるものから機能性があるのもまで、様々なタイプが存在します。ここでは6畳の寝室に合うベッドフレームの選び方をご紹介します。

寝室が開放的に見えるダブルベッドを選ぶ

高さを抑えたロータイプの家具は、天井付近を高く見せ、開放感を与える効果が期待できます。6畳という限られたスペースでは、ダブルベッドの占める割合が多くなるため、ローベッドを選ぶことが空間を広く見せることに直結するのです。

ローベッドは窓際の配置と相性が良い

高さを抑えたローベッドであれば、窓にかかる面積をできるだけ抑えることができます。ベランダへの出入りもし易く、なるべく窓からの日差しを遮らないなどメリットが非常に多いため、掃き出し窓の近くに置くならローベッドがおすすめ。

収納や機能付きのダブルベッドを選ぶ

6畳の寝室にダブルベッドを置く場合、収納家具を置くスペースがないケースも。そんな時に便利なのが収納付きのベッド。ベッド下に引き出しやフリースペースがあれば、普段使わないものを収納するのに便利です。また、ヘッドボードにも収納が付いているタイプであれば、ベッド脇にサイドテーブルを置く必要がなくなります。

収納付きベッドは中央の配置と相性が良い

ベッドの左右にゆとりが生まれる中央配置であれば、両側からものを出し入れすることができるので利便性が上がります。また、埃が溜まりにくく掃除がし易いといったメリットもあるでしょう。

省スペースなダブルベッドを選ぶ

ダブルサイズのマットレスは約1400×1950mmですが、ベッドフレームに関してはメーカーによってサイズがまちまちで、デザインによっては幅や長さが大きいものも。なるべくベッドの配置スペースを抑えたい場合には、脚付きマットレスのように省スペースなアイテムを選ぶのも良いでしょう。

脚付きマットレスは壁際の配置と相性が良い

脚付きマットレスであれば、できる限り壁際に寄せることも可能で、見た目もすっきりとした印象を与えることができます。

6畳の寝室におすすめのダブルベッド

ここからはa.flatがおすすめするダブルベッドをご紹介します。シンプルで洗練されたデザインや、機能性が備わったベッドフレームを取り入れることで、6畳の寝室においてもリゾートホテルのような洗練されたイメージを演出することができるでしょう。

6畳の寝室を広く見せる洗練されたローベッド

チーク角材を組み上げた、シンプルなスクエアデザインのローベッド。高さが低めの設計で、ダブルベッドでも開放感やゆとりを感じることができます。薄めのマットレスにぴったりなv01タイプ、厚みのあるマットレスに合うv02タイプ、両方のマットレスに対応するv03タイプと、ヘッドボードの高さが異なる3タイプからお選びいただけます。

ダブルサイズ
幅1520×奥行2170mm

開放感のあるロータイプのデザイン
圧迫感を感じる要因のひとつとして、家具の「高さ」が大きく関わっています。高さを抑えたロータイプのベッドにすることで、狭い寝室でも開放感を演出することができます。

チーク・ローベッド(脚付き)のラインナップ

v01タイプ(脚付き)
※薄いマットレスに対応可能なタイプ

v02タイプ(脚付き)
※厚みのあるマットレスに対応可能なタイプ

v03タイプ(脚付き)
※マットレスの厚みを問わないタイプ

チーク・ローベッド(脚なし)のラインナップ

v01タイプ(脚無し)

v02タイプ(脚無し)

v03タイプ(脚無し)

  • チーク・ローベッド特集 -チーク角材を積み上げた開放的なローベッド

    チーク・ローベッド特集 -チーク角材を積み上げた開放的なローベッドのページです。チーク角材を組み上げたデザインで、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。チーク角材をそのまま生かしたスクエアなフレームがアジアらしさを感じさせます。フレームには高度な技術を要する「留め加工」を施すことで、角材感を表現しています。

憧れのリゾートホテルを再現できるローベッド

羽型のフレームとルーバーデザインが、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれるコト・ローベッド。フレーム内にマットレスを落とし込み、高さを低く見せることでロースタイルを実現。ホテルのような解放感や、スタイリッシュな雰囲気の寝室を再現したい方におすすめのベッドです。

ダブルサイズ
v01:幅1700×奥行2155mm
v02:幅1690×奥行2240mm

ローデザイン&快適な寝心地を両立
寝室を開放的に見せながら、厚みのある「コイル系マットレス」を使用できる落とし込み方式の構造。マットレスは高さ約200mm以上のタイプがおすすめ。スノコは床の上に置いているので、実質の高さはスノコ+マットレスの厚みだけで済みます。

コト・ローベッドのラインナップ
ヘッド部分が異なる2タイプをご用意しております。

v01タイプ(ヘッドボード付き)

v02タイプ(ヘッドボードなし)

  • コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッド

    コト・ローベッド特集 -リゾートのホテルライクな暮らしが叶うベッドのページです。マットレスを低く、スタイリッシュに見せるフレームデザインが、アジアの「ホテルライクなロースタイルな暮らし」を実現するコト・ローベッド。開放感が抜群の重心が低めの佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。こちらのページでは、コトシリーズの魅力や使い勝手をご覧ください。

無垢材+収納付きヘッドボードが魅力のベッド

アッシュ無垢材を贅沢に使用したヘッドボードが目を惹くムク・ベッド。ダブルなど幅がある大型サイズはヘッドボードの質感やルーバーデザインがより強調され、リゾートホテルのような洗練されたイメージを演出することができるでしょう。また、ヘッドボード収納やベッド下のオープンスペースなど、収納のための工夫も施されています。

ダブルサイズ
v01:幅1450×奥行2170mm
v02:幅1450×奥行2080mm

おしゃれで便利なヘッドボード
ヘッドボード裏にはスマホやティッシュなど枕元に置きたい小物を収納することができるため、サイドテーブルを置かなくても寝室がすっきり片付きます。

ムク・ベッドのラインナップ
奥行サイズの異なる2タイプをご用意しています。

v01タイプ(奥行2170mm)
※収納力重視の場合はヘッドボード収納が充実したこちらがおすすめ

v02タイプ(奥行2080mm)
※ベッドまわりにゆとりのある動線を作りたい場合におすすめ

  • ムク・ベッド特集 -無垢材の癒しと温もりで快眠しやすいベッド

    ムク・ベッド特集 -無垢材の癒しと温もりで快眠しやすいベッドのページです。「無垢材の癒し」により心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。無垢材ならではの質感や木目、さらに照明から漏れる灯りの癒し効果によってあなたを快眠へと誘います。無垢材で作られたヘッドボードのランダムな材幅と、スリットが生み出すリズム感のあるルーバーデザインも魅力です。

たっぷりの収納力を備えたベッド

ベッド下に2種類の収納スペースと、サイドテーブル約2台分の収納力があるヘッドボード収納が備わった、実用性とデザイン性を兼ね備えたベッドフレーム。ベッドの他に収納家具やサイドテーブルが不要になるので、6畳の寝室でもすっきりとした印象を与えることができます。

ダブルサイズ
v01:幅1450×奥行2170mm
v02:幅1450×奥行2080mm

「収納力」と「デザイン性」
ベッド下には大容量の引出しとオープンスペースが備わっています。引出とオープンスペースの位置は左右変更が可能。レイアウトによって使い勝手のよい位置で使用ができます。

ラック・ベッドのラインナップ
奥行サイズの異なる2タイプをご用意しています。

v01タイプ(奥行2170mm)
※収納力重視の場合はヘッドボード収納が充実したこちらがおすすめ

v02タイプ(奥行2080mm)
※ベッドまわりにゆとりのある動線を作りたい場合におすすめ

  • ラック・ベッド特集 -寝室をすっきりさせる収納力たっぷりのベッド

    ラック・ベッド特集 -寝室をすっきりさせる収納力たっぷりのベッドのページです。「収納力」はもちろん、デザイン性にもこだわったラック・ベッド。ベッド下やヘッドボードの大容量収納とリズムを感じるルーバーデザインが魅力です。サイドテーブル約2台分の「収納棚」を備えたヘッドボード、ベッド下収納にはキャビネット約1台分の「大容量引出」が用意されてます。

狭い寝室にもおすすめの脚付きマットレス

寝室の広さが6畳以下といった場合において、できるだけベッドを省スペースにまとめたい時は、ベッドフレームではなく、脚付きマットレスもおすすめ。a.flatでは日本人に合った寝心地で快眠できる国産の脚付きマットレスを4種類ラインナップ。自分の体格や好み・お住まいの環境によってお選びいただけます。

ダブルサイズ
幅1400×奥行1950mm
※脚の高さは190mm、120mmの2タイプからお選びいただけます

脚付きマットレスのラインナップ

  • 日本人に合った寝心地で快眠できる国産マットレス

    日本人に合った寝心地で快眠できる国産マットレスのページです。部屋のイメージを大きく変えるベッドやインテリアも重要ですが、マットレスは日々の身体を支えながら快眠を左右する大事なアイテムです。もし、マットレスを上手く選ぶことができれば、毎日の生活リズムや健康・美容効果など含めてより良いものに変えてくれるでしょう。

6畳の寝室を広く見せるためのコツ

6畳にダブルベッドを置く場合、寝室全体をなるべく開放的に見せることが重要。そのためにはベッドのレイアウトだけでなく、ベッド装飾や寝室のコーディネートを工夫すると良いでしょう。ここでは寝室を広く見せるためのコツなど、寝室全体の環境を整える方法をご紹介します。

ベッドメイキングで開放感を演出する

6畳の寝室ではダブルベッドの占める面積が多くなります。そのためベッドの圧迫感を抑える工夫こそが、寝室全体の開放感に繋がります。具体的にはベッドで使用する寝具やカバーを、白のような明るい色(膨張色)にするのがおすすめ。また、ブルーなど見た目に清涼感を感じるカラーをアクセントに使うのも有効的です。

開放感を生み出すカラーのベッドスプレッド&スロー

  • ベッドスプレッド&スロー~リゾートホテルライクな、最上級の快眠環境とコーディネートのために~

    ベッドスプレッド&スロー~リゾートホテルライクな、最上級の快眠環境とコーディネートのために~のページです。健康で快適な毎日をお過ごしいただくために、良質な睡眠はとても大切なものです。より質の高い睡眠ができる、最適なベッドスプレッド&スローを多くの方に使っていただきたいという願いから、a.flatのベッドスプレッド&スローは生まれました。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの寝室を思わせる開放的で落ち着いた空間が広がり、クオリティとコーディネートを確かめながらベッドスプレッド&スローを選べます。リゾートホテルのような、最上級の快眠環境とコーディネートを是非おためしください。

ベッド以外の家具は圧迫感のないデザインを選ぶ

ダブルベッド以外にも家具を置くという場合、それらの家具もなるべく圧迫感を感じないようなデザインを選ぶのがおすすめ。圧迫感のないデザインとは具体的に、サイズがコンパクトであったり、高さが低めであったり、すっきりしたフォルムといったようなものを指します。

サイドテーブル
ローベッドにする場合、サイドテーブルも高さを抑えたものがおすすめ。

ドレッサー
天板が開閉式、スタイリッシュな足元など、すっきりしたデザインがおすすめ。

ローボード
寝室の収納棚は、高さを抑えたローボードであれば圧迫感がなく取り入れやすい。

デスク
6畳の寝室にワークスペースを作る場合は、コンパクトな簡易デスクがおすすめ。

フットベンチ
軽やかなデザインで、ベッドの圧迫感を低減する効果も。

キャビネット
水平ラインを強調したルーバーデザインで、スタイリッシュなイメージを演出。

  • ライフスタイル・ニーズに合わせた寝室レイアウトと家具選び

    ライフスタイル・ニーズに合わせた寝室レイアウトと家具選びのページです。寝室づくりの大事な点として、寝ること以外の目的や過ごし方もしっかりと考えておくことが大事です。身体を休めることに加えて最近では、書斎と兼用したい、収納力を充実させたいなど様々なケースが増えています。この章では、ライフスタイルにマッチしたレイアウトや家具選びを考えてみましょう。

間接照明で奥行きを演出する

間接照明で光と影のグラデーションを演出すると、空間にメリハリが生まれ、平坦な印象のお部屋に立体感を加えることができます。それにより奥行き感を強調できるので、狭い寝室でも圧迫感を軽減することが可能に。また間接照明の優しい灯りは、気分をリラックスさせてくれるでしょう。

寝室におすすめのテーブルランプ

寝室におすすめのフロアランプ

  • 照明器具~癒しのアジアンテーストの灯りで彩る空間照明~

    照明器具~癒しのアジアンテーストの灯りで彩る空間照明~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映える照明器具シリーズが、お部屋の空間を彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルと照明器具の組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出する照明器具シリーズです。

寝室の環境に合うカーテンを取り入れる

狭い寝室では窓の近くにベッドをレイアウトしなければならないことも。そんな環境でも朝までぐっすりと深い眠りにつくために、窓からの光や外気に対する対策もしておきましょう。おすすめなのは遮光カーテンを取り入れること。光を遮ることができるのはもちろん、生地の厚みによって外気の侵入を防いでくれるので室温を保つ効果もあります。

光を調整できる遮光カーテン

機能付きレースカーテン

  • カーテン~アジアンリゾートスタイルに映えるドレープカーテン・レースカーテン~

    カーテン~アジアンリゾートスタイルに映えるドレープカーテン・レースカーテン~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映えるドレープカーテン・レースカーテン・タッセルが、暮らしを彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルとドレープカーテン・レースカーテン・タッセルの組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出する、a.flatセレクトのドレープカーテン・レースカーテン・タッセルシリーズです。

~6畳の寝室×ダブルベッドの実例8選

a.flatでは、ご夫婦やカップルはもちろん、一人暮らしの寝室用でもダブルベッドをお選びいただくなど、様々なニーズが増えてきています。ここではそんなa.flatのダブルベッドを取り入れた、6畳以下の寝室の実例をご紹介します。

二人暮らし・夫婦の6畳寝室×ダブルベッドの実例5選

■ブルー×ホワイトが映える爽やかな寝室

リビングに続く寝室にダブルベッドを配置した実例。こうした間取りでは、寝室とリビングのカラーを揃え、繋がりを意識したコーディネートがおすすめ。明るいカラーの内装にブルーが映え、爽やかで開放的なイメージを演出しています。

レイアウト
クローゼットやバルコニーへの出入りを考慮し、ベッドはお部屋の中央寄りに配置。

使用アイテム
ムク・ベッドv01 D(幅1450×奥行2170×高さ832mm)

■ローベッドで開放感を演出した寝室

こちらは戸建てにある寝室の実例。開放感が生まれるよう、高さを抑えたローベッドとサイドテーブルのみをレイアウト。ベッドの装飾アイテムもライトグレーなど明るいカラーを使うことで、限られた空間でも広々とした印象を演出しています。

レイアウト
扉の位置を考慮し、ダブルベッドは壁付けの配置に。広い動線を確保することができます。

使用アイテム
コト・ローベッドv02 D(幅1690×奥行2240×高さ 180mm)

■書斎を兼ねたゆったり過ごせる寝室

ダブルベッドを壁際に詰めて配置し、並列してデスクもレイアウトした寝室兼書斎の空間。窓の高さにかからないヘッドボードの高さを選んだことですっきりと整った雰囲気に。窓装飾もブラインドなのでもたつきません。また、ヘッドボードの裏側には隠れ収納棚があるため、サイドテーブルを置かなくても快適に過ごせます。

レイアウト
壁付けでベッドをレイアウトし、空いたスペースにゆとりを持って作業ができるデスクを配置。

使用アイテム
ラック・ベッドv01 D(幅1450×奥行2170×高さ832mm)

■就寝以外の時間も楽しめる寝室

ダブルベッドの他にテレビボードをレイアウトした寝室。就寝前のゆったり寛ぐ時間のことも考慮したコーディネートになります。深いパープルをメインカラーとして取り入れ、シックで落ち着いた雰囲気を演出したのもポイント。

レイアウト
ベッドからテレビを見ることも考慮し、ダブルベッドは壁付けに配置。

使用アイテム
ムク・ベッドv01 D(幅1450×奥行2170×高さ832mm)

■リビングとの繋がりを意識した寝室

1LDKマンションにある6畳の寝室。ライトブルーをアクセントに、全体的に明るい印象になるようなコーディネートに仕上げています。カップルでひとつのベッドを使用する場合、こうしてベッドの両側に通路を確保しておけば、就寝時間がバラバラでも問題ありません。

レイアウト
窓寄りに配置しつつ、バルコニーへの出入りを考慮して掃き出し窓から500mmほど離してレイアウト。

使用アイテム
ラック・ベッドv02 D(幅1450×奥行2080×高さ832mm)

一人暮らしの6畳寝室×ダブルベッドの実例4選

■爽やかなイメージを演出した寝室

約5畳の空間にダブルベッドの他、キャビネットやサイドテーブルを取り入れた、快適性の高い寝室。深いブルーカラーのベッドスプレッドや花柄のベッドスローなど装飾アイテムを使い、モダンで高級感のある雰囲気を演出しています。

レイアウト
柱が大きく張り出しているため、ダブルベッドやキャビネットなど、家具は角にぴったり収まるような配置に。

使用アイテム
ラック・ベッドv01 D(幅1450×奥行2170×高さ832mm)

■ブラインドがすっきりとした雰囲気を演出する寝室

腰窓の下にダブルベッドを配置するレイアウトの場合、カーテンがヘッドボードにかかってしまい、重たくみえてしまったり、操作性が悪くなることがありますが、こちらの寝室ではブラインドを採用。保温性はカーテンに劣るものの、すっきりとした見た目で洗練感のあるコーディネートを実現できています。

レイアウト

ベッドの横にスリムな奥行きの棚を置き、小型のテレビを設置。ベッドに横たわりながら楽しめます。

使用アイテム
ムク・ベッドv02 D(幅1450×奥行2080×高さ832mm)

■シティホテルのようなレイアウト・雰囲気の寝室

寝室6畳に都会のホテルを想わせるモダンなコーディネートで仕上げました。一人暮らしで戸建てを叶えられた寝室は、男性らしく無機質でかっこよさを感じます。ベッドでお休みになりながら、テレビを楽しめるレイアウトを採用して、寝室でゆったり過ごせるように部屋作りしました。

レイアウト
腰窓と逆側にベッドを配置。朝の日差しを浴びながら自然に起床できるメリットが有ります。

使用アイテム
ラック・ベッドv01 D(幅1450×奥行2170×高さ832mm)

■サンクンリビングの一角にある寝室

広いリビングの一角、小上がり部分を寝室とした実例です。こうした広いワンルームのメリットは、間仕切りがないことで開放感を感じられる点。内装に合わせたカラーでコーディネートすることで、統一感とより広さを感じる空間に仕上がっています。

レイアウト
ベッドの設置スペースの幅が約2040mmほどなので、片側に寄せて掃き出し窓への動線を確保しています。

使用アイテム
ラック・ベッドv02 D(幅1450×奥行2080×高さ832mm)

■ワンルームにダブルベッドを取り入れた実例

一人暮らしの7畳1Kの実例。こうした間取りではシングルやセミダブルベッドが一般的ですが、寝心地や睡眠環境を優先させるため、あえてダブルベッドを選択。ベッドカバーなどインテリア装飾のカラーをまとめ、すっきりとしたイメージを演出したのもポイントです。

レイアウト
ソファはコンパクトなタイプにすることで、動線を確保しつつ、きちんと収めることができました。

使用ベッド
ラック・ベッドv01 D (幅1450×奥行2170×高さ832)

■アジアンリゾート風の寝室

6畳の寝室にダブルベッドを配置した実例。オリエンタルな花柄のベッドスプレッドや、間接照明をうまくコーディネートすることで、こうした限られたスペースでも、南国リゾートにいるような非日常感を演出することができます。

レイアウト
キャビネットを置くスペースを確保するため、ダブルベッドは壁付けに配置。

使用ベッド
ラック・ベッドv01 D (幅1450×奥行2170×高さ832)

  • インテリアコーディネート実例~テーマからお部屋のコーディネートを探す~

    インテリアコーディネート実例~テーマからお部屋のコーディネートを探す~のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

6畳の寝室にダブルベッドを置けるかどうか3Dシミュレーションで確認する

寝室は狭く、スペースにさほどゆとりがない場合がほとんど。そのため本当にダブルベッドを置けるのかどうか、不安という方も多いと思います。そんな時にはa.flatが無料で提供している3D家具配置シミュレーションソフト(マイルーム3D)を使ってお部屋を作成し、レイアウトのシミュレーションをしてみましょう。

a.flatの「マイルーム3D」は、ダウンロードや登録不要で、誰でも無料でお使いいただけます。パソコンやタブレット端末、お手持ちのスマートフォンがあれば作成可能。大まかな流れとしては、まず2Dで部屋の枠組みを作成し、そこへ家具を配置します。あとは3Dが自動で立ち上がるため、様々な視点で全体のイメージを掴むことができます。

無料の3D家具配置シミュレーションを利用する

①気になる商品をマイリストに登録
マイルームをご利用になる際は、あらかじめ気になる商品をマイリストへ登録する必要があります。各商品ページ内にある「マイリストに追加」ボタンをクリックして下さい。これでマイルーム上で作成した間取りに、アイテムをレイアウトする事ができるようになります。

②間取りを作成する
マイルームを立ち上げ、部屋のサイズや床の色などを入力・選択すると自動的に間取りが作成されます。ここから部屋のサイズや形の微調整をすることもできます。

③ベッドを配置する
あらかじめマイリストに登録したアイテムを、間取りの中に配置します。

④3Dでお部屋のイメージを確認
作成したレイアウトは、ボタンひとつで自動的に3Dで表示されます。俯瞰や人目線など、様々な視点からお部屋のイメージを確認することが出来ます。

  • 3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」

    3D家具配置・インテリアのシミュレーション「マイルーム3D」のページです。お気に入りの家具・インテリアをお部屋にレイアウトして無料で3Dシミュレーションをする事ができます。ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しております。

スタッフに家具配置シミュレーションを依頼する

検討しているサイズや配置に不安がある、自分でシミュレーションを作成するのが難しいという方は、a.flatのスタッフにご相談・ご依頼ください。経験の多いプロのスタッフが、ぴったりな寝室づくりのお手伝いをさせていただきます。シミュレーションやコーディネートをご依頼いただく際は、下記2通りの方法をご用意しています。

ネットショップのスタッフに相談
ご来店が難しいという場合は、ネットショップにご依頼ください。基本的にメールやオンライン上でご提案やアドバイスをいたします。

実店舗のスタッフに相談
実際のアイテムを見ながら相談されたい場合は店舗にご依頼下さい。事前予約も承っております。対応店舗は下記の通りです。
a.flat目黒通り本店
a.flat新宿店
a.flat大阪梅田店

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼
    インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

6畳の寝室にダブルベッドを置いた様子をイメージすることはできましたか。ダブルベッドを置くことは容易ですが、寝室で快適に過ごすためには、レイアウトやインテリアコーディネートを工夫する必要があります。そのためダブルベッドを購入する前に、まずはレイアウトを決めておくことが大切。事前にしっかりとイメージを膨らませ、心地よい寝室づくりをスタートさせましょう。

  • ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~

    ベッド・ローベッド~アジアンリゾートの寝室をテーマにしたベッドシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatベッド・ローベッドシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使う人のためにデザインされた機能性、アジアンリゾートのどこか優しい空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの寝室を思わせる開放的で落ち着いた空間が広がり、コーディネートとクオリティ、サイズ感(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)を確かめながらベッド・ローベッドを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

おすすめコラム

  • 狭い部屋でもベッドは置ける~配置のコツ&おすすめのベッド13選~
    狭い部屋でもベッドは置ける~配置のコツ&おすすめのベッド13選~

    狭い部屋でもベッドを配置したいと思う方は多いのではないでしょうか?「ベッドで快適な睡眠を送りたい」、「狭い部屋でもおしゃれに見せたい」などの思いは様々。そのような狭い部屋にもベッドを配置するポイントをご紹介します。狭い部屋・省スペースにベッドを配置したレイアウト実例も是非ご参考になさってください。

  • 【徹底解説】二人暮らし・同棲のベッドはどう選ぶ? ~おすすめサイズから畳数別のレイアウト実例紹介~
    【徹底解説】二人暮らし・同棲のベッドはどう選ぶ? ~おすすめサイズから畳数別のレイアウト実例紹介~

    二人暮らしや同棲をする時、ベッドの大きさに迷われている方も多いのでは?快適な二人暮らしを楽しむために、ベッド選びはとても重要です。一度購入すると買い替えも難しいため、購入する前にどんなベッドが二人にとってベストか、このコラムを参考になさってください。ベッド選びの参考になる、二人暮らし・同棲の方のベッド実例もたくさんご覧いただけます。

  • 低いベッド・ローベッドで開放感と寛ぎ感のある魅力的な寝室づくり
    低いベッド・ローベッドで開放感と寛ぎ感のある魅力的な寝室づくり

    開放感と寛ぎのある寝室を演出する低いベッド。今回のコラムでは、低いベッドの選び方や、ローベッドを軸にしたインテリア選びを紹介しています。主に高いベッドと比べた際の、低いベッドならではの魅力的な一面や、メリットを解説しています。また低いベッド中心の、広々としたインテリアコーディネート実例も紹介していますので、快適な寝室作りの参考に是非ご覧ください。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.