• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方

公開:2018/8/18

更新:2018/8/18

ライター:大阪梅田店亀山

快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方

人間にとって必要不可欠な睡眠。睡眠を取ることで身体の回復だけでなく、心を癒し、脳が日々の情報を整理してくれています。人は人生の1/3を睡眠に費やすといわれていますが、その大切な睡眠にも、質の良い睡眠、悪い睡眠があり、より快適で効率的な睡眠を得るためには、どうすればよいのか・・今回は睡眠を取る上で1番重要なアイテムである、マットレスの種類や選び方をご紹介致します。一人一人に合った、快適な睡眠を取るための理想のマットレスを見つけてみませんか。

マットレスの歴史

マットレスの歴史は、古代エジプトの時代から現代へと様々な変化を続けてきました。最古のマットレスは植物などを編んで使用したものが発見されています。また植物だけでなく動物の革や衣類、藁や鳥の羽毛を敷き詰めてマットレスの代わりに使用されていました。その後、現代のマットレスのような、袋に様々な素材を詰め込むスタイルへと代わり、今でも高級品とされている馬の尾の毛を使ったマットレスなどが生まれました。そして1900年ごろに、今も多くの方に使用されているスプリングを使ったマットレスが登場しました。

ポケットコイルマットレスの誕生

1900年に入り螺旋状のスプリングがマットレスに導入され始め、スプリングを1つずつ布で包んだ、ポケットコイルマットレスの原型が誕生します。この時は全てが手作業だったため、高級品として扱われ、一般の消費者の手に届くことはありませんでした。しかし1925年にポケットコイルを製造する機械が作られたことにより、その後、多くの人々に広がっていきました。

マットレスと快適な睡眠の関係性

世界の国々と比べ、睡眠時間の短い日本人ですが、インターネットやテレビ、お店の深夜営業など、社会の近代化の影響により、平均睡眠時間はさらに短くなっています。そんな時代の流れの中で、短い睡眠をより効率的に、質の高い快適な睡眠を取る事が重要視されています。

睡眠の質を上げるポイント

多くの方は、1日の1/3の時間を睡眠に費やしています。しかし必要不可欠な睡眠にも質の良いもの、悪いものがあり、しっかり睡眠を取っていても、質が悪い睡眠だと疲れが取れず、身体にだるさが残ります。逆に短時間でも質の良い睡眠を取れば、しっかり身体を回復することができます。そのため質の良い睡眠を取るために、自分にあったマットレスを選ぶ事が、とても大切なポイントになります。性別、体重、マットレス硬さ、構造など様々な組み合わせの中から1人1人に合った最適なマットレスを選ぶ必要性があります。

人の理想的な寝姿勢とは

立ち姿勢を寝姿勢に再現することが理想的

理想の寝姿勢とは、人間の立ち姿勢の状態を寝姿勢に再現することです。そのため人間の身体のラインに合わせてくれるマットレスが必要なのです。お尻や肩の部分は適度に沈んで、背中、腰は沈まず、しっかりと支えてくれることが理想的で、その結果リラックスできる快眠を、マットレスが作ってくれます。

身体に合ってないマットレスを使うことで起こる現象

では理想の寝姿勢を再現できない、身体に合っていないマットレスなどを使い続けた場合、身体にどのようなことが起こるのでしょうか。まず硬すぎるマットレスを使用した場合、腰が浮き、背中、お尻に過度の圧力がかかるため身体もリラックスできず深い眠りを得ることができません。また柔らか過ぎるマットレスの場合は、一番重い胴体部分が沈み込み、腰に負荷が掛かった猫背の状態となり、腰痛の原因にもなってしまいます。そのため身体に合ったマットレス選びがとても重要になります。

寝返りを打つことの重要性

そもそも寝返りとは、人に備わった自然な行動で、1晩に20回程寝返りを打つことが理想とされています。また寝返りを打つことで得られる効果の中に血液の循環、体温調整などが上げられます。そのため寝返りは人間にとって必要な動きなのです。しかし寝返りが多すぎると熟睡できていないため睡眠不足に。少なすぎると血液の循環が悪くなり、疲れが取れないといった状態になってしまいます。

様々なマットレスの種類と構造

ポケットコイルマットレス

ポケットコイル・マットレスは、コイルスプリング1つ1つが「点」となって別々に沈み込むため「体圧分散性」に優れています。身体全体を点で支えてくれるため、肩やお尻は適度に沈み、背中や腰は沈まず支えるといった理想的な寝姿勢である、立ち姿勢を再現できる構造となっております。

ボンネルコイルマットレス

ボンネル・スプリング・マットレスは、らせん状のボンネルスプリングが連結し、「面」で体をしっかりと支えるベーシックなタイプのマットレスです。一点にかかる荷重を連結した周りのスプリングがサポートするため、安定感のある寝心地が得られます

2層式マットレス

プラチナ・ダブルスプリング・マットレスは、独立したコイルスプリング1つ1つが「点」となって体を支えるポケットコイルと、連結したボンネルスプリングのダブルスプリング構造のマットレスになります。

ダブルスプリング構造により、体圧が二段階で分散され、最上級の「体圧分散性」を実現しています。ダブルスプリング構造は、一流リゾートホテルで主流のマットレススタイルです。

面で支えるボンネルコイル、点で支えるポケットコイルの効果

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの大きな違いは、身体を面で支える構造点で支える構造の違いにあります。ポケットコイルは身体のラインを点で支えるため、身体のパーツそれぞれに合わせて、必要な沈み込みを行います。肩やお尻は沈んで、腰は沈まないといった必要な部分だけ、マットレスが身体をサポートしてくれます。ボンネルコイルは面で支えるため、身体のパーツに合わせた沈み込みがありません。そのためアスリートや筋肉量が多く、自分自身の身体を支える力がある方に、おすすめのマットレスとなっています。

高反発マットレスと低反発マットレス

マットレスには高反発や低反発といった機能が付いたものがありますが、それぞれの特徴、短所や長所はどのようなものなのでしょうか。この2種類の違いを理解して、自分に最適なマットレスを選びましょう。

高反発マットレス・・・高反発マットレスには、硬めのウレタンやポリエステルなどの素材が使われ、身体の沈み込みを少なくするマットレスです。そのため睡眠時の姿勢が整えられ、身体の歪みが取れやすく寝返りが打ちやすい硬さなので、体力を使わなくても自然と寝返りが行えます。しかし基本的に硬めに作られているマットレスのため、硬過ぎることが、身体に合わないと感じられる方もいます。

低反発マットレス・・・低反発マットレスは柔らかなウレタン素材を使用されており、寝たときに身体の重さを吸収して、身体が沈み、全身を包み込んでくれるマットレスになります。そのため全身が包み込まれる安心感や睡眠時に身体を支える筋肉への負担を軽減する効果があります。しかし沈み込み過ぎることにより、寝返りの打ち辛さや、起き上がる際に身体が起こしにくい点を不満に感じる方もいます。

高反発マットレス、低反発マットレスの長所や短所をご説明しましたが、個人によって好みも分かれます。性別や体重、筋肉量によっても適したマットレスは変わりますので、それぞれの構造や効果も考えながら、多くのマットレスをお試しになられることが大切です。それでは性別や体型に合わせたマットレスの選び方を、より詳しくご紹介させて頂きます。

耐圧分散性の効果とは

マットレスを検討する上で、よく耳にする耐圧分散性とは寝姿勢の状態でお尻や肩などにかかりやすい体重を、身体全体に均一に分散することをいいます。上記の試験機関にて体圧分散試験を実施した実証データを見てみますと、赤や黄色の部分が少なく、緑や青の部分が多いほど、体圧分散性に優れているということになります。そのためプラチナ・ダブルスプリングが、最も体圧分散性に優れており、身体に掛かる圧力を分散させることで、 血流を良くして筋肉をリラックスさせる、理想的な寝心地と快眠を実現できるマットレスだと言えます。つまり耐圧分散性の高いマットレスを使用することで、より理想的な寝心地を実現できるのです。

性別や体型に合わせた最適なマットレスの選び方

現在マットレスを選ぶにあたって、インターネットや広告、TVなど多くの情報があり、本当に自分にあったマットレスは、どのようなものなのかとお悩みの方を多くお見かけします。上記でご紹介したマットレスの構造や特徴を理解することも大変重要なポイントですが、マットレスをお使いになる方自身を、細かく細分化することで、より適したマットレスをお選びになることができます。4つのポイントを比較しながら、自分にあったマットレスをイメージしてみましょう。

マットレス選びに重要な4つのポイント

  1. 性別に合わせたマットレスの硬さとサイズ

  2. 身長、体重を考えた、最適なコイル選び

  3. 筋肉量で選ぶ、マットレスの種類

  4. 今まで過ごされた睡眠環境からの変化を減らす

1,性別に合わせたマットレスの硬さとサイズ

男性と女性で比較すると、横から見た際の身体のラインが異なります。一般的には男性より女性の方が、湾曲したS字ラインができるため、柔らかいポケットコイルや低反発が適しています。また男性は女性より肩幅も広いため、ワンサイズ大きいマットレスをお使い頂くことをおすすめします。

男性の方におすすめのマットレス

プラチナダブルスプリングマットレス(ハードタイプ)

一般男性は女性に比べ、肩幅が広く、身体も全体的に大きく、より耐圧分散性に優れたマットレスが必要となります。そのため独立したコイルスプリング1つ1つが「点」となって体を支えるポケットコイルと、連結したボンネルスプリングのダブルスプリング構造の、プラチナダブルスプリングマットレスがおすすめです。体重がマットレス全体にしっかりと分散され、最上級の「体圧分散性」を実現してくれます。

女性の方におすすめのマットレス

プレミアムポケットコイルマットレス(ノーマルタイプ)

女性は男性に比べ、横から見た身体のラインがS字に湾曲しているため、より細かな数のポケットコイルマットレスで、身体の繊細なラインを再現することをおすすめします。そのため通常のポケットコイルではなく、ノーマルコイルスプリングの高さが1インチ(25mm)高く、コイル数は約1.3倍のプレミアムポケットコイルマットレスがおすすめです

2,身長、体重を考えた、最適なコイル選び

性別により適したマットレスが分かれますが、身長や体重によっても最適なマットレスは変わります。身体の大きな方は、より細かなポケットコイルや、2層式マットレスで均等に体重を分散することで、1箇所に負荷が掛からず、綺麗な寝姿勢を再現できます。またコイル自体の硬さを、ノーマルとハードから選ぶことで、好みの硬さのマットレスに近づけることができます。

身体の大きな方におすすめのマットレス

プレミアムポケットコイルマットレス(ハードタイプ)

身長の高い方は寝姿勢の際、必然的にマットレスとの設置面積が増えるため、身体の小さな方に比べ、細かく分散できるポケットコイルマットレスが理想的です。また体型に応じて、コイル自体の硬さを変えてあげることも効果的です。身体の大きな方はハードタイプを選ぶことで、必要以上の沈み込みを防止できます。

3,筋肉量で選ぶ、マットレスの種類

男性と女性で比較しても、筋肉量の差はありますが、特にスポーツをされているアスリートの方は、一般の方と比べ筋肉量が多く、寝姿勢の時も自分自身の身体を筋肉がしっかりと支えてくれます。そのため高反発タイプや硬めの面で支えるマットレスが適しています。

筋肉量の多い、アスリートタイプの方におすすめマットレス

ボンネル・スプリングコイルマットレス(ハードタイプ)

男女問わず、アスリートの方は一般の方に比べ筋肉量がとても多く睡眠中も自身の筋肉で身体を支えようとします。そのため細かなポケットコイルの点で支えるサポートは、不必要な身体のラインを作ってしまう可能性があり、大きな面で支えてくれるボンネルスプリングマットレスがおすすめです。

4,今まで過ごされた睡眠環境からの変化を減らす

今まで敷き布団や硬めのウレタンマットレスをお使いだった方が、とても柔らかい低反発マットレスなどに変えると、急激な変化で腰痛になる可能性になるため注意が必要です。今までの睡眠環境から、大きく変化を付け過ぎないマットレスを選ぶことが大切です。

布団からベッドスタイルに変更される方におすすめのマットレス

ポケットコイル・マットレス(ハードタイプ)

布団からベッドスタイルに、睡眠環境を変化する際におすすめのマットレスは、若い方なら筋肉量が多いためボンネルコイルマットレスをおすすめしますが、30歳代以降の方は、今後さらに筋力が衰え、ポケットコイルマットレスの点で身体全体を支えるサポートが必要となりますので、布団からの硬さの変化を抑えた、ハードタイプのポケットコイルをお使いすることをおすすめします。

関連メニュー

  • 快眠マットレスの選び方

    快眠マットレスの選び方(ベッドルームガイド)のページです。a.flatの家具・インテリアが映えるコーディネートとは?ライフスタイルにあった家具の選びかたをはじめ、理想のお部屋作りの ...続きを読む

最適なマットレスのサイズを選ぶ

各マットレスサイズのご紹介

マットレスにはシングルやクイーンといったサイズのラインナップありますが、お部屋の広さや使用人数によってサイズを選ぶことが必要です。寝室という限られた空間に、圧迫感を与えないことも大切ですが、快適に睡眠を取って頂くためには、使用人数に合った適切な大きさのマットレスを使用することも重要です。それぞれのライフスタイルに合ったマットレスサイズを選びましょう。

シングルサイズ、セミダブルサイズ

一般的なマットレスの中では、一番コンパクトなシングルサイズ。ワンルームなどのコンパクトで、お部屋の広さが限られた空間に、最適なサイズとなります。
しかし体格の良い男性などには、シングルサイズだと少し狭く感じてしまう可能性があるため、サイズアップしたセミダブルサイズがおすすめです。

ダブルサイズ、クイーンサイズ

ダブルサイズは2人で寝られても、窮屈に感じず、ゆったりとお休み頂けるサイズになっております。セミダブルを2人でお使いになられると、ほとんど隙間もなく、寝返りも打ちにくいため、2人でお使いの場合はダブルサイズ以上がおすすめのサイズとなります。クイーンサイズはダブルサイズよりさらに幅が20cm広がることで、お子様とご夫婦の3人で寝て頂くことも可能です。

シングルサイズ×2台

ホテルなどにも採用されている、シングルサイズを2台並べた配置は、幅が約2m必要となりますが、その分ゆとりもでき、より快適な睡眠を取ることができます。さらに将来的にシングルを離してツイン使い、またはシングル2台をそれぞれ別の部屋で使うなど、将来的なライフスタイルの変化に合わせた使い方ができます。

おすすめメニュー

機能的なハーフサイズマットレス

お部屋にダブルサイズやクイーンサイズのマットレスを置きたいが、搬入時に寝室へ入るか心配という方にはハーフサイズがおすすめです。2分割されることにより1枚のサイズが、シングルよりサイズも小さく、搬入時の心配も解消されます。またマットレスの掃除や移動もしやすく、それぞれの好みに合わせてマットレスの硬さも選べることができます。

お部屋と生活スタイルにあったサイズ選び

各マットレスサイズをご紹介させて頂きましたが、寝室にも色々な間取りがあり、収納の位置などによりマットレスサイズや配置場所が決まります。生活動線を確保しながら、快適にお過ごし頂くためのお部屋と生活スタイルを考えた、寝室例をご参考にしてみて下さい。

6畳寝室の配置例

×サイズが合っていない配置例 クイーンサイズ

空間全体で考えると、お部屋の半分を広く使えるメリットはありますが、クイーンサイズを置くことで、ベランダに出る窓が半分以上ベッドで隠れています。また2人で寝られる際に、壁側の人の出入りが行いにくい配置となっています。

○動線が確保できている配置例 ダブルサイズ

ベッドサイズをダブルサイズにワンサイズダウンして、お部屋の中央に配置することで、ベランダへの出入りもスムーズになり、クローゼット周辺にもスペースが生まれました。また左右どちらからでもベッドに入ることができ、足元から壁の距離も60cm空けることで、動線も確保され、移動も快適に行えます。

お部屋の生活動線がしっかり取れていて、尚且つ快適な睡眠を取ることができる十分な広さのマットレスサイズを配置することが理想的です。この2点をバランスよくお部屋に再現することが快適な空間快適な睡眠を作るためのポイントとなります。

関連メニュー

店頭で実際にマットレスを試してみよう

今回はマットレスの種類や選び方をご紹介しましたが、実際に店頭でマットレスをお試しになられることも大変重要なポイントになります。しかし店頭には多くのマットレスの種類があり、どれを選べばよいのか悩んでしまいますよね。実際に店頭でマットレスをお試しになる際の、下記の注意点を確認しながら、最適なマットレスを選んでみましょう。

マットレスを試す時のポイント

  1. 腰掛けるだけでなく、色々な姿勢で時間をかけて寝てみる

  2. 身体のラインに合った、自然な寝姿勢が作れているか確認する。

  3. 実際に寝返りを打って、寝返りの打ちやすさを確認する。

マットレスを試す際に、失敗しがちなパターンは、硬さが適していないマットレスを購入してしまうことです。例えば、ふかふかでとても柔らかいマットレスに一瞬座ると、とても気持ちよく感じてしまいます。ですが、この感覚は直感的なもので、実際に長時間寝てみると身体に負荷をかけてしまうマットレスの可能性があります。一瞬の感覚で決めてしまわずに、じっくり時間をかけて寝てみましょう。腰が沈み過ぎていないか、寝返りは打ちやすいかなど、時間をかけて細かく確認するようにしましょう。またその日の体調で感覚も変わるため、何度かお店に足を運んで、じっくり検討することもおすすめです。

専門知識を持ったスタッフに相談しましょう

ある程度自分好みのマットレスが決まれば、あとは専門知識を持ったスタッフに相談しましょう。その際に好みの硬さや、今お使いのマットレスなどをお伝え頂ければ、より細かな分析から最適なマットレスを導き出すことができます。a.flatの店舗では、専門知識の豊富なスタッフが、お客様に最適なマットレスをご紹介させて頂きます。ぜひ店頭でベストな快眠を再現できるマットレスを見つけましょう。

マットレスを試すことができるa.flatの店舗紹介

目黒通り本店
東急東横線都立大学駅徒歩7分
自由が丘駅徒歩10分
駐車場サービス有(ご予約制)

新宿店
新宿三丁目から徒歩約1分
JR新宿駅東口から徒歩約9分

大阪梅田店
JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分
グランフロント大阪北館5F

まとめ

今回は快適な睡眠を取るための、マットレス選びについてご紹介させて頂きました。たくさんのマットレスがある中で、本当に自分にあったマットレスはどのようなタイプなのか。それぞれのマットレスの構造や効果、性別や体型などを理解し、ご自身にあった最適なマットレスをお探しになってみて下さい。快適な睡眠は、あなたの心と身体をしっかりと癒してくれます。


関連コラム

店舗情報

店舗情報

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。
海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2018 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.