• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

-2LDKに住まう- 二人暮らしのおすすめレイアウトとインテリア

公開:2018/2/17

更新:2018/9/15

ライター:大阪梅田店加瀬

-2LDKに住まう- 二人暮らしのおすすめレイアウトとインテリア

リビングダイニングルームとベッドルームが独立しており、更にもう一部屋ゆとりがある「2LDK」はプライバシーとコミュニケーションのし易さなどから、二人暮らしにピッタリの間取りです。

今回はそのような2LDKに暮らす二人が快適で心地良い空間で過ごせるよう、それぞれのお部屋の間取りに合ったおすすめの家具のレイアウトや二人暮らしにぴったりの永く使える工夫が詰まったインテリアをご紹介します。

二人暮らしのインテリア

一人暮らしに比べて、人と人とのコミュニケーションが生まれ、日々の活力や充実感にも繋がる二人暮らし。同棲・夫婦・兄弟姉妹・友人など様々な二人暮らしがあります。

二人暮らしを始めるにあたり、インテリアの雰囲気の好みを相談することはもちろん大切ですが、まずは快適に毎日を過ごす為に、間取りに合ったレイアウト二人のライフスタイルに合う家具選びを知ることが重要です。

二人が生活する上で快適な導線
暮らしに合わせた家具選び
談話が生まれるアットホームなレイアウト
適度なプライバシー

それらが整った上で、好みのインテリアの雰囲気を二人で決めていくと、見た目だけでなく日々の暮らしが二人にとって更に心地の良いものとなるはずです。

二人暮らしにお薦めの2LDKの間取り

二人暮らしの家具レイアウトは、1DK・1LDK・2DK・2LDKなど間取りによって異なりますが、今回は二人暮らしに人気の2LDKにフォーカスを当ててご紹介します。

一般的に2LDKとは、リビングダイニングルーム + ベッドルーム + もう1部屋の間取り。

2LDKは部屋の広さや部屋数にもゆとりがある為、窮屈でストレスを感じることも少なく、一人の時に比べて二人分に増えた荷物の収納にも困りにくい間取りです。

また二人暮らしで3LDK以上など、広すぎてしまうと掃除が大変だったり、二人のコミュニケーションの時間が減ってしまう為、2LDKは狭すぎず・広すぎない 二人暮らしに丁度良い間取りと言えます。

【 例1 】2LDKの間取り
リビングダイニングルームと繋がった和室+寝室

【 例2 】2LDKの間取り
リビングダイニングルームと離れた書斎+寝室

【2LDKで二人暮らし】リビングダイニングルームのおすすめレイアウト

リビングダイニングルームは2LDKの自宅の中で最も広い空間。食事をしたり寛いだりと過ごす時間が長く、コミニュケーションの中心ともなる、二人暮らしの自宅の中でとても大切なお部屋です。

レイアウトを考える前に、3つのポイントを話し合っておくと、自分たちにぴったりのレイアウトや家具をスムーズに見つけることが出来ます。

  1. 食事は家と外食のどちらが多いか

  2. 来客の頻度と人数

  3. リビングでの過ごし方

リビングダイニングルームのレイアウト例

リビングダイニングルームのレイアウトを決める際、先ほどの3つのポイントを交えながら考えましょう。今回は2LDKに多い、リビングダイニングゾーンが10畳・12畳・15畳のレイアウトをご紹介します。

【10畳 レイアウト】

1 . 食事は自宅でする
2 . 来客が多い
3 . ソファでなく床で寛ぎたい

ソファではなく床でごろごろと寛ぎたい・食事はしっかりダイニングで取りたいという二人におすすめのレイアウト。4名掛けになるダイニングテーブルや大き目のローテーブルで来客時も安心です。

1 . 食事は外食が多い
2 . 来客はあまり無い
3 . テレビを見て寛ぐ

外食が多く自宅では朝食くらいという二人にはカウンターチェアがおすすめ。ソファ周りをゆったり使える為、10畳のコンパクトなレイアウトでもカウチソファとオットマンを置いて寛げます。

【12畳 レイアウト】

1 . 食事は自宅でする
2 . 来客が多い
3 . テレビを見て寛ぐ

ゆったり寛げる2.5名掛けソファと2名掛けダイニングの二人暮らしのオーソドックスなレイアウト。伸長式のダイニングテーブルと、ソファ前はサイドテーブルのみにして導線を広く取って開放的な印象に。

1 . 食事は自宅でする
2 . 来客が多く、来客の人数も多い
3 . 会話を楽しみたい

ソファを壁沿いに置くことでリビングとダイニングで一体感があり、テレビより会話を楽しみたい二人におすすめのレイアウト。テレビはダイニング横の収納棚に置いてキッチンから見れる配置に。

【15畳 レイアウト】

1 . 食事は自宅でする
2 . 来客が多く、来客の人数も多い
3 . テレビを見て寛ぐ

15畳あればゆったりとした6名掛けのダイニングテーブルとコーナーソファの両方が配置可能です。収納に困っておらず、来客が多い二人におすすめのレイアウトです。

1 . 食事は自宅でする
2 . 来客はあまり無い
3 . 外の景色を眺めて寛ぎたい

二人がそれぞれのソファで外の景色やテレビなど見ながらリラックス出来るレイアウト。リビングゾーンを広く使う分、ダイニングゾーンは、コンパクトな二人掛けと収納棚を置いています。

関連メニュー

二人暮らしのレイアウトに合う おすすめの家具

二人暮らしの2LDKはファミリータイプに比べてお部屋の広さが限られる為、家具を配置したことで圧迫感が出てしまうことがあります。心から寛げる自宅にする為にレイアウトに合わせた家具選びを心がけましょう。

【空間の中央に配置する ローソファ】

お部屋の中央にソファを配置するレイアウトの場合、背の高いソファに比べてローソファは開放的見えるだけでなく、「ダイニングからもテレビが見やすい」「ダイニングとリビングで会話がしやすい」などコミニュケーションも取り易くおすすめです。

【広々導線が手に入る 伸長式ダイニングテーブル】

「4名掛けのダイニングテーブルを置くとソファが置けない・導線が取れない」というレイアウトの場合は、伸長式のダイニングテーブルがおすすめ。普段は2名掛けで空間を有効的に使い、来客時は4名掛けに伸ばして使えます。住む場所・人数が変わりやすい二人暮らしにぴったりのダイニングテーブルです。

【ソファ前の空間が広がる サイドテーブル】

「ソファ~テレビの距離が狭いリビング」は2LDKで悩まれることの多いレイアウトのひとつ。そのような時はローテーブルは置かずに、動かし易いデザインのサイドテーブルがおすすめです。空間が広がり窓への導線もスムーズに。また脚を伸ばしてソファで寛げます。

また、ライフスタイルの変化によって住む場所や人数が変わりやすい二人暮らしは「永く使える家具」という観点での家具選びも大切なポイントです。拡張性やメンテナンス性が高い家具がおすすめです。

【拡張性が高く 増やして永く使える】

ソファや収納家具など同じデザインのシリーズで様々なサイズや商品ラインナップがある為、二人暮らしをはじめた後に住む場所や人数・荷物の量が変わっても、組み合わせて拡張していき永くお使い頂けます。

【雰囲気を変えて 飽きずに永く使える】

リビングダイニングルームの主役であるソファやダイニングチェア。カラーを変えるだけで新調したように雰囲気が変わり、いつも清潔に永くお使い頂けます。また中材がヘタった際には交換も可能です。

おすすめコラム

【2LDKで二人暮らし】ベッドルームのおすすめレイアウト

一日の始まりと終わりを過ごすベッドルーム。二人暮らしの生活リズムの影響を受けやすい為、起床時間や就寝時間などもふまえてレイアウトを考えると暮らし易さが一段とアップします。

また、疲れを癒す大切な寝床であるベッドと布団は、二人の好みが分かれるポイントかもしれません。

ワンルームなどお部屋の広さが取れない場合は片付けて空間を広く使える布団もおすすめですが、2LDKなどある程度ゆったりとした間取りの場合は、「毎朝の片づけが要らない手軽さ」「埃を吸い込まず身体に優しい」ことなどからもベッドがおすすめです。

またベッドはダブルサイズ以上を選びましょう。

ベッドルームのレイアウト例

ベッドルームのレイアウトを決める際、広さやお部屋自体の形によって変わりますが、更に「お互いの起床・就寝時間」「寝る前もテレビを見て過ごしたい」など二人のライフスタイルも合わせて考えましょう。今回は2LDKに多い、6畳と8畳のレイアウトをご紹介します。

【6畳 腰窓 レイアウト】

二人の起床・就寝時間が異なる

6畳あれば基本的にクイーンサイズの配置が可能です。起床・就寝時間が異なる際はベッドの両サイドに導線を最低40cm以上確保しましょう。

二人の起床・就寝時間が近い

同じ6畳にクイーンサイズを置いたレイアウト。起床・就寝時間が近い場合は導線をひとつにすることでテレビボードなども置けます。

【8畳 掃き出し窓 レイアウト】

二人の起床・就寝時間が異なる

8畳あれば基本的にシングルサイズのツイン配置が可能です。起床・就寝時間が異なり、お互いの睡眠の質を更に上げたい二人にお薦めのレイアウトです。

二人の起床・就寝時間が近い

同じ8畳にクイーンサイズを配置したレイアウト。デスクや大き目のテレビなどを配置して、ベッドルームでのゆったりとした時間をお楽しみ頂けます。

関連メニュー

二人の生活リズムに合わせた おすすめの家具

二人暮らしをしていて、お互いの生活リズムが違いから生活音や明りが気になり、質の高い睡眠がとれない際はレイアウトだけでなく家具の選び方を工夫すると二人暮らしがより快適で心地良くなります。

【ハーフタイプのマットレス】

ベッドルームに広さがある場合は、ツインスタイルにすることでそれぞれの睡眠スペースを確保しゆっくりとお休み頂けますが、広さが無くダブル・クイーンサイズの場合は1枚のマットレスを分割したハーフタイプがおすすめです。寝返りなどの振動が伝わりにくく、質の良い睡眠に繋がります。

【ベッドサイドのテーブルランプ】

起床時間が異なる二人暮らしの場合、ベッドルーム全体の灯りをつけてしまうと寝ている方を起こしてしまいますが、ベッドの両サイドにテーブルランプがあれば部分的に灯りを付けることが出来、寝ている方の睡眠の妨げになりません。

おすすめコラム

【2LDKで二人暮らし】3つ目のお部屋の活用方法

二人暮らしの2LDKではリビングダイニングルームとベッドルームとしてお部屋を使い、3つ目のお部屋をどう活用するか悩むことが多いと思います。二人のライフスタイルに合わせたお部屋の活用方法をご紹介します。

■書斎

【仕事や勉強に集中したい】

自宅で仕事をする時間が多い、資格試験の勉強があるという方は書斎使いがおすすめ。生活音が気にならず集中できるので作業効率がぐんと上がります。

デスクは出来る限りリビングダイニングルームから離れた壁に置くと、更に生活音が気になりません。

■客間

【来客が多い】

家族や友人の来客が多く、特に自宅に泊まって頂くことが多い場合は客間使いがおすすめ。客間を用意し、就寝頂くことでおもてなしの気持ちが伝わります。

普段は座椅子やラグを敷いて、ごろごろと寛げる空間にしておくと、二人暮らしの寛ぎの幅も増えます。

■納戸

【収納が少ない・荷物が多い】

クローゼットなどの備え付けの収納が少なく、また洋服など荷物が多い二人には、丸ごと1部屋をウォークインクローゼットにする納戸使いがおすすめ。

収納が充実していると、リビングダイニングルームやベッドルームもすっきりして気持ちが良いですね。

■趣味部屋

【趣味やコレクションがある】

映画鑑賞が好きな方はシアタールーム、身体を鍛えるのが好きな方はジム用品と鏡を置いてトレーニングルーム、集めているコレクションを飾る部屋など。

音楽・読書・ゲームなど好きなことに没頭出来る空間をつくることで自宅で過ごす時間が充実します。

■リビングと繋げて大空間に

【広々としたリビングで寛ぎたい】

リビングダイニングルームと3つ目の部屋がスライド扉(襖)で繋がっている場合は扉を開け放ち、リビングと繋げて開放的な広々リビング使いもおすすめ。

憧れのコーナーソファなどの大きい家具も置きやすく、贅沢なリラックスタイムを過ごせます。

【ポイント】二人暮らしのライフスタイルの変化に合わせた使い方

二人暮らしをしていくうちに家族構成が変わったら3つ目のお部屋の使い方も変化させて、ライフスタイルに合う2LDKの暮らしを楽しみましょう。

-二人暮らし -
リビングダイニングルームと繋げて広々とした空間でリラックス。

- 出産 -
ベビー用品など荷物が三人分に増える為、棚を置いて納戸部屋に。

- 子供の成長 -
成長に合わせてプライベートを守る為、仕切って子供部屋使いに。

【ポイント】1つのお部屋を間仕切りで2つの用途に

二人暮らしをしているとそれぞれ好みの暮らし方がある為、3つの目のお部屋を「書斎と趣味部屋で使用したい」等、二つの用途で使用したいケースがあります。そのような時はお部屋に間仕切りを置いて空間に分けることで、お互いが心地良く過ごせる空間になります。

両側サイドから引き出しが使える便利な間仕切り収納。抜け感のあるデザインが開放的です。

おすすめメニュー

二人暮らしをはじめる前に 3Dシミュレーションでレイアウト確認

これまで2LDKのレイアウトをご紹介しましたが、お引越し前や大きく模様替えする際など、家具は洋服などと違い試着が出来ない為、具体的に完成後のイメージすることが難しいと思います。

そのような時は、3Dシミュレーションサービスがおすすめです。2LDKの間取りに合わせたレイアウトや家具サイズ・生活導線などお部屋の中を歩くように3D画面で確認し、理想通りの二人暮らしをスタート出来ます。

2Dイメージで導線やレイアウトを確認

3Dイメージで完成後の全体の雰囲気を確認

a.flatの3Dシミュレーションサービスはパソコンだけでなくスマートフォン・タブレットでも観覧頂けます。外出先でも気軽にシミュレーションイメージを見ることが出来とても便利です。

また、a.flatの店舗には豊富な知識と経験を持ったコーディネータースタッフがおります。一般的な2LDKの家具のレイアウトだけでなく、二人のライフスタイルをヒアリングしながら3Dシミュレーションを使って、さらに寛ぎと快適性のある二人暮らしのアイデアをご提案致します。

- 目黒通り本店 -
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563

- 新宿店 -
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8-2F
TEL 03-5919-1922

- 大阪梅田店 -
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733

おすすめメニュー

3Dシミュレーションで叶えたインテリア実例

3Dシミュレーションを使って理想通りのレイアウトを叶えた、二人暮らしのインテリア実例をご紹介します。

【1】二人暮らしのインテリア実例

深みのあるパープルのグラデーションがリラックスムードを奏でるインテリアコーディネート。横型の10畳のLDKにバランス良く2.5名掛けのソファと2名掛けのダイニングを配置しました。

2名掛けから4名掛けになる伸長式のダイニングテーブルでリビングを広々使ったレイアウトです。

収納棚付きのベッドはサイドテーブル要らずで空間を広く使える為、テレビボードを配置出来ました。

【2】二人暮らしのインテリア実例

川が望めるロケーションに合わせた、淡いブルーのグラデーションが爽やかなインテリアコーディネート。扉から窓まで抜ける視界とロースタイルのソファやテレビボードで開放感を感じられるレイアウトです。

ソファセットやテレヒボードは二人暮らしから家族構成が変わっても拡張して永くお使い頂けます。

シングル2台のツインのベッドルーム。家族が増えたら繋げてキングサイズのベッドとして使えます。

【3】二人暮らしのインテリア実例

落ち着いたダークブラウンの色合いが穏やかな気持ちになれるインテリアコーディネート。扉を入ってすぐのダイニングゾーンは、伸長式の2名掛けのテーブルで広々とした導線を確保しました。

ダイニングテーブル後ろの壁やテレビボードの横など壁面を上手に使った収納も充実のレイアウト。

【4】二人暮らしのインテリア実例

ブルーとグレーがクールな印象のインテリアコーディネート。伸長式のダイニングテーブルや客間使いの和室がは、来客が多い二人暮らしの方にぴったりのレイアウトです。

10畳のLDKの真横に和室がある間取りの為、全体をロースタイルでまとめて統一感を出しました。

  • 2LDKの二人暮らしのインテリア実例をさらにご覧になりたい方はこちら

まとめ

今回の二人暮らしの2LDKのおすすめレイアウトやインテリア特集はいかがでしたか。

お部屋の広さや間取りに合わせたレイアウトだけではなく、二人のライフスタイルに合わせて家具を配置していくことも大切だと分かりましたね。また二人暮らしだからこそ、これから家族構成や住む場所が変っても永く使えるデザインの家具を選ぶということもポイントでした。

是非、3Dシミュレーションを使いながら、二人が心から落ち着けるご自宅を叶えてみてはいかがでしょうか。


関連コラム

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。今回は6つ目の新たな提案である「クラウドグレー・スタイル」を掲載。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2019 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.