• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

快適な書斎を作るレイアウトのポイント ~2畳・3畳・4.5畳・6畳・8畳の書斎レイアウト実例付き~

公開:2021/8/3

更新:2021/8/6

ライター:目黒通り本店瀬下

快適な書斎を作るレイアウトのポイント ~2畳・3畳・4.5畳・6畳・8畳の書斎レイアウト実例付き~

テレワークや在宅ワークが増えている現代では、書斎の需要が高まっています。自宅に書斎が元々あれば問題ありませんが、書斎用の部屋が無い場合は、どのように書斎をレイアウトすればいいのでしょうか?今回は、需要が高まっている書斎のレイアウトポイントと、快適でおしゃれな書斎のコーディネートをご紹介。是非参考にして、快適でおしゃれな書斎をレイアウトしてみましょう。

需要が高まる書斎のある暮らし

近年では自宅で仕事を行う「在宅ワーク」や「テレワーク」が増加したことで、書斎の需要が増えています。今までは、趣味の部屋として書斎を設ける住宅は多くありましたが、環境の変化とともに住宅の作り方も変わりつつあります。そこで、自宅に書斎を設けるポイントを把握して、憧れの書斎がある暮らしを実現してみましょう。

自宅に書斎を取り入れる暮らしが増えている

自宅で仕事や作業を行う機会が増えている現代では、自宅に書斎を取り入れる暮らしが増えています。一人集中する空間が必要だったり、家族で共有して使えるスペースが必要になり、書斎が注目されているためです。仕事や作業専用の空間があることで、暮らしにバリエーションが生まれます。

在宅ワークやテレワークの増加で生活環境が変化

自宅で過ごす時間が増えつつある現代で、仕事の環境にも変化が。テレワークや在宅ワークなど、リモートで仕事を行う方が増えているため、自宅で仕事を行う機会が増加。ITやテクノロジーが進歩した現代だからこそ、働き方にも変化が起きています。

今まではオフィスに通勤して複数名で仕事をする機会が多くあったため、書斎を設けるは自宅は少ない傾向にありました。

自宅の簡易的なスペースで仕事や作業を行う機会があったと思いますが、自宅での仕事や作業が定着しつつある現代では、その環境を整える必要があります。

自宅に書斎スペースを設けるレイアウトが注目されている

自宅で仕事をする上で、どこで仕事をしようかと悩まれる方が多いのではないのでしょうか。1番は仕事を行える部屋を確保すれば簡単に行えますが、自宅の部屋数に限りがあったり、すぐに一室確保することは難しい自宅も多いため、自宅の空いている空間を有効に使い、書斎スペースを設けるレイアウトが注目されています。

専用の部屋が無くても可能な書斎のレイアウト

仕事専用に部屋を確保できる書斎ですが、専用の部屋を用意するのも簡単ではありません。そこで、自宅に使用していないスペースがあれば書斎として使ってみましょう。書斎として使えるスペースに合わせた家具をレイアウトすることで、使い勝手の良い書斎スペースになります。

コンパクトなデスクを使って書斎をレイアウト
サイズ感のコンパクトなデスクを使用すれば、省スペースに書斎をレイアウトしていただけます。

様々な使い方ができるデスクで書斎をレイアウト
ダイニングとしても使えるデスク兼テーブルを使用することで、空間を有効に活用していただけます。

おすすめコラム

  • 自宅に快適でおしゃれなワークスペースをつくるポイント 〜インテリア実例付き〜
    自宅に快適でおしゃれなワークスペースをつくるポイント 〜インテリア実例付き〜

    近年では自宅で仕事や作業をする機会が増えています。今までは簡易的なワークスペースを設けていた方が多いと思いますが、ワークスペースも自宅のインテリアの一部になります。そこで、少しワークスペースにも拘りたいと考える方も多いのではないでしょうか。インテリアを引き立ててくれるおしゃれな自宅のワークスペース作りのポイントをインテリア実例と一緒にご紹介致します。ぜひ、参考にして、こだわりのワークスペースを自宅に取り入れましょう。

快適な書斎を叶える4つのレイアウトポイント

快適な書斎を作るためには、書斎のレイアウトがポイントになります。書斎を自宅のどこに設けるのか、どのように使用するのかなどレイアウトのポイントを抑えて、快適な書斎を自宅に作りましょう。

快適な書斎をレイアウトする4つのポイント

ポイント1 書斎スペースをどこにレイアウトするのか決める

書斎のレイアウトでは、まず自宅のどこに書斎スペースを設けるのかがポイントになります。自宅に書斎を設けることができるスペースにも限りがあり、ライフスタイルや住居人数でもレイアウトする場所が異なるため、どこに書斎スペースをレイアウトすれば使い勝手が良いのかを考えましょう。

自宅で書斎をレイアウトできる場所

自宅で書斎をレイアウトすることができる場所をご紹介致します。書斎スペースをご検討の方は、是非ご自宅に当てはまるスペースがあるか探してみましょう。

フリーで使える自宅の一室
自宅に一室フリーで使うことができる部屋があれば、そこを書斎専用としてお使いいただけます。レイアウトもある程度自由に行うことが可能です。

リビングダイニングの使っていないスペース
リビングやダイニングがある程度余裕のある自宅では、そのスペースを使い、ご家族で共有できる書斎をレイアウトしていただけます。

大きさに余裕のある寝室
寝室にベッドをレイアウトして、スペースに余裕があればそこを書斎として使うこともできます。集中して作業を行える空間に。

自宅の使用していないデッドスペース
デッドスペースにデスクとチェアをレイアウトするだけで、簡易的な書斎スペースが完成。軽作業を行いたい方におすすめです。

自宅の間取りに合わせて書斎のスペースをレイアウトする

自宅の間取りに合わせて書斎スペースをレイアウトすることで、使い勝手の良い書斎を作ることができます。まずは、主要な家具をレイアウトして、バランスを確認しながら書斎スペースをレイアウトしましょう。予め書斎を設ける場所を確保することで、スムーズにレイアウトを考えることができます。

書斎として一室使えそうな部屋がある場合でも、クローゼットなどの収納が多い部屋は、別の用途として使用した方が良い場合があります。

自宅の図面や間取り図を確認して、複雑な形状をしていたり、寝室として使うには小さい部屋を書斎として検討しましょう。

家族構成やライフスタイル、作業内容でも書斎のレイアウトは変わる

書斎をレイアウトする際は、どのように書斎を使うのかによって書斎スペースの大きさや、レイアウトする場所が変わります。書斎を末永く使うために、家族構成やライフスタイルなどを意識して書斎スペースを設けるようにしましょう。

家族で使える書斎のレイアウト

お子様の勉強をみたり、家族で共有して書斎スペースを使いたい際は、家族が集まるリビングやダイニングなどに書斎スペースをレイアウトすることで、家族全員で使うことが可能。部屋数に限りのあるご家庭でも書斎を取り入れていただけます。

簡易的な書斎のレイアウト

今だけ書斎スペースが必要で、いずれは必要なくなるといった際は、デスクの代わりになる家具をレイアウトすることで、簡易的な書斎スペースが完成。別の用途でも使える家具をデスクとして使うことで、新たにデスクを購入する必要もなくなります。

仕事や作業を行う書斎のレイアウト

自宅での仕事をする時間が多く、今後も在宅ワークを行うという方は、ある程度書斎スペースを広く設けましょう。一室書斎専用として使えればベストですが、部屋数に限りがある場合は、最低でも収納家具を近くにレイアウトできる空間が必要です。

窓の位置やコンセントの位置なども書斎のレイアウトには重要

窓やコンセントなどの位置で、その書斎の使い勝手が変わります。掃き出し窓の前にデスクをレイアウトしてしまうとバルコニーへのアクセスが悪く、行動が制限された空間に。また、書斎では、プリンターなどの電子機器を使用するため、コンセントの位置も重要です。部屋のどこに何があるのかを把握して、書斎をレイアウトするようにしましょう。

書斎のレイアウトが悪い例
窓周りの動線が確保されていない為、屋外に出ることができません。また、収納の数も必要以上にあり、使わない収納家具もあります。

書斎のレイアウトが良い例
動線を確保することで、スッキリとした印象の書斎になります。収納家具も必要なだけレイアウトするようにしましょう。

おすすめコラム

  • 仕事部屋のレイアウトやインテリアで作業が捗る空間づくり
    仕事部屋のレイアウトやインテリアで作業が捗る空間づくり

    テレワーク、在宅勤務が増えたことによって、仕事部屋の需要が高まる昨今。せっかくの仕事部屋、レイアウトやインテリアで快適に作業が出来る空間にしたいものです。仕事部屋といっても、一部屋を仕事部屋として取り入れるパターンや、リビングダイニング、寝室などに取り入れるパターンなど様々です。今回は様々な空間に、作業が捗る仕事部屋を取り入れたレイアウトやインテリアコーディネートを紹介します。

ポイント2 専用の書斎部屋はライフスタイルの変化も見据えてレイアウト

書斎として自宅の一室を使用する際は、ライフスタイルの変化も見据えてレイアウトすることで、後々別の用途として書斎を使うことができます。また、住居人数の変化によっても書斎専用の部屋は用途が変わることがあるため、その時々に合わせて変更できるレイアウトを心がけましょう。

自宅の一室を書斎として使えるか検討する

自宅に一室自由に使用できる部屋がある場合、書斎として使うことができますが、今後も書斎としてその部屋を使い続けることができるのかを検討しましょう。自身やご家族のライフスタイルの変化によって、書斎にレイアウトする家具の内容も変わるため、今後のライフプランも考慮する必要があります。

書斎はライフスタイル・住居人数の変化にも対応できるレイアウトに

書斎専用の部屋として一室を使用する場合は、ライフスタイルが変わるたび、部屋の用途が変わる可能性も考えて、変更しやすいレイアウトがポイントです。現在は2人暮らしで余裕があっても、今後、お子様が生まれ、子供部屋が必要になった際は、書斎を子供部屋として使うなど、ライフスタイルに合わせた使い方ができる書斎をレイアウトしましょう。

書斎専用の部屋として使用すると、どうしても余計な物が増えてしまいます。出入りする人も限られてくるので、いつの間にか物で溢れているということも。趣味を行える書斎ですが、荷物の整理は必要です。スッキリとした書斎にすることが、後々レイアウトを変更する際、スムーズに行えるポイントに。

レイアウトを組み替えられる家具で長期的に書斎を使う

書斎に使う家具には、置き型家具と造り付け家具があります。造り付けの場合は、デスクなどを造作で作るため、ある程度理想の空間に。ただ、壁にデスクを固定し強度を出すため、容易に動かすことができません。レイアウトを変更する可能性がある際は、動かしやすい置き型家具を選びましょう。

造り付けのデスクや収納のメリット・デメリットを考慮して、今後の暮らしに合わせた書斎をレイアウトしましょう。

置き型の書斎家具を検討する際は、書斎スペースの大きさと、家具のサイズ感がポイントに。計画的にレイアウトを考えましょう。

おすすめコラム

  • 【特集】長く使える家具の選び方~毎日を共に過ごす家具~
    【特集】長く使える家具の選び方~毎日を共に過ごす家具~

    一度購入した家具を長く使いたいと思っている方は多いと思いますが、そのためには家具を購入する時の選び方から気を付けなければなりません。そこで今回は、実際のお客様のご自宅を参考にしながら、長く使える家具の選び方をポイント別にご紹介致します。

ポイント3 作業内容と場所に合わせた書斎用家具をレイアウトする

書斎の家具にも様々な種類があります。天板の大きいデスクは、資料を読む際、広々使うことができます。自宅のデッドスペースに書斎を作る際は、なるべくコンパクトな家具が必要です。作業内容や書斎を設ける場所に適した書斎の家具を選びましょう。

デスクの上で行う作業で選ぶデスクのサイズ

書斎のメイン家具となるのがデスクになります。デスクのサイズ感が書斎のレイアウトに影響を与えるため、どの程度の大きさのデスクが必要か検討しましょう。デスクの上でどのような作業を行い、その作業に伴い、どの程度のアイテムを使うのかによって選ぶデスクのサイズは異なります。それでは、デスクの上で行う作業内容に合わせたデスクのサイズ感を見てみましょう。

デスクのサイズ別 置ける物の目安

●デスク:幅60cm×奥行40cm
●置ける物
・A4用紙
・スマートフォン

●デスク:幅60cm×奥行65cm
●置ける物
・ノートPC
・スマートフォン
・テーブルランプ

●デスク:幅90cm×奥行70cm
●置ける物
・デスクトップPC
・スマートフォン
・メモ帳

●デスク:幅100cm×奥行40cm
●置ける物
・ノートPC
・B5ノート

●デスク:幅120cm×奥行60cm
●置ける物
・ノートPC
・A4ノート
・スマートフォン
・テーブルランプ

●デスク:幅120cm×奥行70cm
●置ける物
・デスクトップPC(画面2台)
・B5ノート
・スマートフォン

書斎スペースの広さと作業内容に合わせてデスクをレイアウト

デスクのレイアウトで、その書斎の使い勝手が決まります。デスクが大きければ大きいほど、他の家具を置けるスペースは限られ、デスクが小さすぎると仕事や作業に支障が出る場合も。デスクのバランスを考慮して書斎をレイアウトしましょう。

ゆったり作業ができるデスク
幅120cm×奥行60cmのゆったり使えるサイズ感のデスク。ノートPCと書き物を行う時など、ストレスなくお使いいただけます。

コンパクトな省スペースに使えるデスク
幅100cm×奥行40cmのコンパクトなデスク。ノートPCでの作業は十分行えます。スペースに限りがある空間におすすめです。

収納する物で選ぶ収納家具のレイアウト

書斎には収納家具も必要になります。書類や本、細かい物や作業を行う道具など、収納したい物は多くあるため、まずはその書斎で行う作業内容を把握してから収納家具を選びましょう。

拡張性のある収納家具を選ぶことで、収納する物が増えた時も安心して使い続けることができます。収納が増えることを想定して、余裕のあるレイアウトを行いましょう。

幅850mmのレン・キャビネットv03。様々な物を収納するスペースがあります。

同シリーズの「レン・キャビネットv03 425」を追加することで、幅1275mmの収納家具へ。

拡張性のあるおすすめ収納家具

あればどこでも書斎スペースに変わる家具

書斎スペースではなくても、仕事の確認や軽作業を行いたい時があるのではないでしょうか。そのようなシチュエーションを叶える家具として、ソファに座りながら、軽作業や資料の確認ができるサイドテーブルや、バルコニーで仕事を行える屋外用家具など、自宅にあると便利な家具があります。

PC作業ができるサイドテーブル

サイズ感のコンパクトなサイドテーブルでもノートPCでの作業は可能です。高さ調節ができるため、作業のしやすい位置にしていただけます。ソファに座りながら軽作業を行う際に便利です。

屋外で優雅に仕事する屋外用家具

テラスやバルコニーに余裕があれば、屋外用家具を使うことで、屋外で仕事を行うことも。普段とは違う環境で仕事や作業を行うことで、気分転換にもなります。自宅で仕事をする時間が長い方は、検討してみましょう。

気軽に作業スペースを作れる家具

おすすめコラム

  • 【特集】快適でおしゃれなテレワーク環境を作る家具・インテリア
    【特集】快適でおしゃれなテレワーク環境を作る家具・インテリア

    自宅で快適にテレワークするには家具・インテリアでの環境作りが大事になり、選ぶ家具・インテリアによって「オフィス以上の空間」を実現することが叶います。テレワークでの作業スペースの作り方や家具・インテリア選び、快適な空間にするためのコツについて「8つのポイント」をご紹介致します。快適に過ごせるための家具・インテリア選びの参考にされてみて下さい。

ポイント4 書斎での作業が気分よく捗るインテリアを飾る

書斎ではただ作業や仕事ができれば良いというわけではありません。書斎のインテリアにこだわる事で、気分良く作業の捗る空間となります。また、書斎をまとめるインテリアカラーには、作業効率の上がるカラーなどもあるため、上手にインテリアアイテムを書斎に取り入れていきましょう。

書斎のインテリアは気分よく作業が行える空間づくりが大切

書斎のインテリアでは、お好みの雑貨を置いたり、カラーコーディネートをすることで、自分好みの空間を演出していただけます。快適な書斎を作るためにも書斎のインテリアにはこだわり、気分良く作業や仕事ができる空間を作りましょう。

書斎のインテリアに装飾が無いことで、スタイリッシュな印象はありますが、どこか物足りない印象になります。

壁面などに適度な装飾があることで、書斎にリラックスムードが生まれ、適度に気持ちを和らげてくれる空間を演出していただけます。

色の心理効果を取り入れやすいインテリアアイテム

色には人の心理に影響を与える「色彩心理」というものがあり、暖色は暖かく感じ、寒色は冷たく感じるというような効果を心理に与えます。また、集中力を上げる色や、気持ちを落ち着かせてくれる色などもあるため、この色彩心理を上手に取り入れて作業効率の上がる書斎にしましょう。

それぞれの色の心理効果

緑色の色彩心理
緑色には、癒しの効果があり、緊張の緩和やリラックス効果があります。

青色の色彩心理
青色には気持ちを落ち着かせ、集中力を高めてくれる効果があります。

暖色の色彩心理
暖色にはやる気を出す効果や、意欲的になる効果があると言われています。

おしゃれで作業しやすいインテリアアイテムをレイアウト

デスクやチェア、収納家具以外にも書斎に必要なインテリアアイテムはあります。このインテリアアイテムも作業の捗る書斎を作るポイントに。おしゃれなインテリアアイテムを使って、こだわり感じる書斎をコーディネートしてください。

デザイン性と機能性に優れたカーテン
窓の前にデスクをレイアウトする書斎では、カーテンは必須アイテム。機能性だけではなく、デザイン性にもこだわることで、ワンランク上の書斎になります。

優しい灯りで手元を照らす照明器具
手元を照らすために必要なテーブルランプは、書斎のインテリアやデスクとの相性を考慮して、空間の雰囲気を演出してくれる照明を選びましょう。

書斎の統一感を演出する壁面装飾
壁面に装飾が無いと、どこか殺風景な印象に。書斎のインテリアカラーやテーマに合わせて、壁面も彩ってみましょう。

書斎の雰囲気を変えるインテリアファブリック
チェアカバーを変えることができるチェアなら、気分や書斎の雰囲気を変えたい時に便利です。新鮮な気分で仕事や作業を行えます。

おすすめコラム

  • インテリア小物でおしゃれな部屋を叶える ~おすすめインテリア小物と使い方のポイント~
    インテリア小物でおしゃれな部屋を叶える ~おすすめインテリア小物と使い方のポイント~

    インテリア小物がセンス良く飾られた部屋は、おしゃれで憧れますよね。その反面、インテリア小物をおしゃれに飾るのは難しそうと、お悩みの方も多いのではないでしょうか。今回のコラムは、そのようなお悩みを解決させる「おしゃれなインテリア小物」や「インテリア小物をおしゃれに飾るコーディネートのポイント」についてご紹介致します。是非、参考にされてみて下さい。

畳数と専用 or 兼用で変わるおすすめの書斎レイアウト

書斎のレイアウトのポイントを抑え、憧れの書斎を自宅に作ってみましょう。そこで気になるのが、書斎の大きさに合わせた書斎家具のレイアウト方法になるのではないでしょうか。ここからは、部屋の畳数別でおすすめの書斎のレイアウトをご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

2畳の書斎兼用レイアウト 自宅のデッドスペースを書斎に

自宅に使われていないスペースや、上手に使えないデッドスペースなどがあれば、そこを書斎として使用することで、空間を有効に活用していただけます。階段下や柱の間、スペースが広すぎて置くものが無いなど、まだ使い方が明確になっていないスペースを活用しましょう。

2畳の書斎の大きさ目安

2畳のスペースには、デスクとコンパクトな収納家具をレイアウトしていただけます。スペースに限りがあるため、家具をまとめてレイアウトして、動線の確保が必要な大きさです。

軽作業がメインの方におすすめのレイアウト

戸建て住宅では、階段下などがデッドスペースになりがちです。抜けている階段下を有効に使うため、デスクと収納家具をレイアウトすることで、簡易的な書斎スペースが完成。スッキリ見える書斎家具をレイアウトすることで、抜け感を演出していただけます。

多目的な使い方ができる書斎をレイアウト

複雑な間取りの際は、リビングやダイニングで主要な家具をレイアウトした後、使われないスペースができる時があります。そのような時は、サイズの小さい書斎家具をレイアウトして、書斎スペースとして使ってみましょう。多目的な使い方ができる書斎スペースになります。

3畳の書斎兼用レイアウト 簡易的な書斎スペースで作業を行う

他の用途の場所を書斎と兼用するとこで、新たに書斎のスペースを設けることなく、書斎をレイアウトすることができます。また、コンパクトなデスクなどを使うことで、部屋の空いている省スペースに簡易的な書斎をレイアウトすることが可能。

3畳の書斎の大きさ目安

3畳のスペースがあれば、デスクと収納家具、その他にもう一つアイテムを置くことができます。書斎用の家具をまとめてレイアウトすることで、アイテム数を増やすことも可能です。

他のスペースと兼用して使うレイアウト

他の用途で使用するスペースを書斎と兼用することで、レイアウトに限りのある空間でも書斎を作ることができます。ダイニングを書斎スペースと使うことで、作業を広々と行うことができたり、食事の際は、作業を切り上げる必要があるため、オンとオフの切り替えを行いやすいメリットも。

収納家具は仕事用と日用品で分けられるタイプがおすすめ

書斎をレイアウトする際は、収納家具も必要になります。リビングやダイニングに簡易的な書斎を設ける際は、日用品と仕事・作業で使うものを分けて収納できる家具を使うと、どこに何をしまったのか分からなくなる心配もありません。

4.5畳の書斎専用レイアウト 自宅の一室を書斎として使う

自宅に比較的小さめの部屋がある場合は、そこを書斎専用の空間として使うことができます。4.5畳ほどあれば、書斎専用の部屋としては十分お使いいただける広さです。書斎として一室使用する際は、部屋を動きやすいように生活動線の確保がポイントに。

4.5畳の書斎の大きさ目安

4.5畳のスペースがあれば、デスクや収納家具など、ある程度仕事や作業に必要な道具を揃えることができます。普段使う物はデスクの周りに収納し、利用頻度の低い資料などは離れた場所に収納しましょう。

室内を快適に動くことができるレイアウトが重要

4.5畳の書斎専用として使う空間では、生活動線の確保ができた書斎をレイアウト。ある程度スペースに余裕を作るため、扉の位置や収納家具の使用範囲など考慮するポイントは様々です。使い勝手の良い書斎で作業効率を上げましょう。

仕事用機器類の場所を確認して書斎をレイアウトする

書斎専用の部屋で仕事を行う際は、仕事用機器の設置場所も大切です。コンセントから離れた位置にレイアウトしてしまうと配線の整理が大変に。また、デスクとプリンターを近くに設置した方が印刷物を確認しやすくなります。

6畳の書斎専用/兼用レイアウト 本格的な書斎&寝室などと兼用の空間

仕事や作業を本格的に行う際は、ある程度広さのある空間が必要になります。収納する物も増えるため、収納家具の数量も必要です。また、寝室など他の部屋と兼用して使うこともできる広さですが、書斎を兼用して使う際は、他の家具とのバランスを考慮してレイアウトしましょう。

6畳の書斎の大きさ目安

6畳のスペースがあれば、サイズの大きい収納家具もレイアウトすることができます。空間に余裕があるため、家具のレイアウトも自由にでき、本格的に仕事や作業を行える広さです。

本格的な作業・仕事を行える書斎のレイアウト

6畳ほどの広さがあればデスク・収納家具などある程度の物量をレイアウトすることが可能です。書類や本類が多くある方は、大容量の本棚が必要になります。そこで、普段使う物をしまう収納家具と、時々資料の確認などをする収納を分けてレイアウトすることで、スッキリとした印象の書斎に。

書斎と寝室などの別用途な部屋と兼用して使うレイアウト

6畳の空間を寝室として使うレイアウトが多いと思います。その寝室に書斎をレイアウトする際は、ベッドとのサイズ感や、寝室の動線の確保が必要です。クローゼットの前のスペースや、窓周りはスッキリするように家具をレイアウトしましょう。

8畳の書斎専用レイアウト 複数名でも使える書斎づくり

8畳ほどの大きさがあれば、複数名での使用もできるため、ご家族で集まって使用したり、自宅が職場の方は、打ち合わせの場としてもお使いいただけます。広く空間を使える分、家具のレイアウトとインテリア性がポイントです。

8畳の書斎の大きさ目安

8畳の書斎では、デスクを2台レイアウトすることや、打ち合わせ用のテーブルを置くことができる広さです。家族や打ち合わせなど、複数名での書斎の使用に向いている大きさとなります。

デスクを2台レイアウトして家族で使う書斎

2台デスクをレイアウトし、複数名で使用できるレイアウト。お子様のスタディールームとして使うことも、ご夫婦で仕事や作業を行うこともできる書斎です。収納家具などは、それぞれで使用できるようにサイズ感や使い勝手を選びましょう。

打ち合わせを行う方におすすめの書斎レイアウト

普段仕事や作業を行うデスクと、打ち合わせを行える空間を分けたレイアウト。仕事を行う空間を入口から奥に設けることで、プライバシーを確保していただけます。間仕切には抜け感のある収納家具を使い、実用性とインテリア性を確保しましょう。

統一感あるインテリアでゆとりある書斎をまとめる

8畳ほどの空間があればワークスペースと趣味の空間を設けることもできます。パーテーションを使うことで、空間を適度に分けることが可能。インテリアアイテムで統一感を演出することで、用途は違っても、まとまりのある書斎にしていただけます。

ワンルームやコンパクトな1LDKでも書斎スペースを作れるレイアウトテクニック

空間に限りがあるワンルームやコンパクトな1LDKでは、主要な家具をレイアウトすると、書斎を設けるスペースがなくなってしまうことがあります。そのような時は、省スペースでも使える家具や、他の用途と兼用できる家具を使い、書斎スペースを作りましょう。

ソファダイニングを使った多目的に使用できるレイアウト

ワンルームでは、レイアウトできる家具にも限りがあります。そこで、ソファダイニングを取り入れてみてはいかがですか。ソファでくつろぐことも、食事をすることもできるなど多目的に使えるため魅力的な組み合わせです。さらに、そこでPC作業などが行えるため、ワンルームの限られた空間にも、ワークスペースを取り入れていただけます。

デスクと同じほどの大きさのあるテーブルになるため、ある程度余裕をもって作業を行うことができます。

仕事や作業が終わったら、お食事やゆったりお寛ぎいただけるソファダイニング。様々な使い方ができ、魅力的です。

カウンターキッチンを活用して省スペースで作業を行う

リビングダイニングの大きさに限りがあり、書斎をレイアウトすることが難しい場合は、カウンターキッチンを活用してみましょう。ノートPCなどの省スペースでの作業や仕事は、問題なく行うことができます。カウンターキッチンを活用する際は、カウンターチェアの高さがポイントになるため、カウンターの高さを把握しておきましょう。

【畳数別】おしゃれで快適な書斎のレイアウト実例

書斎を設ける部屋の大きさに合わせて、おしゃれで快適な書斎をレイアウトしたインテリア実例をご紹介。書斎のレイアウト方法や、書斎のインテリアに注目してみましょう。

1~3畳 スペースを有効に使った書斎のレイアウト実例

1畳〜3畳のコンパクトなスペースに書斎をレイアウトしたインテリア実例。デッドスペースを有効に活用したり、他の用途の家具と兼用して快適な書斎をレイアウトしています。

【1畳】省スペースで家族が使いやすい書斎レイアウト実例

リビングにある1畳ほどの空きスペースを利用した書斎のレイアウト実例。普段家族が集まる場所に書斎のスペースを設けることで、ご家族で使いやすい空間作りになります。軽作業も行えるスペースはリビングなどにあると便利です。

書斎レイアウトのポイント

柱と壁の間にできた省スペースを有効に活用した書斎のレイアウトになります。リビングの一部に設けることで、家族で使える書斎が完成。リビング家具に使われている「ヒヤシンス素材」を書斎スペースのスツールに使うことで、統一感を演出しています。

おすすめコラム

【2畳】デッドスペースを上手に活用した書斎のレイアウト実例

階段横のデッドスペースに書斎をレイアウト。書斎は欲しいが、自宅に専用の部屋を設けることが難しいといった方におすすめです。自宅にあるデッドスペースを有効活用し、憧れの書斎スペースを暮らしに取り入れましょう。

書斎レイアウトのポイント

階段横のデッドスペースを書斎として使うことで、自宅の一室を書斎部屋として設けることなく、空間を有効に活用しています。圧迫感の出にくいスツールを使うことで、スッキリとした印象の書斎スペースに。使わない時はデスクの下に収納することで、ダイニング周りの同線も確保されます。

おすすめコラム

【3畳】多目的に使える書斎のレイアウト実例

ゆったり使えるリビングダイニングでも、主要な家具をレイアウトしたら、スペースが余ってしまったなどという時は、書斎スペースとして有効活用してみましょう。ただデスクを置くだけではなく、リビングダイニング全体のインテリアとして統一感を演出することがポイントです。

書斎レイアウトのポイント

充実したリビングをレイアウトしてできたスペースの余白を書斎として使っています。普段は仕事や作業を行う空間として使用していますが、その時々で使い方を変えることができる多目的な書斎のレイアウトに。伸長式のテーブルを使うことで、使い方のバリエーションが増えます。

おすすめコラム

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

4.5~6畳 一部屋を憧れの書斎として使ったレイアウト実例

4.5畳〜6畳の部屋を一室書斎専用としてレイアウトしたインテリア実例です。自宅に書斎を設けることに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。憧れの書斎を作るポイントは、書斎のインテリアにもこだわることです。

【4.5畳】落ち着いて作業できるパープル中心の書斎レイアウト実例

自宅の一室を書斎として使用し、パープルカラーで統一したレイアウト実例です。パープルには、感性を刺激してくれる効果や、気持ちを静める効果などがあるため、ご自宅で仕事をする方におすすめのカラーコーディネートになります。

書斎レイアウトのポイント

書斎で必要なデスクや収納家具のレイアウトで、動線の確保がされている移動しやすい書斎です。家具を置きすぎずスッキリとした印象にすることで、書斎のインテリアが映えるコーディネートになります。抜けすぎている壁面には、フロアランプを設けることで空間のアクセントに。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

【4.5畳】リゾートのぬくもり感をテーマにした書斎レイアウト実例

ヒヤシンスを存分に使用したチェアと無垢材のデスクをレイアウトした書斎。暖色系の壁面装飾が書斎家具を引き立てて、より南国リゾートのぬくもり感じる書斎を演出しています。リビングダイニングともつながりを感じるカラーコーディネートです。

書斎レイアウトのポイント

書斎に使用する家具と、扉や窓とのバランスが取れたレイアウトになります。窓周りをスッキリ見せることで、ぬけ感のある印象に。空間に余白を設けて、デスクと合わせたヒヤシンスのチェアの素材感をしっかりとアピールしています。

おすすめコラム

  • 木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート
    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネート

    木の温もりを感じる無垢材家具の選び方とインテリアコーディネートをご紹介します。世界に一つだけの木目や風合いを感じることのできる無垢材家具は、その魅力を引き立たせることで使う度に愛着が沸き、永くご愛用頂けるお気に入りの家具として育てることができます。そんな心安らぐ無垢材家具とインテリアコーディネートのポイントをご覧ください。

【6畳】リビングとつなげて使える書斎のレイアウト実例

マンションの間取りには、LDKと洋室が繋がった間取りがあります。LDKを広く使うこともできますが、洋室として分けて使うこともできます。その洋室を書斎としてレイアウトする際は、LDKとつなげて使用できる様、書斎のインテリアにもこだわりましょう。

書斎レイアウトのポイント

リビングとつながりがある書斎になるので、リビングからのアクセスや、バルコニーへのアクセスが確保されたレイアウトです。デスクと収納家具の間に余白を設けて、空間を広く使っているところもポイント。リビングと繋げて使用した際に、広々とした印象になります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】ハワイの森と海をイメージしたホテルライクなインテリアコーディネート

    ご旅行など大切な思い出の地として思われる方も多いハワイ。今回ご紹介するのは、ハワイへ何度も訪れているお客様へご提案したリビングダイニング、書斎、寝室のインテリア コーディネートです。ご自宅でもハワイの魅力と、ホテルライクな寛ぎを感じて頂けるようご提案いたしました。ターコイズブルーを取り入れて、ハワイアンインテリアをコーディネートするときのポイントなどもご紹介しているので、是非参考になさってください。

8~10畳 他の家具とのバランスを考えて書斎を設けたレイアウト実例

他の用途の家具と合わせて使う8畳〜10畳の書斎レイアウト実例。書斎用の家具だけではなく、他の家具とのサイズ感やバランスがレイアウトする際の大切なポイントになります。書斎用の家具と他の家具の素材感やテイストを合わせることで、まとまりを演出。

【8畳】寝室に書斎を設けたレイアウト実例

8畳の寝室に書斎をレイアウトした実例。書斎と他の用途の部屋を兼用して使うため、書斎家具と寝室家具のバランスが大切になります。こちらの実例では、コンパクトなデスクをレイアウトして、使いやすい書斎兼寝室をコーディネート。

書斎レイアウトのポイント

ある程度ゆったり使える8畳の寝室。スッキリ見えるローベッドのサイズをダブルサイズにすることで、コンパクトなデスクを配置できるスペースを設けています。チェアを引くスペースを考慮して、それぞれの家具のバランスが取れた書斎兼用のレイアウトです。

おすすめコラム

【8畳】LDに書斎スペースをメインで取り入れたレイアウト実例

リビングダイニングの空間に書斎スペースをメインでレイアウトしたインテリアです。本格的に自宅で仕事や作業を行える空間となります。書斎スペースとは別に休息を取れるスペースを作り、オンとオフのメリハリをつけるようにしましょう。

書斎レイアウトのポイント

1LDKの間取りに書斎スペースをメインにレイアウトする際は、他の家具との距離感やサイズ感がポイントに。一人掛けのラウンジチェアをレイアウトすることで、食事やくつろぐスペースも確保された空間になります。

おすすめコラム

【10畳】多目的に使える書斎スペースがあるLDKレイアウト実例

10畳のLDKに書斎スペースを取り入れたお客様実例。伸長式のテーブルを使用することで、多目的に使える書斎スペースになっています。仕事や作業を行うことも、食事をすることもできるため、スペースを有効活用したレイアウトです。

書斎レイアウトのポイント

ある程度ゆとりのあるリビングダイニングの空間に書斎スペースをレイアウト。ゆったりくつろげるサイズのソファとダイニングとしても使えるテーブルを配置して空間に実用性をプラスしています。伸長式のテーブルをレイアウトする際は、伸ばしても使えるスペースを設けましょう。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】シンプルでおしゃれな一人暮らしの部屋コーディネート
    【インテリア実例】シンプルでおしゃれな一人暮らしの部屋コーディネート

    一人暮らしの部屋は、自分が日々を快適に過ごせるシンプルなインテリアにしたいもの。今回は取り入れやすく失敗をしにくい、シンプルなコーディネートを、一人暮らしのインテリア実例から紹介します。ただシンプルなだけではなく「シンプルながらもおしゃれ」なアイデアが詰まった一人暮らしの部屋を是非ご覧ください。

書斎をレイアウトする際は事前に3Dシミュレーションがおすすめ

書斎をどのようにレイアウトするかご検討される際は、3Dシミュレーションがおすすめ。ご自宅のお図面や間取り図を基に、平面上で家具をレイアウトしてサイズ感や他の家具とのバランスなどをご覧いただけます。3Dイメージを使って立体的に部屋を見ることで、どのような雰囲気になるのかを確認してみましょう。

書斎のレイアウトを自分で簡単にイメージできる

お部屋の大きさが分かれば誰でも使うことができます。置きたい家具をレイアウトした際のサイズ感や、今ある家具とのバランス、生活動線などを確認できる便利なツールです。ご自宅に居ながらでも行えるので、実際に書斎として使うスペースで確認しながらレイアウトを考えてみましょう。

自宅の図面から2Dイメージを作成し、家具と家具の距離感や、動線の確認ができます。人が生活しやすい動線の距離感を確認しましょう。

2Dイメージが完成したら、それを3Dシミュレーションにして空間のイメージを確認。立体として見ることで、部屋のイメージがしやすくなります。

3Dシミュレーションで理想的な書斎のインテリアも叶う

3Dシミュレーションでは、家具のレイアウトや動線の確認以外にも、書斎のインテリアをチェックしていただけます。家具の素材感や色味、書斎のカラーコーディネートなどもイメージしやすいので、一緒に確認してみましょう。

チェアカバーや壁面装飾の色を変更することはもちろん、壁や床、建具の色も変更することができるため、より具体的なイメージが可能。書斎に使う家具の色味と、自宅の壁や建具との色味のバランスをご確認していただけます。

おすすめコラム

  • 【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~
    【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~

    家具を購入する前に、家具配置のシミュレーションをしてお部屋のイメージを確認することができれば安心して検討することができます。a.flatではパソコンやスマートフォンを使い、誰でも簡単に実際のお部屋と、家具配置やインテリアのイメージを再現できる3Dシミュレーションソフト「マイルーム3D」を無料で公開しています。ここではそんなシミュレーションソフトの使い方を分かりやすい動画付きでご紹介します。

憧れの書斎レイアウトを店舗でチェックする

書斎のレイアウトをご検討の際は、是非店舗で書斎用家具や書斎のレイアウトなどをチェックしましょう。書斎に合わせた家具を実際にお試しいただく事で、使い勝手が分かります。また、家具のサイズ感などを実際にご覧いただけるので、書斎のレイアウトをイメージしていただけます。

書斎の家具・インテリアを店舗で実際に確認

数多くの家具をディスプレイしているため、書斎に置くデスクの使い勝手や、デスクに合わせるチェアの座り心地・素材感などを確認していただけます。

書斎に必要な収納家具のサイズ感も確認しましょう。どの程度の収納力があるのかや、サイズ感などをイメージすることができます。

a.flatでは約70色のファブリックを用意しており、カラーコーディネートをお楽しみいただけます。それぞれ異なる自然の情景をテーマにしたスタイルでディスプレイされているため、書斎のインテリアをどのような雰囲気にするか参考にしてください。

書斎のレイアウトに悩んだらコーディネートサービスがおすすめ

部屋の大きさが分かる図面や間取り図をお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことができます。実際の家具をご覧いただきながら書斎のレイアウトをご検討していただけるので、より具体的なイメージが可能に。是非ご来店の際は、活用してみましょう。

書斎のレイアウトをチェックできる店舗一覧

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 無し

まとめ

自宅で仕事や作業を行う機会が増えつつある現代では、書斎のある暮らしが注目されています。書斎専用として自宅を使う際も、他のスペースに書斎を設ける際もレイアウトは重要なポイントに。是非、書斎をレイアウトするポイントを抑えて、おしゃれで快適な書斎を叶えましょう。

関連コラム


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.