• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

ソファとダイニングテーブルの統一感があるコーディネート・レイアウトのヒント

公開:2020/10/2

更新:2020/10/2

ライター:新宿店

ソファとダイニングテーブルの統一感があるコーディネート・レイアウトのヒント

リビングダイニングの主役となるソファとダイニングセットは、デザインや素材、色を合わせることで統一感が生まれます。二つの家具に統一感があることで、空間全体がおしゃれに仕上がります。今回はポイントを抑えて、コーディネート実例と共にご紹介していきます。ぜひ参考になさって下さい。

ソファとダイニングテーブルで決まる部屋のイメージ

自宅の中でも広い空間となるリビングダイニングは、家具やインテリアのコーディネートによって印象が大きく変わります。その中でも、ソファとダイニングテーブルは中心的な家具となるため、どちらも部屋のイメージを決める重要な存在と言えるでしょう。

ソファとダイニングの関係性

最近は食事をする「ダイニング」と寛ぐ「リビング」が一つの空間にまとまった「リビングダイニング」の間取りが増えています。そのため、ソファとダイニングテーブルは同じ空間に並んで配置されることが多く、それぞれのデザインやサイズの違いで部屋の印象やレイアウトに大きく影響を与えます。

【デザイン・サイズがバラバラなレイアウト】
ソファとダイニングテーブルのサイズバランスが合わず、圧迫感のある印象を与えています。色合いもバラつきがあるので、まとまりの無いイメージとなっています。

【デザイン・サイズに統一感があるレイアウト】
ソファとダイニングテーブルのサイズバランスやデザインに統一感があることで、全体にまとまりのある
整ったイメージになります。生活動線も確保され、過しやすい空間を実現しました。

ソファとダイニングテーブルを一緒に揃えて考えていくことで、その他の家具やインテリアもコーディネートしやすくなり、おしゃれで快適なリビングダイニングが実現します。

ソファとダイニングテーブルで作る 統一感のある空間

部屋全体をおしゃれに見せるためには、ソファとダイニングテーブルに統一感があることが大切です。どちらも素材・デザイン・色によってイメージが大きく変わるため、好みのスタイルに合わせてソファとダイニングを揃えて選ぶと良いでしょう。

ソファのデザイン・素材・色から与える印象

リビングの中でも主役的存在のソファは、コーディネートを決定付ける中心的な家具です。ソファのデザインや素材、色がが変わると部屋の印象も大きく変わります。どのような部屋にしたいか、好みのスタイルや寛ぎ方などをイメージしてソファを選びましょう。

ソファのタイプ

【両アームタイプ】

両サイドにアームがある「両アームタイプ」。スタンダードなデザインなので、どんな部屋にも合せやすいタイプです。

【オットマンタイプ】

ソファの前に置いて使う「オットマンタイプ」。足を載せて寛いだり、一人掛けソフファとして利用することも可能です。

【片アームタイプ】

片側のみアームが付いている「片アームタイプ」は、アシンメトリーなデザインでゆとりや開放感を生み出します。

【ベンチタイプ】

アームがついていない「ベンチタイプ」は、見た目にもスッキリしており、狭い部屋に置いても圧迫感を与えません。

【カウチソファタイプ】

脚をのばしたまま寝転ぶように寛げる「カウチソファタイプ」は、リゾートホテルを思わせる贅沢なフォルムが魅力です。

【コーナーソファタイプ】

大人数で座ってもゆったり寛げる「コーナーソファタイプ」は、広々としたリビングに映えます。

関連コラム

ソファの素材

【木製フレーム】

木材特有の温もりを感じさせる、木製フレームのソファ。日本の住居とも相性が良い素材です。

【天然素材フレーム】

植物を編み込んだ天然素材フレームは、ナチュラルな風合いと柔らかな質感が特徴です

【皮革ソファ】

重厚でしっとりとした素材感の皮革ソファ。本皮になると定期的なメンテナンスが必要となります。

【布張りソファ】

ファブリックに覆われた布張りソファ。カバーを替えられないと、部屋に合わない可能性があります。

関連コラム

  • 【特集】12年間ロングセラーを誇る ダークブラウン×木製フレームのウッドソファ
    【特集】12年間ロングセラーを誇る ダークブラウン×木製フレームのウッドソファ

    ダークブラウンの落ち着いたお色と、無垢材でつくられた贅沢な木製フレーム、抜け感のあるデザインが人気のウッドソファ。aflatで12年間ロングセラーを続けるその魅力をご紹介します。

  • 【特集】 無垢材ソファで木の温もりと上質な座り心地を味わう
    【特集】 無垢材ソファで木の温もりと上質な座り心地を味わう

    様々なデザインが存在するソファの中でも、「無垢材を使用したソファ」は常に高い人気を博しています。そこで今回は、お部屋の主役となる「無垢材ソファ」の魅力と、ソファ選びには欠かせない「座り心地」について詳しくご紹介させて頂きます。無垢材ソファをお探しの方、またソファは座り心地に拘りたいという方は、ぜひご覧ください。

  • 【特集】ウォーターヒヤシンスソファの魅力
    【特集】ウォーターヒヤシンスソファの魅力

    リゾート・アジアン家具で人気のウォーターヒヤシンス素材のソファ。リビングに爽やかな風を運び、華やかでリラックスムード溢れる雰囲気へと導いてくれるヒヤシンスソファの魅力をご紹介します。また、普段見慣れないヒヤシンス素材についての豆知識や、a.flatがおすすめする高品質なヒヤシンスソファも是非参考にされてみて下さい。

  • 	【特集】住まいにアジアンリゾートの風を ラタンソファの魅力
    【特集】住まいにアジアンリゾートの風を ラタンソファの魅力

    ソファの素材として、昔から人気のあるラタン(籐)素材。繊細な編み込みデザインが生み出すおしゃれで洗練された雰囲気はリビングの主役であるソファにぴったりです。こちらのコラムでは、ラタンソファの魅力や意外と簡単な日々のメンテナンス方法についてご紹介しています。また、ラタンソファでつくるアジアン・モダン・シンプルなど様々なリビングのインテリアコーディネート実例も是非参考にされてみて下さい。

ソファのデザイン

【ローデザイン】
床に近い暮らしを実現するロースタイルのソファ。高さを抑えたデザインは、部屋を広く開放的に見せる効果があります。

【ハイバックデザイン】
腰から肩、首まで優しく支えてくれるハイバックデザインは、ゆったりと寛ぐのにぴったりです。贅沢な空間が広がります。

【スタンダードデザイン】
機能性や座り心地など、バランスの良いスタンダードデザイン。シンプルな分、素材や色味で大きく印象が変わります。

【コンパクトデザイン】
奥行きを抑えてスッキリとしたコンパクトデザインは、ワンルームや狭いリビングダイニングに最適です。ゆとりのある空間を演出します。

関連メニュー

ソファの色

【ブルーカラー】

涼しげで爽やかな印象を与えるブルーカラー。空や海を連想させる、開放感のある色です。

【グリーンカラー】

癒しのイメージがあるグリーンカラー。気分を落ち着かせて、リラックスさせる作用があります。

【レッドカラー】

気分を明るく活発にするレッドカラー。温もりを感じさせ、やる気を引きおこす効果があります。

【パープルカラー】

高貴なイメージや神秘的なイメージのパープルカラー。気持ちを落ち着かせる効果があります。

【ブラウンカラー】

シックな雰囲気のブラウンカラーは、空間に温もりや安心感を与えてくれます。

【グレーカラー】

シックな印象を与えるグレーカラーは、シンプルなイメージやモダンな空間に最適です。

関連メニュー

ダイニングテーブルの素材・デザイン・色から与える印象

ダイニングテーブルは食卓の中心に置く家具のため、デザインや素材、色で印象を大きく変えます。また合わせるチェアも、テーブルと同様に素材やデザインによって印象を大きく左右します。キッチンとも隣接するため、建具や内装とも合うようなテーブルを選ぶことが重要です。

ダイニングテーブルの素材

【木材】

温もりある雰囲気が魅力の木材ダイニングテーブル。フローリングや扉など、日本の住宅の多くが木材を使用している為、相性の良さも抜群です。塗装の色合いによって、ナチュラルな雰囲気やシックで大人っぽい雰囲気など、自分好みのダイニングテーブルを選びやすい素材とも言えるでしょう。

【ガラス】

スタイリッシュなコーディネートを希望される方にぴったりな、ガラス製のダイニングテーブル。食器を置いた際の音が気になったり指紋が付き易い為、小まめに掃除が必要な素材になります。

【セラミック】

セラミックと呼ばれる陶磁器を高温で焼き上げてテーブルの天板に加工した素材。表面は石材のような雰囲気があります。モダンな印象に仕上がる為、住宅の内装とのマッチングを意識する必要があります。

関連コラム

  •  ~自然の温もりに包まれる~ 無垢材ダイニングテーブルの魅力
    ~自然の温もりに包まれる~ 無垢材ダイニングテーブルの魅力

    毎日の食卓に特別な寛ぎと高級感を与えてくれる無垢材のダイニングテーブル。味わい深い自然の温もりと風合い、そして製造・設計・品質管理にこだわり更に堅牢さを増したa.flatの無垢材ダイニングテーブルをご紹介します。無垢材だからこそ実現出来る洗練されたデザイン、そしてて無垢材のダイニングテーブルを更に引き立てるカラーコーディネートを是非参考にされてみて下さい。

  • 「ダークブラウンのダイニングテーブル特集」- 穏やかな時間が流れる食卓 -
    「ダークブラウンのダイニングテーブル特集」- 穏やかな時間が流れる食卓 -

    落ち着いた佇まいと穏やかな雰囲気が魅力のダークブラウンのダイニングテーブルは、毎日の食事の時間に特別感を与えてくれます。こちらのコラムではそのようなダークブラウンのダイニングテーブルの色の魅力だけでなく、様々な床色に合わせたコーディネート等を紹介しています。

ダイニングテーブルのデザイン

【スタンダード】
王道なダイニングテーブルのデザイン。4本脚の四角天板はスッキリとしたシルエットから、上品で洗練された印象を与えます。家族や友人と食事をする際にも食卓を囲みやすく、使用しやすいデザインです。

【ローダイニング】
床から天板までの高さを抑えたローダイニングテーブルは、開放的なダイニングを実現します。通常のダイニングテーブルよりも高さが低いので、お子様も使いやすくなっています。

【エクステンション】
使用したい時に天板を伸張することが出来るエクステンションデザイン。使用したい時の適切なサイズで伸張可能な為、コンパクトなダイニングや来客が多い方にもおすすめです。

【ソファダイニング】
ソファに座りながら食事や寛ぐことが出来るように、天板高さを合わせたダイニングテーブル。ローダイニングテーブルよりも低い天板高さなので、より開放的な食卓にすることが出来ます。

関連コラム

  • スマートで快適な暮らしを再現する、伸長式ダイニングテーブル特集
    スマートで快適な暮らしを再現する、伸長式ダイニングテーブル特集

    ダイニングテーブルにも様々な機能性を持ったタイプがあります。その中で今回ご紹介させて頂く伸長式のダイニングテーブルは、1台で異なるサイズに伸長できる機能性の高さが魅力のダイニングテーブルです。急な来客や親戚、友人の集まり、デスクワークにも幅広く対応できる伸長式ダイニングテーブルでスマートに快適な暮らしを再現してみましょう。魅力たっぷりの伸長式ダイニングテーブルがあなたの生活を豊かにしてくれます。

  • 【特集】ローダイニングテーブルの魅力と選ぶ時のポイント
    【特集】ローダイニングテーブルの魅力と選ぶ時のポイント

    食卓に開放感とゆとりを与えてくれる「ローダイニングテーブル」は、限られたダイニングスペースを少しでも広く見せたい方にとてもおすすめです。今回はローダイニングテーブルを選ぶ時のポイントと、a.flatこだわりのローダイニングテーブルをご紹介します。参考にして頂くことで、ゆったりと快適に過ごすことが出来るダイニングが完成するでしょう。是非、インテリアコーディネート実例も合わせてご覧ください。

  • ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント〜リビングダイニングのレイアウト例付き〜
    ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント〜リビングダイニングのレイアウト例付き〜

    寛ぎの「ソファ」と食事が出来る「ダイニング」が一緒になった『ソファダイニング』。購入の前に知っておきたいメリットとデメリットのお話と、後悔しないための選ぶ時のポイント7つをご紹介いたします。ライフスタイルによっての組み合わせやリビングダイニングのレイアウト例もお話いたしますので是非ご参考になさってください。

ダイニングテーブルの色

【ダークブラウン】
落ち着きのある風合いのダークブラウンカラー。ダイニングをスタイリッシュに見せます。

【グレインブラウン】
柔らかな印象を与えてくれるグレインブラウンカラー。素材の魅力を最大限に引き立てます。

【ナチュラル】
優しい色合いのナチュラルカラーは、北欧の家具などでよく見かけます。メリハリのあるコーディネートが必要です。

【ホワイト】
清潔感のあるイメージのホワイトカラー。ダイニングスペースをシャープな印象にします。汚れが気になる面もあります。

イメージを大きく変えるダイニングチェアの存在

ダイニングテーブルはチェアとの組み合わせが必須となります。テーブルはシンプルなデザインが多ため、雰囲気を決めるのはチェアである割合が多くあります。おしゃれなダイニングを演出する為にも、チェアの素材やデザイン、色などにこだわって組み合わせを楽しみましょう。

■色・素材・デザインを揃えたダイニングセット
ダークブラウンの落ち着いた色合いや木材ならではの質感など、テーブルとチェアが美しく調和したコーディネート。シンプルな雰囲気がお好みの方におすすめです。

■異素材を取り入れたダイニングセット
同じダイニングテーブルにヒヤシンス素材のチェアを取り入れたコーディネート。チェアを変えただけで、リゾートホテルのようなアジアンムードが漂うおしゃれな雰囲気になりました。

チェアカバーの色で彩りを加える

リビングに比べて色合いが少なくなりがちなダイニング周辺には、チェアカバーでアクセントカラーをプラスするのがおすすめです。色が加わることで雰囲気が華やかになり、よりおしゃれなダイニングに仕上がります。リビングと色合いをリンクすることも出来るので、統一感のある空間を演出しやすくなるでしょう。

関連コラム

ソファとダイニングテーブルを揃えてコーディネートすると良い理由

ソファとダイニングテーブルには様々な種類があり、それぞれイメージやテイストが違うことが分かりました。それでは、ソファとダイニングテーブルを揃えてコーディネートすることでどのような良い点があるでしょうか。

バランスの良いレイアウトが出来る
リビングダイニングは空間として繋がっているため、ソファとダイニングテーブルを揃えてコーディネートすることで、バランスの良いレイアウトが叶います。

リビングダイニングに統一感が生まれる
ソファとダイニングの色やデザインを揃えてコーディネートすることで、まとまりのある心地良いリビングダイニングが実現します。

デザインが揃っているので部屋作りがしやすい
ソファとダイニングテーブルのデザインが揃っていれば、スタイルの方向性が定まるので他の家具やインテリアも選びやすく、スムーズに部屋作りを行えます。

インテリアとしておしゃれに見える
ソファとダイニングセットを目を惹くデザインや素材に揃えることで、インテリアとしても空間をおしゃれに演出してくれます。

ソファとダイニングテーブルを揃えてコーディネートするポイント

ソファとダイニングテーブルは素材やデザイン、色など理想の部屋イメージに合わせてコーディネートしていくことが大切です。それでは、どのような基準で選んでいけば良いのでしょうか。こちらではポイントを押さえて詳しくご紹介していきます。

  1. 部屋サイズと相性の良いサイズ選び・レイアウト

  2. 素材を合わせて統一感のある空間を演出する

  3. コーディネートのテーマに合わせてデザインを選ぶ

  4. カラーコーディネートでおしゃれに魅せる

1.部屋のサイズと相性の良いサイズ選び・レイアウト

リビングダイニングと一言で表しても、間取りや部屋のサイズなど様々な種類があります。ソファとダイニングテーブルを配置するために、部屋にあったサイズ選びやレイアウトにこだわりましょう。

ソファとダイニングを揃えて考えるにはサイズ・レイアウトが大事

リビングダイニングは部屋が広いゆえに完成イメージがしづらく、レイアウトが難しい印象があります。部屋の大きさに合わせたサイズバランスやレイアウトを考えて、快適に過ごせる空間を作り上げましょう。こちらでは、部屋サイズにソファとダイニングテーブルを配置したレイアウト例をご紹介します。

ワンルーム10畳のサイズ目安・レイアウト例

10畳ワンルームにソファダイニングを配置したレイアウト。イエローの明るくオープンな印象に合わせて、ゆとりを持たせたレイアウトにしました。寛ぎと作業のしやすさを両方叶えて、過ごしやすい空間作りを実現しています。

10畳のワンルームにはベッドも同じ部屋に置かないといけないため、スペースを広く保てるようにソファダイニングを取り入れました。コンパクトな奥行きのソファ前に高さの合うダイニングテーブルを配置することで、食事や作業が自由に出来るマルチなレイアウトになります。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

LD12畳のサイズ目安・レイアウト例

ヒヤシンスソファの横にテレビボードを配置し、ダイニングを見えるようにしたレイアウト。ソファで寛ぎながら部屋全体を見渡せるため、どこにいても視線を交わし、会話がしやすい配置にしました。ブルーとオレンジの組み合わせが、爽やかな印象を与えます。

横幅がコンパクトなサイズの12畳リビングダイニング。ソファを対面ではなく、対角にテレビボードを配置しました。壁側に沿ってソファを置いているので、ゆったりしたサイズを選ぶことが出来ています。寛ぎながらキッチンやダイニングで過ごす人とも会話がしやすく、アットホームな雰囲気のある空間です。

関連コラム

LD14畳のサイズ目安・レイアウト例

ゆとりのあるレイアウトで、広い生活動線や抜け感を作り上げたリビングダイニング。大きなソファダイニングを分けて設置しているため、大きな抜けが生まれて開放的な印象がより強まりました。白を基調とした空間にグリーンカラーがアクセントとなり、開放的で爽やかな空間が広がります。

ソファの周辺にはテレビを置かずダイニング側にテレビを配置したレイアウト。ダイニングに向けてソファを配置している為、空間全体でコミュニケーションが取り易くなっています。ソファを左の壁側にレイアウトすることで、大きなカウチも置けるゆったりとしたリビングになりました。

関連コラム

  • 【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び
    【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び

    お部屋の魅力を最大限に引き出すモデルルームには、それぞれが素敵なお部屋作りのポイントをたくさん詰め込んだインテリアコーディネートでまとめられています。家具やインテリアなどスタイルに合わせた統一感あるコーディネートがお部屋の完成度を左右させます。今回はモデルルーム実例から学ぶ、素敵な空間作りを再現したインテリアコーディネートと家具選びをご紹介させて頂きます。モデルルームのコーディネートやご自宅のインテリアコーディネートの参考に是非して下さい。

LD20畳のサイズ目安・レイアウト例

ゆったりと寛げるコーナーソファをメインに配置した、リビングダイニングレイアウト。窓にソファが掛かる配置ですが、ローソファをセレクトしているため外からの光や風を遮らず、ダイニングからの景色も広く見えます。アースカラーでまとめて、落ち着いた中にも癒しの雰囲気を演出しました。

広々とした20畳のリビングダイニング。スペースを活かしてコーナースタイルのローソファをセレクトしました。窓にソファが掛かるレイアウトですが、ローソファは外からの光や風を遮らず、また圧迫感も与えません。ソファ後ろのダイニングはあえてコンパクトなサイズにして、開放感溢れる空間にしました。

関連コラム

2.素材を合わせて統一感のある空間を演出する

2つ目のポイントは「素材を合わせて統一感のある空間を演出する」です。ソファとダイニングテーブルの素材を揃えることで、素材特有の風合いやイメージが部屋全体で演出出来ます。一体感が生まれるので、おしゃれな部屋作りがしやすくなります。

素材によって変わるソファ+ダイニングセットのイメージ

アジアン系のインテリアスタイルなら「ダークブラウンカラーの木材に風合いが強く残る自然素材」など、素材によってコーディネートのテーマが変わります。ソファとダイニングセットの素材を統一することで、リビングダイニングテーマに沿ったイメージに仕上げることが出来ます。

異素材のソファとダイニングでコーディネートする

自然の風合いを感じるヒヤシンスやラタンが入ったチェアは、木材のテーブルと馴染みながらもリゾートな雰囲気を演出してくれます。ソファも同じ自然素材を取り入れることで、統一感のあるリビングダイニングが叶うでしょう。

ソファとダイニングをコーディネートで合わせるおすすめ素材

ウッド
ナチュラルで馴染みの良いイメージ

ヒヤシンス
リゾートの開放的なイメージ

ヒヤシンス(DG)
都会的でラグジュアリーなイメージ

ラタン
落ち着いた和モダンなイメージ

【ウッド】で統一するソファ・ダイニングセット

木の温もりを存分に感じられる、ウッド素材のソファとダイニングセットで揃えたコーディネート。無垢材でしか味わうことの出来ない質感と木目に癒されます。本格的な木材を使用した家具を選ぶことで、温かみの中にも高級感のある空間を演出してくれるでしょう。

【テン・ハイバックソファ】
ダイナミックな木目が魅力のインダカ無垢材を使用したテン・ハイバックソファ。曲線的なアームデザインが魅力です。

【セイル・ダイニングテーブル+ウッド・ダイニングチェアセット】
帆船をイメージしたダイニングテーブルと繊細なデザインのチェアとのセットは、上品な印象を与えます。

ウッド素材を使用したソファ・ダイニングチェア・ベンチ

ウッド素材のダイニングテーブル

【ヒヤシンス】で統一するソファ・ダイニングセット

温かみのある無垢材のダイニングテーブルに、ヒヤシンス素材のチェアとソファで統一させたコーディネート。
ヒヤシンス素材とマッチする曲線デザインのチェアとコンパクトなソファの組み合わせは、柔らかな雰囲気を盛り上げます。穏やかに過ごせるような、リラックス空間を実現しました。

【ラン・コンパクトソファ(ヒヤシンス)】
ゆとりのある生活動線の実現したコンパクトなソファ
。ヒヤシンス素材を取り入れることで、アジアンリゾート感を盛り上げます。

【モク・ダイニングテーブル+カフウダイニングチェア(ヒヤシンス)セット】
木の風合いとヒヤシンスの組み合わせで、温かみのある空間を演出するダイニングセットです。

ヒヤシンス素材を使用したソファ・ダイニングチェア・ベンチ

【ヒヤシンスDG】で統一するソファ・ダイニングセット

シックなイメージを持つダークブラウンのダイニングテーブルに、ダークグレーのチェアとソファを合わせたコーディネート。直線的なデザインのダイニングテーブルとダークグレーカラーのヒヤシンス素材との組み合わせで、落ち着いた中にもラグジュアリーで洗練された空間を演出しました。

【シン・ソファ(ヒヤシンスDG)】
快適な座り心地と機能性を持つシン・ソファ。ダークグレーのヒヤシンス素材は、落ち着いたアジアンリゾートを演出してくれます。

【エクステンション・ダイニングテーブル+ロク・ダイニングチェア(ヒヤシンスDG)セット】
木製テーブルとダークグレーのヒヤシンス素材との組み合わせで、シックな印象を与えます。

ヒヤシンス(DG)素材を使用したソファ・ダイニングチェア・ベンチ

【ラタン】で統一するソファ・ダイニングチェア

竹素材をアクセントに入れたダイニングテーブルと、ラタン素材の組み合わせがアジアンらしいコーディネート。チェアとソファにラタン素材を取り入れていることで、リゾート感漂うコーディネートとなりました。自然を感じる素材を取り入れて、癒しの空間を盛り上げます。

【ラン・コンパクトソファ(ラタン)】
コンパクトなサイズのラタン・ソファ。繊細に編み込まれたラタンが洗練されたモダンアジアンな空間を実現します。

【バンブー・ダイニングテーブル+カフウ・ダイニングチェア(ラタン)セット】
バンブー(竹)の素材を一層引き立てるラタン素材のチェアとの組み合わせは、リゾート感を高めます。

ラタン素材を使用したソファ・ダイニングチェア・ベンチ

3.コーディネートのテーマに合わせてデザインを選ぶ

3つ目のポイントは「コーディネートのテーマに合わせてデザインを選ぶ」です。部屋のテーマに合わせたソファ・ダイニングテーブルのデザインを選んで、理想のリビングダイニングコーディネートを完成させましょう。

ソファとダイニングテーブルのデザインを揃える効果

部屋のメイン家具となるソファとダイニングテーブルのデザインを揃えることで、コーディネートのイメージを定めて統一感のある空間を作り上げることが出来ます。またロースタイルやコンパクトなど、デザインによっては部屋を広く見せたり開放的な印象を与える効果もあります。

【モダンアジアン】におすすめのソファ+ダイニングテーブル

リビングダイニング全体をブラウンでまとめた「モダンアジアン」コーディネートには、素材でリゾートを感じさせるソファとダイニングテーブルを合わせると良いでしょう。自然の温かみを感じる素材を取り入れることで、モダンな中にもリラックス感のある空間が完成します。

■アジアのリゾート感漂うヒヤシンスソファ
ゆったりと快適な座り心地を実現するシン・ソファ。
丁寧に編みこまれたヒヤシンス素材は、アジアンの雰囲気を盛り上げます。

■竹素材のアジアらしいダイニングテーブル
バンブー(竹)素材を幕板全面に施したバンブーダイニングテーブル。木材天板とのツートンカラーが、アクセントとなりリゾート感を高めてくれます。

関連コラム

  • 【インテリアの実例20選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート
    【インテリアの実例20選】マンションをおしゃれな空間に変えるコーディネート

    これからマンションに住み始める方、現在マンションにお住まいの方で家具のレイアウトやインテリアコーディネートが上手くいかないと悩まれている方もいらっしゃると思います。こちらのコラムではマンションのインテリア実例20選に合わせ、コーディネートやレイアウトのポイントをご紹介致します。是非ご参考にして頂き、マンションに理想のインテリア空間を再現されてみてください。

【ロースタイル】におすすめのソファ+ダイニングテーブル

グレーで統一されたシックでモダンな雰囲気のリビングダイニングを「ロースタイル」でコーディネートしました。ダークグレーの塗装が特徴的なヒヤシンスのローソファをメインに置いて、大人なリゾート空間を作り出しています。奥のダイニングテーブルも高さを抑えたロータイプを配置。開放的な空間が広がります。

■上品なダークグレーのヒヤシンスローソファ
空間を開放的に見せるロースタイルのソファ。ダークグレーの色合いと直線的なデザインで、シックな雰囲気を演出します。

■天板の低さが生み出すローダイニングテーブル
床から天板までの高さが670mmと低い為、オープンな食卓を実現するダイニングテーブル。スッキリとした2本脚でスムーズな動線を確保出来ます。

【空間を広く見せたい】におすすめのソファ+ダイニングテーブル

「空間を広く見せたい」場合、メインのソファとダイニングテーブルをコンパクトなサイズにすることで開放的に見せられます。ソファは奥行きを抑えたデザインで、窓を遮らずにスペースを広く保っています。幅を取りがちなダイニングテーブルも伸張式にすることで、動線を塞がずにスッキリとしました。

■開放的な生活動線を生み出すソファ
奥行きが750mmとコンパクトで、生活動線が作りやすいデザインのソファ。自然を感じるラタン素材が、開放的な印象を与えます。

■伸張可能なダイニングテーブル
普段は2人で食事をするのに丁度良い950mmのテーブル。伸張することで1400mmと広く使えるようになります。細部にもこだわりあるデザインです。

関連コラム

  • 東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート
    東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート

    東京に多く建てられている「狭小住宅」に合う家具選びとインテリアコーディネートを、実例と共にご紹介します。細長い特徴的な間取りのリビングダイニングを、コンパクトな家具やブルーのカラーコーディネートで開放感溢れる空間に仕上げております。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

【ナチュラル】におすすめのソファ+ダイニングテーブル

緑溢れる自然な空間に癒される「ナチュラル」なコーディネート。グリーンカラーに木々などのイメージに近い無垢材のソファやダイニングテーブルを合わせて、森の中にいるような癒しの空間を演出しました。リラックス感のある丸みを帯びたデザインも、自然な雰囲気と合っています。

■曲線アームが美しいハイバックソファ
無垢材から作られた曲線アームが特徴的なハイバックソファ。大胆な木目からは、自然の風合いを感じさせます。上質な座り心地も魅力的です。

■天板に無垢材を使用したダイニングテーブル
自然の温かみを感じる無垢材のダイニングテーブル。ダークブラウンの色合いが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

関連コラム

【ラグジュアリー】におすすめのソファ+ダイニングテーブル

華やかで高級感のある「ラグジュアリー」をコーディネートのテーマにした場合、素材やデザインにこだわったソファとダイニングテーブルを選ぶことが重要です。ダークグレーカラーのヒヤシンスソファとダークブラウンの木製カフェテーブルの組み合わせて、スッキリとした中にもラグジュアリーな雰囲気を演出しました。

■天然のヒヤシンスを編み込んだソファ
落ち着きのあるリゾート感を演出してくれるダークグレーのヒヤシンスソファ。快適な座り心地でラグジュアリーな空間にぴったりです。

■スマートなデザインのカフェテーブル
カフェに置いてあるようなスマートでスタイリッシュなコンパクトテーブル。あえてカジュアルなスタイルを取り入れて、洗練された印象をプラスしました。

関連コラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

4.カラーコーディネートでおしゃれに見せる

4つ目のポイントは「カラーコーディネートでおしゃれに魅せる」です。ソファとダイニングテーブルはもちろん、周辺のインテリア類も含めてカラーコーディネートをしていきましょう。それぞれの色合いに統一感を持たせることで、よりおしゃれで一体感のある空間に仕上がります。

ソファとダイニングテーブルの配色で変わる部屋のイメージ

ソファとダイニングテーブルの配色は、リビングダイニングのインテリアイメージを大きく左右します。カラーの組み合わせをバランス良くコーディネートすることで、全体的にまとまり感のある空間になります。ソファとダイニングのカラー配色比率をよく考慮して、センスの良い部屋にしていきましょう。

関連メニュー

ソファとダイニングをカラーコーディネートで彩る

ソファとダイニングセットの素材やデザインを統一したら、さらに色を揃えることで部屋全体のテーマが定まります。リビングダイニングの雰囲気を盛り上げるように、色使いで演出していきましょう。ここからは、ソファとダイニングのコーディネートをカラー別でご紹介していきます。

ブルーの爽やかな雰囲気漂うコーディネート

木製素材メインのリビングダイニングを、清々しいブルーでカラーコーディネートしました。同じブルーでも、濃淡の違う配色にしたり花柄クッションでアクセントを取り入れて、まとまり感ある空間にしています。ダークブラウンのダイニングセットソファの組み合わせは、爽やかな中にも落ち着いた雰囲気を演出しました。

ブルーのリビングダイニングで使用した家具・インテリア

グリーンの安らぎ感じるコーディネート

草原のように柔らかいグリーンカラーで統一したリビングダイニングコーディネート。優しげなグリーンカラーに合うようにダイニングテーブルは木そのものの素材を感じさせる無垢財を使用し、ソファは明るく柔らかな雰囲気のヒヤシンス素材を取り入れました。心がふわっとリラックス出来る空間となっています。

グリーンのリビングダイニングで使用した家具・インテリア

レッドの温もり感溢れるコーディネート

本格的な無垢材家具で揃えたダイニングとソファを、温かみのあるレッド・オレンジでカラーコーディネートしました。大胆な木目が広がるダイニングテーブルとゆったりとしたハイバックソファの組み合わせで、自然の温もりと安心感を与えました。赤とオレンジのアクセントカラーがアジアンリゾートを思わせます。

レッドのリビングダイニングで使用した家具・インテリア

パープルのラグジュアリーなコーディネート

ダークブラウンの木製ダイニングテーブル木製チェアで統一し、ソファはダークグレーのヒヤシンス素材で組み合わせたコーディネート。華やかなパープルカラーで彩ることで、オリエンタルな雰囲気をさらに盛り上げます。女性に人気のラグジュアリーな空間を演出しました。

パープルのリビングダイニングで使用した家具・インテリア

グレーの洗練されたモノトーンコーディネート

台形状の脚が特徴的なダイニングテーブルが目を惹くモダンなリビングダイニング。ダークグレーのヒヤシンスチェアローソファが統一感を出して、開放的で落ち着いた空間を演出しました。色味を抑えたモノトーンコーディネートは、素材の持ち味を引き立てます。

グレーのリビングダイニングで使用した家具・インテリア

ブラウンのモダンな雰囲気漂うコーディネート

落ち着いたダークブラウンカラーをメインに取り入れたモダンアジアンコーディネート。木製カフェテーブル
マットな色合いのラタンチェアは、大人っぽい雰囲気の中にも温かみのあるダイニングを演出しています。さらに同じラタン素材のソファを配置して、自然の風合いに包まれているような空間に仕上げました。

カラーコーディネートを引き立てるインテリア・装飾

ソファとダイニングテーブルをよりおしゃれに見せるインテリア装飾を選ぶことで、リビングダイニング全体が統一感のある空間に仕上がります。部屋の色合いや雰囲気を見て、テイストに合うものを選びましょう。

■クッションカバー
インテリアの中でも気軽に取り入れやすいクッションカバーソファのアクセントとして入れると良いでしょう。

■照明
リビングダイニングを照らす照明は、空間に癒しの演出効果を与えてくれます。消した状態でも魅せるデザインがおすすめです。

■壁面装飾
リビングダイニングの空いた壁面に壁面装飾を飾ることで、部屋全体が一層おしゃれになります。統一感のある色を選びましょう。

■壁掛け時計
壁面装飾と同じく空間のワンポイントになる壁掛け時計。実用的にも使えて部屋にも自然に馴染みます。

■カーテン
インテリアの中でも大きな面積をとるため、部屋の雰囲気を決める重要な存在です。空間に合う色や素材を選びましょう。

■ラグ・カーペット
カーテン同様、広い面積を覆うラグ・カーペット。色や素材によってアクセントにも空間を馴染ませることが可能です。

ソファとダイニングで演出するインテリアコーディネート実例

前章では、ソファとダイニングテーブルを統一してコーディネートする4つのポイントをご紹介しましたが、ここではそのポイントを押さえた実例をご紹介します。素材やデザイン、色でバランスよくレイアウトした空間をご覧下さい。

【ポイント1の実例】限られた空間と調和するコンパクトソファ+カフェテーブル

8畳のリビングダイニングのサイズに合わせて、コンパクトなソファカフェテーブルを置いたコーディネート実例。狭いスペースでもしっかり生活動線を確保して、ゆとりのある空間を実現しました。ブルーカラーで統一したファブリックも、開放感を与えます。

狭い空間に合わせた家具サイズとレイアウト

奥行きの抑えたコンパクトソファとカフェテーブルで、ソファダイニングスペースを実現しました。食事と寛ぐスペースが一体となったため、ゆとりのある
リビングダイニングを実現しています。カウンターチェアでキッチンとリビングダイニングを繋ぎます。

コンパクトな空間と相性の良いソファ・ダイニングテーブル

奥行きが750mmとコンパクトなため、横幅2150mmとゆったりしたサイズでも空間に圧迫感を与えていません。ラタン素材のフレームが軽やかな雰囲気を演出しています。

幅600mm、奥行650mmのカフェテーブルを2台合わせて配置しました。アイアン素材の一本脚が抜けを感じさせます。ソファと並べることで、自宅にいながらカフェ気分を味わえます。

関連コラム

【ポイント2の実例】素材を合わせてリゾート感を出すヒヤシンスソファ+ダイニング

柔らかな風合いが魅力のヒヤシンス素材を、ソファダイニングチェアに取り入れたコーディネート実例。同素材のソファとチェアを並べて配置し、リゾート空間を演出しました。バンブー素材がアクセントのダイニングテーブルは、ナチュラルな雰囲気をより高めます。

素材を揃えた統一感のある空間

ソファやダイニングセットなどの大きな家具は自然素材を使った家具で統一し、温もりを感じさせる空間に仕上げました。コンパクトなリビングダイニングでも素材を揃えることで、全体的にスッキリとした印象を与えます。家具の雰囲気を引き立てる、ナチュラルなカラーコーディネートも魅力的です。

リゾート感じるヒヤシンス素材のソファ・ダイニングチェア

リビングの中心に置いたヒヤシンス素材のソファ。ゆったりとしたデザインと優しい色合いは、置くだけで部屋全体をナチュラルな雰囲気に仕上げます。

ヒヤシンス素材と角材を組み上げたフォルムのダイニングチェアは、アジアらしい風合いを感じさせます。抜け感のあるすっきりとしたデザインが魅力的です。

関連コラム

【ポイント3の実例】団欒を楽しむイエローのソファ+カウンターチェア

気分が明るくなるイエローカラーのコーディネート実例。友人や家族などの来客があった際に、団欒を楽しめる空間をテーマにしました。イエローのコンパクトソファが主役となり、全員で食事を囲むことが出来ます。コミュニケーションが取りやすいカウンターチェアを置いたことで、リビングとダイニングに一体感を出しています。

来客と団欒を楽しむレイアウト

ダイニングテーブルを置かずにあえてカウンターチェアを取り入れて、ゆとりのある空間にしました。奥行きがコンパクトなソファとゆったりとしたサイズのローテーブルで、開放的な空間を作り出しています。イエローとイエローグリーンの組み合わせで、バランスの良いカラーコーディネートにしました。

大人数でも楽しめるデザインのソファ・カウンターチェア

コンパクトなコーナーセットのソファは、来客数によってレイアウトの変化も楽しめます。コーナーソファを離して使うことで、程よい距離感で寛げます。

キッチンとリビングの空間を繋ぐカウンターチェア。バーカウンターのようにお酒や団欒を楽しむなど、ダイニングテーブルとは違ったひと時を味わえます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

【ポイント4の実例】癒しのグリーンで彩るハイバックソファ+ダイニング

高級感のある無垢材のハイバックソファとスタイリッシュな木製ダイニングセットを、深みのあるグリーンでコーディネートした実例。同じ木材家具にソファカバーとチェアカバーをグリーンにして、統一感のある空間を実現しました。他の配色を落ち着いたカラーにしたことにより、癒しの空間を演出しています。

グリーンカラーで作る統一感のある空間

上品で高級感のあるリビングダイニングは、ゆったりとしたカウチ付きのハイバックソファが主役となっています。スペースにゆとりを保つために、ダイニングテーブルはスッキリとコンパクトなサイズをセレクトしました。グリーンを共通点にしたカラーコーディネートで、一体感のある空間にしています。

カラーコーディネートでおしゃれに魅せるソファとダイニングテーブル&チェア

贅沢な寛ぎを与えてくれるカウチ付きのハイバックソファ。深いグリーンカラーを引き立てるために、クッションやラグは落ち着いたブラウンを合わせました。

コンパクトでスタイリッシュなダイニングテーブル。すっきりとまとまり感のある食卓に仕上げました。座面のグリーンがアクセントとして目を引きます。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

【ポイント1+4の実例】開放的な配置とグレーで統一したローソファ+ダイニング

ロースタイル家具とモノトーンカラーで開放的に見せたコーディネート実例。部屋の中心に置くソファを背面の低いローソファにしたことにより、すっきりとした抜け感を生み出しました。ダークグレーのヒヤシンス素材と組み合わせたブラウンのダイニングテーブルは、モダンな中にも温かみのある空間を演出しています。

モダンな配色とスッキリとしたレイアウト

白やグレーで統一された内装に合わせてファブリックカラーをモノトーンで統一し、シックでモダンな空間を完成させました。空間の中央に置いたローソファは圧迫感を与えず、すっきりとした印象にしています。ソファと同じヒヤシンス素材のチェアを取り入れて、リビングダイニングのイメージを統一しました。

シックでモダンなローソファとダイニングテーブル&チェア

シックで高級感のあるダークグレーに染め上げたヒヤシンス素材のローソファ。落ち着いた色味と温もりを感じる風合いで、モダンな雰囲気を演出しました。

白を基調とした食卓に、重厚感のある木製のダイニングテーブルを置きました。ソファと同じヒヤシンス素材のチェアを取り入れて、統一感を出しています。

関連コラム

【ポイント2+4の実例】無垢材とブルーで揃えたハイバックソファ+ローダイニング

爽やかなブルーと温もり感溢れる無垢材が印象的なリビングダイニング。存在感のあるハイバックソファに落ち着いたブルーのカバーをセレクト。隣接するダイニングセットにも統一感を意識して、深みのあるブルーと無垢材家具を取り入れました。

無垢材で統一したリビングダイニング

ソファとダイニングテーブルが隣接しているリビングダイニングを、無垢材とブルーカラーで統一して一体感のある空間を実現しました。それぞれを同じブルーではなく色合いを変えることで、奥行きのあるカラーコーディネートにしています。西海岸を思わせる爽やかな空間になりました。

ブルーで統一した無垢材ソファとダイニングテーブル&チェア

主役となるソファには、無垢材特有の大胆な木目が特徴的なハイバックソファをセレクト。デニムのような深いブルーカラーが爽やかさを際立たせます。

ソファの隣に配置したダイニングセットも、無垢材で揃えて統一感を演出。ソファよりも少し明るいブルーで色合いに変化を加えました。

関連コラム

  • ブルーのインテリアの魅力『21部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『21部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

【ポイント3+4の実例】ラグジュアリーな紫で演出するラタンソファ+ダイニング

華やかなに彩るパープルカラーが美しいラグジュアリーなコーディネート実例。繊細なラタン素材のローソファと重厚感のある無垢材のダイニングテーブルで、高級感のある空間を演出しました。ソファと同じラタン素材を取り入れて統一感を与えています。

高級感を演出するパープルコーディネート

ソファを部屋の中心に置いて、リビングとダイニングを分けたレイアウト。ソファをローソファにしたことにより、中央に置いても開放感のある空間になっています。内装が全体的にグレー調なので、ソファのクッションやチェアカバーなどの差し色にパープルを使用し、ラグジュアリーな空間にしました。

ラグジュアリーな雰囲気を醸し出すソファとダイニングテーブル&チェア

細かな編み込みが上品な印象を与えるラタンソファ。温かみのあるグレーのソファカバーとパープルのクッションカバーが、シックで上品な印象を与えます。

木目が美しい無垢材を使用したダイニングテーブル。ソファと同素材のラタンチェアを使用し、統一感を出しました。背無しベンチで開放的な印象に。

関連コラム

ソファとダイニングテーブルのコーディネートを店舗で確認・相談

ソファやダイニングテーブルを店舗で直接確認することで、実際のデザインや素材をリアルにイメージ出来ます。トータルコーディネートされた空間で、お気に入りのソファとダイニングテーブルを探してみてはいかがでしょうか。

店舗のディスプレイで素材やデザインに触れる

ソファとダイニングテーブルの組み合わせを実際に体感

a.flatの各店舗には、ソファとダイニングテーブルをバリエーション豊富に展示しています。こだわりのデザインや上質な素材感などを実際に見て、コーディネートで確認することが可能です。a.flatの世界観に触れて、理想のイメージを膨らませてみて下さい。

ソファとダイニングチェアのカバーを店舗で選ぶ

a.flatでは、約70色以上のファブリックを扱っており、各店舗で実際の色や質感を確認することが可能です。部屋のイメージに合うカラーが決まったら、他にインテリアとも実際に組み合わせて、統一感のあるカラーコーディネートを完成させましょう。

3Dシミュレーションでソファとダイニングのコーディネートをリアルに再現

【1】図面からお客様宅のリビングを再現する
まずは自宅の図面からシミュレーションの部屋を作成します。もし図面をお持ちでない場合でも、ご自身で採寸されたものからでもお作りすることが可能です。壁・床・建具などの内装も再現することが出来ます。

【2】2Dでソファやダイニングのサイズを確認する
2D画面でお好みのソファとダイニングテーブルを配置してみます。レイアウトを気軽に試すことが出来るので、リビングにぴったり合うソファやダイニングを簡単に見つけられます。

【3】その他の周辺家具もレイアウトする
ソファとダイニングテーブルのサイズ・形・レイアウトが決まったら、他の家具も全体のバランスを見ながら併せてレイアウトしていきましょう。快適な生活動線が確保出来ているかも確認が出来ます。

【4】3D画面で立体的なイメージを確認する
レイアウトが完成したら、3D画面で確認します。真上から眺めたり、実際の部屋に入っているような視点でも確認することが可能です。建具や床など全体のイメージを掴みましょう。

【5】インテリアコーディネートして確認

お好みのインテリアコーディネートで、空間を演出しましょう。種類豊富なファブリックやおしゃれなインテリアを選んで、理想的なリビングダイニングをシミュレーションします。様々な角度から空間を確認して、お住まいになる前から細かいところまでチェックすることが可能です。

関連メニュー

a.flatの店舗一覧

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
■公共交通機関でお越しの場合
新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)


■公共交通機関でお越しの場合

都立大学駅から徒歩7分

■a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水曜(祝日を除く)
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回は、ソファとダイニングテーブルの統一感があるコーディネート・レイアウトについて、ポイントを交えて紹介させて頂きました。素材・色・デザインを合わせることで、おしゃれで居心地の良いコーディネートに仕上がります。ぜひ今回のコラムで紹介させて頂たポイントを実践してみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.